2006年02月02日

朝日が皇族に発言を控えろと指図

〜〜〜引用開始
 皇位継承のあり方をめぐり、天皇陛下のいとこにあたる寛仁(ともひと)さまの発言が相次いでいる。

 昨年、会長を務める福祉団体の機関誌に随筆を寄稿したのに続き、月刊誌「文芸春秋」などでインタビューに応じた。さらに産経新聞と、同社が発行する雑誌「正論」にインタビューが載った。

 初代の神武天皇から連綿と男系が続いているからこそ皇統は貴重なのだ。戦後に皇籍を離れた元皇族を復帰させるなどして男系維持を図るべきだ。いずれもそうした趣旨の発言である。

 小泉首相から皇位継承のあり方を諮問された有識者会議は、女性天皇やその子の女系天皇を認める報告書をまとめた。政府はこの報告書に沿って皇室典範の改正案を準備中だ。

 寛仁さまの発言は、この報告書や首相の方針に異を唱えるものである。

 だれを天皇とすべきか。皇位継承は天皇制の根幹にかかわる問題だ。国民の間で大いに論議しなければならない。

 皇族にも様々な思いはあるだろう。自らにかかわることだけに当然だ。だが、それを外に向かって発言するとなると、どうか。改めて考える必要がある。

 当事者である天皇や皇族がどう考えているのかを知りたいと思う人もいるだろう。自由に話をさせてあげたらいい、という人もいるにちがいない。

 皇太子妃の雅子さまが体調を崩したときに、私たちは社説で、心のうちを率直に語ったらどうかと主張した。

 しかし、今回の一連の寛仁さまの発言は、皇族として守るべき一線を超えているように思う。

 寛仁さまはインタビューで「皇族は政治にタッチしないという大原則があります」と述べている。その大原則に反するのではないかと考えるからだ。

 憲法上、天皇は国政にかかわれない。皇位継承資格を持つ皇族も同じだ。

 寛仁さまは皇位継承については「政治を超えた問題だ」と述べている。歴史や伝統の問題ということだろう。

 しかし、天皇制をどのようなかたちで続けるかは国の基本にかかわることで、政治とは切り離せない。まして、いまは政府が皇室典範の改正案を出そうとしている時期である。

 たとえ寛仁さまにその意図がなくても発言が政治的に利用される恐れがある。それだけ皇族の影響力は大きいのだ。

 天皇は日本国民統合の象徴だ。国民の意見が分かれている問題では、一方にくみする発言は控えた方がいい。これは皇族も同じである。

 天皇陛下は記者会見でたびたび女性天皇や皇位継承について質問されたが、回答を控えてきた。皇太子さまも会見で質問されたが、やはり答えなかった。

 おふたりとも、憲法上の立場を考えてのことにちがいない。

 寛仁さまひとりが発言を続ければ、それが皇室の総意と誤解されかねない。そろそろ発言を控えてはいかがだろうか。
〜〜〜引用終わり

皇室典範改正を推し進める人たちは、皇室の意見を聞くべきではないと主張している。
その論拠は、「皇室が政治に関わってはいけない」から。
確かにそう言う原則があるのはわかるのだが、皇室典範改正は「政治」なのだろうか?
政治だとしても少なくとも、法案だとか、増税だとか、外交問題とは一線を隔した問題であることは間違いない。
何せ、2600年に渡る伝統を存続させるか、断ち切るか、日本を根幹から揺るがす問題なだけに単に「政治」と言う小さな枠だけに収まらないのではなかろうか?

この「伝統」をどうするのか?
しかし、「政治・伝統」だけでもまだ枠が小さい。
なにせ、皇位継承問題と言うのは天皇家の家督相続問題。
簡単に言えば「家の問題」でもある。

いかに天皇家が特別な御立場にあるとは言え、他人がずけずけと他所の家の事に口出ししていい物なのだろうか?
逆に、自分の家の事に口出しするのは当然なんじゃなかろうか?
そして何より、言論機関が「発言するな」って言う方が大問題なんじゃなかろうか?
この社説は「ジャーナリズムとして守るべき一線を越えている」のではなかろうか?

確かに、朝日の言う通り、寛仁親王殿下だけが御発言をしていると他の皇族の方々が何を御考えなのかわからないだけに、何も仰らないと言うのはそれを支持しているからかもと言う誤解を与える可能性はあると思う。
ならばこそ、他の皇族の方々ももっと御発言すべきだと自分は思う。
当事者である皇族に対して御発言を控えるべきだと言うのは、ただの人形になれと言っているのと変わらないように思える。

自分は皇族がこの問題についてどう御考えなのか、もっと知りたい。
皇族が総意で「女系でもかまわない」と仰れば、それでもかまわないと思う。
何も仰らないまま、政争の具になることだけはならないで欲しいと心から願っている。

皇室典範改正は皇室の御意見を十二分に聞き入れてから考える問題だと思う人はクリック


Posted by stray_cat1981 at 12:34│Comments(1)TrackBack(2)【国内】皇位継承問題 | 【マスコミ】朝日新聞

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/stray_cat1981/423799
この記事へのトラックバック
今日2月2日(木)の朝日新聞社説はまさに噴飯ものの社説であった。 とてつもない内容なので、全文引用する。寛仁さま 発言はもう控えては 皇位継承のあり方をめぐり、天皇陛下のい〈
朝日新聞による皇族批判【先っちょマンブログ】at 2006年02月02日 13:14
 私はあまり皇室の問題に発言しようと思わないのですが、今回朝日新聞の社説で出された記事には唖然としました。皇位継承問題にどうこうと言うつもりはないのですが、朝日新聞には少
朝日新聞よ、おまえこそ黙っていろ【新聞記事・ニュース批評@ブログ】at 2006年02月02日 20:27
この記事へのコメント
>寛仁さまひとりが発言を続ければ、それが皇室の総意と誤解されかねない。

だったら、もっと多くの皇族の方が意見を述べられるべきという結論になりそうなものですが。何ですか、この結論は(呆れ)。
Posted by 七誌 at 2006年02月02日 22:23