May 2012

Disc Review…ブッダ・サウンド by TARIKI ECHO

 最近何を聞いてもどうも心に残らないなぁ…という音楽が多い中、久々に"やられた!!"と思ったのが、今回ご紹介するTARIKI ECHOの『ブッダ・サウンド』です。

ブッダ・サウンド
ブッダ・サウンド






 TARIKI ECHOとは名前から察することが出来るように、浄土真宗の現役住職2人によるダンスミュージックユニットで(お二人は常にお面をつけていることから、仏教界のDAFTPUNKとも言われている:笑)、浄土真宗のお経とダンスミュージックを掛け合わせることで知名度をあげています。
お経とダンスミュージックの融合って…と思われるかもしれませんが、よくよく考えてみればお経自体が古来から節に乗せて伝えられてきたものですし、それを現代的に解釈させてみたものだと考えれば良いのかもしれません。
(それ以前に、キリスト教で言えばグレゴリオ聖歌にグラインドビートを掛け合わせたEnigmaという存在もある位ですから、仏教においても出てきてもおかしくはないとも言えますが…)

しかしTARIKI ECHOが凄いのは…お経とダンスミュージックとの融合にあたり、Enigmaなどのようにアンビエント系に走ったり、一見合いそうなトランス系に走ったりせず、レゲエ&ダブと掛け合わせているということなんですよね!!(@__@)
正直言って、事前情報を聞いたときは、お経とレゲエってあうのかと思ったのですが、実際に聞いてみるとこれがなかなかあってるんですよね!!(@__@)
喩えが良いかどうかは分かりませんが、タラコとパスタと掛け合わせたタラコスパゲッティーとか、苺と大福を掛け合わせた苺大福とか、そういう両者の意外性が予想以上にマッチした感覚がこの作品にはあります。


 実際に聞いてみても、アンビエント系のようにズブズブとおちる感覚とかではなく、レゲエのリズミカルなトーンがお経の節とあって実に心地よく聞けますし、普通に雑貨屋さんとかでBGMに流れていても不思議ではないスムーズさがあります。
家で部屋にいるときのBGMとしても、車の中のBGMとしても、iPodで電車の中で聞くのにも、いずれの場面でも十分活用できます。
(私は通勤途中にiPodで電車の中で聞くのが良かったかな)
それでいて、お経のありがたさもきちんと伝わってくるのですから、立派なものです。
実際に我が家は浄土真宗の教えを守る家庭でしたので(檀家さんでもないですし、教徒さんでもないですが)、「正信念仏偈」とか「大無量寿経」とか知らず知らずのうちに頭に残っている節がこうしてメロディーに乗ると、そうそう!!と思い出してきます。
また、この作品をうちの両親にも聞かせてみたところ、「これは面白い!!」と予想以上に気に入っているようで、今では一日に何度かCDを流して聞いているようです(笑)。
そういう意味では、家族揃って楽しめるCDという意味でも実に貴重な作品だとも言えましょう(^^)。

ただ惜しむべくは、作品が全9曲計30分弱で終わってしまうので、知らぬ間に終わってしまうことでしょうか。
あともう少し聞いていたいなとも思うのですが、この物足りなさ具合が次回への期待という意味でも良いのかもしれません。


 何とこのTARIKI ECHO、山梨県のキャンプ場で行われる「Natural High!」という野外フェスに参加決定!!というのですから、凄いものです。
(そういえば出演は今日23時からではないか!!)
夜中に野外で聞くTARIKI ECHOってどんな感じなんだろうなぁ…心清められる体験になるのかもしれません。

第一回蔵十オフ会

 個人的に一二を争うお気に入りのうどん屋さんが、大阪市旭区にある「蔵十」。 
mixi内でも蔵十のコミュが設けられているのですが、その蔵十コミュにてオフ会が行われるとのことで、楽しみに行ってきました(^^)。
今回のオフ会では、一人では絶対に食べられない「うどんすき」が出てくる&しかも蔵十さんの麺が食べ放題!!という夢の企画です\(^^)/。


 流石に貸し切りとまではいかず、通常営業の中で行われることに。
つい先日に読売テレビの「かんさい情報ネット ten!」にて蔵十さんが取り上げられたばかりで(内容はこちら)、玄関前の掲示板にもきっちりと書かれています。

120512蔵十01

120512蔵十02


 この日の参加者は総勢10名、蔵十さんのオフ会だというのに当の店主さんが参加出来ないというある意味不思議な会合です(爆)。
(そりゃメニューを必死で作らんとねぇ…)


 「うどんすき」ということで、ますは出汁の入った鍋に具材が出てきます。
出汁の香りだけでも食欲を無茶苦茶そそられます!!(*^^*)

120512蔵十03

120512蔵十04


鍋に具材を入れて…

120512蔵十05


煮立ったところでいよいよお待ちかねのうどん登場!!\(^^)/

120512蔵十06


本来ならばこのように「うどんすき」として味わうのですが…

120512蔵十13

麺が来るなり、本来は鍋で煮立てて頂くものを…
そのまま生醤油で喰うわ、うどんすきの出汁を入れてかけうどんにして喰うわ、天ぷらをのせて天ぷらうどんにするわ、うどんすきの鍋に麺をくぐらせて"うどんしゃぶしゃぶ"にして喰うわ、もうやりたい放題です(爆)
うどんすき用なのでやや固めに茹でているようですが、これがまたコシをより感じる出来て美味いんですよね!!\(^^)/

個人的に蔵十さんへ行くとほぼ毎回カレーうどんばかり頂いているので、こうして麺そのものを頂く機会が無かったものですから、面白い発見でしたね。
まさに「うどんバイキング」状態でひたすら麺を頂いていました(爆)。

 
 うどんすきだけでなく、他にも色々なメニューやデザートが出てきており、合間合間に楽しめます(^^)。

120512蔵十07

120512蔵十08

120512蔵十09

120512蔵十10

120512蔵十11

120512蔵十12


 そして、〆は蔵十さんお約束のカレーうどん仕立てに!!(*^^*)

120512蔵十14

120512蔵十15

 ちと出汁が煮込みすぎて味が塩辛いのはご愛敬なものの、これが実にウマー!!\(^^)/
 ご飯を混ぜておじや状態にしてもいけそうでしたし、何より「カレーうどん鍋」として冬季限定のメニューにしてもいい位の美味さでしたよ!!\(^^)/
(店主さん、検討の余地ありかもね(^^ゞ)


 終盤近くに店終いをして店主さんも参加され、本来なら2時間半の予定がそうこういう間に3時間以上お店に居座る羽目になり、名残惜しい中無事に終了。
帰る頃には余りに食べ過ぎてお腹が苦しく、思うように身体が動きません(爆)。
はっきり言ってこの3時間以上の間に、どれだけ麺と具材を頂いたか…(^^;)
(店主さんも麺を何玉出したか、途中から計算が不能になった程のようで…)


 これだけ蔵十さんの麺を思う存分頂けるとは、ホントに有り難い企画だったと思っています。
勿論参加者の方々とも色々なお話が出来て、有意義な時間を過ごせましたしね(^^)v
また第二弾が行われる際には是非とも出向かせて頂きますね〜!!(^^)/~~


 #蔵十
 大阪府大阪市旭区中宮1-12-18
大阪府内の位置
最寄り駅近辺の位置

・電車・バス利用の場合:
 大阪市営地下鉄谷町線千林大宮駅下車、国道1号線を南下し旭郵便局の前を右折し、消防署を過ぎた角を右折するとすぐ(千林大宮駅からだと徒歩約8分)。
又はJR各線大阪駅、阪急・阪神・地下鉄梅田駅下車、大阪駅前バス停から大阪市営バス花博記念公園北口行か新森公園行かに乗車し、約30分程で旭区役所区民センター前にて下車、バス進行方向に100m弱進んで歩き、最初の交差点を左折するとすぐ。
(バス停を降りて視線を上にあげると、マンションのところに「蔵十」の看板がありますので、そのまま進めば迷うことはないでしょう:笑)

・車利用の場合:
 国道1号線大宮1丁目交差点にて西へ進み、消防署を過ぎた角を右折するとすぐ(但し、駐車場が離れたところにありますので注意しましょう(^^;)。

※お店のホームページも参考に:
 ・蔵十
※食べログ.comの書き込みも参考に:
 ・蔵十


#過去の「蔵十」エントリーはこちら:
2011年関西うどん店訪問総括録その4:蔵十の巻
本日の一品…レイカー&ベーコンエッグカリーうどん@蔵十
本日の一品…揚モチカレーうどん@蔵十
本日の一品…カツとじカレーうどん定食@蔵十
本日の一品…ちく天カレーうどん&上玉ぶっかけうどん@蔵十
カレーうどん定食@蔵十
上玉ちく天カレーうどん定食@蔵十
ちく天カレーうどん@蔵十
すじコンカレーうどん@蔵十
#また、HP「雑貨屋のうどん製麺所」でも取り上げています:
雑貨屋のうどん製麺所 第2回--カレーうどんの誘惑の巻
Archives
Recent Comments
Profile
Storemaster
 国内旅行(特に秘湯巡り&ローカル線乗りつぶし)、洋楽CD&レコード、讃岐うどん、郵趣…等々を好み、蘊蓄を語る30代の自称”若年寄”(笑)
#詳細は下記リンク先を参照
  • ライブドアブログ