2006年09月

2006年09月30日

パラカ〜時間貸し駐車場運営の小型成長株


時間貸し駐車場運営銘柄の今後の優位性については、

以前記事で書いた、駐車場関連銘柄(改正道路交通法関連銘柄)

というタイトルの記事をお読み下さい。

この記事ではパラカと同業の駐車場運営の上場している企業の

パーク24、日本駐車場開発、日本パーキングとの違いをご紹介

しますが、決定的に違うのは会社の規模が一番小さい事です。

次に、パラカは、駐車場の自社直接保有比率が他社に比べて

かなり高い事です。

駐車場運営企業のリスクの1つとして、駐車場の所有者から

駐車場運営契約を解約されるリスクがありますが、駐車場の

自社直接保有比率が高ければ、他社よりもそのリスクは軽減

されます。

ちなみに業界平均の解約率は6%前後のようですが、

パラカは3.5%前後の解約率です。

それと、パラカは、自社で直接土地を購入する際は、

リスクを軽減する為に、特別目的会社(SPC)を設立して

証券化する手法で駐車場開発をしています。

パラカはチャート的にも転換点が近づいているので、

現在、私は、長期的保有目的で買いのタイミングを考えている

ところです。


綜研化学〜光学フィルム粘着材世界シェア4割


綜研化学は、液晶ディスプレイに使用される、光学フィルム用

の粘着材で世界シェア4割の企業です。

ニッチな分野のため、新規参入企業はほとんどなく、利益率も

高い企業です。

液晶ディスプレイ市場の拡大を受けて、粘着材の市場も順調に

伸びており、PERやPBRで見ても割高感も無く、更に下落する事

があれば、押し目買いのチャンスだと思っています。


2006年09月29日

日経平均株価はブレイクポイントに接近


今日の日経平均は、102円高の16127円で引けています。

日経平均のブレイクポイントは5月8日の高値17375円と9月4日

の高値16414円を結んだトレンドラインですが、

来週そのトレンドラインを越える前の重要トレンド分岐点16130円

を越えると、一気にそのトレンドラインを越えてブレイクする

可能性があると思っています。

来週、日経平均がブレイクポイントを突破して、9月4日の高値

16414円を越えると、10月に到来すると考えていた長期サイクル

をどう考えるかですが、私は次の2つのパターンを想定しています。



10月に到来すると思っていた日経平均の長期サイクルが早まって、
9月25日に到来した。

日経平均の長期サイクルは予定通り10月に到来するが、その到来
する時が高値になるか安値になるかは現状では分からない。


次に、来週以降のトレードスタンスですが、日経平均が

ブレイクポイントを突破した後は、当面スイングトレードの

ショートポジションを持つのは見送り、どこでロングポジションを

持つかを考えます。

スインクトレードの買いポジョンを持つとしたら、ブレイクポイント

突破を確認しての順張りのトレンドフォローではなく、

逆張りのカウンタートレンドでトレードする事を考えています。

ちなみに余談ですが、トレンドフォローやカウンタートレンドという

用語は、以前から聞いた事はあったのですが、本日ネットを検索して

やっとトレンドフォローが順張り、カウンタートレンドが逆張りとい

う意味である事が分かったので、早速記事で使ってみました。


9月29日の日経平均の見通しとトレードスタンス、トレードポイント


日経平均の見通しとトレードスタンス、トレードポイントの記事は、私が
個別株をデイトレードやスイングトレードする為に、個別株に影響を与え
る日経平均株価の動きを予測した私のトレードプランです。
現在、私は本格的に日経225先物、日経225mini、日経225オプションの
デイトレード、スイングトレード、システムトレードを開始しているわけでは
無く、あくまでも試験段階で日経225miniをトレードしています。
私は、日経平均株価のサポートやレジスタンスを日経225miniや個別株
のデイトレードやスイングトレードのエントリーとエグジットのトレードポイント
として参考にしています。



‘経平均株価等の前営業日終値

日経平均株価前日終値・・・16024円
日経平均先物前日終値・・・16050円
CME日経平均先物終値 ・・・16095円


▲好ぅ鵐哀肇譟璽匹離肇譟璽疋好織鵐垢肇肇譟璽疋櫂ぅ鵐

トレードスタンス1
新規ロングポジションは見送り。
トレードスタンス2
16260円まで上昇した時に、新規でショートポジション
を持ち、16290円を越えたらロスカットします。
トレードスタンス3
16390円まで上昇した時に、新規でショートポジション
を持ち、16430円を越えたらロスカットします。

今日の日経平均株価のワンポイント

終値が16150円以上になるか注目しています。


て経平均株価のサポートとレジスタンス

レジスタンス価格
16080円と16150円と16220円と16260円と16390円

サポート価格
15620円と15730円と15840円と15940円


イ海竜事の内容の注意点他

※日経平均株価のレジスタンス価格、サポート価格とは、その日の高値や
安値を株価予測したものではなく、前営業日終値又はCME日経平均先物
清算値に近い、私が特に重要視している上値抵抗価格と下値抵抗価格です。

※この記事の中に出てくる価格は日経平均株価等の終値を除き、
全てレジスタンス価格やサポート価格です。

※レジスタンスラインやサポートラインは、それらの価格を越えたり、割れた
りした場合、それまでの役割が反対になります。

※現在、日経225先物、日経225mini、日経225オプションのトレードを
開始する為に、デイトレードやスイングトレードでシステムトレードをする為の
トレードシステムを研究中です。

※この記事の情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は一切
責任を負いかねます。



stock_compass at 06:37日経平均の見通し この記事をクリップ!

2006年09月28日

本日の、日経平均は重要レジスタンス価格で頭打ちだが.....


今日の日経平均は、76円高の16024円で引けています。

私は、トレードプランの通りに、16020円を越えて、その後

16020円を割った時に新規で日経225miniのショートポジション

を持ちましたが、残念ながら、引けでロスカットの逆指値が

約定してしまいました。

ところで、私は毎日、マーケットが始まる前にトレードプラン

をアップしていますが、例えば、トレードプランの記事の中の

レジスタンス価格は、ショートポジションのエントリーポイント

であったり、ロングポジションのエグジットポイントで、

サポート価格はショートポジションのエグジットポイントであっ

たり、ロングポジションのエントリーポイントとして、

私は、デイトレードやスイングトレードに活用しています。

本日、日経平均は、ほぼ重要レジスタンス価格で頭打ちになって

はいますが、明日の日経平均株価の動向次第では、

今後の基本トレードスタンスの修正も考えています。



9月28日の日経平均の見通しとトレードスタンス、トレードポイント


日経平均の見通しとトレードスタンス、トレードポイントの記事は、私が
個別株をデイトレードやスイングトレードする為に、個別株に影響を与え
る日経平均株価の動きを予測した私のトレードプランです。
現在、私は本格的に日経225先物、日経225mini、日経225オプションの
デイトレード、スイングトレード、システムトレードを開始しているわけでは
無く、あくまでも試験段階です。
現状は、日経平均株価のサポートやレジスタンスを個別株のトレードポイント
の参考にしているだけです。



‘経平均株価等の前営業日終値

日経平均株価前日終値・・・15947円
日経平均先物前日終値・・・15940円
CME日経平均先物終値 ・・・15980円


▲好ぅ鵐哀肇譟璽匹離肇譟璽疋好織鵐垢肇肇譟璽疋櫂ぅ鵐

トレードスタンス1
新規ロングポジションは見送り。
トレードスタンス2
16220円まで上昇した時に、新規でショートポジション
を持ち、16270円を越えたらロスカットします。
トレードスタンス3
16020円を越えて、その後16020円を割った時に新規で
ショートポジションを持ち、16050円を越えたらロスカット
します。

今日の日経平均株価のワンポイント

終値が15940円以上になるか注目しています。


て経平均株価のサポートとレジスタンス

レジスタンス価格
16020円と16050円と16190円と16220円

サポート価格
15620円と15730円と15840円と15920円


イ海竜事の内容の注意点他

※日経平均株価のレジスタンス価格、サポート価格とは、その日の高値や
安値を株価予測したものではなく、前営業日終値又はCME日経平均先物
清算値に近い、私が特に重要視している上値抵抗価格と下値抵抗価格です。

※この記事の中に出てくる価格は日経平均株価等の終値を除き、
全てレジスタンス価格やサポート価格です。

※レジスタンスラインやサポートラインは、それらの価格を越えたり、割れた
りした場合、それまでの役割が反対になります。

※現在、日経225先物、日経225mini、日経225オプションのトレードを
開始する為に、デイトレードやスイングトレードでシステムトレードをする為の
トレードシステムを研究中です。

※この記事の情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は一切
責任を負いかねます。



stock_compass at 07:09日経平均の見通し この記事をクリップ!

2006年09月27日

NYダウは日柄の面では、そろそろ転換点?


今日の日経平均は、390円高の15947円で引けています。

私は、トレードプランの通りに日経225miniのスイングトレード

のショートポジションを日経平均が15780円を越えた時に、

全て手仕舞いましたが、私は、本日、日経平均が15780円と

15840円のレジスタンスを越えるとは全く予想していません

でした。

明日の日経平均のポイントは、本日のNY市場の結果次第で

変わりますが、スイングトレードのショートポジションを持

つなら、日経平均が16020円か16050円まで上昇した時が

トレードポイントで、明日は、16100円を超えた時に

ロスカットをするつもりです。

現状では基本トレードスタンスに変更はありませんが、

日経平均は重要レジスタンスの間隔が広くなっているので、

株価が上下に大きく動きやすいと考えています。

NYダウは日柄の面では、そろそろ転換点に近づいていると

思っています。

日経平均の重要日柄も接近しているので、トレードポイント

は時間と価格の両面を考慮して判断するつもりです。



9月27日の日経平均の見通しとトレードスタンス


日経平均の見通しとトレードスタンスの記事は、私が個別株をデイトレード
やスイングトレードする為に、個別株に影響を与える日経平均株価の動き
を予測した私のトレードプランです。
現在、私は本格的に日経225先物、日経225mini、日経225オプションの
デイトレード、スイングトレード、システムトレードを開始しているわけでは
無く、あくまでも試験段階です。
現状は、日経平均株価のサポートやレジスタンスを個別株のトレードポイント
の参考にしているだけです。



‘経平均株価等の前営業日終値

日経平均株価前日終値・・・15557円
日経平均先物前日終値・・・15580円
CME日経平均先物終値 ・・・15710円


▲好ぅ鵐哀肇譟璽匹離肇譟璽疋好織鵐

トレードスタンス1
新規ロングポジションは見送り。
トレードスタンス2
現在のショートポジションは、15780円を越えたら全て手仕舞います。
トレードスタンス3
15310円まで下落したら、ショートポジションを全て手仕舞います。

今日の日経平均株価のワンポイント

終値が15670円以上になるか注目しています。


て経平均株価のサポートとレジスタンス

レジスタンス価格
15680円と15750円と15780円と15840円

サポート価格
15310円と15490円と15540円と15620円


イ海竜事の内容の注意点他

※日経平均株価のレジスタンス価格、サポート価格とは、その日の高値や
安値を株価予測したものではなく、前営業日終値又はCME日経平均先物
清算値に近い、私が特に重要視している上値抵抗価格と下値抵抗価格です。

※この記事の中に出てくる価格は日経平均株価等の終値を除き、
全てレジスタンス価格やサポート価格です。

※レジスタンスラインやサポートラインは、それらの価格を越えたり、割れた
りした場合、それまでの役割が反対になります。

※現在、日経225先物、日経225mini、日経225オプションのトレードを
開始する為に、デイトレードやスイングトレードでシステムトレードをする為の
トレードシステムを研究中です。

※この記事の情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は一切
責任を負いかねます。



stock_compass at 07:11日経平均の見通し この記事をクリップ!

2006年09月26日

日経平均の10月の重要日柄と重要価格


今日の日経平均は、76円安の15557円で引けています。

最近の各市場の株価指数を確認すると、日経平均株価や

TOPIXに比べて、JASDAQ平均、東証マザーズ指数、

大証ヘラクレス指数の新興3市場は今年の最安値の7月27日

の価格に接近し、JASDAQのJストック指数は、年初来安値

を更新しており、大型株に比べて、小型株の下落が大きく

なっています。

JASDAQ平均、東証マザーズ指数、大証ヘラクレス指数の

新興3市場の株価の動向を見ていると、テクニカル面では

新興3市場の底打ちは、もうまもなくかなと思っています。

日経平均の日柄分析では、重要な長期サイクルが今年の

10月に到来するので、日経平均は今年の10月に今年の

6月14日の安値14045円に対して、2番底をつける可能性が

現状では高いのではないかと考えています。

具体的な日経平均の重要日柄については、10月2日前後と

10月25日前後をマークしています。

日経平均の価格面は、非常に流動的ではありますが、

日経平均が今年の10月に今年の6月14日の安値14045円に対

する2番底をつけにいった場合の日経平均の価格の目処とし

ては、14570円か14170円を現状ではマークしています。


9月26日の日経平均の見通しとトレードスタンス


日経平均の見通しとトレードスタンスの記事は、私が個別株をデイトレード
やスイングトレードする為に、個別株に影響を与える日経平均株価の動き
を予測した私のトレードプランです。
現在、私は本格的に日経225先物、日経225mini、日経225オプションの
デイトレード、スイングトレード、システムトレードを開始しているわけでは
無く、あくまでも試験段階です。
現状は、日経平均株価のサポートやレジスタンスを個別株のトレードポイント
の参考にしているだけです。



‘経平均株価等の前営業日終値

日経平均株価前日終値・・・15633円
日経平均先物前日終値・・・15580円
CME日経平均先物終値 ・・・15685円


▲好ぅ鵐哀肇譟璽匹離肇譟璽疋好織鵐

トレードスタンス1
新規ロングポジションは見送り。
トレードスタンス2
現在のショートポジションは、15750円を越えたら全て手仕舞います。
トレードスタンス3
15750円を越えて、その後15730円を割った場合、新規でショート
ポジションを持ち、15780円を越えたら、ロスカットします。
トレードスタンス4
15310円まで下落したら、ショートポジションを全て手仕舞います。

今日の日経平均株価のワンポイント

終値が15580円以下になるか注目しています。


て経平均株価のサポートとレジスタンス

レジスタンス価格
15730円と15780円と15840円と15990円

サポート価格
15200円と15310円と15490円と15620円


イ海竜事の内容の注意点他

※日経平均株価のレジスタンス価格、サポート価格とは、その日の高値や
安値を株価予測したものではなく、前営業日終値又はCME日経平均先物
清算値に近い、私が特に重要視している上値抵抗価格と下値抵抗価格です。

※この記事の中に出てくる価格は日経平均株価等の終値を除き、
全てレジスタンス価格やサポート価格です。

※レジスタンスラインやサポートラインは、それらの価格を越えたり、割れた
りした場合、それまでの役割が反対になります。

※現在、日経225先物、日経225mini、日経225オプションのトレードを
開始する為に、デイトレードやスイングトレードでシステムトレードをする為の
トレードシステムを研究中です。

※この記事の情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は一切
責任を負いかねます。


stock_compass at 06:56日経平均の見通し この記事をクリップ!
Profile
Categories
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)