聖マリアンナ医科大学病院 看護部公式ブログ ーMari Cafeー

MariCafeは、当院で行っているイベントや研修などの情報をお伝えします! 是非フォローしてください・‥…━━━☆

【看護部公式HP】 http://www.marianna-u.ac.jp/hospital/kango/

【Facebook】 聖マリアンナ医科大学病院看護部 ←で検索☆

【Twitter】 @kangobumari

健康教室 マリアビタミンのお知らせ

皆さんこんにちは!外来副師長です。

当院は、地域住民の健康増進を担う役割を果たしています。
その一環として、外来では「健康教室マリアビタミン」と題し、地域住民を対象とした健康教室を開催しています。
昨年度も沢山の皆様にご参加いただき、とても実りの多い講習会になりました。26

 今年度のテーマは、「らくらく介護シリーズ」です。
介護を受ける方、提供する方双方の負担が少なくなるよう、日頃から実践できる介護のコツを
3回シリーズでお伝えします。

1回目は、「リハビリの先生に学ぼう!~トイレやお風呂、車の乗り降りなど、日常生活の中で知っていると得する方法~」です。
移動や移乗のコツ、自宅でできる筋力トレーニングの方法などをお伝えする予定です。

今年度も外来は、マリアビタミンを通して、地域の皆様の健康増進に取り組んでいきます。

アピアランスケアって知ってますか?

こんにちは、腫瘍センターです。2018.5.14腫瘍センター

アピアランスケアとは外見ケアのことです。

がん患者さんは抗がん剤の副作用による脱毛や爪の変色、顔にニキビのような発疹ができることがあります。
外見の変化があることで患者さんは仕事に行きにくくなり、人と会うのが苦痛になり、社会とのつながりが閉ざされてしまうことがあります。

がんになっても今まで通りの生活ができるために、私たちが外見の変化による苦痛を知り、患者さんと一緒に考えていく支援をしています。

院外のアピアランスケア研修会に参加したスタッフが脱毛した患者さんとの関わりを振り返り、報告してくれました。
一人の学びがスタッフ皆の学びとなり、患者さんに良いケアが提供できるように頑張っています!

 

<看護部>人的資源担当 副看護部長

7

 ✿組織の中で最も大切な「人」に関わる仕事を担っています。
スタッフひとりひとりを大切にした組織創りを目指して、日々新たな発想で奮闘しています。
患者様を支える看護師が、今後も笑顔を絶やさない組織であり続けるためのアイデアやひらめきを求め葛藤しています。
顔のしわがあっても、ピチピチの脳みそが欲しい~と願う毎日です。


聖マリアンナ医科大学病院看護部の良さをもっともっと伝えたい。
ホームページに看護の素晴らしさを紹介していきたいと思います。

色んな話をすることが出来ました♪

BlogPaint腎病棟に新たな仲間5名が加わりました。

皆、笑顔で元気に頑張っています。

先週から先輩フォローで受け持ち患者がついて、今週は夜勤が始まる予定です。

歓迎会ではプリセプター・スタッフと色んな話をすることが出来ました。

これから一緒に頑張っていきましょう。」

フレッシュな新人と共により良い病棟が築けるように

皆さん、こんにちはBlogPaint

ハートセンター北病棟は、4月に新入職者8名を迎えました(次回は顔見せします!)

みんな、やる気に満ち溢れ、まじめなナース達です

オリエンテーションが終わり、今週より先輩のフォローのもと受け持ちが開始となりました。

フレッシュな新人と共により良い病棟が築けるように日々、頑張っております。

新人さん、愛ある指導でぐんぐん成長しましょう!

新たに来てくれた師長さん、よろしくお願いします!

 

新入職者を迎えて

9新しい年度になり、新入職者を迎えました。
ハートセンター南です。
真っ白なユニフォームに緊張の表情で病棟に来ています。

先輩について、患者様のケアに回ったり、検査の迎えにいったりしています。

そんな中、病棟内のオリエンテーションも実施しています。
今日のオリエンテーションの担当は、今年2年目になるスタッフ。
電子カルテの開き方、記録などのオリエンテーションでした。

今年受けている新入職者も、来年はオリエンテーション実施側になるのかな~と
思いながら様子を眺めました。

これから沢山のことを学び、吸収しながら成長してもらえたら嬉しいです。
一緒に頑張って行ければと思います。

入職おめでとう!!

6


新年度がスタートしました。

44日~2.5日間、平成30年度 看護部入職者オリエンテーションが行われました。

 

1日目:
スタート早々、看護師167名の入職者ひとり、ひとりに、北川博昭病院長より辞令交付されました。
白い白衣がまぶしいです!!

 

2日目:

セクション発表の日です。
発表の前に各師長からセクション紹介がありました。
新入職のみなさんは、楽しそうでしたが発表を控えている為、緊張の面持ちで紹介を聴いている様でもありました。

94%は第1希望~第3希望のセクションに配属されました。6%の方々は、希望はかないませんでしたが、外科系・内科系と大きなくくりで関連部署への配属でした。

どの部署でも学びややりがいは感じられるでしょう。

気持ちを切り替え励んでくれると信じています。

 

いよいよ、49日(月)から社会人としての勤務が始まります。
まずは、体に気を付けて、元気に出勤できればいいと思います。

誰もが通る道です。看護部全員で支援したいと考えています。

セクションの先輩方も、よろしくお願いします。

6-2

看護部(人的資源担当 黒田悦子)



新年度を迎えるにあたり・・

桜の木が、薄いピンクに色づき始めましたね。19
5北病棟も新年度に向け、少しずつ準備を始めています。
新チーム、新しい係などメンバーも変わり、「患者の望む生活を実現する」看護を提供するために平成
30年度の目標をそれぞれ考えています。
そんな中、平成
29年度新入職者5人は2年目になることに不安を抱えていると相談してきています。

しかし、5人とも元気に2年目を向かえることができ、一年間の成長を先輩達は十分感じています。
日々
56人の患者を受け持ちながら、入院患者も受け持つことができています。

患者を思う気持ちは先輩以上のものを持っていると思います。すばらしい!!

そして、4月に入職する看護師に優しく指導をしてくれると思います。
まだまだ学ぶことは多いですが、がんばりましょうね!期待しています。

 

薬剤師さん、ありがとう!!

こんにちは、別5南病棟です。
先日長年別
5南で勤務されていた薬剤師さんが異動になりました。
当病棟は血液内科で抗がん剤など薬を使用した治療が多いので薬剤師さんには日頃より大変お世話になっています。
仕事はもちろんのこと、仕事外のイベントにも別
5南病棟の一員として参加していただいていたのでとても寂しいです。
新天地での益々のご活躍を期待しています!!

今回新しく来られた薬剤師さんは若いですが、とても頼りになる薬剤師さんです。
すぐに病棟に馴染んで、患者さん、看護師・医師から引っ張りだこです。
これからも看護師からいろいろ相談・依頼があると思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

チーム医療の醍醐味は多職種がお互いの専門性を発揮しながら、患者さんの回復のためにチーム一丸となって取り組むところにあります。

これからもチーム力を高め、よい医療が提供できるように頑張ります。

BlogPaint



スキンケア学習会ブロック(ER,HCS,HSN,腎センター)を開催

NPPVマスクフィッティングにおけるスキンケアトラブルをテーマに学習会を開催しました。
マスクフィッティングを体験することでどこに圧がかかっているのか改めて知る事ができました。
NPPV用マスクの種類がとても多いことに驚きました。
今まではリークがあるとマスクの締め付けを調整する事が多かったのですが、これからはより患者様に合ったマスクを選択出来ると思いますし、皮膚トラブルもしっかり予防出来るかな。
CE部の協力もあり、楽しい雰囲気の学習会となりました。」

10

「看護研究」

こんにちは。別6南の看護師です。5

先日、院内看護研究発表会がありました。

当病棟でも今年度は「退院支援」に関しての発表を行いました。

研究というと敷居が高いかもしれません。ですが、行うことで今まで自分たちで行っていても気が付かなかったことや次年度の課題などが見えてきます。

やる前はなかなか重い腰があがりませんが、やったあとはよかったと思えます。

また、仲間との絆も生まれます♡

次年度も病棟で1題以上は出すことを目標に頑張りたいと思います。

なんだか嬉しいワンショット

2-1とある日の別7北病棟…。

日勤終わりにスタッフ達を見ていると、ある規則性に気づきました!!

写真に写っているのは、両端から順に歴代のプリセプターとプリセプティのペア、そして現在のプリセプターとプリセプティのペア。
かつてのプリセプティが成長し、プリセプターになって、またそのプリセプティが成長して…、なんだが言葉で表すとややこしい感じもしますが、別
7北の看護が受け継がれていることを実感し嬉しくなりました。

1年生は、ケースレポートで自己の看護観を深め、今では夜勤も立派に勤めています。

お姉さんは日勤統括としてスタッフをまとめ、そのまた上のお姉さんはフットケア外来や褥瘡相談員と病棟から院内へ活躍の場を広げています。

いつになっても伸び盛りです!!

春になったら、また新たな新人さんが入って、今の新人さんが先輩になる姿をみるのが楽しみです。

2月14日はバレンタインデー

無題214日はバレンタインデーということで、自分達へのご褒美で毎月集めている病棟費から、月当番の方たちが病棟スタッフへお洒落な可愛いカップケーキを買ってきてくれました。
季節ごとにこのようなイベントを行っていて、多忙な日々が続く中でもスタッフ間のコミュニケーションのきっかけとなり、日々の業務の励みになっています。
私たちもあと2ヶ月で2年目になります。
最初の頃は本当に何も出来ず、タイムスケジュールを追いかけるだけで精一杯でした。
1年を経て、できないことはまだまだありますが、4月の頃よりは着実にできることが増えてきているように思います。

私たちにも後輩ができるので、よりいっそう自覚と責任感を持ち、指示を待つだけでなく自分から行動できるようにチームの一員として頑張りたいです。
そして、私たちらしく元気ハツラツに患者さんたちに笑顔を届けていきます!
7 1年目一同。

1年目のケースレポートの時期になりました!


マリカフェ 8北 小_LIこんにちは、本館
8階北病棟の看護師です。

毎年、この時期になると各病棟で1年目のケースレポートの発表があります。

ケースレポートは患者さんとの関わりを通して自分の看護の振り返りや今後頑張っていきたいことをまとめています。

先日、8北病棟でも1年目のケースレポートの発表がありました。入職した4月は患者さんと話すだけでも緊張していた1年目達だったのに、発表を聞いていると少しずつ成長しているんだなぁと実感しました。

27日にはブロックでの発表もあり、他病棟の1年目のケースレポートも聞くことでお互いいい刺激になったのではないかと思います★

1年目のこれからの成長に期待です……!!!

3年目・5年目主催 『急変シュミレーション』行いました

BlogPaint
こんにちは。

8南病棟で経年別教育の一環として、今回は3年目・5年目ナースが主体となった急変シュミレーションを紹介します。

皆、不安がある中、救命病棟で10年勤めた経歴のある助っ人ナースマンが上手にサポートしてくれて実りのある学習会になりました。

 

では、学習会に参加した1年目ナースへインタビューをしてみました。

Q:どんな学習会でしたか?

A:挿管介助の体験など参加型の勉強会でした

Q:学べたことは何ですか?

A:先日ICLSの研修がありイメージがついていたので復習となりました。

これからリカバリールームトレーニングが始まるので勉強になりました。

 

主催した3年目ナースへインタビューをしてみました。

Q:資料作成で気を付けたことをは?

A:急変の時の看護師の役割って何だろうと自分の中で思い描きながら作成しました。

Q:実際『急変シュミレーション』をしてみてどうでしたか?

A:デモストレーションで挿管介助を実際にしてみて自分が一番学べました。

医師(右利き)の直接介助を左側から行ってしまい間違った見本をやってしまいました。

すこし緊張してました…。

 

以上、学習会でのそれぞれのインタビューでした。

 

これからの病棟を支えていく1.2.3.年目ナース達の成長を見守っていきます。
8南病棟 副師長

看護側から患者側になってみて

8西病棟は、乳腺内分泌外科と呼吸器外科の混合病棟です。28-8W

年間手術件数は、
両科合わせると、1000件以上です。

毎日手術があり、患者さんを手術室まで見送っています。
緊張している患者さんに、「眠っている間に終わっちゃいますよ。」という言葉を、何度言った事でしょう。

先日、この何百回と患者さんに伝えていた言葉を、言われる立場になりました。


人生初の全麻の手術・・・ちょっとドキドキしている私・・・「すぐ終わるよ、寝てる間にあっという間だから。」と笑顔の先生と看護師さん。
すごく安心できました。

手術台に横になり、点滴をされ、酸素を当てられ、「ちょっとめまいみたいな感じがするかもしれません。」と言われ、視界が歪んだな・・・と思ったところから記憶がありません。麻酔スゴイ!!次に目覚めた時には手術は終わっていました。

自分で経験し初めて、実感した緊張感や不安!この経験を活かしてさらに患者さんへ関わっていきたいと思います。

関連病院、交換研修

26-1聖マリアンナ医科大学病院の看護部には、大学に付属する病院へ研修に行くことができるシステムがあります。
今回、それを活用して多摩病院へ3か月間研修に行ってきました。

退院支援・指導に興味を持っており、より深めたいという思いがありました。

大学病院はこれから病院の建て替えが計画されていますが、多摩病院は大学病院と比較すると新しい建物でありテンションがあがりました。

大学病院よりも転院待ちの患者が多く、毎日のようにソーシャルワーカーさんとの面談が行われている状況でした。
また、院内外の連携を高めるために、訪問看護やケアマネージャーと情報共有し、事例検討をして地域との関わりのやりがいと楽しさを感じる研修となりました。


地域の方に向けた健康講座にも参加しました。
今回は「嚥下」がテーマであり、参加した方の多くが介護者の方でした。医療知識のない方に講義するという大変さを実感しました。

研修の中で様々な体験をすることができました。改めて急性期の看護の楽しさに気づき、やりたい看護の幅が広がりました。

大学病院でも地域との関わりや連携が行われていますが、これまでは参加する機会がありませんでした。今後は研修で得られた視点も生かせるように視野を広げ、経験を生かしていきたいと思っています。26

 脳神経外科 看護師

 

カンガルーケア

BlogPaint新年あけましておめでとうございます。

総合周産期母子医療センター新生児部門です。

NICU病棟では、新人を対象にケアの勉強会を随時行っています。
今回はカンガルーケア。
カンガルーケアはご両親に児を素肌で抱っこしていただくというファミリーケアの一つです。
カンガルーケアの目的は愛着形成だけではなく、母乳の分泌が増えるということや児の呼吸が落ち着くなどの効果があります。
今回は、保育器からお外へ移動しカンガルーケアを行うという内容で実施しました。

児が落ち着いて移動できること、児の姿勢の整え方や環境の調整の他、安全に行うためのご両親への声かけも大切になります。

今回は新人2人が実施しました。デモンストレーションの後に、2人とも落ち着いてできました。

入職からこれまでに培ったコミュニケーション能力を生かした声かけもとてもよくできていました。
実際の場面でも安全・丁寧にカンガルーケアの介助ができるよう積み重ねていってもらいたいと思います。

                       カンガルーケア指導担当 一橋敦子

総合周産期母子医療センター 産科部門の災害チームです。

IMG_2555

今年私達は栄光な事に病棟ベストスタッフ賞を頂くことができました。
災害意識と言うのは、日頃触れなければどんどん薄れてしまいます。
しかし災害時入院しているお母さんや赤ちゃん、妊婦さんを守るのはスタッフ一人一人です。
そのための備えとして、机上訓練を定期的に行うこと、分娩時の災害シミュレーションなど災害チームで企画を行いました。
病棟スタッフも興味を持ち、訓練やシミュレーションに積極的に参加してくれたことでより良い訓練を実施出来たと思います。
これからもいつ起こるか分からない災害に備えるために災害チームで病棟スタッフに働きかけながら災害時に自信を持って対応、行動できるように皆で頑張っていきたいと思います。
総合周産期母子医療センター 産科部門 : 内野 夏希

『本館7南病棟 整形外科忘年会』

本館7南病棟の看護師です!

 

12

今月は整形外科の忘年会がありました。

 

いつもは先輩のフォローを受けながら真面目に働いている新入職者ですが、忘年会ではキラキラな衣装

を着てモーニング娘のハッピーサマーウエディングを踊りました。 

 

おととし去年と氣志團やパーフェクトヒューマンを踊っていたため、今年は一味違う感じになりました!

 

入職してから9か月経ち、徐々に自立することも増えてきています。プリセプターとともに日々頑張っ

て働いています。

 

今年も残りわずかですが、健康面に気を付けて病棟スタッフ一同頑張っていきます。

 

 

7南スタッフ一同

記事検索
これは触らないで
  • ライブドアブログ