若さを永遠に維持したいという願望は、世の女性であれば誰しもが思うこと。年を重ねると、現実から目をそむけたくなるもの。だからと言って悲観するのではなく、自分にできる最大の努力を重ね、結果納得する。決して日々、「美への追求心」は忘れない。だが、この「若さと美貌を永遠に保ちたい」という願望が恐ろしい残虐行為に繋がった、一人の女がいる。

エリザベート・バートリ(1560年~1614年)はハンガリー屈指の名門・バートリ家の出で、このバートリ家には財産や権威を守る為、長年近親相姦が行われており、その影響で発狂や淫乱といった変質的な性質を持つ人間を生み出していた。エリザベートもその影響を受け、情緒不安定で、感情の起伏がとても激しかった。

このエリザベートはかなりの美貌の持ち主であった。絹のようなすべすべの肌をし、黒い大きな瞳で近寄りがたい位の美しさであった。そんな彼女は15歳の時、ナダスティ家の5歳年上のフェレンツ伯と結婚する。そしてチェイテ城に居を移す。

しかし軍人の夫は戦地へ赴き、留守がちであった為、エリザベートは日々退屈であった。その上、姑は口煩く、仲も良くなかったので、エリザベートにとって姑は鬱陶しい存在であった。



エリザベート


エリザベートはいくつものドレスや宝石をとっかえひっかえ身につけたり、薬草を煮出して得体のしれない美容液を作ったりして暇をつぶしていた。そして次第に、エリザベートの呪われた血筋が姿を現すようになった。

エリザベートは下人から魔術なる儀式を教わったり、何人もの愛人を作って淫靡な行為にふけっていた。夫は彼女の行為を知っても、不在にしがちで後ろめたさから、その行為に目をつむっていた。

そして、ある日、エリザベートが侍女に髪を解かしてもらっている最中、侍女の不注意で近くに置いてあった小瓶を落として割ってしまう。それに怒ったエリザベートは侍女の顔を強く殴り、返り血を浴びてしまった。その血を拭き取ると、その肌の部分だけ艶やかとしていたのだった。これをきっかけに、彼女は若い女の血に異常なまでの執着を見せ始めるのだった。

それから、エリザベートは村の貧しい家の娘を、「礼儀を習わせる為」と偽り、城に集めるのだった。娘達は華やかな城で働けると喜んで奉公に行くのであったが、城の門を一旦くぐると、二度と外に出られないのであった。集められた娘たちは、エリザベートにより次々に拷問され殺されていった。

若い娘の血からつくられた「美容液」で若さと美貌を保とうとするエリザベートの所業にも終止符を打たれることになる。エリザベートが虐殺した少女は600人~700人にのぼると言われているが、あまりにも城での行方不明者が多すぎるのと、村娘だけでなく、貴族の娘にも手を出してしまった事で、エリザベートに捜査の手が及ぶ。

エリザベートと共に罪を犯した取り巻き立ちは死刑になったが、エリザベートは名門の家柄であったので死刑は免れ、城に幽閉されることとなった。

チェイテ城の地下の牢獄は、小さな覗き窓から差し出される一日一度の食事、暗くて冷たい空間、床は排泄物と残飯にまみれ、まさに死を待つだけの場所であった。幽閉されてから3年後、エリザベートは54歳で生涯を閉じた。その姿は、かつての美貌の姿とは程遠く、体はやせ細り、顔には深く皺が刻まれ、まるで老婆のような姿形であったという。。

近現代史ミステリーのコーナー【目次】

  • 未解決事件ファイル「目次」
  • 怖い話「目次」
  • 恐怖スポット・伝承スポット「目次」
  • 都市伝説「目次」
  • おすすめミステリー・面白いサスペンス
  • 伝承・歴史・民俗学のミステリー【目次】
  • 超能力者【目次】

  • 宣伝

    このブログは安くて美味しい居酒屋とん彩やと、それに関連する面白コンテンツを、一人でも多くの皆様に知っていただきたいという思いで、とん彩やスタッフの手により運営されております。

    記事が面白かったら、こちらもどうぞ宜しくお願いします。

    グルメ

    こちらはとん彩や福島店のご案内です

    とん彩や福島店
  • 豚鍋、豚しゃぶ
  • 大阪福島駅からのルート

    面白コンテンツ
  • ミステリー
  • 関西バイクツーリング
  • 似顔絵