やまっきバーイベのお話



教授「どもーーー」
教授「今週忙しくてやべぇ・・・・」
助手「台風のあとのせい??」
教授「単純に今週は、一カ所のお客さんが、超〜時間かかる案件を毎日持って来てるからなんだが・・・」
教授「それでしんどい上。3連休明けの火曜。2人も体調不良でいなかった!!!(キレ」
助手「3連休明けの台風明けに、それはしんどいwwww」
教授「おまけに上司は会議いくし、後半で1人、用事あって早退だし!!その時間に超時間かかる案件来るし。一番忙しい時間に全然人がいなかった!!(キレ」
教授「後半。接客時に笑顔が消えてたもん。終始真顔で顔が死んでたと思う・・・」
助手「かわいそうwwww」
助手「火曜日でしょ??バーイベ、間に合いました??www」
教授「間に合ったけど、ぐったりな状態で行く羽目になったよ。もう・・・」
助手「まぁ、行ったら元気になるヤツでしょ??」
教授「うむ。元気になるヤツ。曲数、14曲はやべぇ・・・・」
助手「14って・・・・ヘタなナルチカ系ライブよりも、曲数多いじゃん!!ヤベェ!!!wwww」
教授「終わった後にアンジュヲタの仲間が、『前にやったアンジュのライブなんて、13曲でしたよ』って言ってたわwww」
助手「草wwww でも、まぁ、ライブハウスの時は握手もあるせいで、短いからしゃーないwww」
教授「ベリのナルチカも、13曲とかそんなもんだったと思うもん」
助手「ガチでライブハウス系のライブより曲数多いwww」
教授「オイオイ、やまっき。これで、あのお値段でいいんですか??あと2000円ぐらい足しますよ??わたしたちwww」
教授「おまけにMCコーナーが伸びたので、1時間40分ぐらいやってたぞ、全部で・・・すげぇ」
助手「神イベじゃんwww」
教授「最初は1回回しだと1回しか観れないんだよなぁ・・・って思ってたけど。これは良い、1回回し!!」
助手「そうね。その分、イベント自体の時間を延ばしてくれるの、素晴らしい!!」
教授「挙げ句。やまっきが描いたウェルカムボードのイラスト、小さな紙にして、全員にプレゼントしてくれたんだけどさ・・・」

IMG00450


教授「イラストがこのように、香水ビン(の中にいる女の子)を描いてるって事で・・・・」
教授「なんと、その紙をムエット(試香紙)にして、自分の香水振りかけて配ると言う、神使用にしてくれました!!!」
助手「はぁ??!!!大げさじゃなく、マジで神じゃん!!!」
助手「それは、マジ、大天使ヤマキエル様だわ!!!!」
教授「こんな神イベ、あと、3000円ぐらい足してあげても充分だわ」
教授「ちなみに。もらったムエット、自分のスマフォケースのポケット部分に入れてるので・・・・」
教授「電話する時、めっちゃいい香りwww」
助手「それは素晴らしいwww」
教授「また。お嬢はさすが、良い香りの香水を使ってらっしゃる。わたし、香りキツいのムリなんだが、柔らかな上品な香りで、大変お嬢らしいわ」
助手「でも。イラストの紙をムエットにして、自分の愛用してる香水振りかけて配るって・・・・そもそも、発想がオシャレよね!!」
助手「これは女子ヲタも喜ぶし、男ヲタも大歓喜だろ?www」
教授「自分の推しの香りをGET出来るんだぞ。男ヲタも大大大満足ですよ!!www」
教授「お嬢はさすがっすわ!!!」
教授「ちなみに、イベントのレポは・・・・・」

https://ameblo.jp/keita-suzuki-official/entry-12536034417.html

教授「GO TO 啓太ブログ!!!!www」
助手「丸投げ草wwwww」
助手「でも。相変わらず啓太ブログ、レポが面白いし、有能だわ」
教授「もうね。レポに関しては啓太ブログにお任せするのが、一番良い事に気づいたwww」
教授「そして、14曲のセトリは・・・・」

https://ameblo.jp/countrygirls/entry-12536346484.html

教授「WELCOME TO 山木ブログ!!!」
助手「もう。惜しみなく丸投げしているwwww」
教授「公式の啓太とやまっきが、2人とも筆まめなので、凄く助かるヨネwww」
助手「ってか。こないだのシクパのアンケート、赤フリになったんですね」
教授「そうそう。わたしは何に入れたっけかな??前すぎて、自分が何に入れたか覚えてないwww」
教授「でも。赤フリでやまっきが間奏部分の指差し。必ず柴ちゃんのタイミングでやるの、狂おしく好きなので、観れて嬉しいwww」
助手「また、柴田君でやってた???www」
教授「『絶対、柴田で来るぞ!!』と思って、わたしも指差しのタイミングを見計らっていたら、やはり、柴田で来たwww」
教授「なんでソロなのに、1番目のひとみんのタイミングでやんないんだよ。昔、雅ちゃんはバーイベで、1番目のひとみんのタイミングでやってたぞ!!www」
助手「わざわざワンテンポ置くって事だもんね。柴ちゃんのタイミングでやるって事はwww」
助手「なんだろ??さゆが赤フリで、柴田君のタイミングで指差ししてるのかな??」
教授「!!!!!その可能性か???!!ちょっと、さゆの赤フリ見てみよう!!!!!」
教授「・・・・・・・・・・・・・・・・・」
教授「さゆの横アリの赤フリ動画観たが・・・・・そもそも、間奏部分で、指差しをしていなかった。さゆはwww」
助手「じゃぁ、さゆとか関係なしに、勝手に柴田君のタイミングでやってるだけか、やまっきwwww」
教授「柴田君の顔。好みっぽいもんな、やまっきwww」
助手「うん。やまっきは、柴田君の顔は好みだと思うし・・・・そもそも、他の3人の顔が、好みの対象外だと思うわwwww」
教授「ってか。横アリ動画のサユージア、初めて見たけど。初期サユージアに比べて、めっちゃ歌が上手くなってたんだね。ちゃゆwww」
助手「マジかー。やるじゃん、ちゃゆwww」
教授「こんな形で、今更、サユージアの成長に感動するとはwww」
教授「そしてそのまま、つべで赤フリ流してたら、松浦亜弥ちゃんバージョンとか始まって感動」
助手「あったなぁ!!亜弥ちゃんが歌ったツアー!!!懐かしい!!!」
助手「メロンが帯同してたよね。亜弥ちゃんのツアーで。懐かしい・・・・」
教授「あ!!亀井ちゃんバージョンもあるんだけど!!!」
助手「マジで?!亀井ちゃんも、歌ってるの!?赤フリ」
教授「へぇ。亀井ちゃんってこんな声だったけ。こんな可愛い声だったっけねぇ。懐かしい」
助手「亀井ちゃんは、間奏部分の指差し、してます???」
教授「してないwwwww」
助手「じゃぁ。山木はやっぱり、勝手に、柴田タイミングでやってるだけだなwww」
教授「握手会でむっちゃ聞きたいわーー。なんでわざわざ、柴田タイミングでやるのかをwwww」
助手「えーーーと。まぁ、赤フリはこれぐらいでおいといて。他のセトリは・・・・と」
助手「あ。1曲目、ロマモーですね」
教授「やまっきって、高音で鼻に通す歌い方するから、美貴さんの曲、似合うよね!!実に良かった」
教授「ってか。最初にまりあちゃんがセリフ言うあの曲、ナルシスかまってちゃんって言うのね。やまっきのMC聞いて、初めてタイトル知ったのwww」
教授「この曲超〜好きなんだけど、コンサで観るだけだからさ、タイトル知らない好きな曲っていっぱいあるんだよねwww」
助手「そう!!コンサだと、曲名わかんないまま、知ってる曲ってあるよねぇ」
教授「つばきの曲とか、そのパターン、めーっちゃ多い!!タイトル全然知らないんだけど、『この曲好き〜!!』ってのが、つばきは多いかも」
教授「娘。もそのパターン多いので、タイトル知らないまま曲聞いて『あ、これか!!好きなヤツ!!』って、よくなる」
助手「あと、今回はバラードコーナーがあったんですね」
教授「何が「さすやま!!(さすが山木)」ってさ・・・・バラードコーナーの3曲が、ごまっとうの3人の曲で編成してるトコよねwww」
助手「これはね・・・・さすやま!!!wwww」
教授「ここが『ごまっとう(後藤松浦藤本)』の3人の持ちバラードである事に、果たして何人、気づけたか!!」
助手「100KISSは3秒で解るけど・・・・幼なじみと涙の星は、マイナーすぎるからなwww」
教授「だってわたしも、『幼なじみ』は暫く、誰の曲か思い出せなくて。後ろのつんくちゃんのうるさい、アィェーイ ヲゥヲゥみたいな声聞いてて、思い出したww」
教授「バラードなのに、後ろの『アァーイェエー』みたいな声、うっせーんだよな。この曲www」
助手「『しっとりした良い曲なのに、後ろのつんくちゃん、うっせー』で、曲タイトル思い出すの、草なんですけどwww」
助手「そして、涙の星。いいねーーーー!!!」
教授「前から言ってるが、やまっきはごっちんの曲、凄く声に合ってると思うの。音域が合ってる感じ」
教授「ってか。ここでごっちんバラードで『サヨLOVE』とか『さよ友』とか『スッピン』とか行かず、『涙の星』に行くのは、さす山ですよ!!」
教授「ごっちんバラードと言えば、ごまヲタはみんな、『涙の星!』と答えるレベルに・・・・涙の星!!!」
助手「確かにwww ごっちんバラード何故か、『涙の星』を推すよね、ごまヲタってwww」
教授「やまっき、涙の星を選んでくれて、ありがとう!!素晴らしかったぞ!!・・・・・・でも、わたしは実は、さよLOVE派なんだけどwww」
助手「さよLOVE派かよ!おまえ!!wwwww」
教授「いや、でも、涙の星に格別な思いがあるのは、ごまヲタ共通なので。ホントに観れて嬉しかったよぉ」
教授「名古屋でもっかい観れるの嬉しいな」
助手「ねーー!!バラードコーナー。むっちゃ良かったよね!!」
教授「いや。でも、ホント。凄い選曲がよろしかったよな。今回のイベントは格別に」
教授「水樹奈々さんの曲もやってたしね」
助手「DVD入るといいんだけどね〜」
教授「ねーーー」
教授「傘をさす先輩のソロも良かったよね。出だしのやまっきバージョン聞けるだけでも、大満足」
教授「傘をさす先輩の出だし部分。勿論、おぜちゃんも素晴らしいが・・・・全員分、聞いてみたいんだよね」
教授「おぜちゃんバージョンだと、『♪傘をさす先輩の背中の隣のその子は誰・・・(戸惑い)』って感じだったけど」
教授「やまっきバージョンだと、『♪傘をさす先輩の背中の隣のその子は誰!(嘆き)』って感じで、雰囲気が違くて面白い」
助手「なるほど。ふなちゃんとか、雰囲気全然変わりそうよね」
教授「もりとちは『♪傘をさす先輩の背中の隣のその子は誰・・・(涙)』になるとみた!!」
助手「全員分、確かに聞いてみたいわ。」
教授「やまっきバージョンは、曲が全体的に強い女な感じになるのがおもろい」
助手「傘をさす先輩は、ドラマ性があるのがいいよな。歌詞に」
教授「やるやん、作詞家まろ大先生」
助手「おっ!!あと、きまプリやってるんですね!!!
教授「きまプリは一度見たかったんだよね。もともと入れる気なかったけど。親友ちゃんの鶴の一声で入れたみたいね」
教授「ナイス、親友ちゃん!!!」
助手「さすが。山木の彼女候補筆頭!!!wwwww」
教授「さすが、山木のバースディに一緒に過ごした人物!!!wwwww」
教授「いや。でも、ホント。14曲もやって素晴らしい。名古屋遠征がますますたのしみさきちゃん!!」
助手「あ、そう言えば・・・・・・おぜふなが見に来てたんですね」
教授「うん。あと、やなみんが居たwww」
助手「マジでwww」
教授「いや。やまっきがむっちゃ、2階観てるなぁって思って・・・・誰か来てるな、こりゃとは思ってたんだけど」
教授「最後にやまっきがヲタへのサービスで、通路巡回して、ヲタに手を振りながら会場回ってる時に・・・・・」
教授「おぜふなやなみんで、2階から、超〜やまっきにがっついてて吹いたwwww」
教授「やまっきも、ついでに2階に『ありがとー!!』って、手を振ってるしwwww」
助手「草wwww」
助手「やなみん、隠れる気ゼロかよwwww」
教授「まさか、こんな形で、やなみんを久しぶりに観れるとは。元気そうで良かったよぉ」
教授「ってか。ブログ読むと、ふなちゃんは、途中で駆けつけたんだね」
助手「間に合って良かった」
助手「もりとちはさすがに、娘。の仕事があったっぽいね」
教授「だーいしも『行きたかったけど、お仕事で行けなかった』って書いてたし、娘。は、なんか仕事あったんじゃろな」
教授「もうひとり、誰かいるなーーーって思ったが、あれは、ひかるちゃんだったっぽいね」
教授「あ。そう言えば。14日は、ピンクレの新宿レニーも行ったんだ!!!」
助手「おぉお。ピンクレ!!みやびちゃん、元気でした???」
教授「元気だし。ピンクレの曲以外に、3曲ほど、別の曲やったんだけど・・・・」
教授「にへがロッケロだったんだが・・・・みやびちゃんが、胸スカと3分の1の純情な感情やってて・・・・・」
教授「みやびちゃんの選曲が、実質、みやももだったwww」
助手「胸スカもみやもも曲だし。ぼーの曲も、もちろんみやももだし・・・・・これは、実質、みやももですわwwww」
教授「やっべぇ。超〜みやもも選曲・・・・・って思いながら見てたwww」
教授「もちろん、ピンクレの曲もよかったし。あちらも楽しかったよよよよよ」
助手「それは良かった!!!」
教授「つーわけで。ざっくりですが、やまっきイベントのお話でした!!!」
助手「いいイベでした!!」
教授「でも。ムエット配布もそうだけど、やまっきはホント、ヲタに優しいというか・・・・・」
教授「ヲタに媚びるとかそう言う感じじゃないんだよ。純粋に『こうすれば喜んでくれるな、きっと』って感じで、いろいろしてくれるのが優しいわ」
助手「そうね。媚びる感じと違うよね。単純に、相手を喜ばせるのが好きな性格なんだろうね、この人はきっと」
教授「対ハロメンの対応を見ても、単純に『喜ばせるのが好きなんだろうなぁ・・・・この人』って、思うもの」
教授「ファンサのいいアイドル特有の媚びる感じじゃなくって。『絶対みんな、こーゆーの好きでしょ?!』って感じで、喜ばせたくてやってるトコがやまっきの良いとこだと思うわ」
教授「だから純粋に『いい子なんだろうなぁ』って思える。それが、やまっきの魅力かなって、つくづく思うわ」
助手「色んなメンバーに愛されてるのも、そこだろうね」
教授「何度も言うけど、あのももちパイセンに、あそこまで信頼置いて貰えるの凄いからね?!」
教授「秦の始皇帝レベルで、ももちパイセンは、人をなかなか信頼しないぞwww」
助手「始皇帝レベルは相当だわwww」
助手「でも、ベリキューレベルの付き合いの長さがあればともかく、わずか2年程度であそこまで、やまっきを信頼したのは凄いと本当に思うwww」
教授「大袈裟に思うかもしれないけど。10年以上パイセン見て来たももヲタにとっては、ほんとに革命児だからね。やまっきの存在は!!www」
助手「そもそも。だーいしをあそこまで陥落させたのも凄いと思うしね」
教授「そうね。だーいしも割と、現役時代のももちレベルで、アイドル活動に青春を全振りしてるタイプなので。そのだーいしにも信頼されてるのは、たいしたもんだよ」
教授「わたしがやまっきの好きなトコは、そう言う信頼できる人間性かな、やっぱ。人間性が好きってのは、応援する上で大事だよね」
助手「アイドルである以前に、やっぱひとりの人間だからね。人間性が推せない人間は、やっぱ、推せないよね」
教授「でも、ハロプロはそういう意味では、人間性の良い子を必ず選んでいる感じするよね。」
助手「育ちのいい子が多いしね。安心安全のハロプロですわwww」
教授「でも、性格が好きなのはもちろんだが。やまっきはね、私は声が凄い好きなのですよ。そこも重要!!」
助手「ラジオとか聞いてても、やまっきの声は絶対にわかるし。特徴的な声してるよね」
教授「おぜふなもりとちは、どれが誰の声かわからなくなる時がたまにあるんだけど、山木だけは絶対にわかるwww」
教授「あと、興奮すると裏返るのとかも、凄い好きwww」
助手「あれは、ほんと、特徴的www」
教授「歌声も好きよ。恋はマグネットの声とかすっごい好きだし。つーか、あの曲、ダンスが山木ハーレムなの、ほんと好きwww」
助手「全員と絡むのホント面白いよねwww」
教授「そして、ジェリーさんの時の、男声が忘れられないわ!!あの、受け受けしい声!!!www」
助手「あれはね。受けの声!!!www」
教授「あの時の男声で『やめろよ・・・・森戸・・・・。触るなよ・・・・』とか、ホモりさちぃ、やって欲しいwww」
助手「ホモりさちぃってなんだよwww」
教授「なんだかわからんけど、とりあえず観てみたいんだよぉおお!!www」
教授「まぁ。つーわけで。」
教授「前回の更新で、やまっきのお話をあんましてなかったので、改めて今日、してみました!!やまっき、誕生日おめでとう!おめでたい!!」
助手「うむ!!!教授のやまっきへの思い、十分伝わりました!!」
教授「伝わったか!!」
助手「はい!!教授の『ホモりさちぃが見たい』って思い!!伝わった!!!」
教授「あぁあああああ!!最後に『ホモりさちぃ』の話をしたせいで、わたしのやまっきへのトークが、最後の『ホモりさちぃ』に集約されてしまった!!なんたる!!(涙」
教授「・・・・・・・・まぁ。でも、いいや。ホモりさちぃ、観たいのも、本当だし」
教授「バスケ部の後輩の森戸君に、部室で掘られる、やまっき先輩の小説。誰かください」
助手「ONE SUMMER NIGHTの設定、勝手にホモにすんぢゃねぇ!!!www」
教授「どーでもいいけど。ONE SUMMER NIGHTの設定をそのまま百合バージョンにすると、山木攻めの森戸受けになるよね。イメージが・・・・」
助手「そうねぇ・・・。百合にすると、森戸受けがしっくりくるな。でも、ホモにすると、山木受けだな。。不思議だwww」
助手「ってか。ONE SUMMER NIGHTの設定で、さっさと、りさちぃ書けよ!!!www」
教授「完全に忘れてた。書きたいって言ってたなwww 今度やるよ!!!www」
教授「まぁとりあえず、今日はここまで。ばいちゅん!!!」
助手「ばいちゅーーん」



 

やまっき22ちゃい、おめでとう!!



教授「やまっき、お誕生日おめでとう!!!」
教授「みんな。今日はやまっきのお誕生日だよ!!14日だよ!!15日じゃないんだよ!!」
助手「・・・・・・・・・・・・・・」
助手「また、15日って思い込んでたんでしょ?あなた・・・・」
教授「いや、そんな事は・・・・・ハロプロ公式サイト、お誕生日更新してくれてありがとう」
教授「うーん。なんで、どうしても15日って思っちゃうんだろ。わたし・・・」
助手「毎年だから、もう、ナゾの思い込みだよね」
教授「今年はバーイベが15日なので、尚更思い込んでる節あるわwww」
教授「そうそう。バーイベと言えば・・・・」
教授「なんかグッズの写真が凄い!!!www」

http://www.up-fc.jp/helloproject/news_Info.php?id=14512

助手「和テイスト!!!」
助手「よく解らんが、水樹奈々感ある!!!」
教授「そう!!水樹奈々のイベントとか行った事ないので、これが本当に水樹奈々感あるのか解らんが」
教授「なんか、水樹奈々がステージ衣装で、こう言うの着てそうなイメージを勝手に持っているwww」
助手「わからんが、声優さんのライブって、こう言うの着そうなイメージあるよね」
教授「うむ!!声優さんのライブにそもそも行った事ないので、あくまでもイメージですが、水樹奈々感www」
教授「やまっき。趣味、丸出しな衣装を作って貰えて良かったね」
教授「ってゆっか。一番の衝撃は、ベルにゃんですよ!!!!」
助手「それ!!!!!」
助手「まさかの、ベルにゃん公式写真デビュー!!!!www」
教授「こんなん、買うに決まってるわ。ズルい!!可愛い!!!」
教授「はぁ・・・・相変わらずベルにゃん、フカフカで可愛いいいいい!!!
教授「もはや、本編にもゲスト出演して欲しい。ベルにゃん」
助手「もりとちのイベントは、ぽんちゃんゲスト出演したしね」
教授「わたしは鬼引きをして、ぽんちゃんともりとちの2ショットポラをGETしたんスよ。あの時」
教授「そして今回は、ベルにゃんと山木の2ショットが手に入る。。うむ。並べよう!!」
教授「もりと×ぽんちゃんとやまき×ベルにゃんの、魅惑のWデートが作れる!!!」
助手「これをWデートと言うか・・・・・どちらかというと、山木と森戸の、ペットお散歩デートなのでは・・・・」
教授「どっちでもええわ。ぽんちゃんとベルにゃんのカプも、この際、アリだと思うし!!!」
教授「ってゆっか、何気にパーカー出るのも嬉しいんだけど」
助手「久しぶりだよね、ヲタパーカー!!!」
助手「カエルのワンポイントがかわいいwww」
教授「パソコン壊れて7万飛んだのに・・・・まさか、山木嬢セットを買う羽目になるとはのぉ・・・」
教授「仕事上がりに行くので・・・・売り切れてないといいなぁ」
助手「今回はちょっと、売り切れ不安になる内容よね」



教授「つか。撮影でやまっきの留守中。おださくちゃんが、むっちゃベルにゃんの面倒見てるの可愛いwww」
助手「おださく先生は猫と変態のエキスパートですからね!!!」
助手「むっちゃ懐いてるwww」
教授「ってか。同じ日に、フクちゃんとだーいしとおだちゃんとちぇるの4人が、よりによって揃ってるの、ちょっとおもろいね」
教授「綺麗にやまっきと親しいどころが揃ってるwww」
助手「ホンマや。森戸がいれば完璧だったwww」
教授「はぁ・・・・・ベルにゃん可愛い。。。」
助手「・・・・・・・・・・・・・・・・・」
助手「で、話は変わりますけど。」
助手「台風どうでした??」
教授「いやーーー、凄かったね!!!!」
教授「幸い、うちの地域は水害には遭わなかったけど。レベル4避難勧告のお知らせが4回ぐらい届いて、ビビったwww」
助手「ヤベェヤツじゃん、レベル4ってwww」
助手「全員避難でしょ?レベル4って」
教授「いや。全員避難だけど・・・・あれムリあるよ。うちの地域が全員避難したら、数万人だぞ。公民館や小学校受け入れられんだろ?www」
助手「それはムリやwww」
教授「マンションや、家が頑丈な人は、自宅待機にして。本当にヤバそうな人だけ逃げてもらった方がええわ」
助手「確かに。避難場所が満員で受け入れて貰えなかった問題もあったしね。確かに」
教授「江戸川区と墨田区も全域がレベル4避難勧告になってたけど。江戸川と墨田区民、全員、どこに避難せいっちゅーねん!!www」
教授「何十万人いると思っとんねん!!」
助手「墨田区はそれはもう、スカイツリーっすよwww」
助手「でも、そうね。逆に何十万人が避難するために、あの嵐の中、家を出る方が100倍危ない気がする・・・・」
教授「最後の方は『下町はとりあえず、避難勧告しとけーー!!』って感じになってたもんwww」
助手「『とりあえず勧告はした。あとはお前らの判断な!!』って事でしょうね」
教授「そんな感じ。なので、勧告があっても、むやみやたらと避難せず。個々で状況を見極める必要があるなって思ったわ」
助手「でも、その一方で、『まさか多摩川が・・・・』って思ってたら、ホントに氾濫したし。避難する時は避難する。マジ、見極めが肝心だわ」
教授「本当に避難しないとヤバい状況もあるしね。今はネットで川の増水の状況とかも観れるので、そう言うの観て、判断するのが一番かしらね」
教授「しかしまぁ、今回はワルプル級でしたな。マジで」
助手「三重県から岩手県まで氾濫してるって、範囲がヤバすぎでしょ・・・・」
教授「でも。これだけ大規模災害なのに、死者の数、100超えないの凄いね」
教授「まぁ、まだ全貌は出てないし、これからかもだけど。100は超えないでしょ」
助手「ある意味。台風15号が前哨戦であったのも影響したかもね。あれの千葉を観て・・・みんな『ヤベェ・・・』ってなったし」
助手「その15号より、遙かにヤベェヤツが来るって聞いて、みんな、大げさなぐらいにビビって、構えて・・・・」
助手「そして。大げさなぐらいビビってた予想よりも、遙かにビビる結果になったと言う」
教授「うん。ヤベェと構えてたけど、ここまでの惨状はさすがに、予想してなかったわ。後学になりました」
教授「ってか。日本ってホント、治水工事大事だね。八ッ場ダムの奇跡とか、凄いよね!!!www」
助手「あれ凄い!!一日で59メートル、水かさ増したんでしょ?!!!」
教授「それがダムが受け止めてくれないまま、下流に流れてたら・・・・利根川、死んでたかもしれん。怖い・・・・」
助手「確かに。今回、利根川の名前が全然出ないなぁとは思いました」
教授「八ッ場ガンダムってあだ名つけられてるの、ぐう好きwww」
助手「ヲタクはほんと、ネーミングセンス、キレッキレだなwww」
教授「あと、首都圏の地下に水貯める空間とか。各地の遊水池とかも大活躍だったらしく。治水工事、すげぇ」
教授「そして、それでも氾濫する多摩川・・・・」
助手「怖すぎる。台風って、ホント、大災害なんだなぁって痛感しましたわ」
教授「ともかく、一刻でも早い復旧を祈っております」
教授「そしてーーーーーー!!!」
教授「改めて、やまっき、お誕生日おめでとう!!!!www」
助手「この流れでwww」
教授「いや。出だしでちょっと触れただけになってたなって思ってwww」
教授「とりあえず、素敵な22歳の1年にしてね!!!そして、明日のバーイベも楽しみにしてます」
教授「つか。22歳で『合法うさちゃんピースの年齢』って言ってたの、くっそ笑ったwww」
助手「ほんと、ちゃゆが絡むと、語彙力の天才を発揮するよな、アイツwww」
教授「まぁ、ちょっとちゃんとしたお祝いは、明日するよwww」
教授「では、今日はここまで、ばいちゅん!!!」


 

アラビアンカントリー


教授「さすがにドラクエもちょっと疲れてきたよぉ」
助手「3度クリアしたゲームですもんね、元々www」
教授「つーか。カジノに入り浸って、強力武器を早めにGETする作業で疲れた・・・・www」
助手「本編を放置してカジノに入り浸るのは、ドラクエのお約束だからしょーがない」
教授「でも、キナイとロミアのイベント。声つきで見るとヤバかった。号泣でしたよ」
教授「あのイベントの存在を忘れてた!!!」
助手「あーーー切ないヤツ!!!!」
助手「あれは泣きますわ。。」
教授「ロミアぁあああ・・・・・・声優さんってやっぱすげぇな。。」
教授「つか。ベロニカ、声つくとめっちゃ可愛いし!!!」
助手「うむ。カワイイでございます!!」
教授「金曜日は職場の歓送迎会あるし。。土日月にまったりドラクエやろーー」
助手「台風来てるのに、歓送迎会とかwww」
教授「間が悪いよな。まぁ、さすがに開始を30分早めたみたいwww」
教授「ってか。カレコスのお台場はやっぱ、中止になっちゃったね。残念」
助手「台風直撃だし、しゃーない」
教授「まぁ。行くには行けても、お台場に取り残されるの、確定ルートだからなwww」
助手「お台場は陸の孤島だから、脱出ルート、少ないしな。諦めが肝心。」
助手「アンジュ本の握手会はやるのかな??」
教授「中止出てないからやるのかな??多分、明日のJR次第な気がするが・・・」
教授「マギレコ界隈で今回の台風、『ワルプルギスの夜レベル』って見て、『ワルプルかぁ・・・こりゃ外出ちゃダメだ』って思ったわ」
教授「観測史上最大レベルとか言われてもピンとこないけど、『ワルプル級』って言われると、ヤベェ!!ってなるね」
助手「ワルプル級はアカン。。神浜の魔法少女総出じゃないと防げない・・・」
教授「12日はおとなしく中止で英断だよ。」
教授「でも。わたしは不参加だが、とりあえず、13日のカレコスの個別は無事だといいねぇ・・・。中止じゃ可哀想だし。」
助手「ねーー。でも、台風通過しても、線路確認でえらいことになるからね、また」
教授「倒木でアカン事になるねん・・・・」
教授「どーせ一日貸し切ってるなら、午前組も時間を遅らせてやればいいんじゃないのかなって思うが・・・。まぁ、それでもわからんね」
助手「とりあえず、無事開催出来るといいんですけどね」
教授「もうちょっと、足が早まってくれればいいんだけどね。台風」
教授「でも。ラクーアは晴れて良かったよね」
助手「CDも完売したみたいだしね。良かった良かった」

続きを読む

ざつだん


教授「はい、どーも!!」
教授「7万の出費と共に、パソコン復活したよ!!(怒」
助手「可哀想wwww」
教授「液晶、めっちゃ綺麗になったわ、クソが!!!」
助手「7万もするのか、液晶って・・・・」
教授「デスクトップパソコンって半分以上が液晶代なのね・・・」
教授「ノーパソの新品買えるわ・・・」
助手「でも。さすがに購入した時の分割払いすら終わってないのに、手放せないよねww」
教授「手放せないけど・・・・さすがに7万ちょいの代引きで送られてきたのはビビったわwww」
教授「送る前に連絡くれよ。いきなり代引き来るから、手持ち無かったので再配達になっちゃったじゃん。申し訳ねぇ、配達の方」
助手「予告なしにいきなり代引きで送るのは酷いwww」
教授「フツー、7万もキャッシュで持ち歩かないでしょ?せめてカード決済OKで送ってくれよwww」
教授「まぁでも、パソコンで打ち馴れてるので、安心するわ。ipadだと、慣れてなさすぎで、誤字脱字が凄くて・・・」
助手「小説、むっちゃ誤字ってたもんねww」
教授「むっちゃ、チマチマ直してた。ごめんねwww」
教授「眠かったので、誤字脱字チェックしないで上げちゃったら。予想以上に誤字脱字ひどかったww」
教授「一番ひどかったのが。墓石が暮石で誤字ってたwww むしろなんで、『暮石』に一発変換されちゃうねん、ipad!!www」
助手「暮石って単語あるの??」
教授「ググったら、『暮石(くれいし)』って名字が出てきたけど。この場合、『暮石(くれいし)』だから、『ぼせき』では変換されないと思うんだけど・・・・謎。。」
教授「まぁともかく。パソコンがやっぱ、打ちやすいので・・・・7万は泣いたけど、直ってよかったよ」
助手「ってか。前にピカブイのスイッチ買っておいて良かったね。」
助手「あの時買って無かったら。ドラクエ発売と同時に、スイッチ代まで奪われるとこだったよね」
教授「せやな。。ピカブイのスイッチ買って、半年以上、ずっと放置してたけど。あの時買っておいて良かった・・・」
教授「とりあえず。絶対もう、余計な金使わんからな!!余計なイベント絶対、行かん!!!マギレコ課金も今年は絶対せん!!」
助手「賢明でございます。特にマギレコ課金。」
教授「でも、余計なイベント行かないつもりだったのに、前にふくちゃんのバーイベ申し込んだ分の払い込み請求がきたww」
助手「なんで申し込んでるの?wwww」
教授「平たく言うと、10月30日に職場の飲み会があって。それに参加したくなかったからだな!!」
教授「丁度、フクちゃんが募集してる頃だったからさ。『モーニングの子のバースデーイベント行くんですよぉ、その日』って、断ったので」
教授「ウソではなく、ちゃんと申し込んだ。偉いだろ?」
教授「まぁ、職場の飲み会に5000円かけるよりは、フクちゃんのバーイベに4500円の方が100倍いいよね」
助手「それもそうね!」
教授「でも、カントリーメン以外のバーイベって久しぶり。鞘師さん以来だわ〜!!結構、楽しみぃ!!」
助手「むしろ、鞘師さんには行ってるのが、だいぶ面白いわww」


続きを読む

ドブネズミとハムスター

みなさん、軽減税率は大丈夫ですか?
私の職場は無事、死んでますww

そして、この税率チェンジのタイミングで、
か、かななんがまさかの卒業発表。
こんなに早く発表が来るとは思わんかったので、ショック。。
アメリカがあっという間に タケだけになってしまうのだな。。
出来る事なら、かななんは卒業見送りに行きたいなって思います。
スマイレージは、もう、タケだけになってしまうのも、なかなかしんどいな。。
とりあえず、タケ、頑張れ。。
 

https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=11751623


そして、小説更新。
今回の更新で今回のシナリオは完結。
これで安心してドラクエでロトゼタシアの住人になれますww


週末いろいろ

教授「つーわけで・・・・」



教授「船木犬がマジ、可愛いんだけど!!!」

助手「これな!!!wwww」

助手「絶対、悶えてると思ったわ、この写真www」

教授「ナイスおぜちゃん!!マジかわいい!!!!」

教授「黒柴のすみれちゃんも可愛いし。船木犬のむすぶちゃんも可愛いし。はーーー、犬の百合カップル、最高かよ!!」

助手「これを『犬の百合カプ』と認識するの、上級者すぎではwwww」

教授「あーーー。豆柴カフェ、わたしも行きてぇ!!!!」

続きを読む

プーさん卒業おめでとう&雑談

教授「水曜はぷーさんの卒コン観てきたよぉ」

助手「どーでした?」

教授「みんな『誰が泣くか!泣くか!!・・・・こんなん泣くわ!!』状態で可愛かったよwww」

助手「しゃーない。こんなん泣くよ。むしろ、泣いてええんやで」

教授「そうそう。りかことか、9割ぐらい泣いてるんだから『もうおとなしく、泣けばいいじゃん』って思いながら観てたwww」

助手「可愛いなwww」

教授「でも、なんか。プーさんらしい卒コンで凄い良かったよ。変に仰々しくもなく。サラッとしてる割に、愛に溢れてて」

教授「人柄がすごく出てたと言うか。凄くプーさんらしい、アンジュらしい卒コンでした。」

教授「つか。自分の推しグループじゃないトコの卒コンって、何気に観に行った事なかったから、新鮮だったわ」

助手「そうね!!そう言えば、卒コンって観に行かないよね、いつも」

教授「大箱避けるから、いつも観に行ってないね。でも、パシフィコはあくまで大ホールだからww」

教授「だから。いつもは卒コンだと自分の推し絡みなので、自分が号泣しちゃってヤバイんだけど・・・」

教授「今回は推しグループじゃないから、割と冷静に見れたけど・・・。それでもなんか、感動しちゃったよ」

教授「グループ愛って素敵だなって」

助手「プーさん、色んなメンバーに慕われてたしねぇ・・・」

教授「これからは私がアンジュルムの一番のファンになりますので、よろしく言ってて、ちょっと面白かったけど、ちょっと泣けたww」

助手「やばい。これからはプーさんがアンジュのTOかよww 勝ち目ねぇわww」

教授「ももヲタのTOだった、山木母レベルで勝ち目ねーわww」

助手「でも、凄い愛を感じるわ。プーさんいい奴だな、やっぱwww」

教授「つーわけで。凄く素敵な卒コンでございました。今後も頑張ってね、プーさん!」

教授「ってか。MCめっちゃ長かった。アンコール始まったのが20時5分ぐらいだったのに、終演20時50分ぐらいだったもん」

教授「アンコールで曲は2曲しかやってないのにwww」

助手「長げぇwww」

教授「帰り道で『新幹線間に合わん!』って走るヲタ、見かけたわww」

助手「メンバーの人数も多いし。話したい事、メンバーいっぱいあったんだろうねぇ」

助手「にしても、長げぇけどwww」

助手「アンコール明けでセレモニーやったワケじゃないんでしょ?」

教授「セレモニーっぽいことは本編の間にやってた。アンコール明けは、フツーに挨拶MCだけだね」

助手「それじゃ長いわww でも、みんな話したい思いがいっぱいあったと言うことで、許してあげて!!!www」

助手「・・・・つーか。アンジュ、マジで、女子ヲタ増えたよね」

教授「増えた!!今日、冗談抜きで、半分ぐらい女子ヲタだったぞ?!!」

助手「マジで?!!!」

助手「なんでアンジュって、女子ヲタに人気あるんだろうね?そんなにファッション系のメンバーいないのにね」

教授「ねーー。オシャレ番長なの、プーさんぐらいでしょ?」

教授「タケとか、見た目から、埼玉感凄いしwww」

助手「顔が埼玉だよね。タケwww」

教授「浦和に住んでそうな顔してる」

助手「凄い偏見だが、まぁ、浦和に住んでそうな顔だわww」

教授「で。室田は、いかにも、総武線にいそうな感じだしさ」

助手「あれはね。総武緩行線ですよ。黄色の列車の方でしょww」

教授「青じゃなくて、黄色の方の総武線だな。室田の顔は!!」

教授「黄色の総武線に乗って、西船橋のあたりでデカイ声で喋ってそうな顔だな、室田は」

助手「室田にも黄色の総武線にも、両方に失礼www」

助手「あ。でも、その2人はともかく。りかこは、まぁ、カッコいいビジュアルだからオシャレ女子に人気あるの分かるかな」

教授「そうね、りかこは分かるな!!りかこは私も納得する。ビジュアルカッコいい」

教授「溜池山王のスタバにいそうな顔。りかこは!!」

助手「その。必ず駅名を出さなきゃいけない縛りはなんなんですか?www」

教授「ってか。ハロコンの時にさ、りかこがグラサンかけてる写真がプリントされたTシャツをオシャレに着こなしてる女子いて」

教授「アンジュのオシャレ女子は、手作りヲタTに選ぶ写真もファッショナブルだな、ヲイ!!・・・って思ってたら」

教授「あれ、公式のTシャツなのね!!着てる女子わんさかいて、逆にビビったわwww」

助手「じゃぁ、バースディTシャツかね、もしかして。」

教授「てっきり、オシャレ女子ヲタの手作りプリントTシャツかと思ってたよwww」

助手「あれは一周回って公式っぽくないTシャツよねwww」

教授「まぁ、りかこはとりあえずね。オサレ女子に人気ありそうなの、なんか分かるけど・・・」

教授「かわむーも・・・オシャレ女子と言うより・・・カツオさばける系女子だしなぁ。。」

助手「カツオさばけるのが、オシャレなのかもしれない!!www」

教授「マジか? 時代はカツオさばける系女子なのか?www」

助手「つーか。むすぶちゃんもどーみても、オシャレ女子向きのビジュアルやキャラじゃないよねwww」

教授「あれは、ハロヲタ20年選手の私も認める、コッテコテのハロヲタ向きですよ。むすぶちゃん!!www」

助手「さすがハロプロの吉本興業、むすぶちゃん!!!コッテコテや!!」

教授「そう言えばヲタ仲間の子が・・・・アンジュの個別に行くと、プーさんのレーンとか、ファッション系の女子だらけなんだけど・・・・」

教授「むすぶのレーンは、古き良きおっさんハロヲタだらけで安心するって言ってたわwww」

助手「草!!!wwwww」

教授「アンジュの個別握手行った事ないけど、むっちゃ想像ついたわwww」

助手「むすぶちゃん、『なんでやねん』って思ってそうwww」

助手「『なんで、むすぶのレーン。平均年齢、高いねん。』」

教授「そう。きっと、むすぶちゃんが理不尽に思ってそうなので、『ここは私が個別に行って、むすぶちゃんのレーンに色を添えねば!』って一瞬思ったが・・・」

教授「2秒後に『いや。私が行ったら、平均年齢、さらにあがるやん!!』って気づいたので辞めたww」

助手「懸命だわww」

助手「そもそも、『色を添える』というのは、赤や黄色のみずみずしい色を添える事なのです」

助手「あなたが行って、『煮しめたタオルの様な色』を添えに行ってどうするのです?」

教授「悔しい!!ムキーーーー!!!」

助手「それにしても、むすぶちゃんのレーンだけ、平均年齢高いの分かる気がするwww」

助手「むすぶちゃんはなんか、孫みを感じるからね」

教授「カントリーの個別行ってた時。むすぶちゃんとやなみんは、孫と喋ってる気分で癒されたもん」

教授「うむ。読んで一句。『老人ホーム   帰りに寄りたい   むすぶちゃん個別握手』」

助手「めっちゃ字余りですよ、おじーちゃん!!www」

教授「ってかさ。そもそも、むすぶちゃんはカントリー枠の顧客を抱えてるからね。他のアンジュメンバーとヲタの毛色が違うのよ」

教授「アンジュヲタ成分100%の他のアンジュメンと違って、むすぶヲタは、半分はカントリーヲタの成分だから」

助手「あ、それはそうよね!!」

助手「半分カントリーヲタなんだもん。そりゃ、おっさん、多いわ。納得!!」

教授「そう言うと、カントリーヲタがおっさんおばさんだらけみたいでしょ!!!!」

助手「だって、そう言う話なんでしょ?!!今の流れは!!!ww」

教授「そう言う話だけど、そんな火の玉ストレートに言わなくてもいいじゃない!!!(涙」

助手「そもそも、カントリーヲタは、ももヲタの残党を抱えてるから、平均年齢高いんですよね〜」

教授「しょうがないでしょ!!ももヲタなんて大抵、ヲタ歴10年以上コースばっかなんだから!!!プンスコ!!」

教授「ヲタ歴10年の人が20歳からハロヲタやってても、今、30やぞ!!」

助手「言われてみれば!!!!」

教授「そして、恐ろしいことに・・・・ヲタ歴10年の30歳のももヲタなんて・・・・ももヲタの中では、『若手』と呼ばれる存在だった事実!!」

教授「『おいくつなんですか?・・・・え? 31?? 若いねー!』」

助手「ももヲタは介護施設なのかな?www」

教授「そう、そんな、ももヲタ残党が。もしも、むすぶちゃんの個別握手レーンにいるとすれば・・・そりゃ」

助手「そりゃ『なんで、むすぶのレーン。平均年齢、高いねん。』になるわwww」

助手「納得しました」

教授「うむ。納得してないのは、きっと、むすぶちゃんだけだから。大丈夫」

助手「むすぶちゃんは絶対、『なんでやねん』だよねwww」

助手「 『ムスo・x・)<むすぶのレーンは、病院の待合所か?!!』」

教授「読んで一句。『病院の  代わりに寄りたい  むすぶちゃん個別握手』」

助手「だから、さっきから字余りですよ?おじーちゃん!!www」

教授「ま。と言うわけで・・・・・」

教授「とりあえず、アンジュのパシフィコ。半分女子ヲタでビビったって話でした!!www」

助手「そうだ、その話してたんだwww」

助手「むすぶちゃんのレーンだけ『病院の待合の列みたいにお爺ちゃんだらけ』って話が面白すぎて、そっちで盛り上がってしまいましたね!!」

教授「そ、そこまでは言ってなかったぞ!! 『古き良きおっさんハロヲタだらけで安心する』って言ってただけだぞ、知り合いのヲタさんはwww」

教授「勝手にむすぶちゃんのレーンを『病院の待合列』扱いすんな!!!多分、そこまで酷くはないと・・・・思うwww」

助手「なまじうちら、個別握手に行かないから。実際の光景を知らない分、妄想が膨らんでますよねwww」

教授「そこまでちゃうわ!!!・・・・って、むすぶちゃんに怒られるぞwww」

教授「ほら、注意喚起!!注意喚起しといて!!」

助手「『※これらはネタです。実際のむすぶちゃんのレーンとは関係ありませんのでご注意ください!!』」

助手「でも、こうなると、現実のレーンはどんな感じか気になりますねww」

教授「気になるwww」

教授「読んで一句。 『待機列  観に行ってみたいな  むすぶちゃん個別握手』 」

助手「だから、字余りぃいいいいい!!!」

助手「まぁ、そのうち、観に行ってみましょうwww」

教授「たぶん。行かないと思うけどwww」

教授「あ!そういえば、アンジュ本の握手会もあったよね。書泉で!!あれ、いこうかな!!」

助手「ありましたね。書泉、職場の帰り道なんでしたっけ?」

教授「帰宅途中、前を素通りするのも寂しいし・・・・あ。むすぶちゃんチーム、室田とかななんもおるやん!!」

助手「教授の推しが揃ってて草www」

教授「まだ、予約できるかな?予約しに行ってみよ!!つーわけで、ばいちゅん!!」

助手「ばいちゅーーん!!」


オゼムス小説「ドブネズミとハムスター」

※いつもと違う環境で更新したら、フォントがなんか、良くわからない状態になってしまった。
治んないので、今日は読みづらいけど我慢してね、
ゴメン!!


教授「掃除をしてたらパソコンがぶっ倒れて画面が割れたよ!!!(涙」

助手「悲惨!!!wwww」

教授「今、見積もり出してもらってるけど、いくら飛ぶのだろうか。泣きたい!!」

助手「液晶割れでしょ?5万ぐらい・・・かな?もっとかな・・・・??」 

教授「死にたい!!!!」

教授「こんな事なら、掃除なんてしなきゃ良かったんだ!!一生、汚い部屋で過ごせばよかったんだ!!」

助手「掃除の方に憎悪を向けるのは絶対間違ってますよwww」

教授「だいたい。パソコン買った時の分割払いがまだ終わってないのに、なんで、こんな事にぃいいいい!!」

教授「ヴァアアアアアアアア!!!」 

助手「掃除は悪くない。掃除を恨んではいけない」

教授「でもまぁ、前回ぶっ壊れた時の教訓で、小説のテキストは毎回メールボックスとかに保存してあるので、大丈夫」

助手「ちゃんと学んでて偉いじゃないですか」

教授「あと。iPad用のキーボード買っといたのが死ぬほど役立ってる。やっぱ、長文はキーボードじゃないと辛いもんな」

教授「つーわけで、小説の続きを上げました!!」


https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=11719435#1


教授「次の更新で、今回のシナリオは完結だよー」

助手「マジでドラクエ11s発売までに終わらせる気だwww」

助手「かつてない急ピッチwww」

教授「最終話の更新は月末ぐらいになると思うけど、27日までにテキストは書き終えておくよーー!!最終話、すでに、半分ぐらい書き終わってるよー!!!」

助手「逆に、どれだけドラクエ11sに時間を捧げるつもりなのだ、あなたはww」

教授「ボイスドラマもダウンロード出来るみたいで、ムッチャ、楽しそうなんだよね!!」

教授「メダ女の文化祭に参加するヤツ、むっちゃ聴きたい。超絶楽しみだわ!!!」

助手「そーゆーおバカシナリオって楽しいよねww」

教授「私もそのうちオゼムス小説。外伝でそう言う、おバカシナリオ書こう!!」

教授「つーか、今、カレコスのサイン会見ながら書いてるんだけど。。」

教授「秋月さんて、見た目は素っ気なさそうな美人なのに、喋りはヲタク丸出しな感じでいいよなwww」

助手「喋り声もヲタっぽいんだよね、彼女www」

教授「結構、秋月さん、お気に入りwww」

助手「つか、インターネットサイン会、斬新よね」

教授「うん、意外と面白い」

教授「今。スマフォでインターネットサイン会観て、iPodでMAXのTACATA聴きながら、iPadでブログ書いてる」

助手「凄いカオスwww」

助手「つーか、MAXのTACATAはなんなんだ?www」

教授「なんか、3ヶ月に一回ぐらい無性に聴きたくなるんだ、TACATA!!www」

教授「あの、意味なんて一切ない歌詞が、時々無性に聴きたくならない?」

教授「赤青黄色ぉTACATA!!!」

助手「ユニバーサル言語ぉTACATA!!」

教授「あと、アダムとイブとぉTACATA!!・・・も、ぐう好きww」

教授「アダムとイブにタカタ並ぶの、凄くね?w」

助手「確かに。アダムとイブも『タカタ・・・誰?!!!』ってびっくりするよねww」

教授「TACATA聞いてると、なんかもう、液晶割れも赦せるわwww」

教授「つーわけで。。。」

教授「あ!!明日はついに、プーさんの卒業だね。。」

助手「プーさんの省エネっぷりは、全体的にアクの強いアンジュの中で中和剤みたいな存在だったので悲しいぜ。。」

教授「うむ。明日は時間休とったので、見送ってきます」

教授「でも。今日あまりに忙しすぎたので、明日、本当に時間休もらえるか心配だが・・・」

助手「まぁ、無理矢理帰りましょうww」

教授「うん、帰るwww」

教授「では。PC修理出してるので、いつもとフォントが違くて読みづらいけど、とりあえず、今日はここまで、ばいちゅん!!」

 

オゼムス小説「ドブネズミとハムスター◆


教授「オゼムスファンタジーの続きだよぉ」

https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=11701529

助手「めっちゃハイペースで草www」
教授「だって、ドラクエ11sの発売までに書かないと!!更新絶対、止まるじゃない!!」
助手「止めないで頑張ってwww」
助手「しかし。来週発売かぁ、ついに・・・・・」
教授「つか。来週、くっそ忙しいんだけど。25日にはプーさん卒コン行くし」
教授「26日に飲み会。27日に脱出ゲーム。28日も脱出ゲーム」
助手「待って。なんで27日にも脱出あるの??」
教授「なぜだか教えてやろう。本編がよりによって、落選したからだ!!!」
助手「草!!!!wwwwww」
助手「真実編だけ受かっちゃったの??www」
教授「それ!!!」
教授「でも、舞美ヲタと『まぁいいか。とりあえず、真実編だけ参加しよう』って言ってたら・・・・」
教授「クソ事務所から後付けでメール来て、『真実編だけで参加は出来ないので、本編に参加してない方は、当日までに個人で参加してどうぞ』って案内が来たwww」
助手「なんだそれwwww」
教授「後付けでメールが来たので、多分、ヲタから『本編落ちて真実編だけ受かったんだけど、どうすればいいの?』って質問が来たと思われる」
教授「それで慌てて、案内メールを送ったかと・・・・」
助手「ってか、最初から予見出来てたでしょ?本編落ちて真実編だけ受かるヲタが現れちゃう事ぐらい。あの募集方法じゃ!!www」
教授「ほんまやで。予見出来てたのに、何故、通し券申し込みとかにしなかったのか?!」
教授「本編と真実編の両方参加したい人は、通し券で・・・みたいにすれば、こんな事態は起きなかった!!」
助手「この申し込み方法にしといて、『本編落選した人は、真実編に受かってても、真実編参加しちゃダメ』は、酷い話よねwww」
教授「結果。ガチ勢に混ざって、脱出ポンコツ2人で参加する羽目になるんだ!!!!」
助手「これは事務所のポンコツ案件www」
助手「まぁ、でも。マジもんのガチ勢は・・・・多分、もう、脱出し終わってると思うから。大丈夫でしょ・・・・うん」
教授「・・・・・・不安しかないけど、頑張るわ。。真実編で門前払いされるのはイヤだし。」
教授「とりあえず脱出ゲームがあるので、ドラクエ本格始動は29日からかなぁ〜。さっさとベロニカとセーニャが出るホムラの里まで進めないと!!!」
助手「その前に、さっさと、オゼムスのインタールード回を終えないとね」
教授「あ、ってかさ。先日、ふと、思ったんだけどさ」
助手「うむ」
教授「オゼムスのこれ。以前。うちのブログでちょっとだけお試しで書いてみたヤツなんだけど・・・・」
教授「それをちゃんと文章化して、今、シリーズ化してるんだが・・・」
助手「うん」
教授「それで。ふと、疑問に思ったんだが・・・・」
教授「わたしなんで、オゼムスにしたんだろう??って思って。自分の趣味嗜好考えると、すぐ、りさちぃにしそうじゃんwww」
助手「確かに・・・・!!www」
助手「なんでも、りさちぃにするマンなのに!!!www」
教授「で。不思議に思って、当時の記事を漁ってみたら・・・・」

http://blog.livedoor.jp/stray_goat/archives/52053993.html

教授「2年前。カップリングくじで、たまたま、小関×船木が出た時に設定したネタだったんだ!!!www」
助手「ほんまや!!!カップリングくじだったのか、このネタwww」
助手「メンバーの名前をくじで引いて、出た2人でカプネタを作る。。このブログでネタギレの時期によくやる、あの企画ですね」
教授「だから、オゼムスで設定してたんだな。納得」
助手「まぁ、結果的にオゼムスがピッタリな配役で良かったよね」
助手「つか。当時の記事を読んでみたら、あれじゃん!!ちょうどPS4でドラクエ11終わった直後に設定ネタをしたから、ファンタジーだったんじゃん」
教授「草www」
教授「PS4のドラクエ11直後だったのか!!どうりで、ファンタジー設定にしたハズ!!自分!!www」
助手「すげぇ納得!!!www」
教授「おーーい!!PS4でドラクエ11やってた当時の自分!!2年後にようやく、声つきで、スイッチ版出るよー!!!」
助手「スイッチ版出るのに、しょーじき、2年もかかると思わんかったわwww」
教授「まぁでも、とりあえず出て良かったって事で・・・・オゼムスファンタジーの続き、お楽しみくだされ」



ハロメンなんでもランキング


教授「は、ハクビシンが出た!!!!!!」
助手「マジっすか??」
教授「うちじゃないけど、隣の庭に出たらしい」
教授「アイツら、可愛いけど、ガチで害獣だからなぁ・・・・」
助手「顔は可愛いんですけどねぇ」
教授「ハクビシンに押し入れとか天井裏とかに住まれたらヤダなぁ・・・・」
教授「むすぶが、押し入れとかに住んでたら、楽しいけど」
助手「むすぶはドラえもんかな??www」
教授「押し入れに住んで欲しいハロメン、第一位はむすぶだな。やっぱ」
助手「どーゆー部分的なランキングなんですか??それwww」
教授「じゃぁ、今日はこれと言ってネタもないので。ハロメンなんでもランキングを決めよう!!」


ハロメンなんでもランキング

助手「なんですか??これ???」
教授「なんでもいいから、ハロメン内でランキングを決める」
助手「すっげぇ、アバウトな企画wwww」
助手「ビックリした!!」
教授「よし!!なんでも、ランキングの質問してこい!!カモン!!!」
助手「え〜〜〜〜。アバウトすぎて、質問が浮かばない・・・・」
助手「じゃぁ、、、『一緒にメイド喫茶にいきたいハロメンランキング』とか??」
教授「そりゃ、かなともだよなwww」
助手「この質問でかなともを選ばなかったら、むしろ、かなともに失礼ですもんねwww」
教授「他には!!」
助手「じゃぁ・・・・・」
助手「ハロメンで一番、顔面が好きな子ランキング」
教授「真莉愛ちゃん・・・・・と言いたいけど、最近は、もりとち!!!」
助手「おぉおおお!!!真莉愛ちゃんを抜いた!!!」
教授「最近の森戸さん、ガチで好み!!!」
教授「はい。次々!!!」
助手「えっと。じゃぁ・・・・・『ハロメンで一番、友達になれなさそうな子ランキング』」
教授「うーーーーーん」
教授「生田!!!」
助手「なんで???」
教授「なにひとつ、会話が合わなそうwww」
助手「確かにwww 教授と生田で会話したら、全く、会話の糸口がなさそうwww」
教授「会話がなくて、お互いに困ると思うwww」
教授「はい、次!!!」
助手「えーーーと。そうね・・・・一緒にお城巡りしたいハロメン」
教授「えっと、、、、よこやん??」
助手「何故?!」
教授「よこやんって、浅井、好きじゃ無かったっけ??ももなだっけ??どっちだっけ??」
助手「あ、なんか。初期の頃に、ハロコンのMCで言ってたような。どっちだっけ?!!wwww」
助手「どっちかが浅井で、どっちかが三成だった気がする」
教授「わかんねーから。2人でいいや。一緒に姉川古戦場と小谷城址行こうぜーー!!よこやんとももな!!!」
助手「まぁ・・・・カントリーメンは歴史興味なさそうだもんねぇ」
教授「せやな。カントリーメンは、歴史とかいいから、一緒に昼神温泉行こうぜーー!!!」
教授「いや。むしろ、わたしなんぞはいりませんので、4人でどうぞ、温泉入ってください。そして山木が、その様子をインスタにあげてください」
助手「いいねぇ。カントリーでしっぽり、昼神温泉・・・・!!」
助手「じゃぁ次は・・・・」
助手「カントリーメン絡みのカップリング以外で、一番小説を読んでみたい、ハロプロカップリング!!!」
教授「なんですと?!!!」
教授「ムズいな・・・・・・」
助手「やまだーとかもなし。カントリーメン同士じゃなくても、カントリーメンが片方にいたら、もう、対象外」
教授「えーーーーー」
教授「りか様とちぃたんもダメよね???」
助手「ちぃたんいるからダメ。そして、りか様とちぃたんの小説、興味あるのかよ?草www」
教授「鞘石もダメよね??」
助手「片方、もう、ハロメンじゃねぇしなぁ・・・」
教授「ちょっと公式のプロフィール見て、本気で考えよう・・・・・」
教授「・・・・・・・・・・・・・・」
教授「うーーーん・・・・キキちゃんと小片さんかなぁ。ちょっと読んでみたいの」
助手「マジかwwww」
教授「遙時でこのカップリングを見れなかったせいで、逆に、凄い見たかったって思いがあるwww」
助手「そうね。キキちゃんと小片さんのカップリングで、すっごい、見たがってたよね。遙時www」
教授「誰か『りさきき小説』書いてください。お願いしますwww」
助手「じゃぁ、次・・・・・」
助手「ハロメンに『おしん』をやらせるなら、誰に『おしんチャレンジ』させるか!!!」
教授「おしんチャレンジwww」
教授「今、再放送やってるわよね。おしんwww」
助手「誰におしん、やらせます??www」
教授「誰がいいかなぁ〜〜〜!!!wwww」
教授「山形でしょ???」
助手「後に、佐賀県で姑にいびられますよ?おしんは」
教授「そうね。・・・・・・・・・・・・じゃぁ」
教授「広瀬でwwww」
助手「ちょっと似合いそうで草wwww」
助手「姑にイビられそうwww」
教授「あの昭和初期の陰惨な雰囲気を出せるのは、広瀬しかいない!!」
助手「じゃぁ次は・・・・」
助手「自分ちのメイドにしたいハロメン」
教授「ぬぅうう。。メイド・・・・・」
助手「メイドプレイとかじゃなくて、ガチでメイド。お手伝いさん」
教授「ガチなら・・・・料理上手い子がいいよな」
教授「ハロメン縛りじゃなければ、ダントツ、なっきぃなんだけど。メイド服姿が似合いそうな感じも含めて・・・」
助手「なっきぃ、いいッスねぇ。でも、ハロメンで選んでください」
教授「だーいし・・・・。あーーでも、やっすい唐揚げ買ってきそうでヤダな。。。」
助手「あれですよ。午前中に作った唐揚げを夕方に30%引きになったヤツで買ってくるから、油がベトベトになった唐揚げですよ。絶対。」
教授「油でベトベトな唐揚げは胃もたれするから、ヤダなぁ・・・・」
教授「じゃぁ。ポンコツメイドの・・・・のむさんでお願いしますwww」
助手「のむさん!!!www」
助手「あ、でも。のむさんって、お菓子作り、得意なんでしたっけ??」
教授「お菓子作りが得意なポンコツメイドでお願いします」
助手「じゃぁ・・・・次は・・・・・」
助手「自分がハロメンになるなら、誰になりたいか??」
教授「・・・・・・・・・・・・・」
教授「ほぅ???」
助手「誰になります???」
教授「これはねぇ・・・・・やまっきだなぁ!!!」
教授「山木になって、色んなメンバー、タラしたい!!!」
助手「いや、でもね。あれは山木だからタラせるんですよ!!!!」
助手「中身が教授だったら、タラせないですよ?!!」
教授「なんということでしょう!!!」
教授「確かに。山木の、陽キャヲタクな性格だからこそ、メンバーをタラせるんだよな」
助手「陰キャの教授が山木になっても、やまっきの様に、だーいしとかをタラせません!!!」
教授「ぐぬううう、悔しいが、その通りだ」
教授「あーーー。じゃぁ、むすぶちゃんになるわ!!」
教授「むすぶちゃんになって、もりとちに『ハムちゃん、可愛い〜〜!!』って愛されたい」
助手「でも、エセ関西弁でバレますよ?」
教授「バレへん!!バレへん!!」
教授「きしもんとか、まおぴんとか。ガチ関西人相手だと、エセ関西弁バレるかもだけど・・・・」
教授「もりとちは絶対、エセ関西弁と関西弁の違いなんてわからんって!!よゆー!!」
助手「それもそうだな」
教授「じゃぁ、眠くなってきたので、次でラストのハロプロランキングだな!!」
助手「そうですね。いい加減、意味わからん企画だしww」
助手「じゃぁ、そうね。
助手「ハロプロで一番・・・・対面座位で抱き合って、チューするのが似合うカップリングはなに??」
教授「なんだその、どーしょーもない質問wwww」
助手「最後にふさわしいでしょ???www」
教授「お前、絶対、わたしが『りさちぃ』って言うと思ってるだろ??」
助手「言うと思ってますwww」
教授「おぅ!!りさちぃだよ!!!ご名答!!www」
助手「ですよねwww」
助手「では。今日はここまでーーー!!」
教授「ばいちゅん!!!」
助手「ばいちゅーん!!!」




オゼムス小説「ドブネズミとハムスター 


教授「ども、お久しぶり!!」
助手「ちょっと更新開きましたね」
教授「すまんな。小説をかなり、集中書きしてた。集中出来る時に、書き溜めるタイプなのじゃよ。私は・・・」
教授「つーわけで・・・・」

https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=11678635

教授「オゼムス小説の続き」
助手「おぉ〜〜〜!!!」
教授「今回はインタールードって事で、幕間のお話ですね」
教授「1幕と2幕の間の、短いストーリー」
教授「まぁ、短いっつっても、3・4回ぐらい更新すると思うわ」
助手「今回はあかねちんが登場ですね」
教授「あかねちんはねぇ・・・・・」
教授「色んなカントリーメンと繋がるから、わたし的に、非常に有り難い存在!!」
助手「あかねちんはねぇ!!」
助手「もりとちが娘。に入る前から、もりとちと仲良かったぐらいだからね」
教授「やまっきとも繋がるしね」
助手「カントリーメンと繋がりあるメンバーは、やっぱ、使いやすいよね」
教授「今回は、ハムスターコンビ。」
教授「どーでもいいけど。わたし。むすぶとあかねちんの『ハムスターコンビ』って名前・・・・」
教授「『(は)が』と『(むす)ぶ』で『はむすたー』なの、コンビ名知ってから半年ぐらい気づかなかったwww」
助手「気付けよwwww」
教授「単に研修生時代の2人とも、小動物っぽくて可愛いからかと思ってたwww」
教授「半年後ぐらいに突然・・・『はがとむすぶでハムスターやん!!』って気づいたwww」
助手「超遅いwww」
教授「でも、知るといいコンビ名よね。名前から取ってる上、小動物っぽさが実際にあるとか、完璧じゃん。」
助手「むすぶはね。もうね。もりとちに『ハムちゃん』言われてるからね」
教授「むすぶは今度、もりとちに『ハムちゃん』言われたら、『うっせぇ、ゆるきゃら!!』って、言い返してやれ。わたしが赦す!!」
助手「あなたが赦しても、むすぶ絶対、ビビって出来ないからwww」
教授「うん。むすぶ、なんだかんだ、マジメだからなwww」
教授「まぁ、とりあえず、超集中書きしたおかげで・・・・わりと書き進んでるので、早めに書き終えたいね」
教授「ドラクエ発売日までに!!」
助手「ドラクエ11sが、あと10日で出るしね!!!!!!」
教授「もう、ソワソワしちゃう!!久しぶりに盛大にハマったRPGだったから、声つきマジ嬉しい!!!!!!」
助手「そう言えば、マギレコで今、ミラーズランキングやってますよね??どうでした??」
助手「社交界入れました???」
教授「フッ・・・・・・」
教授「安心しろ!!今年もSクラス!!!社交界入り!!!」
教授「全プレイヤー中、上位5%のみが入れる、狭き門!!!社交界!!!」
助手「マジかよ。ミララン、本気すぎでしょ?教授wwww」
教授「やっぱね。一度Sランクに入ると、もうね、下がれないよ??」
助手「今年はどんなパーティで挑みました??」
教授「基本は・・・・クールほむらちゃん、アリナパイセン、いろやちだね」
助手「いろやち、完凸したのか?wwww」
教授「まぁ。230連ぐらいで完凸出来たので、めっちゃ、運良かったと思うわwww」
教授「2周年記念で、期間限定ガチャが無料で100連回せたので、2凸だったほむらちゃんも完凸になったし。ありがてぇ」
教授「完凸ほむらちゃん、くっそ強いわ。あと、いろやちがともかく、クリティカル無効が強すぎる!!」
助手「クリティカル無効は、マジ、強い!!!!!!」
助手「絶対、1撃で沈まないもんね!!!」
教授「闇相手でも、2発・・・・相手によっては3発耐えるもんな」
教授「今回。いろやちに挑発持たせたら、安定しまくりで、一度も危険な状態になる事無く全勝だったもの」
教授「ただ。ディスク運悪かったので・・・・今回もS1でした。かなしみず」
助手「やっぱ。2人編成かぁ・・・・」
教授「でも。2人編成にするのは怖すぎる。いいの。わたしはSランクに入れれば、それでいいの・・・・」
教授「ま。とりあえず、そんな感じで・・・・。今日は小説の更新お知らせでした。では、ばいちゅん!!」
助手「ほい。ばいちゅん!!」


旅行の話と森戸ベルにゃん


教授「帰宅ーーーーーー!!!」
助手「おぉ。京都&奈良から戻りましたね」
助手「天気、どうでした???」
教授「もうね。引くぐらい快晴でした」
教授「すんげーーー。日焼けした」
助手「マジか。関西は快晴だったのか・・・・」
教授「関東、やばかったぽいわね。」
教授「家に戻ったら、庭のバラが根っこからぶっ倒れてたよ」
助手「台風恐ろしい」
助手「ニュース見ると、津田沼、ヤベェかったよね」
教授「うむ。旅行帰りに、総武線各駅が『幕張行き』になってて、『ハァ??』ってなったわwww」
教授「初めて聞いた、総武線の幕張行きって・・・」
助手「出勤ラッシュも、すさまじかったみたいだしね」
教授「もうね。心の底から、土曜〜月曜まで、京都&奈良旅行で良かったって思ったわ。」
教授「月曜の出勤地獄も回避出来たし。関西、ドピーカンだし」

s11

教授「まぁ、鹿がこの状態になるレベルで、暑すぎだったけどwww」
助手「鹿が完全に暑さにヘバってるwwww」
助手「可哀想www」
教授「わかるよ、鹿ちゃん。私も、お寺に1カ所行く度に、暑さの余り休憩所や喫茶店に入ってたもん。。死ぬわ。。」

shi1


教授「暑いからか、側溝のビミョーに水がたまってる場所に、鹿ちゃんみんな集まって、お腹冷やしてて可愛かったwww」
助手「水たまり干からびてるのに、一生懸命、お腹冷やしてる。かわいいwww」
助手「可愛いなぁ〜鹿ちゃん」
教授「むっちゃ癒やされた〜〜!!!人慣れしてるから、頭撫でても全然逃げないし」
教授「あと。最近外人観光客が多過ぎで、鹿せんベえもらいすぎなのか・・・」
教授「昔ほど『なんかくれ』みたいな感じで、必死で追ってこないのよね」
教授「しかせんべえ持ってても、周りにいる2,3匹が『ちょうだい』って群がるだけだし」
助手「へーー。昔はしかせんべえを持とうものなら、わっさーーでしたよね」
教授「奈良の鹿ちゃんも、日々、進化しとるわ」 
助手「そう言えば、京都も行ったんですよね??」
助手「圓光寺行きました???」
教授「・・・・・・・・フッ」


IMG00334

助手「行ってる!!!wwww」
教授「むっちゃ遠かったわ、圓光寺!!!」
教授「すっごいビミョーな位置にあるのね。細い路地の先って感じで、タクシーで直接行けない感じの場所だった」
助手「ほーーー」
教授「でも、9時ジャストぐらいに行ったのもあって、日曜だけどめっちゃ空いてるし。凄い綺麗なお寺だったわー」
教授「水琴窟もあって。もの凄い綺麗な音色の水琴窟だったの!!!」
助手「水琴窟の音色って、マジ、美しいですよねー」
教授「銀閣寺とか、外人や修学旅行生だらけで混んでるからさ。ここはすっごい静かで、綺麗なお寺で。理想のお寺参りでした」
教授「サンキュー、やまだー。いいお寺だったよ。行って良かった!」

en11

教授「御朱印も頂いたでござる」
助手「青紅葉のワンポイントがカワイイ御朱印ですな」
教授「でも。御朱印ブームが少し下火になったのか、令和になった直後が単に異常だったのか・・・・」
教授「前ほど御朱印に並ばなくなってた。金閣や銀閣や仁和寺も、並ばずに貰えたレベルだし」
助手「令和になった直後が、単に異常だったんでしょうね」
教授「まぁ。あと、京都はお寺が多いので、貰う場所も割れるからってのもあるんだろうね」
助手「そうね。戸隠なんかは一点集中型だから激混みだけど・・・・」
助手「京都は有名なお寺が山ほどあるから、分散するのもあるわね」
教授「令和直後の戸隠は、マジでヤベェヤツだったからな・・・」
教授「そう言えば、御朱印と言えば・・・・」

ko12

教授「興福寺の御朱印、ご詠歌バージョンがあるんだよね」
助手「ほぇ〜〜!!!珍しい!!!」
教授「右は南円堂で頂いた分で、左は本堂で頂いた分だね」
助手「南円堂のご詠歌バージョン、綺麗ですね、これ!!!」
教授「本堂もご詠歌バージョンあったけど、ご詠歌バージョンは南円堂で頂くことにしたわ」
教授「でも。興福寺、御朱印がどうやら人気あるみたいで・・・」
教授「ひとりで4冊(×5種類)書かせてるクソ女がいて、むっちゃ列を堰き止めてて、後ろから蹴り入れたかったわ」
助手「マジか。バイヤー??」
教授「バイヤーか。。4冊だと、知り合いに頼まれたパターンかな?どっちにせよ、こう言うクソが、マジでいるんだな・・・って思ったわ」
教授「5種類の御朱印があるのを、4冊全部に書かせるんだぞ!!書いてる人も、顔が固まってたぞ!!」
助手「可哀想www」
教授「書き手さんがひとりしかおらんから、ソイツのせいで、全く動かないのよ。列が」
助手「ひとりで20個の御朱印書かせてるんでしょ??そら、うごかんわ」
教授「休憩が終わったのか、書き手さんがもうひとり現れたら、並んでた列があっという間に捌けて行ったから」
教授「あの女ひとりで、どれだけ堰き止めてたのか・・・・」
助手「ワイドショーとかで御朱印マナーがどうこうって見るけど、マジでいるんだね」
教授「ってゆっか。自分で御朱印貰わないと、何も意味がないと思うんだが・・・・。人に頼んだり、転売で買うなよ」
教授「まぁでも、軒並み楽しかったよー。興福寺の仏像さんも沢山見れたしね〜」
助手「鹿とも戯れたしね〜」
教授「あーー。ほんと、癒やされた。マジかわいい、鹿ちゃん」
教授「ってか。鹿ちゃんって、ホントに『ケーン』って鳴くんだね!!!」
助手「へぇ〜!!マジで『ケーン』なんですか??」
教授「そう。鹿の鳴き声って『ケーン』って表現されるけど、ホントかよ、聞いた事ねぇぞ・・・・って思ってたら」
教授「春日大社のトコにいた鹿が、突然鳴きだして。それがまさに、『ケーン』だったの!!」
教授「ほんとじゃん!?って感動したよ」
助手「かわいいなぁ〜鹿ちゃん。鳴き声もカワイイのかよ」
教授「動物はカワイイなぁ〜」
教授「そう言えば、やまっきのトコのベルにゃん。『お手動画』がむっちゃ可愛かったね!!」
助手「そう!!お手するんだね。超〜良い子、ベルにゃん!!」
助手「賢い!!」
教授「そら、ベルにゃんは夜の間は、森戸の生き霊が乗り移ってるからな!!!」
助手「その謎の設定なwww」
教授「台風に怯えてソワソワしながら、やまっきのお布団に潜り込む、森戸の生き霊が乗り移ったベルにゃん」
教授「ニャーニャー言いながら、ほっぺたにスリスリしてくるのさ」
助手「ふむぅ。。それはアリですな」
助手「やまっきは、猫だと思ってるから、キスとか平気でしちゃうヤツでしょ??」
教授「それ!!!!」
助手「ってか。逆に、森戸の方にはベルにゃんが乗り移るのもいいんじゃないですか??」
教授「中身入れ替わりバージョン?」
助手「そう。全然喋らなくなって、ふなちゃんやおぜちゃんを観ても怯えてて・・・・おぜちゃんたちも『どうしたんだろう、ちぃ』って心配そうなんだけど・・・・」
助手「飼い主のやまっきを見た瞬間、森戸ベルにゃんは安心して飛びついて、ほっぺたにスリスリペロペロするヤツっすよ!!!www」
教授「それは非常によろしいな!!!wwwww」
教授「おぜむすが、それを観て『は???』ってなるヤツだろ??www」
助手「そして、船木がLINEで20期に速攻、言いふらすヤツですwww」
教授「20期に言いふらした結果、一瞬で全ユニットに知れ渡るヤツだなwww」
教授「こぶしとびよーんず以外のユニット全て網羅している20期、おそろしみず」
助手「でも。こぶしはこぶしで、おぜちゃんがのむさんに言いふらしてくれるからwww」
教授「やったぜwww」
助手「ちなみに。森戸ベルにゃんは当然、帰宅も、山木家に戻ってしまうのですよwww」
教授「そうね。ベルにゃんのおうちは山木家だもんな!!!www」
教授「スタッフさんも、森戸の様子がおかしいのに困り果てるんだが。とりあえず山木には懐いてるので、山木に任せちゃうんでしょ??」
助手「スタッフも投げるわ、こんなんwww」
教授「で。仕方ないから家に森戸(ベルにゃん)を連れ帰ると・・・ベルにゃんに乗り移ってる方の森戸が、それを観て『は??!』ってなるんだろ?ww」
助手「そら。自分は気づけば山木家の猫になってて『どうしよう・・・・』と思ってた矢先に。山木が突然、元の自分の姿をした何かを連れてきたら『は?』ですよね」
教授「森戸(ベルにゃん)は部屋に入るといつも通り、山木に抱きついて甘えて、スリスリしまくるワケですよ」
教授「でも。やまっきは中身がベルにゃんだなんて当然知らんので、『ちょっと、ちぃ。どうしたの??』って心配そうに頭を撫でて、抱きしめてあげるワケですよ」
教授「いつもと違う様子の森戸(ベルにゃん)を、凄く心配して・・・・」
教授「そして。そんな様子を観ていたベルにゃん(森戸)は、『は?誰なの!?ちぃの身体に入ってるヤツ、誰?!ってか、何、梨沙ちゃんに甘えてんの?』ってなって・・・」
教授「頭に来て、森戸(ベルにゃん)を引っ掻くんだけど。やまっきに『ベル!!何やってるの!?やめなさい!』って怒られたあげく」
教授「『ごめんね、ちぃ。ひっかき傷、大丈夫??』って言って、余計、森戸(ベルにゃん)に優しくなっちゃう展開www」
助手「もりとち可哀想wwww」
教授「それを観て、ムキーってなったベルにゃん(森戸)は、やまっきにニャーニャー言って、自分も負けじと超甘えだすのねwww」
助手「自分に嫉妬して、山木に甘え出す森戸ベルにゃん、可愛いなwww」
教授「やまっきも『さっき怒られたから、甘えてるんだろうな、ベル』と思って、ギュッと抱きしめて『いい子いい子〜』ってしてあげるのですよ」
助手「ってか、中身ベルにゃんの森戸に、にゃんこレベルで甘えられたら・・・やまっき、自制効かないだろ??ww」
教授「自制効かないけど、中身もりとちのベルにゃんが、嫉妬して超〜妨害してくるからwww」
助手「メッチャ甘噛みしてきそうwww」
助手「ってか、いいねーーー!!森戸(ベルにゃん)VSベルにゃん(森戸)!!!」
教授「何気に萌えそうな設定ww これ、書こうかしら??wwww」
助手「でも、その状況になったら間違いなく、ベルにゃん(もりとち)、やまっきに甘えてくるわwww」
助手「まぁ。最終的には戻るんでしょ??」
教授「最終的には戻るんだけど・・・・戻ったのに気づかないまま・・・・猫の状態のノリで、やまっきに抱きついて、キスしたり、むっちゃ甘噛みとかしてしまうwww」
助手「森戸さん、戻ってますよ、森戸さん!!!wwww」
助手「いいな、それ!!エロいな!!!書きましょうよ!!www」
教授「しょーがないなぁ。誰も書かなそうな設定だし。ワシが書くかぁ!!!」
助手「そら。ベルにゃんと森戸と山木の三角関係なんて、誰も書かんよwww」
教授「では。そんな感じで、今日はここまでーーー。ばいちゅん!!!」



ざつだん


教授「明日から、3日間、旅行に出てきます!!」
助手「おーーー」
教授「うましうるわしの奈良へ!!!」
助手「そう言えば言ってましたね。奈良に鹿と戯れに行くって」
教授「京都も行くけどね。やまだー聖地巡礼でもしてくっか」
助手「圓光寺行って来て下さい」
教授「まぁ。行けたら行ってくる!!!」
教授「とりあえず、台風は関西方面は回避出来そうだし」
助手「東海から関東に直撃っぽいわよね」
教授「でもまぁ、日曜の夜のうちにいなくなりそうなのが救いよね。」
教授「そんなワケで、明日から3日間。更新はしないかもしれないし。するかもしれない・・・・」
助手「ヒマがあったらする感じですね」
教授「今日はとりま。軽い雑談を・・・・」
教授「あ!そう言えば、ピクシブで書いてるファンタジーの」
教授「続編を待ってくれてる方が、意外とちらほらいて、ありがたいっす」
助手「ファンタジーは好みが分かれるから、どうかと心配でしたしね」
教授「私は今、ファンタジー熱がMAXなので、書いててむっちゃ楽しいんだが・・・・」
教授「んで。ヲタよりで『チサキはシロマの服装のイメージで読んでます』と書いてあって、『それ!!』って思いました!!」
教授「私もまさに、FFの白魔道士の服装をイメージしておりました!!チサキは!!」
助手「白魔道士の格好をしてるちぃたん、似合うよなぁ〜」
教授「森戸はシロマだって、佐久間象山先生もおっしゃってたもんな!!!!」
助手「堂々とウソを言うな。どこの世界線の佐久間象山先生だwww」

06

教授「てか。絶対、前にも言ったと思うけど。。コレのもりとちが、シロマ感あって好きなんだよ」
助手「あーーこれね。確実に前にも言ってた!!www」
助手「森戸はケアルガ使うって言ってた!!www」
教授「ケアルガ使えるし、ホーリーも使えるよ、森戸は!!」
助手「あと、低温火傷のキキちゃんを見て、『ぜったい、ホワイトウインド使う!』って言ってた」
教授「低温火傷のキキちゃんは、ぐう聖だからな〜」
教授「ホワイトウインドで、パーティ全員、9999で回復してくれそう」
教授「でも。低温火傷の衣装は、しょーじき、スクエニよりも、ファルコム感があるよね」
助手「そうね!英雄伝説に出てきそう!!あれのキキちゃん!!」
助手「ファルコムの女性キャラって、衣装カワイイよね」
教授「そう。ファルコム系のゲームの衣装、むっちゃ好き〜!!!」
教授「ファイアーエムブレムのキャラも好きだけど」
教授「ムスブちゃんは、ファイアーエムブレムの盗賊辺りの衣装イメージ」
助手「軽装で動きやすいヤツね」
助手「オゼちゃんは?」
教授「オゼちゃんは、ハリーポッターの黒いブレザーマントみたいの着てるアレなイメージ」
助手「あぁ〜〜、アレな!!www」
教授「オゼちゃんは『魔法学校』って感じのビジュアルイメージが欲しかったので」
教授「で。リサちゃん先生は・・・FEのトルバドールあたりの衣装イメージ??」
助手「お嬢様系のキャラがなるヤツだ、トルバドールwww」
教授「まぁ、そんな感じで読んで貰えると、想像しやすくて良いかなと思いまする」
教授「でも。ガチバトルの時は、リサちゃん先生は、FFの赤魔道士みたいな格好になりますねん」
助手「マジか!!リサちゃん先生!!wwww」
助手「むっちゃ、ガチバモード強そうじゃん。リサちゃん先生www」
教授「『れんぞくま』使えるぞ、リサちゃん先生はwww」
助手「あーー。でも。やまっき・・・・赤魔道士の格好、意外と、似合いそうね!!」
教授「白い羽のついた、オシャレ帽子被って欲しい、やまっき」
教授「やまっき絶対、あぁ言う、つばの広い帽子似合うよね」
助手「イギリス人みたいな帽子被って、ミントジュレップ飲んで欲しいわ、やまっきwww」
教授「つーわけで」
教授「今日は短いけど、明日早いので、ここまでーーー」
教授「では。ばいちゅん!!」
助手「ばいちゅん!!」


カントリーの楽屋

教授「ハロコン終了!!!」
教授「つーーかーーれーーたーーー!!!」
助手「おつかれおつかれ」
助手「今年、ヤバかったッスねぇ。ハロコン」
教授「ここ5年ぐらいのハロコンで、一番疲れたよ。なに、あの、チートハーモニー」
教授「最終日にまさか、メドレーを両方やる大盤振る舞いがあるとはwww」
助手「あれ、ビビったwww」
教授「そんな展開予想してなかったから。お昼にうちの母ちゃんと蕎麦屋に行って来て・・・」
教授「4合ぐらい、日本酒飲んで来ちゃったよ。。」
助手「すげぇ、汗かきそうwww」
教授「すげぇ、汗かいた。マジで」
教授「『一丁目ロック』と『さぁさっそく』をつなげないで!!私も死んじゃう!!むすぶちゃんも死んじゃう!!!」
助手「むすぶちゃんときしもん、連投になるから、大変よねwww」
助手「でも、楽しかったね!!チートハーモニー」
教授「本当に疲れたけど、本当に楽しかったでございます」



助手「ハロコンと言えば・・・・」
助手「カントリーのインスタに、りか様がカントリーの楽屋にいらした様子が映ってたねwww」
教授「あれ、面白かったwww」
教授「カントリー、浮かれすぎ!!wwww」
助手「あんまりなさそうだもんな、カントリーは、こう言う展開www」
教授「りか様がちぃたんの写真集(say cheese)にサインお願いして、ちぃたんがサインを書いてる間・・・・」
教授「リ*^皿^)<(サインせがまれて)ひとりだけそうやって、浮かれちゃって! って、ちぃたんに外野が絡んでたけど・・・」
教授「どう見ても、外野が一番、浮かれてたよなwww」
助手「ムスo・x・)<say foooooseは、いらないですか? が、くっそ面白かったwww」
教授「なんで外野の方が浮かれとんねんwwww」
助手「『ついに、うちの森戸に憧れる後輩が現れたー!!!うっきょー!!!』と、大はしゃぎしている、外野のみなさんwww」
教授「自分らもサイン欲しい〜!!とちぃたんに訴えかけるふなちゃんに・・・・」

チo^-^)<欲しいなんて、言われた事ないし!!

リ*^皿^)<まいも欲しいと思ってた!!!

川*∂_)∂リ<梨沙も欲しいと思ってた!!!

チo^-^)<はぁ?梨沙??

教授「貴重な、もりとちの『梨沙呼び』シーンwww」
助手「明らかに、萌えな感じではなく、バカにした感じの口調でしたけどねwwww」
助手「まぁ、貴重は貴重」
助手「しかしまぁ。ついにカントリーメンに憧れる後輩が・・・・・しみじみ」
教授「ねーー。そう言えば、りか様は、ちぃたんが好きだったんよね」
教授「フッ・・・・・さすが、りか様。お目が高い!!!」
教授「りか様も、やっぱ、私みたいに。もりとちの写真集観て、『うわっ!!かわっ!!エロっ!!萌えっ!!尊っ!!』って、アタマ悪そうな二文字の単語を連呼してるのかな??」
助手「そんな、りか様はイヤだwwww」
教授「でも、人間ってさ。ホントに『かわいい!』って思った時は、『○○が、どうで、こうで、そこが、あーで』とか、冷静に分析出来ないよね」
教授「『エロっ、かわっ、尊っ!!』とか、語彙力がしこたま低下すると思うの」
教授「分析出来るヤツは、心に余裕がありすぎだし。そんなの、本当に『かわいい』と思ってると、言えるのかしら??」
助手「ふむ。それは一理あるな・・・・」
助手「山木もちゃゆが絡むと、偏差値が35ぐらいの語彙力に落ちるけど・・・・・」
助手「でも、逆に、『お前は三島由紀夫か?!』と思うぐらい、天才的な表現力を発揮する時もあるよねwww」
教授「山木は語彙力が死ぬパターンと、神がかるパターンが確かに両方あるわwww」
教授「さて・・・・りか様はどっちのパターンかしら・・・・??」
助手「とりあえず、まず、りか様を山木みたいな変態パターンにはめ込まないであげてwww」
助手「ってか、今回。カントリーの楽屋、2階だったんですね。ついに!!!」
教授「あれだろ?階段の昇り降りが少ないから、みんな喜ぶ、中野の二階楽屋だろ???www」
教授「ベリメンが『2階になった時、超〜楽だった!!4階には戻れん!』って、しみじみ語ってたよねww」
教授「パイセンがカントリーになった時、楽屋序列が下がったから、2階のまことの楽屋に入り浸ってたって言ってたもんなwww」
助手「ベリメンのあの様子を観ると、今更、階段登りたくねーんだろうなwww」
助手「そう考えると。良かったね〜。カントリーだけの個別楽屋の上、2階で〜」
助手「パイセンも、草葉の陰で喜んでいるだろう。2階になったのかー――!!!ってwww」
教授「お陰様で、楽屋の神動画が上がってたしね」
助手「むすぶのストーリー動画も、絵面が凄かったよね」
教授「あれ。絵面の情報量が多すぎだろ???www」

Screenshot_20190902-193452

助手「絵面が凄いwww」
教授「とりあえず、DJノッブのTシャツが気になるwww」
助手「スクエニのソシャゲでしょ?DJノブナガwww」
教授「そうそう。なんでむすぶちゃん。DJノッブのTシャツ持ってるんだ??超〜欲しいwww」
教授「そして、DJノッブのTシャツも気になるが・・・・・」
教授「それ以上に気になるのが、高坂昌信の様なフェイスパックwwww」
助手「これはねーー!!高坂昌信!!!」
助手「信長の野望の高坂昌信は、大体、これ!!!www」
教授「TシャツはDJノッブで、顔は高坂昌信とか・・・・・やるな、むすぶちゃん!!!」
教授「こんなの。私が気にならないワケがない!!!!!」
教授「まぁ、そんなワケで・・・・」
教授「カントリーの楽屋風景がとっても可愛かったでござる!!!」
助手「心から、インスタがあって良かったwww」
教授「動画があがるのが、やっぱ、ありがたいよなぁ!!!」
助手「りか様も可愛かったし」
教授「りか様も、『観る用』『飾る用』『保存用』『布教用』で、写真集4冊買うのかな??」
助手「だから、りか様を山木基準に考えるのやめて!!www」
助手「でも、今回のもりとちの写真集は確かに。4冊買いたい写真集ではあるな」
教授「今までGETしたあらゆる写真集の中で、一番、観てる気がするもん。わたし」
助手「へーーーーー!!!」
助手「ベリメンの写真集とかよりも??」
教授「よりも。・・・・まぁ、小説書いてた関係で観てたのもあるけど」
教授「ほら。消えた魔法使い達のシナリオの中で、ちぃたんは身体がアレな役だったので・・・」
教授「イメージ映像浮かべる為に、観たりしてた」
助手「なるほろ」
助手「そう言えば、小説の続きって進めてるんですか??」
教授「今。プロット立ててるけど、かなり良い感じにシナリオが出来てるので、お楽しみに」
教授「各シナリオで、色んなハロメンが登場するシステムなので」
教授「つーわけで。今日は、ここまででーーーーす」
助手「では、ばいちゅーん」


カントリーイベ〜夏の大四角形〜 レポ

教授「つーわけで」
教授「火曜日はカントリーのイベントに行って参りました!!」
助手「おぉおおお!!!!!」
助手「報告が遅い!!!www」
教授「今は月末シフトなので勘弁して下され・・・・」
教授「しかも。風邪がいまだに完治せんし。むしろ、どんどん声がハスキーになるんだが」
助手「長いですね」
教授「頭痛も酷いし。夏風邪、散々ですよ、まったく・・・・」
教授「つーわけで。今日はカントリーのイベント『夏の大四角形』に関するお話を!!!!!!」
教授「と言うわけで、夏の大四角形のイベントレポだが・・・・」
教授「レポに関しては啓太のブログが超〜有能なので。」
教授「みんな啓太のブログを読むんだ!!!」
助手「丸投げ、草だが・・・・たしかに、啓太のブログ、有能www」
助手「ルールとかも細かくわかりやすく書いてくれてる!!」
教授「そりゃぁ森戸さんも、『詳しくは啓太さんのブログで』と書くと言うモノ!!!」
教授「私も森戸さんを見習って、啓太ブログにレポを丸投げした上で・・・・・それを補足していく形にしよう」
教授「なので。まずは、啓太のブログを読んだ上で、うちのブログを補足として読んで下さいwww」
助手「かつてない丸投げ補足パターンwww」
教授「啓太が触れない『カップリング部分』を、私は積極的に触れようジャマイカ!!」


続きを読む

消えた魔法使い達


消えた魔法使い達更新!!!
前回、PVに驚いて更新を途中で切ってしまったせいで、今日の更新がアフォほど長くなりましたww
今日でとりあえず、このシナリオ(消えた魔法使い達)は最後ですが、
ここからお話は始まるとも言える感じ。
次回は書きたまったら、更新しまするーー。

https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=11592238

ちなみに。
今後の主要キャラの2人を、エピローグで顔見せさせてます。
1人、ヤベェヤツにしてるのは、ファラオの墓の時のヤベェヤツっぷりがお気に入りだったからですwww



そして、今日はカントリーのイベントに行ってきまする。
なんだか妙に緊張するぜ・・・・。

そしてMVの続き、素晴らしかったね!!!
なんか切なさがあると言うか、幸せだけど切なくて泣ける感じで、良きPV。
実はやまっきが主役である事に、カプヲタ心は擽られました。
ええお話や・・・・なんてええPVや・・・・。



ハロコンのお話とか


教授「カントリーのPV見てからさぁ・・・・」
教授「なんとなく、告白の噴水広場のPV見て見たくなって、見たのよ」
助手「おぅ。そしたら???」
教授「そしたらさぁ・・・・・」
教授「カントリーのPVの方が、すさまじいかもしれない!!www」
助手「カプヲタ的な意味でねwwww」
教授「告噴って、今見ると、それほどカプ色強くないね!」
教授「りしゃみやは凄いけど。ゆりちな、鯛焼き食ってるだけじゃん。よく見るとwww」
助手「ももさき、カラオケやってるだけだしねww」
教授「まーさは片思いチックで切ないけどwww」
教授「後ろから目隠ししての抱擁とか、『先輩…会いたいです!』とか、『今日は一緒にいてくれないかな?』とか」
教授「カントリーのPVの前半戦の、りさちぃの飛ばしっぷりにビビるわwww」
助手「結構、フルスロットよね!!」
教授「見ながら途中、『これ、私が作ったのかしら・・・』って、錯覚するレベルだったwww」
助手「無意識のうちにwww」
助手「たしかに。今まで、公式のPVと言えばおぜちぃだったのに。こんなに、りさちぃで来ると思わないもんね。」
教授「まぁ、私は『なんでもござれ』なので、おぜちぃだったら、それはそれで、はしゃぐんだけど」
教授「一応。一推しをりさちぃで推してる身としては、嬉しい限りでござる」
教授「なんかもうすでに、アレのりさちぃの設定でカプ小説書きたいレベルなんだけど」
助手「やまっき先輩と、バスケ部のちぃたんでね!!」
教授「でも。先走って書かないで・・・・一応、後半を待とう。後半で大逆転のおぜちぃとか、起こされるかもしれんしwww」
助手「あの流れで、おぜちゃんが『校庭に来て下さい』とLINE送ってた相手がちぃたんだったら、笑うわwww」
助手「『相手、お前か!!!wwwww』って、視聴者全員なるわwwww」
教授「『先輩会ってる場合じゃねぇだろ、さっさと校庭行けや!!』ってなるわwwww」
助手「逆転ホームラン、おぜちぃwwww」
教授「とりあえず、フルPVが出るまでは、やまっき先輩とちぃたんの小説書き始めるのは保留だな」
助手「あれだけ、りさちぃフラグ立てられてからの、おぜちぃは絶対ないって!!大丈夫ですよーーwww」
教授「わからんぞーー!!どう見たって、こんなの『いしごまで付き合うでしょ?!』と見せかけてからの、『いしよしエンド』の小説を山ほど見てきたぞ!私は!!」
教授「前半のりさちぃ展開に、私は騙されません!!!」
助手「あの時代はしょうがないよぉ!!いしよし以外に、人権のなかった時代だから、しょーがないよぉおお!!www」
助手「いしごまヲタ出身者は、すぐ、小説の先の展開を疑うからなぁ・・・・wwww」
教授「いや、まぁ、ね。それは冗談ですけども・・・・」
教授「りさちぃに枯渇してたので、急に爆弾が来て、私は驚いているのですよ」



教授「尊い!!!」
助手「うむ!!!尊い!!!!」
助手「そう言えば、今回のハロコンでも、でっかい宇宙でりさちぃの2人センターがあるんですよね・・・・」
教授「・・・・・・・・・・・・・・それ!!!!!」
助手「ほい??」
教授「私は名古屋で見たとき、ハーモニーのでっかい宇宙の大サビのあたりで・・・・りさちぃ2人で仲良く歌ってるのも、りさちぃ2人でカメラに抜かれてるのも見ました!!」
教授「ハーモニーは名古屋以来だったので、私は中野でハーモニーを見て、例のりさちぃをでっかいで見れるのを楽しみにしてました!!!」
教授「大勢の仲間に囲まれ、2人で仲良くセンターに立つりさちぃを見て、『ありゃ、りさちぃの結婚式ですわ』ぐらい言ってました!!」
教授「ヲタ仲間にも、『あそこりさちぃだから、見てね!』って宣伝しました!!」
助手「う、うん・・・・」
教授「そしたら!!!!!」
助手「そ、そしたら・・・・」
教授「中野のハーモニーのでっかいをワクワクしながら観たら、そのシーン!!」
教授「なんと!!!りさちぃに混ざって、浮かれてイキイキしまくってる、おださくがおりました!!!」
助手「おださくちゃんっ!!!!wwwww」
助手「そうか!!あの人、名古屋の時、欠席だったわwwwww」
教授「私は初めて、だーいしの気持ちになって。『おーーーだーーーーーー!!!!』と叫びましたwwwww」
助手「ヤバイwww よりによって、おださくちゃんなのが、面白すぎて、死ぬwwwww」
助手「カントリーに混ざって。浮かれてる姿が、たやすく想像出来るwwww」
教授「モーニング、明らかに下の段にいるのに。何故かおださくちゃんだけ、中段のカントリーに混ざって、浮かれてて、もの凄い絵面だったwwww」
助手「なんでお前、おんねん!!!wwww」
教授「めっちゃイキイキしながら、やまっきと絡んでるんだもんwwww」
助手「本人絶対、『カントリーに混ざれた!!ひはほーい!!』ですよwwww」
教授「しかもだ!!そのうち小田が、一歩前に立って、オペラ女優のようにフェイクを歌い出すから。その間、りさちぃと丸かぶり寿司!!!」
教授「おーーーーだーーーーーーー!!!!!!!」
助手「おださくちゃんwwwwww」
助手「めっちゃ面白いじゃないですかwwww」
教授「めっちゃ面白かったわ!!!!!!」
教授「よりによって、おださくなのが、面白かったwwwww」
助手「りさちぃの結婚式に混ざるおださくwwwww」
教授「りさちぃと絡んで、誰よりも浮かれるおださくwww」
教授「ますます、ハーモニー公演が神となったよwww」
助手「タダでさえ、ベリキューメドレーあるのにね。」
教授「そうなの!!ベリキューメドレー!!!」
助手「うん」
教授「大変な事に気づきました!!!」
助手「なんでしょう!???」
教授「あれ。前に、『ベリ派と℃−ute派でチーム分けしてね?』って言いましたが」
助手「うん」
教授「出身地別のチーム分けだった!!!!」
助手「・・・・・・・・・・・・・・」
助手「ああ!!!言われて見れば!!!」
教授「私は、『どー見てもベリ派と℃−ute派じゃん』と思っていて。『でも、一丁目だけ、大阪人集まってるな・・・・』と思ってたんだけど」
教授「他もどーやら、北海道&仙台チームとか。さいたまーズとか、東京チームとかに分かれてるらしい!」
助手「そ、そうだったのか!!!」
助手「むしろ、前から、大阪チームは気づいてたのに。その時点で何故、出身地別と気づかなかったのか??wwww」
教授「だって。どー見ても、ベリ派と℃−ute派だったんだもーーーん!!!」
教授「そしたら舞美ヲタも『うん。これはベリ派と℃−ute派って思うわ・・・・』って、言ってたwww」
教授「りこりことか、室田とか、まりあちゃんとか。℃−uteの帯同してた子達、殆ど℃−uteだったし!!!!!!」
助手「浜ちゃんとか、フクちゃんとか、きしもんとか。綺麗にベリ曲チームだしなwwww」
教授「また、カントリーが全員、ベリ曲側だしさ。ベリ派と℃−ute派って思うじゃん!!!」
教授「まるちゃんも、ベリ曲やるしぃいい!!!!」
助手「一丁目ロックが『大阪人で揃ってるな』と言う情報を無視したくなるほど、確かに、ベリキュー派で分かれてて草wwww」
助手「でも、そう考えると。一目で『大阪チームだな』って気づけた、大阪チーム、強いなwww」
教授「やっぱ。大阪チームは強いよ。大阪人オーラにあふれてるから、即、気づけた」
助手「でも、ベリキュー派で分けるなら。そもそも、かなとも、ベリ曲にいるのオカシイじゃんwww」
教授「あいつはビューティフルでソラシドやってるから、満足だろうし。ここでは妥協したのかと思ったんだよ!!」
助手「肝心なトコで、微妙に推理が雑ですよねwww」
教授「つか。名古屋の時からハーモニー見てるのに、全然気づかなくて。」
教授「昨日初めてハーモニー見た、ヲタ仲間の子が、サラッと『メドレー出身地別で分けてるんですね』って言ってて、衝撃だったwww」
助手「あれですよね。教授絶対、次の脱出ゲームもクリア出来ないですよwww」
教授「非道い!!!!(涙」
教授「まぁでも、ともかく。チーム分けが解ってスッキリした所で、今日はここまで!!」
教授「ばいちゅーん」
助手「ばいちゅん!!」



消えた魔法使い達&りさちぃ祭り


教授「みんなーーー!!!速やかにハロステを見るんだ!!!!」
教授「カントリー夏祭り『りさちぃフェスティバル』開催中だよ!!!!」

ハロステこちら↓(※ちなみにカントリーのPVは一番最後ですが、あーりーとちぃたんの司会が緩くてカワイイので全部観るべし)

https://www.youtube.com/watch?v=58blJtfLq2U&feature=youtu.be&app=desktop

助手「いやーーーーー」
助手「驚いたね!!今回のPV!!!」
教授「私の中では『告白の噴水広場』以来の、PVで妄想祭り開催中なんですケド!!」
教授「なに、あのシチュエーション!!!??」
助手「シチュエーションに吹いたわwww」
教授「まぁ、ちょっとした、ドラマ仕立てになってるPVなので、ストーリー設定があるワケですよ」
助手「うむ」
教授「そのストーリー設定がミラクルでして・・・・。

『おぜちゃんが好きな男の子に告白する』←わかる
『むすぶがおぜちゃんの告白結果を、えらく気にしている』←まぁわかる
『ちぃたんがどう見ても、やまっき先輩に恋してる』←わけがわからないよ

教授「コレ!!!!」
助手「それな!!!wwww」
助手「あれ。どー見ても、ちぃちゃん。やまっき先輩、LOVEだよね!!www」
助手「やまっき先輩にLINEで、『先輩...会いたいです!』は、さすがに草wwww」
教授「そう。『先輩、会いたいです!』だったらフツーだったが、『先輩...会いたいです!』は、ガチ恋の証!!!」
教授「私も小説を書くときに、心の中に『恋心』を含めるときは、『梨沙ちゃん...会いたい!』にするもん!!!」
助手「三点リーダー( ... )はガチ恋の証と、ばっちゃんも言ってたもんな!!」
教授「もうね。PVを見て、まだ曲すら始まっていない、冒頭のLINEのシーンから『……このPVは、さては、神なのでは?!』と思いましたわ」
助手「そして。『神なのでは・・・・?』と思わせておいてからの〜〜〜〜!!!」
助手「屋上でやまっきがちぃたんに後ろから目隠ししてからの、2人で熱い抱擁!!!」
教授「おかしーやろ!??」
教授「なんなん?これ??!こんなん、絶対、おかしーやん!?こんなん絶対、付き合っとるやん!!」
助手「お、落ち着いて!!むすぶちゃん!!」
助手「この先に、もっと、おかしいところがあるから、落ち着いて!!!」
教授「そう。この先にある、さらなるおかしい所・・・・」

20190821_230054

教授「この歌詞(「♪今日は一緒にいてくれないかな?」のシーンで、『ちぃたんがやまっき先輩を見る』からの・・・・」

20190821_230017

教授「やまっき先輩、パーーーーン!!!」
助手「おかしーやろ!!?こんなん、おかしーやろ!??」
助手「こんな映し方したら、歌詞が完全に、ちぃたんからやまっき先輩への、告白にしか見えんやん!!!」
助手「おかしいって!!!」
教授「落ち着いてむすぶちゃん!!!私も正直、今、大混乱してるの!!落ち着いて!!!」
教授「えっと。これは、表向きは『おぜちゃんが好きな男の子に告るPV』と見せかけての、裏は『やまっき先輩にガチ恋の森戸さん』って設定でおっけ??」
助手「むしろ、こっちメインやろ。おぜちゃんの告白結果の方、むしろ、どーでもええわwww」
助手「いっそ、フラれて、あっちはあっちで、むすぶと付き合えば良いwww」
教授「つーかむすぶも、追試受けながらも、校庭のおぜちゃん気にしすぎで草www」
助手「そう。むすぶも密かに、おぜちゃん、好きそうだよねwww」
教授「ってか。PVの後半、くっそ気になるな・・・・」
助手「前半でこの飛ばしっぷりだもん。後半はりさちぃ、キスの2回や3回、してますよ。絶対」
教授「むしろ、ちぃたんの『今日は一緒にいてくれないかな?』の告白の結果。一晩中、一緒にいますわ、これは。」
教授「自宅の中まで!!ベッドの中まで!!」
助手「久しぶりに、カップリング大フィーバー作品すわwww」
教授「MVを見て、こんなバカテンション。告噴以来だよwwww」
教授「ちなみに・・・・このPVで、りさちぃの2人が付き合った結果・・・・」




教授「りさちぃに子供が生まれました!www」
助手「いきなり、でけーー子供が生まれたな。ヲイwwww」
教授「膝抱っこされてるむすぶちゃん、くっそカワイイ」
教授「いやーーーー。いいPVでした!!・・・・つーわけで!!!」

https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=11567067

教授「消えた魔法使い達更新www」
助手「この流れでwwww」
助手「めっちゃ、ついでwww」
教授「ホントはもうちょっと先まで文章書こうと思ってたのに、小説書くどころじゃなくなって、ここで切っちゃったよwww」
教授「とりあえず、次で完結っす!!!お楽しみに!!!」
教授「では、寝るまでにあと30回、カントリーPV見なきゃいけないので、ばいちゅん!!!」


何故か舞台を懐かしむ話


教授「いやーーー」
教授「昨日今日と、高熱でて、やばかったっす!!」
助手「夏風邪っすか??」
教授「職場の人が夏風邪引いてて、やな予感してたんだけど。うつったっぽい」
教授「39℃ぐらいまで出たんだけど・・・・夏の高熱はヤバいね!!」
教授「高熱あって寒いからさ、部屋のクーラーは消して寝てたのよ」
教授「そしたら、起きた時に頭フラフラだし、筋肉痛すごいし、口の中ベタベタして気持ち悪いしで・・・・」
助手「それ、脱水症状ですね。口の中ベタベタするの」
教授「うん。これはアカンと思って、水に食塩入れて飲んでたら、少し回復したけど。。」
教授「やっぱ、クーラーつけないのはダメね。高熱で寒くても、クーラーはつけないと!!」
教授「その後は、クーラーつけて、寒いので布団にくるまって寝てた。」
助手「そっか。夏の高熱は、熱中症になるパターンもあるから、注意しないとね」
教授「あんま食欲もなかったけど。すいかに塩かけて食べるのは美味しくて、そればっか一日中食べてたわ」
教授「今思うと。昔から夏に、水分の多いスイカに塩かけて食べるのは、先人たちの、無意識の熱中症対策だったのかもね」
助手「スイカに塩かけると、ホント美味しいしねー。塩スイーツのある種、先駆けかもしれないwww」



教授「つーわけで。昨日今日は熱で死んでたので、小説の更新は出来ませんでした。。めんちゃい。。」
助手「まぁ。39度で小説書かれても、支離滅裂になりそうだしなwww」
教授「でも、とりあえず37度台に熱も下がったので・・・・・今日はブログは、あっさりめで更新させて頂きます」
教授「って事で!!」

http://www.up-fc.jp/helloproject/news_Info.php?id=14224

教授「やまっき作、オリジナル印鑑、草wwwww」
助手「これは、予想の斜め上を行く商品wwwww」
助手「さゆきちゃん、似てるwwww」
教授「山木ヲタ。無駄に色んなメンバーバージョンが欲しくなるわ。」
教授「でも、送料とか含め、1つ5000円ぐらいかかるので・・・・2つが限度だな!!」
助手「りさちぃで???」
教授「いや。やまふなでwwww」
助手「これは確かに、船木を買いたくなるヤツwwww」
教授「名前は、山羊と助手で注文しといてやったからな!!!」
助手「やったぜ!!」
教授「残念ながら。6文字までなので、助手のフルネームは印鑑に出来なさそうなので・・・助手にしといたよ」
助手「そうですね。ジョシュフィーヌ・ハーレーダビットソン・モイスチャーコントロール・ヒモパンナチャン3世は、入りきらないですよね。。。」
教授「ショシュフィーヌすら入らない。悲しいけども・・・・」
助手「まぁ。自分でも、この名前の元ネタってなんだっけ・・・・って思い出せないレベルなので、どーでもいいですけど」
助手「メロンの柴田君の出てた舞台のネタが元ネタなんだけど、その舞台の名前が思い出せない・・・・」
教授「そう言えば。。なんだっけ??舞台の名前???www」
教授「私を火星に連れてってだっけ???」
助手「あ!そんなタイトルだったかも!!!」
助手「火星だっけ?土星だっけ??」
教授「そもそも、舞台の内容が全く思い出せない。どんな内容だっけ?」
助手「柴田君がドラクエの僧侶みたいな格好してたのしか、覚えてないわ」
助手「そう考えると、ガールズナイトは内容結構覚えてるから、凄いですよねwww」
教授「うむ。『門を開け〜い!!!』とか、今でもモノマネ出来るレベルで覚えてるわwww」
助手「カントリーでガルナイやったら、絶対クリエム、もりとちだよねwww」
教授「もりとちだねぇ!!!私が舞台監督だったら、もりとちにやらすわ」
教授「で、ダルタニアンがおぜちゃんで。マゼンタがやまっきだろ???www」
助手「やまっきのマゼンタ、無駄に似合うなぁwwww」
教授「で。他の役は全部、ふなちゃんだろ???」
助手「脇役全部まとめてふなっきに押しつけないで!!ww ふなちゃん、すぐ、便利使いしないで!!ww」
教授「ガルナイ懐かしなぁ〜〜」
助手「教授って、今まで見た舞台で、一番面白かった舞台ってなんですか??」
教授「え?今まで見た中で???」
教授「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
教授「キャッツアイB公演かな???」
助手「マジか!!!!wwww」
教授「カップリング的な萌えを含めると、キャッツアイB公演だわ」
教授「本当に大好きだったから、キャッツアイB公演のくまなきコンビ。外伝小説、2回書いてるレベルだからな」
助手「そう言えば書いてたね。でも、確かに。あのくまなきは、萌えでしたわ!!」
助手「ベビースターズ!!」
助手「つーか、チコリコのあれって、キャッツアイの舞台だったんよねwwww」
教授「内容があまりにもキャッツアイ関係なさすぎて、キャッツアイの舞台であった事、忘れるよねwww」
教授「一番面白かった舞台ってなんだろう?って考えた後、チコリコだなぁ・・・・って思ったと同時に、『あれ?チコリコの舞台って、タイトルなんだっけ?』って10秒ぐらい考えてしまったよwww」
助手「キャッツアイの舞台であったことを忘れ気味、B公演はwww」
教授「チコリコの舞台として、自分の中では確立しているwww」
教授「逆にA公演の方は、歴代の舞台の中で『つまらなかった舞台』側でワースト3に入ってるから、ギャップが酷いのですよwww」
助手「ギャップと言えば、戦国自衛隊もギャップ酷かったよねwww」
教授「あれも死守に比べて、帰還の方があまりにも内容がクソすぎて。。私が勝手に、結末を改ざんしたネタを作ったレベル」
教授「みやびちゃんとなっきぃが現代に帰還せず、戦国時代に残る、『戦国自衛隊〜女性自衛官 残留 セヨ〜』を勝手に作ったwww」
助手「今思うと、何気にゲキハロ外伝、結構いっぱい書いてるのねwww」
助手「舞台のなっきぃ、好きだよね、教授」
教授「そうそう。舞台のなっきぃはね、なんか、外伝書きたくなるんだよね〜。」
教授「なっきぃの演技、ホント、好き。」
教授「あと。舞台と言えば・・・・塩田作品の熊井ちゃんは、ぐう好きなんだよね〜!!」
助手「塩田作品だと、確かに。熊井さんっていつも、主人公的な、いいポジション多いよね」
教授「あーー。チコリコも好きだけど。サンクユーベリベリーの、きょーまなカプも好きだったわ。ゆりももで!!!」
教授「あれも外伝2作ぐらい書いてるかな??懐かしいぜ〜〜」
助手「サンクユーの曲、未だに泣けるよね」
教授「ラストアルバムに入ってるんだよね。あれ聞くと、ホント泣ける」
教授「あれは名作だったわ。。ベリのアフォの子チームと、マジメチームをちゃんと把握して、上手く使いこなしてくれてたなぁ」
助手「配役マジ完璧だったよね」
教授「あと、ハマったと言えば!!我らジャンヌですよ!!!!!」
助手「あれは名作!!!!wwww」
助手「曲も良かったよね〜」
教授「我らジャンヌのテーマも、ベリのラストアルバムに入ってて、ベリヲタは勝ち組でしたwww」
教授「ルーマリですよ。ジャンヌは!!!」
助手「ルーパートとマリオン様だ〜。懐かしいwww」
教授「ルーパートがあまりストーリーの中で掘り起こされて無かった分、裏設定、山ほど作ったなぁ・・・www」
助手「あと、舞台でともかく衝撃だったのは、三億円少女か・・・・」
教授「あれは!!!7人で主役を回変わりにしたのも、すさまじかったけど・・・・」
教授「私が7番目に見た、熊井ちゃん主役回で。それまで8回ぐらいすでに見てて、そろそろ飽きるかなぐらいのタイミングだったのに・・・・」
教授「9回目に見た熊井ちゃん回が一番号泣したレベルで、熊井ちゃんがハマり役だったのがヤバかったわ〜」
助手「あれ、多分。レインボー主役じゃなければ、熊井さんが主役だったっぽいですよね」
教授「多分ね。熊井ちゃん主役回が一番、みんなの配役もピッタリだったし。あのハマりっぷりは、熊井ちゃんで当て書きしてると思うわ」
教授「あれは、いい舞台だったなぁ〜〜」
助手「ベリは結構、舞台で当たりな内容、多いですよね」
助手「戦国自衛隊THEミュージカルは置いといて・・・・・www」
教授「戦国自衛隊THEミュージカルは、あれは絶対、中途半端にミュージカルにしたのが敗因ですって!!www」
教授「あの、微妙すぎる歌に時間を割くぐらいなら、もっと、伊庭ちゃんと熊虎くんの友情を掘り起こしとけば良かったんだよ」
助手「いっそ、舞台にしとけばよかったのにね」
助手「ベリ以降だと・・・・・気絶するほど愛してるは結構、楽しかったですよね」
教授「あれ、良かったよねぇ〜!!!」
教授「大阪公演が無くなったのは、悲しかったけど・・・」
助手「せやな」
教授「やまっきのジェリーさんが、イケメンでイケボだったのが良かった。」
教授「あれのせいで、設定ネタでやまっきを男役にするという、謎の風習がうちのブログでは確立したわwww」
助手「間違いなく、あれのせいですよね。絶対www」
助手「逆にアレを見てないと・・・・おぜちゃんを男役はともかく、なんでやまっきを男役にするのか、読み手側も意味解ってないと思うwww」
教授「うちのブログを見てて、やまっきを男役にする意味が解らない方は、是非、気絶するほど愛してるのジェリーさん、見て下さい」
教授「イケメン・イケボな上。もの凄く、ホモホモしいから!!!」
教授「そして、ショタショタしいふなちゃんは、夢見るテレビジョン・・・・だっけ??」
助手「あれのふなちゃん、ショタショタしかった!!!」
教授「あれ、結構好きだったわ。もう3回ぐらい見たかったなwww」
助手「カミコとふなちゃんの役のカップリング、可愛かったよねぇ」
教授「あと。あれの、りかことカワムーのカップリングも、ホモくて好きだったわwww」
教授「懐かしいねぇ・・・・」
教授「そして、なんで舞台の話になったんだ??今日は・・・・??」
助手「それは。僕の名前、ジョシュフィーヌ・ハーレーダビットソン・モイスチャーコントロール・ヒモパンナチャン3世からですよwww」
教授「そうだったwww 印鑑の話してたのに、話が逸脱しすぎwwww」
教授「まぁ、そんなワケで。やまっき作のハロメン印鑑。絶賛受付中!!!!!みんな、予約してね!!」
助手「つーわけで。きょうはここまで、ばいちゅん!!!」


ダメな雑談




教授「はぁ〜〜台風で最近は、ゲリラ豪雨が多いな」
助手「突然、大雨が降って、10分ぐらいでやみますよね」
教授「まぁ、私は意外と天候に関しては回避能力保持者なので。。上手いこと、外に出てる間は雨に降られずにすんだけど」
教授「なんか、ギリギリで雨に降られないマンなんだよね。旅行とか行くと、施設に入ってる間に降って、出ると上がってるパターンがむっちゃ多いの」
助手「そう言えば。。これだけ遠征してるのに、交通マヒで参加不能や帰宅不能になった事も、何気に1度だけですもんね」
教授「忘れもしない、WANTのシリイベ1公演目。。でも、あれは本来、回避出来ただけに・・・無念」
助手「本来、回避出来た??」
教授「そう。その日、大雪が降りまして・・・雪で大森までしか根岸線が行けないってアナウンスされてさ。どうしようかと思って、私は、品川で下りたわけよ」
教授「なら、東海道線はどうだろうか??と」
助手「ふむ」
教授「そしたら折り合い悪く、丁度、東海道線も止まってしまった直後で・・・・」
教授「『ぬぅ・・・・どうしよう・・・・』と困った私は、駅員さんに聞いたのよ。『川崎行きたいんですけど、根岸線と東海道線意外に、行ける手段ありませんか?』って」
教授「そしたら『ないので、東海道線が動くの待って下さい!』って言われて」
助手「ほぅ・・・・・」
教授「それでおとなしく30分ぐらい待ってたんだけど。降る一方だし、これだと2公演目も間に合わん。。なんか、バスとかないかなと思い・・・・」
教授「クラブチッタ川崎のページを見て、アクセスを調べようと思ったら・・・・なんと!!おもいっきり最寄り駅に『川崎駅』『京急川崎駅』って書いてあってwww」
助手「そうよね!!京急川崎あるよね!!!www」
教授「京急ユーザーじゃないので、当時は京急川崎なんて知らなくてさ。『京急川崎あんじゃん!!』って思って、慌てて品川の京急ホーム行ったら・・・・」
教授「むっちゃふつーに、京急動いてたwwww」
助手「草wwww」
助手「京急強すぎwwww」
教授「つか、品川駅員さぁあああああああ!!!!」
教授「京急で行けるぢゃねーか、ヲイ!!!」
助手「赦してあげて!雪で交通網乱れまくりでパニクって、多分、頭全然働いてないから!!www」
教授「まぁ、私も、アクセスをちゃんと調べてなかったのが悪いのでしょーがない。。」
教授「でも。初めて行く場所なら調べるけど。なまじチッタなんて何度も言ってるからさ、逆に調べないよね、今更www」
助手「JRユーザーだから、川崎は『根岸線と東海道線』って知っちゃってるからね。逆に、チッタのHPでアクセス調べるって発想がないよねwww」
教授「あの時。品川ついてすぐに、京急に切り替えて行ってれば、全然1公演目間に合ったのに。口惜しい。。。。」
助手「それは確かに。本来であれば、回避出来た事案だわww」
教授「こう言うのって後悔残るよな。。まぁでも、このとき以外、一度もないかも。交通網の乱れでつけなかったり、帰れなかった事は・・・・」
教授「それはとっても、幸運だなって」
助手「そう言えば、明日の北海道は大丈夫なんですかね??」
教授「そうそう。台風情報見ても、北海道の話題が全然出てないんだけど・・・・予報円みると、明日、北海道に行くよね??」
教授「ハロコンはよく、台風で酷い目にあってるよねww」
助手「おぜやまが前にラジオで、『冬と夏のハロコンなら、断然夏派。冬はインフルに怯えないといけないけど、夏は開放的で気楽・・・』って言ってたが」
助手「夏ハロはいつも、台風に怯えてるイメージよね」
教授「でも、まぁ台風だと、みんな一斉にダメになるけど。インフルは個々の責任になるから、プレッシャーなのかもね」
教授「とりあえず。明日の北海道も、無事に開催出来ると良いね」
助手「メンバーも、参加されるヲタさん達もお気をつけて!!」






助手「そう言えば。やまっきとだーいしが、今度は浅草旅してましたね」
教授「あいつらはホント。楽しそうで何よりだよ」
教授「一日でやり尽くす量がハンパないwww」
助手「金魚すくい。射的。ラテアート。脱出ゲーム。」
教授「ってか、脱出ゲームもあるのね。浅草、凄いなwww」
教授「そして。金魚は6匹すくうわ、射的は5分の3でGETするわ。謎の才能を発揮する、やまっきwww」
助手「さらに、GETしたメロンパンを、だーいしに半分分けてあげるしねwww」
教授「しかも、脱出ゲームも結局、成功するんでしょ??なに、あの人。こんなん、女から、モテるだろwww」
助手「頭が良くて、それでいて、祭りに行くと、射的とか金魚すくいとかでも活躍するモテキャラ。一昔まえのマンガにいそうwww」
教授「射的かぁ・・・・」
教授「そう言えば、昔。ハロコンのDマガで、鞘師さんが射的の構えは死ぬほど格好いいのに、一発も当たらないポンコツだったのを思い出してしまったwww」
助手「鞘師さん。ステージ以外では、ポンコツだからなぁwww」
助手「あのDマガ面白かったよねwww」
教授「やまっきがハロプロ入った直後のくせに、すでにフクちゃんと、掛け合いが成立してたwww」
教授「そっか。でも、射的か・・・・・」
教授「じゃぁ。信長の野望でやまっきの射撃ステータスも高めにしとくかwww」
助手「騎馬ステータスも高めだし。伊達軍向きになりますねww」
教授「伊達軍に入れて、新武将にだーいしも作ってあげようか??www」
教授「久しぶりに、のぶやぼの天道やりますか!!ww」
助手「そしてまた。信長の野望をやって週末を食い潰すんだwww」
助手「小説も完結させないとね!!」
教授「今週で終わるかなぁ??あと、2回掛かりそうかな・・・・」
教授「ちなみに。今連載してるのは、あくまでも『消えた魔法使い達』のシナリオなので・・・」
教授「オゼムス英雄譚のシリーズは、この後も続きまする」
助手「そうね。どう考えても、まだ回収してないフラグ、山ほど残ってるもんねwww」
教授「次のシナリオ書きためたら、また、次章の連載始めるけど・・・・」
教授「そろそろ、『THEカップリング』って感じの、短編の小説も、書きたいヨネ〜!!」
助手「スタバのごとく。クソ甘いヤツをwww」
教授「甘いのはムリだなぁ〜!!20年経っても未だに書けない、私の超〜苦手分野www」
教授「3000字ぐらいの甘いやり取りのシーンを書く為だけに、12000字の不要なコントシーンを入れて、甘み成分を薄めたくなるww」
助手「『どー考えても、ここのコントいらないでしょ!?』ってシーン。よく見るわwww」
教授「でも、ちょっと書いてみたいよね。甘くてラブい小説とかさ」
助手「18禁的な??ww」
教授「うーーーん。ちょっと、どんなのがいいか、考えよう!!!!!!」
助手「とりあえず、りさちぃですかね??」
教授「そうね。りさちぃか、やまふなだなぁ〜。やっぱ!!」
教授「おぜちゃんは、ぐう聖なので、エロいのかけないwww」
助手「ふなちゃんの方が年下なんだけどねwww」
教授「そうなんだけど。むすぶはぐう聖じゃないからwww」
助手「酷いwww」
教授「あ。ってかさ、私、ふと、昨日思ったんだけどさ・・・・」
助手「ほい??」
教授「やなふなってさ。どっちが攻めだと思う???」
助手「やなふな・・・・・・」
助手「・・・・・・・・・・・・・・・・」
助手「ビジュアル的には、やな受けのふな攻めよね」
教授「でも。現実の2人の感じを考えると、やな攻めのふな受けって感じするよね」
助手「しょーじき。やなみんの方が、グイグイ来そうなタイプだと思うwww」
助手「むすぶは絶対。いざ、やなみんと付き合っても・・・・そう言う事しようって展開になったら、引くと思うwww」
助手「焦れったくなったやなみんに、襲われればいいと思うwww」
教授「そもそも。むすぶがなんか、受けのイメージが8割ぐらいかも、私は」
教授「むすぶは擬男化して、ショタになっても、受けだと思うしwww」
助手「うーーん、そうね。ショタ化したら、ますます、受けだわww」
助手「つか、なんの話してんだ、うちらはwww」
教授「むすぶが受け受けしいって話・・・・」
助手「森戸さんは、超〜誘い受けでしょ??」
教授「誘い受けにさらに誘うタイプwww」
助手「ややっこしくって、草www」
教授「小関も山木も、誘い受けしてるのに気づかないタイプだから。気づくように、さらに誘い受けに誘って、誘導するしかないので、しゃーないwww」
助手「それでも気づかれなくて、森戸さんにキレられればいいのにww」
教授「最終的に。『ホントに、なんなの!?おぜちゃん??!意味わかんない?!!!』ってキレられ、キレられてる意味すらわからないおぜちゃんが見たいwww」
助手「草食おぜちゃん好きだよね、教授www」
教授「わかごめのおぜちぃ信者だからな、ワシは」
助手「森戸さんは、とりあえず、自分からは攻めなさそうよね」
教授「あの人はね。自分からは抱かない。とりあえず最初は、相手に抱いて欲しいタイプ」
教授「『チo^-^)<ヤダよ〜〜!!だって、ちぃが攻めても、ちぃは気持ちよくないじゃん!!!』」
助手「クッソわがままwww」
助手「めっちゃ、そのセリフ、やまっきに言いそ〜〜〜!!!www」
教授「そう。あの人はとりあえず、自分が抱かれて満足してから・・・・・・相手に鬼畜攻めしてくるタイプじゃよ。ワシには解る・・・・」
教授「抱かれてるときは、凄い甘えてきて。相手に身も心も委ねてくれて、可愛らしいのに・・・」
教授「攻めになると、超〜鬼畜攻めして。『え?梨沙ちゃん、感じすぎじゃない?ウケるんだけど!』とか、邪悪のような事を平気でいってくるぞ、あの生き物は・・・・」
教授「『ほんと、梨沙ちゃん、感じすぎだからwww ヤッバッ、マジ、エロいよねwww ウケる。動画とっていい??ww』」
助手「森戸怖ぇええよぉおおおおおおおお!!!」
助手「あなたは一生、可愛らしい受けで居て下さい。。。。ブルブル」
教授「森戸さんは基本、受けが好きだけど。4回に1回ぐらい、『ちぃも抱く〜!!』ってなって、鬼畜攻めしてくるから、タチが悪い。。」
助手「また、ヘラヘラと笑いながら、凄い鬼畜攻めしてきそうで怖いwww」
教授「むすぶは逆に、ヘタレ受け、ヘタレ攻めがいいな」
教授「いざ、やなみんとかと、エロ展開になったら、『やっぱ。ヤバイやろ、これ。こんなんヤバイって!!絶対、アカンって!』って、言い出しそう、むすぶwww」
助手「やなみんに『ここまで来て、今更!?ウソでしょ!??』って、怒られそうwww」
教授「やまふなとかもさ。途中までは『いいじゃん!!梨沙ちゃん、女の子抱くの馴れてるやろ!!抱いてくれてもええやん!』とか、強気なんだけど」
教授「いざ、そう言う展開になったら。。『え?ホンマに?ちょ・・・・ちょっと待って!!ちょっと・・・トイレ行ってくるわ!』って逃げそうwww」
助手「そうね。むすぶ、いざ直面に立たされたら、ビビるタイプだわwww」
教授「ヘタレ攻め、ヘタレ受けのむすぶちゃんが見たいぜ」
助手「森戸さんとむすぶちゃんをカップルにしたら、酷いことになりそうねwww」
教授「やめてー―!!森戸さん!!むすぶちゃんが泣いちゃうから!!!!」
教授「・・・・・・・・・・・・・・・・」
教授「というわけで」
教授「なんの話してんだ。今日・・・」
助手「森戸さんが、ハロプロ最強の邪神と言う話ですね・・・・。」
教授「うむ。余は満足じゃ・・・」
教授「と言うことで、きょうはここまでーー!!」
助手「酷い話でごめんね。ばいちゅん!!」


Categories
Archives
ロマヲタ図書館

レポ・ネタ・小説の保管場所。

ロマヲタ図書館


メール
メッセージ

名前
本文