やまやなカワイイな

教授「どもー!!」
教授「今日はやまっきのハロショイベに行って来ました!!!」
助手「イェイ!!!」
助手「安定の30分オーバーでしたねww」
教授「充実したイベント内容で、むーっちゃ面白かったわい!!」
教授「やっぱ、やまっきは、トークが上手いし、楽しいよな」
助手「語彙力があるし。返しとかも上手いからね」
教授「帰宅したのが23時ぐらいなので、詳しいイベント内容は、明日か明後日にでも上げますね」
教授「なので、今日はまぁ、やまやなかわいい話でも、少ししようず」
助手「あ!2人でお出かけしたお話ね〜」
教授「ホント、この2人は、カップリングとか抜きにしてカワイイわwww」
教授「やなみんの、あの、ポケモンで言うところの『なつきタイプ』って感じがカワイイんだよね」
助手「あれはね。カワイイ!!!www」
助手「スタバに入って、やまっきが『映(ば)える写真、撮るよー!!』って張り切ってるのに・・・」
助手「入店して5分で、すでにコーヒー飲み干してたやなみんが、ぐうかわなんですよねwww」
教授「映える写真を撮ろうにも、すでに飲み物がない。かわいいwww」
教授「『映える写真撮るよ!』って張り切ってるやまっきも、相変わらず張り切りやで、カワイイしなwww」
助手「あと、やなみんの一番カワイイのはアレですよ」
助手「2人でコナン映画観に行って、『裁判官 山木』のシーンで・・・・」
助手「ニコニコしながら、やまっきの方見るの、ぐうかわでしょ??ww」
教授「『これですね!ちゃんと梨沙ちゃんのブログ読んでるから知ってますよ?このシーンですね!』って感じなんだろうねww」
教授「やなみんブログで特に可愛かったのが・・・」



裁判官 山木のシーンもちゃんとチェックして、
来年の劇場版コナンもぜひ一緒に!と
梨沙ちゃんと約束までできたので
完璧です〜(ハート


教授「『完璧です〜』がカワイイwww」
助手「良かったねぇ、やなみん!!って、頭、撫でまわしたくなるわwww」
教授「こんな愛らしいのが高2だぜ!!奇跡だろ??」
助手「脱出ゲームも楽しめたみたいだしね」
教授「やなみんはゲーム好きだから、脱出ゲームとか、好きになる要素あるしね」
教授「初心者のやなみんに出来るだけ解かせてあげ、「凄い!」って褒めてあげ、挙句、いざ詰まった時は、颯爽と助けてあげるやまっきが、くっそイケメンww」
助手「脱出ゲームガチ勢だから、素人から見たら、抱かれたいレベルで頼りになりますよwww」
教授「でも、やなみんはなんだろうね??今までに体験した事にない、『萌え』を感じるわ。やなみんって」
教授「なんつーの??もりとちとかに感じる萌えとは、全然別ジャンルの『萌え』を、やなみんには感じる」
助手「やっぱね。母性擽られる系の『萌え』ですよ。やなみんは」
教授「そう。だから、カップリングじゃないよね。むしろ、うちのやなみんを、そんなカップリングとか・・・・イヤらしい目で見ないで頂きたい!!!」
教授「・・・・かなとも、オメーだよ!!!www」
助手「おもっきりジュースブログで『Juice=Juiceだと、宮崎由加ちゃんと梁川奈々美ちゃんがアイス好きのイメージです。ここのカップリング名はなんというのでしょうか』って書いてたねww」
教授「ちょっと、うちの奈々美を、そんないかがわしい目で見ないでくださらない!!金澤さん!!児童相談所に通報するわよ!!」
助手「船木を色小姓役にするのが大好きなアンタが、どのツラ下げて、児相に通報するのだ??www」
教授「でも、カップリングとか通り越して、やまやなは尊いと思うけど・・・・」
教授「『知ってました??わたし、実は、梨沙ちゃんが初恋の人なんです!!』みたいな、やまやなは、しょーじき、観たい」
助手「それはいい、やまやなだな!!!」
教授「妹の様な後輩のやなみんが・・・・まさか私を好きだなんて、これっぽっちも知らなかったよ・・・・系、恋愛」
助手「この2人って、なんか、女子高の部活の先輩と、先輩を密かに好きな後輩・・・的な位置づけ、似合いそう」
教授「美術部の先輩と後輩?www」
助手「うーん、やなみん。あの絵で美術部設定、イケるかなぁ〜???www」
助手「せめて馬術部と思ったが、馬術も出来なそうだ。あの、ドン臭さではwww」
教授「ってか。馬術部と言えば・・・・」
教授「今日のハロショイベでやまっきが、中学の時に馬術部に入った理由を語る時に・・・・」
教授「『中学の時にダンス部に入ってたんだけど・・・・』」
教授「『憧れの女性の先輩がダンス部にいて・・・・その先輩が馬術部と兼部してて、『馬術部楽しいよ?』ってオススメしてくれたので、入部した』って言ってて」
教授「なるほど。山木は、憧れの女性の先輩を追って、馬術部に入ったのか・・・・・その先輩と、どんなカンケーだったんだろう・・・って、余計な妄想をしてしまったよwww」
助手「確かにwww ヲタが誤解しないよう、ちゃんと『女性の』って付けてくれたんだけど。山木の場合、相手が女性の方が、なんか誤解したくなると言う罠www」
教授「相手が女性の方が、逆にエロいよな、山木の場合はwww」
教授「でもまぁ、話を戻すが。やなみんはほんと、なつきタイプでカワイイわ〜」
教授「やまやなはいいぞーーーーーー!!!」
助手「先日は『やまふなのホモ設定はいいぞーーーー!!!』って言ってたのにww」
教授「それはそれ。これはこれ」
教授「つーわけで。今日はとりあえず、こんな感じでーーー」
助手「ばいちゅーん」

ふなちゃんBDイベの話

教授「前回、花言葉のお話をしたけどさ・・・」
教授「メルフォでさ、『なんとなくカントリーのメンバーの誕生日占いをネットで調べたら、カントリーを知ってて書いてるんじゃないか?ってぐらい当たりすぎだった』」
教授「・・・って内容のメールが来てて、どんだけ当たりすぎなんだろうと思って、その誕生日占いのサイト(そらいろネット)を私も観てみたのよ。」
助手「ほぅ?どうでした??」
教授「いや、もう、ほんと。中の人がカントリーヲタである事を疑ったwww」
助手「そんなに?www」
教授「10月14日の誕生日占いなんて凄いよ!!」
教授「やまっきを知らないハロプロ初心者に『梨沙ちゃんってどんな子なの??』って聞かれたら・・・・」
教授「10月14日の誕生日占いの結果を、コピペして貼ってあげたいレベルwww」
教授「山木の性格を全て語ってくれてる!!!」
助手「それは凄いwwww」
教授「ふなちゃんとか、おぜちゃんも、まんまなアンサーで、爆笑だったよ。」
教授「情報ありがとうございまーす。むっちゃ面白かったです」
助手「占いってたまに、物凄いドンピシャな結果が来ますよねwww」
教授「凄いよね。なんか、自分の誕生日の結果も、意外と当たってるなぁって思ったし」
教授「7月31日なんだけどさ」
助手「どんな事、書いてありました??『カワイイ子を観るのが大好きなキモヲタです』みたいな結果??」
教授「しっつれーな!!!!プンスコ!!!」
教授「んまぁでも、意外と近い感じかも・・・・」
助手「近いの??!」
教授「えっとね。『人の心や行動にとても関心があります。人間観察を欠かしません』」
教授「『人の心の闇にも目を向けて、時には失望してしまうこともあります。しかし最終的には、ブラックな一面も受け入れる、寛大さがあります』だってwww」
助手「人間観察が好きww 確かに、近からず遠からずwww」
教授「そりゃな。人間観察が好きじゃなければ、ドルヲタのカプヲタなんてやってないわwww」
助手「しかも。心の闇を持ってる子、好きだしね、あなたwww」
教授「この占いの管理人は、何故、私がほむらちゃんファンだって知ってるのだ!!?怖い!!www」
教授「でもね。勘違いしないで欲しい。私は、『闇深い子』が好きなワケではない。『闇を持ってる子』が好きなの」
助手「ん?違いがよく解らんが・・・??」
教授「闇深いは言葉の通り、闇が深いワケだから、どこまで行っても闇なワケですよ」
教授「表面上は白いんだけど、蓋を開ければ、あとは闇みたいな感じね」
教授「まぁ、極端に言えば、サイコパス的な人間とかが該当するのかな??」
教授「でも、『闇を持ってる子』とか『闇を抱えてる子』ってのは・・・・」
教授「基本は白いんだけど、ホンのわずかに、心の闇となる部分を抱いているって感じかな??」
助手「あぁ・・・・・なるほろ」
助手「いい子なんだけど、微かにコンプレックスとか、トラウマとか、嫉妬とか・・・・そう言う、心の闇を一握りだけ持っているって感じですね??」
教授「それ!!!!!」
教授「基本は善良で優しい子なので、その自分が抱く微かな闇に・・・・葛藤したり、悩んだり、苦しむ姿に・・・・我々は抱きしめて、助けてあげたくなるんスよ!!」
助手「うむ。理解した!!」
教授「で。そう言う、少し闇を持った子と・・・・一切、闇を持ってなさそうな、お日様タイプ。」
教授「例えば、ノー天気タイプや、お人よしタイプ。人間性善説タイプとのカップリングが好き!!!」
助手「それ、ほむまどーーーー!!!!」
教授「それ、梨花れーーーーーん!!!」
教授「ゆりももなんかも、そんな雰囲気があって、実に良かった」
助手「熊井さんはホント、ノー天気のお日様タイプでしたよねwww」
教授「あとね。もうひとつ勘違いしないでいただきたいのは・・・・確かに私は、可愛い女の子が残酷な運命にあったり、心の闇と戦うお話しとか好きだが・・・」
教授「女の子がひたすらに不幸になったり、闇堕ちするだけの話は好きじゃない!!」
教授「不幸になっても、鬱展開でも、闇堕ちしても・・・・ちゃんと、その子に手を差し伸べてくれる人が現れ。最終的には、ハッピーエンド・・・」
教授「もしくはバッドエンド寄りでも、読後感のいい、綺麗なエンドになるお話が好きなのです!!」
教授「ただ、残酷なまま、後味悪い胸糞エンドは許さーーーん!!」
助手「言われてみれば。設定ネタでいつも、ふなちゃんはメチャメチャ不幸な目に合うけど、必ずやまっきが救ってあげてるwww」
教授「やまふなのホモ設定はいいぞーーーー!!」


続きを読む

カントリーと花言葉


教授「ピクシブのお知らせ」
教授「第7章更新。https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=9620282
助手「よろしこーーー」
教授「しかし。今週はちょっと平日にお仕事で色々用事がありすぎて、全然平日更新できなかったわ」
助手「かなり開いちゃいましたね」
教授「研修やら飲み会まであったので、すまんのぉ」
教授「でさ。こないだ録画してた、ぶらタモリを観てたら、天城山の回だったんだけど」
教授「タモさんが、天城越えの歌詞が色っぽい的な話をしてて・・・」
助手「あーーー」
助手「言われてみれば色っぽいかな??」
教授「確かに改めて読んでみると、中々色っぽいね」
教授「『恨んでも恨んでもからだうらはら』とか『隠しきれない移り香がいつかあなたにしみついた』とか」
助手「なるほど。『寝乱れて 隠れ宿』とか、確かに色っぽいな」
教授「で。うちのかーちゃんと見ながら『昔の曲は、歌詞がエモいね』って話をしてて」
教授「『恨んでも恨んでもからだうらはら』とか『誰かに盗られるぐらいならあなたを殺していいですか』とかさ・・・」
教授「そう言う女の深い情念も、今なら『ヤンデレだね』の一言で済んじまうわって話しててさwww」
助手「確かに。これはヤンデレだわwww」
教授「『萌える』とかもそうだけど、昔は1つの感情を表現するのに、色んな言葉を巧みに用いて表してたのに」
教授「今は『ぐう聖』『マジ神』『ヤバイ』『バブみ』とか、そんなんで済んでしまうじゃんwww」
助手「確かに。天城越えの歌詞を読んで、『エモい』の一言で通じちゃうしね」
助手「便利な単語がいっぱいありすぎて、ある意味、語彙力を喪失している気がするわww」
助手「現代に三島由紀夫がいたら、激おこですよww」
教授「その三島由紀夫も、現代に生きてたら、『細マッチョの意識高い系ネトウヨおじさん』で表現されてしまいそうだww」
助手「そんなのあんまりだよぉ〜」
助手「でも、そうですね。『萌える』とかを使わずに、情緒的に、表現したいですよね」
助手「もりとちの可愛さとかを!!!」
教授「それ!!!」
教授「ちぃたんぐう聖とか、ちぃたんペロペロで済んでしまってはいけない」
助手「でも、ホントに語彙力ないけど、ぐう聖やペロペロが一番、ちぃたんの萌えを伝えるのに最適なんだよなwww」
教授「そこがツライよなwww」
助手「だけど、やっぱ。もっと美しい表現が欲しいですね」
助手「ちぃたんの、なんだろ?ちょっと透き通った色白な感じとか・・・・なんて言えばいいかしらね??」
教授「純白の美少女??」
助手「うーん。もう一声欲しいね、エモさが」
教授「じゃあ・・・・雪を欺く美少女?」
助手「あ!雪を欺く(あざむく)は、美しいかも!!!」
教授「雪すらも欺くと言う・・・・『あざむく』ってのがまた、もりとちの小悪魔的な感じも表して、いいんでないかい??」
教授「あと。なんだろうな」
教授「2月19日の誕生花とか観てみようか???」
助手「あ、いいですね。花に例えるのは、情緒的な表現に、必要不可欠です!!」
教授「えーと。2月19日の誕生花は、モクレン・プリムラだってさ」
助手「へぇ。木蓮とかいいですね。花言葉は・・・・自然への愛。崇高」
教授「プリムラって花は、あんま知らんな。」
助手「サクラソウの一種みたいですね。花言葉は・・・青春の始まりと悲しみ・青春の恋」
教授「やだ、花言葉がエモいwww」
助手「そして・・・・・『あなたなしでは生きてゆけない』」
教授「!!!!!!!!!」
教授「ベリじゃん!!!!!!」
助手「西洋ではI can’t live without you(あなたなしでは生きられない)らしいです!!花言葉!!!」
助手「まぎれもなく、あななし!!!!」
教授「やばい。森戸の誕生花の花言葉は、あななしだった!!!エモい!!!www」
助手「ゾクゾクしましたよ、今!!エモい!!!ww」
助手「ちなみに。プリムラのもう一つの花言葉が『青春の始まりと悲しみ』である理由もエモいです」
助手「プリムラは寒いころに咲きだし、夏を待ちながらも、それに逢わずに夏前に枯れて死んでしまうことに由来するそうです」
教授「エモーーーーーーーい!!!!」
教授「ヤバイ。プリムラがエモすぎ。そして、プリムラが誕生花の森戸、ぐうエモい!!」
助手「花言葉があななしなの、ちょっと、ビックリしましたね」
教授「なんかもう、情緒的な表現、どーでもいいわ。メンバーの花言葉、調べよう!!!」
助手「目的が80度ぐらい変化したけど、まぁいいや。その方が面白そうwww」
教授「ちなみに。花言葉には結構色んなパターンがあるんで。まぁ、ここで上げるのは一例である事をご理解下され」
教授「えーと。山木は10月14日だっけ??」
助手「誕生花はカトレア。花言葉は・・・・」
助手「優美な貴婦人・成熟した大人の魅力wwwwwwwwww
教授「地味に山木にピッタリで、爆笑を禁じ得ないwwwww」
教授「優美な上、貴婦人ですってよ、やまっき!!www」
助手「ちなみに優美とは『上品で美しいこと』。貴婦人とは『身分の高い女性』」
助手「上品だし。美形だし。お嬢だし。なにかとピッタリ」
教授「つか。もう一つの花言葉の『成熟した大人の魅力』も、くっそ面白いんですケドwww」
助手「カントリー最年長で、セクシー担当やしなwww」
助手「花言葉、スゲェな!!!ピッタリじゃねぇか、オイ!!」
教授「もりとちの『あななし』が花言葉と言い。今、ちょっと、花言葉の凄さに感動しているwww」
助手「えっと。じゃぁ、次はふなちゃん、観てみましょうか??」
教授「ふなちゃんは5月10日で・・・・誕生花はアイリス(あやめ)」
助手「おー!いづれ菖蒲(あやめ)か杜若(かきつばた)・・・の、あやめですね」
教授「花言葉は・・・・良き便り・メッセージ・希望だってさ」
助手「おっ。意外とフツーだけど。いい花言葉ですね」
教授「森戸の花言葉が『青春の始まりと悲しみ』でエモかったからなww」
助手「こっちはフツーにいい花言葉」
教授「あと、西洋では『知恵・賢さ』も花言葉に入るらしい。やったな、船木www」
助手「それはどーだろうなwwww」
教授「ちなみに『良い便り』や『メッセージ』が花言葉の由来は・・・」
教授「ギリシア神話で神々の王ゼウスの求愛に困った侍女のイリスは、ゼウスの妻ヘラに頼んで虹を渡る女神へ姿を変えてもらい、神々の使者となったから』らしい」
助手「そっか。花の名前のアイリスは、女神イリスから命名されたんですね」
教授「ちなみに女神イリスは、女神ヘラの忠実な部下なんだけど・・・・」
教授「『ヘラ』という名は、古代ギリシャ語で『貴婦人』と言う意味を持つとの事!!!」
助手「!!!!!!!」
助手「優美な貴婦人じゃん!!!!wwww」
教授「そう。優美な貴婦人のやまっきが『ヘラ』であれば、その忠実な部下である『イリス』は、アイリスを花言葉に持つふなっきなんだよwww」
助手「何かと、ふなちゃんを設定ネタで、やまっきの忠実な部下役にするのは正しかったのかwwww」
教授「花言葉が正しかった事を証明してくれたwwww」
助手「やばい。花言葉、凄すぎじゃねぇ?ww」
助手「えっと。じゃぁ次・・・やなみんは1月6日ですね」
教授「誕生花は・・・・マンサク」
助手「マンサク??」
助手「オダサクやワダサクの一種ですか??ww」
教授「初めて聞いたよね、マンサクって」
教授「早春に咲くから『まず咲く』がなまって、マンサクになったんだって」
助手「へぇええええ」
教授「花言葉は・・・神秘・魔力・不思議」
助手「え?なんか変わった花言葉・・・」
教授「海外だとマンサクはウィッチハゼル(魔女の榛)と呼ばれ。魔女の杖の材料に用いたそうな」
教授「なので、魔力とか神秘とか不思議とからしい」
助手「まぁ、やなみん、不思議な子ではあるからなwww」
助手「じゃぁ、やっぱ。設定ネタやる時は、魔法使いキャラにするのがベストですねww」
教授「あの運動音痴じゃ、元々、剣士系にするつもりはないけどなwww」
教授「あと。持ちネタでパイセンのこゆビームみたく、『眉毛ビーム』とかやったらどうかな??」
助手「眉毛ビームは、むしろ、ガキさんのモロパクですけどねwww」
助手「では、最後はおぜちゃんの誕生花」
教授「おぜちゃんは・・・・2月10日でジンチョウゲが誕生花」
教授「花言葉は・・・栄光・不死・不滅・永遠!!!」
助手「ヤバい、かっこいいwwwww」
教授「フツーにカッコ良すぎて草はえる!!!」
助手「フォーエバーOZEKI!!!!」
教授「グローリアスOZEKI!!!!!」
助手「沈丁花、かっこいいなぁ」
教授「沈丁花は1年中青々とした常緑樹だから、「永遠」みたいね」
教授「そして。沈丁花は・・・・・なんと!!」
教授「石川さゆりの曲に『沈丁花』と言う曲があるのですよ!!!」
助手「え?石川さゆり??」
助手「・・・・・・・・・」
助手「あ!そう言えば今日の話題は、天城越えの話題からだった!!!www」
教授「これだけ話が逸走したのに、石川さゆりから始まり、石川さゆりで終わるキセキ!!!」
助手「素晴らしい!!!ww」
教授「というワケで、綺麗に元に戻ったところで・・・ばいちゅん!!」
助手「ばいちゅーん」

続・中世ファンタジー風おぜちぃ


教授「まずはピクシブ更新のお知らせ」

https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=9604426

教授「第6章です。よろしこ」
助手「よろしくです」
教授「で・・・・そう言えば、こないだFFTのお話をしたら」
教授「タクティクスオウガもやってみて!ってオススメされたんだよね」
助手「おぅ!!懐かしい!!タクティクスオウガ!!」
助手「やった事ないんでしたっけ??」
教授「名前は知ってるけど、やった事ないねぇ」
教授「ゲームwikiで観たら、システムがFFTに似てて、シナリオも重いみたいね。ちょっと興味しんしんしん!!」
教授「PSVITAでダウンロード出来るっぽいし。今度やってみよっかな!!」
助手「最近の、CGがど派手なゲームに飽きると、こういう、プチレトロゲーやりたくなりますよねww」
教授「そうそう。あんまりレトロすぎると今更だけど、発売が10年前ぐらいのプチレトロがいい。幻水とか、やりたくなるよね」
教授「まぁ、それとは別に、CGど派手になったFF7のリメイクや、DQ11のスイッチ版も楽しみではある」
教授「声が付くの前提で楽しみにしてるんだが・・・」
助手「DQ11、いつになったらスイッチ版出るんだろうね?ww」
教授「今年、出ない気がするけど。来年になったらしょーじき、もう、どーでもいいんだけどねww」

続きを読む

ふなっきの日

どもー。
今日はふなちゃんの誕生日ね。おめでとう!
いやぁ。ふなちゃんの誕生日かぁ。
去年はまだ、カントリーはこんな状態ではなかったんだよなぁ。。とか、もう、そこらへんは触れないでおくわww
アンジュでも元気に活動してて何よりだよ。
見に行くたび、やっぱ、うちの子が1番かわいいな!って思いながら見てるww

でも、夢見るテレビジョンがくっそ面白かったのと、今回のツアーがわたし的にツボにハマりまくりだったのと、
カミコや室田やかななんも元々お気に入りだった事もあり、何気にこの一年でかなり、アンジュも好きになったなぁって思いますわ。
いや、カントリー愛に比べれば、まだまだ10馬身差ぐらいはついてるけどww
間違いなく、夢みるテレビジョンがデカかった。ショタふなっき、洋服剥ぎ取りたいぐらい可愛かったわ!ww

つか、ふなちゃんはねぇ。。
カントリーに加入して、現場とかで観るようになって。。
私は正直、「この子が高校生ぐらいになったら、すっげぇ、ハマりそう」って、嫌な予感を感じていたのですよww
この子、もうちょい大人になったらヤベェなぁと。最初の頃に思ってて。それが最近、現実味帯びてきてて恐ろしいわww
ふなちゃんはともかく、最初の頃から可愛いし、ダンスも歌もカッコいいし、トークも面白いんだけど。
でも、可愛いとかカッコいいとか面白いとかで推してる間はハマると言わない。
萌えるとか、エロいとか思うようになったらハマりだねっw うん、船木は萌えるしエロいわww
カプヲタにとって、萌えるとエロいは、可愛いとカッコいいより大切だからね!!(力説

でも、ふなちゃんはエロいけど、セクシーとか色っぽいかというと、それは全然違うんだが。。
ぶっちゃけ、セクシーさはお猪口レベルなんだがww
でも。セクシーだからエロいんじゃないんだよ。そんな単純な話ではないんだーーーーー!
ふなちゃんのエロさは、夢みるテレビジョンのチョースケ君役でショタな格好をしたときに「うわっ、絶対こんなの、プロデューサーに掘られてますやん!」って、瞬時に妄想させてしまうあたりがエロいんです!
ここら辺はパイセンと属性が似てると思う。
パイセンも全然セクシーではなかったけど、ヤツがエロかったのは、その妄想掻き立て力なワケっすよ!
......................。
うん。なんか、むっちゃどーしょーもない会話してんな。ふなちゃんの誕生日にww

ともかく。
簡単な話。ふなちゃんは、とっても推せる子だってことですよw
そんなふなっき、おめでとう。
今年一年も、ふなちゃんらしく、頑張ってくださいね。応援してま

中世ファンタジー風おぜちぃ。



助手「そーいえば、FFTどーなりました??」
教授「ん?一応、クリアしたぞー!!」
助手「早いなww」
教授「まぁ、元々やった事あるゲームだから、コツは解ってるし」
教授「でも、FFTやると、中世ファンタジー書きたくなる病に侵される・・・ぐわぁあああ!!」
教授「あぁ・・・。皇帝の愛人が生んだ私生児のチサキと、没落貴族のオゼの話が浮かぶ・・・」
助手「設定が、相変わらず、酷いwww」
助手「で?どんな話なんですか???それ。おぜちぃ??」
教授「おぜちぃ!!」
教授「えっとね。チサキ・・・正式名はチサキ・ド・モーリーは、ハロー帝国の皇帝クマイチョーの血を引くのだが・・・・」
教授「母親のマーサは正妻ではなく、愛人であった」
助手「なるほど」
助手「ってか、クマイチョーの愛人、マーサなのかwww」
助手「つまりチサキは、正式な皇帝一族ではないのですね??」
教授「うむ。そのため、皇帝一族には厄介者扱いされていた・・・・」
教授「ちなみに、正妻はモモチな」
助手「なるほどwww」
教授「しかし。皇帝は正妻のモモチより、愛人であるマーサを溺愛しており、彼女を手放す気はなかった。」
教授「そのため、正妻と愛人の仲は一触即発だったが・・・・モモチの息子である第1王子のリサ=ヤマキー・ド・ハローは、腹違いなれども、妹のチサキを可愛がってくれていた」
助手「親同士はケンカしてても、子供同士は仲良かったのですね?」
助手「つか、りさちぃは兄妹設定なのか」
教授「チサキも、宮廷内で肩身が狭かったけども、リサが優しく受け入れてくれたことで、自分の居場所を確保できたこともあり・・・」
教授「リサの事は誰よりも慕っていた。」
教授「だが、事態は一転する」
教授「チサキの母、マーサがある日。宮廷内で『皇帝を暗殺しようと目論んだ嫌疑』をかけられ、幽閉されてしまうのであった」
助手「なんだってーーーーー!!!!!」
助手「それはもしや、皇帝一族にハメられたのですか・・・・??」
教授「まぁな」
教授「正式な皇帝一族の自分らより、たかが愛人が、寵愛を盾に自分らより贅沢三昧してれば、おもしろくないわな」
助手「せやな」
教授「こうして、母親は幽閉され。宮廷に完全に居場所を失ったチサキは、田舎町カントリーの修道院に預けられてしまうのであった・・・」
助手「可哀想に、チサキ・・・・」
教授「こうして、皇帝の私生児である事はひた隠し。田舎町の1人の修道女として、つつましく暮らすチサキ」
教授「しかし、肩身の狭い宮廷内よりも、田舎町での修道女生活は、チサキにとって、遥かに自由な場所でもあった」
教授「毎日ただ、神に祈りを捧げ、平穏に暮らしているチサキ」
教授「一方。この町にはもうひとり、都落ちしてきた少年がいた」
教授「彼の名はオゼキー・ド・メイクン。通称、オゼ。オゼは元々、メイクン地方の領主一族で、貴族として暮らしていたのだったが・・・・」
教授「あるとき、父親を亡くし、領地を奪われたオゼは、母と妹と一緒に田舎町へ越してきたのであった」
助手「あらま・・・・没落貴族なのね、オゼちゃん」
教授「この町には、メイクン家にかつてお世話になり、交流のあった、馬具商のミナミー・ラ・ノムサンの家族が住んでおり」
教授「彼女を頼って、この町に引っ越して来たのだった」
助手「ノムサンwww」
助手「カタカナにすると、意外と、フランス名っぽいな。ミナミー・ラ・ノムサンww」
教授「オゼはミナミーの好意の元、下宿させて貰い。なんとか街で食い扶持を見つけようとするが・・・」
教授「だが。オゼもその家族も、今まで働いたことなんて一度もなく、当然、街では雇ってくれるところもなかった」
教授「それどころか、街の人間には、没落貴族様としてバカにされてしまい・・・・やはり、元貴族のプライドがあり、頭を下げる事なども出来ず」
教授「ノムサン家で養ってもらうだけの毎日だった」
助手「ヒモですね。おぜちゃんww」
教授「そんなある日のこと。オゼは街の教会へ礼拝に訪れた際、ひとりの綺麗な修道女と出会うのであった」
教授「『チサキ』と名乗る彼女。没落したとはいえ、貴族であったオゼは、一目でわかるのであった。彼女はやんごとなき身分の方であると・・・」
教授「それぐらい。彼女には威厳と風格が備わっていたのであった」
教授「一目で彼女に魅入られたオゼは、頻繁に、彼女の元へ通うようになる」
教授「チサキもまた、都落ちしてきて友達の居ない寂しい身の上。年の近い友達が出来たようで、段々オゼに、心を許すようになるのであった」
教授「関係も。次第に恋人同士の関係へ・・・・と」
助手「おぉ〜〜。おぜちぃが次第に、仲睦まじくなっていくのですね!!」
教授「修道女とニートの恋やな!!!」
助手「オゼキー・ド・メイクン!!職、探して!!!www」
教授「そんなある日」
教授「オゼに身も心も許したチサキは、ついに。寝物語に、オゼへ、自分の哀しい身の上話を打ち明けるのであった」
教授「私生児とはいえ、本来ならば皇女であった事。母親が罠にハメられ幽閉されてしまったこと。田舎町に修道女として流されてしまったこと」
教授「すると。そんな彼女の身の上話を聞き。オゼは自分と同族意識を彼女に感じるのであった・・・・」
教授「父を殺され、領土を奪われ、田舎町へ逃げざるを得なかった・・・・無力な自分と、どこか似た、境遇の彼女に・・・」
助手「なるほど。確かに、境遇が近い」
教授「オゼはチサキを抱きしめ、そして、こう告げるのであった・・・・」
教授「『プリンセス・・・。私が必ず、あなたを、ハローの王女の座に戻して差し上げよう・・・』『オゼ・・・・・』」
教授「『私の全てにかけて誓おう。。宮廷も、金銀財宝も、この国も・・・・・全て、あなたの手へ!!必ず!!』」
教授「こうして、自分の領土を取り返し、チサキを王女の座に戻してあげるための、出世劇は始まるのであった!!!!!」
助手「オゼちゃん・・・カッコイイ!!!ニートなのに!!!www」
助手「なるほど、田舎町から、おぜちぃドラマは始まるのですね?」
教授「せやね」
教授「一方。リサの方は・・・・」
助手「あ!こっちもあるんですね」
教授「腹違いであるが、大切な妹として可愛がっていたチサキが、宮廷からいなくなってしまう」
教授「リサはチサキを宮廷から追いやった一族や宮廷貴族たちに不信感を抱き、なんとなく、気持ちを閉ざしてしまう」
教授「そんなある日のことだった。宮廷の夜会に向け、宮廷の貴族たちが余興と称して、奴隷市場から数人の少女を連れて来たのであった」
助手「!!!!!」
助手「船木のヨカン!!!www」
教授「その余興とは、『貴族たちで身分の卑しい奴隷を着飾ってやり、どの奴隷が一番、見栄えが美しくなるか』を競うと言う趣旨のモノ」
教授「勝利した奴隷は生かされ、宮廷で下僕として飼われ、負けた奴隷はみな、殺されてしまうのでありました」
助手「うわぁあああ。むっちゃ、ありそーー!!!悪趣味な貴族様のお遊びで!!!」
教授「そして、貴族の連中の1人・・・ムロ伯爵が連れて来た奴隷の子供が、ムスゥという名の少女なのでありました」
助手「(また、しれっと、ムロがいるwww)」
教授「怯えて震えているムスゥに対し、まるで人形遊びのように、笑いながら着飾って行くムロやウエムーたち」
教授「リサはなんの感情もなく、その様子を見つめる。(バカバカしい・・・・)心のなかで、そう、呟きながら」
教授「すると、観ているリサに対し、ムロ伯爵は『アハハハ!!リサ様も、是非、この小娘に何か着飾ってあげてくださいませ』と言うのでありました」
教授「そう言われ、小さくため息をつくリサ。彼はテーブルの上にあった花瓶から、コクリコの花を一輪抜く」
教授「そして、ムスゥの髪の毛にそっと手を触れると、コクリコの花を、彼女の髪の毛にさしてあげるのでありました」
助手「ふむ・・・・」
教授「こうして、ついに夜会の時間となる」
教授「貴族たちがダンスや食事で盛り上がる中・・・・ムスゥは控えの間で、1人、ガタガタと震えていた」
教授「もうすぐ余興が始まる。選ばれなければ、殺されてしまうのが確定してしまう。ひたすら恐怖におびえるムスゥ」
教授「すると。『どうした?震えているな・・・ 』そう言って現れたのは、夜会を抜けて来たリサだった」
教授「怯えた表情でリサを見るムスゥ。リサは無表情にムスゥの顔を覗き込むと『なんだ?怖いのか?まぁ、そうだな。選ばれなければ、お前は殺されるからな・・・』と笑った」
教授「何でもない様に突き付けてくる無慈悲な現実。ムスゥは恐怖のあまり、ボロボロと泣き出すのであった・・・」
助手「うわぁ可哀想。。ムスゥ、可哀想だよ・・・・・」
教授「そんなムスゥを観て、アハハ!と楽しそうに笑うリサ。そして彼は『でもな・・・・』そう言って、ムスゥの髪の毛に触れ、こう、言ったのであった」
教授「『でもな。安心しろ。お前は死なないよ』『・・・・・・・・・え??』『なんでか解るか?お前の髪につけているコクリコが、お前を勝たせてくれるからさ』」
助手「え????」
教授「言葉の意味が解らず、真っ赤になった目でリサを見上げるムスゥ。彼女にリサは、こう告げるのであった」
教授「『ハロー帝国第1王子が着飾ってやった奴隷に、票を入れないヤツなんて、この宮廷には1人もいないってことさ・・・・』」
教授「そして、リサの言葉通り。余興は満場一致で、ムスゥの勝利となったのであった・・・」
助手「なるほどぉ・・・・・」
助手「では、ムスゥはめでたく、宮廷で下働きになるんですね」
教授「うむ。殺されることなく、生き残る事が出来た。」
教授「だが、貴族だらけの宮廷にムスゥのような卑しい身分の人間がいるのは、殺されるよりも悲惨なのかもしれない」
助手「確かに。なにされるか解らないよね・・・・」
助手「エロ同人の様な事も、されるかもしれない・・・・」
教授「案の定。宮廷内を掃除するときに、貴族たちに水をぶっかけられたり。生ごみ投げつけられたり・・・」
教授「ムスゥは散々な目に合うのでありました」
教授「そして、挙句の果てに。ムロ伯爵によって、ムスゥはエロ同人のような事をされそうになってしまうのでありました」
助手「あぁああ。また、ムロのせいで、ムスゥがエロ同人展開に!!!」
教授「しかし。ムロが「フヒヒヒヒ」とムスゥを襲おうとしているとき、2人の元に現れたのは、リサ王子でした」
教授「『リ、リサ王子』『なにをしている、ムロ』『い、いえ・・・その・・・・』『・・・・・・私の侍従に、なにをするつもりだ?』『・・・・え?!』」
教授「ムロは顔を青ざめさせます。『な、なにを?だ、第1王子のあなたが、こんな下賤な者を、従者になんて・・・・』とムロは否定しますが」
教授「『私がこの小娘を着飾った事で、この小娘が勝利出来たんだろ?ならば、私がこの小娘を戴くのが当然であろう??』」
教授「リサの言葉に、ムロ伯爵は何も言えなくなり、恐れ畏まり、その場を離れます」
教授「こうして、ムロ伯爵から解放されたムスゥに、リサは『では、私の部屋へ来い・・・』と連れて行きます」
助手「を!何をするんだ?!!」
助手「エロ同人か!?!?」
教授「リサにつられて、リサの部屋へと向かうムスゥ。ビクビクしながらリサの部屋に入ると、部屋では猫が4匹ほどドタバタとジャレまくっていて・・・」
教授「部屋の中が、酷い有様で散乱しているのでありました」
教授「『ムスゥ・・・』『は、はい!!!!』『猫が好き勝手して手に負えない。部屋を片しておいてくれ』『え・・・・・』」
教授「部屋に連れて行かれ、何をされるのか怯えていたムスゥであったが・・・・その言葉を聞き、一瞬キョトンとします」
教授「だが、その表情は少しずつ笑顔に変わり、ムスゥは元気に『はい!!わかりました!!』と答えるのでありました」
教授「そして、そんなムスゥの笑顔を観て・・・・リサはいなくなってしまった、自分の最愛の妹の事を、思い出すのでありました」
教授「・・・・・・・・・・・・・」
教授「つー――感じの、中世を舞台にしたファンタジーが観たい!!!」
助手「なるほど!!」
助手「おぜちぃとやまふなですね。最近、りさちぃ多かったから、ちょっと新鮮」
教授「定期的に私は、やまふながむっちゃ、妄想したくなるのですよ」
助手「ってか。やなみんは???」
教授「やなみんは、今度、ちょっとだけ続き書くから、その時に出すよ」
教授「というワケで、今日はここまでーーー!!!」
助手「ばいちゅん!!!」


ざつだん2本



〇ざつだん1

教授「つーわけで・・・・はぁ」
教授「GWが終わってしまうのもさることながら」
教授「この2日間、起きた瞬間に、眩暈が酷くてヤバイのですが」
助手「マジっすか??」
教授「立ってる時は平気なんだけど、横になってから、起き上がる時に必ず目が回るのですよ」
教授「特に睡眠明けがグラグラしちゃって」
教授「病院行くべきなのかもしれんが、絶対、GW明けで、くっそ混んでそうね・・・」
助手「間違いない!!」
教授「貧血か眩暈症だと思うけど。でも、他の病気だとヤだし。一応、病院行くかねぇ・・・」
助手「なんか、運動不足なんじゃないですかねぇ??」
教授「それーー!!現場が減って、ぶっちゃけ、運動不足になってる気がするのよ」
教授「だから、昨日から、フリコピエクササイズすることにしたのですわww」
助手「立ってる時はホントに平気なんですねww」
教授「フリコピしても全然平気。寝て起きてだよ。めまいするの」
教授「ってか。来月、職場の健康診断だし。クソ新人のせいで増えた体重も落とさないと、医者に絶対怒られるしww」
教授「マジ、フリコピで運動しよう!!決めた!!」
助手「そう言えば、くそ新人のせいで、ストレス太りしたままよねww」
助手「でも確かに。昔は現場通いで、なんだかんだで、運動になってたからねww」
教授「そうなのよ。今は、現場が減ったから。かなしみず」
助手「増やそうと思えば、いくらでも増やせますけどね、現場ww」
教授「そ、そうなんですけど。これ以上はちょっと、無理っす・・・・www」
教授「とりあえず、モーニングは行きたいのに、単価、高すぎ!!高杉君!!!」
助手「それなww」
教授「なので、いいです。現場は我慢して、家でフリコピしてます」
教授「でもね、さすがにちょっと、ベリキューのフリコピはね・・・・・・飽きて来たww」
教授「悲しいけど。曲が増えないからね、もう、ベリキューは。。」
助手「悲しいなぁ・・・」
教授「だから今日は、プラチナ期の頃の娘。の曲でエクササイズしたりしてたww」
助手「なんでプラチナなの?ww」
教授「いや。なんとなく。久しぶりに観たら楽しかったから、プラチナの曲ww」
教授「気まプリとか、ドカ汗かけて、なかなかいいよ」
助手「あれはドカ汗ですわ!!」
教授「色んな曲をね、亀井ちゃんパートでやってるww」
助手「どうして亀井ちゃん・・・って思ったけど、プラチナの頃のメンバーって、もう、1人も現役にいないのか?!そう言えば!!」
教授「そうなんだよ!!今更だけど、びっくりだよね!!ww」
助手「うん!!すっごい今更だけど、プラチナ期のメンバーって、誰もいないのか!!今更ビックリした!!ww」
教授「そして、今更ダンスショット観ながら、やっぱ亀井ちゃん、すっげぇカワイイなぁって思って、ビックリしたわ!!!ww」
助手「ホント今更だけど、ほんと、亀井ちゃん、カワイイし、ダンス上手いですよね!!ww」
教授「でも、久々にプラチナでやると、超〜楽しかった」
教授「とりあえず、ベリキューエクササイズ、さすがに飽きたので。他のユニットでしばらくやろっかな」
助手「そーしましょ」
助手「運動、大切!!」
教授「前はツアー中は週末にずっと、ライブだったもんね。運動になってたんだろうね」
教授「でもまぁ、今回、アンジュは5公演行ってるから。結構、行ってる方よね!」
助手「確かに。℃-uteぐらい行ってますね」
教授「ってか。通ってて思ったんだけど、アンジュってフリコピ人口、むっちゃ少ないね!!結構、フリコピしてると、丸浮きになる」
教授「それに比べて、ジュースはフリコピ人口、多いなぁ〜って。それに関してはやっぱ、ジュースの現場は、安心感を感じるわ」
助手「まぁ。フリコピに向かないですからね、アンジュの曲って!!」
助手「オドリストは好き好んで、アンジュ選ばないでしょ?」
教授「それなぁ。ホント、何度も言ってるけど、向かないんだよ。静止ポーズ多いからww」
教授「マナーモードとかも、Aメロは静止ポーズの多い中途半端なダンスだから、Bメロからフリコピ始めるし・・・」
教授「マナーモード、曲はめっちゃカッコ良くて好きなんだけどねぇ」
助手「あの曲、カッコイイですよね!!」
教授「曲はむっちゃ好きだし、観る分にもカッコ良くて好きなんだけど・・・」
助手「よーするにメンバーが気取って静止ポーズしてるのはカッコイイけど、ヲタが気取って静止ポーズするのが、恥ずかしいんですよねww」
教授「そうなの!!私、静止ポーズが恥ずかしくて耐えられない派なのww」
教授「恋はマグネットの♪シャルウィダンスのポーズも、速攻、解除しちゃうもんww」
助手「あれは恥ずかしい!!ヲタは速攻、見苦しいので、解除するべき!!!ww」
教授「あのポーズで静止はカワイイ子しか許されない!ヲタは速攻、♪シャルウィダンスは解除しなくてはならない!!!ww」
教授「0.5秒以内に♪シャルウィダンスのポーズは、解除せねばならんのです!!」
助手「むしろ、一瞬はやるのねwww」
教授「一瞬はやらないと、フリコピにならないじゃんww」
助手「まぁなwww」




〇ざつだん2

教授「では、お次は、ピクシブ更新お知らせしときま〜す」

https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=9564339

教授「第5章です」
助手「まだ5章かぁ。週1ペースだと5月に終わるのキツそうよね」
教授「そうねぇ。5日に1回更新ぐらいにすっかな」
教授「まぁとりあえず、続編始まるまで、もうちょいかかるのでよろしく」
助手「続編、書き進んでるんですか??」
教授「書き進んでると言えば進んでるし、進んでないと言えば進んでない・・・・」
教授「今回、逆から書いてるんだわ。実は・・・」
助手「あ!結末からか!!!」
教授「内容が破綻しないよう、結末から逆打ちしてるので」
教授「だから進んでると言えば進んでるけど、むしろ、最初の方が全く書いてないww」
助手「ダメじゃんwww」
教授「ちなみに、内容。こっちよりも、3倍ぐらい重いと思う」
助手「ってか、当然、りさちぃがメインですよね?続編だから」
教授「りさちぃメインだけど・・・続編はりさちぃレベルで、もうひとり、メイン級のメンバーが増えます」
助手「あ、そうなんだ!!」
助手「だれ?室田???」
教授「むしろ、なんで室田に、そんな大役が来ると思うんだ?www」
助手「室田は大抵、投げやりに使うもんねwww」
教授「とりあえず、脇役が空いたら、室田にやらせとけーーーー!!!の風潮」
教授「で。頭の悪そうなコンビを組ませるとは莉佳子で、ヤクザなコンビを組ませるときはあーりーがIN!!」
助手「もりとち犬の時の役も、ヤクザだったもんなぁww」
助手「で。大抵ふなちゃんが、酷い目にあうんですよねww」
教授「ふなちゃんはなんか、不幸で健気な役をやらせたくなる。何故なんだろう・・・」
助手「もりとちも、不幸な役、やらせたがりますよね」
教授「うむ。ちぃたんは意外と、憂いのある表情してるからな」
教授「うちのは多分、同人小説って言うよりも、劇を作るような感じで書いてるからね」
教授「シナリオ作ってメンバーに配役させる感じで作ってるから、演劇女子部の舞台とかのノリなんだよね」
教授「そう言う意味では、カップリング小説としては、間違ってるのかもしれないけど・・・」
助手「基本、当て書きですよね。」
教授「だから、似合う役を優先させるから、少し偏るのよね」
助手「おぜちゃんは、誠実な男の子役が多いですよねww」
教授「あと、純粋で真っすぐな感じの女の子とか。清廉潔白な役が似合うわな」
教授「やなみんは、ちょっと変わり者や、マシンガントーク系の学者肌な役とか似合うww」
助手「あと、おばーちゃんちが武士の家柄な関係で、お姫様役をよく、宛がわれてる気がするww」
助手「男役は、まず、来ないですよねww」
教授「似合わないしな、男役ww」
助手「で。もりとちは、ヒロイン多いですよね」
助手「悲劇を背負った役が、凄く多いww」
教授「もりとちの憂いのある表情、好きですねん」
教授「憂いがあるけど、激しさのある役とかもやらせたいわ。クリエムヒルトみたいのやらせたい」
助手「あと、多いの、犬役ねwww」
教授「もりとち犬は、私の趣味嗜好の結晶なので、あまり気にしないでくれww」
教授「みんな森戸をモフモフしたいだろ??」
助手「そりゃしたいですわwww」
助手「あと、うちは、ふなちゃんが何気に、多用されますよね」
教授「ふなちゃんは、男の子役も似合うからな!!!使い勝手がSクラスですよ!!」
助手「テレビジョンでも可愛かったわ。男の子役」
教授「ふなちゃんの、戦国時代設定における、色小姓にされてそう感は異常!!ww」
教授「あんな少年、戦国大名の傍とかにいたら。絶対、掘られてますやん!!」
助手「せやな。・・・・・・・・・・・せやな」
助手「あと、忍び率が異様に高いwww」
教授「あのちっちゃさと、すばしっこさは、忍びですわ!間違いない!!」
助手「それと、悲惨な役が多いww」
教授「泣き顔がクッソカワイイので、不幸な役をやらせて、泣かせて、抱きしめてあげたくなる。・・・山木が!!!」
助手「で・・・やまっきは、主役級をやらされますよね」
教授「あの人、使いやすい。使いやすさSS。コメディとシリアスを両立出来るの、強いわ」
教授「私の中では歴代トップクラスで使いやすいんだけど」
教授「最初は男役向かないかなぁって思ったけど、ジェリーさんでイケる事が判明して、さらに使いやすくバージョンアップしたしww」
助手「ジェリーさんはデカかった!」
教授「そして、ジェリーさんのおかげで、ホモ山木くんもイケるのが判明して。大歓喜!!!」
教授「そのお陰で、武士の山木とそれに使える小姓のむすぶの衆道と言う、鉄板の戦国ネタも出来たしな!!」
助手「そんな鉄板ネタはイヤだ・・・・www」
教授「まぁ、そんな感じで」
教授「・・・・・・・なんの話してんだよ、今日・・・・」
助手「最終的に、やまふなのホモネタが鉄板って話になってます」
教授「うーーーん。まぁ、それは事実なので、いっか」
助手「いいのか・・・・」
教授「では、今日はここまで。ばいちゅーん」

アンリにはまだ早い

教授「そう言えば、20周年サイトでアンケートやってるね」
教授「そん中で、カントリーに歌って欲しい、娘。の曲ってのがあって」
助手「そうそう!!!」
助手「タイミング的に夏ハロのグループ曲シャッフルに、影響あると嬉しいですね」
教授「会報用のアンケートとはなってたけど、内容的に、ハロコンに少し関係するのではなかろうか??」
教授「なにはともあれ。ハロコンでカントリーに娘。曲がもし来たらすっげぇ嬉しいな!!」
助手「カントリーってなんか、℃‐ute要員だったもんねwww」
教授「では、気まプリを選んでおこうではないか!!!」
教授「さぁ、山木さん!!出番ですよ!!」
助手「気まプリ山木、みたいなぁ〜〜〜〜〜!!www」
教授「モーニングカレー山木も見たかったけど、残念ながら、選択肢にモーニングカレーがなかったwww」
助手「シングル曲だけみたいですねww」
助手「正直、モーニングカレー船木も、むっちゃ興味あるんだがww」
教授「絶対にモーニングカレー船木がくっそ可愛くて、モーニングカレー山木がくっそ面白いよね」
教授「でも、気まプリ山木も物凄く見たい。コサックしてるやまっき、超〜観たいじゃんww」
助手「ちなみに。娘。に歌わせるつばき曲のアンケートは何にしました??」
教授「え??そんなの、『気高く咲き誇れ!』に決まってるじゃん」
助手「決まってるのか?ww」
教授「前後にウロウロ歩くだーいしと、だーいしRAPと、だーいしイェー!が全部観れるんだぞ!だーいし大三元だろ、この曲!!」
助手「だーいし大三元www 言われてみれば、だーいしでむっちゃ観たいな、これww」
教授「BDイベントでこの曲をやるって事前告知してくれれば、だーいしBDイベント、あらかじめ申し込むレベルで観たいわ」
助手「前後にウロウロしている時の、踵を返す動作が、無駄にキレ良さそう、だーいしww」
教授「ドヤ顔で『イェー』を言うだーいしが、狂おしい程みたいしな!」
助手「RAPはどーせ、だーいしとちぇるでしょ?ww」
教授「そんで、ちぇるがどーせ、英語の発音、むっちゃいいんでしょ?ww」
助手「♪立ち上がれ flower girl!(ネイティブ」
助手「ヤバイ、もはや、モーニングで、むっちゃ観たいんですケドwww」
教授「じゃぁ。みんなでモーニングのアンケート、『気高く咲き誇れ!』入れようぜ!!ww」
助手「あ!そう言えば、だーいしといえば。やまだーがまた、デートしてましたね!!!」
教授「あ、そうそう!!どーなってんだ??付き合ってんのか??アイツら??」
助手「もはや、付き合ってるのをフツーに疑い始めるレベルww」
助手「コナン期間だからでしょうかね??」
教授「コナン期間が終わっても、やまだーが一緒に遊んでるようなら、付き合ってるのを本気で疑い始めていいと思うわww」
教授「ってか。サンシャインの展望台が、コナン仕様になってるのか。へぇ・・・」
教授「惜しいなぁ。今日は、コナンカフェには来なかったのかぁ、やまだー!!来いよ!!」
助手「ん?惜しいってなにが??」
教授「私、今日。マルイ有楽町のマギレコ原画展観に行ったんだけど、隣がコナンカフェだったんだよぉ」
助手「あ!!あんなとこにあるんだ?コナンカフェ!?」
教授「私も全然知らなくて。フツーにマギレコの原画展観に行ったら、隣がコナンカフェで『あ、ここがそうなのかぁ!』って」
教授「ここで3人で、お茶会したのかぁ・・・・って」
助手「なんだー。やまだーがコナンカフェに来てれば、ニアミスがあったかもですね!!ww」
教授「でも、渋谷にもコナンカフェあるみたいだから、そっちかもしれんけどね。あの3人が行ったの」
助手「へぇ。渋谷にもあるのか。さすが、コナンさん!!いろんな場所でされてらっしゃる!」


DSC_1053


教授「アリナパイセンの変身シーン原画」
助手「やっぱ。アリナ先輩、かっこいいなぁ」
助手「写真撮影、自由なんですねー」
教授「そうそう。いいんだーー!?ってビックリした」
助手「ってか。ちゃんと、アリかりで原画並んでて笑うわwww」
教授「そうそう。パイセンの隣がちゃんと、かりんちゃんなんだよ。さすがマギレコ www」

DSC_1055

教授「りかれんも並んでるし」
助手「ホンマや」
助手「りかれん、マギレコ内では、まどほむレベルで、カプ人気あるからな」
教授「でも、まどほむと違って、こっちは本編に全然絡んでない脇役2人なのに。それでTOP人気のカプなのが凄いわ」
教授「れんぱすの魔法少女ストーリーなんて、1%以下の確率でれんぱすGETしないと観れないのにww」
助手「そう考えると、マジでレジェンドですな。りかれん」


DSC_1050

教授「ちなみに。おりキリや、天音姉妹や、まさここも並んでたww」
助手「おりキリや天音姉妹が並ぶのは解るんだけど、りかれんとか、まさこことか、アリかりは、実装時期が全然違うのに、ちゃんと並べてるの笑うわww」
助手「間違いなく、カップリングで並べただろ感wwww」
教授「マギレコ運営さん、わかってらっしゃる」
助手「天音姉妹、やっぱ、かわいいな」
教授「ってか。こーやってみると、天音姉妹って双子で同じ顔だけど、表情が少し違うんだね」
教授「変身シーン、そっくりで見分けつかなかったけど・・・」
助手「我慢の月夜(つくよ)ちゃんと、元気の月咲(つかさ)ちゃんだからね。月夜ちゃんの方が、憂いを帯びてる表情ね」
教授「でも、月咲ちゃんのマギア、ヤバイよね。とても光属性のマギアに見えないww」
教授「☆5に昇格したら、突然闇属性になって、とんでもないドッペル出しそうで怖いわww」
助手「明るく振舞ってる月咲ちゃんの方が、ストレス溜め込み度、ヤバそうだもんね」
教授「ちなみにマギレコ原画展は、5月8日までだそうなので、興味ある方は有楽町へどーぞ」
教授「山木とだーいしとフクちゃんも、有楽町のコナンカフェついでに、マギレコ原画展、行ってね♪」
助手「だーいしはともかく。やまっきとフクちゃんは、渋谷よりも有楽町の方が似合いますよねぇ」
助手「銀座が似合うハロメン、ぽんちゅん!!」
教授「そうね。だーいしは、戸越銀座あたりが似合うけど・・・」
助手「格差が酷いww」
助手「戸越銀座で50円のからあげ買ってるイメージしか浮かばない。だーいし」
教授「一方。ぽんちゅんは銀座で、アンリ・シャルパンティエとか、フツーに行きそう感があるもの」
助手「あれでしょ?クレープシュゼットに3000円ぐらいとられるトコでしょ??ww」
教授「私も1回だけ行ったんだけど。消灯して、ブランデーでフランベしてくれて、なんか凄かったよ」
教授「あとね。なんかこう、上に載ってるチョコレートに、熱々のチョコレートかけて・・・熱でトロって溶けて、中のアイスとかに混ざる、謎のスイーツとか」
助手「すっげぇ、オシャレだwww」
教授「とりあえず、凄く美味しいものを食べているような気分になる!!」
助手「それ!!本当に3000円の価値があるのかは不明だけど、凄く美味しい気がするのよねww」
教授「スイーツ1つに3000円とか、勿体ないと言えば勿体ないけど・・・1回、観光客気分で行ってみるのは凄く楽しいんだよ。」
教授「それに、紅茶とかもまぁ、つくしな」
教授「でも、あーゆーとこを、フツーに通えるのは、ぽんちゅんレベルのお嬢様感がなければ、無理だな」
助手「そうね。ぽんちゅんがアンリに居ても、別に、違和感を感じない気がする」
助手「だが、だーいし。おめーはダメだ!!」
教授「だーいしがいたら、『あぁ・・・芸能人だからって、無理しなくてもいいのに、だーいし』って、なんか心配になる。何故だろう?ww」
助手「まぁしゃーない」
助手「むすぶがアンリにいても、心配になるけど。おぜちゃんがいても、心配にならんじゃん」
教授「そうなのよねぇ。1つしか年齢違わないけど、むすぶがいると『お前は、アンリにはまだ早い!』って止めたくなるww」
教授「でも、おぜちゃんが居ても・・・『あ、おぜちゃん、チーッス!』」
助手「『おっ、今日は、ジャルダン・テヴェールっすか?おぜちゃん!!チーッス!』」
教授「ぬぅうう確かに。1つ差なのにおぜちゃんは、「まだ早い!」って気持ちにならない。何故だ・・・!!」
助手「まりあちゃんが居ても『まりあ様、チーッス』だけど、あかねちんが居たら、『家帰って、おやき食ってろ!』って追い返したくなりますし。そう言う事ですよ」
教授「そう言う事だな・・・」
教授「でも、家柄とか全然知らんけど・・・小片さんが居ても、なんか、『チーッス』って気持ちになるのは何故だろう??ww」
助手「小片さんは何故か、独特のマダム感があるからなww」
教授「そう。老舗のバーに入ったら、1人で隅っこの席で、静かにギムレット飲んでそう感がある。小片さんは・・・」
助手「年齢的に飲んでちゃダメだけどねww 見た目からは、飲んでそう感はあるわww」
教授「謎すぎるぜ、小片さん・・・」
教授「つーわけで、今日はこんな感じで、ばいちゅーん」
助手「ばいちゅーん!!」

ざつだん

教授「はいどーも!!!」
教授「GW中ですね。私はよーしゃなく、明日は仕事ですが(涙」
助手「かなしみさきちゃん」
教授「とりあえず、PIXIV更新のお知らせから・・・」

https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=9548211

助手「第4章ですね。」
教授「こっちで連載してた時と、章の区切りが変わっちゃったので、解らなくなるww」
教授「とりあえず5月中に連載終えて、6月の後半から、続編始めたいと言う希望的観測」
助手「がんばりましょう!!!」





助手「GW前半はジュースの清水に行ったんでしたっけ??」
教授「そうそう」
助手「翌日はニコ生行ったんですか??」
教授「清水の鈍行旅に疲れすぎて、ニコ生イベは回避させてもらったわ。まぁ、ニコ動で観れたしね」
助手「鈍行は疲れますよねぇ〜」
教授「今度、千夜一夜やるから、そっちは参加せねば!!明日、仕事上がりに買いに行こう」
教授「つか。これのイベントで買うと、山木写真集の所持数が、やまっきのちゃゆ写真集の所持数と同じく、めでたく4冊になるのですがwww」
助手「やったじゃん!!やまっき同様、見る用、保存用、飾る用、使う用が揃いましたね!!!www」
教授「使う用と見る用の違いってなんなんだろう・・・・ほんとうに、なんなんだろう・・・・ww」
助手「使うんですよ。。何かに・・・・ww」
助手「ってか、イベントは24日でしたっけ?」
教授「21日は船木のBDイベだし。忘れない様にしなくちゃ」
教授「で。6月12日がカントリーのライブだね!!」
教授「この日、シャンシャンの誕生日なんだぜ!!Wで、おめでたいな!!!」
助手「シャンシャン誕生日なのかww」
助手「そう言えば、追加の席が出てましたね。カントリーイベ」
教授「うん。実は、追加の2階立ち見席が押さえられまして・・・」
助手「あら、良かった!!」
教授「ジュースコンに行く道中。戸塚の手前ぐらいで、スマフォ片手にリロードリロードでww」
教授「あぶなかったよ。取れた3分後ぐらいに、電車がトンネル連発になっちゃって、全然ネットに繋がらなくなったからww」
助手「良かったっすね。丁度、まだトンネルに入らない位置でwww」
教授「でも、今回アフォみたいにバイヤーが抑えまくってそうなので、意外とそこまで高騰しないんじゃないかと思ってる」
助手「相当、出回りそうよね」
教授「でもとりあえず、定価で入れるのは確定して良かった。ハロコンでまた、金かかるしなぁ」
教授「しかし、2階の立ち見出てるの、初めてみたわwww」
教授「ってか、ZEEPの座席表見たら、2階立ち見に93人も入る事に驚きなんだけどwww」
助手「93人!?無理でしょ!?見えないでしょ??www」
教授「立ちの2列目以降、見えないと思うんだけどな。どうなんだろうか」
教授「まぁ、とりあえず、入れることは確定したので、心底安心したよぉ〜!!」
教授「でも、ジュースコンに行く途中で良かった。家にいる方が、ゲームとかやって、一般発売日とか忘れちゃうんだよね、わたしww」
助手「むしろ、3時間半の長丁場でヒマだったから、集中出来て良かったですねww」
助手「ジュースコン、どうでした??」
教授「うん。相変わらずジュースのコンサは楽しいね!!」
教授「でもなんか、ちょっとだけ、℃‐uteコンみたいになってたww」
助手「あーーーー」
教授「いや。私は別に、℃‐uteコン好きだからいいんだけど。なんか、物凄い、℃‐ute感ww」
助手「解る気はします。新曲がすでに、℃‐ute感ありますもんね」
教授「そうなんだよ。フリコピしてて、なんか、℃‐uteのフリコピしてるみたいな気持ちになる。あの曲」
教授「新規のヲタもね・・・・team℃‐ute感があったし。何がと聞かれると、説明難しいんだがww」
助手「team℃‐ute感www」
助手「相当、team℃‐uteが流れてると思いますもん、ジュースは」
教授「でも。ジュースはカワイイ曲とか、カッコイイ曲とか、聴かせる曲とか、面白い曲とか、すんごいバランス良かったからさ」
教授「今回のセトリが、カッコイイのと、色っぽいのと、聴かせる系の曲しか入れてないから」
助手「オモシロ系はともかく、カワイイ系の曲も弾かれてるのかぁ・・・」
教授「チクタクとか、アレコレとか、BABYLOVEとか、みんな外されてる」
教授「そうなの。だから、この先、まさか・・・こーゆー曲ばっかになっちゃうのかなぁ・・・・って思うと、ちょっと怖いな」
教授「まぁ、ライブハウスではカワイイ系のやってたし、今回だけ、こういうセトリのツアーだっただけかもだけどね!」
助手「それならいいんですけどね。今回がこの路線だっただけってなら」
教授「突然、『ど、ど、どうした?!』って感じのオモシロ曲をぶっこんでくるのが、ジュースの神だった部分なのでww」
教授「とりあえず、サバサバを闇に葬らないで!!ww」
助手「あの曲、闇に葬られそ〜〜ww」
教授「わたし、一番大好きなのに、サバサバwww」
教授「でも、楽しかった事は楽しかったんだ!ホントに。カワイイ曲とオモシロ曲が排斥されてたのが残念だっただけであって」
助手「じゃぁ。それ考えると、前回は娘。とアンジュとジュース観て、やっぱジュースが一番楽しいって言ってたけど」
助手「今回は違いそうですね」
教授「そうね。ぶっちゃけねぇ。今回は、ダントツでアンジュが楽しかったわwww」
教授「まぁ、あくまで、私の好みですけどね!!!」
教授「メドレーでいきなりブギトレ入ってる意味不明さとか、むっちゃ、面白かったwww」
助手「なんでブギトレ入れたの??www」
教授「知らんわ。わだちょに聞いてくれwww」
助手「でも、やっぱスマ曲あるの、デカいですねぇ」
教授「そうね。メドレーだけど、あれはあれで楽しいし。」
教授「むしろ、前回の中野コンはなんだったんだ?ww」
助手「前回の中野、スマ曲、なかったんでしたっけ??」
教授「あったんだよ。あったんだけど、ミステリーナイトと、地球は今日も〜と、寒いね。だったんだよwww」
助手「なんでや!!!wwwww」
助手「確かに、スマ曲だけど・・・・スマ曲だけど!!!www」
教授「腹抱えて爆笑したもの。地球は今日も〜が始まった瞬間ww」
助手「それ考えると、今回はメドレーとはいえ、スマ曲あるの進歩ですよね」
教授「うん。でも、何度も言うけど。別にアンジュ曲が嫌いなワケじゃないからね?そこは理解して欲しい」
教授「アンジュ曲も、出すぎた杭とか、臥薪嘗胆とかむっちゃ好きだから」
助手「教授。どんでん返しより、出すぎた杭派なんですね」
教授「そうね。ぼーののノリで盛り上がれて、むっちゃ好き。出すぎた杭」
教授「臥薪嘗胆は、すっごいやってて楽しいしね」
教授「ただ。やっぱ、バランスだよねぇ。カッコイイ系もいいけど、スマ時代の、楽しかったり可愛い曲を眠らせておくのは、もったいない!!」
助手「それですよね、結局。ジュースも今までみたくバランスとって欲しいですよね」
教授「サバサバの感想部分で『やーなみん!やーなみん!』をやるの、楽しみにしてたのにww」
教授「まぁ、とりえあずそんな感じでね。今回のシーズンはアンジュコンが個人的にツボでしたよーと」
教授「では、今日はここまでー」
助手「ばいちゅん」


天守物語(カントリーバージョン)後編

では、天守物語(カントリーバージョン)の続きを。
そして明日は、清水に行ってくるよん。
つーわけで、どうぞ!!続きを読む

兵庫に行って来たよ

教授「どもー」
教授「まず最初に、ピクシブ更新のお知らせ」

https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=9505930

教授「更新したの日曜だけど。お知らせ遅くなってすまんね。第3章更新です」
教授「よろしこ」
助手「よろしくです」
教授「つーわけで。土日は兵庫に行って来ましたーー!!!」
教授「じゃん!!!」

DSC_0963


教授「惚れ惚れするほどカッコイイ、姫路城!!!」
助手「やっぱ、イケメンだなぁ。姫路城は・・・」
教授「天気も素晴らしく良かったし。姫路に住みたいレベルで美しかった、姫路城・・・」
教授「色んな角度から撮ったけど、この、西の丸から撮った角度が一番美しい」
助手「これは実に、世界遺産の風格ですな!!!」
教授「そして、翌日は午前中に須磨にも!!」
教授「一の谷の合戦の聖地、須磨寺!!」
DSC_1003

教授「敦盛の最期のワンシーンが再現されているお庭!!!」
助手「スゲェ!!ぐうかっこいい!!!」
教授「海へ逃走するシーンを表現するため、枯山水を水色に着色すると言う、ありそうでなかったパターン!!ww」
助手「枯山水は砂で、水や波紋を表現しているのに、それを水色に塗ってしまうのは、枯山水的に邪道な気もするがww」
教授「まぁ、カッコイイから、ええって事よ」
教授「他にも、敦盛の首実検が行われた際に、義経が座ってた松の木もあったり」
教授「青葉の笛があったり。マジかよ」
助手「須磨寺凄いよね」
教授「でも、個人的なお気に入りは・・・・」

DSC_1018

教授「やまっきが喜びそうな、かえるちゃんの石像」
助手「カワイイwww」
教授「マギレコ課金で困らないよう、首を回してきましたww」
教授「いやぁ、しかし。楽しかったなぁ」
教授「三ノ宮とか元町を一切スルーする神戸旅行も、中々楽しいね」
助手「北野異人館とか元町中華街とか、行く場所決まっちゃいますからね。」
教授「でも、2日目はアンジュの大阪が最終目的地だったので、あんまり須磨観光はガッツリできなかったので」
教授「また、大阪か神戸がある時にでも、行ってみよっかな。」
教授「光源氏ゆかりの場所巡りもしたいよね」
教授「須磨寺にも、若木の桜の跡があったけど、現光寺もちゃんと観たかったな」
教授「時間がなかったので、スルーしちゃったのが心残り」
助手「じゃぁ、今度は、須磨〜明石で巡りましょう!!」
教授「せやね!!そうしよう!!」
教授「そして、その後は大阪行って、アンジュコンサートだったけど・・・・」
教授「やっぱ、遠征しちゃダメだね。愛着湧いてしまうww」
助手「確かにwww」
教授「気持ちがアンジュ寄りになる。これはダメだ!!ww」
助手「遠征ってなんか、愛着、湧いちゃうんですよねぇ」
教授「なんでだろうね?東京で観ても、それほど愛着湧かないのに。遠征すると、かけた労力と時間とお金の分、愛着湧くんだわ」
助手「わざわざ遠征までして観に行った想いが、愛着になっちゃうんでしょうね」
教授「私はジュースと娘。とアンジュは平等に応援せねばアカンのです。過度の愛着は、湧いてはいけない!」
助手「あー。偏っちゃうと、全部のユニットを観に行けなくなるからねぇ」
教授「それなんですよ。均衡が崩れると、三すくみ状態が崩れて、どれかのユニットを切り捨てないとお金も時間も回らなくなってしまう」
教授「結果。中野のアンジュもうっかり抑えてしまって、他ユニの中野が金銭的にスルーになるんですよ!!」
助手「すでにバランス崩れてて大爆笑www」
教授「いや、やっぱ。メドレーだけど、スマ曲あると、メリハリあって楽しいな。前回の中野の10倍ぐらい楽しい」
助手「前回の中野のセトリは酷かったからなぁww」
教授「室田フィーチャリングの新・日本のすすめ、ほんと、大好きww」
教授「最近のハロプロ、カッコイイ系の曲が多くて、あぁ言うノリが少ないからさ。今回のアンジュ、むっちゃ楽しいわ」
教授「前半のメドレーコーナーでワキャワキャ楽しんで、後半がいつものアンジュ系のノリになって、潔いセトリ」
教授「単純に今回のツアー楽しいってのもあって、アンジュ寄りになってるのもあるわ」
助手「にゃるほど」
助手「でも、大丈夫ですよ。今週末のジュースで、今度はジュースに気持ちが寄って、元のバランスに戻るからww」
教授「そうね。今度はジュースの清水だった。忙しいな、ヲイww」
教授「あぁ。うちのやなみんは、元気かしら・・・」
助手「オカンwww」
教授「もう、でもね。最近、ほんと、オカンだよ。マジで」
教授「アンジュのコンサでも、ふなっき観てると、『あぁ、もう、うちの子、可愛いわぁ〜』って気持ちが沸々と沸き上がる」
助手「オカン極めてるじゃないですかwww」
助手「もりとちには、その感情、ならないですよね?」
教授「うん、やっぱ、森戸はお姉さんだわ。ちぃたんは、フツーに推しメンみる時の感情で観れるけど、ふなっきはオカン目線なんだよねww」
教授「わたし、やなみんよりふなっきの方が、オカン目線になってしまうんだよね。やっぱ、カントリーの末っ子だからなんだろうね」
助手「あとね。ベリの帯同の時に、小学生のふなちゃんを観てしまってたの、デカいと思うんですよねww」
教授「それはある!!私、ちゃんさんがいつまでも、親戚の子目線で見てしまうの、完全にそれなんだわ」
教授「なまじ、舞台でちゃんさんの成長の遍歴を観てしまってるからね」
教授「舞台観るたび、『かりんちゃん、おっきくなったなぁ〜』って、親戚のおっさんの気持ちで見てたもんww」
教授「だから今でも、ジュースで見るたび『ちゃんさん、おっきくなったなぁ。綺麗になったなぁ、ヲイ!』って気持ちになる」
助手「親戚のオッサンやwww」
教授「ふなっきもなまじ、ベリの帯同の頃に、ガキンチョだった姿を見てしまってるうえ・・・」
教授「その後。パイセンが完全に、テストの点数チェックとかお小言とか、ふなちゃんのオカン状態だった姿も見ちゃってるからねww」
助手「推しがオカンだと、こっちもオカンになりますよねww」
教授「また。船木が理想の末っ子なんだよな!!ちっちゃくって、根が甘えん坊で、泣き虫で」
助手「おまけにお勉強嫌いで、くだらない事ばっかやってww ふなっきは、ほんと、理想の末っ子ですよねww」
教授「そんな理想の末っ子のふなちゃんが、他所のユニットに1人、ドナドナされるとか。こんなのオカンになるの、仕方ないと思うわ」
教授「これは私のせいではない!!クソ事務所が私を、船木のオカンにしたんだ!!」
助手「酷い言いがかりwww」
教授「あ!!クソ事務所と言えば・・・・・」
教授「今日、ふなちゃんのBDイベの当落があって・・・・とりあえず、2公演目を申し込んでて、当たったのね」
助手「おぉ、よかったっすね」
教授「そしたらさ。1公演目の方だけ2次募がかかってたからさ、あ、じゃぁ、今度は1公演目の方を申し込もうと思って・・・」
教授「FCサイトの『船木結バースディイベント2次募集のお知らせ』のニュース記事から、お申し込みは『こちら』のリンクを通って、申し込みフォームへ飛んだのね」
助手「えぇ。それで??」
教授「そんで、申し込みをしようと『お申込み』のボタンを押したら・・・・」
助手「はい」
教授「何故か莉佳子のBDイベ2次募集のお申込みのページに飛んでたwww」
助手「なんで!!!!!wwwwww」
教授「間違いなく・・・・リンクを張り間違えてる。あのクソ事務所!!www」
教授「あぶねーーー!!間違えて、莉佳子の2次募の方に申し込みするとこだったわ!!」
助手「草はえるwww」
助手「え?逆に聞くけど、莉佳子の2次募集お知らせのページからは、何処に飛ぶの?ww」
教授「試しに飛んでみたところ・・・・」
教授「莉佳子の1次募集の方の申し込みページ(当落確認ページ)に飛んだww」
助手「酷い話だwww」
教授「まったく。。あやうくクソ事務所の『申し込みサギ』被害にあう所だったわww」
助手「間違って、そのまま莉佳子申し込んでたら、面白かったのにww」
教授「もう!今んとこ、まだ直ってないので、さっさと直してくれ。お知らせ記事から、船木の申し込みページに飛べないじゃないか!!」
助手「え?じゃぁ、申し込み出来ないの??」
教授「いや。ちゃんと会員メニューのチケット受付ページから入れば、問題なく申し込めるけど」
教授「すでにログインした状態で、船木の2次募のニュース記事から飛ぼうとすると、莉佳子のトコに飛ばされる申し込みサギに合うww」
助手「申し込みサギと言うパワーワードが凄いww」
教授「まぁ、いいや。とりあえず、今日はこんな感じの雑談でした。ばいちゅーん」
助手「ばいちゅーん!!」





天守物語 (カントリーバージョン) 前編

教授「おっつー!」
教授「なんか、拍手機能がいきなり変更になってるね」
助手「拍手機能が変更になるとは聞いてたけど、なんか、延期になったと思ったら、また、いきなり変更になりましたねww」
教授「ライブドアは、ちゃんと、前もって教えてくれよ。もう!」
教授「とりあえずコメント機能が廃止されちゃったので、もしコメントある方は、メッセージフォームからでお願いしますね」
教授「PC画面だと右側に。スマフォだと、1番下にメッセージフォーム設置しといたのでー」
助手「よろぴこ」
教授「というわけで、今日は」
教授「神戸に来てます、イエイ!」
助手「明日は大阪で、むすぅの凱旋ですねー」
助手「須磨、行きました?」
教授「行ってない!」
助手「えぇええええ!?」
助手「何のために神戸来たの?」
教授「違うんだよ」
教授「実は、ずっと姫路城に行きたくて。今日、姫路城行ってから須磨行って神戸に戻ろうと思ったんだが」
教授「姫路城はすごかった!広すぎて、10時半ぐらいに着いたのに、姫路城やお庭や寺社巡って」
教授「あっという間に15時ぐらいになってしまって。姫路だけで今日は手一杯でした」
助手「さ、さすが姫路城。広い!」
教授「神戸戻ったの16時ぐらいだし。朝早くて眠いし、もう、須磨は明日だな」
助手「まぁ、大阪は今更、観光する場所もないしねww」
助手「そっかぁ、でもやっぱ、姫路城すごいのか」
教授「凄い!あんなのそら、世界遺産になりますわ!」
教授「いろんなお城行ったけど、いまんとこ、彦根城と姫路城は別格だわ」
教授「広さはダントツだし。天守閣までの道のりとか、むっちゃ城攻め感あって楽しかったぁ!」
教授「狭間に囲まれて、四方八方から狙われてる感じが堪らんね」
教授「そして、天守閣についたら、また、最上階の天守に着くまでが楽しい」
教授「最上階には、長壁姫や富姫が祀られた祭壇もあるし」
助手「池田輝政が作ったんでしたよね、確か」
教授「しかし、ほんと。天守閣の中は昼なのに薄暗くて。それでいて広くて。これが真夜中だったらと思うと、怖いね」
教授「天守物語の気分だった」
助手「あぁ、泉鏡花ですね」
助手「あれ?どんな話でしたっけ?天守物語って…」
教授「あれだよ、お前。富姫と図書之助の、異種族間ラブっすよ!」
助手「それは分かるんですけど、なんか、内容がうろ覚え。。」
教授「しょーがないなぁ」
教授「じゃぁ、姫路城行った記念!天守物語をカントリーバージョンにして、分かりやすく説明してあげようぜよ!!」
助手「イエーイ!やったぜ!ww」
 
続きを読む

カントリーラジオ 2018/04/16


教授「さて。今週末はもう、アンジュの大阪なんだなぁ・・・」
助手「あっという間ですねぇ」
教授「週末、クッソ暑いらしいね・・・」
教授「神戸観光、暑そうだなぁ。。」
助手「そっか。土曜日は神戸観光するんですよね」
教授「一の谷合戦巡りしてこよー!!」
教授「あ、そういえば。前回、FFTを久々にやりたいって話したけど・・・・」
教授「PSVITAでFFTの獅子戦争がDL出来たので、久々にFFTやってるぜぃ!!」
助手「あぁ。これでまた、更新がグダグダに・・・・www」
教授「まぁまぁまぁ、テキトーにやりますから。ダイジョーブ」
教授「ちゃんと、モブキャラの名前を、「リサ」「ミズキ」「アユミ」「カナトモ」にして、育ててるから!!」
助手「カナトモだけ、何故か、あだ名呼びww」
助手「でもFFT、死んでから3ターンすぎると、消滅しちゃうから、ドキドキですね」
教授「そうなんだよ。この3人は絶対に、消滅させない!!!」
教授「つーかさ。前回の更新で、その、やまっきと愉快なヲタ仲間のお話をしていたけど・・・」
教授「昨日、やまっきとだーちゃんとフクちゃんで、コナンカフェに行ってて、むっちゃ笑ったんだけどww」
助手「惜しい!あと、かなともがいれば、やまっきと愉快なヲタ仲間チーム、フルコンボだドン!だったのに!!!!www」
教授「なんだろうね、この、凄いメンツなんだけど・・・・・・ヲタクのオフ会みたいな、空気感www」
助手「まぁ、実際、ヲタクのオフ会なんですけどねwww」
教授「せやなww」




〇カントリーラジオ

教授「ちょっと3週間分ぐらい、ラジオ音源溜まってたんだけど・・・・」
教授「なんか、今週の面白いらしいので、急いで聞いてみたら、ホントに面白かったww」
教授「おぜちゃんとやまっきの、初対面のお話し」
助手「初期おぜちゃんのお話しですねwww」
教授「高校生で研修生出身のやまっき相手に、『ねぇ?何年生??』って聞く、中1www」
助手「人見知りのちぃたん相手に、『もっと、しゃべろうよぉ!!』と絡んでいく、中1www」
教授「ほんと、初期おぜちゃん、ぶっとんでるよなぁwww」
教授「やまっきも、初めて会った瞬間に・・・」


川;∂_)∂リoO(なんか、新しいタイプに出会った!)


教授「・・・と思ったらしいwww」
助手「こんなタイプ、確かに、山木の周辺環境におらんやろーなwww」
教授「でも、おぜちゃんが、家に帰ったあとに。当日の事を離したら、親に『ほんと、失礼だよ!』って怒られたそうなww」
助手「良かった。おぜちゃんのお母さんは、普通の人だったww」
教授「だからか・・・・初日にあった時は、やまっきに対し、初対面なのに『よろ〜!』って感じだったのに」
教授「2度目の時は、突然、『おはようございます!!山木さん!!』って感じになってて、逆にやまっきは、戸惑ったらしく・・・」

川*∂_)∂リ<大丈夫だよ?同じグループなんだし、梨沙ちゃんって呼んでくれて・・・。

リ;^皿^)<いえ!!研修生の先輩なんで!!!

川;∂_)∂リoO(えっと・・・何が起きたんだろう?この子・・・・)

教授「って、逆に混乱してらしいやまっきが面白いwww」
助手「それはもはや、二重人格を疑うわwww」
助手「ママに怒られたから、対応を変えたおぜちゃん、かわいいなww」
教授「初期おぜちゃんネタは、ホント、面白いよな」
教授「パイセンがくじ引きで、おぜちゃんの新幹線の席の隣になった時に、『え〜!ももち先輩の隣はヤダ!!誰か替えて!!』と言った逸話が、酷すぎて大好きww」
助手「これ、今のおぜちゃんを知ってるから、笑って聞けるけど。当時聞いてたら、ももヲタ、怒りそうよねww」
教授「そうそう。だから後期まで、パイセンも、このネタは封印してたんだろうねww」
教授「おぜちゃんがすっかりパイセン大好きなのを知った上で、このネタを聞いたから、今となってはホント笑えるんだけどねww」
助手「初期の頃は、ちぃたんややまっきも、微妙に今のキャラと違くて面白いですよね」
教授「初期森戸の人見知り&空気っぷりは凄かったもんな」
教授「あんなジャイアンになるとは、思わなかったよww」
助手「だって、初期の頃は、おぜちゃんにむっちゃ、振り回されてましたもんね。ちぃちゃん」
教授「初期おぜちゃんの、ちぃたんを振り回してる逸話も大好きだわww」
教授「でも。今となっては初期おぜちゃん、最高に面白いけど・・・」
教授「あのままだったら、しょーじき、メンバーも大変だったと思うし。大人になって良かったよね、ほんとww」
助手「超絶マイペースだけど、いい子・・・・って感じだったおぜちゃんが」
助手「今は、周りの空気をちゃんと読めるようになった上で、さらにいい子だからね。」
教授「いい子なのは、初期から、変わってないんだよね。空気が読めるようになったか、なってないかの違いだけだから」
教授「てか、このラジオの中でも、おぜちゃんが『家族と話してる時間が大好きで、それをモチベーションにしてる』って話をしてる間」
教授「やまっきがずっと『いい子だねぇ〜』って言ってるのが、ぐう面白いよねww」
助手「やまっき、家族とすぐ、口喧嘩するって言ってたもんねww」
教授「でも、おぜちゃんレベルで、パパママが大好きなやまっきってのも、違和感あるしな」
助手「確かに。想像すると違和感ww」
教授「ミーハーな山木母に、容赦なくツッコミ入れまくるやまっきって構図が、一番ほっこりするわww」
教授「でも、やまっきが家の中だと、『ママ呼び』なの、むっちゃ萌えだよねww」
助手「メンバーの前だとカッコつけて『お母さん呼び』なのに、家族だけだと『ママ』と呼んでるの、カワイイww」
教授「小関家も山木家も可愛いわ!」
教授「つーわけで、今日はここまで!!では、まだ聞いてないラジオ、残り2回分も、聞いとかなきゃね!!」
助手「そうですね。ゲームは程ほどに」
教授「うーっす」
教授「では、ばいちゅーん」


やまっきと愉快なヲタ仲間たち



教授「つーわけで、ピクシブの更新入りましたので」
教授「4649!!」

もうひとりのわたしへ・・・
https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=9480193

助手「第2章ですね」
教授「つか。ピクシブの更新とブログ両立するの、意外と大変だわ」
助手「過去の作品、そのままコピペするだけでいいのにねww」
教授「どーしても、手直ししたくなっちゃうんだよねwww」
教授「読みなおすと、誤字とか見つかって、それも気になっちゃってね」
助手「誤字が1つ見つかると、他にあるんじゃないか、すっごい気になるんですよね〜」
教授「あと、続編の方も書き始めてるので、同時に書いてるから、すごい時間喰うんだわ」
教授「おかげで、ブログの更新が後手後手でごめんね。」
教授「決して、更新がグダグダなの、マギレコのせいじゃないんだよ??」
助手「そう言うと、マギレコのせいっぽくみえるwww」
教授「マギレコはオートバトルあるから!!」
助手「ってか、みたまさん、GET出来ました??」
教授「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
教授「天井でGETしたよ」
助手「おぉおおお!!!」
教授「月夜ちゃんを・・・・!!!」
助手「すり抜けてるwwwwww」
教授「いいんだ!!オレは月夜ちゃん大好きだし、月夜ちゃん持ってなかったから、欲しかったんだい!!!」
教授「だから、いいんだ・・・・これで良かったんだ・・・・うぅううううう」
助手「まぁ、前に月夜ちゃんピックアップでGET出来なくて嘆いてたし。いいじゃないですか!」
教授「つか。闇属性のマークで虹が出たから、噂の、すり抜けキリカかと思ってドキドキしたよwww」
助手「すり抜けキリカと、残念さやかちゃんでした展開は、2大オモシロすり抜けですよねwww」
教授「でも、月夜ちゃんで良かったよ。月夜ちゃんが出た時点で、みたまさんGETは諦めて、つべに魔法少女ストーリー観に行ったら」
教授「みたまさんのまほストで、月夜ちゃんが相変わらず、チョーいい子だった。だから、月夜ちゃんでよかった!!」
助手「天音姉妹、敵キャラのくせに、メチャメチャ性格いいですよねww」
教授「敵キャラのくせに、マギレコ内でも、TOPクラスに性格いいんだよなww」



〇やまっきと愉快なヲタ仲間たち。

教授「なんか、やまっきがニコニコ超会議に出るんだね」
教授「両日出るのかな??」
教授「28日はジュースのマリナートに行くので・・・」
助手「あ、そっか。行くなら、29日しかムリですね」
教授「しっかしやまっきは、自分の趣味を、仕事に繋げて行くのが凄いよな」
教授「グッズにしても」
助手「コナンもそのうち、仕事に繋がるといいですよねぇ」
教授「ねーー」
教授「コナンと言えば、映画を初日に2回見にいてって笑ったww」
助手「しかも、2回目はだーちゃんとね!!」
教授「やまだーカプ、意外と、ガチ化してきてて面白いんだけどwww」
教授「だーいしヲタに需要あるのか知らんけど、山木ヲタのワシはむっちゃ、応援するわ。やまだーww」
助手「すっげぇ、ニッチなカップリングですよねwww」
教授「だーいしの方が年上で先輩なのに、だーいしの方がちっちゃいのがカワイイねん」
教授「それでいて、なんか、写真みると、だーいしの方が張り切ってるしww」

https://ameblo.jp/morningmusume-10ki/image-12368113134-14169897982.html

教授「だーいしブログの、この写真、チョーかわいい!!」
助手「すっげぇ、ドヤ顔で浮かれてる、だーいしwwwwww」
教授「なんかよくわからんが、ドラクエ11のベロニカ感がある。このドヤっぷりwww」
教授「teamコナンで、探偵モノ書きたくなるよな」
教授「知識と閃きの山木!行動力と体力の石田!!的なコンビでwww」
助手「だーいしが敵の組織に拉致されて、内部で暴れるんですね?わかりますwww」
教授「今度、やまだーで何か考えてみようかなぁ。楽しそう!!」
教授「ファンタジーとかも、いいかもね」
教授「ってか、やまっきと愉快なヲタ仲間チームで、ファイナルファンタジーのパーティ、むっちゃ組みたいww」
助手「やまっきと愉快なヲタ仲間チームってwwww」
教授「コナンヲタ仲間のだーいしと、ハロヲタ仲間のフクちゃんと、サブカルヲタ仲間のかなともwww」
助手「サブカルヲタ仲間wwww」
助手「確かに、メイド喫茶とか、日本を代表する外人に人気のサブカルチャーですもんね」
教授「脱出ゲームとかもサブカルっぽいしさ。やまっきとかなともは、サブカルヲタ仲間って感じするじゃん」
助手「するわwww」
助手「そして、確かに。この4人は、『やまっきと愉快なヲタ仲間』って呼び名がしっくりくるww」
助手「そんで、この4人でFFT(ファイナルファンタジータクティクス)のパーティ組むと、むっちゃ、バランス良さそうで笑うわww」
教授「すっごい強いチーム組めそうじゃん??ww」
助手「誰もジョブ、被らなそうよね」
助手「絶対、だーいしは、スピードタイプの接近戦ジョブでしょ?ww」
助手「モンクとか、忍者になりそう」
教授「MPが全然伸びなくて、スピードがメチャクチャ伸びそうよね、だーいしってww」
助手「二刀流で敵をボコりそう」
教授「で。やまっきは逆に、MPと魔力がくっそ伸びるタイプ。」
助手「でも、白魔って感じしないんですよね〜、やまっきって」
教授「やまっきは、攻撃魔法って感じ。黒魔か召喚士って感じするわ」
教授「あ、あと、算術士!!すっごい似合う!!」
助手「CT5トード、むっちゃ使いそう!!!!wwwww」
教授「好んで使いそうだよね、算術トードww」
教授「やまっき算術士いいなぁ!!CT5トードと、LV3ホーリーで、容赦ないワンサイドゲームをしてくれそうwww」
助手「そして、LV3ホーリーに巻き込まれる、LV99だーいしwww」
教授「聖属性吸収できるから、カメレオンローブちゃんと装備してって言ったでしょ?!!だーいし!!!!www」
教授「で。フクちゃんが、回復やサポート覚える系のジョブって感じ」
助手「白魔道士や時魔道士ですね、フクちゃん」
教授「トンガリ帽被って、ドンムブをかけるフクちゃんが、まっさきに浮かんだ」
助手「時魔のトンガリ帽、むっちゃ似合いそ〜!!!」
教授「ドンムブからのグラビデどっかーん!!!」
助手「白魔法も使えるし。サポートキャラとして、必須ですね」
教授「で、かなともは・・・・弓使い???」
助手「かなともでしたっけ?アーチェリーやってたの??」
教授「確か、かなとも、アーチェリーやってたハズ」
助手「じゃぁ、文句なしのジョブですね!!!」
教授「遠距離から、精神統一のアビリティつけて、パワーブレイクとかむっちゃ使ってきそうwww」
助手「FFTで物凄くイラッとするヤツだwww」
教授「あと、かなとも、話術士も良くない?!!!!」
教授「モンスターを調教出来るんだよ、話術士。確かwww」
助手「調教ピッタリやん!!!!」
助手「武器って・・・・銃でしたっけ??話術士」
教授「そうそう。遠距離から銃を使って、パワーブレイクやドンムブしてくるんだよ、かなとも」
助手「弓使いになっても話術士になっても、戦い方があくどいな、かなともwww」
助手「ヤバイ、このチーム、強そうwww」
教授「まず。フクちゃんのヘイスジャで、4人にヘイストをかける・・・・」
教授「で、やまっきの『CT5トード』で、CT5の倍数の敵をカエルにして、無効化」
教授「次に、CT5トードを免れた敵を、かなともが銃撃で『足を狙う』でドンムブ」
教授「そして、動けなくなった敵を、だーいしが二刀流でボコる」
助手「FFTのチームにすると、最強じゃないですか。やまっきと愉快なヲタ仲間たちwww」
教授「な。このチームで、FFTを無性にやりたくなったわww」
助手「キャラの名前って変えられましたっけ??」
教授「確か、モブを戦士斡旋所で加えた場合は、最初に名前が変更出来たような気がするわ」
教授「FFT大好きで、むっちゃやったからね。またやりたいわ!!」
助手「別のハードで続編とか出てるんですかね??」
教授「ちょっと探してみようかなぁ。つーわけで、今日はここまで!!」
助手「ばいちゅーん!!」

犬カワイイ

教授「今週は色々あって、ちょっと更新グダグダ気味ですまんね」
助手「戦国ネタとかは、週末に回した方がいいっすね」
教授「せやね。今日は雑談で。。。」
教授「あ、雑談と言えば」
教授「やまっきが、コナンコラボを切っ掛けにグラブル始めたそうなので・・・」
教授「マギレコもコナンとコラボして戴いて、山木をマギレコ沼に引き釣り込みたく候」
助手「いやぁ〜でも・・・・」
助手「マギレコは、ほら。男キャラはみんな、青モブにされちゃうからwww」
教授「それなーーーー!!!!」
助手「コナンや安室が青モブにされてしまうwww」
教授「だいじょうぶ!マギレコなら、灰原さんと歩美ちゃんのカップリングだけで戦える!!」
教授「蘭姉ちゃんと、園子のカップリングとか」
助手「どの層が喜ぶんだ?それ?ww」
教授「でも、ワシが一番好きな、コナンの百合カプは、妃英理と工藤有希子なんだけど」
助手「むっちゃ年増カプwww」
教授「あの2人が高校生の頃のエピソード、むっちゃカワイイやん」
助手「ミスコンの話とか可愛いよね」
助手「そう言えばマギレコ、みたまさんが実装されるのね?ww」
教授「・・・・・・・・・そうなの」
教授「ヴァアアアアアア!!!こんなことなら、麻友ちゃん、追加で凸しなきゃよかったぁあああああ!!」
助手「なんたる!!!!!wwww」
助手「せっかく無課金で麻友ちゃん凸出来たのに。まさか、さらに追加で凸してるとは・・・」
教授「麻友ちゃん、強くしたかったんらもん」
教授「あぁああ。手持ちの40連で来るかなぁ・・・・みたまさん、40連で来てくださいぃいい」
助手「・・・・・・・・・・・」
助手「やまっき。グラブルでこんなミジメな状態にならないよう。課金はしちゃダメだZ!!!!」






教授「犬飼いたい」
助手「藪から棒に、どうしたんですか?ww」
教授「あああああ、犬飼いたいよぉ!!!癒されたい!!!」
助手「時々、物凄い、動物不足に陥りますよね、教授って」
助手「犬っぽいむすぶでも観て、癒されましょうww」
教授「ホント、むすぶは、犬顔だよなぁ・・・・」
教授「わださくちゃん辺りも、結構、犬顔だよね」
助手「バカな大型犬って感じがする、わださくちゃんはww」
教授「自分のエサ食べた後に、隣のあやぱんのエサも、モサモサと食べちゃう系バカ犬って感じよねww」
助手「犬になってもメンバーに振り回される運命のあやぱんww」
教授「バカ犬系大型犬、でも、むっちゃ好きー!!くまいちゃんとかまいみちゃんとか、バカ犬系大型犬で好きだものww」
助手「あーりーも完全に、バカ犬系ですよね」
教授「あれはバカ犬だね!!紙袋に顔ツッコんで、そしたら紙袋が取れなくなって、ガウウウウウ!!って暴れる系のバカ犬さを感じるww」
助手「お手ってやっても、3回に1回は、飼い主の手を食べ物と勘違いして、噛み切りに来る系のバカさも感じますよねww」
教授「攻撃的バカ犬だよ、あーりーは絶対ww」
助手「あと、犬っぽいのは・・・・」
教授「アンジュのライブを観てて、かっさーもわりと、犬みを感じたんだけど」
助手「かっさーも、洋犬寄りの大型犬ぽさは感じるかも!!」
教授「メンバーみんなにワサワサと可愛がられてる感じも、犬みを感じた」
教授「あ、でも、洋犬と言えば。やまっきもわりと、洋犬っぽさを感じる」
教授「毛が長くて面長の・・・シェルティとかコリー的な?」
助手「コリーとか面長で、賢そうな顔してるから、それ系な感じはありますよね」
助手「そう言えば、今年の丸わかりBOOKが戌年って事で、自分を犬に例えるとって質問ありませんでしたっけ?」
教授「あぁ、あったかも!!!!」
教授「えっと、山木はなんて書いてあるかな??」
助手「チャイニーズクレステッドドッグだそうです」
教授「・・・・・・・・・・」
教授「あのね。山木の悪い所はね、私がいちいちググらないと解らない解答を、すぐ放ってくるところなのですよ」
助手「それなwwww」
助手「アフォでも解るトイプーを答えてくれるもりとちは、やっぱ、ぐう聖だわwww」
教授「私も犬に凄く詳しいわけではないけど、犬好きだから、そこそこ犬の種類は知ってるのに。知らない角度を絶妙についてくる辺りが悔しい・・・www」
助手「山木の知識量に、大体負ける、ヲタたちwww」
教授「そしてググったら、予想外の犬が出て来たし!!!www」

http://dogfan.jp/zukan/toy/ChineseCrested/

助手「なんか、シュールな犬!!wwww」
教授「むしろ、これに似てていいの??やまっき??他にあるっしょ??ww」
教授「絶対、コリーに似てるって言われる方が、嬉しいっしょ??」
教授「でも、なんか、ファンタジーに出てきそうでカッコイイな。この犬」
助手「カッコイイですよね」
教授「なるほど。やまっきのお陰で、チャイニーズクレステッドドッグを知れたよ。くっそ!!」
助手「犬だけに、まさに、負け犬ですな。教授www」
教授「ってか、丸わかりブック読んでたら。自分を犬に例えるとで『捨て犬』と答えるわだちょが、病んでそうで不安になるwww」
助手「自分を捨て犬に例えないで!!どんだけペシミストなんですかwww」
教授「やばい!!!!まりあちゃん、スヌーピーって答えてるwwwww」
助手「スヌーピーwwwww それも、斜め上すぎるwwwww」
教授「不覚にも萌えてしまった。自分を犬に例えるとすぬーぴー。くっそカワイイ!!www」
教授「ってか。ただシェパードと答えずに、ベルジアンシェパード・ドッグ・マリノアって答えるかえでぇに、厨二っぽさを感じるwww」
助手「シェパードのマリノア種って言えばいいじゃんねww」
助手「わざわざ、フルネームで答えるあたり、これは厨二ですわwww」
教授「とりあえず、まりあちゃんのスヌーピーが、NO1かわいいですわ」
助手「スヌーピーって答えるの、マジ、萌えますわ」
教授「でも、私が一番飼いたい犬は、サモエド種のもりとち犬だから!!」
助手「もりとち犬は、サモエドの一種だったのかwww」
教授「サモエドが親潮に乗って、日本に渡って来て、日本の固有種となったのですよ、もりとち犬は。」
助手「テキトーに、本当にありそうな設定、つけないでくださいwww」
教授「やっぱ、もりとち犬をモフモフしたい!!・・・・でも」
教授「豆柴のむすぶを、めっちゃ甘やかしてあげたい気持ちも強い。やっぱ、この2匹が、ハロプロ最強犬やな!!」
助手「むすぶはまた、名前のむすぶが、ワンコの名前っぽいんだよねwww」
教授「そうなんだよ!!あんまりメンバーを下の名前で呼び捨てにしないんだけど、むすぶは、むすぶと呼びたくなる、犬み感がある」
教授「まぁとりあえず、犬は可愛いねってことで、ばいちゅーん」
助手「ばいちゅん」

お知らせ更新


土日はアンジュの座間の夜公演に行って来ましたー。
どっちも夜だけだったけど、久々に疲れたわ。
先週のサトヤマといい、今週の座間といい、遠征じゃないけど、地味に遠い感じが疲れたww
でも、座間に行くの、すっごい久しぶりぃ。なんか懐かしかったよぉ。
ベリコンで、毎回お世話になったなぁ、座間は。アンジュで訪れる事になるとはねぇ。
あやちょが卒業発表した直後だったので、初日はやっぱ、ラストの曲でしんみりした感じでしたね。
だけど、コンサートはとても楽しかったです。
スマ曲もかなりいっぱいあって。と言うか、怒涛のメドレーコーナーがあったww
とても楽しいコンサだったので、これで安心して、大阪遠征出来るわ!うむ!!!
また、アンジュ曲しかない、おまいつセトリだったら、しょーじき、遠征躊躇うとこだったのでww
アンジュ曲、嫌いじゃないんだよ?!凄くいい曲いっぱいあるんだよ??
でも、アンジュ曲だけしかやらないなら、ハロコンだけ見てれば、間に合ってしまうんだよ?
なので、今回のセトリは大歓迎ッス!!フルで観たかったとか、贅沢はいいません!!ええか!?と良い奴あって、むっちゃ嬉しかったッス!!


〇PIXIV更新

ピクシブの方で、「もうひとりの『あなた』へ・・・」の連載始めましたー。

https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=9456745

前にブログで連載した小説ですけど、
修正しつつ、内容を少し加筆すると思うので、お暇な時にでも御目通しいただければ。
ストーリーは勿論、変わらないけどね。
とりあえず、これを全部上げ終わったら、6月ぐらいから続編の連載始めたいなぁと思います。


つーわけで。今日は、お知らせ更新だけで終えさせて頂きます。
早く、こないだの戦国話の続きも語らねばね!地味に忙しい!!
では、ばいちゅーん!!!

ざっつだん


教授「今度はわだちょの卒業が出たね」
助手「うわーー。マジかぁ」
助手「うちらの中のハロプロが、どんどん変わって行くねぇ」
教授「どうするよ?ハロプロ最古参、フクちゃんだぜ!?」
教授「フクちゃん、うちらの中では新メンバーのイメージが未だにあるのにねww」
助手「そうそう。娘。の9期から、新しい娘。に変わったイメージが強いから・・・」
助手「新世代の子ってイメージがあるんだよね、9期は」
教授「フクちゃんが最古参の時代が来るなんてなぁ・・・。不思議な感じ」
助手「次のリーダー、誰になるんですかね」
教授「まぁ、かななんだと思うけど。。心配だな」
教授「ぷーさんを補佐に付けた方が良い気がするわ。」
助手「まぁ、しかしアンジュも、中々メンバーが落ち着かないね」
教授「絶対に9人になる呪いでもかかってるのだろうか?アンジュは」
助手「言われてみれば・・・」
教授「もっとも、あと1年間の猶予があるから。」
教授「とりあえず。わだちょのファンのみんなは、1年間、アンジュのあやちょをガッツリと見届けてあげて欲しいわ」
助手「はーちんみたく、今のツアーで終了ではないからね。1年猶予をくれてるのはありがたい事だよ」
教授「ももヲタも・・・8か月の猶予だったけど、充分思い出作れたし」
教授「ハロプロ卒業しても、わだちょは芸能続けてくれるみたいだし」
教授「後生の別れじゃないから。うん」
助手「ですな。あやちょも、まぁ、まだ1年あるけど・・・・がんばってね」


続きを読む

ざつだん


教授「どーもーーー」
教授「土日はサトヤマイベに行ってきたよ。楽しかったけど、疲れたぁ〜」
助手「朝、早かったですもんねぇ」
助手「日曜日のお渡し会、結局、行ったんですか??」
教授「行ったよぉ。日曜日にサボらないように・・・・」
教授「土曜日は敢えてりさちぃではなく、Eセットのやまふなセットにして。。しかも、ハロショの出張店で買えたのに、敢えて、ちぃたんのキーホルダーを買わず・・・・」
教授「日曜のお渡し会でりさちぃセットを絶対に買いに行くベく、自らを追い詰めたwww」
助手「自ら縛プをして、絶対にお渡し会に行くようにするスタイル。斬新www」
教授「でも、お渡し会、すげぇ喋れる時間あったわ。ソロの感想とか言えて、良かったよ」
助手「そうそう!!土曜の1公演目はソロだったんですよね、やまっき」
助手「スクランブル」
助手「カントリーのツアーでもやりましたよね、スクランブル」
教授「あの時は、ももち、やまっき、やなみんだったね。楽しかったなぁ〜、あのツアー。。」
教授「イントロ流れた瞬間、『あぁ〜スクだぁ〜!!』って、なんか嬉しかったよ」
助手「声質似合いますよね、やまっきって。ごっちん曲」
教授「そうそう。合ってると思う。特にスクはピッタリ。元ごまヲタが太鼓判押すわ」
教授「髪型がポニテだったのも、ちょっと、スクのごっちん、イメージしたのかなぁ?って」
助手「MVで確か、ポニテでしたよね、ごっちん」
教授「翌日もポニテだったから、あんまカンケーないかもしれんけど。ちょっと彷彿とさせたわ」
教授「でも、あの大会場で梨沙ちゃんコール出来るの、やっぱ、嬉しいよなぁ」
助手「わかる!あぁ言うデカい会場で、推しのコール出来るのは、ヲタ冥利に尽きるね」
教授「女限だったんだけどさ。たまたま、周りにいる子が、コールする系のノリのいい子達が多くて・・・」
教授「私がスクランブルのコールやってたら、むっちゃ併せてくれて、超〜有難かったww」
教授「後ろの子とか、スク、全然知らないぽかったんだけど。サビのクラップとかも、真似して全部やってくれた。ええ子達や〜」
助手「それは実に、いい子達www」
教授「あとは、Aランチで、Aランチジャンプをマスターしてくれれば完璧やな!!」
教授「Aランチは、頭の上で「A」を作ってジャンプするんやで!!!」
助手「そこ、アフォっぽくっていいですよねwww」
助手「あと、ヒナフェスで面白かったシーン、あります??」
教授「そうね。個人的には、やまおぜとつばきが、ジュースの『KEEP ON 上昇志向』をやったんだけど」
教授「ちょっとツボりすぎて、どのパートの時だったか忘れたんだけど・・・・」
教授「落ちサビ前の、KEEP ON KEEP ON〜♪のトコだったかな?すっごいドヤ顔で、セクシー放ちながら、歌ってて・・・」
教授「むっちゃツボったww」
助手「あの人、セクシー放つ時、何故かドヤりますよねwww」
教授「しかも、丁度、真正面で観やすい位置の時に、セクシードヤってるから。モロに観てしまって、10秒ぐらいツボったわww」
教授「ホント、やまっきのセクシードヤるの、大好きww」
助手「今だにアイスクリームとMYプリンばっか観てますもんね、教授ww」
教授「あれとガラパンを連続で観るのが・・・・」
教授「ベリフェスで、君の友達とMOON POWERを連続で観るのと同じぐらい好きなのですww」
教授「あぁ、あと。Midnight Temptation を、まなかんズがやってたのが、カッコ良かった」
助手「マジ?!Midnight Temptationやったんだ??」
教授「4回ともこの曲だったから、もう、まなかんズの持ち曲になるのではなかろうか??ww」
教授「つか、持ち曲にして!!私、℃-uteで一番、この曲好きなの!!まなかんで何度も観たいわ!!」
教授「曲もカッコイイけど、フリコピが物凄く好きなんだ、この曲」
教授「この曲を目当てに、℃-uteコンに通ってたと言っても、過言ではないぐらい好き」
助手「じゃぁ、もう、まなかんズの曲にしちゃいましょうwww」
教授「では、桃スパはパイセンの曲。Midnight Temptationは、まなかんズの曲でお願いしますww」
教授「まぁでも、ひなフェスもサトヤマイベも、楽しかったよ」
教授「山田養蜂場の宣伝イベントで、同じステージに、りさまながいる姿を観れただけで満足」
助手「司会がやまっきだったんですよね」
教授「マヤ姐のせいで、メインステージのイベントが30分ぐらい押しちゃってて」
教授「そのせいで、やまっきがともかく、MCを巻くのに手いっぱいで。しょーじき、絡みは全然なかったんだけどねww」
助手「30分押しは可哀想www」
教授「土曜日の山田養蜂場のイベントに比べて、日曜日は、やまっきの『絶対MCを長引かせない』と言う、鉄の意志を感じたww」
助手「でも、それでちゃんと、イベントを巻いてくれるやまっき、有能やなww」
教授「あ。けど、絡みはなかったけど・・・・」
教授「出演者みんな、ミツバチの触覚のカチューシャ付けてたんだけど・・・」
教授「まことがやまっきに『山木さん。ミツバチの格好、似あいますねぇ』って言ってて・・・ww」
助手「まことwwww」
助手「まことがそう言う事を言うときは、大抵、本気ですよ?www」
教授「そうそう。まことがそう言う事言うときは、本気で思ってる時だよねww」
教授「でも、確かに、メチャメチャ似合ってたww」
教授「で。それを言われて、やまっきが、『ほんとですか?ありがとうございます』って言ってた時に・・・・」
教授「まなかんがあっちの方で、ウリウリ〜みたいな、指の動きをしてたのを私は見逃さなかった!!」
助手「一瞬たりとも、りさまなを見逃さない、カプヲタwww」
教授「つーか、山田養蜂場のイベ。まなかんと高瀬ちゃんの連番が、2人そろってあざかわいくって、恐ろしかった」
助手「あの2人揃うと、あざとさが渋滞起こしますよねww」
教授「まなかん1人でも、渋滞起こすのにww」
教授「まぁとりあえず、ひなフェスもサトヤマも、朝早くて疲れたけど、面白かったよー」




〇雑談

教授「昨日のブログ見たけど、最近、ほんと。だーちゃんとやまっきの組み合わせ、多いよね」
助手「かなともも多いけど、ここも増えましたよね」
教授「増えた。山木が何故か、モテてる!!」
助手「ヤマキ、モテキ!!!」
教授「でも、山木ブログ読むと、だーいしが毎回、イイヤツで惚れるわ」
助手「だーいしは、ほんと、いい子ですよね」
教授「ハロメン、性格いい子いっぱいだけど・・・」
教授「特に、だーいしとフクちゃんは、凄くいい人感があって・・・・」
教授「万が一、この2人が性格悪かったら、私はもう、人間と言う存在を信じない!!!!」
助手「『アイドルを信じない』とかを通り越して、人間を信じないレベルwww」
助手「それぐらい、フクちゃんとだーいしを、信じてるんですね。つまりは」
教授「そうそう。だからなんか、やまっきが、だーいしとかフクちゃんとかと仲いいのは、凄く嬉しい」
教授「・・・・・・・・・・・・・・・」
教授「・・・・・いや、かなともと仲いいのも、嬉しいよ??ww」
助手「変に付け足すと、逆に怪しく見えるから、付け足さなくていいですよ!!ww」
教授「怪しくないから!!わたし、かなとも好きだから、ホントに、嬉しいってば!!信じて!!ww」
助手「わかってるから!!変に必死になると、逆に怪しく見えるってば!!ww」
教授「つか。おぜちゃんとみなみなが仲いいのも、凄く嬉しい。あのコンビ、ホント、ピュアでいいよね」
教授「わりと、おぜカプの中では、おぜちぃに匹敵するレベルで好きなんだけど、おぜみなww」
助手「わっ。そう言う事言うと、ちぃたん、怒りそうww」
教授「ちぃたんの目の前で、『時代はおぜみなだよなぁ!』って言ってみたいよね。すっごい、ムカつかれそうww」
助手「ちぃたんって『おぜの一番のカップリング相手は、ちぃだし』って自負がありそうだから」
助手「おぜちゃんが他の子とカップリングになると、すっげぇ、嫉妬しそうよねww」
教授「梨沙ちゃんもおぜちゃんもまなかんも、ちぃのもの!!ふんふん!!!」
助手「マジ、ジャイアンwww」
教授「でも。さっきの話に戻るが・・・・やまっきが、だーちゃんとか、フクちゃんとか、人が良さそうな子と仲いいのも嬉しいけど」
教授「小片さんみたいな、気が強そうな人とコンビになるのも、結構、興味深いんだけどww」
助手「明日のイベントが確か、小片さんとやまっきの、Wりさちゃんでしたよね」
教授「すっごい興味深々。わたし、小片さんはちょっと、腹黒いぐらいが好きなんだけどwww」
助手「小片さんは、ダーク属性の空気を感じますもんねww」
教授「あんなに『レベル5 デス』を使えそうなハロメン、小片さんぐらいだよ」
助手「レベル5デス、使えそ〜〜〜〜wwww」
助手「やまっき、なんか、たまたまレベルが45で。一撃死させられそうww」
教授「大丈夫!おぜちゃんが青魔法のリレイズ使えるから!!倒れてもHP1で復活出来る!!」
助手「ちぃたんは、チョコボックル、使えそうよねww」
教授「似合うな、チョコボックルww」
教授「で、キキちゃんは、絶対、ホワイトウインドが使えるよ?」
助手「使いそ〜!!全員、回復しそ〜!!」
教授「カントリーとつばきで、青魔法対決して欲しいわww」
教授「とりあえず、やまっきは、カエルのうたが使えるでしょ???」
助手「使えそうだけど、微妙な青魔法www」
助手「きしもんは、ゴブリンパンチ使いそうだわ〜」
教授「あんみー、臭い息、使いそうwww」
助手「酷いけど、カントリー&つばきの中では、一番つかいそうだわwww」
教授「やなみんは『はりせんぼん』とか使いそう」
教授「で、むすぶは・・・・・銭投げww」
助手「むすぶだけ、青魔法じゃねぇしwww」
教授「まぁ、とりあえず、そんな感じで・・・・なんで青魔法の話になったんだ??ww」
助手「小片さんが、レベル5デスを使いそうってはなしからですww」
教授「そうそう。明日のイベントが、Wりさちゃんなんだよね」
教授「ちなみにわたくし、明日のイベント当たりましたので、行って来ます」
助手「おぉおお!!北の桜守、ティーチリングイベ、当たったんですね」
教授「前知識なしで観るのもアレなので、あらすじだけでも観とくかな・・・・」
教授「えーと、あらすじは・・・・」


1945年5月、南樺太に住む江蓮(えづれ)家の庭に待望の桜が花開いた。
夫と息子たちと暮らす江蓮てつが大切に育てたその花は、やがて家族の約束となる。

しかし8月、本土が終戦に向かう中、樺太にはソ連軍が迫っていた。
樺太に残る夫との再会を約束し、てつは二人の息子を連れて網走へと逃げ延びる。

時は流れ1971年、次男の修二郎はアメリカに渡って成功し、米国企業の日本社長として帰国する。
15年ぶりに網走へ母を訪ねると、そこには年老いたてつの姿があった。一人暮らしが心もとなく思えるその様子に、
再び母と共に暮らす決意を固める修二郎。
しかし想いあうがゆえに母子はすれ違いを重ね、立派になった修二郎に迷惑をかけたくないと、てつは一人網走に戻ろうとする。

母に寄り添いたいと願う修二郎は、二人で北海道の各地を巡り、共に過ごした記憶を拾い集めるように旅を始める。
再会を誓った家族への想い。寒さと貧しさに耐え、懸命に生き抜いた親子の記憶。
戦後の苦難を共にした懐かしく温かい人々との再会。幸せとは、記憶とは、そして親子とは。

そして満開の桜の下で明かされる、衝撃の結末――



教授「・・・・・・・・・・・・・・・・」
助手「・・・・・・・・・・・・・・・・」
助手「重そ〜www」
教授「仕事のあと、疲れた状態で観るの、しんどそうだな、これww」
教授「うわぁ。樺太戦争の引き揚げのお話しか、これ・・・・」
助手「大戦における引き揚げのお話は、満州といい、しんどいですよね」
助手「終戦まで、サハリンの半分は日本の領土だったって、不思議な感じですよね」
教授「ねー。」
教授「とりあえず、明日は北の桜守のイベント行って来ますね〜」
教授「では、ばいちゅーん」

レッツ、カップリングフィギュア

教授「明日は早いから、今日の更新は短くするぞ!!!」
助手「あー。サトヤマイベですね、あした」
助手「やまっきのお渡し会があるんでしたっけ」
教授「そうなんよ」

http://www.helloshop.info/news/event/20180329_114409.html

教授「ってか。リンク貼ったと思ってたら、リンクはずれてた」
教授「めんご」
助手「なんの為に貼ったんだよww」
教授「つーか、朝早いよ。起きれるかな・・・」
助手「がんばれーーー」
教授「つーかさ。ちゃんとオフィシャルHPにも、コレのお知らせ載せてくれません??クソ事務所」
教授「いつまでも情報が上がらないから、むっちゃ探しまくったら、オフィシャルショップのホームページの方に上がってた」
教授「せめてカントリーのツイッターで流してよ。どこに情報上がってるのか、全然解らなかったわ!!もう!!」
助手「ほんと、情弱に冷たいですよね、クソ事務所ww」
教授「これ。明日、お渡し会あるの、知らないままの人、結構いるんじゃないの?平気??」
教授「ってゆっか」

Aセット:山木梨沙+山木梨沙
Bセット:山木梨沙+森戸知沙希
Cセット:山木梨沙+小関舞
Dセット:山木梨沙+梁川奈々美
Eセット:山木梨沙+船木結
Fセット:ミニチュアセット


教授「このBセットの魅惑の響きwww」
助手「りさちぃセットですねwww」
教授「カプヲタとしては無駄に、全セット買いたくなってしまうが・・・落ち着け。別にこれは、同人誌の即売会じゃないぞ、自分!!」
助手「りさちぃのキーホルダーが手に入るワケではなく、やまっきとちぃたんのキーホルダーが1つづつセットになってるだけなので・・・」
助手「うっかり全部買うと、山木キーホルダーが無駄に6つ来ます。落ち着いてくださいwww」
教授「なんで6つ・・・と思ったら、Aセットは、山木×山木なんだなwww」
助手「山木×山木セットがシュールすぎるwww」
教授「とりあえず、1日目はりさちぃHAPPYセットにして・・・・・2日目はどうしようかな」
教授「やまふなセットにするか、ミニチュアセットにするか迷う。フツーに考えればミニチュアセットなんだが・・・」
助手「カプヲタとしては、カプ攻めしたくなりますよね。解りますww」
助手「ってか、せっかくなので・・・」

Aセット:山木梨沙+山木梨沙
Bセット:山木梨沙+森戸知沙希
Cセット:山木梨沙+小関舞
Dセット:山木梨沙+梁川奈々美
Eセット:山木梨沙+船木結


助手「各カップリングセットの良さを、みなさんに、オススメ演説してあげてくださいww」
教授「なんで!!!!?wwww」
助手「なんとなくwww」
教授「つーか、Aセットの梨沙ちゃん×梨沙ちゃんもオススメするんですか??www」
助手「そこはいらんので、残り4つをお願いしますww」
教授「ぬぅ。しょーがないなぁ、じゃぁ・・・・・まず、Bセットから行くね」
助手「おねがいします」
教授「・・・・・・・・・・・・・・」
教授「まず。Bセットのりさちぃセットの良さは・・・・なんと言っても、『わがまま気のまま愛のりさちぃ』!!」
教授「モーニング娘。の時にはあまり見られない、ちょっとワガママだけど・・・気のままで自由なちぃたんが拝めるのは、やっぱ、りさちぃだけ!!」
教授「『なんでだろうね?梨沙ちゃんの前だと、なんかワガママでいられるんだよね・・・・・ちぃ』」
教授「さぁ、Bセットを買って、ワガママで気ままちぃたんから迸る、圧倒的、梨沙ちゃん愛。その耽美なる甘さに酔いしれようZ!!」
助手「おぉ〜〜〜〜〜!!!!!」
助手「つか、わがまま気のまま愛のりさちぃってなんだよwww」
教授「いや、なんかゴロが良かったのでwwww」
助手「じゃぁ、次、Cセットお願いします」
教授「うーん。じゃぁ・・・・」
教授「Cセットのおぜやまセットの良さ・・・それは!!まさに!!!エクシブお嬢が丘!!!!」
教授「おでんを買うのも初めて。くら寿司行くのも初めて。2人の人生はいつも、真新しい感動に包まれているのだ!!」
教授「『ねぇ、梨沙ちゃん。今度は2人で、すた〇な太郎に行ってみようよ・・・!!』」
教授「さぁ、Cセットを買って、お嬢2人の『俗物グルメバージンロード』にライスシャワーの雨を降らせよう!!」
助手「・・・・つーか、すた〇な太郎を俗物グルメ扱いしないであげてwww」
教授「でも、すた〇な太郎に行くおぜりさは、観たいような、観たくないような・・・・半々だよなwww」
助手「わかるww あの2人には、やっぱ、叙々苑游玄亭が似合うww」
助手「じゃぁ次はDセット」
教授「そうですね。Dセットの素晴らしさは・・・・」
教授「ズバリ!!大好きな、お隣のお姉ちゃんぐらいの距離感!!」
教授「やまやなコンビは、りさちぃみたくカップルぽさもなく、おぜりさみたく家族ぐるみでもなく、やまふなみたく同期でもない」
教授「『でも、梨沙ちゃんと一緒にいると、ホッとします。・・・・それで十分ですよね!??』」
教授「家族とも違う、友達とも違う、同期とも違う、恋人とも違う・・・・その絶妙な距離感、だけど、唯一無二の2人の距離感に、勇者たちよ身悶えよ!!」
助手「なるほど。確かに、他のコンビに比べて、特別な繋がりがあるわけではないけど・・・」
助手「だからこそ、唯一無二の距離感とも言えますな!!!」
教授「こう言う、なんでもない関係だけど、なんにもないが『ある』カップリングこそ、奥が深いねん」
助手「そうなのかwww」
助手「では、Eセットお願いします」
教授「うむ!!では、Eセットの良さは・・・・まさに、ハロプロNO1のイレギュラーカップル!!!」
教授「まずは、5歳差と言う大きな壁。だけど、研修生同期。でも、カントリーの先輩と後輩。それは、複雑に絡み合う、やまふなハーモニー!!」
教授「『むすぶと梨沙ちゃんの関係ってなんやろーな?・・・・ま、なんでもえぇか!!一緒に居て楽しければ、なんでもええわ!!』」
教授「年齢も違う。出身も違う。品性も違う。知能も違う。だからこそ生まれるイレギュラーカプ!!君はその、証人になるのだ!!!!」
助手「・・・・・・・・・・・・おーーーーー!!」
助手「なるほど、イレギュラーカプ!!!」
教授「もうね。やまふなは、全てが正反対だけど、全てが複雑に絡み合うイレギュラーな感じがホント好き!!」
助手「じゃぁ、教授はEセットがオススメってことですね???」
教授「あーん、でも、Bも好きだし。勿論、CもDも捨てがたい!!!!!」
教授「全部のカップリング、欲しいよぉおおおおお!!!」
教授「・・・・・・・・・・・・・」
教授「つーわけで、みなさんもパシフィコ横浜で、レッツ、山木カプフィギュア!!!」
助手「なんなんだ、この内容はwww」
教授「まぁ、とりあえず、明日は朝早くに頑張って行って来まーーーす」
助手「そうですね。9時かぁ・・・・」
助手「つーか2日目ヤバくね?8時に販売開始ですよ??ww」
教授「しょーじき、2日目は、諦めるかもしれないwww」
助手「この早さじゃなぁ・・・・www」
教授「そして、ついでに」

http://www.helloshop.info/goods/20180329_114430.html

教授「スマフォケースの方は、明日からやね」
助手「やっぱ。うぱみんの存在感、ハンパないwww」
教授「かわいいよな。買わねば!!!」
教授「つーわけで、明日早いのでこの辺で。ばいちゅん!!!」



カントリー昔話 〜前編〜

教授「最近、マギレコのお陰で・・・」
教授「声優さん(女性限定)にちょっとだけ詳しくなったよ」
助手「あらま」
助手「全然無知だったのにね」
教授「林原めぐみレベルしか知らなかったのになww」
教授「詳しくなったって言っても、勿論、聞き分け出来るとか、そう言うのじゃないけど」
助手「ゲームとか観てて、○○の声優は誰・・・みたいの書いてあっても、前はまったくピンと来なかったのに」
教授「例えばドラクエライバルズで、ベロニカとセーニャの声優が発表になったときに」
教授「あ!ベロニカは月夜ちゃんで、セーニャはやちよさんじゃん!!ってww」
助手「なるほど。声優の名前を観て、マギレコのキャラ名で浮かぶわけねwww」
教授「やちよさんに足の骨折られてた月夜ちゃんが、やちよさんのお姉ちゃん役なのか・・・って、しみじみしたりww」
助手「足の骨、折るなよ・・・やちよさんwww」
教授「ま、魔法少女は多少、痛めつけても再生できるし・・・ww」
教授「最近は三国無双8をやってて、ふとキャラクター説明見たら、王元姫の声優さんが梨花っぺの声である事に気づいたり」
助手「物凄い婉曲した形で、声優に詳しくなってるwww」
助手「マギレコ挟まないと解らないのねwww」
教授「その代わり、マギレコを挟んで、声が浮かぶwww」
助手「でも、確かに。マギレコって人気声優使ってるって言いますもんね」
教授「お陰様で、最近ちょっとだけ、声優さんが解るようになったよ。ありがとう、マギレコ」
教授「そして、ついさっき、やまっきのブログ更新があったが・・・・」

https://ameblo.jp/countrygirls/entry-12363705963.html

https://ameblo.jp/countrygirls/image-12363705963-14158256611.html

教授「イラストグッズ第3弾発売だってさ!!!」
助手「あら、かわいい!!!」
助手「これ、教授の家のペーパークラフトで作った熊本城の天守閣に鎮座してあるヤツですねww」
教授「第1弾のミニチュアセット、天守閣に鎮座してるわwww」
助手「また出るんですね。うれしみさきちゃん」
教授「ふむふむ。サトヤマイベで臨時店先行発売&お渡し会決定!って事は、お渡し会するのよね??」
助手「お渡し会ってあるんだから、お渡し会するでしょ??ww」
教授「ふゆぅぅ。グッズ買う必要もないし、のんびり行こうと思ってたが、そう言うわけにも行かなくなったか・・・」
教授「ってか、スマフォケース。むっちゃカワイイんですけど」
助手「何気にむっちゃカワイイ、これ」
助手「うぱみん、くっそかわいいwww」
教授「つか。一見カントリーのグッズと解らないけど、観る人が見ると解るグッズを作ろうと言う発想が、さすがだわwww」
助手「ヲタの心理を解ってらっしゃるwwww」
教授「ホントは推しの写真を待ち受けにしたいけど、観られると痛いので・・・」
教授「まるで自分ちの猫かのように、ベルにゃんを待ち受けにしている私に、うってつけだなwww」
助手「確かにそれなら、電車で後ろの人に見られても、自分ちの猫と思って貰えるわww」
教授「では、今回のマギレコピックアップガチャは、無課金で麻友ちゃんが凸出来て、金銭に余裕があるので・・・」
教授「次は、山木グッズ確定ガチャにつぎ込んであげるとしようではないか!!!」
助手「山木グッズ確定ガチャってなんだよwwww」
教授「よくよく考えると、マギレコの、愚にもつかない☆2メモリアの山となる10連1回分で・・・・」
教授「アクリルキーホルダー3体ぐらい買えるんだな・・・」
助手「そうですよ。そう考えると、山木グッズ確定ガチャを3連ぐらいした方がいいですよね」
教授「よーし!そんじゃ、土曜日は山木グッズ確定ガチャ頑張るぞ!!!」
助手「・・・・・とか言ってると、金曜日にマギレコがアプデして、ドア様が実装される未来が見えるwww」
教授「ヴァアアアアアア!!ドア様実装されたら、欲しいに決まってるだろがーーーー!!!」

続きを読む
Categories
Archives
ロマヲタ図書館

レポ・ネタ・小説の保管場所。

ロマヲタ図書館


メール
メッセージ

名前
本文