2008年07月30日

夏!

お久しぶりです。夏が進んでますね。

夢があるのですが、夏に函館競馬場付近で2週間くらい休暇をとって、旅館で
温泉は入りながら、週末の競馬を楽しみに飲むっていう夢。
う〜ん、なかなかどうして、難しい。なので、もっとオッさんになってから
実現できたら、嬉しい夢になりそうです。

さて、色々ありますが、実はカクバリズム・インターナショナル、通称バリーズ
なる新レーベルをやる事にしました。初リリース作はUK発ネオAORともいえる
2人組ユニット''TALC''です。ちなみに今日発売です(笑)!それなりに全国で
展開してもらえそうっす〜!嬉しい!内容は太鼓判!めちゃめちゃサマーブリーズ
してますので、おすすめです。

非常に良いです!是非チェックを!これを機にガツガツ海外部門もリリースしつつ、
うちのCDとかも海外リリースしていくつもりです。よろしくっす〜!

サイトありますが、まだ工事中ですが、www.barrys.jpまで!着々とやってま〜す!
TALCのMY SPACEもあります!
http://www.myspace.com/talconline

カクバリズムの方でも告知しますね!ちなみにSTIFFEEN&KAKUBARHYTHM PRE
イベントを12月にやりまーす。こちらもお楽しみに!シェルターです!

最近聞いてかっこよかったのは、フルードって京都のバンドの音源と、同じく京都でドッポと
やっぱり蛯名君のディスチャの新譜と、リトテンとBECKとJAMES PANTSとTRASH CAN〜
の1stとデスキャブの新譜とかとかとか!もっと聞いてました!

もう朝なので、また今週中に更新したいと思ってます!あ、BOYS NOWもいま作曲中で
深夜のNOAHでせっせと活動中!NOAHってサービスいいですね。

ハシモ

ハシモ!


stiffeen78 at 06:10|PermalinkComments(4)

2008年03月05日

2008年一回目


お久しぶりです!

かなり壊滅状態だったこのblogですが、カクバリズムのHPの方でもSTUFF BLOGを
やろうかな?なんて話ていたり、HPの形式をリニューアル作業等を打ち合わせして
いると、あ〜BLOGの更新のひとつもできないと色々できないな!と判断して、いま
後ろのマサヤ君は絶賛作業中の中、これ書いてます。

前回の更新が2007年7月って事で、すごい前だよね。というわけで、最近思った事
をどばーと。

今日、リリーフランキーさんの事務所のBJさんと色々打ち合わせしていたんだけど、
もう話最高!野球の話から、ガム〜原田真二の話は爆笑でした。落合のトレカも
最高でした。泣けた。でもって堀内孝雄の「君が代」も教えてくれて、これも泣く
くらい笑った。なんて楽しい打ち合わせなんだと本気で思って、打ち合わせ終了後
にBJさんのヒューマンスキルにただ感服。あんな大人になりて〜なとか思うと、
「もう大人!」ってフレーズも同時にスティールしてくるんだよね。今年で30歳です!

音楽は相変わらず沢山聞いております!金沢のEXILE RECORDSは最高でした!ドドン!
でもって福岡のTICRO RECORDSも最高でした!ドドン!でもやっぱり Hi-Fi RECORDSも
最高!ドドン!新譜で最近愛聴していたのは、LIFE ON EARTHとKAREN DALTON(再発ね)
とかとかとか。YSIGの新譜もかなり良いです!曲がまず早いです。PUNK TUNEでKILLER
なのです。注目!

今年のペナントも楽しみですね。今年は日ハムとヤクルトに話題が集中してますが、
個人的にはやはり野茂、松井の海外勢ですな。広島の佐々岡が「野茂英雄と同期と
いう事を誇りに思う」と言った引退会見も泣けました・・・。

今月DJがあと2本あります。福岡で8日に、29日に大阪で。来月は東京でも
数本やるかもです。

あ、BOYS NOW練習してます。この間っていっても2007年8月ですけど、
ライブやって凄い楽しくて。1曲目で呼吸困難になりましたが、まぁいい感じに
出来たかな〜。今月RECするとかしないとか言ってます。とりあえず先週できた
新曲が良かったので、嬉しいなと思います。続報は続報だけに、後ほど!

はやく暖かくなればいいなと思いながら、全国をツアーさせてもらっておりますが、
キセルのツアーは凄くいいライブ連発で、楽しい限りです。14日にはファイナルが
渋谷クアトロで(売り切れ、ありがとうございます)。その前に札幌、仙台、盛岡
もあります。是非!追加公演もあります。

MODLUNGの新譜もメチャメチャ良いです。まじで、良い!この間京都で飲んだドッポ
の新曲もよかったです。昔のデモを聞き返しました。ハシモッチャンも24歳になって
ました。

ドバーと書きましたが、そろそろ仕事に戻ります!blogの改行よくわからないです!



c0965505.jpg






stiffeen78 at 21:50|PermalinkComments(8)

2007年07月15日

始まる5分前に

お知らせ!と最近の事!

僕と岡君とツンツンとチン君でやっているBOYS NOWというバンドがかなり久しぶりにライブやる
ことになりました。わ〜い。3年?4年ぶりでしょうか。やるのです。

8月16日@下北沢シェルターです。GOD'S GUTS企画です。

自分でいうのもなんですが、なかなか良さそうなんですよ。ワクワクしてます(笑)。あぁ、明日も
スタジオ入りたい!って感じです。
でかい音でギターを弾いて歌うのは、やっぱり代え難いものだなと再確認。

で、最近はというとなんだか初めてな仕事を春先からやっていたのが、ようやく一段落。
大変でしたが、色々勉強する部分が多くありがたかったです。
この夏は制作とライブの日々。休みは欲しいけど、がんばります。いろいろ楽しみな制作が
目白押しなんです。

FUJIROCKにも3年連続で連れて行ってもらえます!ありがたいな〜。今年は前乗りして、初日に
YOUR SONG IS GOODとイルリメがあって、夜一旦東京に帰って、翌日SAKEROCKで細野さんの
日比谷野音行って、最終日のFUJIROCKに戻るという強行スケジュール(笑)。SAKEROCKの大地君
はほぼ同行してくれる模様(笑)。

あ、ディエゴというバンドのアルバムとdoppoというバンドのアルバムにコメントを寄稿させて
もらいました。どちらも素晴らしいバンドです。みなさん是非聞いてみてください。
どちらもmy spaceとかで聞けると思います。

VOLVOの車検がこの間あったんだけど、クーラーがまったく効かなかった(笑)のと
アイドリングを安定させるホースがまっ二つになっていてガムテームで止めていたので、
車検前に一旦工場へ。そしたら完璧になって返ってきた!クーラーは効き過ぎなくらい。
エンジンも快調なのだ!目前の10万キロも楽しみなのです。FUJIROCKで初めて遠征します!

淳君が最近BIG BOYSをやたら聞いていたので、僕も聞き返してみる。非常に!燃えた!
ツンツンも岡君も燃えていた!いいね、やっぱり。しかし、凄いバンドですね。

SAKEROCKの渾身のDVDが完成!涙、である。愛着が発売前からあるというのも凄い。
長い年月をかけて制作する作品にはやはり何かあるよね。是非見てください。

イルリメのレコ発が先日代官山UNITでありました。一言!しびれる出来映えにみんな感嘆!の
声。二階堂さん、ECDさん、坪井さん、磯部くんありがとうございます!楽しかった!!!

こうの史代さんの作品はなんだか全部いいですね。

銀杏BOYZの新曲「あいどんわなだい」をライブで初めて聞く。凄くカッコいい。つうか、
ライブ最高でした。

淳君からかなり早い誕生日プレゼントをもらう。やばい!嬉しい。夏愛用です。

あ、週明けにカクバリズムHPで凄いニュースを発表!僕だけかもしれないけど、すげー嬉しい
仕事しました!!!お楽しみに〜〜〜!!!

ラジオのカクバリズム7月号も順調に録音終了!かなりいい出来映え!楽しい。

ガ〜〜〜と書きました。今日は休みだったのと、盛り上がっていたのです。

また書きまーす。

BGM:PAUL&McCARTNEY&WINGS 「BAND ON THE RUN」


stiffeen78 at 07:42|PermalinkComments(12)

2007年06月07日

WILCO!

みんなはもうWILCOの「SKY BLUE SKY」は聞いたか?!これは絶対買ったほうがいい!
最高でした。一生聞くぜ!!

とりあえずそれだけ。

あ、ダービーのウォッカは凄かった。「圧倒的じゃないか!」てアムロ・レイばりに声を
出しました。凱旋門賞行くみたいなので、僕も行こうかなと思ってます。

11日にラジオのカクバリズムの公開収録を渋谷LUSHで20時から行います。多分飲み会みた
いなものだろうから、みんな来てくださいね。YSIGのアルバムとシングル購入者ですが、
LUSHで購入すればいいんじゃないかな?とか今思いました。竹内君に聞いてみまーす。


BGM
WILCO / Either Way




stiffeen78 at 23:55|PermalinkComments(2)

2007年03月09日

THIS CHARMING MAN

凄い更新しておりませんでした。好き者のみなさんごめんなさい。たま〜にMIXIでも
日記(?)書いていたんだけど、そっちも本当にたまにでした。この一年は凄い勢いでいろん
な事が目の前をビュンビュン通り過ぎて行く中で、色々な事を経験させてもらいました。
オモロい事も悲しい事も沢山あったし、勉強しなきゃなと思う事も多々ありました。
文章にしておくといいなって思うのだけど、なかなかね。今年こそ!

とりあえず、昨日は姪っ子の誕生日でおめでとうって事っす。もう一歳!早いな〜!正月に
久しぶりに会って以来、もう可愛くて、可愛くて。兄貴が親バカになるのもわかります。
無事大きくなって欲しいっす!ちなみに僕が抱くと泣いてしまいます。今度会うときは
泣かないで〜(館ヒロシ)。

今後はゆっくりながら競馬と車と音楽の話題を中心に(!)、お届けします!たまに見てくださ
いね。

ちなみに最近はKINKSのVILLAGE GREENとTHE VIEWとマイティー・スパロと相変わらずのSSWと
キセルの新曲(最高!)とハイラマズの新譜(凄く良いです)とTALKING HEADSの1stなんかを
聞いてます!

競馬はディープ以降を見守りつつも、ニュービギニングにやはり期待しつつ、今年もコスモバルク
と関東馬を応援します。「競馬ブック」の金沢氏と島田氏の連載も楽しみです。種牡馬では
ファンタスティックライトに期待です。名前いいよね(笑)

車はVOLVO 240関連の書籍!を購入しまくっております。回りで車の話に付いてきてくれるの
は、SAKEROCKの大地君とYSIGの服部君と卓ちゃんと太呂くんの4人が主要であり、彼らに車の
話をするのが非常に楽しいのです。また興味のない友達に無理矢理話をするのも良いんだよね。

気付けば、28歳!あと2年で30歳!がんばろうと思います。競馬、車、音楽ってオッサンだなぁ。
「ファッション」の話題も入れていかなきゃねぇ(笑)。服、買います!

次回の更新では、もっと色々書きますね。がんばりま〜す。

あ、友達が沢山結婚してます(笑)。

ワイルドマウンテン4巻発売しました!今回も最高でした〜(写真に注目!!!)。本さん

stiffeen78 at 08:29|PermalinkComments(6)

2006年04月28日

大人になれば

イエ〜イ(本秀康風に)。みなさん元気でしょうか?こんばんは。角張です。

日記(blog)ってなんだか真面目な感じというかエモくなってしまいがち
なので、テンションあげて書いてます。サンディネルソン聞きながら書いて
ます!

全然書いていなかったので、またバーって書きなぐります。

ラジオのカクバリズム(ラジカク)の収録がなんだか恐ろしいほど楽しい。
色々な関係者の方々やお客さんにもおもしろがってもらっているみたいで、
ありがたい。この企画は実はけっこう前からあって。でも今のタイミングで
よかったなぁって。タイミングって重要ですよね。恋も仕事も(笑)。って
YUKIが昔ラジオで言ってました。2月、3月号ともによろしくっす。4月号もすぐ!
こうして作っていると夏なんてすぐそこだね。しかし、ラジオ局の人、声かけ
てくれないかな〜。「面白いですね、うちでやりましょ〜!」とかさ。
待ってまーす。

FOUR FRESHMENがかっこ良すぎる〜!しびれます。LIVE盤最高。

サンディネルソンもかなりチェックし始めました。しびれます。

NRBQのライブ盤がリリース!世界限定2000枚!最高にしびれます。
I WANT YOU BAD最高。

「孤独のグルメ」でお馴染みの谷口ジロー&久住昌之の「散歩もの」
もしびれる出来映えでした。

YOUR SONG IS GOODのレコーディングもなんとか順調にすすんでおります。すげー
良い曲たくさ〜ん。凄い!7月5日発売で〜す。1年9ヶ月ぶり(笑)。

そういえばこの間、突然二日ほど休みになったので温泉ッ!行ってきました!
痛感した!温泉は最高に気持ちいい。誰もが知っている事なので、書く事
じゃないかも知れませんが、温泉最高ってことで。箱根って車でも案外近いのね。
富士屋ホテル!

そういえば、温泉行った日はメチャメチャ桜が咲いていたのです。車の中では
サニーディサービスの「BEST SKY」を。なんだか青春じゃないのこれ?みたいな。
気持ちよすぎる!高速もまた良かったり。LIFE IS COMING BACK!(これはオザケン)
なんちゃって。みたいな。

花見→桜を見ながらお酒を飲むってのは出来なかった。毎年出来ないけど、
たま川沿いの河川敷の桜はメチャメチャきれいでした(写真参考)。一年に
一回なんだよね、桜って。当たり前の事を忘れてました。ありがたいと思いました。

テンション高くして書いてます。サンディネルソン聞きながら書いてます!
嘘です(今はOZMONDS)。blogはエモと近〜い。気をつけます。

この間YSIGがサポートしたNEW MASTER SOUNDSはかっこよかったらしい
(リハしかみてない。しかもドラムチェックのみ)。顔も男前だった。
この日のUNITはかわいい子も多く、なんだかイベント全体が盛り上がって
おり楽しかったのだが、翌日のレコーディングのため途中で帰らないと
行けなかった(しかも車だったので、飲めなかったのだ!)。
すげー楽しいそうな空間の横目に帰るのはなんだかフレッシュさに
欠ける。しかし仕方がないのだ。翌週自宅で車の中で聞くCDを探していて、
適当なコンピがあったので、車に持って行った。「お、かっこいいな」っ
て思う曲はNEW MASTER SOUNDSだった。BEAMS RECORDSから4年前くらいに
出ていたやつなんだけど。JETSETのタッチーに「これ、お勧め」といわれ
て購入したKAY-DEEのコンピでも一番かっこよかったのはNEW MASTER SOUNDS
のNERVOUSだった・・・。見たかったなぁ。また来てもらいたい。

最近池上遼一ブームが再来。男なら5年に一回はくると思う。この間
サムライ編集部の園部君と話していたときも「男は島耕作や池上遼一を
読まなきゃいけない時期があると思う」と言っていたが、まったくもって
同意見である。しかし小池一夫の脚本の作品は大味なモノばっかりで、
肩透かしばかりくらうなぁ。武論尊の方がいいなぁ。しかしながら、
弘兼憲史×小池一夫の「兎走る」は傑作です。泣いた。ちなみに
「男なら読み返すだろうシリーズ」→僕の場合「三国志」「沈黙の艦隊」
「人間交差点」「めぞん一刻」「タッチ」など多数の漫画が存在してまして、
何年か周期で読みたい!感覚に陥るです。「ガンダム」も周期があるなぁ。
サンクチュアリ!

MOD LUNGのプロモを大関監督が制作。非常に良い作品が出来ました。
近日スペースシャワーTVなどでオンエアー予定であります。そうそう、
その流れでSTIFFEENのNETで昔のライブ映像とかプロモとかを見せられた
らなって思ってます。KIWIROLLの解散ライブの映像とかプロモとか。SNOTTY
の解散ライブ映像とかもね。いつか商品化したいなって思っているものを軽
く紹介みたいな感じで出せたら、その反応によって判断できますしね。やりたいな。
要検討で!FRUITYとか映像でみれたら嬉しいよね。なんかしたいな〜。
前にBREAKfASTのアメリカのライブ映像流してたんだよね。その手法で行け
そうだなぁ〜。

6月〜7月に7インチを沢山リリースしようと思ってます。クイックジャパン
の連載にも書いたのですが、かなりオモロいタイトル多数。5月には告知でき
るので、期待してください。あがります。

そういえば、ミノケンの個展をうちの事務所の下のギャラリーで開催する
ことになりました。詳しくはSTIFFEENのTOPページでお知らせします。

そろそろ夏フェスの時期になってきやした。なんだか忙しい。でも、楽しみ。
まずは今月末のアラバキから!(すでに終了!後日かきまーす。)

27歳になっても、っていうかいくつになってもだろうけど自分の修正したい
所とか沢山ありすぎるんだなぁ。どっしり落ち着いて行きたいぜ!って事
なんだけどね。

最近車での移動が多くなってきていて感じるんだけど(レンタカー&いよいよ
買うぜ!)、車の移動時間ってけっこう貴重な時間なんだよね。考え事もでき
るし、集中して音楽聞けるし。車で聞く音楽って最高にいいぜ! もちろんそ
んな毎日の気分にフィットした音を積んでいるわけではないので、ラジオも良く
聞くようになりました。inter fmの深夜って面白いのね、なんかちょいとスト
イックな部分もあって。J-WAVEのロハスの押し進め方とかもなんだか「らしい」
し。色々な発見がラジオからも最近聞き返す昔よく聞いていたCDとかからも新
たな発見があるな〜って。SEA&CAKEの1st,2ndは鬼のようなかっこよさだと再確認。

今年は渋谷系がリバイバル!するんじゃないかと勝手に予想してオザケン
ばりのボーダーを着てみるが、「これオザケン意識なんだよねぇ」とふらない
限り触れられないというもっともあぶない区域の状況を作ってしまっていた。
まだ渋谷系はリバイバルしなそうだ・・・。クラークスも買い直す所だった。
う〜ん。

森本君はやっぱり面白い。フォローアップの連載も最高。一緒にいて楽しい。

大学の後輩でもあり、STIFF MEETINGにも何度か出演してもらっている
WE ARE!のアルバムを頂く。非常にシンプルで限りなくかっこよい音楽が
詰まっていた。グッとくる。


って思いがけず頭に思った事をガツガツ書いてみました。長いねー。
もう少し頻繁に書いたら?って姉貴に書き込まれたので(笑)、もう少しがん
ばります。あ、姪っ子メチャメチャ可愛かったです。

BGM そんなこんなで小沢健二「球体の奏でる音楽」1〜2曲目最高〜〜〜。
渋谷さんのピアノ凄いっす。

ほてる
さくら


stiffeen78 at 01:32|PermalinkComments(12)

2006年03月10日

渚にて

3月になりましたね。暖かくなったり寒くなったり。昼間があまりに気持ちよいから薄着で出かけて、夜寒すぎるってパターンですね。でもいいですよね、春。薄着の方がいい。軽いし。コートとか重いよね。花見楽しみ。

さてさて、またもや日記を書いていなかったので、バババって書きなぐります。

TWINKLEの川村君が途中から加入したネハンベースをこの間初めて見ました。いや〜かっこよかったっす。ビシバシ決まるブレイクと凄い展開の曲が非常にかっこよくて。それでいてどことなくPOP!なのがまたイカしておりました。なので、早速次回のKAKUBARHYTHMにおよびしました。3月20日のバリズム@NESTを是非〜。もちろんネハンベースを見に行った時共演していたステルスも最高だった事を忘れずに。夕方のステルス、非常に良いです(深夜ももちろん良いです)。

あと最近SEA&CAKEとかトータスとかあの周辺の音を聞き返したり、新たに聞いたりするのが自分の中で流行りだしていて。Sam Prekop最高!とか。Electric Presidentも凄く良かった。このあたりのバンドの音質凄く好きなんですよね。と、いいながらLeon RussellとPhishを聞き漁っていたりもするんですが・・・。夕焼け楽団の「フォンキー・ウォーキン・ボーイ」も最高!とかね。あ〜吾妻さんの新譜楽しみ過ぎる!

あ、2月は嬉しい事沢山ありました。う〜ん人生はドラマティックだなんて、思ったり思わなかったり。いい感じ!東京!みたいな(笑)。森ビル!

そうそう、「ラジオのカクバリズム」を発売しました〜。500円で67分収録!この日記でも書いているレコードとかもかけてます。案外レアなレコードかかっております。楽しめると思いま〜す。でもこのCDRだけの注文だと高いんだよね、送料が。なんとかなんないかなぁ、送料。アマゾンすげーなぁと。改善します!でもって次回も面白いと思うので是非是非、チェックしてくださいね。レスポンスがないと続きませんよ、これ(笑)。

で、3月ですよ。早い。この間カウントダウンだなんだって言っていたのに。1日にNESTにてスピードイルをみる。スピードメーターの「神経衰弱の旅行者」ってアルバムが凄く好きで。イギリスに行ったときも持って行くくらい好きなんですよ。それにイルリメが加わったのがスピードイル。ライブ凄くよかったです。もっと抽象的な表現をするかと思っていたんだけど、肉迫したステージングがよかった。もっとライブやってほしいな。

そんでもってこの間の日曜日。久しぶりにゆっくり時間があいたので、車で葉山まで!浜辺でわぁ〜って遊んで。気付いたら足メチャメチャ擦りむいていた。葉山にちゃんといったのは初めてだったんだけど、いいっすね。湘南より静かで、なんだかしっとりしているような気が。御用邸のせいかな。天気が良かったので最高でした。なんで葉山かと言うとね、そうですキセルのライブが空屋であったんですよ。ここ元々別荘だったみたいなんですけど、それを改造してカフェ?なんつうのか
まぁ憩いの場みたいになっていて。雰囲気凄く良いです。キセルのライブも選曲を含め最高で。「ハナレバナレ」最高。「夏がくる」も海辺にぴったり。ゲストキーボードでエマーソン北村さんが参加していて。これがまた良くて。

ライブ後パードン木村さんを紹介されて、楽しく談笑。キセル兄弟とエマーソンさんとも楽しく談笑。オッパーラの人なんかもいて、楽しい感じでした。パンうまかった。カタカナの名前の人はいい人多いなぁ。

そんな葉山を抜けて、鎌倉〜江ノ島へ!海辺はあげる!と再確認。今年の夏、浜辺とかでなんかできないかな、なんて考えながら第三京浜で帰ってくるわけです。楽しかった。

小沢健二のアルバム購入。思ったより明るい感じでびっくり。最近連載している「うさぎ」って小説の世界感みたいな感じを受けましたが、音質も曲もやっぱりかっこよかったと思います。でも、歌ってほし〜。

嬉しい事。兄貴夫婦に赤ちゃんが生まれました〜。3月6日。女の子です。母親からも父親からも留守電が入っていた。兄貴からはメール。三人とも興奮気味。両親にとって初孫。会うのが楽しみ。仙台にはアラバキフェスで帰るから、初対面はそのときだね。僕も伯父さんです。う〜ん感動。あの兄貴が父親になるんだねぇ。うける。誰かの誕生日って数えれるくらいしか認識してないけど、3月6日にうまれた姪っ子のはしっかり憶えるのです。かっこいい叔父さんになりたいと思います。

BGM 細野晴臣 ''ろっか・ばい・まい・べいびい''




stiffeen78 at 16:46|PermalinkComments(4)

2006年02月15日

ラヴァーズロック

2006年は激動だろうな、と勝手に予想してましたが、案の上色々あるみたい(笑)。まぁ大変っていえば大変なんだけど、すげー楽しかったりするので「ま、良いや」って思っております。一重に盛り上がっている事だけは確かです(青春は続く!)。

で、バレンタインデイってやつですよ。世間では560億円規模の出来事らしくて(!)、大人になってからは(なったのかな?)なんだかないようで軽くあるイベントだと思っていたら、あら?盛り上がっているのねってことですよ。感想としては、27歳になってももらうと嬉しいもので(笑)。気分が若返ります(やばい)。中学生の頃みたいな。考えたんですよ、今日事務所で。一番上がるバレンタインのシュチュレーション。中学生みたいな気分でね。

みんなこれだと思うけど、電車で通勤(通学)中に見知らぬかわいい子からのチョコだろうと。この「見知らぬ」ってのが最高で。もちろんかわいいってのも大切ですが、予想していない所からもらうってのが熱い。こんな事もうないだろうな〜(あったら逆に怖い)。「毎朝一緒の電車なんです」とか熱いと言えば熱いが、書いていて「う〜ん」という感じもあるなぁ。あ、バレンタインに便乗するのがかっこわるく感じるんだな。せこいぜ!あと怖いぜ!

でも凄いよね、手作りとかさ。感服ッス。

そんな1月〜2月を過ごしてきた訳なんですが、ここ最近よかった音源や出来事なんかをまたもやフックアップしたいなって思ってます。

前の日記で書き損ねたんだけど、正月空けにみた「イルリメ×二階堂和美」のライブは鳥肌がたってしまった。どちらも大好きなアーティストなんですが、この日はとってもよかった。イルリメのラップが空間を切り取っていて、そこにニカさんの歌が入ってきて「あ、凄い」って感じてしまって。大名曲「ラヴァーズ・ロック」「ルンバでチャチャチャ」なんて上がったなぁ。いいもの見ました。みんなも是非。

エビス・ビーツ(アミダ君)のトラック、ラップに驚愕。これはマジでかっこいいっす。

ちまたで盛り上がりまくっているアークティック・モンキーズのアルバムを購入。僕も含めて日本の人ってイギリス人の事好きな人多いよね。容姿もさ。リバーティーンズ〜ベイビーシャンブルズなんかもそうだけど、細身で尖ったロック〜パンクサウンドは人気爆発な要素満点でしたが、僕はSTIFF LITTLE FINGERSの方がかっこいいなと思ったわけです。実も蓋もない!I bet you look good on the dancefloorって曲は強烈でした。

MODLUNGのアルバムが完成。メチャメチャ最高傑作!涙!涙!涙!あの3人がやってくれた。マスタリングの終了際にスタジオに駆け込んで聞いた音はブリリアントだったぜ!これはかなり期待してもらってかまいません。メンバー3人のすべてが詰まった1stだ。だからこそ、1stアルバムってのは面白いし、かっこいいんだな。是非聞いてください。近々TOP PAGEに記載しますが、4月下旬発売予定! ワールドスタンダードってやつだと思ってます。

リキッドルームであったスペシャのイベントは面白かったです。その後MILKでやったアフターパーティーなるものがメチャメチャ楽しかった(笑)。森本君(Bf)と僕らとか知っている顔しか踊ってなかったけど、あのB3階は奇跡的に盛り上がった。最高!ダンスフロアってこうゆう事だったんだバリにガチで上がりました。マイケル・ジャクソン4枚つなぎで昇天。翌日11時からのレコーディングはかなりきつかったですが・・・。

1月のKAKUBARHYTHMに出てもらったキセルのライブがこの間NESTであって、行ってきました。すげー良かった。この丸みと雰囲気は出したくても出せないよ。凄く良かった。今度葉山の空屋でライブがあるかも知れないということで、一緒に行こうって話になった。仕事なければいいな。3月の葉山も気持ち良さそう。暖かいと最高ぽいなぁ。

今月末に兄夫婦に子供が生まれる。非常に楽しみであります。家族が増えるって末っ子の僕には初めての感じなんです(兄夫婦の子供だからちょいと遠いけどさ)。生まれる前から愛してしまっている感あり。無事生まれてくるといいな&出産祝いはなににしようかと模索中です。

BGM 二階堂和美「ラヴァーズロック」・・・泣いた!

stiffeen78 at 09:21|PermalinkComments(1)

2006年01月25日

あけましておめでとうございます。

また日記をかかない日々になってしまった。面白い事沢山あって、いいライブにも良い音楽にも巡り会ったのに、書き忘れている!人間はそんなに賢くないのです。本年もよろしくおねがいします。

ちなみに正月早々インフルエンザで40度の壁を越えました。実家の救急病院でタミフルを投与!翌日YOUR SONG IS GOODのレコーディングだったため39度の熱のまま帰京。新幹線、しんどかった。しかしインフルエンザというやつは高熱のみで、別に頭痛があるわけではなかったので、逆に盛り上がってました(笑)。世界が二、三個になりました。朦朧とした意識の中にも喜びや悲しみを嗅ぎ分ける感覚は弱らないのだなというのも確認。まさに壮絶な幕開けでした。

大晦日はYSIGがカウントダウンジャパンに出演ということで、色々年末だというのに大忙し。ライブは伝説!的な素晴らしいライブを展開してくれた。ロッキングオンジャパンのスタッフも全員驚いていた。僕も驚いたくらい良いライブでした。正直アウェーでだれも3時30分なんて時間帯にYSIGを見に来ないでしょ〜とか言っていたのに。気付いたら入場規制手前(笑)。凄い人。凄い盛り上がりでアンコールも凄かったです。いい瞬間でした。あ、くるりの岸田くんと話したんですが、普通に嬉しかったです(笑)。ポール・マッカートニーの話を少々しました。ライブも「ハイウェイ」やってくれたし。
牧瀬里穂もいて、あがりました(笑)。好きだったんです、幕末純情伝・・・。

でもってSAKEROCKと行った謹賀新年ツアーで京都での中日があったんです。なので、みんなで観光。清水寺のおみくじで「凶」でした。う〜ん。

でもって、また色々あってこの間の土曜日に弾き語りでNESTでライブやりました。仲の良い友達の企画で。そいつは最近生活が色々大変そうで、「歌ってくれ」というもんだから、少しでも笑ってくれたらいいなと思ってやりました。実は凄く楽しかった(笑)。多少反応もあったみただし、その友達も喜んでくれたので、よかった。今度ももっとしっかりできたら良いなと思います。

で、月曜日「STIFF MEETING」@シェルター。やっぱりシェルター大好き。出演バンド全部かっこよかった。平日にあのかっこよさを提供してくれるだけで、幸せ。GOD'S GUTSにはたびたび救われている。DISCHARMING MANの蛯名君と話しているだけで、僕は案外楽になるんです。昔経堂で一緒に遊びまくった時間はなんだか過去のものになってしまっているが、非常にウケる、大切な時間だったんだなと再認識。朝まで野球の話とプロレスの話をする。最高の瞬間。朝方、小野寺君と蛯名君は札幌に帰って行った。次は札幌であいましょう。

で、今日。事務所でたまりにたまった作業をこなす。大関監督と打ち合わせ。いいもの作れそう。夜。
BREAKfASTの森本君と太郎君が事務所にくる。またもや楽しい時間に(笑&仕事は?)。

明日も当たり前のように仕事だけど、去年よりは軽い足取りで前に進んでいるような一年なのだ。
今年もSTIFFEEN RECORDS,KAKUBARHYTHMをどうぞよろしくおねがいします。2006年はやります!




stiffeen78 at 03:05|PermalinkComments(3)

2005年12月17日

ハチとミツ

MODLUNGのレコーディングが実は11月から始まっている。MOD LUNGのホームページでもレコーディング日記が書いてあるので、是非見てほしい。かなり面白いと思う。特にバンドマンの人は是非。僕もそうなんだけど、バンドを長くやっていてもレコーディングに対する知識ってなかなか身に付かない。サンレコとかってパンク〜ハードコアのバンドの人はなかなか読んでないだろうし、必要ないような気もするしね。でも最近雑食的に音楽を聞いて、色々なバンドのレコーディングを組み立てていると、ありとあらゆるレコーディング方法が世の中にはあることを知る訳ですよ。当たり前なんだけど、その一つ一つがかなり重要になってくるんだよね。マイクの立て方一つで全然音が違う。

みんなもさ、感じた事ないかな?ライブはすげー良いのに音源が良くなかったとかさ。レコーディングの仕方で全然変わってくるのだ(もちろん演奏する側の諸々も影響大だぜ!)。それだけ重要だし難しいのだ〜しかも聞き手の立場と作り手の立場、耳も違う。音の感触の捉え方って千差万別でしょ。それこそMP3だけしか聞いてこなかった耳に、しっかりとしたステレオで例えばビートルズのヘルタースケルターなんかを聞かした日にはハードコアにさえ聞こえるかもよ(笑&そんなことはない!)。これは飛躍し過ぎだけど、お客さんの耳まで指定できないしね。それこそあんまり音質にはこだわっていないかもしれない。でもバンド側、アーティスト側が出したい、録音したい音を絶対コンパイルしたい。その作業はいくつになってもゴールはみえなそうだ。みな理想に向かって日々勉強なのだ〜!そのときの状況とかも関係してくるしね。がんばろっと。良い曲が良い音で録音できれば言う事なしです(笑)

今回MODLUNGとミーティングを重ねた結果がオープンリールテープを使ったアナログレコーディングだったのだ!これが大正解!かなりやばい音でドラム、ベース、ギターが録音できている。最高の作品に近づいているのがわかる。彼らの求めていた音だ。とっても期待していてください。

なにを言いたいかと言うとレコーディングうまくいくといいなぁ〜ってことなんだな。今度レコーディングの諸々も整理して書きたいなって思いました。

追伸
今年国内版のアルバムの音で衝撃を受けたのは銀杏ボーイズの''DOOR''と曽我部恵一さんのLIVE盤(ナイスミックスだと思う)です。どちらも素晴らしかった。もちろん曲も。どちらも友達だというのも凄い。みんながんばっているなぁ。負けないようにがんばります。あ、くるりのアルバムの曲の音質もメチャメチャよかったです。ギターの音とか凄い良いですよね。

BGM::Death Cab For Cutie「Prove My Hypothesis」・・決して世間的には良い音ではないんですが、好きな音です。好きな音が良い音なわけですが・・・。う〜ん、う〜ん。勉強だ〜!


stiffeen78 at 08:22|PermalinkComments(1)

2005年12月13日

あの日川を渡って。

今年から僕らの行行動範囲に加わった場所の中で一番熱かった所といえば、やはり横浜LOGOSで行われている「建設的」だろう。平日の火曜日の夜にオールナイトで行われているこのイベントは実はかなりの人間力を試されるものであります・・・(笑)。行けば行ったで潰されてます。ロンリコ。この名前を聞いただけで、ビビります。ラム酒で普通に飲んだらおいしいお酒ですよ、そりゃ。普通に飲んだらね。

そんなわけで、この日はYSIG淳君がソイルのタブ君の代打でSSTVでVJをこなしてから渋谷で取材。ちょうどMU-STARSも取材だったので、そちらはスタッフのマサヤ君にまかせて、後で合流。その後建設的へ。この日は忘年会の様相も呈していたので、お酒がかなり乱れ飛んでおりました。正直LOGOSでしっかりライブを見た記憶がない(笑)。この日ゲストのタカラダ君のDJがBPM早めで気持ちいい!(パンク!)早いの好きなんです(笑)。その後ホッチに狙われ、ロンリコ応酬。一番その洗礼を受けていたのは、横浜HIP HOPシーン、いや日本アンダーグラウンドHIP HOP好きのマサヤ君。いつの間にかいい感じに仲良くなってました→かなり飲まされていた。僕は途中でつぶれたわけで。途中から記憶が曖昧です。

朝。死にそうなほどきつい。今日も仕事なのだ。まさや君は途中の駅で気持ち悪いといって途中下車(笑)僕も吐きそうなのを押さえながら始発の電車から朝日を眺めながら帰るんです。東横線から見える景色はなんだかとっても綺麗で、朝日が幻想的ですらありました。多摩川を越えるあたりがピーク。心がワクワクするな、川は。なんて考えながらも吐きそう(笑)。

つらかった。でも建設的楽しんだよな。みんなも次の日仕事でも俄然行こうぜ!ちなみにまさや君は翌日ケロッとした顔でちゃんと事務所に来ていた・・・。リスペクト!僕は撃沈・・・。当たり前だぜ!

BGM :: BECK 「Lost Cause」・・・建設的帰りの東横線からの景色にぴったり。

stiffeen78 at 07:27|PermalinkComments(0)

2005年12月11日

カクバリズム・スペシャル2005

まずい。2005年ももうすぐ終わってしまう。今年中に今年の日記を書き上げないとなんだか新鮮な気分で新年を迎えられない!というわけで駆け抜けます!

11日は恵比寿リキッドルームで「カクバリズム・スペシャル2005」を開催。リキッドルーム・・・随分大きな所を押さえてしまったなぁ〜と正直怖じ気づく時もあったんです。出演バンドもYSIG,SK6,CWM,サイプレス上野とロベルト吉野という、まぁ良い意味でスペシャルだけど、いつものメンツって言われたらそうだからさ。でも終わった感想としてはこのメンツでリキッドをやれてよかった。なんか感動した。お客さんも700人くらい来てくれて、涙!涙!個々の実力の向上といい、雰囲気といい。リキッドルームってさ、やっぱりすごくメジャーの人もやっているし、大きなライブハウス(?)だからお客さんとの距離(ステージからの距離じゃないよ)が凄く心配でもあったんです。あのシェルターで企画しているときの、なんだろうね、ちょっとみんな友達みたいな感じ。恥ずかしいね、この表現。でも、そんな居心地の良い空間(カフェとかのそれとは違う)がリキッドにもあって。ライブもゲストDJのクボタさんのかける音も、もちろんMU-STARSの音もな〜んか全部かっこよかった。YOUR SONG IS GOODが最後アンコールで出演者全員呼んでワイワイやってくれた。SAKEROCKは今年からカクバリズムに参加してもらったけど(出演自体は去年の6月からだけど)、このステージを見ていたら凄く自然な一体感が生まれていて、なんだか嬉しくなったんです。今年の成果だな〜なんて思って。サイプレス上野はWATTSで出会ったからか、いつあってもファミリー感が漂っているけど(笑)。バイト先も一緒の系列だったしね(笑)。

アンコールが終わって、押し掛けDJこと三木佑司がお客さんが出るときのDJをしたんです。あいつ、最初の曲に「今夜はブギーバック」をかけたんだよね(笑)。僕もだけど、みんな上がってた。まだまだ今夜は終わらないぜ!みたいなくらい盛り上がってしまった(笑)。うん、この場合盛り上がってしまったって表現が一番あっている。みんな「今夜はブギーバック」な気分だったんじゃないかな(笑)その後NASでまたあげていたけど。みんなの気持ちをよく掴んだ選曲で僕はやっぱり嬉しかったんです。ありがとうね、佑司。

2005年はカクバリズムをあんまりやらなかったんだけど、12月にこんな感じで出来てよかった。来年も色々やりま〜す。あ、シェルターでもオモロいイベントやる事になりました。と、いっても来年の6月くらいだけど。いいと思うなぁ。ミルクでもなにかやろうと思います。いつも思うけど、音楽を通してみんなと繋がっていたいと思うんです。


BGM 小沢健二 「僕らが旅に出る理由」・・・やっぱり今の時代は小沢君が必要なんじゃないの?とか思ったりします。

stiffeen78 at 06:50|PermalinkComments(3)

2005年12月03日

DRIVE MY CAR

12月3日はこの間名古屋で行ったカクバリズムとギャラクティックの共同企画イン大阪!ってわけだ。東京から車で大阪までまぁ6時間くらいなので、いつも前乗りするか当日行くかで迷う。前はもちろん当日だったのだが、最近はリハの入りも早くなってきており(13時とか)、当日入りとなると朝早いだ。しかも運転後すぐリハとかメンバーは疲れていたりする(歳も歳だし)。なので、今回は前乗りだー!しかもホテル関西・・・。と思ったものの、練習あけのユアソングと合流したのがすでに23時。でもって淳君がオルガンバーでDJなので、淳君のDJ終わりが1時。で、出発したのが2時過ぎ(笑)。ゆっくり行ったので、着いたのが9時半。寝たのが10時で、起きたのが13時。なんだか当日入りよりきついんじゃないか?っていう前乗り(笑)。前乗りは確実に失敗だったわけです。

さて、初めて来ました梅田シャングリア。良いライブハウスです。できたてで綺麗でした。もっと年代を重ねると味が出てきてら良いゃないかなぁ〜なんて思います(偉そう)。なにより楽屋が広い。

ライブはやはりどちらもすげーよかった。前も書いたけど、あのお客さんとの距離感が絶妙で良かった。最高だった。すげー盛り上がって、なんだか嬉しくて。こうなんだよな〜とか一人色々考えてました。来年のライブ企画のあり方をボーと構想。いい刺激。ありがたいっす〜。ライブのラストはメンバー総出演でクリスマス・ソングを。これが個人的に大ウケ。リハーサルで急遽決まって、それをやれるYSIGも凄いけど、加わったCWMも凄い。すげー笑ったし、すげー興奮したし、凄くシンクロしていたような気がします。大阪楽しかったです。

赤犬のあきらさん(たまたま)やマイスティースのメンバーなども見に来てくれて、嬉しかった。打ち上げでは大阪ではいつもお世話になっている塩山さんと鈴木さん(SAKEROCK DVD参照)と話す。この二人に絡むのは楽しいのだ(笑)。その後またまたオアグローリーの山田君と野球の話(笑)。バッティングセンターに行こうという話になるが、煽るだけ煽って止めにする(笑)。我ながら酷い。今度行きましょうね、山田君。

翌日一行は東京へ。僕も4日に色々用事があったので、なにげに急いで帰ったんですよ。でね、順調で6時くらいには着くな〜って思っていたら東名で4つ事故!海老名から渋滞30キロ!こりゃ酷いって判断して、迷いながらも246へ。これが大失敗。246ももちろん激こみ。ちくしょ〜!この日は人生で二度くるチャンスのうちの1回目があるのだ(笑&言い過ぎ&二度目じゃないことを祈る)。と自分を奮い立たせ、また東名に戻る僕ら(笑)。そしたら二時間渋滞っていう情報っていうわりに、なんだかスルリスルリと車が進んで行くじゃないか?ん?あーすぐ駒沢に着いたー。東名に戻ってからはそんなに目立つ渋滞にははまらなかったなぁ。東名で事故を起こすと大変ね(どこでもだけどさ)。

運転は意地でも気をつけろ!(なんの日記?)

BGM: Preston School Of Industry [AT KOSE]・・・この曲メチャメチャかっこいい。ちなみにメンバーは元ペイヴメントだぜ!

stiffeen78 at 00:57|PermalinkComments(1)

2005年12月01日

さよなら WATTS

正直思い出はたくさんありすぎる。西荻窪WATTSはやはり僕の中では特別なライブハウスだったんだなと再確認した。本当に汚いし、音もお世辞には良いとは言えない。だけどなんでかな。学生時代、あそこに僕はいた。悲しい事も嬉しい事もなんだかWATTSから始まっていたような気さえする(大げさだけど)。STIFFEENもKAKUBARHYTHMもWATTSがスタート地点なのだ。

そんなWATTSが11月末に閉店した。11月29日にDASHBOARDの企画が行われた。凄いお客さんの数だった。懐かしい友達の顔がそろっていた。

時間は過ぎて、季節も変わって、年も越えて、時代も変わって行く。忘れ去られて行くと思う。でも、僕らにはWATTSというオモロくて汚いライブハウスがあった。なくなってしまった事は悲しいけど、WATTSを体験できていて良かったとも思う。

本当はもっと長い文章も用意できる。でもさ、そんな感じじゃないんじゃないかなと思って。少し時間が経ったらWATTSの思い出も文章にして、ここに書きます。

「さよならだけが人生だ」とは井伏鱒二だが(前にも書いた)、今は「さよならだけが人生ならば、人生なんていりません」な寺山修司な気分なのだ。

BGM 細野晴臣「終わりの季節」



WATTS

stiffeen78 at 03:59|PermalinkComments(1)

2005年11月26日

楽しい夜更かし

そういえば、この間両親が仕事の都合で東京に来ていたので、青山での打ち合わせの後夕方に渋谷で待ち合わせをした。両親にしっかり合うのは久しぶりだったので、なんだか照れるもんだ。しかしながら、僕も27歳になり、父親は64歳だし、母親も57歳である。親孝行は正直できていないのである。ここ数年、なんとか親孝行したいと模索しているが、なかなかどうして難しいのだ。そんな事を告げるとやはり親はあくまで親らしい事を言う。実家から出てきて、今年で9年目になるが、まだまだなんだなと感じながら台湾料理を一緒に食べた。久しぶりに3人でたべる夕食は美味しく感じた。二人とも元気そうだったので、安心して見送った。

26日は渋谷クアトロで、パンクロッカーズボール。ピザオブデスの企画にYSIGが出演。一昨年?以来の出演である。対バンはCOMEBACKMYDAUGHTERS,NINE DAYS WONDER。ちょっと前までYSIGが対バンしていたメンツと久しぶりの共演。非常に楽しみでした。COME BACK MY DAUTHERSはセカンドアルバムが完成したとあって、早速サンプルをいただく!これが、メチャメチャ良い!WILCO〜NEIL YOUNG好きな僕としては鼻血ものの出来映えです。事務所でガンガン聞いてます。しかしながら、この日は名古屋ダイヤモンドホールでSAKEROCKのライブもあり、その話自体を僕が承っていたので、YSIGのリハーサル終了後に新幹線で一路名古屋へ!NINE DAYS WONDER・・・見たかったよ〜。

ダイヤモンドホールは1000人くらい入っていて、凄かった。マイスティースの演奏中に到着。SAKEROCKには無事間に合いました。この日はとてつもなく良いライブ!お客さんの煽りにも動じずにガンガンオモロい事をかぶせるハマケンの姿に涙!偉い!ライブもすげー盛り上がってくれて、ライブ後にDVDがメチャメチャ売れました!嬉しいんだけど、大赤字なんだな〜!(笑&泣)。

ライブ後、打ち上げに挨拶だけして、一路東京へ。運転は僕。みんな前日もライブで寝てないのだ。パーキングで飯食べた後、僕以外が寝てしまい、車内はか〜な〜り淋しい。でもって僕も疲れで居眠り運転一歩手前だったので、浜名湖で30分睡眠!これでなんとか持ちかえし、カメラマン兼監督の大関とワクワクする話を繰り返しては、朝東京に着いたとさ。疲れた〜。

BGM くるり/ハイウェイ


看板

stiffeen78 at 03:07|PermalinkComments(2)

2005年11月23日

夜の想い

23日は9月以来のSAKEROCKの復活ライブ@クラブキュー。ソールドアウト。凄いなぁ。この二ヶ月の間ギターの星野君が大人計画の舞台「7人の恋人」に出演していたため、ライブは一時お休みしておりました。が、その間11月17日に破格の出来映えと評価していただいている「SAKEROCKのDVD ぐうぜんのきろく」をリリースしたりしておりました。これが本当に涙と血の結晶なので、是非見てみてください。面白いです。

やっぱりライブがあるといいね。久しぶりによく見る顔が集まる。楽しい。ライブも個々のスキルアップが顔を覗かせる。久しぶりだとエンジンがかかるのが普段は遅いのだが、今回はそんなことなかった。素晴らしいライブでした。うん、いいね。比較的新曲でもある「ちかく」は本当にいい曲だと思う。

SAKEROCKのDVDだが、プレス(そもそも少ない)が切れるほどバックオーダーがくる!嬉しい悲鳴とはこの事。しかし、1500円で販売しているので、再プレスするたびに赤字も拡張していくのだ・・・。う〜ん。笑いたくても笑えないぜ(笑。でも笑う)

なんだかワクワクすることがあった。単純だな〜(笑)。でもなんだか嬉しいので、その気持ちをそのままの日々に反映することにしました。楽しい日々だぜ!

BGM Kenji Jammer "Little Wishes"

stiffeen78 at 05:18|PermalinkComments(1)

2005年11月21日

良い予感のした日

男を仕事で磨くのだ。そう心に誓いながら、僕はパソコンに向かっておりました。そう、11月21日に僕は27歳になりました。う〜ん感慨深い。なんせ今年は良い事も悪い事も喜ばしい事も悲しい事もなんだか全部あった(笑)。いままでは歳を重ねる事に実感はあんまりなかったんだけど、27歳の誕生日は「大人」になっている事を確実に感じた一日だったんです。

まず、仕事が終わらなくて(笑)、20日の夜(日曜!)も事務所で作業!気付いたら12時回っていて(笑)。一人事務所で迎えました・・・。しかしながら、前日の日曜日にみんなにケーキやらプレゼントやらをもらって嬉しかったわけです。ありがとうございます涙。がんばります。

涙をこすりながら仕事をしていると(ウソ)、淳君が仕事をしに午前2時に事務所に!偉い&嬉しい!

で、徹夜で仕事をこなし、21日はスペースシャワーへ。SAKEROCKのDVDが発売されたので(大好評っす〜)、メンバー全員でスタジオグロウンという番組に出るのです。で、スペシャのいろいろな方から「もう若手ではないね」とか「パッとみより案外歳ですね」とか「あぁ〜中途半端ですね」とかのお祝いとはほど遠い言葉をいただく。まぁ確かにどうこう騒ぐ歳ではないね。とりあえず、がんばれってことだなと解釈して、働く。

徹夜していたのは、来月のクイックジャパンで掲載される原稿を書いていたからであるのです。12月10日発売号で、ちょろちょろ書いていたりします。編集長からお褒めの言葉をいただいたので、一安心。みなさん、見かけたら読んでみてくださいな。

しかし、27歳ってけっこう歳とってきたなぁ〜。あびちゃんとSTIFFEENをはじめた時はまだ19歳?!だったから。8年?そんなにやってないんじゃない?あ、やっているわ(笑)。若いなぁ〜。そりゃ若手言われるね。いろいろあったな〜。19歳とか20歳の時、失礼な話だけど「27歳とか終わっているぜ」(笑)スタイルだったような気もするなぁ〜(笑)。もうイメージ的にメチャメチャ大人って感じの年齢だよね。ま、子供いる人はいるし、マンションとか家とか買っている人もいるだろうな〜。しかしながら、歳を重ねる事は案外嫌いじゃないっていうか好きです。若いってのは格好悪い所がやっぱりあると思っていて。

ともあれ、いい27歳にしたいっす。なんだか良い予感はするんだけどなぁ(笑)。

BGM Paul McCartney & Wings "TOMORROW" ←最高!

stiffeen78 at 04:29|PermalinkComments(0)

2005年11月18日

素敵な夜

僕らの中では伝説となっている今年6月に恵比寿ミルクにて開催した「カクバリズム・真夜中」。お客さんも400人!DJ、ライブも大盛り上がりだった。お客さんがほぼ帰った後のフリースタイル大会、BACK TO BACKでの伝説は正直憶えていないくらい酔っていた・・・。モデルの金木君は酔いすぎて、その後向かった富士ソバで昼まで寝ていた(笑)。ハードな夜だったのだ。それの二回目を11月18日にまたもや恵比寿ミルクにて敢行!これまた憶えていないくらい面白かったのだ。

この日はMU-STARSのアルバム発売記念。MU-STARSはいつでも僕を驚かしてくれる。彼らのアルバムは一言ではうまく言えないのだけれども、音楽への愛情が本当に詰まっている。ブレイクビーツやヒップホップという音楽のもつ路上的な側面とカウンターカルチャーとしての役割も存分にわかった上で、愛情を詰め込むのは素直じゃないといけないと思う。彼らはそういった点であんまりアーティスティックではないのかも知れない。だからこそ、傑作1st"check 1,2"が完成したのだろうなんて思う。熱く、かっこいい。今後はアーティストとして高い壁に向かって行く。そんなMU-STARSの生バンド版がお披露目。ベースとドラムのリズム隊に正直僕の周りでは一番うまいと思っている二人をお招きした。ギターは変幻自在の男ツンツンにお願いしました。非常にいいライブで、みな楽しんでくれていた。途中なぜか大関監督(ZEKI王)@ステージ、僕のフリースタイルによる名曲「い〜んです(笑)」などになだれ込み、台無しに・・・。すみません。しかし、フリースタイル終了後飲んでいると一人の小さな男に「フリースタイル、すげー良かったですよ」と。あぁ、すみませんとか言っていると、キックザカンクルーのリトル君でした〜!まいった(笑)。

ステルスもサイプレス上野とロベルト吉野も赤い疑惑もDJ陣の方々も非常に良かった。ありがとう〜!5時過ぎのDJ JxJx、小野君と僕によるback to backも楽しかった記憶も。

みんな笑っていたから、いい夜だなぁ〜なんて。またやりたいね。

bgm ステルス "真夏のJAM"

stiffeen78 at 04:03|PermalinkComments(0)

2005年11月12日

できることなら

東名高速を車で走る。出来る事なら静岡を一時的でも横から縦にしたい・・・(静岡県民の方すみません。)。何度も何度も東名を大阪だ!京都だ!名古屋だ!と走っているが、静岡の横の長さにはいつでもやられてます。縦にしてほしいのです。

毎年恒例となっている11月は京都へ!ってことで11日は京都メトロへ。12日はカクバリズム・ギャラクティック企画で名古屋クアトロにて。軽いツアーしました。

一言、楽しかった〜!京都メトロはセカロイとのイベントなので、昨年からのイベントです。同じ歳のレーベルオーナー小山内とは切磋琢磨して行こうぜ!と誓っているので、なんだかんだ飲んだくれてしまうイベントです(笑)。この日はサイプレス上野とロベルト吉野も同行!先週のユアソングワンマンでもそのラップのスキルとエンターテイナーぶりを見せつけてくれたので、期待していたのですが、これがメチャメチャいいライブをかましてくれました!すげーよかった。イベントもJET SETの小野君を終始あおる展開が功を奏してくれて、楽しかったです。

で、翌日の名古屋は大好きなCOOL WISE MENとYOUR SONG IS GOODの2マン。最高の雰囲気で、最高のライブでした。どちらのバンドも最高だった。ある一定の理想とする空間ができたと思う。初期のカクバリズムな雰囲気に加えて、バンドの実力。素晴らしかった。来てくれたお客さんにも十分楽しんでもらえたと思います。来てくれたみんなにはまたこのメンツで名古屋に来たときには全員来てほしい。もっと良くなってくるから。

名古屋での打ち上げはオアグローリーの山田君と終始プロ野球の話を。広島の正田の話とか(笑)。大洋のポンセとパチョレックの話とか(笑)。
こうゆうのを楽しい時間と言うのだと思う。

BGM TONY HATCH "I DON'T KNOW WHAT TIME IT WAS"

stiffeen78 at 03:40|PermalinkComments(0)

2005年11月08日

新しい人

今回は最近の良く聞いているレコードやCDなんかをあげてみる。こうゆうのは案外面白くて。何年後か何ヶ月後かに読み返すのが、意外に面白いのであります。

さて、最近ますますSSWおよびSWAMP,70'S ROCKに傾倒しております。あとアコースティック・スウィングなんかも聞く事が多くなってきました。この辺はやはりEM RECORDSからリリースされているLEW LONDONのアルバムを事務所でメチャメチャ聞いているってのがあります。最高。みなさん、是非。あとやっぱりNRBQ。MODLUNGの矢田君ともよく話すけど、YSIGの淳君も大好きで、NRBQ(アルバムが沢山でておりまして、CDでも売ってないのとかある)をお互い持ち合って盛り上がっていたりします。12月に黄金時代の作品が再発されるみたいで、これまた楽しみってやつです。

NEIL YOUNGの「AMERICAN STARS ’N BAR'S」ってアルバムを最近購入。凄く好きです。

BIFFF ROSEのアルバムも2枚購入。面白くもなんだか泣ける。

ちなみにWILCOのライブ盤が発売されました!矢田君は国内版の発売まで待つと言っていましたが、待てません!速攻買いました!これが最高!車の中ででかい音でかけて運転しているとまさにライブの空間にいるようです。本当にいいバンドや!全曲!かっこいい!ボーカルがたまらないのです。THE WILCO BOOKも
勢いで購入!ミズモトさんが言う通りなクオリティーで熱いぜ!

GEOGE GERDESのオカマぽいジャケットのアルバム"SON OF OBITUARY"がメチャメチャ良い!最近これも良く聞いてます。

山下達郎の蒼茫を聞き直す。やはり名曲。ベスト盤「TREASURES」ですけどね。

YOUR SONG IS GOODのライブで録音していた新曲(ワンマンのアンコールの1曲目に披露したやつ)を聞く。凄く好きなフィーリング。淳君がフリースタイルで導入したボブ・ドロウ〜デ・ラ・ソウルなメロディがたまらないのだ。

いまさらだけど、SHINGO2の緑黄色人種の中の"休憩 [lady7 interlude]"って曲がすげー良くて。この間のBILL君のアルバムの客演とコメントも最高だったので、購入。400しか持ってなかったのです。そう思うと、ブルーハーブとかDRY&HEADYとかSHINGO2とかが代々木で一緒にやっていた頃からもう4年?3年?早いなぁ。ヌジャベスの新しいアルバムでLUV SIC3をやっているようなので、聞いてみたいな。

事務所で空前のDavid Bowieブーム(笑)。各タイトルを買いあさった結果やはり「DIGGY STARDUST」が最高!と判明(笑)。冒頭からラストまで捨て曲なし!素晴らしいなぁ。1、2曲目のイントロの渋いブレイクにもグッときたりしてます。

あとここ一ヶ月くらいずっと細野晴臣先生の「HOSONO HOUSE」はかなり聞いてました。なんでかな。とりあえず、メチャメチャ聞いてました。なんか、あるんだろうね、今まで沢山聞いてきたにも関わらず、また思いっきり聞くタイミングって。もちろん内容が良くないとそうはならないんだけどね。

新しい人がいろんな事をしている。いろんな事がつながっているんだなぁ〜なんて思う日々。あ〜ハイファイ行きてー(笑)。

bgm WILCO ''Misunderstood"


stiffeen78 at 11:28|PermalinkComments(5)