聖マリアンナ医科大学病院 看護部公式ブログ ーMari Cafeー

MariCafeは、当院で行っているイベントや研修などの情報をお伝えします! 是非フォローしてください・‥…━━━☆

【看護部公式HP】 http://www.marianna-u.ac.jp/hospital/kango/

【Facebook】 聖マリアンナ医科大学病院看護部 ←で検索☆

【Twitter】 @kangobumari

ハートセンター南病棟です

こんにちは!ハートセンター南病棟です         BlogPaint        

今年度は、新人看護師が8名配属されました。                                
慣れない看護・環境の中、先輩看護師に支えられながら日々、一生懸命患者さんと向き合い頑張っています


新人看護師が安心して働けるように、病棟全体でフォロー体制を話し合いサポートしています。日々行われるカンファレンスでも、少しずつ自分の意見や思ったことを言えています。今後の成長がとっても楽しみです。

BlogPaintBlogPaint














今年2年目の看護師5人は重症度の高い患者さんを収容している回復室での看護に向けて勉強を進めています。後輩に指導している背中が頼もしく、1年間での大きな成長を感じるほどです。



忙しい毎日が続きますが、スタッフの笑顔と患者さん・家族の笑顔を大切に日々病棟スタッフ全員で頑張っていきたいと思っています。

今後ともハートセンター南病棟をよろしくお願いします!


こんにちは

こんにちは!!

別5南病棟です

主に血液内科の患者様が入院されている病棟です。

病棟で大切にしている看護をご紹介します

 

長期入院やターミナル期の患者の心と家族に寄り添う

その人らしさを考えた生活が送れるよう支援

いつも一緒にそばでスマイル

 

長い入院生活の中でかかわる私たちだからこそ、患者さんに寄り添える看護があると感じています。

今年は8名の新人さんを迎え、スタッフ一丸となって看護しています。

                       DSCN0113
業務に関しても毎月、病棟目標を掲げています。

今月は感染予防の強化月間です。

化学療法中の患者様が多いため、手洗い回数や携帯用ゴージョーの使用回数増加に向けて病棟全体で取り組んでいます!

ようこそ!!B6CUへ

こんにちは!B6CUです!
昨年の8月にオープンし1年を迎えようとしています。
B6CUには今年3名と今後、救命病棟所属予定の2名の新卒入職者の方が来てくれました。患者さんの重症度も高くなかなか慣れない環境だと思いますが、先輩のフォローを受けながら日々成長しています。

B6CUでは初めての新卒入職者であり、先輩も教育体制等を考えながらフォローしています。

BlogPaint


B6CUの特色としては重症度の高い患者さんが入院され、集中ケアを提供しています。回復に向かうと一般病棟へつなぐ架け橋の場所でもあります。そのため、生命維持装置等の通常では、見慣れない機器類や処置も多く、新卒入職者は戸惑いなどあり、大変だと思いますが、積極的に患者の受け持ちや処置の見学など、新しい知識をたくさん吸収してくれています。

先輩たちも自身の業務を行いながらのフォローは大変だと思いますが、自身の新人の頃を思い出し、これを教えてあげたい!こういう先輩になりたい!等、思いを馳せながら自身のスキルアップとともにフォローを行っています。
これからもB6CUで共に成長していきましょう!!

BlogPaint








PNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)導入中!! 別7北


こんにちは!別7北病棟です!

昨年度から別7北では、PNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)BlogPaint
導入しています。

PNSとは、2009年に福井大学病院で独自に開発された看護方式です。

安全で質の高い看護を共に提供することを目的にしています。
副師長・主任看護師を核(コア)としたグループ体制です。 良きパートナーとして対等な立場で互いの特性を活かし、相互に補完・協力して責任と成果を共有する看護体制のことです。

BlogPaint実際には2人の看護師で患者さんを受け持ち、互いに協力し合いながら日々の業務や看護を行っています!2人で複数の患者さんを受け持つので、互いの目で患者さんを看て情報共有することで、より良い看護に繋げることができます。
 また互いにケアや指導、記録を分担しながら行うことで業務の効率化にもつながります。

 導入当初、今までとは違う看護体制に戸惑うことが多い印象でした。しかし、現在では少しずつ形になってきています。 現在、別6南のスタッフも一緒に働いてペアとして日々の業務を行っています。お互いの得意分野の糖尿病教育と消化器内科特有の治療や看護などを教え合い、お互いに良い学習機会となっています。

まだまだ、改善すべき点はたくさんありますが、病棟スタッフ全員で協力して患者さんへ良い看護を提供できるようがんばります!!!

こんにちは!別7南病棟です。

今年度、別7南病棟には8名の新人看護師が入職しました!

新しい仲間たちと病棟スタッフ全員で協力し、明るく元気に働いています!

新年度に入り、嬉しい出来事がありました。

私は5年目の看護師となります。毎年4年目以上の看護師が1年間の看護を振り返るキャリアレポートが評価され、令和1年度の看護部長賞を受賞いたしました。

私は「患者さんのセルフケア能力を活かした入院中の生活スタイルの確立について」レポートをまとめました。入院生活は、自宅での生活とは大きく異なります。別7南病棟では、膠原病の患者さんが多く入院されており、病気を調べるために日々検査や医療的処置、リハビリなど多くの予定があり、忙しく過ごす患者さんがとても多いです。その中で、清潔ケアや整容、食事などの日常生活に欠かせない時間や趣味などを楽しみ、リラックスする時間は患者さんにとって、癒しとなり、とても大切な時間です。しかし、入院中は長年送ってきた生活パターンとは異なり、自身の生活スタイルを整えるのに戸惑いや悩んでしまう患者さんもいらっしゃいます。そのため、1日のスケジュールを時間で決めたり、あらかじめ検査の時間や内容を説明し、患者さんが自由に好きなことをして過ごせる時間を作れるよう、スケジュール調整をお手伝いしています。今までの生活習慣や趣味の時間を確保できずに困っていた患者さんも1日のスケジュールが自身で把握できるようになり、自宅での生活に近い状態で生活を送れるようになりました。

BlogPaintmaricafe 画像1















別7南病棟では、それぞれの看護師が患者さんと真剣に向き合い、思いやりをもって丁寧に看護を行っています。今後もお互いの看護観を大切にし、より質の高い看護実践にむけ、スタッフ一同努力していきたいと思います!


                                  別7南病棟



『ようこそ!産科病棟へ!!』


『ようこそ!産科病棟へ!!』

産科ロゴ 001.BMP

みなさん、こんにちは。本館5西北病棟です。

私たちは総合周産期母子医療センター 産科部門として、

日々、母子の命を守り、「ここでお産して良かった。」と思ってもらえるようなケアを提供しています。

 

4月から6名の新人助産師を新しい仲間として迎えました。病棟スタッフ全員から歓迎の気持ちを込めて・・・3月中からメッセージカードを作成し、新しい門出となる入職した当日にお祝いの言葉も添えて新人助産師一人ひとりにお渡ししました。

 

新人助産師さんたちは、日々妊産褥婦さんや新生児の看護に一生懸命取り組んでいます。

新しい仲間の成長を病棟スタッフ全員が全力でサポートし、「愛あるマタニティケア」を一緒に提供できるように頑張っていきたいと思います。

 

新人さん写真

 最後に…

一日も早くこの事態が終息することを願っております。

皆さまと皆さまの大切な人たちが、無事にこの事態を乗り切れますように。

体調管理や感染予防に努めて、共に頑張っていきましょう!

 

NICU(新生児集中治療室)病棟からこんにちは



こんにちは!
NICU(新生児集中治療室)病棟
です!!

 BlogPaint

NICU病棟では、この春13名の新人看護師と4名のドクターが新たに加入し新体制で稼動しています。

 病棟の特色として、一生懸命に闘う小さな命と向き合う厳しい毎日ではありますが、個性豊かなスタッフといつも私たち看護師に真摯に向き合ってくれる優しいドクターがいる現場なので緊張の中でも和気藹々としています!


赤ちゃんとそのご両親が多くの困難を乗り越えてひとつの家族となっていく大切な過程をサポートさせていただくNICU看護は他科ではなかなか経験できないことがたくさんあります。

新人看護師の皆さんは、今は看護師としてのスタートをしたばかりで大変かとは思います。


 


BlogPaintですが、赤ちゃんはいつも全身で私たちNICUスタッフへ               
たくさんのことを伝えてくれています。 

これからベッドサイドでその赤ちゃんの「サイン」を    
キャッチし、赤ちゃんと一緒に成長していって欲しい
と思
います
その成長をチームリーダーやチューターナースを中心に
日々、支援していきたいと思っています。

NICUのスタッフはこれからも           
  赤ちゃんとご家族の
 明るい未来のために頑張って行きます‼



                                           

BlogPaint







     
    
  











ようこそ♪♬


214317

ようこそ
 今年度
8北病棟に3名の新人さんが来てくれました。
全員が呼吸器内科を希望しての入職だったようで大変嬉しく思います。


 4
月、新人さんを歓迎するためにウェルカムボードを作成し休憩室内に飾り、迎えました。
 そのボードには今年度チューターをするお姉さんたちの紹介も掲載しています。新人さん一人一人にボードを渡しました。

 
 新人さんたちは日々、業務を必死に覚えながら患者様と向き合い頑張ってくれています。 すでに数人の患者を受け持ち、検査や治療の難しさを感じる反面、快方に向かい患者様が退院していく姿に喜びも感じているそうです。

 どんどん逞しくなっていく新人さんの姿に先輩方もいい刺激を受けています。
今年もまた新しい
8北病棟として進化していきたいと思います。

ようこそマリアンナ!8南病棟!

①
 新年度が始まりました。

希望いっぱいの春が、新型コロナウイルスの感染蔓延で、今年はいつもと違う
スタートとなりました。

 どんな形であれ、新しい仲間を温かく迎える気持ちに変わりはありません。

 

 8南病棟は、脳神経内科の病棟です。病棟ではチューターの先輩看護師を中心に、新人さんたちの不安が少しでも軽減するよう工夫を凝らし準備をしてきました。フロア研修は、三密を避けて行いました。

BlogPaint

 そして今、1か月が経過。

不要不急の外出自粛で気分転換も十分できない日々ですが、一人ひとりが、緊張の中にも笑顔を忘れず、日々成長している姿はとても頼もしく感じます。
これからも看護師として、一緒に頑張っていきましょう。
(新入職者の笑顔を見ていただくために一瞬マスクを外しました。)

BlogPaint

本館8階南病棟


入職して1年経ちました。

こんにちは。
8西病棟です。 

 入職してもうすぐ1年が経ちます。日々勉強の中で先輩方にご指導いただきながら奮闘しています。
 本館8西病棟では、周手術期から終末期までの幅広い看護を提供しており、様々なコミュニケーションやアセスメント力が必要です。
 入職時より、受け持つことのできる患者様が増え、全体像を把握することの難しさを改めて実感しています。その中で、施行錯誤しながら処置を行っていた患者様から「看護師さんのおかげで入院生活を前向きに送ることができた。」という言葉をいただき、自身の成長への気づきを得ることができました。

 2年目の目標として、より確実なアセスメント力を身に付け、個別性のある看護を提供できるように頑張りたいです。

P1030052

P1030054



3年目看護師がプリセプターとして、1年目看護師の1年間を振り返りました。

こんにちは。8東病棟です。

 

 今年度、新人看護師が入職して1年が経過しようとしています。

脳神経外科病棟は、急性期から終末期までの幅広い分野の看護が必要となります。技術、知識の習得へ向け、8東独自で作成している学習ファイルを活用し、先輩看護師が新人看護師のサポートをしながら学習を進めています。

また、この1年間で急変時対応の学習会を行ったり、脳卒中リハビリテーション看護認定看護師による脳卒中セミナーなども実施しています。学習会への参加を積極的に行い、日々の看護へ活かしています。

 

新入職看護師は、1年間を通して、徐々に受け持ち患者を増やし、12月からは、脳卒中ケアユニット(SCU)勤務の体験を通し、超急性期看護も体験しました。2年目になったらSCUトレーニングが始まる予定です。

 

2月には、看護の学びを発表するケースレポートの発表会が行われました。様々な症状や疾患の患者さんに関わる中で、それぞれの学びを発表することができていました。新人看護師一人ひとりが経験や学びをレポートにまとめ、患者との関わりを振り返ることで、看護観を深めることが出来ていました。それぞれのレポートを読んだ先輩スタッフは、初心を思い出しながらも自らの看護を振り返るきっかけにもつながっていたようです。そして、新人看護師の成長を感じうれしくなりました。

 

今年度は新人が9名配属されました。9人そろって8東病棟で2年目看護師として先輩ナースとなります。今年1年頑張ってきた皆のこれからの成長が楽しみです!!

8東の強みでもあるチームワークを活かしながら、これからも皆で頑張っていきたいと思っています。そして、2020年度、新入職の方々も心待ちにしています。

 

                                 3年目看護師
写真1

写真2

入職してから1年経ちました。

こんにちは!7北病棟1年目看護師です!

日ごとに、春を感じられるあたたかな季節となりました。真新しいナース服に身を包み、緊張の面持ちで病棟に向かった1年前が懐かしく感じられます。

看護師になり、1年が経とうとしています。優しく、時に厳しく指導していただき、看護師として着実に成長してきました。

 7北病棟は、どこの病棟にも負けないくらい楽しい病棟です!!

そのおかげもあり、1年目が1人もかけることなく、1年間を過ごすことができました。

1年目の共通の目標は多重課題に対応できるようになるということでした。目標に対しては、徐々にできるようになっていき、最近では臨機応変に対応する力がついてきました。

  来年度から私たちは2年目になり、後輩が入ってくるのでとても楽しみです。一緒に看護師として成長していけたらと思っています。成長していくと共に、先輩として責任感を持ってこれまで以上に頑張っていきたいです。

形成・整形忘年会で出し物『TT兄弟』やりました!!!


BlogPaint

もうすぐ2年目になります

こんにちは。7南病棟です。

 

 今年度もあとわずかとなりました。

 今年の桜の開花時期が、例年より早い予想が出ていますが、当病院には桜並木があり、満開の時期にはきれいな桜を見ることができます。皆さんに見ていただきたい癒しの桜です

開花するのが待ち遠しいです。

 

 4月に入職した1年生も、もうすぐ2年目となります。
今年1年、病院内の課題、病棟内の課題に取り組み看護実践をしてきました。学生の頃とは違い、1人の看護師として患者さんと関わる中で、看護師としての責任の重大さを感じています。知識の習得、看護技術の習得、看護実践を行う事で、安全に患者さんに看護が提供できるように、日々の努力が大切だと改めて認識しています。看護師として働き始め、看護の楽しさを実感することもあります。自分の知識を深め、目標とする看護師に近づけるように頑張っていきたいと思います。

 来月には新しく入職してくる後輩看護師の皆さんと共に成長して行きたいと思います。

BlogPaint

1年間の看護の学びの発表会

こんにちは、7西病棟の新人看護師です。

 2/131年間の看護を通して学びを発表する機会がありました。

 昨年の9月からプリセプターの先輩と何度も意見交換をしてテーマと内容を決めていきました。

先輩達と一緒に看護記録を見返しながら、その時の状況や患者様との関わりを振り返りながら修正を重ね、発表にむけて練習を行いました。また、パワーポイントの準備も同期の仲間が手伝ってくれました。先輩や同期のアドバイスももらい発表内容が深まったと思います。

発表当日は緊張で足が震えましたが、同期の仲間がそばでパワーポイントの操作をしてくれたので、とても心強かったです。自分の行ってきた看護の振り返りや、他病棟の新人看護師の発表を聞くことで、患者の気持ちに寄り添うことだけではなく、看護技術の向上も大切だということを学びました。また、自分の成長も感じられるいい機会になりました。あと2ヶ月で新人看護師が入職してきます。その時に少しでもアドバイスができる先輩になりたいです。

BlogPaint

CIMG8724


小児科病棟です、こんにちは!!

もう3月ですね、同じ病棟で苦楽を共にしてきたスタッフを次のステップに向けて送り出したり、新人ナース達を迎える準備に追われている時期です。新しい仲間との出会いを楽しみにしながら、子どもたちのケアを日々楽しんでいます。


 今回は、何年も前から他の病棟と協力して取り組んできた『小児在宅支援プロジェクト』を紹介します。平成
23年に発足したプロジェクトですが、小児科の6東・5東病棟と小児の内科外来・外科外来、新生児集中治療室、そして退院調整部門の看護師で構成され、定期的に情報交換を行っています。

この活動により、長期的な医療ケアが必要な子どもへのケアがどのように進んでいるのか、家族への指導やケアがどのように行われているのかなど、細かく丁寧な情報交換を行い、その後の日々のケアに活かすことにより、転棟時や退院に向けて、家族の戸惑いや不安を少しでも軽減できることを目指しています。

活動は多岐にわたり、スタッフ向けの学習会やマニュアルの見直しなども行うなど、とても重要な役割を担ってくれています。


 病棟には、今も、退院を目指してとっても頑張っているお子さんとご家族がいます。退院しても、このプロジェクトの活動を中心にしながら、ずっと見守り支え続けていきます。皆さん、私たちの仲間になりませんか?

32AF2EDD-C8DE-422B-B416-5F08A1260F65

働き方改革のトライアルに取り組みました❣

写真本館7東病棟です。

 

当病棟は、耳鼻咽喉科や消化器外科、呼吸器内科の混合病棟です。

 

昨年10~12月に「働き方改革」の1つで、夜勤時間短縮のトライアルを行いました。

 

通常は、1630~翌日900までの16時間夜勤ですが、トライアルでは2000~翌日900まで3時間短縮した13時間夜勤を、病棟全体の業務改善を行い取り組みました。

 

3時間の空白時間を埋めるため、日勤ロング(8302030)の勤務者3人は大変でしたが無事に乗り切りました。

 

頑張りが認められ、看護部新年会で「チャレンジ ザ 13時間夜勤で賞」を受賞し表彰されました。

 

プライベートでリフレッシュしながら、今後も安全・安楽を念頭に、スタッフ一同頑張っていこうと思います。

 絵

6南病棟です!


こんにちは。6南病棟です。

少しずつ春が近づいてきているのを感じられるようになってきましたね。

2月といえば、看護師国家試験が今年も近づいてきました。

私が人生の中で一番勉強したのは看護師国家試験でした。学生の皆さんは試験に実習に卒業準備に大変だとは思いますがあともう少しだけ!頑張ってください。

4月から一緒に楽しく看護師として働ける人が一人でも増えるといいなあと私たちも陰ながら応援しています。

 

去年の国家試験に合格し、4月に入職した1年生たちもあと2か月で先輩になります。

1年間たくさん勉強して、色々な経験をして、一生懸命頑張ってきました。

もうすぐ1年間の看護を通して学んだことを発表する場があります。発表する1年生は緊張でドキドキ、その準備を進める先輩スタッフも、後輩がうまく発表できるかドキドキです。1年間を通して学んだ看護や患者さんとの関りをみんなで共有して、さらにより良い看護につなげていけるように病棟全体で頑張っていこうと思います。

 new-nurse-warmly-welcomed-by-other-nurses

私たちの学習方法 ~6西北病棟~


「働き方改革」の中で、時間外における学習会は見直されており、皆さんの部署や病棟でも色々と工夫しながら学習会を開催していることと思います。

私たちの病棟でも、短時間で効果的に学べるような学習方法を検討し日々実施しています。今回はその一部ですがご紹介させていただきます。

①ランチ学習会


昼休憩の時間を活用した15分間のランチ学習会を開催しています。

私たちの病棟は急性期から回復期にかけて、そして慢性期や終末期といったあらゆるステージにおける患者さんが入院しています。疾患や看護技術はもちろんのこと、ICに関することや看護談をシェアする「看護を語る会」など様々なテーマを題材とした内容を実施し、学びを深めています。

ランチ学習会
 

②蘇生学習会

BLSに必要な技術をそれぞれコース化し、15分で実施しています。BLSは1度の受講では忘れてしまうため、期間を決めて繰り返し開催しています。技術を細分化していることや参加者を3~4人としているため、1つ1つのスキルを丁寧に確認しながら習得できます。

蘇生学習会
 

③動画配信による視聴学習

看護手順や機器の取り扱い手順などは動画配信を行い、時間や場所に捉われずにスタッフがいつでも学ぶことができるようにしています。

 

学習会は短時間のため集中して学ぶことができます。また少人数で開催しているため、講師・参加者ともに意見交換しやすく、お互い楽しみながら学びを共有しています。

今後もより効果的な学習方法を検討し、病棟スタッフ皆で学んでいきたいと思います。

『褥瘡予防ラウンド』です!

BlogPaint

当院の褥瘡回診チームは、形成外科医師、皮膚科医師、皮膚・排泄ケア認定看護師2名、看護師(褥瘡相談員)7名、管理栄養士、薬剤師、理学療法士、事務職員(計15名)で構成され、週1回『褥瘡回診』 を行っていますが、今回は、『褥瘡予防ラウンド』ついてご紹介します。


『褥瘡予防ラウンド』は、褥瘡相談員看護師が月2回、全27病棟をラウンドし病棟スタッフからの褥瘡予防ケア・褥瘡ケア・スキンケア等に関する相談への対応や、褥瘡発生リスクの高い患者をラウンドし予防ケア状況の確認、体圧分散マットレス・褥瘡ケア用品の活用状況の確認、ケア指導…等々を行い、褥瘡予防ケアを強化しています。

また、各セクションのスキンケアリンクナースと連携し、スキンケアリンクナースの自部署内での活動をサポートしています。

褥瘡相談員看護師、スキンケアリンクナースをはじめとし、スタッフ皆の活動のお陰で、当院の褥瘡発生件数は年々減少しています。

これからも、「入院前になかったキズができないように」、患者様のため褥瘡予防対策活動を、皆で頑張っていきます!


【写真 胃管の固定状況チェック! 高機能型マットレスが効果的に使用できているか設定をチェック!
InkedIMG_3985_LI

【写真 スキンケアリンクナースと褥瘡発生リスクの高い患者の情報共有♪】
IMG_3992

【写真 ベッドサイドで、今日の担当看護師とスキントラブルの有無をチェック!】
IMG_4008 1

【写真 褥瘡予防ラウンドでの対応結果を、電子カルテへ入力♪】

IMG_4013

腫瘍センターです。

腫瘍センターは外来化学療法を行っている部署です。

14の診療科の化学療法を行っていますので、あらゆる疾患の知識や治療を

学ぶ必要があります。

今回は皮膚の悪性腫瘍、病態、化学療法レジメンについて、皮膚科医師に依頼し、勉強会を開催しました。腫瘍センターの看護師だけでなく皮膚科外来の看護師や薬剤師も参加しました。

皮膚の悪性腫瘍も様々な種類があることや、新たに承認された薬剤も増えてきており、医師からわかりやすく説明してもらうことで、多くの学びを得ることができました。

BlogPaint

BlogPaint

記事検索
これは触らないで
  • ライブドアブログ