ブログネタ
BLOOD+ に参加中!
今週も、放送時間に家に帰れなかったので、WEB配信を視聴しました。
WEB配信では一話目がまだ無料です。
二話目は、有料だけど・・
オープニングから、沖縄式の墓地で、全裸の長髪の小夜。
その姿は、なまめかしいのに、上げた顔は、童女のような雰囲気。
あれを見たら、正体のわからないけど、保護欲が沸いてくるのもちょっとわかります。
・・うそです・・男の童女とかに対する萌えは、良くわかりません・・
マダムキラーのリク君の可愛さならまだかわるけど・・

二匹目の翼手は、まだ人としての何かが残っているのか、それとも、日没を待っているのか・・物陰で壁に背を向けて小さくなり、頭を打ち付けてます。

パパンは、小夜と出合った、墓に・・
そこで、小夜が、眠っていて目覚めるのを待っていたと告げますが、あれだけで、小夜は、真実をさっとったのでしょうか?
そもそも、記憶がぜんぜん戻っていない小夜が、墓場で、ずっと変わらぬ姿で、自分が眠っていたなんて聞かされて、納得するとは到底思えません。

二匹目の翼手は、ジョージの店の常連のホレストと呼ばれる海兵隊員で、助けを求めて、店に来たところで、翼手に変化。
ジョージと小夜を襲う寸前のところで、ハジが・・
なんだか、いいとこもっていくキャラなのね。ハジって・・確かにかっこいいし、あの物静かに「小夜、戦って・・」と言うのは、ぐっと来るものがあります。
結局、小夜は、ハジから差し出された剣を取ることが出来ず、代わりにジョージが立ち向かいます。
このシーン予告にもあったために、早速死亡フラグがたったおもっちゃったんですが、来週の予告では、まだお亡くなりになっていないようです。
ところで、二匹目は、完全に翼手に変化していなかったので、ジョージを傷つけてしまったことで、正気に戻ったというか、理性が戻ったようです。
翼手って結局、自然発生とか、ずっと翼手なわけではないみたいない。

車の絵が一部CGでした。
この作品の絵の雰囲気だと別に手書きでも、いいと思うのに・・

さて、来週「あぶない少年」
なんだか、このタイトルセンス無さ杉・・・昔テレ東でやっていた光ゲンジのやすっぽいアイドルドラマのタイトルだし・・プロダクションI.Gマガジン
BLOOD+ 2006年度 カレンダー
語り継ぐこと(初回生産限定盤)
青空のナミダ(初回生産限定盤DVD付)