ブログネタ
資産運用 に参加中!
英国のCPIが4.4%になったのを契機に売られた感がある。利上げを警戒しているんだろう。

強気の材料もあれば、弱気の材料もあるので、結局、トレンド相場じゃないってことなんだろうか。下がれば強気材料で買われ、上がれば弱き材料で売られる。

なんというか、深く考えない方がいいってことなんだと思う。

っていうか、すでに考えるのが面倒になってきている。

反発した後なので、常識的には押し目形成の段階というところなのだと思う。

イギリスのインフレは深刻だと思うけど、あまり関係ないと思う。重要なのは、ドルと円だから。特にドル。

そう考えたら、利上げ警戒で売られたら買場の提供になるんじゃないかと思うし、そういうところでは買う。

人気ブログランキングへ クリック寄付をお願いします