ブログ移行のお知らせ

管理人の負担軽減のため、こちらのブログを休止し、ホームページ内のブログに統一します。
必要な情報や頂いた皆様のコメントはこのまま残しますが、新しいコメントはできなくなります。

長い間、ご覧いただきありがとうございました。

ホームページ
野焼き煙害被害者の会

https://noyakihigai.jimdofree.com/


ブログ(ホームページ内)
https://noyakihigai.jimdofree.com/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0/


Facebook
https://www.facebook.com/noyakihigai


署名活動:環境省へ野焼き禁止の周知徹底を求める要望
http://chng.it/TFyznm6m
下のリンクをクリックすると署名専用サイトに移行します。
説明をよく読んだうえで、必要事項を記入し署名が完了します。
個人情報は厳重に管理されます。
2019/12/11現在694名の署名が集まっています。
1000名まであと少し、皆様のご協力お願いします。










農林水産省:「米に関するメールマガジン」に関するご意見募集

農林水産省では、「米に関するメールマガジン」に関するご意見を募集しています。

「米に関するメールマガジン」は、米の流通に係るよりきめ細かい需給・価格情報、販売進捗・在庫情報等について提供することを目的としたメールマガジンです。
流通に関する情報提供が主な目的ですが、私達被害者の声を届けられる数少ない機会ですので、利用しない手はありません。
ぜひ、皆さんの声を届けましょう。

(記入例)
「野焼きをやめましょう」の記事を取り上げて下さい。
野焼きによる煙害で喘息や化学物質過敏症など多くの健康被害が出ています。
野焼きにより発生するPM2.5やその他の有害化学物質により、咳・頭痛・目眩・倦怠感・鬱などの直接被害、脳梗塞・心筋梗塞などの長期的被害が認められています。
稲わらは燃やすと地力が低下するだけでなく、病害虫の予防効果もありません。
堆肥化やすき込みより、地力が上がり、病害虫に強い米ができます。
また、もみ殻のすき込みは敬遠されがちですが、新潟など多くの地域ではすき込みが行われ、倒伏しない強い稲が出来るそうです。
もみ殻は燃やさないで下さい。
また、温暖化対策にも有機物の土壌貯留は有効です。
しかしながら、現場では「昔からやっていた」などの安易な理由で野焼きが横行しています。
市民の苦情に対しても、市町村は「野焼きは必要な作業」と言い、適切な農業指導が行われていません。
農林水産省からの指導が、市町村の甘い体質改善にも有効です。
ぜひ、野焼き防止の啓発をお願いします。

環境省へ:野焼きさせて下さい!

私は田んぼで木くずをたった30㎏燃やしただけで廃掃法違反で書類送検され、ニュース沙汰にもなってしまいました。
廃掃法では、木くずの焼却は認められているはずです。
現に、多くの市町村では草木は燃やしても違反にならず、多くの苦情がありながら燃やし続けている人も多いと聞いています。
その市町村の言い分としては、
「農業は昔から廃棄物を焼却処分してきた、燃やさないと農業が成り立たない。」
「農業の野焼きの苦情は営業妨害である。」
「草木の焼却は焚き火であるので違反ではない。」
「お年寄りは足腰が悪く処分場に持って行けないから燃やして良い。」
「風向きに気を付ければ燃やして良い。」
「燃やす人の気持ちも考えて、思いやりを持ちましょう。」
「たった2、3日で終わるから我慢しましょう。」
とのことです。

しかし、私の市では野焼きは原則禁止であると言われました。
「農業であっても他の方法が取れる場合は焼却禁止。」
「作物残さは堆肥などに活用し、利用できないものは適正処理する。」
「クリーンセンターや集積場に持ち込むことができるものは焼却禁止。」
「軽微なキャンプファイヤーは例外だが、安易な草木の焼却処分は禁止。」
「近所迷惑になったり苦情があれば法律違反。」
そして多くの人は燃やさないように気を付け、農業であっても堆肥化したり処分場に持ち込んだり、高額な粉砕機を導入した人もいます。

同じ法律なのに、あまりに不公平です。
よその市では自由に燃やせる木くずを焼却しただけで書類送検されるなんて納得できません。
高額な粉砕機を導入した人も納得できません。
燃やす事が許されるのなら、何のために高額な費用を捻出したのでしょうか。

環境省はこのような不公平をなくすため、廃掃法の解釈について、以下の通達を出すように要望します。
  1. 農業の野焼きは必要不可欠として、全ての野焼きを認める
  2. 草木の焼却処分は焚き火として、全ての野焼きを認める
  3. 今まで書類送検された人達に謝罪し、処分を撤回する
  4. 高額な粉砕機を導入した人達に、費用を負担する
もしできないのであれば、不公平さをなくすため、厳しい方に基準を統一するべきです。
よろしくお願いします。

(管理人より)
こんな署名どうでしょう?
半分皮肉、半分本気です。

よくあるコメント

農地の近くに住む時点で事前に分かることなのに、
自分勝手な文句ばかり。
昔、よそ者に追いやられたアメリカの先住民族の気持ちが分かります。

法律のことを言っているだけなのに、自分勝手とは
自分勝手な意見ですね。

法律では、事業者には廃棄物の適正処理の責務があり、
やむを得ない場合を除いて野焼きは禁止されている。
多くの野焼きはやむを得ない理由もなく、適正処理が面倒で燃やしているに過ぎない。

法律が守れないなら日本から出て行けばよい。

環境と人の健康を守れない農家なら淘汰された方が良い。

農業が大型化、スマート化していくなかで、化石のようなやり方で生き残れるわけがない。
中小企業が生き残るために、付加価値をつけるなどの努力をみんなしてる。

時代は変わっています。
文句ばかり言ってないで、生き残る努力をして下さい。

野焼き資料集

野焼き資料集(全56ページ)を作成しました。

 

すべての資料を一冊にまとめると膨大な量になるため、重要なものだけを抜粋しました。

 

お住まいの自治体との交渉にお役立てください。

 ダウンロードはこちら


環境省への署名活動もよろしくお願いします。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

プロフィール

管理人

千葉県印西市在住

環境科学、農地工学専攻。

記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ