2016年06月25日

夏至のシャスタ山

夏至の日、ブルーの空に、白い姿が浮かんでいたシャスタ山

シャスタとシャスティーナの二つのピークが仲良く寄り添っています


 Shasta, 6-20-2016 011









シャスタ山と同じポーズの2本の木、

その姿がシンクロしている!

 Shasta, 6-20-2016 007
















シャスタ山にシンクロしているのは、木だけではありません、

今年に入ってから、何人もの方々が、シャスタ山に呼ばれた!と連絡をしてこられます!

「シャスタ山に行きたい!」 という自分の希望ではなく、

「シャスタ山に呼ばれ、、行かなければならない」

あらがうことができない、なにかをかんじるから、、


 Shasta, 6-20-2016 016
















魂からの声が、ひびいてくるのでは、、と私は思っています

自分のなかに潜んでいる、もっとも神聖で、美しい波動が

シャスタ山の振動と共鳴、シンクロするのだと、、、


今年も、また、白いシャスタ・デイジーの花がさいています

この花が氣になったら、

ハートの奥に潜んでいるかすかな声に耳をかたむけてください、、


 SBI Garden, 6-23-2016 016
























stoneybrookinn at 16:23|PermalinkComments(0)

2016年06月24日

夏至、聖なる朝日、2

クリシュナ神のあとは、いつもの観音様を庭にお連れしました

この朝、グリーンにそまった観音様がことのほか美しく、
カメラを持っている手も、緑色に染まってきました、、

 June 21, 6-20-2016 781






















朝のあざやかな光に浮かびあがる観音さま、

 June 21, 6-20-2016 756
























 June 21, 6-20-2016 742























しばらくすると、観音様は、慈悲深い表情でたたづんでいられました

 June 21, 6-20-2016 731






















かすかに口もとが微笑んでいらっしゃる、、

 June 21, 6-20-2016 661






















お顔の表情がかわっていかれ、、

 June 21, 6-20-2016 683
















慈愛があたり一面にただよい、

 June 21, 6-20-2016 682
















神秘的な氣につつまれてきました

夏至の朝日は、いつもより大きな愛となって、
地上に降りそそぎ、庭はやさしい光にみたされていました


 June 21, 6-20-2016 681



























stoneybrookinn at 08:20|PermalinkComments(0)

2016年06月22日

夏至、聖なる朝日、1 

日本では、6月21日ですが、
カリフォルニアでは、夏至は6月20日

この朝、聖なる光が差し込み、幻想的な雰囲気に魅了されました

珍しく、クリシュナ神が庭へおいでになり、
天界のフルートの音がきこえてくるようでした


 June 21, 6-20-2016 521
























 June 21, 6-20-2016 530



























 June 21, 6-20-2016 472























 June 21, 6-20-2016 361























 June 21, 6-20-2016 344






















インの守り神、猫のガネーシャ

朝日をみつめています

 June 21, 6-20-2016 404






















ポプラの木々から差し込む、聖なる光

魂が喜びでふるえます、

 June 21, 6-20-2016 442














stoneybrookinn at 06:36|PermalinkComments(0)

2016年06月17日

2016年、夏至にむけてのたいせつなメッセージ

2016年、6月21日は夏至の満月です

宇宙と地球の関係において、とっても大切な日が近づいてきています

この日に向かって、どのようにすごしたらいいのか、、

今回は、古神道家の礒正仁氏のサイトから、今年の夏至の意味を引用し、みなさまにご紹介させていただきます。

夏至まで、あと数日間、

自分の魂の声を聞いて、生きてゆく、真実の時代の夜明けを迎えています!






第1話-『宇宙の時間』


世界で一番正確な宇宙と同期した時間を持つといわれる先住民族の伝承によれば、およそ13,000年間続いた『分離の時代』を経て、2012年の冬至を境に私たちの太陽系は『統合の時代』に向かって舵を切ったと言われています。

彼らの預言によれば 、「青い星」が空を駆け抜ける時、分離から統合の時代への移行期が始まり 、「赤い星」が空に現れる時、統合の時代へのシフトが完了すると伝えられてきました。

多くの人々はその預言を信じませんでしたが、2007年10月24日、実際にアリゾナ州セドナの夜空を真っ青なホームズ彗星が走ったのです。

 McLoud Lake, 5-15-2016 473

















彼らはまた2012年冬至点を中心に、前3年半を『夜明けの朝』、後3年半を『夜明けの晩』と伝えています。

『夜明けの朝』とは「自分の中に目覚めの感覚が生じる期間」いわれ、「今までの時代と何かが変わった」ことを感じながら新たな時代に向けて自らの周波数を調律していく時。『夜明けの晩』とは「暗闇の中にある光(真実)を見出す期間」で、これまで隠されてきた真実(真我)に光が当り始める時と言われています。

 McLoud Lake, 5-15-2016 398
























「自分の中」「現象界」「目に見えない世界」この3層はリンクして動いています。

自分の中の真実に光を当てるということは、これまで籠の中に閉じ込めていた、出逢ったことがない自分にどんどんと光を当てていくこと。


 SBI Garden, 5-21-2016 044
















そして、闇の奥に隠していた本当の光(自分自身)を見出していくチャレンジが、夏至の日(新たな夜明けのゲート)までに行われるのであれば、それに対して宇宙は全面的にサポートのエネルギーを送ってくれるのです。


 SBI Garden, 5-21-2016 045



















『夜明けの晩』に本当の自分と出逢うこととは、自分がこの地球で実現させたかった真の想い・自分自身の中に眠っている未知なる才能と出逢うことを意味しています。

 & Garden, 6-7-2016 207
























今回の夏至の瞬間を誰よりも待ち望んだけれど、既に魂が肉体を離れ天に戻った私の親友である先住民族の長老はこのように語っていました。

『 新たな時代への潮流の中で大切なことは、(それが一番良い方法だと信じて)全てを自分でやろうとするあり方(誤解)から自分自身を解き放つことだ。自分が望む結果よりも、遥かに偉大な結果へと天が導いてくれるということを信じて委ねられるか。それは、また宇宙時間への回帰の大切さを意味している。』


  Jesus, 6-6-2016 228























そのためのキーとなるのが、自らの中に「真の女性性を蘇らせる」ということだと思います。

真の女性性とは

『天の愛を受けとる在り方であり、天に導かれながら生きていくということ。』


 CC,  5-24-2016 661






















宇宙には天が意図した「ひふみの法則」というものがあります。

無意識に統合の時代を生きていた時代(ひふみの「ひ」=源)から、我々は「個」の体験を重ねるという分離の時代(ひふみの「ふ」=分離)を過ごしてきました。そして、今、まさに私たちは「生」の本来の目的を想い出そうとしているのです。(ひふみの「み」=意識をもって統合の時代を生きていく)。

『全ての生命(いのち)が響きあう場所で天に導かれて愛を生きる。』

 Wild Forest, 5-24-2016 598


























競争やエゴ、自分(たち)さえ良ければ、今さえ良ければ、という世界ではなく、皆がひとつの真実の方向に向かって響き合う、「大いなる循環」の中で自らの輝きを活かしていく時代の到来。

統合の時代へとシフトする今このとき、宇宙時間の中で、自分の輝きを、自分の中心で、真の女性性を取り戻しながら神の子として蘇る。天と自分の魂との約束を果たす時が今まさにやって来たのです。

自分自身を籠の中に閉じ込めているのは、「自分のやり方こそがベストだ」と信じ込んでいる自分自身なのです。その観念を一旦天へと戻して、認めたくない自分やもう二度と感じたくはない感情と再び出逢い、向き合い、その奥に在る、分離の時代には成しえなかった

『自分の中にある本当の想いや愛と繋がりなおす。』

そういうチャレンジを体験することが、閉じ込めた籠の中から輝ける自分自身を解き放つことにつながっているのです。


 CC,  5-24-2016 554























『かごめ、かごめ。』

籠の中のとりとは、いつ出逢うのでしょうか?
とりとは神の象徴。籠の中に閉ざしてしまった自分(真我)は、いつ神の子として蘇るのだろう?

夜明けの晩に。
2012年冬至〜2016年の夏至までの3年半。その最終段階。まさに「今」なのです。

 Hedge Creek Falls, 6-9-2016 310






















鶴と亀が統べる。自分の中の光と闇。男性性と女性性。内なる天と大地の統合。

『天からのまったき光と自分が閉ざしていた闇の向こうにある本来の輝きが統合されたときに真の才能が蘇る。神の子としてこの統合の時代を生きていきたい。』

そんな魂の切なる想い。2012年12月21日冬至、そして2016年6月21日の夏至という大きな転換点をまたぐ人生を選択して、このタイミングに生を望んで地球にやってきた我々の魂。

だからこそ我々の今回の人生は、その前半戦で『分離』を生きるように仕組まれていて、人生のある時から、内から湧き上がる問題意識と変容への欲求によって、「やっぱり愛を、そして真実を生きたい」という根源的な想いへと導かれるのだと感じます。

 Hedge Creek Falls, 6-9-2016 501














「今」のためにすべての過去はある。

夏至に向けて残された貴重な時間。
過去の痛みや誤解を、この場に立ち止まるに使うのではなく、新たな時代を生き抜いていく糧とする。
自分自身をどこまでも許し、さらに楽により自由な自分に変容させていくチャレンジを重ねていきたいと考えています。


礒 正仁(いそ まさひと) 

 iso_profile













古 神道実践家・投資家。

物質的な欲望を満たした先に感じた虚しさから、魂が真に求める在り方への探求が始まる。「永続的な自由と悦びとは?」。熊野をベース に10年に及ぶ古神道の修行と実践、そして世界各地の先住民族との交流を行いながら「宇宙と共振し、大自然と共生する生き方」を目指す。国内外の聖地での 御神事を繰り返し、講演会・ワークショップを通じてその体験を分かち合っている。同時に、20年以上に渡り、香港で証券・金融会社を経営する中で、「永続 的な自由と悦び」に通じるお金との付き合い方、新たな価値創造を目指して、持続可能な地球を生み出すための投資ファンドを主宰・運用している。



stoneybrookinn at 11:16|PermalinkComments(0)

2016年06月15日

McCloud River

マックラウド・リバー、上流

初夏、川は緑に変身し、おだやかに流れています

 CC 6-8-2016 135















川にアクセントを加える積み石、

 CC 6-8-2016 002














2年つづきの旱魃の後、今年は水量が増し、

ほっと安堵の一息をつきながら、川のなかを歩きます

 CC 6-8-2016 024
























この川岸に座って、流れをみているうちに、

「実はね、」と本音がとびだしてきます、


 CC 6-8-2016 011














その本音がでてくると、川の風景が変わってゆくことに、私たちは氣づきました、

どんどん、川が美しくなってゆく!


 CC 6-8-2016 093


















 CC 6-8-2016 003

























人間のこころのちりやほこりが水の生気に流され、

体が軽くなってくると、自然がいつもより、美しくみえてきます、

また、そんな人間をみつめている川も共振して、

さらにその深い神秘をみせてくれるのではないでしょうか、、


 CC 6-8-2016 130























 CC 6-8-2016 059







stoneybrookinn at 10:32|PermalinkComments(0)

2016年06月14日

6月の朝日にかがやく観音様

この朝、ほかの観音様の像も朝日の庭にお連れしました

黄金色の朝の光を浴びられ、

観音様や龍神様が飛び出してこられたような朝でした

 & Garden, 6-7-2016 181























 & Garden, 6-7-2016 192
























 & Garden, 6-7-2016 191























 & Garden, 6-7-2016 206

























 & Garden, 6-7-2016 084




























 & Garden, 6-7-2016 091


























 & Garden, 6-7-2016 111





















 & Garden, 6-7-2016 082
























 & Garden, 6-7-2016 144



















 & Garden, 6-7-2016 178

stoneybrookinn at 07:51|PermalinkComments(0)

2016年06月11日

6月の聖なる朝日

6月にはいり、いよいよ初夏をむかえています

朝、6時すぎ、東の空から朝の日がインに差し込んでくると、

聖なる光の時間がはじまります!

 SBI,  6-7-2016 295



















立ちひざをされている観音様

神々しい姿があらわれました、、

 & Garden, 6-7-2016 246

























 & Garden, 6-7-2016 262
























 & Garden, 6-7-2016 254






















 & Garden, 6-7-2016 245






















くもの巣が光曼荼羅を作り上げています

天界が降りてきた、朝

夏至にむかって、

新しい光のサイクルがおきています

 & Garden, 6-7-2016 217






















 & Garden, 6-7-2016 199






















 & Garden, 6-7-2016 196


stoneybrookinn at 10:24|PermalinkComments(0)

2016年06月10日

初夏のシャスタ山

白い積雪が残っているシャスタ山

穏やかな姿を青空のなかに見せてくれます

 Shasta, 6-1-2016 003













Bunny Flat, シャスタ山の5合目あたり

パーキング場付近には雪はありません


 Shasta, 6-1-2016 009















パンサーメドウズへのゲートが開くのが、7月1日

アスファルトの道路にはまだ雪がのこっています

 Shasta, 6-1-2016 019




















バニーフラットから山に向かって登ってゆくと、

すぐ足元に雪がみえてきます

 Shasta, 6-1-2016 023
















登るにしたがって、積雪はまし、

あたりはまだ、雪原です

 Shasta, 6-1-2016 042
















パンサーメドウズまで歩いていかれた方のお話をうかがうと、

あたりは雪一色で、積雪は深いそうです

7月まで後20日あまり、これからどんどん雪がとけていくのでしょう、

今年にはいって、シャスタ山からの愛のエネルギーが大きくなっていくように感じます

どうぞ、その愛を受け取りにきてください!

 Shasta, 6-1-2016 026


















 Shasta, 6-1-2016 035









stoneybrookinn at 07:25|PermalinkComments(0)

2016年06月07日

Squaw Valley, McCloud River, 不思議な空間 3

太古の水、、、
やっぱり、、、、、

私は足元の澄んだ水をのぞきこんでいました、、

水に映し出される光が幻想的にうきあがってきます、

 Squaw Valley, 6-1-2016 030

















浅い流れを楽しんでいる、石のスピリットがまぶしい、


 Squaw Valley, 6-1-2016 007



















清らかな水は、だんだん大胆に動き始め、

あたりを大きなエネルギーの場へと変えてゆきます


 Squaw Valley, 6-1-2016 006





















川の水と親しむ緑の葉

みていると、ホッとして、肩の力がぬけてゆく、


 Squaw Valley, 6-1-2016 009
























シンプルなグリーンの葉

純粋な水にひたり、キラキラと葉の精がよみがえる、、


 Squaw Valley, 6-1-2016 052























やわらかな愛に満ちている小さなクリークの流れ

 Squaw Valley, 6-1-2016 047























このクリークはスクアウーバレイの木の橋に向かって流れてゆき、


 Squaw Valley, 6-1-2016 159
























マックラウド・リバーへと合流していきます


 Squaw Valley, 6-1-2016 040


















この清らかな流れをさかのぼってゆくと、

マックラウドの町を流れている小さなクリークにゆきつきます


 SBI Garden, 5-59-2016 096



















こちらのインの横にある鉄道の線路沿いを流れ、

パンサー・クリークという名がついています

シャスタ山の聖地、パンサー・メドウズからの雪どけの水とともに、

深い地下から湧き上がる太古の水がともに流れでてきています

泥を含んだ雪どけの流れは、下流、スクアーバレイで、その純度を高めています

今年、スクアーバレイが気持ちがいいのは、

シャスタ山の愛のエネルギーがさらに広がり、

雪どけの水にとけ、流れでているからではないでしょうか、、?


 Squaw Valley, 6-1-2016 126





stoneybrookinn at 15:03|PermalinkComments(0)

2016年06月05日

Squaw Valley, McCloud River, 2、不思議な空間

今年になって、幾度も降りてくる、なんともいえない空気感がまた、ここにもある、

体の感覚が希薄になり、意識がひろがってゆく、心地よさ、

大きな緑の葉のスピリットが、いつもより近く感じられる、

 Squaw Valley, 6-1-2016 136




















光が透けるグリーンの葉は、美しさをまし、、

ダイナミックに上へ上へと向かってゆく、、

 Squaw Valley, 6-1-2016 134






















 Squaw Valley, 6-1-2016 139
















その根からは、さわやかな初夏の喜びがあふれでています、


 Squaw Valley, 6-1-2016 070
























その緑と光の空間で、ふっ〜〜と意識が遠のいていくのですが、

緑に染まる水の流れに、神秘的なパワーが宿っているのがわかります、、


 Squaw Valley, 6-1-2016 120






















大きな葉が一枚、流れに遊び、

私は川のなかへ足を踏み入れました、


 Squaw Valley, 6-1-2016 025





















すっ〜と、次元をこえてゆくような不思議な感覚が足からのぼってきて、

これはなに?と疑問に感じている私に

その大きな葉がやさしく、こたえてくれました、

ここには、太古の水が、流れています、、


 Squaw Valley, 6-1-2016 017





















stoneybrookinn at 11:28|PermalinkComments(0)

2016年06月04日

Squaw Valley, McCloud River, 1 不思議な空間

「どちらが一番よかったですか?」
シャスタの自然を堪能されているゲストにおききすると、

「スクアウー・バレイ!」とこたえるかたがたがふえてきています

今までなら、キャッスル・レイクとか、シャスタ山等をあげられることが多かったのですが、、、

どんなにすばらしいのか、先日、私はスクアーバレイへ行ってみました

すると、そう、確かに、氣がちがいます

野生的で、森全体が大きくなっていました、

川もさらにダイナミックに流れ、

いつも見ている岩は、人の顔のようにみえて、不思議な感覚におそわれました、、

ここは一体、どこなのかしら、、?


 Squaw Valley, 6-1-2016 159
























 Squaw Valley, 6-1-2016 171






















 Squaw Valley, 6-1-2016 179























 Squaw Valley, 6-1-2016 183






















 Squaw Valley, 6-1-2016 177











































stoneybrookinn at 13:13|PermalinkComments(0)

2016年06月02日

ゴールドの朝日をあびて

うわぁ〜、今朝の朝日、すごい!

6時過ぎ、私は通りへ飛びだしました

 SBI Garden, 5-59-2016 187






















インのゲストの方々が輝く朝日を写真にとっています

 SBI Garden, 5-29-2016 205


















そのうち、光はふたりをすっぽりと包み込み、

 SBI Garden, 5-29-2016 203




















 SBI Garden, 5-29-2016 204






















ゴールドの光にハートをひらくと、さらに光がふりそそいできました

 SBI Garden, 5-29-2016 212
















光のシャワーをあびたあとは、

自然に感謝の気持ちがわいてきます

彼女の美しい後ろ姿に、私は手を合わせていました、

あたり一面、至福のよろこびにみたされていました

こんな朝に出会えた喜び、すこしでも、お伝えできればうれしいです


 SBI Garden, 5-29-2016 217


stoneybrookinn at 08:51|PermalinkComments(0)

2016年05月29日

やさしさにつつまれている野生の森

今年初めて訪づれた野生の森

ここにも大きな変化が起きていました

森林の伐採、旱魃、人気と、さまざまな要因が重なり合い、高い森の木々は枯れはじめていました

でも、森は目がさめるようなあざやかなグリーンに染まり、
足を踏み入れた瞬間から、ハートにしみいるやさしさがひたひたと流れています

厳かな氣が流れている森の神殿は、妖精の森へと姿を変えていました


 Wild Forest, 5-24-2016 049

















だれかいるの、、?
がさがさと音をたてて歩いていけないほど、あたりはひっそりと静まりかえっています

ゆっくり、深く息を吸いながら、森の中にはいっていきます

 Wild Forest, 5-24-2016 014

















大木の一息、一息が聞こえてきそうな気配がして、

失礼します、入らせていただきます、

姿なき存在にこころのなかであいさつをしていました

 Wild Forest, 5-24-2016 005

















足元に広がる、みずみずしいグリーンがほほえんでいます


 Wild Forest, 5-24-2016 022












大木が消えてゆと、下草のスピリットがよみがえり、また新たな森が再生してゆく、


 Wild Forest, 5-24-2016 023












空を見上げる高い木々から、
地面をおおいつくす、やわらかい緑の葉が森の主役に代わっています

 Wild Forest, 5-24-2016 035





















葉っぱにぶらさがっているのは、人の目に触れたことのない純粋な露の精

 Wild Forest, 5-24-2016 035






















野生のベリーの白い花

その何気なさに、おもわず、胸がじーんとしてきます


 Wild Forest, 5-24-2016 138























見つめていくと、消えそうになった小さいつぼみ

野生の森は、かぎりないやわらかさとやさしさにつつまれていました

短い期間に早いスピードで剛から柔へとかわってゆく森にびっくりしましたが、

また、その変化の美しさにもハートがふるえています、、


 Wild Forest, 5-24-2016 156






























stoneybrookinn at 18:49|PermalinkComments(0)

2016年05月28日

McCloud Falls, マックラウドの滝、Lower Falls

マックラウド・リバーには3つの滝があります。

優雅な円形を描いて流れるのは、Lower Falls

美しい滝の姿はかわらないのですが、周囲に変化が起きていました


1 Lower Falls,  5-24-2016 022














大木が倒れ、滝をかたちづくる大きな岩の上に横たわっています

 Lower Falls,  5-24-2016 025















整然とした風景にひびがはいり、雑然とした氣があたりに流れていました

 Lower Falls,  5-24-2016 033






















旱魃で水流が極端に減っていたのですが、

今年、滝のそそぐ急流はその豊かさを取り戻し、いつもより野生的になっています!


 Lower Falls,  5-24-2016 160
















 5-24-2016 158















自然は変わってゆく、

同じ滝風景は一度もなかったことに氣づかされています

流れがダイナミックになり、岩をくだき、木々にぶつかりながら、

下流へと力強くむかってゆく、


 5-24-2016 181















岩に座って静かに瞑想するスポットが、

おおきくゆれ始めています

今、ここにくると、自分のなかの混沌がとびでてきそう、な感じがしています

そして、どんどん急流のなかに消えてゆく、

大きな浄化が起きていることを、森のなかの滝がおしえてくれました


 5-24-2016 164


stoneybrookinn at 16:43|PermalinkComments(0)

いきいきとしている庭の花


インの庭には、鮮やかな色の花が明るいオーラを放っています

元気に咲いている様子をご紹介させていただきます

 SBI Garden, 5-21-2016 003





















夕日が差し込むレンガの通路には、可憐な赤い花が咲いています


 SBI Garden, 5-21-2016 033
























 SBI Garden, 5-21-2016 039
























ちかづいていくと、小さな花の大きな生命力にひきこまれていきます

 SBI Garden, 5-21-2016 012






















 SBI Garden, 5-21-2016 013





























 SBI Garden, 5-21-2016 030























ピンクの石楠花の花


 SBI Garden, 5-21-2016 056
























 SBI Garden, 5-21-2016 083



















庭の水まきが始まっています

 SBI Garden, 5-21-2016 103























 SBI Garden, 5-21-2016 105


















Snow in summer, 夏の雪というすてきな名前がついた花

その白さがあざやかに光っています


 SBI Garden, 5-21-2016 150



stoneybrookinn at 07:42|PermalinkComments(0)

2016年05月27日

観音様にあたる朝の光

観音様に朝日が差込み、

あたりは聖なるエネルギーの園となりました


 5-24-2016 504


























 5-24-2016 472






















 5-24-2016 478























 5-24-2016 488
























 5-24-2016 501













stoneybrookinn at 05:16|PermalinkComments(0)

2016年05月23日

注文したパイがでてこなかったら、、

庭に咲いた白いはなみずきの花、
今年は清楚というより、形にはまらず、野生的!
その花が、きらきら輝くピンクのオーラにみちて、私たちに語りかけてきます

愛のなかにいて、 ただ、それだけ、なにも考えずに、、

 McLoud Lake, 5-15-2016 098
















ある日、Yrekaの街にあるファミリー・レストランに入りました

ここでのお目当ては、ブラック・ベリー・コブラー、まあるい容器がかくれるほど、パイ生地につつまれた、大きな甘いパイ!直径15センチくらいあります。

甘いものが苦手なYちゃんは、小さめのアイスクリームを注文し、わたしたちは、コーヒーブレイクを楽しんでいました。

オーダーしたパイの上には、バニラ・アイスクリームの大きなスクープがどーんとのっていて、おもわず!その迫力に、

おお〜〜、という歓声を挙げたわたしたち、、

一口、食べてびっくり!「あれ!!??これはピーチじゃない!」
Yちゃんは、「ちょっと言って、代えてもらったら、どうですか?」と声をかけてくれたのですが、

「いいの、これで、!」と私はそのまま、ピーチ・パイをたべました

ハートのなかで、「愛のなかにいて!」あのはなみずきの花の声がどこかから聞こえてきたから、

そういえば、たんぽぽの綿毛も、同じように風のなかで、歌っていた!


 Morning & Evening Sun, 5-11-2016 179




















食べかけのピーチパイを見たウエイトレスの女性は、びっくりして

「あれ、ブラック・ベリーじゃない!」
「いいの、いいの、これで」と私は答えたのですが、彼女は、頑として、
「パイを区別している旗がちがっていたみたい、ごめんなさい、ブラック・ベリーをもらってくるから!」

「いいのよ、もう食べたんだから!」と言っても彼女は聞かず、キッチンへと向かっていきました。

「はい、これ!」と差し出してくれたのは、大きな持ち帰り用のボックス!


 SBI Garden, 5-21-2016 154




















なかには、おいしそうなブラック・ベリーのパイがはいっていました!

ピーチも食べて、その上ブラック・ベリーもお土産にいただいた私たちは、
インにもどり、そのスイートをお世話になった方に差し上げました

「いただいた愛を、差し上げます!」

おいしかった!ありがとう!とその方にお礼を言われたとき、暖かい愛がぐるぐるとめぐってゆく、心地よさにわたしたちのハートが震えていました


 SBI Garden, 5-21-2016 164

















注文した物がちゃんと来ていたら、こんな愛のチェーンは起こりませんでした、

たかだか、パイひとつじゃないか、と言われかもしれませんが、私には、とても深遠な宇宙からのメッセージのように映りました

自分が望んでいるものは、とても小さいもので、宇宙の愛はもっと大きいスケールでわたしたちに語りかけているのではないだろうか、、

自分の望み、期待、願望を横において、宇宙の愛に耳をかたむけると、ダイナミックな愛の車輪のなかにすべりこんでいくようです


 SBI Garden, 5-21-2016 009
























色彩豊かなレインボーの世界となっている今、

自分好みのカラーを手放すと、美しい愛の次元のベールがあくようです


 SBI Garden, 5-21-2016 045




stoneybrookinn at 04:02|PermalinkComments(0)

2016年05月21日

マックラウド・レイク、宇宙がおりてきた光の次元

マックラウド・レイクを見下ろすように走るドライブウェイ、

ふりそそぐ夕日が、何気ない道端の草を、高貴な姿へとよみがえらせていきます

 McLoud Lake, 5-15-2016 402



















湖面におちた光が一斉にかがやき、ささやき始め、


 McLoud Lake, 5-15-2016 476
















夕日をうけて、楽しいおしゃべりが聞こえてくる岸辺の木々

 McLoud Lake, 5-15-2016 438

















宇宙が降りてきた湖水は、まるで光そのもの、

 McLoud Lake, 5-15-2016 473


















湖に落とした光の道

 McLoud Lake, 5-15-2016 443





















だれかしら、、?

人の影にも、宇宙が降りてきていました、、

 McLoud Lake, 5-15-2016 518






















レイクからの帰り道、

もう一度、まぶしい姿を見せてくれた神々しい太陽

 McLoud Lake, 5-15-2016 535























宇宙の扉があき、

さあ、どうぞ、と声が聞こえてきました

カメラにおさまらい光の次元におどろき、

出会ってしまったうれしさに胸がふるえる、、

 McLoud Lake, 5-15-2016 540















待っていたのは、森にかこまれ、微笑んでいるやさしいシャスタ山

夕日に導かれた、異次元へのトリップがわたしたちに変容をもたらしています

 McLoud Lake, 5-15-2016 557









stoneybrookinn at 08:57|PermalinkComments(0)

2016年05月19日

マックラウド・レイク、広がるグリーンの世界

マックラウド・レイク

夕日を追いかけたら、そこは美しいグリーンの世界が広がっていました

 McLoud Lake, 5-15-2016 225




















 McLoud Lake, 5-15-2016 202






















 McLoud Lake, 5-15-2016 216





















 McLoud Lake, 5-15-2016 206























 McLoud Lake, 5-15-2016 209



















 McLoud Lake, 5-15-2016 204

















 McLoud Lake, 5-15-2016 212

stoneybrookinn at 13:30|PermalinkComments(0)

2016年05月11日

シャスタの龍神様からのメッセージ、2

2014年、2月、世界旅行の支度をと、沢山のプレゼントを贈ってきてくれた彼女から、あるお知らせがきました

母から、直接そちらにメッセージが届きます、

今まで、「母から言われたので」という前書きがいつもありました。彼女のお母さまはチャネラーで、そのお母さまの言葉にしたがって、世界の聖地を娘さんが訪問されていたそうです。

日本から、見も知らぬ私に、ただならぬ大きな愛を送ってくだっている方の存在をあらためて感じ、水の精霊、龍神さまからの伝言を待ちました


 May rain, 5-7-2016 061























しばらくして、ギフトがはいっているダンボール箱がこちらに再び届きました。その中に一枚の美しいカードがはいっていて、

美しい文字で、ただひとこと、、

「愛を送ってください、、」


 May rain, 5-7-2016 028





















そのあまりのシンプルさに脱帽でした、

龍神様からいろいろなお言葉があるのかしら、などと想像していた私でしたが、こんなにストレートにハートに直球を投げられるとは!

わかっていたことでした、でも、やはり、ハートにジーンと響いてくる、

しばらく、私はそのカードを手にとり、その波動を感じていました


心のひだを通り越し、深い、深いところから、静かな波の音が聞こえてくる、

それにまるごとつつまれ、深い海のなかへと沈みこみ、消えてゆくような感覚が湧いてきました

ありがとうございます、ただ、ただ、感謝の涙がこぼれてくる、


 May rain, 5-7-2016 016
























シャスタは、水の郷、その純度はかぎりなく高く、まさに神の水、

その聖なる水をのむと、体の弱っていた細胞が瞬時でよみがえるほどの浄化力が潜んでいます

龍神さまは、その聖水からのその恩恵を、世界の人々と分かち合いなさい、と告げてきています

世界へとあふれる愛が流れてゆくときが来ています

シャスタに住んでいる人々、あるいはシャスタを通して愛をまなびつづけている人々は、

今、その愛を他の人々とシャアするときがきています

シャスタという音魂がハートに響く方々に、私がいただいた同じメッセージが送られています

シャスタの龍神様からの氣を感じたら、どうぞ、深く感じてみてください

あのスイスからのカップルも、きっとどこかでシャスタの水の精霊の声をきいて、こちらに来られたのでしょう!

世界のどこかに、自分たちと同じ魂の人がいる、その人々に会いに行こう!

お母さまの言葉に従って世界を旅されているその日本人の女性の方も、スイス人のカップルも私を探してくれました、そして、すばらしい、光の出会いが起こりました、、

今度は、世界へ、私がそのような人々を探しに行く時がきているようです、

ひとつの源から分かれでている魂の姉妹・兄弟たちとの再会がはじまります


 SBI Garden, 5-4-2016 063


stoneybrookinn at 16:51|PermalinkComments(0)