October 04, 2011

ドリルの刃

地元の作家のアトリエに行く。
いろいろ行事というかイベントが多い。

今日もひたすらドリル。
2011_10_04_01


長いドリルの刃が折れた。日本から持ってきたものの1つ。

地元の彫刻家の方等がたくさんスタッフとして
手伝ったり、いろいろアレンジしてくれたりしている。
片言の日本語も話せる人もいる。

その一人に、石に筆談で新しいドリルを買いたいと
伝えて、近所の金物屋まで車で連れて行ってもらう。

何もかもがすごく安い。
日本で1,000円以上するドリルの刃が200円ちょっとで買える。
まだ、当分穴をあけるので2本買う。
2011_10_04_02

またひたすら、ドリル。

一日が長い。

stonesculptor at 23:00│Comments(0)TrackBack(0) 花蓮石彫シンポジウム 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔