September 15, 2005

座礁船、素が屋号、ただいま帰還!

海は広く、空はどこまでも青かった。
素が屋、ただ今、
ブログ巡りの旅から無事、
帰還しました!


今回の旅は…
そう、様々な出会いと気づきのある、
世界一周する位のスケールの大旅行

…になるはずだったのです。

 しかしその実際は、ブログを巡る余裕などなく、
 現実世界にただただ、もがき苦しんでいました。


準備万端で勢いよく海原へと飛び出したものの、
2日目にして近海の岩場に座礁。
沈まないよう水をかきだし、体勢を維持するのに日々必死。
1日1日を耐えしのぐ間に、今日を迎えた−
という次第です。

皆さんのサイトに訪問するどころか、
自ブログに寄せられたコメントへの返信さえままならず、
コメントいただいた皆さんには大変な失礼をいたしました。

そして皆さんには、お詫びよりも心からのお礼を
言わなければなりません。
記事をアップしないことを承知の上で、毎日のように
足を運んでくださった方がいらっしゃいました。
コメントをいただけた方はもちろん、
どれほど自分にとっての力になったでしょうか。

その応援もあって、学校の定期試験をなんとか
切り抜けることができました。
もちろん、成績にヌカリはありません。
週末に長瀞で徹夜しようと、(※後ほど詳述)
その次の週に100キロハイクに参加しようと、(※後日詳述)
そのお陰で足が過労性骨膜炎になろうと、(同上)
24時間フルに使って、この2週間、耐え抜きました。
その力を与えてくださった皆さんには、
本当に感謝しています。

結局、現実の世界でもがいただけの時間に
なってしまったわけですが、だからこその経験、
そして得られた気づきがたくさんありました。
まずはこの期間に得たそれら気づきや発見を
振り返ろうと思います。
特に印象的だったエピソードを3つ、
長瀞編・暗記地獄編・100キロ編の3編でお送りします。
では早速、長瀞編からどうぞ☆


現在159位。ランキングも座礁した!?
『この想い、地平線の彼方へ!』
↑カチッと押せば、ギアはトップの4WD!
 ランキングにご協力を☆


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

〜原点回帰の旅、長瀞編〜   エピソード1


9月最初の土日、長瀞にて
「幸せ論」を打ち上げたブロガー達の後夜祭が行われた。
集まったのは総勢27名。あまりにも濃密な1泊2日だった。
その様子、やりとりは参加した皆さんの各サイトにて
知ることができるので、ここでは割愛させていただく。

そこで話題に上ったこと、一人ひとりに強く感じられたこと−
それは“個”の存在だった。そして、

 自分がなぜ普通の大学を出たにもかかわらず、
 急に福祉の道に舵を切ったのか、わざわざ編入して
 精神障害者の自立支援を目指す道に進んだのか−
 その理由が重なったのだ。


大学にて勉強していたのは経済・経営学だった。
小難しい理論はさておき、人・モノ・金のやりとりを通じて
“今の世の中”を学んでいたわけだ。そして、研究テーマは
『今後の企業のあり方について(※1)』だった。

企業が一生涯の雇用と収入、保険を保障してくれる時代
ではなくなった。言われたことだけやっていればいい時代
ではなくなって、自分の力で稼ぐことが求められる
世の中になった。自分の能力に磨きをかけ、
自分の身は自分で守る時代になった。
自分で仕事を見つけ出す時代になったということは、
なんのために働くのか問われる時代になったということだ。

 組織から個の時代へ−

就職活動を通してもそれを強く印象付けられた。
そこで思ったのだ。

うまくいく人はどこまでもうまくいく。
だが、みんながみんな、その波に乗れるはずがない。
やる気のない学生、働く意欲を失ったサラリーマン、
生きる気力を失った現代人。。
社会構造の大きな変化が、人を押しつぶしかねない。
うつ病・神経症・統合失調症…精神病と呼ばれる病は
誰しもがなりえる、現代病ともいえるものだ。

 それが今、確実に増えている。

これから、こころを病む人はますます増える。
こころを病んだ社会になる…
そんな直感が俺を駆り立てた。(※2)

 ならば、俺のやりたい仕事は、
 自分が会社で働くのではなく、
 会社で働く人達を支えることだ!


だから舵を切ったのだ。
自分がそのセーフティーネット(安全網)になるために。
その予防線となることで、日本を元気にできるように。


個の時代になったということ。
それは、逆を言えば、

 能力とチャンスさえあれば、
 何でもできる世の中になったということだ。


ブロガー達はそれを敏感に感じ取り、彼らなりの
“これからを生きる形”を作り上げようと
しているのではないか−
個の光る、生き生きした彼らとの対話から、
そんなことを思った。同時に、

 個人が時と場所を越えてつながれる可能性−

ブログという機能を筆頭に、その土台が整いつつあるわけだ。
私は精神保健分野、“こころの気づき”を広めようと
現在、サイト作りに取り組んでいる。
それも、ITというツールをフルに生かして、
今までになかったつながりを築きたいからだ。

精神保健の知識を広め、人と人のつながり、
つまり、こころのつながりを築くことができれば、
それは大きな予防線となるはずだ。

自分もつ意識と個の時代だからできること、
それに目を向けて再出発を誓った長瀞での旅行だった。


 個の時代を孤の時代にしてはならない。
 それは個性が光る、自分らしく生きる時代で
 あるべきなんだ。
 
 そして、人は独りでは輝きを増すことはできない。
 人が磨かれるのは人とのつながりの中でこそ、
 だと思うのだ。

 孤独な人達にあたたかいこころのつながりを、
 輝く人達にさらなる活躍のフィールドを。
 そのための一歩を、ここに踏み出そう。



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

印象に残った言葉があった。

 長瀞では、たくさんの追いかけたい背中に出会った。
 そして、自分が彼らとの出会いに感謝するならば、
 仕事で結果を残すのにがむしゃらになるよりも、

  君が「背中」を見せてあげられる
  「かっちょいい大人」になる事だよ


 そうおっしゃった方がいた。
 その背中は、すごくかっちょよかった。
 絶対、追い越してみせる。そう思えるでっかい背中だった。


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

注釈
 ※1:本当の題名は『コーポレートガバナンスにみる
    株式会社の歴史的変遷』
 ※2:留年したので卒論をもう一本書いた俺。
    題は『経済社会におけるメンタルヘルスの役割』


明日は学校の試験についてを語るエピソード2
『再始動した物語好きの物語』
↑カチッと押せば物語の扉が開く。
 ランキングにご協力を☆


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/story_lover/50034413
この記事へのトラックバック
昨日の懇親会の合間に、おかむらさんから、いただいた 五日市 剛さんの「ツキを呼ぶ 魔法の言葉」。   帰り際に、私にフレディーさんが、渡してくださった斎藤一人さんの「変な人が書いた成功法則」。   カッタさんが、渡してくれたCD-ROM。   観る
ありがとう・・・・・・・沢山の愛のことば【nemoのリセットライフing+αアフィリエイト】at September 15, 2005 14:28
 旅行の話題でコメントしちゃってます。 金欠おしきって僕も台湾にいくつもりでっす。 HISの学生旅行で検索しました。http://sasub.main.jp/blog/his.html の海外ツアーつーやつ。。  最近は航空券とホテル別々よりパッケージになったツアーのほうが安いんだからお...
俺もアジア旅行いきまーす!【金欠「漢」東大生の物語】at October 15, 2005 02:32
この記事へのコメント
       お
       帰
       り
    心   
    を  素
    繋  が
    げ  屋
    て  っ
    い  ち
    こ  ! 
    う   
    !   
Posted by 【魂の風雲児】 JUK at September 15, 2005 13:55
(1)

「おかえり。素が屋クン」

ずっと待っていました。試験うまくいきましたか?

そして、すぐに、温かいコメントとトラックバック
本当にありがとう。

「苦しんでいる人のために何かしたい」あなたの
純粋なその気持ちに心をガシッとつかまれた気が
します。

現代は、何かわけがわからない、漠然とした不安が
ある時代です。

別に、何かをしなければ、殺されるわけでも、
生活に困るわけでもないのに。

このコミュニティで交流のある方達とは、
「何か」を必死で、探して獲得しようと思っている
方達が大半だと思うんです。

自分がこの世に今の肉体を与えられて生まれてきた
意味。


Posted by nemo at September 15, 2005 13:55
(2)

それを「つかみたい!」そして、生まれてきた使命
を果たして、来世につなげたい。

ベタな考えかもしれないけど、これを考えるか
考えられないかで、自分の人生も大きく変わって
くると思うんです。

それを何かの形で、支えて上げたい。

その気持ちは、本当に意味がある。

苦しんでいる人、それを支える人同士
エネルギーを放出しあって、支えあえるんじゃ
ないかな?

↑JUKがとてもいいことを言ったんです。

「お互いが足りないと思うから支えあえるんだ」

って。

あぁ、そのとおりだな。って感動しました。
Posted by nemo at September 15, 2005 14:00
(3)

個の時代。

だからこそ、自分の思いを何かで形にしよう。
悶々とした何かを、存分に発揮して、作り上げる。

今、関西のメンバーで立ち上げた
nemo菌倶楽部も、もしかしたら、それの一つかも
しれないね。

10月か11月に望月さんご一行が関西にいらっしゃいます。

もしもご都合が合いそうだったら、

京都に来ませんか?(*^。^*)

素が屋クンにもぜひ、会いたいって思うんだよね。

ワタシもいつも支えてもらっているから・・・。
これから、またよろしくお願いします。

nemoより、愛を込めて。
Posted by nemo at September 15, 2005 14:14





J
U
K















(涙
Posted by 素が屋 at September 15, 2005 15:18
>nemo 様

(1)
あらためまして、ただいま!です♪

試験は・・楽ではありませんでしたが、
まぁ、問題ないでしょう。
その詳細は明日の記事にてお伝えする予定です。


>現代は、何かわけがわからない、
 漠然とした不安がある時代です。
 別に、何かをしなければ、殺されるわけでも、
 生活に困るわけでもないのに。
Posted by 素が屋 at September 15, 2005 15:34
(2)
そうですね。生きるのに、生活するのに
精一杯の状況ならば考える必要のない不安
なのかもしれません。
本当の豊かさについて、考えさせられますよね。

ただ、将来が見えないということは、
将来をいかようにもできる、
ということでもあると思います。
そして、そのチカラを生み出すのは
“個としてのつながり”だと考えています。

だからこそ、

>このコミュニティで交流のある方達とは、
 「何か」を必死で、探して獲得しようと
 思っている
 方達が大半だと思うんです。

・・・のではないでしょうか。
Posted by 素が屋 at September 15, 2005 15:34
(3)
>自分がこの世に今の肉体を与えられて
 生まれてきた意味。それを「つかみたい!」
 そして、生まれてきた使命を果たして、
 来世につなげたい。

自分が生まれてきた−、
その意味を考える機会と持つことは、
自分の意思を来世へとつなげ、
伝える気持ちを生むと思います。

それはやっぱり、ひとりで成し得る
ものではないと思うんです。
お互いの足りないものを補い合って
はじめて完成できるものがある。
そういう意味でも、

 人はつながりの中で生きている。
Posted by 素が屋 at September 15, 2005 15:35
(4)
個の時代になったとしても、
人の本質は変わらないはずです。

そして個の時代だからこそ、
様々なつながりが生まれ、その中で
自分の思いを形できる。
悶々とした何かを、存分に発揮して、
作り上げることができる!
そう思うんです。


PS:京都・・行きたいです!
 授業とのにらみ合いになりますけど
 場合によっては強行させていただきます。
 是非、お会いしたいです。
 僕も、nemoさんには
 いつも支えられていますから☆
Posted by 素が屋 at September 15, 2005 15:35
素が屋さんお帰りなさい。

いろいろな事考えているのですね。

私はいつの時代も個の時代だと考えています。
すべからず個人です。

人とのつながり
難しい問題ですね!!

『人はこころ』野田
Posted by 野田正美 at September 15, 2005 16:24
>野田 様

ただいまです♪
早速のコメント、ありがとうございます!

>いろいろな事考えているのですね。

そうですね。
いろいろ考えざるを得ない状況に
身を置かれているものですから。(笑)


>私はいつの時代も個の時代だと考えています。
 すべからず個人です。

そうなんですよね!
いつの時代も個の時代なんですよね、本当は。
それなのに、その感覚が失われている
時代がある。
個人がみな野田さんのような感覚を
持っていれば、ちょっとは違う世の中に
なるのかもしれませんね。
それを地道に、発信していこうと思っています。


>人とのつながり
 難しい問題ですね!!

人とのつながり、本当に難しいです。
それを支援しようとする自分でさえ、
当たり前のように、自分自身の人間関係が
悩みなんですから。

今後とも、よろしくお願いしますね♪
Posted by 素が屋 at September 15, 2005 17:43
お帰り〜^^

コレから出逢うであろう刺激ある「背中」達を

しっかり見ていこうネ。きっと素が屋っちの

中で核融合ずおきていくはずだよ。

俺は年中・・核融合してる・・笑

まぁ・個性を出すって意外と当たり前の事かも

しれないね。上司の目・世間体ばかりを気にし

て本来あるべき姿を見失ったり、やりたい事を

躊躇してる情況って多いと思うよね。

だから・・「想い」を「具体的」に「実行」す

るには人と人の縁がとても大事なんだよね。

人を選ぶ事も勿論、重要になってくるよね。

地に足をしっかりと根ざしてお互い頑張ろう!
Posted by たたみ屋つよし at September 15, 2005 18:10
>つよし 様

ただいま〜です♪
早速のコメント、ありがとうございました!

この半年、自分の中で
激しく核融合が起こっています。
そんな刺激の中で

>「想い」を「具体的」に「実行」する

ことの大切さを実感しています。
そして、人の縁を大切にしていれば、
それを実行している人達に出会う機会は
必然的に増えますよね。逆に、

>上司の目・世間体ばかりを気にして
 本来あるべき姿を見失ったり、
 やりたい事を躊躇してる情況

であれば、その好機を逃しかねませんよね。
つよしさんのように地に足をつけ、邁進します!
Posted by 素が屋 at September 15, 2005 20:55
みんながこーいコメントを残すだろうから簡単に。

気味が行く道はかなり厳しい。まだ社会を含めて理解が得られていない領域だ。

それでも君が行くというのなら止めることは出来ない。かなり難しいことがまっているであろう。
私は自分なりにそういうことに触れたから、それが廻りから見る以上に大変であろうことは想像できる。

しかし、それも想像の域を越えない。
体感するのは君だけだ。実感できるのは君だけだ。
だから頑張って欲しい。でも無理は禁物。
それは君自身が一番知っていると思うけど。

勢いがついてしまうのが若さというものだから、何とか舵をコントロールすることを祈るのみ。

前向きに、でも能天気にね。
Posted by 健探人 at September 15, 2005 22:10
お帰りなさい。
変わらず 暖かいコメントに感謝です。
背中を見せられる大人に…
私も 同感です。言葉ではなく 正面からの言葉ではなく、黙ったままの大きな背中、温かい広い背中から きっとたくさんのモノを感じ取るはずだから。私も そう願い生活しています。いつも 抱き締めるばかりではなく
厳しさの中から 感じてほしいと思います。個の時代…自由に生きられる時代だから…不自由なのかもしれないですね。自由に生きるには
厳しさに立ち向かう強さがないと手に入れることはできないのかもしれないですね。
Posted by 姉御 at September 15, 2005 23:57
(1)

↑ うぉっ!健ちゃん熱いぜっ!(笑)

「かっちょいい背中」は理屈じゃないんだよなぁ。

だって「かっちょいい」んだもん。

俺も先人の「かっちょいい背中」や
「見苦しい背中」を見てきて
色んな事を思い、感じてきた。

で「個」の時代のメリット・デメリットを考える中で、すっげぇすっげぇ思う事。
それは・・・。

「価値観の輪(和)」って事かな。


Posted by 反響道 望月 at September 15, 2005 23:59
(2)

上司の悪口が上手な人は
上司の悪口を言いたい飲み会ではHEROな訳さ。

その「価値観」の中でしか理解しあえない物・事はあり・・・

それは絶対「交錯」しないんだよなぁ。

だからこそ「同じ村」の住人同士が
お互いを見つけ、語り、時に励ましあい
助け合い、歩んでいく。

そんな時代が「これから」なんだろうなって思う。

Posted by 反響道 望月 at September 15, 2005 23:59
(3)

でも・・それだってある意味
「原点回帰」だよね?

「本質」って・・・変らないものなんだよ。
きっと。

素が屋っち、おかえり。
でも、あんま無理して飛ばすなよー?(笑)
Posted by 反響道 望月 at September 16, 2005 00:00
お帰り!!素が屋っち
かっちょいい背中・・・・これ覚えてるよ

もち○きさんでしょ 
あ 隠さなくてもいいの?〔笑い)

会社で働く人を支えるのだ!!

これすごいね マジで

自分で切り開いていく人もいて
その人を支える人も必ず必要で

素が屋っちはもう、自分がラインだって分かったんでしょ

それすごいよ
うん うらやましい

私なんてずーっと社長秘書になろうとしてたもんね
ここ最近まで〔汗)
柄じゃないってやっときづいたもん
あ やりたいんだな 私って

このーしあわせもの!!
Posted by イベント屋 新井さゆり at September 16, 2005 00:16
>健探人 様

コメント、ありがとうございます!

難しい領域であり、
大変な苦労が待っていることは
容易に想像できます。
それでも行くんです。
腹はとっくに括っています。
ですが、

>勢いがついてしまうのが若さというもの
 だから、何とか舵をコントロールすること

は特に、自らの肝に銘じておきます。


>前向きに、でも能天気に

いい意味で、テキトーに行こうと
思っています。
とても励みになります。
コメントに感謝です。
Posted by 素が屋 at September 16, 2005 01:27
>姉御 様

(1)
>正面からの言葉ではなく、黙ったままの
 大きな背中、温かい広い背中から
 きっとたくさんのモノを感じ取るはずだから。

>いつも 抱き締めるばかりではなく
 厳しさの中から 感じてほしい

キャンプで出会う子ども達にも同じ思いで
接しています。
言葉で伝えなければならないこともありますが、
それ以外の部分はとても大きい。
それに気づかず、なおざりにされているとしたら、
それは、大人として恥ずべきことかもしれません。
Posted by 素が屋 at September 16, 2005 01:41
(2)
>個の時代…自由に生きられる時代だから…
 不自由なのかもしれないですね。
 自由に生きるには厳しさに立ち向かう
 強さがないと手に入れることは
 できないのかもしれないですね。

自由には責任が伴います。
自由において選択した道に対する、
自分に課せられた責任です。
自由がなく、選択肢もないことの方が、
楽に決まっています。
高校生の校則が厳しいか否かの
違いと同様です。
校則が厳しく、制服や持ち物が
細かく定められているとしたら、
自由はありませんが、それに沿っていれば
責任は問われない。考える必要も
責任を追う必要もない。
自由はないけれどそれはとても楽なことです。
Posted by 素が屋 at September 16, 2005 01:41
(3)
逆に、私服で校則もないに等しい
環境だったなら、常に自分で考えて
行動することが求められる。
つまり、常に判断を迫られるのです。
そこには責任を背負う強さと、
決断する勇気が求められます。

そして、子どもの時から自分でやらせることで
自由の意味を教えることはできるのです。
逆に、自由の意味を大人になるまで
知らなかったなら…

これからの時代、どう生きていいのか
途方に暮れてしまいますよね。
そんな人達であふれる前に、
なんとか力になることはできないか?
自由な校風の前の大学から
ずっと考え続けていることです。

姉御さんこそ、変わらない気づきの
コメントをどうもありがとう☆
Posted by 素が屋 at September 16, 2005 01:43
>望月 様

コメント、ありがとうございます!

(1)
>「かっちょいい背中」は理屈じゃない
 んだよなぁ。
 だって「かっちょいい」んだもん。
 俺も先人の「かっちょいい背中」や
 「見苦しい背中」を見てきて
 色んな事を思い、感じてきた。

理屈じゃない。ホント、そう思います。
大事なのは、自分がどれだけ
そんな背中に出会えるか・・ですよね。


>「価値観の輪(和)」

確かに、同じ価値観を持つもの同士が
つながれる時代といえますよね。
それは今までにないものを生み出したり、
新たな動きを生み出したり、
可能性に満ちていると思います。
Posted by 素が屋 at September 16, 2005 08:15
(2)
ただ、同じ価値観しか認められない
世界になったとしたら、
それは大きな損失になりますよね。
個がつながりつつも、
個を受け入れられる時代になることを
願って止みません。

無理して飛ばす・・ところでした。(笑)
少しずつ、マイペースに行かせてもらいますね。
Posted by 素が屋 at September 16, 2005 08:15
>さゆり 様

ただいまです、さゆりさん♪
コメント、ありがとうございました。

(1)
>「かっちょいい背中」 

ええ。↑のお方です。(笑)


>会社で働く人を支えるのだ!!

できるかはわかりませんが、
ヤリタイコトなんです。
それが見つかったということは、
それだけで幸せなこと・・なんですよね。
Posted by 素が屋 at September 16, 2005 08:25
(2)
>ずーっと社長秘書になろうとしてたもんね
 ここ最近まで〔汗)
 柄じゃないってやっときづいたもん

メガホン持った社長秘書・・
イケてますっ!!
社長をダメだししたり、
宣伝したりしてそうです。
でも、今のお仕事も、社長や会社を
(イベント通して)プロデュースしているんですよね?
さらに一歩踏み込んだ、
さゆりさんらしい形ではないですか?
Posted by 素が屋 at September 16, 2005 08:25
やっほーーーっ。

オレはなぁ、「お茶汲みOL」になりたかったんだよっ!!!

お茶入れると「渋っ!!!」と言われるがなっ!!!
コーヒー入れると「甘っ!!!」と言われるがなっ!!!


後なぁ、「王様」にもなりたかったんだよっ!!!

子供にオレのことを「王様」と呼ばせるように
しつけようと思ったが却下されたがなっ!!(涙)

たまに自分が「召使い」になっているがなっ!!!


見てみるか?
オレの「背中」(笑)
Posted by ハカイダー at September 16, 2005 10:29
>ハカイダー 様

やっほー!

お茶組みOLって、性別違いますよ?(笑)
自宅にて、実践しているわけですね♪
夢、叶ったんじゃないですか!

渋くて甘い、そんな背中を、
しかと見させていただきますネ☆
Posted by 素が屋 at September 16, 2005 10:40
素が嫌さん、情熱、パワー、迫力を感じます。
私も頑張ろうと後押ししてもらっているようで嬉しいです。ありがとう!
「組織から個の時代へ」
全ての幸せも悩みに対する答えも、そして問題提起の発端も・・・。結局は自分の内なる声だと思っています。
みな、本当の自分とは、本来の自分とは・・・「自分探し」を始めていますね。
その流れの中でのうつ病などの精神疾患の増大・・・。それも大切で必然的なプロセスです。
誰のせいでもなく、全て自分の選択、その選択権は自分自身にあるのです。
社会から個へのベクトルではなく、個から社会へと流れになっていくのではないかと思います。社会へと向かうには、まず、個がおのおので成り立っていることが前提です。
わたしはありのままのわたしで幸せ。
そしてあなたと繋がることでもっと幸せ・・・。
幸せの輪が広がる・・。

Posted by ヤンマー at September 16, 2005 14:24
>ヤンマー 様

(1)
コメント、ありがとうございました。
こちらこそ、ヤンマーさんには
チカラをわけてもらっています。


>みな、本当の自分とは、本来の自分
 とは・・・「自分探し」を始めていますね。

自分探しをせざるを得ない世の中になった。
自分探しができる世の中になった。
どう捉えるかで見つかる自分も
変わってきそうですね。そして、
Posted by 素が屋 at September 16, 2005 15:24
(2)
>個がおのおので成り立っていることが前提

であるにもかかわらず、

>誰のせいでもなく、全て自分の選択、
 その選択権は自分自身にある

ことを忘れてしまっている人が多いのでは
ないでしょうか。

>うつ病などの精神疾患の増大・・・。
 それも大切で必然的なプロセス

であると受け止めて、幸せの輪が広がるように
働きかけていけたらいいな、と思っています。

サイト、今度ゆっくり訪問させていただきますね♪
紹介、ありがとうございました。
Posted by 素が屋 at September 16, 2005 15:25
おかえり〜、素が屋っち!!

いろいろと得るものがあったみたいですね。

良かった、良かった。



僕がこころを病んだときは、

そのときは宜しく頼みますm(_ _)m
Posted by 複写長 at September 16, 2005 16:18
>複写長 様

ただいまです〜、複写長さん♪

ええ。得るものが多すぎて、
収拾つかなくなってます!

19日にお送りする予定の記事は
かなり濃いぃーですよ?
1冊の本ができそうな体験でしたから。

どうぞお楽しみに☆


ステキな奥様と、可愛いお子さんに
囲まれている複写長さんは
こころを病んだ人を元気にする
パワーを持っていると思いますよ。
それに、大変な時にはきっと、
周りの人が支えてくれると思うんです。
お会いした時、そんな風に感じました。

今後ともよろしくお願いしますね☆
Posted by 素が屋 at September 16, 2005 16:32

素が屋さん
 たくさんのコメントとトラバ有難うございます。
いろいろなところを旅されたんですね。いろいろなものを見る、そしていろいろな話を聞く。これが人の糧となるのだと思います。
 またお立ち寄りくださいね。
 ぽちッとしてますよ。(^○^)
Posted by 前向きな心と人のぬくもり at September 16, 2005 22:25
長い航海を終えて無事お帰りなさい〜
きっと素敵な旅だっと思います。
またこれからも
素が屋さんのメッセージ発信するの
楽しみにしています*^^*
Posted by norin♪ at September 17, 2005 13:21
>前向きな心と人のぬくもり 様

返信遅れましてすみませんでした。
再開したのに連続キャンプで留守がちな素が屋です。(汗)

皆さんの記事はもちろん、
このコメントのやりとりも、
自分にとっての大きな糧となると
思っています。
とっても大切なやりとりです。
だから・・感謝しています。

今後も、前向きな心と人のぬくもりさんから
いろんなものを見聞きさせていただこうと
思っています。どうぞよろしくおねがいします☆
Posted by 素が屋 at September 20, 2005 03:20
>norin♪ 様

ただいま、戻りました、キャンプから。(笑)
返信遅くなり申し訳ありませんでした。


>きっと素敵な旅だっと思います。

・・泥まみれ、汗まみれのかなり
リアルな旅になってしまいました。
ですが、その分得るものも大きく、
確実に成長している自分を感じています。

その成長を今後目指す道に、そして、
かかわる子ども達に還元できればステキだな、
と考えています。

そんな体験を少しずつ発信していきます。
楽しみにしていただけること、光栄に思います。
僕もnorinさんからのメッセージを
楽しみにしています☆
今後とも、どうぞよろしくお願いします☆
Posted by 素が屋 at September 20, 2005 03:24
素が屋っち、おかえりーーー!!!

・・・って、遅かったかぁ。(汗)

長瀞で、会えて本当に良かった!
その真っ直ぐな瞳に、ビックリしちゃったよ!

背中で語れる人間は、
それなりの苦労や経験をしてきてる。

オーラだな。

素が屋っちの見た背中の方は、
オーラが出てるよね?

でも、たぶんオレらに言えないくらいの
苦労や経験をしまくってるんだぜ!

素敵な先輩がいっぱいいるんだもん!
どんどん吸収して、
そのうち追い越しちゃおうぜ!!(笑)
Posted by 手書きチラシ大好き篠崎 at September 20, 2005 20:34
>篠崎 様

(1)
篠崎さん、ただいまです♪
遅くなんかないですよ。
僕自身、相当遅れて挨拶して
まわってますから。(汗)


>長瀞で、会えて本当に良かった!
その真っ直ぐな瞳に、ビックリしちゃったよ!

僕もお会いできて嬉しかったです。
真っ直ぐな瞳だなんて、なんだか恥ずかしいです。。
Posted by 素が屋 at September 21, 2005 02:22
(2)
篠崎さんの瞳は、皆の期待を背負った
熱い瞳に見えました。
篠崎さんの登場で周りが明るくなり、
元気をわけてもらった気がしたのも
そんな瞳のチカラだったのでしょうか。


>背中で語れる人間は、
 それなりの苦労や経験をしてきてる。
 オーラだな。

これは幸せ論の話、そのものですよね。
オーラのある人の周りには自然と
幸せの輪が広がるんだと思いました。
Posted by 素が屋 at September 21, 2005 02:22
(3)
>素が屋っちの見た背中の方は、
 オーラが出てるよね?
 でも、たぶんオレらに言えないくらいの
 苦労や経験をしまくってるんだぜ!

苦労や経験を重ねた分、
それが人としての“深さ”になるんですね。
まだまだ学ぶべきことはたくさんあって、
それに終わりはないんだ、と痛感しました。


>素敵な先輩がいっぱいいるんだもん!
 どんどん吸収して、
 そのうち追い越しちゃおうぜ!!(笑)

そんなステキな先輩達に出会えたことは、
自分にとっての財産です。
ええ、もちろんです。
追い越しますよ!追い抜きますよー!
自称、スポンジですから♪
Posted by 素が屋 at September 21, 2005 02:23
久しぶりにコメントいただいて嬉しかったです!人生、色々なことが起きて、自分の心も変化して行きますね!
でも、前向きに頑張る人には必ずいい結果が出ると信じてます!
素が屋さんの頑張る姿に励まされる人もたくさんいますよ!
これからも、素敵な記事を書いて下さいね!
Posted by makiko at September 22, 2005 00:26
>makiko 様

訪問、ありがとうございます♪
僕の方こそ、コメントいただけて嬉しいです!

人の心は変わるものですよね。
前向きにも後ろ向きにも変われます。
どうせ見るならば、前を向いて、
いい未来を描きたいですよね。

娘さんが勝負に立ち向かい、
頑張る姿に、とても励まされました。
これからもどうぞよろしくお願いします☆
Posted by 素が屋 at September 22, 2005 06:22