ポジティブリスト制

2006年10月31日

ポジティブリスト制について

<トレーサビリティとポジティブリスト制>

元々輸入ホウレンソウに農薬が基準値以上に残留されたまま輸入されていたことにより、ポジティブリスト制が5月29日、導入された。続きを読む

<ポジティブリスト制が導入>

5月29日、従来のネガティブリスト制から新しくポジティブリスト制が導入された。

ポジティブリスト制とは、残留基準の設定されていない農薬が残留する食品の流通を禁止する制度のこと。続きを読む

<農業協力で食の安全性を>

今ごろになって、何を大慌てしているのだろう。

中国・商務省は7月、「数千の中国企業と数百万の農民の切実な利益にかかわる」と談話を発表。続きを読む

<制度の骨抜きか>

中国産のニンニクと、ウナギから基準値を超える農薬や殺虫剤が検出されたとして、厚生労働省は8月22日、食品衛生法に基づき輸入業者に検査命令を出した。続きを読む

<農産物の対日輸出18%減>

日本が5月29日に施行した「ポジティブリスト制度」の影響が、中国産農産物の対日輸出に現れてきているという。続きを読む

<ポジティブリスト制とは>

ポジティブリスト制とは、残留基準の設定されていない農薬が残留する食品の流通を禁止する制度のことです。続きを読む

<スーパーが野菜・中国産以外を拡大>

9月11日付け日本経済新聞の夕刊トップは「残留農薬の規制強化でスーパーが野菜・中国産以外を拡大」だった。続きを読む

スポンサー
ads