Blog「なんがでっきょん!雀のお宿」のエントリー「がいな奴」にて知ったお話なのですが....
何でも、高松市香西にある一部では超有名な製麺所「池上」で修行していた人が、今年の2月に兵庫県加西市にお店を出したみたいですね!!(@__@)
お店の名を「がいな製麺所」というらしく、また何故にしてそんな辺鄙な場所に(失礼な!!)製麺所をこしらえたのやら....非常に話題性満点ということもあり、とりあえず、何はともあれブレイクする前に、例によって車を運転できる連れ2人を伴って本日行ってきました(^^)。


 地図上では中国道加西ICから近いのですが、折しもこの日は大阪から篠山経由の逆ルートで行った物で(何故かはこのシリーズの続編で述べます)、レンタカーのカーナビもあてにならず(何故か高速道路使用で出てくる)、ひたすら地図とにらめっこしながら行ったのですが....
何せ、細い道を更に訳隔てた田圃のど真ん中にぽつんと製麺所が建っているのですから、これはどう考えても事前準備と地図勘、讃岐でのうどん探求センサー(??…何度も怪しいお店へ行くとこれはうどん屋ではないかという勘が身に付く物です:笑)が無いと一発では見つけられないでしょう(笑)。お昼の12時前に着いたところ、駐車場は既に車が5台ほど止まっており(姫路ナンバーばかりでしたので、まだ地元の方にしか知られていないと思われる)、お客さんも3組程しか居ませんでしたので、ひとまずは一安心(^^)。

お店の方は、結構こじんまりとしているものの、出来たばかりということもあってなかなか綺麗な作りになっています(^^)。
がいな1

がいな2
上の写真で言えば、右手が注文口及び食堂スペースになっており、左手に製麺所のスペースになっており(写真では分かりにくいかもしれませんが、「池上」と全く同じ形の麺切機も置かれてある!!)、また池上と同様に外でうどんが食べられるようにもなっています(^^)。
今日はまだ少し寒かったですが、これからのシーズンはお天気の良い日にひながうどんを外で食べるというのは至極幸せな一時になるのでしょうね(*^^*)。
※因みに、玄関には「池上」の麺入箱を積んだ自転車まで置いてあり、とことん「池上」テイストを醸し出しておりますし、また「池上」の名物おばあちゃんを模したイラスト画もデカデカと貼られています。


 さて、肝心のうどんですが....さすがに本家「池上」のように1杯70円という訳にはいきませんが(当たり前だ!!)、生醤油の小で200円という関西では超破格値的な価格設定が涙を誘います(TT)。
(「池上」に無いものとして、天ぷらうどんやかけうどん、おにぎりやビール等最低限のうどん屋メニューも揃えていましたね)
早速、生醤油うどんにちくわの天ぷら(これまた50円という破格値!!)を添えて頂くことに(^^)。
がいな4
う〜む....本家「池上」に負けず劣らずのコシと弾力感、プニプニ感が何とも言えぬ絶妙の美味さですわ!!\(^^)/
(久しぶりに食べ終わってから「大」で喰えば良かった!!と後悔しましたよ!!(^^;;)
本場に負けるとも劣らない味わいが、自宅から高速で1時間ほどで食べられるとは....こんなありがたいことは無いでしょう(^^)。
まさに香川にいるようなロケーションでうどんをすする....これ程幸せなことは無いですよね(^^)。

 なおこの「がいな製麺所」、店内のちらしを見ていますと、日本テレビ系の朝の番組「ズームイン!!SUPER」で7日に取り上げられるそうで(7時35分頃からと書いてあった)、更に話題を呼ぶこと間違いなしでしょう(^^)v。
多分今度の土日はテレビを見た人で大賑わいするのだろうなぁ....
次はもう少し温かくなって、平日にゆったりと行ってみたいものです(^^)。

#追記(3月7日):今日の「ズームイン!!SUPER」の放送も見てみましたが、無気力だった青年(=「がいな製麺所」の店主)が「池上」のおばあちゃんに出会うことによって大きな一歩を進んだというお話になっており、良い意味で生き方そのものとしても結構考えさせられる内容になっていましたが....
(専門的な理論を使うならば、ジョン・D・クルンボルツがいうところの「プランド・ハプンスタンス・セオリー」そのものの事例だと言うことも出来ますが....)
なお放送分の内容については、「ズームイン!!SUPER」のサイトで紹介されています。
 ・特集Z 讃岐うどんカリスマ女将るみおばあちゃん



#がいな製麺所
 兵庫県加西市和泉町25-3(地図:兵庫県内の位置12500分の1縮小図

・車を利用の場合:中国自動車道加西IC下車、右折して県道24号線を2km程進むと満久交差点があり、右折して約1km程進むと和泉交差点があり、また右折して数百m程進むと左手にすぐ(右側には日吉神社という神社がありますので、カーナビ等の目印に使われるとよろしいかと)

※電車・バスを利用の場合はまた探しておきますわ(^^;;
(以下8月27日追記)…その後ずっと放っておいてたのですが(爆)、コメントにてご要望がございましたので、早速調べてみました(^^)。
何種類もの方法が考えられますので、お好きな方法でどうぞ(^^)。

1.大阪駅から西日本JRバス津山行又は北条バスセンター行きに乗り(約90分)、泉バス停下車(但し津山行き「特急」は停まらないので要注意)、そこからもくもくと歩くこと30分で到着。
(乗換なしでしかも早く行けますが、土地勘が無いと厳しいでしょう(^^;)
#中国ハイウェイバスの詳細はこちら:
http://www.kakuyasubus.jp/kansai_chugoku/tsuyama_express/index.html

2.大阪駅から前述の中国ハイウェイバス北条バスセンター行きに乗り(約110分)、アスティア加西バス停下車。
アスティア加西バス停からは神姫バス大和行きに乗り、和泉西口バス停下車。徒歩数分で到着。
又は同じくアスティア加西バス停から加西市コミュニティバスに乗り、和泉バス停下車。徒歩数分で到着。
(これが一番無難な方法でしょうか。但しアスティア加西からのバスはどちらも1日数本しか出ていないので要注意!!)
#神姫バスの時刻表はこちらから検索できます:
http://www.shinkibus.jp/snk/Jikoku/JI_SITEI.ASP
#神姫バスの路線図はこちらに掲載されています(pdf.file):
http://www.shinkibus.co.jp/bus/lo/lo_pdf/06.pdf
#加西市コミュニティバスの時刻表はこちらに掲載されています:
http://www.city.kasai.hyogo.jp/01kura/12jiko/01jiko14.htm

3.大阪駅からJR東海道本線・山陽本線にて(新快速の姫路方面行きに乗車:約50分)加古川駅下車→加古川駅からJR加古川線に乗換(約25分)粟生駅下車→相生駅から北条鉄道に乗換(約20分)北条町駅下車。
北条町駅を降りると目の前にアスティア加西バス停があるので、あとは2.で挙げたバスを使う。
(時間がかかる&料金が高く付くのでお奨めではないですが、高速バスだとバス酔いするから電車じゃないと駄目という向きや、鉄道旅行でゆったり行きたいという向きにはお奨めでしょう)

まあ、いずれにしても北条町(アスティア加西)まで行くのは簡単ですが、そこからが至難の業だと言えるでしょう(^^;;。
ただ、アスティア加西からバスで行くのはスケジュール的に難しい…という場合ですと、北条町駅にて北条市観光協会のレンタサイクルも用意されているとのことですので、自転車でのんびり行くのもおつなものでしょう。
#北条市観光協会の観光サイクリングについてはこちらにて(ページ下の方に出ています):
http://www.city.kasai.hyogo.jp/02kank/kanko/kankoko-na.htm