2016年12月06日

シャスタの人の魂にふれて

線路はインの左隣にあり、機関車の最後の姿をみる人々がかけつけていたので、
その朝、普段ではみかけないトラック等が止まっていました

面識のない町の人々が、どんな気持ちで去り行く列車をみているのか、
みんな、どこか、なんともいえない寂しい気持ちがしている、

列車にうとい私でも、どこか、こころに穴があいたような、うつろさをかみしめていました

でも、ワニタ以上にその寂しさをかみしめている人はだれもいない、

2011年6月まで、10年間、彼女はこのインでマネージャーとして、働いてくれました

 Train & Morning Sun, 10-21-2016 097












彼女のフィアンセは、かつてこの機関車の操縦士でした

69歳同士の再婚、私達は、彼女の幸せを心から祈っていました

時々、寂しそうな表情をしていた彼女が、彼との出会いから、パ〜と開いた大輪の華のようなオーラをたたえ、ほんとうにうれしそうに結婚式の日を待っていました

インの常連ゲストも招待されていて、7月初旬には、みんなシャスタで大集合ということになっていました

ところが、彼は心臓発作で突然なくなってしまいました

 Castle Lake, Morning Garden, 10-20-2016 453













彼女は機関車が動き出した前日、ひとりで写真をとりに来ていました

私は、ただ、そっと彼女の背中に手をそえて、あいさつしました
ことばがでてこない、

5年経った今でも、彼女がどんな気持ちでいるのか、痛いほどわかります、

二人だけの大切な思い出をじゃましたくない、

 Castle Lake, Morning Garden, 10-20-2016 420















夏の暑い夜、脳溢血で倒れた彼は、ヘリコプターでReddingの街の病院へ運ばれました

結婚式を目の前にした彼女がどれほど、びっくりして、こころをいためたのか、、、

「わたしたちには、もうあんまり時間がないの、、」

結婚を急ぐあまり、疲労している彼女に、もっと時間をかけて準備したらいいのに、と私はおもっていました

そんなに急いだら、ふたりとも、結婚する前に、倒れてしまうかもしれなじゃないの、、

でも、手をとって幸せに向かって走ってゆく二人をだれも、とめらない、

 Castle Lake, Morning Garden, 10-20-2016 450












集中治療室から、病院の小部屋に移った彼は、ドクターに言ったそうです

「ぼくらは結婚するんだ、、」そういいながら、リハビリが始まるのを待ち望んでました

半身不随になった彼の看病で、毎日病院に通う彼女が、自分のアパートに戻ったら、
病院から電話がはいったそうです、、「亡くなられました」

彼は、点滴をすべて自ら取り払ってしまった、とのこと、、

そのため、自殺じゃないか、といううわさが立ちました

あまりの悲しみに彼女は声もでない、そんな彼女をなぐさめようと、私は
彼の死の真相がしりたくなりました

「どうして、こんなことになったのか、、」

亡くなられた直前は、まだ彼の魂はショックで、アクセスできない状態でした

しばらくして、落ち着いてきたので、私は彼のソウルにたづねることができました

すると、こんな答えが返ってきました

「自分はだいじょぶだと思い、生きようとしたから、点滴はいらないと思い、はずそうとした、、」

ああ、やっぱり! 彼は自殺じゃなかった、早く回復して、婚約者の彼女と結婚式を挙げたかったのだ、、とわかりました

彼女にこのことを告げるのに、かなりの時間が経ちました、

彼女が落ち着いてきたとき、何気なく告げたら、おおきくうなづき、
「自分もまったくそう思う、、」と微笑んでくれました

自殺じゃない、生きようとしたから、看病してくれるフィアンセに悪いと思い、なんとか、自力で回復しようとした彼

これがシャスタの人の魂か、

彼女の愛にこたえたい、その彼の熱い想いが伝わってきました

そして、その彼を今でも、大切にしている彼女がいます

走り去る最後の機関車を遠くからじっと見送っている彼女

そのハートのなかに、まだ、生き続けている彼、

彼らの愛は、地上をこえ、天界でつながり、これからも、つづいていくことでしょう、、永遠に

そんなステキな愛に会えたワニタ、今はとても元気です


 Castle Lake, Morning Garden, 10-20-2016 440















stoneybrookinn at 16:33|PermalinkComments(0)

2016年12月05日

町の名物・機関車の最後の姿

この町、McCloudは1世紀前、人口3000人、木材の町として繁栄していました。
ひとつの木材会社にすべての住民が勤務し、その家族の生活をささえていました。
映画館、病院、食料品店、学校、などがあり、生活必需品は、ほぼ町のなかでまかなうという自給自足に近いコミュニティーだったと聞いています

1980年代、映画、スタンド・バイ・ミーの舞台としても、知られています

廃線になっていた町の機関車が、何年かぶりに、動きました

10月21日、紅葉が見事な朝、機関車は最後の姿をみせてくれました

 Train & Morning Sun, 10-21-2016 054

























 Train & Morning Sun, 10-21-2016 089

















長い間使われなかった廃線線路には草がはえ、その除草に時間がかかります


 Train & Morning Sun, 10-21-2016 067

















機関車の最後の雄姿をみようと、町の人々がやってきました

Train & Morning Sun, 10-21-2016 008














機関車を見送る人々

列車の町として知られていたこの町は、すでに歴史の一ページとなっています

数年前から、この町はヨガの郷として、知られるようになってきています

町の人々は時代の変遷をかみしめ、新しい時代への幕開けをまっています


 Train & Morning Sun, 10-21-2016 029
















stoneybrookinn at 18:07|PermalinkComments(0)

2016年12月04日

シャスタの聖なる朝日、光をあびられる観音様

11月6日に夏時間から、冬時間になりました
7時ごろ、ようやく明るくなり始めます

ブレックファーストをつくっていると、朝の光がダイニング・ルームの窓から降り注ぎ、あまりのまぶしさに手をとめます

 QY, 11-16-2016 069
















ポプラの木々の間から差し込む、ゴールドの朝日

 QY, 11-16-2016 005



















天界の光となり、あたりをまぶしく照らしてゆきます

 QY, 11-16-2016 007





















ふと、観音様の氣をかんじ、
ホールの廊下にいらした観音様の像をお連れしました

 QY, 11-16-2016 033























観音様のシルエットが浮かび上がる

 QY, 11-16-2016 047






















朝の光をあびている観音様の写真をとりはじめると、
私の周囲にいた人々は、だまって姿をけしていきます

だれもなにも言わない、
その小さな像が聖なる光をあびて、起き上がり、
あたり一面、神々しくなってゆきます


 QY, 11-16-2016 019























 QY, 11-16-2016 057






















人もまた、聖なる光をあびて、観音様にちかづいてゆく、

そんなまばゆい朝のひととき、
すべてが、天界へと吸い込まれてゆきます

 Shasta, 11-8-2016 023

stoneybrookinn at 11:04|PermalinkComments(0)

2016年12月02日

すがすがしい白いキャッスル・レイク

キャッスル・レイクの湖畔

先週降った雪が湖畔を白く染め上げています

雪が深い、ズボッと足がとられながらも、
透明感あふれる風景に、ふっ〜と息をすいこむと、たまらなくきもちがいい!

すがすがしさが体中をかけめぐり、寒さはもうどこにもありません、

 Shasta, Castle lake, 12-02-2016 323























 Shasta, Castle lake, 12-02-2016 411





















 Shasta, Castle lake, 12-02-2016 336














湖は氷はじめています

キラキラ輝く氷のかけらが美しい、

  Castle lake, 12-02-2016 379





















湖を光の世界へとかえてゆく、ガラスのような薄氷

 Shasta, Castle lake, 12-02-2016 383





















つめたさはみじんもない、

むしろぬくもりさえ、感じます、、とっても不思議

 Shasta, Castle lake, 12-02-2016 371






















みているだけで、どきどきしてしまった、氷のかけら、

 Shasta, Castle lake, 12-02-2016 376






















この湖が厚い氷でおおわれ、
湖上をあるけるようになるのはそう遠くないでしょう、、

冬のシャスタの醍醐味が、これからはじまります

 Shasta, Castle lake, 12-02-2016 363

stoneybrookinn at 21:45|PermalinkComments(0)

2016年12月01日

牧歌的な風景、シャスタの晩秋

今日から、12月にはいりました
いつもながら、ひとつの季節が終わる前に、新たな季節が目の前に姿を現しています

晩秋の風景、撮りためていた写真、忘れないうちにこちらでご紹介させていただきます

 Shasta, 11-8-2016 340

















 Shasta, 11-8-2016 392















 Shasta, 11-8-2016 388













夕日が落ちる牧場風景は、幻想的で息がとまりそうです

シャスタの北西地方、今では寒過ぎて、放牧の牛や馬、羊は外にはでていないかもしれません

でも、この夕日、冬空にも、美しく差し込んできています

幻想的な朝の光、夕日は、地球にいるすべての生きものに、聖なるひとときを見せてくれます

シャスタの朝の光をあびるスポットに住んでいるわたしは、ときどき、夕日がみたくて、ドライブにでかけます

朝の光をあびると、元気になり、夕日をあびると、一日の疲れがきえ、やさしい気分で一日をおえられます。

誰かが教えてくれました、

愛は目にはみえないけれど、光はみえる、

光は愛がみえる形になっているもの、

そう、だから、朝の光も夕方の光も、愛そのもの、、



 Shasta, 11-8-2016 420

















 Shasta, 11-8-2016 416

















 Shasta, 11-8-2016 432






















 Shasta, 11-8-2016 341





























 Shasta, 11-8-2016 342

















 Shasta, 11-8-2016 345

































stoneybrookinn at 13:22|PermalinkComments(0)

2016年11月29日

今、シンクロしている言葉、「チャネリング」3

さっさとフレンチ・トーストを食べてしまった少年は、外へひとりで飛び出していきました

大人の話なんか、なんにも興味がない、とでもいうように、、

ゆったりとコーヒーを飲んでいる彼の祖父母の顔はおだやかで、私は素直に自分が受け取ったメッセージをシャアしました

すると、彼女の顔がかがやいて、「それはとてもワイズだわ!」とうなずいてくれました

今まで、どうしよう、、と考えていた重荷が軽くなったような感じがします

彼女自身、ずっとスピリチャルなことをしてきているので、その大切さがわかります、簡単に無視はできない、

でも、降りてくるメッセージにどう対応していいのか、わからない、

意外な答えに、一瞬唖然としながらも、お二人とも肩の力がぬけてホッとしていられます

ボーとしていた大きな背景が見えてきたような感じでした


 CC, 11-16-2016 004
















そのとき、私はお二人の素晴らしいスピリットを感じました
彼女は、聖なるスピリットのクィーンであり、彼はセイントそのもの、

その瞬間、私は自分でもおもいがけない言葉が、とびだしてきました

「どんな子供時代をすごしたのですか?」

 After snow, 11-21-2016 098

















それから半時間あまり、彼らは自分達が育った家庭のことを話してくれました

じっくりと耳をかたむけながら、内心、私はびっくりしていました
まさか、そこまで大変な子供時代を過ごしてきたなんて、、

ブロークンファミリーのなかで、幼いころ、大勢の兄弟たちの世話をして成長してきた彼女

目に涙をためながら、大変だったの、、と私に語りかけてきます
アメリカのファミリーがかかえているたくさんの問題が、ほとんど、彼女の育った家庭にあり、ここも例外ではなかった、と改めて思い知らされました。

彼女がしっかりと大地に根をはっているのは、そういう背景がど〜んと横たわっていたからでした


 CC, 11-16-2016 017
























彼は子供時代のことはさっと流して、大人になってからの経歴を話してくれました

彼は、ベトナム戦争の復員兵、多くの語れない記憶がある

ベトナム戦争で亡くなったアメリカ人の兵士の数より、アメリカに帰ってきた兵士たちの多くが自殺をしているそうです、ある人は自殺した復員兵の数のほうが多いという話をしていました

戦場で戦うために、ドラッグを渡される、そのため、復員してきたときは、すでにドラッグ中毒にかかっているという話もあります、、また、極度のストレスと緊張の連続で、精神がおかされ、もとにもどらない、、とも、、

そんな悲惨さはみじんも感じられない彼の顔をみていると、
こういう人もいるんだ、と私は改めて彼のたどってきた道のりの長さを感じました


 Night snow, 11-26-2016 023






















ふたりには、大変な困難に出会っても、それを乗り越えるだけの、気力がある、

彼らの魂は、どんな障害にも汚されないほど、清らかで美しい、

清らかなスピリットのまま、育っている少年の背景には、
こんな大きな魂の持ち主がいる!

けっして、偶然、少年に高いメッセージが降りてきているわけでは、なかった!

みんな同じような魂の傾向性があり、今、家族として、この地球で出会っている!

そのファミリーとこころをかよい合わせた私も、出会いの喜びでハートがいっぱいになってきました

私は、何故、今シャスタに来られたのか?

その問いの答えがだんだん見えてきました

魂同士のリユニオン・同窓会がはじまっている!

7歳の少年に降りてきているメッセージは、「みんなおんなじ魂同士だね」ということに気づきなさいという意図が背景に流れています

今回のチャネリングは、そんな深い魂の集会をつくってくれた演出でした、

波長が似た同士がそばにいるだけで、わくわくしてきます、ハートがふるえてくる、

そのときに感じる、限りない広がりとじーんと湧き上がってくる豊かな愛のバイブレイション

自分が消えて、愛だけがある、、その愛と愛がであう至高の喜び、、

シンプルすぎて、起こった後でないとわからない、そんな神秘の出会いがうまれます

そのファミリーにおきていたことがそれ、でした、

いま、シャスタが氣になる方は、似たような魂の振動数だと感じています、

どんな方便をつかってこられるのでしょうか? 


 After snow, 11-21-2016 038






stoneybrookinn at 11:38|PermalinkComments(0)

2016年11月28日

今、シンクロしている言葉、「チャネリング」2

「もっと幼いときから、すばらしいメッセージが降りてくるの」

確かに、読ませていただいた内容は、シンプルで力強い、とても小さな子供のことばではありません
私が読んだメッセージは「勇気をもて!」といろいろな表現をつかって、やさしく語りかけてきます

幼いこどものこころは、限りなく透明、、なんでも映し出す鏡そのもの

南カリフォルニアから、ほぼ一日かけてシャスタにやってこられた背景には、
なにかをしりたいはず、、でも、きっとなにをしりたいのかも、わからないのかもしれない

「その少年になにが起きていますか?なにをお伝えしたらいいのでしょう?」私はペンをとり、短刀直入に宇宙の愛に聞いてみました

 CC, 11-16-2016 318























すると、いろいろな言葉が降りてきました

彼を特別な子供として扱わないことが、なによりも大切です、

大きな宇宙の愛が彼をとおして、流れてきていますが、これは、彼だけにおきていることではなく、今、純粋な魂の子供にどんどん降りてきている愛のエネルギーです

周囲の大人があれこれと、その行為に対して、大げさにふるまわないこと、

他の子どもとちがう特別な力をもっている、と思うのは、その子のほんとうの姿を
みていない、大人の見方です

幼い子供は、大人が忘れてしまっている、すばらしい宇宙の愛をまだ、たくさん覚えています

 CC, 11-16-2016 280
























彼は、まだ、自分になにが起きているのか、なにをしているのか、わかりません、

自分を通して流れてくるメッセージが、本人にわかるまで、待つこと、
周囲の大人が、さわいで、その彼の純粋生をそこなわないことです

少年が成長するにしたがって、メッセージが降りてこなくなるかもしれません、
彼には、自然体で、子供らしい時間をすごすことが、とても重要です
特別扱いにしてしまうと、子供らしさが失われてしまいます、

たぶん、17か18歳ころになれば、ふたたび、彼が自分に降りてくるメッセージに氣がついてくるでしょう、

自分がなにをしているの、本人が気づくまで、大人が彼を干渉しないことです


 CC, 11-16-2016 189
















透明な鏡に映し出された世界が、すこしづつ、流れ始めるのを、ゆったりとした姿勢で眺めていてください、

ちょうど、川の流れのように、、


 CC, 11-16-2016 153













少年に降りてきているメッセージを、録音し、書きとめている祖母にとって、この
メッセージはどのように受け取られるだろうか、、

私は、ためらいながらも、ブレックファーストの後、少年の祖母と祖父に声をかけました

「ちょっとシャアしたい話があるのだけれど、、」

 CC, 11-16-2016 125

stoneybrookinn at 12:12|PermalinkComments(0)

2016年11月26日

今、シンクロしていることば、「チャネリング」1

その7歳の男の子の祖母であるアメリカ人の婦人は、少年に降りてくる言葉をレコーディングされています

「彼のことばを翻訳してみるとね、こうなるの!」
彼女は、シンプルな英語でつづられた、深遠なメッセージを私にみせてくれました

「いっぱいあるの、メイルで送るから読んでみて!」

突然、降りてくるメッセージの数々、彼女はたいせつに記録されているようです

 After snow, 11-21-2016 179






















シャスタにいる私に会いにきたのは、何故?
改めて、私は彼女の顔をみつめました、、

「あなただったら、わかると思ったから!」

わかるけれど、どうしたらいいのかしら、、?

彼女から送られてきた長いメイルに、私は短い返事をかきました、
「これから、隠された秘密がでてくるかも、、」



 Shasta, 11-14-2016 235














そんな意味深な返事を書いてしまったのですが、これもまた、後でなにかわかってくるだろう、、と気楽にかまえていました

いつも、そうなんです、宇宙はわたしたち人間の心より、ずっと大きくて、英知と愛にみちている

だから、答えが降りてくるまで、そのときまで、あせらず待てばいい、

ただ、残す4日のうちに、なにかでてくるのだろうか、

私は、ふと、久しぶりに自動書記できいてみよう!と思いたちました

すると、不思議に波だっていた私の心がしずまり、落ち着いてきました

そう、宇宙の英知に聞いてみればいい!

仕事の忙しさにかまけて、しばらく忘れていた、宇宙との会話、、

7歳の少年をとおして、なにかが私の肩をそっとたたいています


 CC, 11-16-2016 004


















 CC, 11-16-2016 016

















 CC, 11-16-2016 036




stoneybrookinn at 13:03|PermalinkComments(0)

2016年11月23日

雪どけの水の美しさ

うっすらと積もった庭の雪、明るい朝
そんなに寒くはないですね!という日本からのゲストの声が聞こえてきます

キラキラしているやわらかい庭
私はカメラを片手に庭へでてみました、

さあ、今日はなにが見えるかしら、、

 After light snow, 11-23-2016 073






















雪どけの水はちょっと冷たそう、、でも、透明度がちがう、、

 After light snow, 11-23-2016 080






















雪に浄化され、いきいきとはねている枯れ葉、
あざやかな赤が新鮮!

 After light snow, 11-23-2016 018

















水のドロップがクリスタルのボールになっています

 After light snow, 11-23-2016 110


















あれ、これはなに? くもの巣!

 After light snow, 11-23-2016 179



















くもの巣を飾っている水てきの美しさに、全身がすいこまれていきます

 After light snow, 11-23-2016 172



















 After light snow, 11-23-2016 203





















じっと見ていると、水てきたちの姿がかわっていき、まるで小宇宙!

 After light snow, 11-23-2016 162


























 After light snow, 11-23-2016 167






















 After light snow, 11-23-2016 164



















 After light snow, 11-23-2016 199
















かがやきのなかに、水がきえていく、

 After light snow, 11-23-2016 149





















 After light snow, 11-23-2016 158





















あなたは、庭でかがみこんでなにをしていたの?
昨日、アメリカ人の女性のゲストが聞いてきました

なにを撮っているのか、わかったら、
今朝、彼女もまた、カメラを抱えて庭へでてこらました

こんな美しい朝をシャアできて、とってもうれしい!
みずみずしい朝のさわやかさが飛び込んできました

明日こちらは、感謝祭の日をむかえます


 After light snow, 11-23-2016 077













stoneybrookinn at 20:10|PermalinkComments(0)

2016年11月21日

今、シンクロしている言葉

10日ほど前、ゲストのYさんが、芹沢光治良の小説シリーズ、「人間の運命」を私に読むようにと、S.Fから持ってきてくれました。

有名な彼の著書、神シリーズは、一冊、以前読んだことがあり、他の著書も読んでみたいとずっと思っていたので、うれしくて、斜め読みではありますが、数日間で全冊夢中で読んでしまいました

今、どうしてこのような本がシャスタの私のところにやってくるのか、、とても氣になります

この秋、9月、10月、11月は私にとって、トランスフォーメイションの大きな波がきていて、なにか大きく変わる、その節目だと感じています

目にはみえない未知の波が押し寄せてきて、今までの私をふるいにかけているような氣がします

国を問わず、大勢のゲストの方々との会話をとおして、この波が、私たち、ひとり、ひとりに、なにが一番たいせつなの?と問いかけているような氣がしています

あの7歳の少年の件は、まだ、進行中、あと2日半で、なにが起こるのか、、、

ただ、言えるのは、いろいろなエネルギーが多次元的に押し寄せてきているので、ふりまわされないで、じっとみつめることだと思っています

 Shasta, 11-8-2016 081
























20年前、仕事を辞めて、のんきに暮らしていたら始まった自動書記
その流れがどこからくるのか、それがなんなのか、
そのヒントをさがしていたころが思いだされます

私がチャネリングをし始めて、最初に読んだ本が、芹沢光治良氏の本でした。1世紀程前、留学中に結核になり、スイス・アルプスを眺める療養所で暮らしていたときの話です。将来の出世を約束された青年が、方向転換して、小説家になる決心をしていくプロセルが書かれていました。

当時、チャネリングという言葉はなかったのですが、私は、その香り高い本のなかに、そのルートをかんじました。また、文豪トルストイもまた、ある本のあとがきをよむと、自然に手が動いて、書いてゆく、ということが書かれていました。

なにかが、あふれ、流れでてくる、そんな感じがする文豪のライティング・スタイル

当時、やっぱり、と自分勝手にうなづいていました、

足元にもおよばないけれど、自分になにがおきているのか、そのヒントのかけらをいただいたような氣がしていました

21世紀になって、数多くの人々がなんらかの方法で、チャネリングをされ、同じ現象がごく日常的に起きている、、

魂の目覚めの時代がきている、そのことをここシャスタで知らされています

 Fall Garden, 11-13-2016 178 - Copy























ところが、インの仕事で忙しく、倒れるように寝てしまう毎日がつづいていました

11月にはいり、ようやく、一息つけるようになったら、「ほんとうのミッションはなに?」という問が目の前にぶら下がっていることに氣がつきました

そんな時、やってきたのが、芹沢光治良の彼の自伝的小説でした

そして、7歳の少年にもまた、本人の知らないところから、深いメッセージが降りてきています

 Shasta, Hedge Creek Falls, 11-1-2016 782

















チャネリング、、この言葉が再び、シンクロして、私の目の前に飛び込んできています

もう不思議なこととは、思わなくなりましたが、

それがなにをいわんとしているのか、、、

今の時期だからこそ、立ち止まって、もう一度、眺めてごらんなさい、

そう宇宙の愛の意識から言われているような感じがしています


 Fall Garden, 11-13-2016 089


















stoneybrookinn at 21:28|PermalinkComments(0)

2016年11月20日

ダイナミックなシャスタの空

昨日降った雪は、今朝はもう道端にかすかに残っているだけ、
今は、しとしとと小雨が降っています、、ときどき、青い空も顔をだしながら、

毎日変わる、予想がつきづらいお天気に戸惑いながらも、これもまた、今の地球のシフトのプロセスの一面なのかな〜、なんて感じてもいます、

古い時代が去り、新しい時代に移っていく前、カオス、混沌をとおりぬけます
パワフルなエネルギーが、空にも地にもあらわれ、今までの世界をすっとばしたり、こわしたり、、

光に手がとどくときですが、なんでも起こる、、そんなときでも、、


2日前、Yrekaは買出しに出かけた帰り道、

シャスタ山をめざして、飛んでくる巨大なUHO型の雲があらわれました

 Shasta & First Snow, 11-19-2016 129



















 Shasta & First Snow, 11-19-2016 118
























シャスタに何十回も通いつづけているリピーター、熟年のアメリカ人女性ゲストが、今朝、朝食時に私に声をかけました

「あなたにあわせたい人がいるの、私の孫だけど、、」

7歳になったばかりの、はにかみ屋の少年の手をとって
「さあ、この人に会いにきたんでしょう!」

えっ、私に会いにわざわざ、この悪天候のなか、南カリフォルニアから家族とともに、半日以上もかかって、ドライブしてきてくれたの?

私は、その澄んだ少年の瞳をみつめました、、彼もまた、私の瞳をじっとみつめて、、

これから5日間、なにが起こるのかしら、、

かりに何も起こらなくても、こんなステキな瞳の少年がこのインに滞在してくれるだけで、こちらの氣があがってきます、、

そんな風に感じている私に、彼の祖母は、なにか不思議な含みをみせて、
「後でみせるものがあるの!」

「パンケーキ、大好きなんだ!」その少年がうれしそうに叫んでいます

最近、予想がつかない、ことだらけ、、、
今回、宇宙はなにをたくらんでいるのでしょう、、!


 Shasta & First Snow, 11-19-2016 112

















 Shasta & First Snow, 11-19-2016 121













stoneybrookinn at 13:05|PermalinkComments(0)

2016年11月19日

初雪が降っています、冬のシャスタへのご案内

今朝、起きたら、初雪が降っていました!

マックラウドの町の大型雪上車が、メイン道路の雪を除雪し始めていますが、
公園のポプラには、落ち葉がまだ残っています

この雪、今は、やみはじめています、

雨・雪の予報が流れています
本格的な冬はまだ、これからです、、

  First Snow, 11-19-2016 279
















インの庭の落ち葉がやってきた雪に場所をゆずっています


  First Snow, 11-19-2016 258
























日本から冬のシャスタへの行きかたを、SFーカリフォルニア州、Redding Airport か、Oregon州、 Medford Airport のどちらがいいのかとよく聞かれます。どちらの空港からでも、レンタ・カーを借りるか、ガイドさんの送迎をたのむかの方法となります。

レンタ・カーをされる際は、

雪の道路の運転を考慮すると、

SFからRedding Airportで、レンタ・カーは4輪駆動車をお勧めしています。

夏場でしたら、Oregon 州のMedford Airportのほうが空港としては規模が大きいので、フライトのキャンセルや遅れは少ないのですが、Medford からカリフォルニアへ入ってくる山道のI-5の高速道路は、凍結気味のカーブの多い山道を登ったり降りたりと、雪道の運転に慣れていない場合は、かなり神経をつかい、危険です。標高が高いため、雪の可能性もかなります。

私達は、冗談で、I-5道路の「天城越え」なんて、呼んでいる難所のドライブです。

雪国の運転に慣れている方は、なんと大げさと呼ばれるかもしれませんが、大型トラックが、標高の高い山の途中で、立ち往生している風景は決して珍しくありません。

冬期、Shasta-Japanのルートを取る場合は、 私はここからRedding Airport まで、ドライブしていきますが、天候がかわりやすいので、通常ドライブ時間は一時間15分から30分くらいですが、余裕をみて、2時間くらいを見ています。国際空港ではないので、搭乗時刻の一時間前に空港に到着するようにしています。

飛行機のフライトスケジュールが、冬季はどの空港でも、遅れたり、また、定刻に出なくてもあたり前という、柔軟な感じで対応されると氣が楽です。

定時通りにフライトが飛んだら、ラッキーだと、私は思っています。
フライトのキャンセルがあり、2日搭乗を待ったこともありました。シャスタの旅は、前後の日程に余裕をみて、たれられることをお勧めします。

シャスタは心理的に近いのですが、距離的には遠いところです。
どうぞ、いろいろな方法があると思いますが、十分な下調べをされてください。

シャスタへ行こう、と決めたときから、すでに魂の旅は始まっています
その旅が予定通りにならなくても、すべてOkという心持ちでいられたら、
きっと沢山の学びとギフトをいただくことでしょう。

また、予定に沿わなくて、不安になったり、いらだったり、怒りがこみあげてきても、それも、またOKと自分の中に起きてくる感情を素直に受け止めてください。

冬のシャスタは、たまらなくステキです、
自分のハートの振動がより、感じられるから、、

白い雪がすべてを洗い流してくれる、パワフルな浄化作用があります


冬季の服装は、厚手の冬用ジャケット、防寒帽子、手袋、サングラス、スノーブーツ等、ご持参ください。




 Shasta & First Snow, 11-19-2016 211


























stoneybrookinn at 12:14|PermalinkComments(0)

2016年11月17日

すっかり雪がとけてしまっているバニーフラット

11月14日、2週間ぶりでバニーフラットをおとづれました

あ~~、雪が消えている!

こんなことってあるのかしら、、自分の目が信じられないほど、
真冬から晩秋の風景に逆戻り!

雲がかかっているため、シャスタ山は見えませんでした

なにが起きているのでしょうか、???

 Shasta, 11-14-2016 003



















 Shasta, 11-14-2016 002




















 Shasta, 11-14-2016 016



















 Shasta, 11-14-2016 022





















 Shasta, 11-14-2016 047



















 Shasta, 11-14-2016 046























 Shasta, 11-14-2016 084






stoneybrookinn at 11:59|PermalinkComments(0)

2016年11月13日

最近のシャスタ山

雪がとけていっているシャスタ山

1週間前、マックラウドの町に
白いUFO型の雲がとびかっていました

これから、ひんぱんにこんな雲が現れる季節にはいっていきます


 McCloud River, 11-5-2015 225

















 McCloud River, 11-5-2015 221

















 McCloud River, 11-5-2015 070
















 McCloud River, 11-5-2015 075

















 McCloud River, 11-5-2015 127









 McCloud River, 11-5-2015 100

stoneybrookinn at 06:15|PermalinkComments(0)

2016年11月10日

McCloud River Falls, マックラウドの3つの滝

マックラウド・リバーには3つの滝があります

Lower Falls

3つの滝のなかでは一番下流

 McCloud River, 11-5-2015 249














Middle Falls

一番スケールが大きい滝

 loud River, 11-5-2015 273


















Upper Falls

一番小さい滝、

 McCloud River, 11-5-2015 301



















先日、ある女性のゲストが私に教えてくれました

「水はね、とっても大切なの、離れていても水と水はコミュニケートしているのよ
 私は世界中の水をつなぐために、旅をしているの、、」

その女性は、フロリダから来られたアメリカ先住民族のシャーマン

「2週間前から、どうしてもシャスタが氣になって、呼ばれているのがわかるの、、」

このインに来られる前に、すでに他のシャスタ地方で水のセレモニーをされてきたとか、、

どうして、マックラウドへ来られたのですか、と私がたづねると、

「水が呼んでいるの、、」

この町は、シャスタ山のレイライン上に位置していて、パンサーメドウズからの水が流れている、という話を私がすると、

うれしそうに笑って、「そう、やっぱり!」とうなづいていました

チェックアウトされた彼女は、燐とした表情で輝いていられました

いま、水がたいせつなの、

もう一度、私は彼女がなにをつたえたいのか、かみしめています


 McCloud River, 11-5-2015 455


stoneybrookinn at 17:10|PermalinkComments(0)

2016年11月07日

森の透明なしずくの美しさ

雨の上がった後、

水てきが、森の神聖な氣にふれて、かぎりなく透明になっています

こんな水に出会うと、喜びがふつふつと湧いてきます!

 McCloud River, 11-5-2015 491



















 McCloud River, 11-5-2015 484





















 McCloud River, 11-5-2015 427




















 McCloud River, 11-5-2015 417






















 McCloud River, 11-5-2015 480






















 McCloud River, 11-5-2015 517





















 McCloud River, 11-5-2015 476


























 McCloud River, 11-5-2015 449

stoneybrookinn at 14:52|PermalinkComments(0)

2016年11月06日

純白の雪をまとっているシャスタ山

秋の長雨で、美しい雪が積もったシャスタ山

11月1日、Bunny Flat 周辺、
道路はクリヤー、車でドライブしていかれます
パンサーメドウズへのゲートは2週間ほど前に閉まっています

純白の氣が青空に流れ、
その浄化の空気を胸いっぱい吸いこむと、

光のほうへ、歩いていってください、

シャスタ山から、澄んだ声がきこえてきます

 Shasta, Hedge Creek Falls, 11-1-2016 074


















どうぞ、耳をすませて、ご自分の魂の振動・ひびきに聞き入ってみてください

なにが聞こえてくるでしょうか、、?

シャスタ山からの呼ぶ声がきこえてきたら、

ためらわずに、来てください、

シャスタは魂のふるさと、

いま、やみから光への変換のシフトがおきています


 Shasta, Hedge Creek Falls, 11-1-2016 077




















 Shasta, Hedge Creek Falls, 11-1-2016 073






















 Shasta, Hedge Creek Falls, 11-1-2016 079



















 Shasta, Hedge Creek Falls, 11-1-2016 066



















 Shasta, Hedge Creek Falls, 11-1-2016 068

















 Shasta, Hedge Creek Falls, 11-1-2016 064




















 Shasta, Hedge Creek Falls, 11-1-2016 081



















 Shasta, Hedge Creek Falls, 11-1-2016 053




















 Shasta, Hedge Creek Falls, 11-1-2016 076












stoneybrookinn at 10:30|PermalinkComments(0)

やわらかな朝、観音様のお顔


 After rain, 11-1-2016 182




























 11-04-2016 176


























 11-04-2016 196















 11-04-2016 211























 11-04-2016 261










































stoneybrookinn at 03:12|PermalinkComments(0)

2016年11月04日

長雨がやんだ朝、さわやかな氣が流れるインの庭

10月にしては珍しいほど、雨が多い日々が再びつづきました

先週は1週間連続で降り続き、町を流れるパンサークリークが氾濫し、
あわや浸水か!というギリギリの状態となりました

幸い、豪雨ではなかったので、無事におさまりましたが、
数年続いた旱魃の後なので、水の危機に町中の人々が、びっくり!

ハローウィーンの晩は、雨、そのため、やってきたのはたった2人
インのロビーのテーブルには、子供達をまっているお菓子がまだ、山のように残っています、、

11月1日、朝、久しぶりに差し込む光に、ゲストもわたしたち、スタッフも外へとびだしました!

明るさに満ちた庭、ごらんください

 After rain, 11-1-2016 301






















落ち葉が庭全体を埋め尽くし、華やか!

 After rain, 11-1-2016 151























 After rain, 11-1-2016 166






















 After rain, 11-1-2016 101





















 After rain, 11-1-2016 250






















息を吹き返す黄色い落ち葉

 After rain, 11-1-2016 307






















キュウートな赤い枯葉は、光をあびて、元気いっぱい!

 After rain, 11-1-2016 271





















久しぶりに現れた日の光がまぶしい!!!

 After rain, 11-1-2016 255





















 After rain, 11-1-2016 277





















庭には、まだピンクのプツーニアの花がさいています

 After rain, 11-1-2016 314
























雨がやんだ後、すがすがしい氣が流れています!

 After rain, 11-1-2016 316






















 After rain, 11-1-2016 323




stoneybrookinn at 20:15|PermalinkComments(0)

2016年10月29日

美しい秋の川、McCloud River

大好きなマックラウド・リバーの秋の風景、10月中旬

ためいきがでるくらい、美しい、、

鏡のような川にしばし、時を忘れて見入ってしまいます

 Shasta, 10-18-2016 256




















 Shasta, 10-18-2016 309



















 Shasta, 10-18-2016 295



















シャスタのエネルギーはとても透明

波動が高いので

時に、自分の心の塵やほこりが目立ち、がくっと気落ちすることがあります

今秋、この鏡の川にくると、

「自分の一番高いところ、美しいところをごらんなさい、」と

凛とした崇高な声が流れてきます

誰のなかにも潜んでいる、神聖なエネルギーに触れやすいスポットです

 Shasta, 10-18-2016 454

























この素晴らしいエネルギーがすこしでも、感じていただければ、、、と

秋の美しい色をご紹介させていただきます


 Shasta, 10-18-2016 451






















 Shasta, 10-18-2016 456





















 Shasta, 10-18-2016 430























 Shasta, 10-18-2016 464





stoneybrookinn at 16:50|PermalinkComments(0)