August 14, 2020

ループ

よく、僕は生きてる意味あるのかな、って思う。死にたいわけではないんだけど、抱えきれない空洞を、とにかく忙しくすることで目をそらし続けて、そんなことをあと30年もくりかえすだけなら、いま終わっても差がないんじゃないか、ぼんやりと思う。


あなたがいないなら、生きていても死んでいても、同じだ。

  

Posted by storyteller at 03:50Comments(0)詩・日記

July 27, 2020

離島

僕のそばであなたがしあわせにいる
そんな未来が欲しかった

仕方ない、を重ねて
僕はどこに行けるのだろう
  
Posted by storyteller at 02:37Comments(0)詩・日記

July 25, 2020

ストーカー

君が思うよりも、僕は君のストーカーだから。

君が知らないと思っている君のこと、僕は知っている。


  
Posted by storyteller at 03:08Comments(0)詩・日記

July 21, 2020

もし今日死ぬとしたら

もし今日死ぬとしたら
好きな人にちゃんと好きと言って死にたい
と思ったのです

あなたにちゃんと好きと言えたので
僕の一生はもう終わりでいいような気がするのです
  
Posted by storyteller at 02:46Comments(0)詩・日記

あなたの枷に囚われる

この男をわたしのもとに留めたい、と
思ってくれたのなら
僕の願いは成就しました

  
Posted by storyteller at 01:39Comments(0)詩・日記

June 23, 2020

あなたのために生きられないのなら

あなたのために生きることが許されないのなら、
せめて、あなたのために死なせてください。
  
Posted by storyteller at 02:39Comments(0)詩・日記

February 16, 2020

あなたを生きる幸福

あなたを諦めようと思ったとき
人生を諦めるように感じた

僕は、人生を諦めたくない

あなたとの関係に意味づけをして
前に進めることを考えたとき
とても怖くなった

意味づけできるということは
過去にすること

あなたを浮かべるだけで心音が熱を持つ
こんなにも
こんなにも今もしあわせなのに
過去になんてしたくない

僕のなかで
あなたの心臓は脈を打っている

分けられない

あなたを生きる幸福
  
Posted by storyteller at 03:44Comments(0)詩・日記

January 05, 2020

You

可憐に舞うあなたの指先を
眠らずに ずっと追い続けた
電子楽器で脳を拡張して
宇宙よりも遠いところにいる
あなたに会いにいった

想いが昂まりすぎて
僕は深みから出られない
あなたの名前を呼ぶ
何度も 何度も
欲しくてたまらない
僕の足元の ひび割れた大地の真実は
こんなにもかんたんなこと

山あいの国道は
車に乗れない僕には絶海の孤島で
きっと冬の風が吹き荒ぶころ
眠りの果てがある

  
Posted by storyteller at 02:29Comments(0)詩・日記

September 03, 2019

通勤日

朝に目が覚めて

昨日の疲れの残りと

センチメンタルと

ネガティブ


遮光カーテンのすきまから

外のようすをうかがう

日差しが雲にさえぎられている

ホッとする


駅で知らん人が

知り合いに似ていてドキッとする

思い出したくもない


そういえば今朝の夢は

あなたがすべて忘れてしまって

それでも僕らは手をつないでいる

そういう夢だった


電車に揺られていく

ずっと立ちっぱなしの日々

昨日の疲れをひきずり

今夜の薄闇のために糧を得る


  
Posted by storyteller at 08:19Comments(0)詩・日記

August 17, 2019

巡る血流

巡る血流の
アトモスフィア
あぶく

したたったのは
青褪めた
ヘモグロビン

やわらかい
肢体
渦巻く

連鎖する海の音が
鼓膜のおくのおく
脈拍が光速を超える

ミックスジュース
破断した立方体
鉄柱が落ちる

静脈注射
未来はまだ遠く
未来はまだ遠く

  
Posted by storyteller at 21:58Comments(0)詩・日記