2005年09月23日

デリルボッドレーさんのご冥福をお祈りいたします



デリルボッドレーさんのご冥福をお祈りいたします
ストーンウォークに参加した皆様へ、

こんにちは。ストーンウォーク福岡の徳永です。
ひさびさのメールでこういうことをお伝えするのは残念ですが。。。

今朝、ピースフル トゥモローズのアンドレア ルブランさんより、以下のメールが届きました。
ピースフル トゥモローズのメンバーで「デオラ〜平和へのあゆみ」の作曲者でもあるデリルボッドレーさんが昨日、お亡くなりになったそうです。
オートバイの事故だそうです。私は、いまショックを受けています。

彼は、7月に短期間ではありますが、ストーンウォークに参加されました。
滞在中、山口でお会いしました。3日ほどストーンウォークに参加した後、広島で数日間滞在されました。広島滞在中は、電話とファックスでやりとりをしていました。デリルさんは、「コードの入った楽譜をつくっていただけますか?」という私の願いにうれしそうに応じてくださり、ホテルの部屋で楽譜をつくってくださいました。そのデリルさんの努力のおかげで、広島の閉会式にはバイオリン、キーボードも入った素敵な演奏で歌うことができました。
「このすばらしい歌を日本で広めたい」との素直な思いで、碑石が到着した広島の原爆ドーム前で、NEWS23で演奏した坂本龍一さんにCDを渡そう!として準備したのですが、あまりの人の多さに渡せなかった悔しい思い出があります。

デリルさんの訃報をお伝えしなければならないのは残念ですが、とりいそぎお知らせいたします。
これから私は外出しなければならないので、訳が途中で申し訳ありません。また、帰ってから訳をしてお送りします。

歌は、ストーンウォーク福岡のホームページを開くと流れてきます。ご冥福をお祈りします。

ストーンウォーク福岡サイト
http://members2.jcom.home.ne.jp/stonewalk_japan/fukuoka/

"Steps to Peace" music link(英語)
http://www.peacefultomorrows.org/downloads/StepsMono.mp3



ストーンウォーク福岡
徳永よしみ

******
(訳)
悲しいニュースです。あなた方の中にも、7月にストーンウォークに参加したデリルボッドレー氏をご存知の方もいらっしゃるでしょう。彼は、あの美しい曲、「デオラ〜平和へのあゆみ」(日本語タイトル)の作曲者です。この歌はストーンウォークのときも日本語と英語で流され、閉会式には広島で歌われました。デリルさんは、昨日、モーターバイクの事故でカリフォルニアにて亡くなりました。このニュースは、今朝私たちの元に届き、ピースフルトゥモローズのメンバー全員や彼を知り彼を愛していたすべての人が悲しんでいます。
私たちは、もうひとりの家族を失った気持ちです。

あとつづく。。。

Dear Friends in Japan,

I am writing with very sad news. Some of you know Derrill Bodley who was
with us for part of Stonewalk Japan this past July. He is the composer of
the beautiful song "Steps to Peace" which we often played in Japanese and
English during Stonewalk and which the women of Never Again sang at the
closing ceremony in Hiroshima. Derrill was killed yesterday in California in
a motorcycle accident. The news came to us this morning. All of the members
of Peaceful Tomorrows and all those who knew and loved him are numb with
grief. We feel we have lost another member of our family. Our love for
Derrill and our admiration for all he has done is enormous. We know the
world has lost a sane and dedicated peace-seeker. I know that you will be
saddened by this news as well.

Derrill immediately turned his great grief over the loss of Deora, his 20
yr. old daughter on Sept. 11, 2001, into positive action by going to
Afghanistan in Jan. 2002 to meet with other parents who had also lost
children to terrorism. He wrote music to the poem his daughter wrote and
shared it with the world.
I will copy below the letter from Peaceful Tomorrows. Please, go to the
website and read Derrill's story and hear the
music which became part of Stonewalk Japan. I invite you to share your
thoughts with us.

I know this news comes as a great shock to all of you. I hope you will tell
others whom I have not managed to find email addresses for and include in
this list.

I ask that you find some way in which to remember and honor this beautiful
man. He visited Japan in the name of peace many times and he was so pleased
that his gift of music found its way into the hearts of the Japanese people
who live their lives in peace and who work for a future of peace for
everyone... as he did.

In sorrow,
Andrea LeBlanc
September 11 Families for Peaceful Tomorrows
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Remembering Derrill Bodley, 1945-2005

Dear Peaceful Tomorrows members,

We are still in shock as we report the sad news that Derrill Bodley, a
founding member of Peaceful Tomorrows, was killed in a motorcycle accident
yesterday on his 60th birthday. We remember Derrill's boundless energy,
his impish humor and charm, and his magnificent music.

On September 11th, he lost his daughter, Deora, on Flight 93. Within days of
that loss, Derrill--a professor of music and educational technology at
Sacramento City College, University of the Pacific--was telling the world
that we had to find a way to live together in peace.

To say that he was a tireless advocate for his daughter's memory and for the
cause of peace is an understatement. Derrill joined a Global Exchange
delegation to Afghanistan in January of 2002, meeting families of those
killed as a result of the US bombing campaign. He fondly recalled jamming
with Afghan musicians, and was surrounded by laughing kids as he taught them
"This Old Man" on a portable keyboard. He retraced his Afghanistan route in
January of 2004, visiting those he had met two years earlier and reporting
that little progress had been made in reconstructing their homes and their
lives.

Derrill marched with us many times in many climates. He played his original
song, "Each to Give," in Washington, DC, at the first major rally attended
by the newly-formed Peaceful Tomorrows on April 20, 2002. He braved the
freezing cold of New York City on February 15, 2003, where he represented
Peaceful Tomorrows as the opening speaker at the massive rally against the
impending Iraq war. In recent days, Derrill expressed his desire to speak at
the UFPJ rally in Washington if the opportunity arose, and asked if there
would be room at the Peaceful Tomorrows table for him to set up and play his
keyboard--which, he remarked, was from Pakistan.

Derrill's energy knew no bounds. When Peaceful Tomorrows allied itself with
the American Friends Service Committee's "Eyes Wide Open" exhibit of
military boots, organizing a display of thousands of civilian shoes
representing Iraqi casualties, he offered the services of "Big Bertha," his
well-used bread truck, to transport the shoes, and helped to mount the
exhibit in San Francisco and Sacramento, California. The display would not
have been possible without him. Derrill also spoke in Japan on many
occasions, most recently participating in the "Stonewalk" from Nagasaki to
Hiroshima to honor "the unknown civilians killed in war" this past summer.
He also helped to pull the memorial stone from Boston to New York in the
summer of 2004.

Most of all, we will remember Derrill's music. Shortly after his daughter's
death, he wrote "Steps to Peace," which he said came to him as a message
from her that everything would be all right. He handed a copy of the song to
President Bush at a White House reception for families of those killed on
Flight 93, and commandeered a piano to play the song live for others
standing in line. It was "Steps to Peace" which accompanied our first
Peaceful Tomorrows video of the same name, and it is "Steps to Peace" which
is featured on our newest DVD, "Beyond Retribution." On 9/11/05, Derrill
appeared in a Flight 93 documentary on the Discovery Channel, and played the
song for the cameras.

Although it was a tragedy that brought us together, we're grateful for the
time we got to spend with Derrill, We will honor him, as he honored Deora,
by working to create a better world, and we will hold him forever in our
hearts.

--The Staff and Steering Committee of Peaceful Tomorrows

We are creating an area on our website where your thoughts about Derrill can
be posted. If you have anything you would like to share-- a memory or
photo-- please send to Nabil Ashour, nabil@peacefultomorrows.org.

Mailing address for Derrill's wife:
Nancy Mangum
3733 Fourteen Mile Dr.
Stockton, CA 95219

Mailing address for Derrill's stepdaughter, who was part of the Afghanistan
delegation in January of 2002 and was also a founding member of PT:
Eva Rupp
4307 Tuckerman Street
University Park, MD 20782

"Steps to Peace" music link
http://www.peacefultomorrows.org/downloads/StepsMono.mp3


ウィンドウを閉じる  
Posted by stonewalk_jp at 14:37Comments(0)TrackBack(0)

2005年09月08日

アンドレアさんからのお便り


皆さんへ



連絡ができなくて、すみません。。でも皆さんのことを考えていなかったというのではありません。

最後に誰に何を話したか、思い出せません。(ストーンウォークのウェブサイトをご覧になったと思います。)

日本で、7月23日に私の足がケーソンの車輪に引かれて損傷したことをご存じと思います。足指の一つにひびが入っただけでしたが、挫滅の傷は、私が信じようとしていたのよりも悪い状態です。全行程の3分の2の260マイルを歩いたところで、ストーンを離れなくてはならなくなったことは、とても悲しいことでした。25日に私は車で広島へ送られ、そこで医師にかかりました。原水禁世界大会でのスピーチはなんとかこなしましたが、東京での会議(新幹線で片道5時間の道程)や長崎での最終会議には行きませんでした。一週間の間、オーガナイザーの一人が所有するひと気のない家に一人きりでいて、たいてい畳の上に布団を敷いて足を上げて横になって過ごし、ときおり松葉杖をついて歩き回っていました。

ストーンウォークが広島に到着すると、私は一行に参加して、最後の数日間ケーソンを運転し、クロージング・セレモニーで「日本の人々への謝罪の手紙」を読み上げ、そして8月6日の夕方には原爆ドームのそばで、火傷とのどの渇きからの救済を求めながらそこで亡くなった全ての人々を追悼した灯籠が川に流されるのを見ることができました。水を飲んだ人々はその後、放射能障害によって亡くなりました。

私は8月9日の午前中に家に着きました。足の腫れがまだひどく、到着した日にここの医師の診察を受けました。医師は腱などの状態を心配し、必ず皮膚移植が必要になると告げました。その週はメーン州で子どもたちと一緒に過ごす予定だったため、なんとか手術を遅らせようとしましたが、17日の再診(通常診療だと思っていました)に行ったところ、彼は私を入院させてしまい、足が全く床に着かないようにしてしまいました。医師らは負傷箇所を除去して、真空に保つ(ヒルのような)包帯を私の足に取りつけたので、機械や点滴にもつながれました。またおそらく飛行機の旅のために、ふくらはぎに小さな凝血ができていたので、クマジンを飲んでいます。27日に退院できたのは、Nissaがその週末にここを訪れていたためです。10日間もの間、足を吊って仰向けに寝ていたわけです!

幸いにも子ども達はその週のほとんどを湖のほとりで過ごすことができ、私もSilasと4日間を一緒に過ごしました。

JohnとDeirdreと彼らの生後10週間の息子のOlinはメイン州に発ってしまったので、彼らには少しの間しか会えませんでした。

月曜日には、真空包帯を取って移植の状態を診てもらうために、再び医師のもとに戻りました。医師らは移植組織の生着を向上させるために、高圧酸素室療法を始めることに決めました。そういうわけで、毎日5時間をかけて、ポーツマスに通い、アクリル製のチューブ状タンクに横になって気圧の2倍の酸素を呼吸する治療を受けています。このとても風変わりな治療には、心構えが必要になります。幸いにも、90分の「治療」の間、DVDの視聴ができます。30分かけて「潜水」し、さらに15分程度かけて「再浮上」します。

この治療はあと5回から20回必要になるだろうと告げられています!

大工のPeterは、まだ「古い」リビングの仕上げをしています。。壁板が配され、天窓がひとつ取りつけられ、カテドラルのような天井にする一方で、垂木は壊されて移設しなくてはいけません。そのため家具があちこちに散らばり、石膏のホコリがすごいです!

私は車椅子に乗っていますが、皮膚移植した下の組織が腫れるのを防ぐために足は上げたままです。操縦は難しいのですが、乗り切る仕方を身につけつつあります。こうしたこと全てが、私が考えていたよりもはるかに大きな事態になってしまいました。それは「もっと」悪くなり得たのです。私には足指が残っています!しばしば私は、子供たちが今にでも地雷で手足を吹き飛ばされ、誰も治療しない問い事実について考えます。人生は公平ではありません。時々理解することすら難しいほどに。

9月10、11日の週末には、Kjellに会いたいと思っていました。10日はKjellの誕生日です。彼の子ども達には、4月以来会っていません。でもそれまでに5時間半のドライブができるようにはなっていないでしょう。彼らは仕事を離れられないので、こちらに来ることはできません。でも「これもまた過ぎ去る」、そしてうまくいけば回復してやがてまた運転ができるようになるでしょう。

ストーンウォーク・ジャパンでの体験について、私はまだ皆さんに何も書くことができていません。本当にたくさんの事があり、それが人々の人生を変えたことを知っています!驚くべきことですが、それは本当なのです!私はまだその体験を消化しているところです。友達になった日本の方々すべてにお手紙したいと思っています。長崎のオーガナイザーの一人の方が、17日にここで一週間ほど滞在します(以前から計画されていた訪問)。友人の多少の助けも借りて、少しでも彼女を歓待できればよいのですが! 私のもとには山のように返事の必要なメールが届いています!庭の雑草は私の目の高さまで茂りました。(除草人を雇いました!)つくづくと自分自身を役立たずのように感じますが、我慢強くなろうとしています。

皆さんすべての御健康をお祈りしています。この夏がみんな過ぎ去ったのだと理解することは難しいことです。「潜水」のとき以外は自宅にいます。もっと連絡を取るように努めるつもりです。

愛情をこめて、A



--------------------------------------------------------------------------------------

Sent: Saturday, September 03, 2005 1:27 AM
Subject: Am home

Dear All,
Sorry, I haven't been in touch ... not for not thinking about you.
Don't remember what I last told any of you. (You may have seen the
Stonewalk website.) I think you know I got my foot crushed on 7/23
when the caisson wheel ran over it in Japan. Only had one broken toe,
but the crush injury was worse than I chose to want to believe. It
was VERY sad to have to leave the Stone, having walked 260 miles, 2/3
of the way. I was driven to Hiroshima the 25th and saw doctors there.
Did manage to give my speech at the World Conf., but did not go to
Tokyo (5 hr train ride each way) or back to Nagasaki for the final
conference. I was alone for a week in an empty house owned by one of
the organizers, mostly lying on the tatami mats with my foot up on
futons and occasionally hopping about on crutches.

When Stonewalk arrived in Hiroshima I was joined by the group, drove
the caisson the last few days, read the Letter of Apology to the
Japanese people at the Closing Ceremony, and was there at the A-dome on
the evening of Aug 6 to see the lanterns being floated on the river in
remembrance of all the people who perished there seeking relief from
their burns and thirst. Those who drank the water died later of
radiation sickness.
.
I arrived home 8/9 at 3 AM. Saw the doc here that day for my foot
which was still very swollen. He was concerned about the tendons, etc.
and said he was sure I would need a skin graft. I tried to put it off
til after the week with the kids in Maine. However, on the 17th when I
went for a (I thought routine) recheck, he chucked me in the hospital
to keep me absolutely OFF my foot. They debrided the wound and attached
me to a vacuum dressing (like a leech) on my foot so was tethered to
the machine and IVs. Developed a small clot in my calf maybe from
the plane ride, so am on coumadin. Then they did the skin graft on the
25th. I was released on the 27th only because Nissa was here for the
weekend. Ten days of lying on my back with my foot up!!!!!!!

Fortunately the kids got to spend most of the week at the lake. And I
got to be with Silas for 4 days.
John and Deirdre and their 10 wks. old son, Olin went to ME. too so I
saw them a little.

I went back to the docs Mon. to have them remove the VAC and recheck
the graft. They decided I should start Hyperbaric Chamber treatments
to enhance the graft taking. SOOOO I have been spending 5 hrs every
day going to Portsmouth to lie in an acrylic tube-like tank and breathe
oxygen at twice atmospheric pressure. It is very weird and I have to
psyche myself up for it. Luckily I can watch DVDs for the 90 mins I am
"treated". It takes 30 mins. to "dive" and then another 15 or so to
"resurface".
I have been told I may need 5 or 20 treatments!!!!!

Needless to say I have not had much opportunity to be in touch.
Couldn't get online in Japan except once when I stayed in a hotel and
then again unable to email while in the hospital. Nissa left Tues. AM.
A Peaceful Tomorrows friend came yesterday to stay til Sun. Friends
here have been dropping in and ferrying me back and forth to the
doctors. I am trying to get my sister to come out here to help,
especially since my aunt had another small stroke yesterday.

Peter, the builder, is still finishing the "old" livingroom ....
sheetrocked it, put in a skylight and made the ceiling a sort of
cathedral ceiling as the rafters were cracked and need replacing. So
furniture is everywhere. And plaster dust!

I am in a wheelchair with my foot elevated to prevent any swelling
under the graft. It is difficult to navigate, but I am finding ways.
This whole thing has turned into a much bigger deal than I thought it
would. It could have been MUCH worse. I have my toes!!!! I think
often about the fact that kids are getting their limbs blown off every
min by landmines and no one is taking care of them! Life isn't fair.
Sometimes it is just impossible to understand.

I had hoped to get to Kjell's for the Sept. 10-11 weekend. Kjell's
birthday is the 10th. I haven't seen his kids since April. But it
probably won't be possible to drive 5 1/2 hrs by then. They can't come
up as can't leave their practices. But "this too will pass" and I will
hopefully manage to be up and driving again soon.

I have yet to write anything about the Stonewalk Japan experience to
everyone. It was many things! And I know it changed lives! Amazing
thing to say ... but true! Am still processing it. I want to write
to all the Japanese people who have become friends. One of the
organizers from Nagasaki will be here the 17th for a week (pre-planned
visit). Hope I am able to entertain her a bit by then with a little
help from my friends!. I have mountains of mail to deal with! Weeds
up to my eyebrows in the garden. (Hired a weeder!) Am trying to be
patient, even though I am feeling pretty useless.

Hope you are all OK. Hard to realize the entire summer is gone. I am
home except when I am "diving". Will try to keep in better touch.

Love, A

  
Posted by stonewalk_jp at 07:42Comments(341)TrackBack(1)

2005年08月18日

Stonewalk Video in Shimonoseki 19th august 2005

山口県下関市にはいったストーンウォークの模様
のビデオをアップしました。

http://members2.jcom.home.ne.jp/stonewalk_japan/shimonoseki_video.html  
Posted by stonewalk_jp at 20:41Comments(1)TrackBack(0)

2005年08月17日

8.6ヒロシマ 戸村さんのサイト

8月6日ヒロシマの様子を戸村良人さんが報告されています。
ドーム前の平和の集いや、ストーンウォークの8月6日の様子を見ることができます。

下記をクリックして頂くと、6日朝の原爆ドーム前の67枚の写真が出てきます。   ヒロシマ8.6写真集 1 
  ヒロシマ8.6写真集 2 
  ヒロシマ8.6写真集 3 
  ヒロシマ8.6写真集 4 
  ヒロシマ8.6写真集 1 
  ヒロシマ8.6写真集 5 
  ヒロシマ8.6写真集 6 


アドレスが長すぎ、開かない方は、下記「行動の写真集」の最後からも開けられます http://simoiti1329.web.infoseek.co.jp/index.html
戸村良人 E メ-ル simoiti1329@do.enjoy.ne.jp

アメリカのストーンウォークのサイトを見てください

アメリカのストーンウォークジャパンのサイトに、参加された皆さんの感想や、写真が掲載されています。ぜひ見てください。

http://stonewalk.org/japan/japan.html
  
Posted by stonewalk_jp at 15:25Comments(0)TrackBack(0)

2005年08月07日

碑石設置の経緯について

ストーンウォークのみなさま

「ヒロシマ」の海老根です。いろいろとご協力あちがとうございました。ダットさんたちもきょう、広島を離れました。ストーンも昨日午後、世界平和記念聖堂に無事、設置できました。ダットさんらの報告にピース・アビ―本部もとても喜んでくれて、今度はマザー・テレサの像を寄贈しようか、なんて話も出たらしいです。この間の若干の経緯をご報告し、広島にもう一つの“名所”を作っていきたいと思います。
 実は、「ひょうたんから駒」みたいな話でもあります。事態が動き始めたのは、秋葉・広島市長がウォークに参加した3日午後からでした。ダットさんが休憩中に市長に直談判に及びました。遠くで眺めていただけですが、彼女の表情は実に険しいものでした。「−市長も同じ歩幅持つ」は詩的感情であって、実際はそうではなかった、というわけです。私は夕方、4日の平和公園の使用許可証を受け取りに市役所を訪ねた際、緑化推進部の担当課長が呼び止め、市長から再検討を、との指示があった旨、話し掛けてきました。しかし、設置場所の具体案はとても受け入れられないものでした。
 4日夜は交流会で皆さん、盛り上がりましたね。でも、ピース・アビ―本部からは「石も持って帰れ」と言ってきていたようです。5日朝、平和記念聖堂で「原民喜展」の準備をしていたところにダットさんたちがやって来て、聖堂を見て、とても気に入ったわけです。「司教の口約束だけでもいただければ、本部も納得するはず」と言うのです。
 そこで、駆けずり回って、何とか三末司教と急遽、懇談の場を設けて話し合ったのです。ダットさん、アンドレアさんら数人。司教は「ああ、いいですよ。大歓迎です。明日の午後に持ってきていいですよ」と言うのです。
 6日午後、台車はアメリカ行き、石は聖堂に、となった次第です。ただし、教会信者の世論形成が、日曜日のミサの後に開かれる集いの場などを通じて行なわれるので、21日の日曜日ごろまで結論は待ってほしい、というわけです。広島のメディアも、まだ、石が聖堂にあることを知りません。ブログを覗けば分かるのですが、未だ問い合わせは1件もありません。
 ダットさんたちは、石にキスして、「石が行きたいと言っているところに着いたんですね」と話してくれました。私は思わず、膝から力が抜けちゃいました。
 まあ、「石は動き」ます。聖堂が「終の棲家」になるのか、それとも、さらに旅を続けるのか、それは分かりませんが、近いうちに「設置式」というか「除幕式」みたいなことが出来ると思います。その節はまたご案内します。
 「平和公園内移設運動」もありますが、ピース・アビ―の受け止め方は「平和記念聖堂」に“一目ぼれ”でした。彼女らも、帰国後はクチコミで記念聖堂のことを広げてくれると確信しています。
 あらためて、ご心配いただいたみなさんに心よりお礼申し上げます。
 立秋以後は「残暑」だそうですが、なお猛暑の日々です。ご自愛を。

平和記念聖堂

  
Posted by stonewalk_jp at 23:14Comments(1)TrackBack(0)

2005年08月06日

NEWS23見ました

東京(実は川崎)の千葉です。


先ほど、News23を見ました。

坂本さんや元さんとの共演ではなく、独立した特集になっていましたね!
広島に留まられてご覧に慣れなかった方のために書くと、
アンドレアさんのアメリカでのインタビューに始まって、初来日、長崎出発、佐賀、
福岡、山口、そして広島に到着した時とそれぞれの場面を丹念につないだ、短いけれ
ど素敵な作品に仕上がっていたと思います。
どなたかビデオに撮られていた方があったら、ぜひ回覧できるといいですね。

皆さん、600キロの長い長い旅、本当にお疲れさまでした。
4日のクロージング・セレモニーも感動的でしたね。

私自身は、休みを利用してちょこちょこと参加させていただいただけでしたが、
実際に長い間歩かれた方々はもとより、裏方として支えてくださった多くの方々の
ご苦労は並々ならないものがあったと思います。なんとか無事に広島まで辿りつけた
のも、沿道で声援を送ってくださった方々も含めて、大勢の方のご協力があってのこ
とだと思いました。お世話になった皆さま、ありがとうございました。

番組では、碑石を「広島のどこかに置きたいと思ってるそうです」と締めくくられま
したが、クロージングセレモニーの中でドットさんが紹介されたガンジーの言葉や、
アンドレアさんが紹介された「この石が日本にくるのに60年かかったんですね」と
いう長崎の被爆者の声、番組中の「原爆がわたしの原点になりました」という語りベ
の話を聞き、あらためて、広島も長崎も共に、戦後日本のスタートであり、原爆の被
爆の終着点であり(これで最後にしたい)、世界の平和への願いのシンボルであると
思いました。

これで今回のウォ−クは終わりましたが(碑石の置き場も含めて残された課題はあり
ますが)、この経験を新たなスタートとして、平和への歩みを続けていきたいと思い
ます。


とりいそぎ、番組のご報告と御礼まで
--
千葉智恵子
c-chieko@jf6.so-net.ne.jp
  
Posted by stonewalk_jp at 16:36Comments(0)TrackBack(2)

2005年07月30日

元気いっぱいの子どもたちもストーンウォーク

7月15日福岡県の玄界灘でのストーンウォークの写真集をアップいたしました。写真提供は佐藤高志さんです。
子どもたちもたくさん参加して元気いっぱいの笑顔で石をひいてがんばりました。

http://members2.jcom.home.ne.jp/stonewalk_japan/fukuoka/7-15photo/


  
Posted by stonewalk_jp at 14:31Comments(0)TrackBack(0)

ストーンウォークと元ちとせ・坂本龍一

元ちとせ、坂本龍一が、8月5日に原爆ドーム前に来ます!

『今回、坂本が同曲のアレンジ・プロデュースを快諾。元は坂本の拠点・ニューヨークを訪れて打ち合わせを重ね、レコーディング。新たな曲として生まれ変わった。元と坂本は来月5日にTBS系「NEWS23」に出演。日付が広島に原爆が落とされた6日に変わってから「死んだ女の子」を原爆ドームの前から熱唱する。ヒット曲「ワダツミの木」などでみせた独特のコブシ回しを披露するのは一昨年12月の奄美大島でのライブ以来になる。』

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050728-00000024-sph-ent



SWのスケジュールではこの時間帯、

「23:00〜 News23 ドーム前 (日米一部メンバー)」

となっています。

5日のNEWS23では、原爆ドーム前の碑石+ケーソンの映像とともに、長崎放送など系列局の映像も用いて、ストーンウォーク・ジャパン2005のプロジェクトが全国に紹介されます。



ドーム前ということは、ケーソンのほど近くで歌うということです。

1トンもの碑石を運ぶというオリジナリティあふれる新しい「草の根の市民運動」と、アジアできわめて人気のあるクリエイティブなアーティストとが、同じ枠で放送されるということの意味は、もはや不問ではないでしょうか!?

ストーンウォーク・ジャパンの趣旨が、テレビ局側にきちんと受け止められているように思います。

  
Posted by stonewalk_jp at 07:54Comments(297)TrackBack(0)

2005年07月25日

7月25日北九州から 宇部のウォークへ参加された方の感想

 北九州のあるメーリングリストで、このストーンウォークのことが話題になり、MLのなかの合計4人の方が福岡、下関、宇部で参加しました。下関に参加したかたは、「はやく教えてほしかった。知っていたら北九州でも参加したのに」と述べておられます。また実家が近くにあるからということで宇部のウォークに参加された方は、「心に残る経験でした。よいものを紹介していただき、ありがとうございました」と感想をMLに寄せられています。

前日は宇部新聞にも大きく紹介されたそうです。
北九州でも、小倉タイムスが一面トップでこのストーンウォークを掲載しました。
  
Posted by stonewalk_jp at 18:15Comments(134)TrackBack(0)

2005年07月24日

山口県の当面の日程です

7月24日(日)

9:00 西光寺出発
   吉田交差点
   興産中央病院
10:30 丸尾
   岐波
12:00 阿知須中学校前
   山口へ引継ぎ




7月25日(月)

小郡町役場(9時30分)−上郷駅前ー小郡IC入り口ー松下電器の下ー県営競技場前−維新百年記念公園(昼食休憩)−湯田大橋・小橋−湯田温泉市街地−中園町−中央公園NHKの角−新鰐石橋を渡るー宮島町−御堀峠−ゆめタウン大内店−柊(中国道山口IC入り口)−鯖地B/S−鳴滝泰雲寺(18時到着)



7月26日(火)

鳴滝泰雲寺(7時出発)ー沖高井交差点―平和町ー防府市役所ー防府駅前ー戎町交差点ー牟礼B/S通過ー末田B/S(16時着)

7月27日(水)

防府市末田バス停脇駐車場(7時30分)-富海ー椿峠(10:30-11:00ごろ)-戸田橋ー下戸田ー戸田駅前ー福川ー松原ー新宿3丁目交差点ー周南市役所ー青山交差点ー立正佼成会徳山教会(18:30)

7月28日(木)

立正佼成会徳山教会(8:30)−ザ・モール周南ー下松市役所ー下松駅前ー恋が浜-虹が浜ー光駅前ー光市役所ー光警察前通過ー光市室積・後松原自治会館(18時)

7月29日(金)

光市室積・後松原自治会館(9時)-伊保木ー梶取峠ー別府-麻耶ー平尾町ー宇佐木ー南町5丁目交差点ー柳井市役所駐車場(17時)

7月30日(土)

柳井市役所(9時)-柳井大橋ー柳井港ー大畠ー神代駅前ー歴史民族資料館前ー有家B/S-由宇駅前ー由宇町役場(17:30)

7月31日(日)

由宇町役場(9時)ー通津駅前ー藤生駅前ー南岩国ー尾津ー門前橋ー午野谷町ー午野谷口B/S-岩国三B/S-大明小路B/S-日本キリスト教団岩国教会(16:30)

8月1日(月)

日本キリスト教団岩国教会(8:30)-錦帯橋ー愛宕橋ー白崎八幡宮ー岩国市役所ー三笠橋ー岩国駅前ー立石の信号ー装束5の信号ー県境の栄橋(広島県に引き継ぐ。時間は13〜14時)

  
Posted by stonewalk_jp at 07:43Comments(108)TrackBack(0)

2005年07月23日

STONEWALK japan2005ニュース 2007/07/22

STONEWALK japan2005ニュース 2007/07/22

 発行責任者;菖蒲【連絡先】山口民医連 35-9355 Fax35-9356 (携帯)090-8245-0311 

23日午前9時、小野田商工センター前スタート
午後は、14時30分から宇部市役所スタート予定
・昨日は埴生上市・妙蓮寺から小野田商工センターまでの行程でした。毎日の猛暑で、アメリカからの参加者の中には途中気分が悪くなり、早めに宿に入った方も出ています。
・昨日も「ニュースを見た」といった子ども連れのお母さんが参加するなど、注目は集まってきています。しかし、昨日の現地からの通し参加者は前日のSさんのみです。
・特に本日は、出発早々長く続く坂道を登りきらなければなりません。「もし途中で止まったら動かないのでは」という坂道です。一人でも多くの方が、勇気を出して参加していただけることを願っています。
・お昼は、緑橋教会で休憩と交流を予定しています。

台車の引き手がまったく足りません!
少しの距離でもぜひ手伝ってください
【宇部市での行程予定】
7月23日(土)
9:00 小野田商工センター出発 →公園通り→若山公園→10:00 流川交差点→厚東大橋→中央市場→11:00 平原→居能駅前→宇部興産前→宇部新川駅前(ロータリー)→12:30 宇部市役所(市長表敬訪問・休憩)→14:30 宇部市役所出発→15:30 松山町2丁目交差点→恩田→16:00 則貞→常盤公園入口→16:30 宇部南(山口宇部道路交差点)→江頭交差点・床波へ→17:00 西光寺(床波)到着(西光寺に置く)
7月24日(日)
9:00 西光寺出発→吉田交差点→興産中央病院→10:30 丸尾→岐波→12:00 サンパークあじす(昼食、山口へ)
ストーンウオークブログに掲載された下関の方の感想です。一部抜粋しました
ストーンウオークジャパン2005公式サイト
http://homepage2.nifty.com/tomokonet/stonewalk/ストーンウオークブログ
http://blog.livedoor.jp/stonewalk_jp/

また全コース行進中のアメリカ人、日本人、在日コリアン、その人々の個性の豊かさに、あるいは私達の知らない情報に接することができました。なかでも私にとっては日系アメリカンのヨーコ・カワシマ・ワトキンスさんは本当に驚くような人でした。彼女の書いた本は全米のナンバーワンの本としてニューヨークタイムスその他の著名な出版の世界で高い評価をえているそうです。彼女は朝鮮生まれで戦後朝鮮の友人たちに助けられて満州国境に近い所から日本に帰国できたのですが、日本に帰ると京都で朝鮮帰りと彼女はえらい差別にあって日本が嫌いになりアメリカ人と結婚して米国に渡ったそうです。そんな彼女はもう71歳、今はハーバード大学他有名大学で文学で教鞭をとっています。朝鮮に生まれ、日本と米国を経験する彼女の世界観は日本をより客観的に捉えています。(中略)
彼らからいただいた小冊子『9・11は米国政府とイスラエルの自作自演??』は2003年3月11日(開戦8日前)に北米とカナダにラジオ放送した内容の翻訳ですが、驚くような事実が紹介されています。題目となる根拠がスタンレー・ヒルトン弁護士によって解明されていくのですが、彼は大統領候補にもなったことがある大物政治家ドール上院議員の元顧問として活躍した経歴をもつ敏腕弁護士で、ラジオ聴取者はヒルトン弁護士が何を語るか興味津々だった(中丸薫『世界はなぜ破滅へ向かうのか』文芸社より)といいます。この本はまだ全部読んでいませんが、はなから驚くような書き出しです。まあとにかくこの本を読んでみたい方はこのウォークに参加してください。またこの日本がいかに孤独な国になってしまっているかをより深く確認も出来るでしょう。またどうすれば良いのかもきっとつかめるのではと期待しています。
  
Posted by stonewalk_jp at 11:03Comments(1)TrackBack(0)

2005年07月22日

下関で参加された鍬野さんから、参加された感想がとどきました

ストーンウォークに参加して(下関19,20日)

現在21日は下関市から厚狭郡埴生町の妙蓮寺に向かって行進中です。今日も暑くて大変だと思います。
私は2日間で約25kmでした。歩いてみて、この旅の大変さと意義深さとを感じました。
まず炎天下重さ約1トンの台車は平坦な道は慣性でスムーズですがスタートと登りには力が要ります。特に長い登りはきつくなります。それと道路を行き交う車との接触事故を防ぐために道路の誘導が絶対に必要です。パトカーなどはついてくれませんので行進の前後には誘導者が車を誘導する必要があります。
汗が大量に出ます。(サウナ風呂の比ではありません)のどが渇き冷たい水が疲れを癒してくれます。ぬるい水はおすすめではありません。それと休憩所でいただいた冷たいスイカは本当にありがたかった。
以上から押す人が一人でも沢山必要です。また水分補給はできるだけアイスボックスなどを利用して冷水が良いことです。交流会などでは冷たいスイカはぜひ用意したいものです。
意義深さについてはいろいろあると思いますがまず沿道の人々に対して平和を求める人々が炎天下でも行進して行くその意義を行動で持って示せることです。現場へと向かうのかトラックから3人の若い青年が笑顔で手を振ってくれたり、3,4人の小学生に声援を受けたり、わざわざ家から出て手を振ってくれた人々、休憩所として駐車場を快く貸してくださった焼肉店の若い店主、自転車で伴奏してくれた音楽家、花束を用意して手渡してくれた仲間、大きく手を振ってくれた環境浄化活動中の仲間たち・・・、多くの見知らぬ誠実に生きる人々に出会えたような気がします。
また全コース行進中のアメリカ人、日本人、在日コリアン、その人々の個性の豊かさに、あるいは私達の知らない情報に接することができました。なかでも私にとっては日系アメリカンのヨーコ・カワシマ・ワトキンスさんは本当に驚くような人でした。彼女の書いた本は全米のナンバーワンの本としてニューヨークタイムスその他の著名な出版の世界で高い評価をえているそうです。彼女は朝鮮生まれで戦後朝鮮の友人たちに助けられて満州国境に近い所から日本に帰国できたのですが、日本に帰ると京都で朝鮮帰りと彼女はえらい差別にあって日本が嫌いになりアメリカ人と結婚して米国に渡ったそうです。そんな彼女はもう71歳、今はハーバード大学他有名大学で文学で教鞭をとっています。朝鮮に生まれ、日本と米国を経験する彼女の世界観は日本をより客観的に捉えています。
在日コリアンのチョウさんは下関の交流会で自分の生い立ちを語りました。最近亡くなったお母さんから聞いた話として身重のお母さんが日本に来て、今日到着する厚狭というところで自分を生んだ。その時、身重の母の出産のために借りたかった一間の部屋も貸してもらえず、戸外で出産した母はへそのををついた自分を4日間もそのままにしていた。そのことを母はチョウさんに詫びたという。詫びるべきは私達日本国と日本人であるはずです。そのような差別をヨーコも受けたと言う。朝鮮から帰った人、朝鮮人を友として差別しない人を差別した日本が嫌いと言っておられた。そしてヨーコは日本という国がいかにおかしい国になっているか、自分はブッシュも大嫌いだけど、日本も好きじゃない、原爆の犠牲者(日本人だけではない)の慰霊のために来ているのだと。そして彼女の、米国で高い評価を受けた本はさっそく韓国で翻訳されて出版されましたが、いまだ日本では出版されていないという。ある日本の出版社はそんな本は日本では売れないといったとか。その本を送ってもらうことにしました。できれば日本語で出版されることを希望しています。
四国巡礼でチョウさんに出会い、この旅を知り参加した東京の井上さん、出版会社を経営していた彼は今はフリーターとしてこの旅に参加しておられた。彼は彼なりに生きてきた人生を見つめなおし出直すためにこの旅を歩んでいるのでした。
剃髪に黄色の袈裟をつけリズミカルなうちわ太鼓を打ち鳴らす日本山妙法寺のご住職の方々、反戦平和の現場にはいつも彼らの働きを見てきました。彼らの大先達の藤井日達上人はインドのガンジーに直接教えを受けた人々であり本当に息永く非暴力平和運動を続けておられる求道者たちです。今回のストーンウォークもアメリカの日本山妙法寺の働きかけも大きかったそうです。
彼らからいただいた小冊子『9・11は米国政府とイスラエルの自作自演??』は2003年3月11日(開戦8日前)に北米とカナダにラジオ放送した内容の翻訳ですが、驚くような事実が紹介されています。題目となる根拠がスタンレー・ヒルトン弁護士によって解明されていくのですが、彼は大統領候補にもなったことがある大物政治家ドール上院議員の元顧問として活躍した経歴をもつ敏腕弁護士で、ラジオ聴取者はヒルトン弁護士が何を語るか興味津々だった(中丸薫『世界はなぜ破滅へ向かうのか』文芸社より)といいます。この本はまだ全部読んでいませんが、はなから驚くような書き出しです。まあとにかくこの本を読んでみたい方はこのウォークに参加してください。またこの日本がいかに孤独な国になってしまっているかをより深く確認も出来るでしょう。またどうすれば良いのかもきっとつかめるのではと期待しています。
焼け付くような炎天下を8月4日ヒロシマ目指してすすむストーンウォーク参加の一人の感想です。
ここまで読んでいただいて感謝です。

    下関  鍬野 保雄
  
Posted by stonewalk_jp at 11:16Comments(2)TrackBack(0)

宇部のニュースのPDFをアップしました

ストーンウォーク宇部、小野田のニュースPDFをアップロードしました。

 ダウンロード  
Posted by stonewalk_jp at 06:46Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月21日

山口県の当面の日程の追加です

台車引きの人手がまったく足りません。ぜひご協力ください。当日飛び入り参加も大歓迎です。ご協力いただける方は、山口民医連(菖蒲;筍械機檻坑械毅機Fax359356)へご連絡ください。

7月22日(金)
9:00 妙蓮寺(山陽小野田市埴生上市)

10:00 津布田
11:00 梶
12:00 厚陽公民館
昼食・休憩
13:00 厚陽公民館出発
船越
新生町交差点
14:00 山陽小野田市役所
市長表敬訪問・休憩
15:00 山陽小野田市役所出発
17:00 小野田商工センター到着
終了後、宿へ移動


7月23日(土)
9:00 小野田商工センター出発
公園通り
若山公園

10:00 流川交差点
厚東大橋
中央市場
11:00 平原
居能駅前
宇部興産前
宇部新川駅前(ロータリー)

12:30 宇部市役所
市長表敬訪問・休憩
14:30 宇部市役所出発
15:30 松山町2丁目交差点
恩田
16:00 則貞
常盤公園入口
16:30 宇部南(山口宇部道路交差点)
江頭交差点・床波へ
17:00 西光寺(床波)到着
西光寺駐車場に置く

7月24日(日)
9:00 西光寺出発
吉田交差点
興産中央病院
10:30 丸尾
岐波
12:00 阿知須中学校前
山口へ引継ぎ
  
Posted by stonewalk_jp at 19:38Comments(0)TrackBack(0)

8月4日ストーンウォーク、ヒロシマでの詳しい日程

8月4日  庚午カトリックセンター 〜 原爆ドーム

11:00  庚午カトリックセンター出発
黒瀬から広国大生、30〜40名(最大60名)バスで到着・参加予定

12:00〜13:30   平和記念公園前(正面)昼休憩(90分間)
「休憩タイムの演奏」
1.ジェンベ(西アフリカの太鼓)演奏(演奏:心斎橋の堀越さん、哲平君)
2.ヴァイオリンとキーボードの演奏(演奏:波音)
                          
13:30         平和記念公園前出発→中央通り→福屋前交差点
               →紙屋町交差点→原爆ドーム前(14:30到着)
                 
15:00〜15:45 「クロージング・セレモニー」 場所:原爆ドーム前
(妙法寺僧侶の祈祷・太鼓、参加者の誘導、会場準備、歌詞カード配布)
1.和太鼓演奏(広島国際大学生徒さん2人の演奏)
2.開会(司会:広島国際大学の女子学生)
3.ストーンウォーク・ヒロシマ代表より挨拶(海老根さん)
4.ドット・ウォルシュさん挨拶
5.アンドレア・ルブランさん挨拶
6.広島市長による挨拶
7. HIPより本とカンパの贈呈
8.参加者全員による合唱 演奏:波音 曲目:ジョン・レノン「イマジン」(英語歌詞)
9.ヨーコ・カワシマ・ワトキンスさん挨拶
10.日本の市民からアジアの皆様へ(海老根さん)
11.碑石に向かい、全員で黙祷
12.ヴァイオリン演奏 演奏:山根啓太郎 曲目:バッハ「G線上のアリア」
13.閉会
14.ジェンベ演奏(心斎橋の堀越さん、哲平君)

 15:45〜17:00  原爆ドーム前→ 鷹野橋広島教会(約2km)


19:00〜21:00  交流会 場所:レストラン「ランデブー (Rendez-vouz)」紙屋町星ビル1F 広島市中区紙屋町1-6-9  Tel: 082-544-0955
参加予定:米国メンバー20名あまり
各県ストーンウォーク・スタッフ、メンバー
ストーンウォーク・ジャパンのサポーター(支援者)
ミュージシャン(波音、心斎橋の堀越さん、哲平君)
通訳ボランティア(HIPより数名) ほか
司会:畝河内さん(ストーンウォーク・ヒロシマ)
会費:3,000円(ワンドリンク付き)こども2,000円(ワンドリンク付き)
◇食事は立食形式です
◇ミュージシャンによる演奏があります
※ ストーンウォーカーや、ストーンウォークに関心のある方ならば、どなたでも参加できます。お誘い合わせの上、ご参加下さい(要予約)。
《予約連絡先》
電話: 070−5423−1454 (ストーンウォーク・ヒロシマ)
メール: s-walk-staff@junyx.net
(参加人数、お名前、ご連絡
  
Posted by stonewalk_jp at 12:41Comments(28)TrackBack(0)

2005年07月19日

いよいよストーンウォーク、本州にわたりました

猛暑のなか北九州を進んでいたストーンウォークは、今日午前中、下関の彦島埠頭へ到着いたしました。




そのときの模様を、下関の塩田さんのブログが紹介しています。

閑話休題ブログへ

塩田さんのストーンウォーク下関写真集

到着の様子のビデオ  
Posted by stonewalk_jp at 15:17Comments(1)TrackBack(0)

2005年07月18日

山口県の当面の日程です

ストンウオークに協力して下さる皆様

ストンウオーク、いよいよ北九州にはいり19日午前10時40分下関彦島にフェリーで到着します、不安な点が多いのですが一緒に歩い下さる方があれば下記の行程に従ってすすみますので少しの間でも結構ですからご参加、宜しくお願いいたします。


7月19日(火)の行程

荒田フェリー 乗り場 10:45 → 水門12:00→ 東大和町→ 市民会館12:40(昼食) 出発14:00 →下関市役所横防署駐車場15:00 到着・日和山労働教育センタで交流会18:30・宿泊


7月20日(水)の行程

駐車場 9:30 出発  → 関門人道入り口 10:30 → 日光うどん駐車場 11:30 → 下関美術館 12;10(昼食) → 長府駅 14:40 → 王司セブンイレブン駐車場 16:00
 → JA清末 16:30→日本キリスト教団小月教会 17:00到着 宿泊

7月21日(木)の行程

10:00出発 →サンデン営業所11:00 → ドライブインみちしお12:30→14:30 →妙蓮寺15:30

本日7月17日読売新聞の下関版にストーンウオークの紹介と、19日下関に入ること、ストンウオーカーなどボランテイアへの参加要請をしていることが報道されていました。


赤司暸雄
Eメール a-akasi@nifty.com
10フィート映画を上映する下関市民の会
ホームページURL
 http://homepage3.nifty.com/tenfeet/  
Posted by stonewalk_jp at 11:05Comments(2)TrackBack(1)

2005年07月17日

ついに北九州にはいりました

みなさん元気に北九州市八幡西区の光隆寺の境内に到着しました。

光隆寺にて



写真集はこちら  
Posted by stonewalk_jp at 17:50Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月15日

ストーンウォークに参加した若者の日記

広島から佐賀のストーンウォークに参加した若者の日記が広島のブログに掲載されています
http://blog.goo.ne.jp/tomokonet1012/e/0011074ad3921849d5a18cbb7bcff532



佐賀のストーンウォーク写真はこちら
http://www.geocities.jp/chikushijiro2002/swj/photosaga.html  
Posted by stonewalk_jp at 05:19Comments(1)TrackBack(0)