【地鎮祭 式典の流れ】  

開式~
献饌 までの式典内容



*地鎮祭での式典内容を簡単にご説明させて頂きます


(私の周辺の内容ですので、地域や宗教による違いはあると思いますがご了承下さい)

PA110013


神棚に向かって 

右側に御施主さまとご家族 が座り 

【左側に施工関係者
 が座ります



通常の一戸建ての地鎮祭では司会者を別に用意することは少なく、

神主さんが司会も務められる
事が多いです


P2070008

全員が揃ったら 司会者(神主さん) が 儀式の開始 を宣言します

『只今より 〇〇家の 地鎮祭をとりおこないます』

  P8040065








* 修跋の儀 (しゅばつのぎ)


祭壇 ・ 土地 ・ 参列者 をお浄めしてもらいます




『それでは修跋の儀を行います。全員ご起立下さい』 
の神主さんのお声で、全員起立します


『頭をお下げ下さい』 
のお声で起立した状態で少し頭を下げます


この時、神主さんが神前に向かって二拝し 
御祓詞(はらえことば)を唱えながら、工事をする土地やご神前 ・ 参列者の身を浄めるためのお祓いをします


(大麻(おおぬさ)と呼ばれる、先に紙の束(紙垂)のついた棒で シャカシャカ とお清めしてくれます)


『お直り下さい!ご着席ください』 
のお声で頭を上げ、着席します


PA310022







* 降神の儀 (こうしんのぎ)


神様を現地にお迎えします



『それでは、降神の儀を行います。全員ご起立下さい』 
の神主さんのお声で、全員起立します

『頭をお下げ下さい』 
のお声で起立した状態で少し頭を下げます

神主さんが「降神」の詞を述べ、続いて「オー・・・・・・」という 警蹕(ケイヒツ)を発せられます


初めて聞くとビックリするかもしれませんが、これは 
「神様がいま降りてこられますよ」 という事を神主さんが
「オー・・・・・・!」 と警蹕の声を発して、参列者に注意しているそうです


『お直り下さい!ご着席ください』 
のお声で頭を上げ、着席します


  PC190073








* 献饌
(けんせん)


神様にお供え物を差し上げます




神主さんが神様にお供え物を差し上げますので、着席したまま待ちます


近時は献饌も略式となっていて、開会前にあらかじめ祭壇に神饌品を供えてありますので

 
神主さんが神酒の徳利の蓋をとる儀式 になっているのが通常です

  PC190055

(地域や宗教等により違いはあると思いますがご了承下さい)





こちらの商品案内のHPもよろしくお願いします

近畿圏での地鎮祭なら ストラクション


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村