12/29(水)。

昨夜は11年振りに大学の友人と呑んだ。

10年という時はそれぞれを否応無く成長させているらしく、皆それぞれに仕事を持ち、暮らしを立てているのだ。
転職し、新たな職場で活躍の場を見つけたもの。
趣味に生きがいを見出して心豊かに生きるもの。
年末年始関係なく、仕事に邁進するもの。
生涯の伴侶を見つけ家族を増やしたもの。
それぞれの10年にはそれぞれのドラマがあり、幸福な時も苦悩の時もあったと思われる。
しかし、久々に酒を酌み交わした友人たちはいずれも10年前と変わらぬ笑顔を見せてくれた。
その笑顔がありがたかった。

「お前は変わらんな」

友人たちは皆一様に私に声を掛けた。
きっと私は10年で変わっている。
変わっていない様に見えるのは、久々に会った友人たちが昔と変わらず接してくれたからだろう。
その夜の私は10年前の野暮で粗野な若者に戻っていた。

今のワタクシはといえば、明日をも知れぬやくざな脚本家稼業である。
流れた月日の嬉しさも悲しみも杯の酒に浮かべて呑み干そう。
頑張ろう。
心にほのかに灯る火を感じるのだった。


明日は「FACE-MAKER」最終話の放送です。
ホームページはこちら。
http://www.ytv.co.jp/face/story13/index.html
あらすじと予告編が見れます。
フェイスメーカー、霧島瞬の過去の秘密がついに明らかになります。
皆様、どうぞご覧下さい。