2017年03月23日

まばゆい春の朝日、観音様

観音様も、ゴールドに輝く朝

聖なる光が、今、私達になにかを告げているような氣がします

わたしたち、ひとり、ひとりのハートの奥に響く、光のメロディー、、

そっと耳をすませると聞こえてきます


 QY , 3-17-2017 139






















 QY  3-17-2017 137
























 QY 3-17-2017 209

























  3-17-2017 022























  3-17-2017 034 - Copy
































 Rain Drops, 3-16-2017 108


stoneybrookinn at 18:25|PermalinkComments(0)

2017年03月22日

まばゆい春の光の朝 

3月17日の朝、

まばゆいゴールドの光が差し込んできました

  3-17-2017 060


















赤い朝日がまぶしくて、

私は目を閉じたまま、シャッターを切りつづけていました、

  3-17-2017 062



















金龍も光のなか、起き上がってくる、

  Dragons, 3-17-2017 097























  Dragons, 3-17-2017 092






















  Dragons, 3-17-2017 089






















虹色にころもが光る銀龍もまた、おきあがる、

 Dragons, 3-17-2017 078

























  Dragons, 3-17-2017 081


















  Dragons, 3-17-2017 082



















笛をふいているクリシュナ神の頭上にも

黄金色の朝が降り注ぐ、

聖なるスピリットが蘇ってきた朝

春分の日の前後では、こんなゴールドの光が降りてきます


  3-17-2017 109



























stoneybrookinn at 16:30|PermalinkComments(0)

2017年03月20日

これからシャスタへ来られる方々へ

今、シャスタはどんな感じですか?
どんな支度したらいいのでしょう?

このような問いがあちらこちらからはいってまいります

3月春分をむかえ、シャスタ山への想いを寄せるかたがたを
お迎えする季節となっています

かなり春めいてきているシャスタ地方ですが、標高の高いところでは、深い積雪がまだあります

こちらは、シャスタ山の5合目、Bunny Flat付近

 Shasta & Hedge Creek Falls,

















キャッスル・レイクへは、2週間ほど前、道路が湖畔まで除雪され、ドライブしていくことができるようになりました

積雪が深く、ひざまで、雪をかぶりました

湖面を歩いていくには、スノー・ブーツ等があると便利です。
私はいつもゴム長靴をはいています

くるぶしまでのスニーカーでは、ふかい雪のなかをあるくと冷たいでしょう

このような白い風景では、サングラスをお忘れなく!

冬の防寒具、手袋、帽子等をご持参ください

昼間、暖かい春日となることがありますので、
コートの下には春の服の重ね着がお勧めです


 Castle lake, 3-10-2017 035
























 Castle lake, 3-10-2017 032






















数日前、こんな雲がでました
雨がつづいています
お天気が変りやすいので、このような雲がみられやすいシーズンです

 Shasta 3-17-2017 114

















 Shasta, ,3-17-2017 099














インの庭には、高い松の木の枝、松ぼっくりが一面に落ちています

ちいさなすみれがひとつ咲きました
カリフォルニアの北国の春を告げています

こちらは標高1000メートルなので、山岳気候
一日の気温の差が大きいところです

早春、もうそろそろいい?とポプラの枝から、目がささやいています

マックラウドの町は、鳥の鳴き声と犬がほえる声しか聞こえない、
なんていうゲストもいますが、まさにその通り、

人気のない、自然が香る郷、どうぞ、シャスタの深い氣をそっと感じてみてください


 Rain Drops, 3-16-2017 131

























 ain Drops, 3-16-2017 129


stoneybrookinn at 16:43|PermalinkComments(0)

2017年03月16日

エンゲージ・セレモニーを頼まれて

「エンゲージしたの、なにかセレモニーをシャスタでしたい!」
10日ほど前、電話越しに、はずんだ声がきこえてきました

 Rain Drops, 3-16-2017 030





















ボストンから、幾度もシャスタを訪問しつづけてくれているYさんご家族
「シャスタにはまったファミリー」の代表格として、私は親しくさせていただいています

10年前、少女のようだった彼女は、今はすっかりレイディーになっています

今まで、こちらで結婚式のセレモニーのお手伝いを2回していますが、エンゲージメントとなると、なにをしたらいいのかしら、私は少し戸惑っていました

エンゲージメントで一番たいせつなことはなにかしら、、?

 Rain Drops, 3-16-2017 113




















シャスタ山に聞いてみよう!カップルの山だもの、、

すると、すぐにインスピレーションが湧いてきました

23 web, Shasta Daisy, 7-12-2013 082 - Copy



















インのロビーには、タロット・カード・コレクションがあります
私はそのうちの4種類のタロット・カードをピック・アップし、二人の婚約者の前に座りました

一つのタロット・カードから、それぞれ一枚づつ、カードをひいてもらいました


   3-10-2017 003


















最初のカードは、相手に対する第一印象がでてきました、
パートナーがひいたカードを読み取ることで、自分のエネルギーと相手のエネルギーの交換がでてきます

2番目のカードは、過去生、たとえば、アトランティスやレムリアのとき、おたがいをどう見ていたのか、どのような感情をもっていたのか、

3番目のカードは、お互いをどんなエネルギー体としてとらえているのか、自分にとって、相手のエネルギーはどんな風に感じられるのか、また、どのように相手とかかわるのか、

4番目のカードは、宇宙的次元で、お互い、どんな意識体だったのか、

私は、ただ、二人の意識の媒体として、カードをシャフルしたり、選んでもらうだけ、、

若い二人を暖かく見守る彼女のご両親は、深く、深く、なにかを感じていられたようでした

終わった後、ふたりのすがすがしい笑顔がロビー全体に広がり、やわらかな愛にみちあふれていました

やっぱり、深い縁、つながりがあったようです
その確認のための、エンゲージメント・セレモニーとなりました

結婚する前に、魂レベルでのきづなをしりたかった、

そんな無言の彼女の気持ちが私につたわってきました

ご婚約、おめでとうございます!

「かれ、シャスタにはまったみたい、また夏ごろ、来ます!」

さわやかな彼女の声が私のハートにジーンとひびいてきました


  3-10-2017 011










stoneybrookinn at 17:20|PermalinkComments(0)

2017年03月13日

東北地方に咲く浜菊のスピリットがやどるシャスタ・デイジー

6年前の東大地震で亡くなられた多くの方々の霊前に、シャスタ・デイジーの花に
宿る浜菊のスピリットを、ここシャスタ山の麓よりささげます

 Shasta & Lake Shastina, 2-7-2017 021













こちらのブログ上で、今まで数回シャスタ・デイジーの花をご紹介していますが、今回は、とくに浜菊にスポットライトをあててご紹介したいと思います

シャスタ・デイジーの花の産みの親は、植物の品種改良の天才、アメリカ人のルーサー・バーバンク(1849-1926)です

 Shasta Daisy, Squaw Valley, 6-19-2015 155
























彼は、20世紀のアメリカの3人の天才のなかの一人として知られています。後のふたりは、エジソンとフォードです。

バーバンクは、20世紀初め、将来地球の人口が増え、食料危機になるのではと予測し、小さなじゃがいもを今のような大きなサイズにつくりあげました。

アイルランドの食料危機をすくったのが、彼のつくったポテトだそうです。また、現代のアメリカのポテト文化は、彼の功績が大きかったのではないと思われます

ヨガの聖者、ヨガナンダが彼の本「あるヨギの自叙伝」をアメリカの聖者、バーバンクへささげています

49 web, Shasta Daisy, 7-12-2013 162 - Copy


















バーバンクが野原に咲く小さな白いデイジーの花を、大きくてきれいな観賞用のデイジーへと作りあげようとしました

まず、群生する野生のデイジーの花の中から、彼が選んだ花とヨーロッパ産のデイジーの花を掛け合わせました。

彼の何年もの努力にもかかわらず、なかなか満足できる花ができません

そんなとき、最後に掛け合わせたのが、日本の花、浜菊(Nippon Daisy)でした

アメリカ人の植物品種改良の天才が、つくりあげた傑作

東洋と西洋がであい、生まれた白い美しいデイジー

シャスタ山の純白の雪をかさね、名づけました、、「シャスタ・デイジー」

花言葉は、「真実」

この花は、極地以外、地球上どこにも咲き、開花期間がながく、その純白な姿をみせてくれます


45 web, Shasta Daisy, 7-12-2013 152 - Copy



















バーバンクが浜菊を何故、加えたのか、?

仙台在住のKさんにたのんで、浜菊の写真を送ってもらいました

 Hamagiku 1



















遠くからでも、浜菊のピーンとのびた、花のスピリットが感じられます

浜菊、Nippon Daisy,は 日本の東北地方、仙台から北の海岸のがけっぷちにさき、
浜風に吹かれてもびくともしない力強さをおびています

花言葉は、「逆境にたちむかう」


 Hamagiku 2



















私は、浜菊のたくましさと気品に彼が強く惹かれたのではと、思います

国をこえた、真の力強さ、を彼はこの花のスピリットにみたのではないのか、、

あの大地震から、すでに6年がたちました

東北地方から、今まで、何中人もの方々がゲストとして、こちらのインに滞在されています

私は、機会があるごとに、シャスタ・デイジーの誕生のストーリを、その方々にシャアさせていただいています

どこにいても、時代は変っても、スピリットは永遠であり、

決して変ることのない、真実は、私達のハートをゆさぶります

 Hamagiku 5


















純白の白さ、その気高さと空に向かってゆく力強さ

浜菊は、吹き上げとも言われ、放射状に茂る姿は、まるで円を描いているようです

野にさく花が秘めていた大きなきらめきをみつけ、

バーバンクは西と東の花をあわせて、ひとつの花の美を私たちに残してくれました

彼は、浜菊を通じて、その地方に住む人々のスピリットまで感じていたことでしょう、

ちょうど、一世紀経った今、シャスタ・デイジーからバーバンクの愛のスピリットを私が感じているように、

浜菊を経て、ここシャスタにまで、日本の花のスピリットが飛び出してきます

私は、この花に出会えて、ほんとうに嬉しいと思っています

シャスタでみつけた、「統合のサイン」がこの花のなかに花開いています

ばらばらだった世界が、一人一人の愛がかさなり、ひとつになっていきます


シャスタで暮らして16年、世界中からやってこられる多くの魂の巡礼者に出会ってきました

背中ごしに新しい世界の再生の息吹を感じながら、ここシャスタへと旅してきます

この花の誕生ストーリーは、日本をこえ、世界の人々のハートへとも響き渡って
いっています

浜菊の美しさとたくましさ、そのスピリットは、今だからこそ、わたしたち、すべてにその隠れた存在をあらわしてきています

Nippon Daisyは、シャスタの地から、さらに世界中へそのスピリットを伝えていっています


 Hamagiku 4


























stoneybrookinn at 17:20|PermalinkComments(0)

2017年03月06日

やさしい水のしずく

雨あがりの早朝、
庭ではやさしい水のしずくが待っていてくれました

いまにも落ちそうなしずくから、
やわらかさと愛らしさがこぼれています


 3-4-2017 056























 3-4-2017 044





































 3-4-2017 030






















 3-4-2017 079























 3-4-2017 066






















stoneybrookinn at 21:57|PermalinkComments(0)

2017年03月03日

レイク・シャスティーナ、春の水2

どこからやってくるのか、勢いのある雪どけ水

すがすがしいオーラが目に飛び込んでくる!

キラキラと光る水を覗き込み、水にはいろうとしたら、氣がつきました
今日はゴム長靴をはいてない!


 ake Shastina, 2-25-2017 521























クリークの岸べを歩きながら、
水が放つ清らかなエネルギーを吸い込みます、

 Lake Shastina, 2-25-2017 469






















しゃぼんだまのような水

今にも飛んでいきそう、


 Lake Shastina, 2-25-2017 466


















どんな小さな水の泡にも、同じ風景を映し出す神秘に圧倒されます


 Lake Shastina, 2-25-2017 462



















虹色にひかる水のあわ


 Lake Shastina, 2-25-2017 580













水に沈む枯れ草をバックに白いあわがかわいらしい!

 Lake Shastina, 2-25-2017 574




















今年は、大雪のため、Castle Lake への道はクローズされたまま、
あの凍結した神秘の湖はみられませんが、
シャスタの自然は大きな別のプレゼントをわたしたちに贈ってきてくれました

このレイク・シャスティーナ!
豊かな水をたたえ、日ごとに大きくなっていっています
こんな姿はかつて、みたことがありません!


どこかで、春を告げる水に会いたい!と思っていました
まさか、ここで出会えるなんて、
しかも、こんなに早く!

2月初め、解放の風が吹いていました
3月にはいり、美しい水のきらめきが光を放っています!


 Lake Shastina, 2-25-2017 491

stoneybrookinn at 13:30|PermalinkComments(0)

2017年03月01日

レイク・シャスティーナ、春の水、1

先週末、レイクシャスティーナへと足を延ばしました
豊かな水量は、どうなっているかしら?

すると、パーキング場ぎりぎりまで、水があふれ、
まるっきりちがう湖畔風景がそこに!

これはすごい!みたこともない湖があらわれていました!

 Lake Shastina, 2-25-2017 225
























 Lake Shastina, 2-25-2017 589

















 Lake Shastina, 2-25-2017 216






















 Lake Shastina, 2-25-2017 236















 Lake Shastina, 2-25-2017 197






















 Lake Shastina, 2-25-2017 187






















湖を眺めていたファミリーが帰った後、ひとり、静かにぬかるんだ湖畔を歩いていました

前回、みかけた幾筋もあった雪どけ水の流れはもうありません
もう、みんな湖になってしまっている、、

残念!光る水の流れ、みたかったのに、、せっかく来たのに、、

心のなかでつぶやいたら、
また、さわやかな風が吹いてきました、


 Lake Shastina, 2-25-2017 325















その風の方向へ目をむけたら、
あった!グリーンの清流の流れ!

 Lake Shastina, 2-25-2017 546





















 Lake Shastina, 2-25-2017 446






















この水に会いたかった!


 Lake Shastina, 2-25-2017 421






















 Lake Shastina, 2-25-2017 553















stoneybrookinn at 05:15|PermalinkComments(0)

2017年02月23日

あっという間の白い景色

2月にはいって、初めて雪が降った朝、
朝食を作っていた手をとめ、朝日がふりそぞく、白い庭へと飛び出しました!

キラキラと光る朝はめまいがするほど、清浄なオーラがあふれています

こんなステキな朝、シャスタにいても、いつも見れるわけではなので、
毎回、ワクワクしながら、カメラのシャッターを切ってしまいます

 Morning snow, 2-22-2017 105























 rning snow, 2-22-2017 214

























 Morning snow, 2-22-2017 227
























 Morning snow, 2-22-2017 153





















確かな春の気配を新芽が教えてくれます

 Morning snow, 2-22-2017 126























庭に顔をだした小さな花は雪をかぶって、ちょっとびっくり!

それでも、嬉しそうにほほえみ、早春の花のスピリットが白さのなかで起き上がる、

 Morning snow, 2-22-2017 202




















 Morning snow, 2-22-2017 193






















日が高くなると、雪はどんどん溶けてゆき、

水てきは、光を放ち、消えてゆきます

 Morning snow, 2-22-2017 306




















 orning snow, 2-22-2017 296





















 Morning snow, 2-22-2017 284




























 Morning snow, 2-22-2017 300





















朝食の片付けをして、庭へ出てみると、白い雪はすっかり溶けていました

つかの間の輝きは、魂にうるおいと感動をあたえ、
これがシャスタの光だと伝えてきます

どこにでもある白い雪、でも、ちょっとちがう、
はかなさのなかに輝く美しさは、やすらぎにみちています

大雪、大雨、洪水、浸水とつづく水の驚異に、
こんなやさしさもあるんだよ、と宇宙がささやいていたような氣がします

あっという間の純白の世界ですが、
自然の力にふるえるこころが清められていきました


 Morning snow, 2-22-2017 317

stoneybrookinn at 23:25|PermalinkComments(0)

2017年02月22日

豪快な流れ、ヘッジ・クリークの滝

あちらこちらで洪水が起きているカリフォルニア

Orvilleのダムの亀裂は、住民を強制避難へと導き、
先週、5号線、Williamsの付近で、浸水による、片側通行となりました。

数年つづいた旱魃の後は、浸水、洪水と、あふれる水がなにかを告げているのでしょうか?

大雪がとけ、水が下流へと流れ落ちていっています
2月に入って、こちらの町では新しい雪の積雪はありません

ここ数週間、雨の日々がつづいていますが、
時折晴れ間に太陽をみると、ほっとしています

1週間ほど前、Hedge Creek Fallsへ行ったとき、
豪快に流れ落ちる滝の勢いに圧倒され、声がでません

踊るようにほとばしる水のスピリットが美しい!

滝の裏側に回ると、水しぶきが、
なにもかも、吹き飛ばし、
爽快な気分となります

今、シャスタに来られる方は、是非、この滝をごらんください

途方もない、水の神秘的な威力を感じられるでしょう、、


 Shasta & Hedge Creek Falls, 2-14-2017 411
























 Shasta & Hedge Creek Falls, 2-14-2017 380






















 Shasta & Hedge Creek Falls, 2-14-2017 184

























 Shasta & Hedge Creek Falls, 2-14-2017 393



















 Shasta & Hedge Creek Falls, 2-14-2017 338

stoneybrookinn at 10:26|PermalinkComments(0)

2017年02月14日

Happy Valentine's Day

Happy Valentine's Day!

シャスタから、透明感あふれる、やわらかな愛、お送りさせていただきます!

どうぞ、ハートで受けとってください!

愛が時間と距離をこえて、届きますように、

白いシャスタより、喜びのなかで、

すさな


 Sunny Morning, 2-10-2017 212





















 Sunny Morning, 2-10-2017 217

























 Rain drops, 2-7-2016 029



















 Rain drops, 2-7-2016 078





















 Rain drops, 2-7-2016 007




















 Rain drops, 2-7-2016 036

























 Rain drops, 2-7-2016 082





stoneybrookinn at 07:19|PermalinkComments(0)

2017年02月11日

蘇ったレイク・シャスティーナ、2

ずっと今まで、この土地に感じていたビジョンがあります
ところが、その光景より、さらに広がってみえてきたのは、
大きな海のように見える湖

えっ、この辺に?と驚いていたのですが、
心地よい風に吹かれながら、
その深いブルーの次元へと吸い込まれていきました

水が呼んでいる、
ずっと昔の水の記憶が呼びかけてきますが、

それがなんなのか、わからない、


 Shasta & Lake Shastina, 2-7-2017 165























 Shasta & Lake Shastina, 2-7-2017 188






















波に耳をかたむけるけれど、

音がない、、ただ、愛があるだけ、

風にひらくと、やわらかなメロディーが流れてきました

足元の枯れたような植物は、
その音楽をきいて、喜んでいる、、


 Shasta & Lake Shastina, 2-7-2017 232






















 Shasta & Lake Shastina, 2-7-2017 217























嬉しくなって、私は湖に注ぎ込む透明な水の中にはいっていきました

ゴム長靴の底がやぶれ、水が入ってくるのに、ちっとも冷たくない、


 Shasta & Lake Shastina, 2-7-2017 205























かがみこんで、水の泡を追ってゆく、


 Shasta & Lake Shastina, 2-7-2017 282
























 Shasta & Lake Shastina, 2-7-2017 281























時を忘れ、水遊びにふける小さな子供のようになってきました

ふと、顔をあげると、遠くに、人影がみえる、

湖岸にただずみ、うごかない、


 Shasta & Lake Shastina, 2-7-2017 252

















しばらくすると、風のなかで、両腕を大きく広げ、空をみあげていました

彼女がなにを感じているのか、近寄らなくてもわかります

解放!

ハートが風のなかで、大きく、叫んでいる!


 Shasta & Lake Shastina, 2-7-2017 134























そうか!私はそのとき、氣づきました

ここは水の精が人間の体を吹き抜け、

風がハートを宇宙へと運んでゆくところ!

人が透明な愛へとかえってゆく、、



 Shasta & Lake Shastina, 2-7-2017 095

















帰路、白いシャスタ山が美しくそびえたっていました

シャスタがやさしくシャスティーナによりそっている姿は

透明の愛、そのものに見えました


 Shasta & Lake Shastina, 2-7-2017 292






stoneybrookinn at 18:58|PermalinkComments(0)

2017年02月10日

蘇ったレイク・シャスティーナ、1

さあ、今度はどんな顔をしているのかしら、
レイク・シャスティーナへ向うとき、私はいつも、ドキドキしています

そして、今回、湖はまったく予想もつかないほど、豊かな水流をたたえていました

これが、あの、、かって消えかけたこともある湖なの????


 Shasta & Lake Shastina, 2-7-2017 242























湖岸に、流れ込む雪どけの流れが、美しい、


 Shasta & Lake Shastina, 2-7-2017 215























この土地は、どこか異次元的な雰囲気をたたえていますが、

今は、さらに宇宙が近く感じられ、

手や足の感覚がだんだんうすれていきます


 Shasta & Lake Shastina, 2-7-2017 163






















風が強いのに、寒くない!

コートの襟をあわせ、背をまるめ、ちじこまって歩く湖岸なのに、まるで、春のような暖かさ!

いったい、どうしたのかしら、、

私はただ、なにも考えずに、風に吹かれるまま、歩いていました

振り返ると、背後に、白いシャスタ山がこちらをみています

この心地よさ、このやわらかさ、、

もう、どこにいるのか、わからなくなってきました、、

 Shasta & Lake Shastina, 2-7-2017 250





stoneybrookinn at 12:07|PermalinkComments(0)

2017年02月07日

シャスタ、冬の森

大雪で、無機質、モノクロになる冬景色

ところが、ひっそりとたたずむ森の木に、
どきっとするほど、生の氣を感じるときがあります

 Shasta, 1-11-2017 315




















冬の森は、ハートのなかに、ふっと深い息をふきかけ、
やすらぎが足元からしのびよってきます

すべらないように、そっと歩いてゆくと、上から
お日様がうっすらと顔をだす、

そんな森に、ひとり、

だれもいない、でも、みんなそこにいる、

 Shasta, 1-11-2017 290























森の中で見つけた緑

白い雪のなかで、起き上がるスピリット


 Shasta, 1-11-2017 341





















小さな水草にこころが踊り、

しばらく、うごけない、


 Shasta, 1-11-2017 382






















水に映るあざやかな緑、

見ている世界がどんどん変わる、
神秘的に満ちた、冬の森

言葉がないと、自然は多弁になる

どうか、森のなかでは、なにも話しかけないでください

すると、むこうから、かすかな音をたて、
近寄ってきます

ふりかえることが多い、冬の森


 Shasta, 1-11-2017 399


















stoneybrookinn at 14:28|PermalinkComments(0)

2017年02月06日

愛のメロディーが流れてくるシャスタ

バレンタインデーが近くなっているからでしょうか?
それとも、ハートワークをしているからでしょうか?

宇宙の愛のメロディーが流れてきます

 1-27-2017 036























朝日のなかに、あらわれた愛のひかり、

こごえる冷たさのなかに、熱いハートがたちあがってきます


 1-27-2017, 2 012






















 1-27-2017, 2 040













海からやってきた、白いハート
雪の上で、楽しそうにほほえんでいます


 1-27-2017, 2 078



























雪にひそむ、純白のメロディー


Y & Jesus, 1-13-2017 319





















Y & Jesus, 1-13-2017 292

























 1-17-2016 158



stoneybrookinn at 04:21|PermalinkComments(0)

2017年02月01日

シャスタ山とUFO型の雲

2月に入りました

雪で閉じ込められ、奥深くへと静かに入っていった内なる世界

月がかわり、今度は一挙に空へと、とびあがってゆく開放感があります!

そんな心を映し出すような雲がでています!

ブルーの空、雄大に飛ぶUFO型の雲、その白さが胸にせまってくる、

荘厳な美しさ!


 Shasta, 2-1-2017 141
















 Shasta, 2-1-2017 152

















 Shasta, 2-1-2017 154
















 Shasta, 2-1-2017 143
















 Shasta, 2-1-2017 132






stoneybrookinn at 16:00|PermalinkComments(0)

2017年01月31日

カメラ「白い妖精」とハート・ワーク

私が愛用しているデジタルの一眼レフ・カメラは2年ほど前に、贈り物としていただきました

「シャスタの写真をいっぱい撮ってください!」というシャスタ・ファンの方の熱い想いがこめられています

白くて軽いカメラで、「白い妖精」と私は名づけ、彼女?は私の大切な分身みたいな存在となっています

シャスタにいる間は、たとえ5分の買い物にでも、彼女に同行してもらい、シャッターチャンスをのがさないようにしています

 1-24-2017 143






















ところが、先週、そのカメラに異変がおきました。
レイク・シスキューで、白く氷ついた湖面を撮ろうとしたら、ピンボケ状態となり、それ以来元にもどらない(汗)

カメラの説明書を読んでも、ネットでいろいろ調べても、直し方がわからない、、

写真が撮れない状態は、自動車で免停になったような気分なので、私はしばらく落ち込んでいました、

う〜〜〜ん、これは普通のこわれ方ではないのかもしれない、???
ということは、なにか別の方法があるのかも、、

雪ごもりの期間から、私はあるエネルギーワークをプラクティスしています
ハートの奥を開くワークです

 1-27-2017, 2 078


























2013年、7月11日にシャスタ便りのブログ上で、ご紹介した「むゆうじゅ」という舞踊家の方々が、古代舞「般若心経」をこちらの多目的ホールキバで、奉納してくださいました。

詳細は下記をごらんください


http://blog.livedoor.jp/stoneybrookinn/archives/2013-07-11.html



 1-24-2017 005























トンレンという、チベットの行
ハートに、あらゆるネガティビィティを入れて、吐き出す

このことができる背景には、
ハートの奥深くにはいり、宇宙の深遠にふれなければなりません
ハートは傷つかない、壊されない

ハートが痛むのは、まだ、それは、ほんとうのハートではない、、ということです、、

究極の冬のシャスタ・リトリートとなった一月、私はほんとうのハートを知りたいと切に願いました

そして、写真が撮れなくなった「白い妖精」を私は自分のハートへと静かになげいれました

すると、再び、何事もなかったかのように、写真が撮れたのです

私の思い込みかもしれませんが、以前より、もっと神秘的な観音様やイエス様が現れました

一見ネガティブに見えること
でも、深遠な宇宙からのメッセージがこめられていたようです

ほんとうのハートへと向かう、宇宙からの愛のいざない、

人間だけでなく、カメラにも、同じように愛の手が差しのべられました


 QY & Jesus, 1-30-2017 102



























 QY & Jesus, 1-30-2017 098


























 QY & Jesus, 1-30-2017 199


























 QY & Jesus, 1-30-2017 202























 QY & Jesus, 1-30-2017 192






stoneybrookinn at 14:40|PermalinkComments(0)

2017年01月28日

「宇宙のおとぎ話」ご紹介

20年前、仕事を辞め、サンフランシスコで、ひたすら宇宙との対話をしていたころ、私は一つのお話をいただきました

3人の日本人の子供たちが、飛び込んできて、さあ、書いて!とでもいうように、
私から離れません、、寝ようとしても、ベッドまでついてきて、声をかける、
それでは、と再びペンをとり、書き始める、そんな日々がありました

一氣にノート一冊分書いて、そのままにしておきました

まだ、そのときは、アウトラインだけ、、

宇宙の愛が流れはじめたころです、


 1-24-2017 135






















それから、一章づつ、サンフランシスコの坂道を歩きながら、

咲いている色とりどりの花を眺め、

私はシャボン玉を空に吹き付けるようにして、

お話をふくらませていきました


Y & Jesus, 1-13-2017 343














シャスタに移りすみ、氣がついたら、お話が降りてきてから、長い年月が過ぎようとしています

幾度か、出版して書籍の形をとったほうが、と思いましたが、どうしても積極的に動いていかれませんでした

その時がきたら、お話そのものが、外へと飛び出していくのでは、、と感じていたからです

お話のなかの小さな子供達のひとりは、私です、

彼女はどうやって、外へでていくのだろう、なんて、まるで他人事のように眺めていました

2007年、それではと、こちらのお話を別のブログでご紹介しました。
それが、ブログ上でリンクしている「宇宙のおとぎ話 」です


 1-24-2017 156






















このお話を愛読書としてくれているゆうこさんが、
出しましょう!と声をかけてくれました
沢山の方々に見てもらいたい!

彼女のラブが形となり、本スタイルになりました

詳細は下記のサイトをごらんください


http://gaiatraveler.com/event/uchu-no-otogibanashi/



 1-23-2017 60






















第一章はこんな風にして始まります


青く光る小さな星

むかし、むかし、宇宙のあるところに、青く光る小さな星がありました。宇宙にはあまりにも沢山の星があるので、こんなちっぽけな星には目もくれず、長い間、宇宙の片隅に忘れ去られていました。

ところが、急にこの誰も知らない星が他の星の人々から大きな注目を集める時代がやって来たのです。宇宙の歴史の中で、ある輝かしい出来事が、この星に起こり始めていました。

そんな重大な事が目の前に迫っているとも知らず、その小さな星の住人達はいつもと変わらない暮らしを続けていたのです。

他の星の人々が、なんとかしてこの星の人々にその事実を伝えようと近づます。でも、いつも失敗!あまりにも人々がこわがってしまうので、姿をあらわすことができません。

しかたがないので、遠くからそっとやさしくその星を見守っていました。



 1-23-2017 177


















私はその内容の詳細を忘れかけていました

ところが、

今、外へとでていく、タイミングがきている、

わたしも彼女から肩を押されながら、期が熟してきていることを感じています

私達は、どこから来て、どこへ還ってゆくのでしょう?

なにをしに、つかの間、この地球にいるのでしょうか?

そんな問いにこたえながら、

今地球に起きている大きなシフトのヒントをこのお話は伝えてきてくれています

同じような内容の物語を他の方々も、いただいているはずです

宇宙からの愛は、さまざまな人々をとおして、色彩豊かに、同じメロディーをかなでているはずですから、

氣になったら、どうぞ、「宇宙のおとぎ話」の世界へ遊びに行ってみてください



1月28日、旧暦新年

宇宙からの愛をいただいて、

すさな


stoneybrookinn at 16:30|PermalinkComments(0)

2017年01月25日

観音様と龍神様、シャスタの冬の朝

観音様と龍神様も、一月雪のなか、より透明感をましてこられています

Y 1-14-2017 457























ババジをチャネリングされるヨーロッパ系アメリカ人の女性は、昨年夏、インにいらしたとき、オフィスにはってある、ババジのブロマイド以外、目にはいらない様子でした。

沈黙瞑想とワークが進むにつれ、グループ・リーダーである彼女も、セミナーの参加者の方々もだんだん、深く、静かにシャスタ全体の氣を感じられてきました

10日間がすぎ、ワークが終わり、帰路につく日、彼女は観音様と龍神様にご挨拶をされていました。そして、私の顔をみて、微笑んでくれたのです

ここシャスタには、たくさんの聖なるスピリットがいます、
その臨在に、ハートを開いていただいた、

私は、深く、彼女に感謝をしました

観音様と龍神様、
差し込んでくる朝の光をあび、
さらにダイナミックな姿となりました

そのまま、外へと飛び出していかれたような感じがしました


Y 1-14-2017 414



























Y 1-14-2017 298























Y 1-14-2017 410


























Y 1-14-2017 319
























Y 1-14-2017 481










stoneybrookinn at 20:48|PermalinkComments(0)

2017年01月24日

シャスタの透明感

シャスタを訪問した方から、メイルがはいりました
「札幌も寒波ですごい寒さと雪ですが、あの透明感はやはり全然違います」

シャスタの透明感は、一年中ありますが、とくに冬がすごい、
ピーンと音がするほど冷たい空気が、ピカピカの透明度をグレードアップします

余分なものが、なにもない、、みんな透けてくる

雪、氷、と姿をかえる水がその透明感を映しだしてくれます

カメラをむけるだけで、こちらまで透明になっていきそうな感じ!

私にとって、シャスタの自然、
とくに水を撮ることは、ヒーリングそのものになっています


 1-22-2017 073





















 1-22-2017 084
























 1-22-2017 077























 1-22-2017 061
















今朝、まばゆい太陽が顔をだしました
サングラスがないと、まぶしくて目があけらないほど白の世界

 1-24-2017,2 002























青い空がアクセントをそえているつらら

抜けるような透明度が美しい!

 1-24-2017,2 013

























 1-24-2017,2 019

stoneybrookinn at 20:11|PermalinkComments(0)