2008年11月06日

ヒルマ道場グッズ第1弾製作します!

ながらくお待たせしました(?)、ヒルマ道場グッズ第1弾としてパーカーを作くることとなりました!

プルオーバータイプのパーカーになります。

デザインは道場にイメージを置いてありますので、練習にいらした際にご覧になって下さい。

比較的ポップな感じです。

「和柄がいい」という意見も出たのですが、汎用性を高める為に、合議の上、却下しました。

個人的には和柄大好きですので、後ろ髪引かれる想いではあります(笑)。

いずれ和柄のグッズも作りたいとは思います。

さて、パーカー自体のボディ(生地)の色は、現在、赤と紺の希望が出ています!

他の色も交渉次第で可能ですので、希望する色を申し出てください!

他に白・黒・エンジ・こげ茶・オリーブ・チャコール・青などがあります。

何も言わない人は自動的にヒルマ道場カラーの赤になります。

購入希望の方はラウンジに置いてある用紙に名前と希望する色とサイズを記入して下さい。

サイズは晝間がMでジャストサイズです。

ゆったり着たい場合はワンサイズ上をオススメします。

複数枚希望の方はその旨の記入もお願い致します。

締め切りは、急で申し訳ないのですが、アジア選手権に間に合わせる関係上、来週月曜日(10日)となります。

道場に来れない方で購入希望の場合は、電話やメールで良いので、ご連絡下さい。

完全受注生産になりますので、申し込まないと購入出来ません。

迷ってるヒマはありません。

迷うくらいなら買いましょう(笑)。


随時会員募集中!見学・体験できます♪ 初心者歓迎です☆
東京都文京区江戸川橋駅1b出口徒歩1分ブラジリアン柔術道場
  ストライプル早稲田柔術アカデミー☆ヒルマ道場
【公式サイト】http://www.hiruma-dojo.com
入会のご案内はこちら>>
お問い合わせはこちらから>>
ストライプル早稲田☆ヒルマ道場モバイルサイト

14:19│ このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote お知らせ | 販売&レンタル
プロフィール
東京都文京区江戸川橋ブラジリアン柔術道場 ストライプル早稲田柔術アカデミー☆ヒルマ道場:晝間貴雅

晝間貴雅(ひるまあつのり)

1975年生まれ 埼玉県出身
ストライプル早稲田柔術アカデミー☆ヒルマ道場代表
柔術黒帯弐段
サムライメソッドやわらぎ公認施術者

2002年にストライプル早稲田、2008年にヒルマ道場(常設道場)設立。
※ストライプルは東京都内に4つ、千葉3つ、神奈川2つ、茨城2つ、新潟、静岡、神戸で活動している柔術道場です。

2006年アジア選手権【優勝】
2017年全日本マスター選手権ウルトラヘビー級【優勝】 他、優勝入賞多数。

――――――――――――――

東京都文京区関口1-48-5 第2榎本ビル3階

有楽町線江戸川橋駅1b出口徒歩1分
 ※池袋〜江戸川橋までは3駅6分
東西線神楽坂駅徒歩8分
東西線早稲田駅徒歩10分
都電荒川線早稲田駅徒歩10分
早稲田大学正門から約800m


お問い合わせ
メール:hiruma.dojo@gmail.com
電話:03-3269-5134

公式サイト
東京都文京区江戸川橋ブラジリアン柔術道場 ストライプル早稲田柔術アカデミー☆ヒルマ道場
会費について
入会金
一般:¥10800

月会費
・フルタイム会員
 男性:¥10800
 女性&22歳(大学生)以下:¥8640
・月8回会員:¥8640
・週1回会員:¥6480
ブラジリアン柔術とは?
『柔術』とは日本古来からの武道で、ブラジルに渡った柔道家・前田光世(コンデ・コマ)がカルロス・グレイシーに技術を伝授。その後、独自の発展を遂げ、寝技主体の着衣格闘技であるブラジリアン柔術(グレイシー柔術)となりました。

誰にでもできるスポーツとして非常に優れたモノであり、日本国内ではここ数年で最も競技人口を増やした競技であると言っても過言ではありません。

また、UFCなどの総合格闘技などで活躍している多くの格闘家が練習に取り組んでいます。

海外では趣味のスポーツとして、また、護身術として、一般の方々に愛好されています。
Atsunori Hiruma
1975年生まれ。埼玉県入間市出身。野球、水泳、陸上などを経験し、1996年に正道会館東京本部に開校した正道会館柔術クラスに入門。人気漫画『グラップラー刃牙』の主人公範馬刃牙のモデル平直行に師事。同所で行われていた「青い目の侍」アンディ・フグのチーム・アンディにも混じり打撃の習得にも励む。1998年にはプロ格闘技イベント『K-1』のオープニング・ファイトに出場し、総合格闘技の試合を行い、東京ドーム等のリングにも上がった。2000年からはアマチュア格闘技大会『グラップラーズ・ガーラ』を開催し、格闘技の普及に勤める。所英男を始め、プロ格闘技大会に出場することになる選手を多数輩出する大会となる。2002年、早稲田大学生の要請を受け、『ストライプル早稲田』を設立。2004年からは『コパ・ストライプル』『マスター&シニアJAPAN CUP』など柔術の大会も手掛ける。紫帯時代に茶帯や黒帯、全日本サンボ王者に勝利を収めた事もあり、2006年には日本で初開催された国際大会『アジア選手権』で優勝。柔術のみならずグラップリングなども含め、各種大会で優勝入賞を重ねている。2008年、自らの道場を設立。指導歴は20年を越え、日本ではまだまだ少ない柔術黒帯を保持し、古流武術の流れを汲む『サムライメソッドやわらぎ』も学び、療術も含め幅広く柔術を嗜んでいる。2017年には試合復帰し、『全日本マスター選手権』ウルトラヘビー級で優勝。160cm。55kg。ストライプル早稲田柔術アカデミー☆ヒルマ道場代表。 atsunori hiruma
つぶやき