人生裏街道

日々感じたことと、おすすめな本(ボーイズラヴとか、少女漫画とか)、アニメとか、TheSims2、ゲーム日記とか・・

ここ最近イベント行ってない

10/7に池袋のサンシャインである、Jガーデン。
ここ、数年前に行ったきりです。
行かない間に、以前、イベントの時、買いに行っていた作家さんが亡くなり、続けて行っていなかったことを後悔したものです。
徐々に作家さんも世代交代しているので、そんなこともあるのですが、本当に悲しいです。
さて、本日、地元の電車が事故で直通運転を中止したので、池袋で途中下車して、Jガーデンのパンフレットをジュンク堂に買いに行ったのですが、品切れでした。
今回のJガーデンは、最後の池袋開催ということで、私の予算は少ないけど行ってみようと思ったのですが、少々ハードルが高い予感がします。
数年前でさえ、入場するのに列ができていたので、今回はどんな状態になるのか怖いです。
以前は、午後のある程度の時間であれば、自由入場になったのですが、ここ最近のご時世ではそれも難しいそうですし。

何とか、参加したいです。

久々の更新

書きたいことは、たくさんあるのですが、ついつい更新の間が空いてしました。
その間、職場が変わったり、色々あったのですが、ほぼ仕事のことばかりに頭が言ってしまう日々が続いています。
もう、いい歳だし、何とかしなきゃの何とかが本当に何なのかわからない状態ですが。
何か書いていきたいと思います。

何だか乗せられて買ってしまうコフレ

この季節になるとクリスマスコフレという、ちょっと特別な限定品がデパートの化粧品売り場に並びます。はっきり言いまして、それなりの値段がして、キラキラ系のアイテムが多いし、総合すると安いのですが、いいお値段がします。
化粧品は、自己満足と大人としてのエチケットとして日々使っています。最近、デパートの化粧品売り場でお金がなくても、毎月不足品があれば、買っています。
ドラッグストアの安価なものでもいいのですが、やはり年齢がいくとちゃんとしたいのと、販売員さんにマッサージされたり、メイクしてもらったり、そういったことをしてもらうのが好きなので、ついつい浪費してしまいます。
全ては、買えないので、高いクリームのサンプルは毎回もらいますが・・・・

そして、ついつい予約してまで購入してしまうクリスマスコフレ。

限定のアイシャドウパレットに、限定のリップ。

パッケージは、特別仕様で、キラキラ。

まだ引き換えに行ってませんが、今月の家計を圧迫する金額です。
私が予約したアイテムは間違いなく、予約しないと買えない可能性が高いものです。
これを買わなければ、秋冬物の洋服も1枚は買えたのにと少し後悔します。

MacにiPhoneを久々につなげる

ここ最近、iMacで作業することがなかったもので、電源を切っておりました。
当然、アップデートもしてないし、iPhoneのバックアップも取ってない。
なので、ケーブルで繋いでみると、同期には、アップデートが必要で、ソフトウェアのダウンロードに数分かかりました。

久々にiTunesを立ち上げてみたら、インターフェイスが少し、小さくなった気が。

ちなみに、iPhoneのバックアップは定期的に行った方がいいですよ。
当然ですが、いつiPhoneがお亡くなりになるかわかりませんから、物理的にも。

ところで、仕事中には、ほぼiPhoneの画面は見ないのですが、通勤時間と昼休みにパケットを消費しているので、今月からパケットのプランを変更しました。
自宅のWi-Fi環境も、あまりよくなく、気がつくと切れていることもお多いので。

ところで、駅や公共系のWi-Fiって何で繋がりづいらんでしょ?
繋がっても、ほぼ役立たずです。
もう少し、携帯会社が提供している系のWi-Fiがもうちょっと使い安いといいのにね。

お金がないのでポイント生活

まだ、新たな職で得たお給料がほぼない状態なので、日々生活に困っております。
一応、実家住まいなので、衣食は困らないのですが、昼ごはんはちょっと困ります。
現在の職場近辺は、高級店が多く、安いランチなんて、マックぐらい。
ファストフードがマックぐらいしか近所にないのです。
一応、職場は東京で誰もが知ってる商業ビルの向かいにあるのですが、そのビルに入っているレストランは高級店ばかり。
安くて1200円ぐらい、マックを除けば・・・。
ココイチも、ガストも多分、10分以上歩かねば、ありません。
唯一の救いが、社員食堂的なものが建物内にあり500円前後でお昼が食べられること。
でも、それでも手持ちが心もとない日々が先月は続きました。

お弁当持っていけばいいじゃないかと思いますが、食べる場所がない。
あることはありのですが、あまりお弁当を一人で食べるには居心地が悪い。
仕事場の席で飲食は可ですが、仕事を息抜きの昼は切り離したいので、あんまりよくないのです。

ということで、先月、お金がない時どうしたかと言えば、
マックでdポイントで、支払いです。
dポイントは、加盟店での買い物や毎月の支払いやドコモ系のクレジットカードなどでたまるポイントで、マックやローソンの支払いで使えます。
これを使って何とか、乗り切りました。
週3でマックでしたが、何とかなりました。

副業がないと何をしていいかわからない

今年は副業元年らしいです。
私は、現在契約社員とゆう不安定な立場なので、お給料もそんなに多くありません。
一応、残業代も交通費も出るのですが、いつどうなるかわからないので。
派遣で働いている時から、在宅で内職をしていたのですが、契約社員になってからも在宅仕事を続けることにしました。
もちろん、契約社員の雇い元には申請して許可をもらったので、何も問題ありません。

以前、派遣、パートとして働いていた仕事をその会社から在宅で仕事がある時だけもらうもので、全然怪しいものではありません。
守秘義務契約があるので、詳しくは言えませんが、そこらに転がっているような仕事ではないです。
その仕事は、平日は帰宅してから2〜3時間、土日は5〜8時間ぐらいしてました。
それが先月末前に一旦終わりになりました。
これで自由〜と少々、気がラクになったのですが、
家に帰っても何もすることがない。
テレビとかゲームとかする習慣が、とんと無くなっていたので、本当に暇で暇で。

やっぱり、何かすることがないと、根が貧乏性で怠け者なのでダメみたいです。
なので、とりあえず、しばらく中断していたブログを急に書き始めたのですが、何だか落ち着きません。

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

最近、BL以外に取り憑かれたように読んでいるのが、なろう系の小説。
よほど、新人を育てるのがめんどくさいのか、最近なろう系に掲載されていた小説が出版されることが多いです。
良作も多く、今までにない作風も多いのですが、
中には、小説としての体裁が取れていないものも多く、こんなレベルでよくも、商業レベルで出版したと思えるものもあります。
特に、BLのなろう系は良作もありますが、ダラダラ締め切りとかもなく書かれたものなので、話の起承転結が1冊の中でめちゃくちゃだったり、本当に編集者と校閲が入ったかと疑いたくなるレベルの誤字脱字だらけだったりと酷いものもありました。どの本とは言いませんが。

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…は、なろう系?の中でもできが良いと言うか、ゲームの世界に転生するというテンプレ設定ながら、短いスパンで続巻が出るのも頷ける良作です。
BLではありませんよ。
TLでもなく、少女向けのラノベです。
主人公が無自覚な天然人タラシで、婚約者がいるのに、周囲の男女問わず、恋愛的な好意を向けられてゆく話です。

何よりもこの小説のコミカライズが小説の表紙と挿絵と同じ方がされているところ。



続きを読む

花弄り 雌蕊の婚姻

花弄り 雌蕊の婚姻 (CROSS NOVELS)
表紙のイラストがとっても、エロいし、美しいのですが、
表紙の印象と内容が少し異なります。

最近、やたらと多いオメガバースものなのですが、オメガゆえに王位継承権を奪われ主人公がその性質ゆえに意に沿わぬ王の元に嫁いで、ひどい目にあう話です。
もちろん、ちゃんと主人公は幸せになれるのですが。

オメガバースものを漫画、小説何点か読んで見て、思ったのですが、身分や階級をさらに際立たせるための手段でしかないような気がします。
元々、BLでは受けが不遇な立場のことが多いのですが、オメガバースではさらにそれが際立っていて、作品によってはなんだか嫌な感じに思えます。

花弄り 雌蕊の婚姻 (CROSS NOVELS)
西野 花
笠倉出版社
2018-08-10

派遣から契約社員のクラスチェンジしたはずが

お久しぶりです。
ブログを書かない間に、6月末で、派遣の契約が切れ、10月から契約社員のとして某社に行くことになりました。
契約社員といっても、働いている会社の契約社員ではないので、ちょっと複雑です。
まあ、いきなり健康保険とか厚生年金に入れたり、待遇はいいのですが、やはり契約なので、まだ長期の契約をしていただけてない状況です。
なので、まだ安心できない状況なのです。
なんとかならないものなのかな。

充電ができない

寒い日が続いていますね。
先週降った雪がまだ、家の周辺には残っています。
そのせいで、うちでは、給湯器からのお湯の菅が凍ったり、床が異様に冷たい状態です。

東京ですが、家が古いので、隙間だらけで、以前使っていた暖房器具が寿命を迎えたこともあり、自宅では、食卓と風呂場以外、暖房器具を使っていません。
今、これを書いている自室も暖房なしです。
作業をする部屋では火鉢を使ったりもしてますが、あんまり効果はないように思います。
寝るときは、私は電気毛布を使ったり、布団乾燥機で布団を温めたりしてます。

全体的に室温が外とあんまり変わりないので着込んでますが。
そのせいで、昨年購入したiPad Proの充電がほぼできない状態でした。
iPhoneは、非接触充電でちゃんと充電できてるのに、充電アダプタのせいかとiPad Proに付属していたものに交換してみましたが、ダメでした。
以前、使っていたiPad miniでも寒い日だと充電がうまくいかないことを思い出し、電気毛布で温めながら充電してみたら、充電がうまくいきました。
てっきり、バッテリーが劣化していると寒いと充電しにくいと思っていたのですが、まだまだ新しくても、寒いとダメみたいです。
また近々、東京で雪が降るみたいなので、充電する時の温度を気をつけたいと思います。

Apple Payに手を出す

iPhoneXを現金払いした為に、手元のお金がかなり悲しいことになってしまってます。
まあ、数日中に、少しお金が入るのですが。
昔から、お金がお給料日前に少なくなると、手持ちの現金を日割り計算して、1日いくら使えるかを計算したものです。

緊急事態に備えて、千円札は手元に欲しい。

iPhoneを機種変した時に同時に申し込んだ、dカードが審査に通ったようで、手元にマスターカード付きのカードが昨日届きました。
あんまり、クレジット機能を使う気は無かったのですが、ポイント還元などがあるので、Apple Payに登録して、早速、本日、マクドナルドとファミマで使ってみました。
さて、登録は、iPhoneのwalletというアプリ上で行います。
登録方法は、説明してあるサイト等あるので、それをみながら、短時間で終わりました。

そして使用方法ですが、会計前に「IDで」と伝え、iPhoneXの場合は、右側の電源ボタンを2度押しして、Apple Payの画面を出して顔で認証するので、携帯画面をちゃんと見ます。
そして、お店の端末にかざして、支払い完了と出れば、OKです。
ほんと、おっかなビックリでしたが、幸い職場の近所にはApple Payが使えるお店が多いので、
これで、数日分のお昼代はなんとかなりそうです。
とっても便利ですが、使いすぎないように、しないと過去の過ちを繰り返しちゃいますから。
気をつけますよ。

バックアップの勧め

iPhoneXにしてから、数日たちましたが、まだアプリの切り替えや、アプリの終了のさせ方の加減がつかめてません。
他の操作は、コツもなくできるのに、これは慣れが必要なようです。

さて、iPhoneXからそれまで使っていたiPhone6sへ移行する時、ちょっと失敗してしまいまして。
iPhone6sのバックアップに失敗してしまい、入っていたアプリの復元が完全にはできませんでした。
仕方なく、1年前のバックアップから復元し、なんとかなりました。
日々、使うメールや電話帳、メモなどはiCloudに元のデータがあるので、問題ないのですが、この1年の間に追加で入れたソフトを再現していくのがめんどくさい。

このことを反省して、iPhoneXになってからは、自宅のimacに気がつくとバックアップをするようにしています。
とはいえ、わたしのiPhoneのデータの多くを占めていた電子書籍のデータは、バックアップからは再現されないので、各電子書籍アプリで必要なものをダウンロードしなければいけません。

なかなかめんどくさいですね。

iPhoneXとiPad Proのケース

今日iPhoneXとiPad Proをドコモで購入してきたわけですが、せっかく綺麗な状態な本体なので、ケースも購入してきました。

iPhone6sの時は、表面の保護ガラスは、パルコにあったAppBank Storeで貼ってもらっていたのですが、こちらが閉店し、池袋から姿を消したので、UNiCASE 池袋P'パルコで購入。
まあ、こちらのショップは女性店員が多いようで、ブランド物のケースも多いので、選ぶ幅が広いのが特徴でしょうか。
フィルムは、種類はそれほどないけど。
こちらでは保護フィルムの貼り付けサービスも行っているので、iPadはこちらでフィルムを購入して貼ってもらいました。作業代金は無料です。
ケースは、ケイトスペードニューヨークのケースをこちらで購入。
ケイトスペードの公式通販よりはちょっと安いけど、今まで購入していたケースよりはお高めでした。


iPad Proのケースは、ビックカメラで。
いろいろ悩んだのですが、透明のソフトケースとApple純正のスマートカバーの組み合わせにしました。
やっぱりこちらも少々高いですが、なんだか純正のスマートカバー以外があまりにも、デザインや色がダサいので、少々高くても気に入ったものが欲しいので決めました。

iPhoneXの無線充電の機器も欲しかったのですが、3000円台の機種が品切れで、納得のできるものがなかったので、今回は見送りで。

今後年内にApple Pencilを買いたいけど、買えるのかな。

iPhoneXとiPad Pro

とっても久しぶりの投稿になります。
その間に、派遣が終わったり、無職だったりがあり、
今月から新たな派遣先でお仕事を始めています。

今日、ドコモショップで先日の予約開始日に予約したiPhoneXを購入してきました。
現金で一括購入です。
はっきり言いまして、ローンの審査に通る自信がなかったので、iPhoneにしてからずっと一括購入でした。
今回は、256MBを選んだこともあり、かなり高額で、もう今月の残りを生活するのがギリギリかなと思ったのですが、思い切って買っちゃいました。

まず、今回は前回の6sを購入した時に入った機種変更購入応援プログラムが24ヶ月経過で、全然お得じゃないので、そのあたりの扱いをいくらネットで調べても出てこない。
はじめに説明してくれたドコモショップの店員さんだと、まるっと何も返ってこないような説明をされました。
でも、手続きをしてくれたカウンターの担当者の方によると下取り適用額とは別に7200ポイント分割引になりました。

なので、今回は以下の割引がありました。
・機種変更特別クーポン
・家族まとめて割
・下取り適用額
・機種変更応援プログラム適用額
・dポイント適用額
以上で消費税込みで
10万円ちょっとです。
予想していた金額よりもはるかに安くちょっとびっくり。
dポイントは4000ポイントちょっとぐらいあったので、dポイントがたまっている人なら10万円以下で大丈夫そうです。
これで、月々の支払いはかなり楽です。
派遣で働いている都合上、いつ契約がなくなってしまうか不安なので、ある時に無理してでも払ってしまった方が、後々、料金の延滞などを防ぐことができるので、わたし的にはいいかなと思っています。

あと、表面の保護フィルムも貼ってもらいました。
こちらは決してフィルム自体は安いものではありませんが、専門の機械で貼るもので作業も早く、綺麗な仕上がりでしたよ。

そして、今回思い切って、勧められたのでiPad Proも契約しちゃいました。
ちなみにiPad Proはクーポンの対象外でした。残念。
こちらは、ローンが通ったのでローンですが、iPhoneの通信料金とまとめたので、予想していたよりも月々の負担額も少なくなりました。
キャンペーンで安かったので、まあいいかと。

iPad Proのフィルムやケースも買いに行ったのですが、今回はApple Pencilはちょっと見送りました。

久々のJ庭

久々というか、数年ぶりにJガーデンに行ってきました。
サンシャインで行われるオリジナルBLのイベントですが、コミケよりもお手軽というかアットホームな感じで、行きやすいイベントではありますが、数年前と比べて開催規模が2ホール分になるなど、g雰囲気が変わってました。
以前は、軽食やおやつを販売する業者が入っていたりしたのですが、その姿はありません。
昔、行っていた時は、よしながふみさんとかも出ていたのですが、さすがに参加されてませんし、昔懐かしのあの作家さんが出ていなかったりと寂しいところもありました。

商業で書いているBL小説家の方と2、3人とお話しすることもできました。
コミケと違って通路に余裕があるので、ちょっと立ち止まってお話しもできるのも良いところです。

今回は主に商業でも活躍されている方のものをゲットしたんですが、想定の2倍ぐらい予算を使ってしまいました。

ほんと、コミケは体力が本当に必要ですが、Jガーデンは、開催場所も20分程度で行けてしまう距離で、お気軽なので、秋にもまた行きたいですね。

あけおめ

あけましておめでとうございます。

最近、すっかり更新もできずにいましたが、一応生息してます。
現在、派遣で仕事してますが、在宅でも仕事しているダブルワーク状態で、本もろくに読めず、アニメの録画が溜まる一方で、HDの容量の関係で、見てないのに消す事態になってす。

そんな中、唯一まともというか、毎日繰り返し見てたのが「ユーリ!!! on ICE」
グッズは買わないまでも、久々にアニメ雑誌を買ってしまったりして。

とりあえず、色々と課題がありますが、今年もなんとかやり過ごせればいいなと思います。

ところで、大晦日。
日中、口にしたのは試飲した紅茶を50ccぐらいで、繁華街をうろうろしてたら、空腹にはならなかったけど、夜家に帰るとフラフラで、年越しそばをリバースしてしまいました。
頭痛もするし、頭が働かないので、本来、するつもりだった在宅仕事ができずにいます。
仕事ができないけど、これは書いてますが。
この歳になって、血糖値を下げすぎちゃいけないなと、改めて思いました。

最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常


仕事帰りに毎日のように本屋に行く私は、何度となく目に止まった本があります。
最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常 です。
「卒業生の半分が行方不明」とありましたが、予備校時代よく耳にしていたのは、「デザインはみんな受けないから、一流企業(会社)に入りやすいけど、卒業生の半分は永遠のフリーター」でした。

一応、デザイン学科入学を目指して美大受験をして東京で一二を争う、有名美大受験予備校に高校2年生から通っていたので、芸大生や芸大卒の先生にデッサンや平面構成、立体構成とかを習っていたので、なんだかとっても藝大という二文字は、懐かしいような、悔しいような複雑な気持ちになります。
一応、芸大も受験しましたが、一次試験のデッサンまでしか進めませんでした。

芸大卒の人と初めて遭遇したのは、高校2年生の時。
もしかしたら、小中の美術の先生も芸大卒だったかもしれませんが・・・
予備校で出会った先生は、ともかくすごかった。
工芸系の人のはずですが、空手のチャンピオンになったことがあり、今はなきテレビジョッキーに出たとこことで、そのうえ民族音楽のガムランをやっていて、新聞記事にもなったらしい。
その分野ではそれなりに有名人だったようで、担任だったのに、あんまり来なかったような気がします。

そして、浪人時代の先生には、センター試験で英語が一桁台の点数しか取れなかったのに、数学が満点近く取れたと自慢するピエロのようなド派手なシャツを普段着にする現役デザイナーの先生などがいました。
高校時代の先生とかの名前はほとんど忘れているのに、予備校時代の担任の名前は個性が強烈すぎて未だに覚えています。

そして、本にも登場する「無料だった上野動物園が悪行の結果、無料じゃなくなった」という話は、まるで当事者のように、予備校時代に聞いていたのでした。

さほど、才能のなかった私は、浪人したのに一次試験を突破できず、実技が私にとっては超簡単だった私学のデザイン学科に行きました。
そこでも、担当教授や助手も芸大卒の方々がいましたけどね。

最近評判の悪いアマゾンですが・・・

最近、評判の悪いアマゾンですが、昨日、アマゾンプライムビデオをついに見ました。
プライム会員になりっぱなしで、定期的に何かは買ってはいたけど、プライムビデオ見てなかったんですね。
見たのは、「ユーリ!!! on ICE」
まだ、テレビの録画とか消してないけど、お布団の中で見たいと思い立って、見たのでした。

感想としては、そこそこ画質が良いのですが、字幕とかの配信がされていないので、せっかくアマゾンなので、英字の配信もあっても良いのではと。

いろんなアニメやドラマの配信もありますが、まだまだ、点数が少ないですね。
一応バンダイチャンネルの会員でもありますが、
他の配信サービスにお金を払うことはまだ考えていないので、もう少し充実してほしいですね。

「ユーリ!!! on ICE」

「ユーリ!!! on ICE」見てますか?
今年の秋アニメの中で、一番期待してました。
久保ミツロウさんのフィギュア愛は、久保みねヒャダで散々見てたので、オリジナルアニメ制作の話が流れてからとても楽しみにしてました。
フィギュアを題材にした漫画は、昔からあり、ちょっと前までは女子に焦点が当たってましたけど、銀盤騎士という男子選手が主人公?の作品もありました。
こちらの作品の主人公は、見た目王子様タイプだけどガチオタで、幼馴染の女の子(成人済み)におまじないをかけてもらわないと、大事な試合で本調子が出ないというかなり残念な子です。
恋愛ものの要素もかなり大きいし、主人公がかなり恵まれた環境にいるお坊ちゃんなので、「ユーリ!!! on ICE」の日本人の方の勇利とはかなりタイプが違いますけどね。

さて、「ユーリ!!! on ICE」ですが、フィギュアシーンを当然、モーションキャプチャーとかCGでやるものだと思っていたら、手書きでした。
一応、本物の振付師によるフィギュアシーンなので映像をある程度トレースして描いているのかしれませんが、とっても自然で背景酔いもなく、1度目の視聴ではスーッと流して見ちゃいました。
それよりも、主人公の憧れの選手であり、リビングレジェンドのヴィクトルのエロさにいろいろなものを持って行かれちゃいました。
ヴィクトルに顔を近づけられて、顔を真っ赤にして後ずさる勇利とか・・・
久しぶりに二次創作系のサイトを見たら、それ系のものがたった2話だけ放送のこれから、どうなるのかわからない、オリジナル作品なのにかなりの数が上がっていてびっくりしました。
アニメの方では、恋愛要素はほぼ無しなのに、ヴィクトルの態度にもうドキドキ。
原案の久保先生は、腐な作品は描いてませんけど、言動にちょいちょい腐女子な発言があったので、意図的にそういったところを入れてきたのかもしれませんけどね。
どうなんでしょう。
ともかく明日の第3話が楽しみだ。



本屋で見つけた頭の悪い本

ここ1月ばかり、仕事終わりに本屋に行くのが習慣になっております。
電子書籍ばかりだと、発売のタイミングが読みたいタイミングと合わないこともあり、もう欲しい読みたいと思ったら、吟味して買うようにしてます。

そこで、ここ2、3日で頭の悪いあらすじの本を見つけてしまいました。
頭の悪いとは言っても、けなしているわけではなく、褒めているんです。それを出す出版社と作者、翻訳者を。



ぼくの輪廻 1 (フラワーコミックス) [コミック]は、ドラマ化もされたぴんとこなの嶋木 あこさんの最新作?で、童貞漫画家の元に巨乳のアシスタントがやってきて、前世の因縁のあるゲイの男も話に絡むという、少女漫画のはずなのにとっても頭の悪い表紙とあらすじ。読みたいとは思ったけれど、レジに持って行く勇気がなく買えてません。

そして、名作恋愛小説の高慢と偏見になぜか、ゾンビが出てくる高慢と偏見とゾンビ
高慢と偏見は、近世の英国が舞台の玉の輿もの。貴族ではないけれどそこそこ金持ちの娘が、近所に越してきた貴族の貴公子と恋愛して、結婚する話で、あんまりSFやファンタジー以外の翻訳小説は読まない私が、忘れるぐらい前に読んだ小説です。そこになぜかゾンビです。映画化したとの話をどこかの記事で読んだのですが、表紙に巻かれた帯に載っている写真から本当にちゃんと映画化されたらしいことがわかります。
元々の小説が厚いので、本屋で見たこれも厚い。
怖いもの見たさです。



*BLdiarywebringlist *

next back random
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

「最新トラックバック」は提供を終了しました。








Archives
  • ライブドアブログ