日本の祭

F1202_img_1


毎年7月22日、23日、24日に行われる「会津田島祇園祭」。 日本三大祇園祭のひとつに数えられ、800年の歴史があります。どぶろく祭、ふき祭とも称され る会津田島祇園祭は、お党屋制度によって保存され、現在9組のお党屋組が1年間党本を支えて 祭事を担当します。10年目に巡ってくる当番お党屋を中心に、前年のお党屋組である「渡し」 と、翌年のお党屋組の3組が繰り広げる祇園祭は1年がかりの大行事。伝統の民俗を守り続け て、昭和56年に国の重要無形民俗文化財に指定されました。 見どころは、22日、23日の夕方から行われる「子供歌舞伎」の熱演、4台の大屋台が繰り広げる 迫力満点の「喧嘩屋台」、そして23日早朝に行われる「七行器(ななほかい)行列」です。七
F1202_img_3




祭名称 会津田島祇園祭 (あいづたじまぎおんさい)

F1202_img_2
祭タイプ 舞楽、能、延年、歌舞伎、人形芝居

ホームページ http://www.kanko-aizu.com/

開催場所 福島県南会津町

開催時期 7月 (毎年7月22日〜24日)

祭り情報掲載日/ 最終更新日 2017年03月03日/ 2017年03月03日

問い合わせ先 南会津町観光物産協会 担当: () TEL:0241-62-3000
F1202_img_1