今日は我が家の話だけです。


教授「はぁ・・・・・・・」
助手「なんですか?ため息ついて」
教授「いや、もうさ、聞いてよ。助手っち」
助手「また、新人??」
教授「まぁ新人も毎日ストレスだけど。今回は、うちの兄嫁ですよ・・・・」
助手「兄嫁??」
教授「二世帯住宅なので、二階に暮らしてるんだけどね、兄の家族は・・・・」
教授「ただ。兄嫁がホント、無能と言うか・・・・・何も出来ない人で・・・・」
教授「性格は悪くないんだけど。むしろいい子なんだけど。ともかく、何も出来なさすぎて・・・・」
助手「なんかあったんですか??」
教授「あのね。うちのかーちゃんが、使わなくなったブランド時計を前に兄嫁にあげたのよ」
教授「それを凄く喜んでたんだけど・・・・・そこらへんはいいのさ」
助手「そこらへんはホッコリ話ですね」
教授「で、最近。うちのかーちゃんが兄嫁と話してたら『戴いた時計、電池切れてしまったんです』って言ってたらしく」
助手「ふむ。じゃぁ、時計屋さんで電池交換すればいいですね」
教授「うちのかーちゃんもそう言ったら、『わたし、時計の電池交換したことなくて。どこでやればいいのか・・・』から始まってだね」
教授「近所のヨドバシカメラでやってくれるよ??って言っても、『なんてお願いすれば』 『どこのフロアで頼めばいいのか?』って、ウダウダ始まって・・・・」
教授「かーちゃんがメンド臭くなって『じゃぁ、今度変えて来てあげるよ!』って言って、兄嫁から時計を預かって来てたんだよねwww」
助手「 自 分 で 換 え に 行 け や !!!wwwwww」
教授「だよねだよね、そうだよね」
教授「あのね。相手が実の親とかなら解る。『ママに貰った時計、電池切れちゃって、換えて来てくんない?』とか、甘えに走るの、まぁ解る」
助手「かーちゃんも、『自分でやんなさいよー!』と言いつつも、『まぁ買い物ついでにやってくるわ・・・』になるの。そう言うのは解るんだ」
教授「でも、ここはですよ。嫁が姑に、しかも『戴いた時計』を、電池交換して来てもらうのは、凄くないですか??www」
教授「もし、自分が兄嫁の立場だったら、『姑に戴いた時計を電池切れで付けてないのがバレると、なんとなく気まずいので、自分ですぐに、電池交換しに行く』けどなぁ・・・」
助手「フツーは、そうなるよねwww」
教授「貰った時計を姑の前で付けてないのすら、私は気持ちが憚れる。だから、速攻、自分で換えに行くわ」
助手「少なくとも、戴いた時計の電池交換を、くれた本人に『やってきて下さい』は図々しくて無理だわwww」
教授「ちなみに、電池交換代は、そのまま、うちのかーちゃん持ちですww 向こうも言ってこないので、なんとなく、請求出来なかったわって、かーちゃん、言ってたwww」
助手「交換代くれなかったの!??wwwwww  完全にパシリじゃん!!!!wwwww」
教授「そしてさらに驚きだったのが・・・・」
教授「うち。車は二世帯で兼用してるので、車のキーは、兄嫁のトコと、うちで、それぞれもってるのね??」
助手「ふむふむ」
教授「で。車のキーはリモコン式なので、長い間使うと、電池切れになるワケよ」
教授「うちも去年ぐらいに電池切れになったので、リモコンの電池交換したんだけど。リモコンがちょっと、カバーの開け方が難しいのね」
教授「一見だと良く解らなくて・・・・・だから、ダッシュボードの中にマニュアル入ってるんで、それで、カバーの開け方みて、私が交換したんだけど」
教授「先日、兄嫁のトコも、電池が切れました」
助手「なんか、展開がすでに、予想ついたわ・・・・wwwwww」
教授「で。うちの馬鹿兄貴が、『カバーが開かねぇ!!』って、マニュアルも読まず、1人でブチギレてたらしくて、兄嫁がリモコンキー持って、うちにやってきたらしいwww」
教授「で。前に交換したのは私なので、かーちゃんも開け方知らないから、『娘は確か、マニュアル観て、開け方調べてたわよ』と教えてあげたらしい」
教授「ちなみに。その時間は私は留守だったのね」
助手「そっか。お母さまも開け方は知らないワケね。前回は教授にお任せだったから」
教授「ので。フツーはそこで、兄嫁が車のマニュアル読んで、『電池交換』の項目を観て、電池交換するわよね?フツー」
助手「そりゃそーですね。マニュアルに載ってると教わったんだから」
教授「しかーーーし。『わたし、車のマニュアル読んだ事なくて・・・』『不器用だから、出来そうもないかも』『電池は何と交換すればいいんですか?』の応酬www」
助手「めんどくせーーーーーーーー!!!!!!!!wwww」
教授「うちのかーちゃんは、やはりめんどくさくなったのか・・・・私が家に帰って来たら、『悪いけど、車のキーの電池交換して!』と言われましたwww」
助手「また、預かっちゃったのかぁあああ!!!!wwwww」
助手「甘やかすから、図々しく頼まれちゃうんじゃないですか?それ」
教授「そう。でも、かーちゃん的には、いつまでも『でも』『だけど』と、身にならないやり取りを、兄嫁とするのがメンド臭いらしい
助手「メンドクサイから、なんでもやってあげちゃうタイプなんですね」
教授「しょーがないから、私がカバーを開けて電池交換しようと思ったんだけど、その日、その種類のボタン電池が、家に買い置きがなくって・・・」
教授「結局、かーちゃんがヨドバシに時計の電池交換をしに行ったとき、一緒に、ボタン電池も購入してくることに・・・・」
助手「草・・・・・」
助手「そのボタン電池の代金は???www」
教授「えぇ。勿論、請求できぬまま、うち持ちでございますwww」
助手「凄いなぁ。無能なのか、図々しいのか・・・・・どっちなんだろう???」
教授「多分、両方だと思う。つか、うちの兄貴も大概だけどね。マニュアル読まないで、開けられなくて、キレてるとか。小学生かよ・・・」
助手「マニュアル取りに行くのがメンドイなら、車種でググればいいのにねぇ・・・・」
教授「あの人たち、ほんと、ググレカスなのよね・・・・」
教授「兄嫁、普段から無能を極めてて。『溜池山王に行くには、どうやって行けばいいんですか?』って、平気で聞いてくるww」
助手「Yahoo!電車案内!!!!wwwwww」
助手「え?スマフォ持ってないの???」
教授「驚くだろ?スマフォもipadも持ってるんやで、兄嫁夫婦www」
助手「キレそうwww」
教授「うちのかーちゃんが電車検索かけてあげるし。『市川の〇〇小学校で集まりがあって・・・』って時は、駅から現地までの地図を、何故か、私が出させられたwww」
助手「なんで??wwww」
教授「うちのかーちゃん。言うてオバちゃんやし、プリントアウト出来るまでのスキルはないから、かーちゃんに私が頼まれたwww」
助手「車の電池交換といい、かーちゃんの下請けで、結局教授も、兄嫁に尽くすハメになってるんですねwww」
教授「解せぬwwww」
教授「一番面白かったのが、『〇〇から△△に行くの、結構距離があって・・・・』みたいな相談をされたので、かーちゃんが『タクシー拾って行けば、ワンメーターでしょ?』って言ったら」
教授「『わたし、道端でタクシー、拾った事がなくって。どうすればいいか・・・』って言ってたらしいwww」
助手「手を上げればいいんじゃないかなぁああああ???!!!wwwwwwwwww」
助手「・・・・・・・・・・・・本気か?!!!!!」
教授「凄いんだ。。本気でコレなんだ、兄嫁は・・・・・・」
教授「だから、兄嫁夫婦とじいちゃんばーちゃんでどっか旅行に行くみたいな時も、電車のチケットの手配なんて出来るワケもなく・・・・」
教授「何故かかーちゃんが全部やって、何故か旅行代金、全部、こっち持ち・・・・」
助手「それ。甘やかしちゃダメなヤツじゃないですか??どんどん、やらされますよ???」
助手「やってくれると思って、甘えてる可能性、超濃厚」
教授「私もそう言ってるんだけど。孫はカワイイから、なんとなく、孫の為を思うとやってしまうらしい」
助手「まぁねぇ、それはねーーー」
教授「でも、ホントに何も出来ない。何も自分で調べない。何も自分で考えない。凄いんだ・・・・」
教授「私は1人遠征ヲタだから、何でも自分で調べて、何でも自分で手配するから、兄嫁みたいなタイプは理解出来んよ」
助手「九州四国とか、未踏の地の会場も。場所全部調べて、ホテル取って、飛行機予約とかも全部するワケだもんね、ヲタはwwww」
助手「ヲタは確かに、人一倍、行動力あるからねwww」
教授「自分の趣味は自分で解決するのが、ヲタだからな」
教授「山木を観てみろ!ヲタクの鑑だぞ、あの、1人でなんでもやっちゃう行動力」
助手「あんな兄嫁が欲しかったですねwww」
教授「でもさぁ。スマフォありゃ、なんでも調べられるし、なんでも出来るのにねぇ。」
教授「職場の新人も、1から100まで全部教えて、全部指導しないと何も出来ない子だから。新人の相手を家でもしてる気分だわ・・・・」
教授「だが、新人は20代前半だが。兄嫁は私より5つも年上なので、何か、色々、アカンやろ。あれ・・・・」
助手「そら、アカンわ・・・wwww」
教授「ここに挙げてるのは一例で、実際はもっと色々頼まれまくってるからなぁ・・・・」
教授「性格はいいのよ。明るいし、人当たりはいいし。だから、昔からなんでも、周りがやってくれてた結果、あぁなったのかもしれんが・・・・」
助手「なるほど。周りがなんでもやってくれて育った系か・・・・」
助手「職場の新人ちゃんは、まぁ、20代前半だから・・・・まぁ・・・・ゆとりでもしょーがないけどね」
教授「全てのゆとり世代があぁじゃないのは解ってるが。本当に、1から100まで教えないと何も出来なくてビビる・・・・新人」
教授「はぁ・・・・・・・私の周りに、山木みたいな有能女子が欲しいぜ」
教授「周りがアレすぎて、やまっきってホントに、行動力もあって有能だなぁってしみじみするよ」
助手「行動力って大切なんですね・・・・」
教授「まぁそんなワケで。今日は家の話で終わっちゃってスマンね。」
教授「ホントは前置きで兄嫁の話をするつもりだったんだが、つばきのライブ行かなきゃの時間になってしまったwww」
助手「つばきのライブで癒されましょう!!!www」
教授「では、ばいちゅーん!!!」


不足の美


教授「ヤンマガ買ってきたぞー!!」
助手「おぉ、いいっすね!!」
助手「各ユニット1人の選抜の結果、カントリーが3人いると言う、あのヤンマガですね!!!」
教授「良く解らんがお得感!!」
教授「うむ!!写真もカワイイ!!!!」
教授「さすがまりあちゃん、1人でページ使ってるな」
助手「うむ。さすまり!!!」
助手「ホント、顔面暴力団だなぁ。まりあちゃんは・・・・」
教授「顔面攻撃力高すぎやろ、まりあちゃん・・・・」
教授「そして次がやなふな・・・・」
教授「ぬぅうう!!!カワイイ!!!!」
助手「やなふな、すげぇな。ロリ感、ハンパねぇな!!」
助手「高校生とは思えん・・・・」
教授「コンセプトがコンセプトだけに、ヘタすると小学生に思われそうwww」
教授「純粋な辻加護って感じよね。この2人って」
助手「そう言うと、辻加護が純粋じゃないみたいでしょ!!!www」
教授「つーか。やなふな、マンガとマンガの間にコーナーがあるから・・・・・」

DSC_1359

教授「やなふなの水着ショットを観て、吐血してからの、『僕の中に入って来るなー!!やなふなぁーー!!!』って感じの、クソコラみたいになってるんだがwww」
助手「ホントや。クソコラ感、ハンパないwwww」
助手「やなふながフェアリーすぎて、僕の心の中に入ってきちゃうんですね・・・・きっと」
教授「うむ。僕の中にもみんなの中にも、いつでも、やなふなはおりますさかいな・・・」
教授「そして、やまっき・れいれい・りこりこ・・・・」
教授「おぅ!!かわいい!!!」
助手「超〜かわいいやないですか。」
教授「ポニテやまっき、ホント、可愛いんだよなぁ」
教授「・・・・・まぁ、そんな感じで。みんな、カワイイので、詳しくはお近くのコンビニでヤンマガをご購入どーぞ!!」


続きを読む

獣人物カントリー

教授「よーし!あとちょっとぉ!!!!」
助手「どうしたんですか?ウキウキして」
教授「ん?」
教授「あと5回、マギレコのレアガチャ回せば、天井の100回に到着して、星4ゲットできるんだぁ〜」
助手「・・・・・・・・・すごく無残」
教授「うっさい!レアガチャはカウンターリセットされないから、無課金の人はレアガチャにつぎ込むんだよ」
教授「アルまどで課金絞られたので、しばらく課金はしません!ピックアップはスルーして、レアガチャ一本にします!!」
教授「スイッチのピカチュウ&イーブイバージョンも予約しちゃったし・・・・」
助手「予約したんかい!!」
助手「スイッチ買うんですね」
教授「いづれ、ドラクエ11のスイッチが出るハズだし。いつか買うなら、カワイイ限定品欲しいじゃん?」
助手「本当に出るの?ドラクエ11www」
教授「で、出るハズなんだけど・・・。私もしょーじき、自信ないww」
教授「まぁ。スマブラも欲しいし。ポケモン限定スイッチかわいいし」

https://www.pokemon.co.jp/ex/pika_vee/lineup/#lineup-switchset


教授「ほら、カワイイ!!!」
助手「ぬぅうう!!かわいい!!!!」
助手「こりゃ、課金してる場合じゃないですわwww」
教授「ミラーズで5割の確率で防衛出来る程度には、チームも強くなってるし。課金はもうええわww」
助手「そう思ってると、絶対、クールほむらちゃん来ますよwww」
教授「その時は、その時でござる」


続きを読む

ざつだん


教授「3連休嬉しいぃいいいいいいい!!!!」
助手「ねーーー」
助手「来週も3連休ですよ?」
教授「やったぜ!!!!」
教授「お陰様で、三国志13PKをトロフィーコンプリート出来ました!!イエイ!!」
助手「おぉ、よかった!!」
助手「やっぱPSは、トロコンしないとね」
教授「コンプ派なので、トロコンしないと終えられないと思ってたので、ようやく蹴りが付いて良かった」
教授「さすがにちょっと、三国志13PKも飽きて来たし・・・・」
教授「そろそろ、信長の野望に戻るか・・・・・」
助手「ゲームは止めないのかwww」
教授「あ、でも、明日はアンジュの吉祥寺行くんだった」
教授「わりと良番なので、たのしみさきちゃん」
助手「珍しく良番来たんですねー」
教授「その反動か、通常運転か解らんが、カントリーは案の定、落ちたけどね!!プンスコ!!」
助手「なんかもう、カントリーって、どうやったら当たるんだろうね??ww」
教授「当選とか都市伝説レベルなんですけどwww」


続きを読む

山木カプっぽいメロン曲のコーナー

教授「今週さ、マギレコで梨花れんイベント『君と綴る日記』が復刻てるんよね」
助手「ほ?」
助手「・・・・・・・・・マジか!??」
助手「伝説の最強カプ、梨花れん!!!」
教授「そう!!それまで、マギレコ初期勢は殆どが、まどマギヲタだったので・・・・」
教授「あくまで『見滝原組』の絡みを目当てでプレイしていて・・・あんまりマギレコのオリジナルキャラには興味が沸いてなかったのだが」」
教授「この『君と綴る日記』を切っ掛けに、多くのまどマギヲタが『梨花れん、尊い!!』ってなり、あっさり、マギレコキャラを大好きになり・・・・」
教授「現在へと続く、マギレコの数多のカップリングの礎を築いた・・・・・伝説の梨花れん!!!」
教授「ついに復刻されたのです・・・・」
助手「これは姉さん事件です・・・・」
教授「しかも、ただの復刻ではない!!!」
助手「ほぅ??」
教授「以前の梨花れんイベは、『れんちゃん目線』でストーリが描かれていたのだが・・・」
教授「今回はなんと!!れんちゃんストーリーをクリアすると、梨花っぺ目線のストーリーが解放される神仕様!!」
助手「ぬわんだってぇええええええええ」
助手「それはあれですか??」
助手「同人ヲタがよくやる・・・・例えばりさちぃで、最初に山木目線でストーリーを書いた後に・・・・」
助手「次はちぃちゃん目線で同じストーリーを描きます的な・・・・」
教授「まさにそれ!!」
教授「それを、公式自らやってのけるという!!!」
助手「さすがマギレコさんやぁあああ!!!www」
教授「梨花っぺ目線で観ても、梨花れん尊いぜ・・・・」
教授「もうね。マギレコに興味おありの方は、今、始めるべき!!さぁ、早く!!アップルストアかグーグルプレイに!!」
助手「斡旋してるwww」
教授「つか、今回。公式が神ってるのがさ・・・・イベントの報酬で、梨花っぺもらえるんだよ」
助手「え?ホントに??」
教授「梨花れんイベントの尊さを100%味わうためには、梨花っぺの魔法少女ストーリーと、れんちゃんの魔法少女ストーリーを両方やった上で・・・」
教授「君と綴る日記のストーリーをやるのがいいんだけど」
教授「れんちゃんは☆4だし、梨花っぺもピックアップなしの星3なのでなかなか出ないせいで・・・・」
教授「当時は多くのマギレコユーザーが、梨花とれんちゃんの魔法少女ストーリーを観れずにいたわけよ」
助手「確かに。☆3って意外と、出ないままに難民になる人多いですよね」
教授「ので。梨花ちゃんとれんちゃんの背景を知らないまま、このイベントを観た勢も多かったけど」
教授「今回は梨花っぺを報酬で貰えるので、新規勢の人も、少なくとも梨花っぺの背景は知る事が出来る。これは素晴らしい事ですよ」
助手「そう。梨花っぺの背景を知ると、梨花れんが一気に尊くなるよね!!!」
教授「背景を知らないと、ただのウェーイなギャルと思われるから。 でも、梨花っぺの背景を知ると、一気にクる!!梨花れんの波が!!」
教授「れんちゃんのストーリーも重要だけど、それ以上に、梨花っぺのストーリーをやって、梨花っぺの秘密を知る事が重要なのですよ!!」
教授「だから、報酬で梨花っぺを貰えるのは、神仕様」
教授「マギレコ。君は神になるつもりかい??」
助手「そら、きゅうべぇさんもビックリやwww」

続きを読む

ぽんちゅんラジオのお話


教授「うああああああ!!!」
教授「動物飼いたいーーーーーーーー!!!!!」
助手「また、動物禁断症状ですか??www」
教授「モフモフしたい!!猫でも犬でもいいから、モフモフしたいーーー!!!」
助手「はい。アフラックのアヒルのぬいぐるみですよ〜」
教授「ぐわぁぁああ!!生きてる動物がいいよーー!!!!(モフモフモフモフ」
教授「はぁ・・・・・いいなぁ、山木は。猫飼ってて・・・」
教授「私も、猫に朝、起こされる人生になりたい」
助手「ねー。あと、犬に起こされるのもいいですよねー」
教授「いいよねー。サモエドがご主人様を、ポンポンって叩いて起こす、有名動画があるんだけど・・・あれ、萌え死にそうなレベルでカワイイの」
教授「動物飼いてぇ・・・・」
教授「はぁ・・・動物か船木を飼いたい・・・・」
助手「駄目ですよー。船木は飼っちゃダメですよー。犯罪ですよー」
教授「犬みがあるよね、むすぶは。てゆっか、むすぶって名前がすでに、犬みがある」
教授「むすぶって名付けるんだ。犬を飼ったら絶対、むすぶって名前にするんだ・・・」
助手「ぜったい柴犬に似合いますよね、むすぶって名前」
教授「はぁ・・・・どっかイベント行こうかな。カワイイものを観たい気分」
助手「ハロコンも終わっちゃったしねぇ」
助手「明日、青森でイベントありますよ??www」
教授「さ、さすがに握手会の為に、青森はちょっと」
教授「イオンモール下田ってあったから、黒船来航の下田かと思って、ちょっと行こうかと思ったら、青森で吹いたわwww」
助手「下田って言われると、黒船の方、浮かぶわよねwww」

続きを読む

脱出ゲーム楽しかったよよよ



教授「アラもう聞いた?誰から聞いた?」
助手「・・・ほい??」
教授「・・・・・・・・・・・・・・・・・」
教授「フクちゃん、ワイハに行ってた、そのウワサ」
教授「ハロヲタの人の間ではもーーーっぱらのウワサ」
助手「・・・・・・・・・・・・・・・・・」
助手「ブルジョワがっっ!!!!!!!!(キレ
助手「んだよ、全然可哀想な夏休みじゃねーんじゃん!!!(キレッ」
教授「くっそブルジョワじゃねぇか、フクちゃん、このヤロー!!!(キレッ」
教授「みんなから一斉に『フクちゃん、ワイハです!』の情報提供があったわ。つんくちゃんのブログに載ってたんだって」
助手「お、おのれぇ。情弱をたぶらかしおって、譜久村め!!!」
教授「考えてみれば、あのクッソ金持ちが、寂しい夏を過ごして居るワケがなかった!!」
教授「えい!!悔しいから、春の大個別握手会は、フクちゃん辞めて、まりあちゃんにしてやる!!プンスコ!!!」
助手「言うて、まりあちゃんも大概、クッソ金持ちですけどねwww」
助手「それにもう、申し込んじゃったから取り消しできないですよー」
助手「おとなしく、ブルジョワ聖お嬢様と握手してください」
教授「おのれー譜久村聖・・・・」
教授「くそう。試合に負けて勝負に負けた気分だ・・・」
助手「それ、ただの完敗じゃねぇかwww」





教授「でも、フクちゃんワイハのツッコミも一斉にきたけど・・・」
助手「みんな詳しいのね。。」
教授「だーいしと山木さん、結婚するんですか??の質問も一斉に来たwww」
助手「草生えるwww」
助手「そうよね。みんな思うわよねwww」
教授「実家の親御さんにご挨拶に行ってるんだから、そうなるわよねwww」
教授「でも、なんかだーいしがあまりにも楽しそうで、もうやまだーで結婚すればいいんじゃないかって、正直思うわwww」

https://ameblo.jp/morningmusume-10ki/image-12401751209-14258019887.html

教授「だーいしブログの写真、ぐうかわいい」
助手「2人とも白のワンピでお揃いなのがいいよね・・・」
教授「白ワンピ、いいよね。マジで」
教授「2人の間に挟まれて、ヤギの名を持つものとしては、幸せでござるよ」
教授「そして今日は・・・・・・・・」
教授「脱出ゲームに行って来ました!!!!!」
助手「いぇい!!やったぜ!!!!」
教授「結局3人で参加したんだけど、凄い頑張ったと思う」
教授「本当に、最後の問題までは素晴らしいスピードだったと思うんだけど・・・・」
助手「最後なぁwww」
助手「もちろん、ネタバレは出来ないんですけど・・・・」
助手「ホントに脱出ゲームって、ラストの問題が無理ゲーですよねwww」
教授「ホントにねぇ。ストレートに攻めても絶対クリア出来ないんだよねぇ!!!」
教授「前回で学んだし、最後で『絶対コレでクリアじゃねぇだろ・・・』と思ったんだけど、それ以上、発想出来なかった・・・(涙」
助手「脱出失敗っすね・・・・」
助手「でも、めっちゃ面白かったよね!!シンゴジラの脱出ゲーム」
教授「すんごい面白かった!!前回も楽しかったけど、前回以上にいい問題だったよ。クリアしたかったぁあああ!!」
教授「演出とかも面白かったし。タイムリミットが差し迫る緊迫感がドキドキものだったし。」
教授「やまっきが絶賛するだけあって、ホントに面白い内容だったわ」
助手「ドキドキが凄かったですよねww」
教授「でも。脱出ゲームはね。しょーじき、ハマるの解る。もしも、この手の問題をクリア出来たら、凄いカタルシスなんだろうなぁって思うもん」
教授「一度、そのカタルシスを味わいたいって思うもの」
助手「ね。プライベートでもやってみたいですよね。・・・・・一緒に参加してくれる連れがいればwww」
教授「いねーーなぁあああ、脱出ゲームやってくれそうな人wwww」
教授「1人で行く勇気はないよね。足引っ張ったら嫌だし」
助手「なかなかねぇ・・・・」
教授「だから、また、第3弾を絶対やって欲しいわ。次こそ!!次こそクリアを!!!!」
教授「で、今回。やまっきはスタッフとして、芹沢局長と言う役で参加しててね」
助手「そう!演技観れたのも、楽しかったですよね」
教授「やまっき、意外とイケボなので、こーゆーシリアル演技の時の声、好きなのですよ」

https://ameblo.jp/countrygirls/image-12401758958-14258041160.html


教授「局長、カッコイイよ、局長!!」
助手「局長、萌えるよ、局長!!」
教授「問題を解いた後に、局長室で次の命令されるの、たまらんよね」
助手「でも、緊張でちょっとカミカミだったのが、またカワイイよねwww」
教授「緊張しすぎて、少し涙目だったのも可愛かったわwww」
教授「あーーでも、ホント、クリアしたかったなぁ」
助手「春のハロプロイベントで、脱出ゲームイベやるの、結構楽しみですよね」
教授「そうそう。楽しみ!!」
教授「でもさ、やまっきが脱出ゲームハマって、イベント開催したりして、パイプ繋いだのが・・・結果」
教授「リアル脱出ゲーム×ハロー!プロジェクトコラボレーションに繋がったと思うと、凄いよね」
教授「やまっきがここまで脱出ゲーム推さなかったら、脱出ゲームとハロがコラボとかやること、なかったと思うもの」
助手「そうね。これは間違いなく、やまっきの趣味が繋いだ結果だと思うわ」
教授「いや。でも、ホントに面白かったので。次回またやってくれれば、絶対に参加したいとおもいまっくす!!」
助手「まっくす!!」
教授「では、今日はここまで。ばいちゅーーん」




アラもう聞いた?誰から聞いた??



アラもう聞いた?誰から聞いた??
やまだー仙台旅行のそのウワサ

やまっきとだーいし、1泊2日の仙台旅
お寿司食べたり、笹かま食べたり、桃狩り行ったり
2人きりで超充実旅行!

でも、実はそれだけじゃないの!!
なんと、石田家に泊まって
お母様とパン作りもしたって、
青葉区の人の間ではもっぱらのウワサ

実質ケッコーン!!!




教授「・・・・・・・・・・・・」
教授「って言う噂話が、神浜市に流れててね、助手っち・・・・」
助手「ハァ?何言ってんですか。教授」
助手「ウワサとか、マギレコのやりすぎじゃないですか??」
教授「いや。マギレコのやりすぎじゃなくって!!・・・・いや、まぁ、やりすぎなのは否めないけど」
助手「バカバカしい。そんなカプヲタの妄言みたいなウワサ、現実にあるワケが・・・・」


https://ameblo.jp/countrygirls/entry-12401488986.html

https://ameblo.jp/morningmusume-10ki/entry-12401501292.html


助手「あったやんけーーーーーー!!!!!(ドンガラガッシャン」
教授「ステイチューーーン!!!!(ドンガラガッシャン」



教授「と言うわけで」
教授「やまだーで仙台旅行だって。ビックリ」
助手「ビックリしたわww」
助手「ってか、モーニングは色んな人が旅行話あげてんな。29・30日あたりのブログ」
教授「ほんとだ。仙台旅行もちょっと前みたいだし・・・ブログで旅行話を上げるタイミングの縛りとかあるのかしら??」
助手「そんな感じしますね。29・30日あたりが夏休み話の解禁日だったのかな??」
助手「じゃぁ逆に考えると、昨日今日で旅行話を上げてない子は、夏休みが残念な子って事でいいんですかね??」
教授「フクチャン・・・・(ボソ」
助手「フクチャン・・・・(ボソ」
教授「で、でも、フクちゃんは、ほら、愛ちゃんから、パーカー、貰ってるから・・・っ!!!!」
助手「せやな!・・・・・・・・せやな!!!!」
教授「しかし。冗談抜きで実質ケッコンじゃね?やまだー」
教授「だーいしの実家に行ってるぞ。」
助手「凄いな」
助手「東京近郊にお住まいのハロメンのご実家に、ハロメンが遊びに行くとかは、今までもあったけど」
助手「地方の実家にお邪魔するパターンは、滅多に観ないと言うか、僕は初めてみましたわ」
教授「うん、レアパターンよね」
教授「行動力あるからなぁ、やまっきは」
助手「あの人の行動力は、見習うべきものがあります」
教授「ってか、仙台フォーラスって地下にライブハウスがあるところよね。なんか、ベリかカントリーかで行ったわ!懐かしい!!」
教授「蔵王も行ってるんだ。結構アクティブに色々行ってるね」
助手「初日は仙台市内と笹かま館行って、翌日に蔵王に行ったパターンかしらね?」
教授「ってか、また、果物狩りしてるのウケるよね。やまっきはどんだけ狩りたいのだwww」
教授「あ!蔵王チーズの牧場行ってる!!!たしか、遠刈田温泉のトコや!!!」
助手「行ったんですか??」
教授「ここは行かなかったけど、遠刈田温泉は行ったよ」
助手「遠刈田温泉って、名前からして遠そうよね」
教授「遠かった!!!」
教授「観光の内容も滅茶苦茶楽しそうやんけ。良かったなぁ」
教授「・・・・・・・・・・・」
教授「ってか。石田家のパン、超〜美味しそうねww」
助手「さすがですよね、だーいし家。パン屋レベルの出来で驚くww」
教授「石田家のパンを蔵王チーズつけて食べたら、もう完璧だろ、これ」
助手「ふむう」
助手「しかし、アレですね。やまっきの『お泊りしたよ』話。まさか、一番最初にだーいしが来るとは、完全にダークホースでしたww」
教授「それ!!www」
教授「たぶん、初めてだよね??舞ちゃんちに遊びに行ったはあったけど、泊まった系は初なような・・・」
教授「まさかのだーいし!!!」
助手「でも、最初の頃の下馬評では大穴だけど、ここ半年ぐらいの雰囲気を観てると、大穴でもないか」
教授「最近は、むしろ、本命に近いかも。これ、付き合ってんだろ?もうwww」
教授「実家でご両親にお会いしたんでしょ?実質、ケッコンじゃん」
助手「んなアフォな・・・・・と言いたいが、実家でご両親にお会いしてお泊りは、確かに、実質ケッコンだわww」
教授「しかも、ご実家のお母様のレシピを伝授されるとか、もう、実質、嫁じゃん」
助手「そうねぇ。そう考えると、実質、嫁だなぁwww」
助手「ってか、山木の年上タラシ力。ホント、すげぇな・・・・」
教授「見た目はお姉さんキャラに見えるけど、タラシ力に関しては、実は圧倒的に年上に強いよねww」
教授「口を酸っぱくして何度も言うけど、あのももち先輩をタラシた時点で、レジェンドだから!!!」
助手「また、年上でも、あんまり踏み込んで来るタイプじゃない人に対して、特攻を発揮しますよね」
助手「パイセンにしても、フクちゃんにしても、だーいしにしても。そんなに積極的に、向こうから踏み込んで来てくれるタイプじゃなさそうじゃん」
教授「マメで行動力あるから、そんなに積極的じゃないタイプにモテるんだよ」
教授「それでいて、後輩として、先輩をちゃんと持ち上げてくれるでしょ?」
教授「マメで行動力あって色々やってくれて・・・・それでいて、自分をさりげなく持ち上げてくれる、物腰の優しい彼氏なんて、絶対モテるじゃんか」
助手「そうなーーーー!!!それなーーーーー!!!」
教授「男だったら、ほんと、タラシだったと思うわ。女で良かったなwww」
助手「女でも、これだけタラシてるからなぁwww」
教授「でも、これだけタラシてるのに、ちゃゆだけはタラせないのがちょっと面白いwww」
助手「相手がロリコンだから、こればかりは、しゃーないww」
助手「でも、タラせてはいないけど、なんだかんだで、ちゃゆに気に入られてはいると思うわww」
教授「山木、すげぇなぁ・・・・」
教授「ってか。年下だけど、やなみんも梨沙ちゃん大好きだし。やっぱ、インドア寄りの女にモテるんだよ、山木はwww」
助手「インドアな女は、あまり、行動力がないからなぁwwww」
教授「だから、元から行動力のある女は、別にやまっきに惹かれないんだよ」
助手「でも。行動力のある人って、フツーは、行動力のあるもん同士でつるむんだけど・・・・そこが変わってますよね、やまっきは」
助手「ハロメンだと、行動力の低いタイプの方が好きっぽいですよね」
教授「あれじゃん?やまっきって、ブログとかで観る限り、親友ちゃんもむちゃ、行動力あるタイプっぽいから」
教授「行動力あるタイプは、親友ちゃんだけで、足りてるのかもしれない」
助手「それはありそうかも。親友ちゃんも山木レベルで行動力ありそうだもんなぁww」
教授「うむ。しかし、やまだーがついに、お泊りイベントまで発生させるとは・・・・」
教授「完全に付き合ってるフラグが立ってしまったwww」
助手「つか。やまっき主人公で、ハロプロの恋愛SLG作ったら、ぐう面白そうねwww」
教授「絶対面白いって!!www 全エンドを観ないと、ちゃゆエンドに辿り着けないんでしょ??ww」
助手「ヤバイ。50通りぐらいクリアしないと、ちゃゆエンド辿り着けないのかww」
教授「とりあえず、まずは一番チョロい、パイセンルートからだな」
助手「一番チョロいのか。。。。まぁ、チョロいなwww」
教授「まぁ、つーわけで。今日はここまでーーーー!!!!」
助手「では、ばいちゅん!!」


ハロプロ・オールスターズのイベントがややこしいので纏めたい。


教授「ヴァアアアアア!!!」
教授「ハローの新曲イベントが複雑すぎて、全然把握出来ーーーーーん!!!!」
助手「あぁ。全体曲のイベントですねー」
助手「なんか色々ありすぎて、全然よくわからんですよね」
教授「アトラクション券ってなんやねん。。。」
教授「最近、イベント系から遠のきすぎて、ついて行けない・・・ちょっと、ブログでまとめていいか?!!!」
教授「今すごく、こんがらがってる」
助手「そうですね。申し込み忘れのないように、まとめましょう」
教授「せやな!!」
教授「まず、個人的に一番気になってるヤツから!!!」

ハロプロ・オールスターズ シングル発売記念イベント 〜チーム対抗歌合戦〜


教授「これ!!!」
教授「これを一番観たい!!!!」
助手「これ、チョー楽しそうですよねwww」
教授「これを見るには・・・・・」

※【初回生産限定盤】に封入されている『発売記念イベント抽選応募券』を使って、スマートフォン・タブレット端末にてご応募下さい!! 
(※通常盤A〜Fには封入されません。)抽選で、発売記念イベントにご招待いたします。

教授「つまり。初回生産版に入っているシリアルで応募する、シリイベってヤツよね?!」
助手「そーゆーことですね」
教授「じゃぁこれは、アマゾンとかで初版を予約すればいいのね??」
助手「イエース!!!!」
教授「んで、これは熊谷(10月21日)でやるのね!!!」
助手「そーゆーことです」
教授「では、まず、アマゾンで予約します。ポチ」
教授「そして。最初に申し込んだのは・・・・シャッフルチェキの・・・・」

11/25 東京 Lグループ2部(稲場/山木)

教授「はい、これ!!」
教授「これは一番最初に、張り切って申し込みました」
教授「ちゃんと入金もしたし、だいじょうぶい!!」
助手「いつも、入金忘れしてキャンセルになる教授が、エライじゃないですか」
助手「ふむぅ。しかし・・・・まさかこんな形で、りさまなとチェキ撮れる日がくるとはねぇwwww」
教授「もはや、草はえるわwwww」
教授「どんな顔して、チェキ撮ればいいんだよ、コレwww」
助手「愛理ちゃんみたいに、ヘラヘラしながら撮ればいいんですよwww」
教授「で、ついでに申し込んだのが・・・」

【11/25 東京】ハロプロ・オールスターズ 全員握手会

教授「なんか良くわかんないけど、申し込んだ・・・・」
助手「これって全員と握手なんですか??」
教授「25日に東京組の人たち全員みたいよ」

<モーニング娘。'18> 譜久村聖、生田衣梨奈、佐藤優樹、牧野真莉愛、羽賀朱音、加賀楓
<アンジュルム> 中西香菜、勝田里奈、佐々木莉佳子、笠原桃奈、川村文乃
<Juice=Juice> 金澤朋子、植村あかり、梁川奈々美、稲場愛香
<カントリー・ガールズ> 山木梨沙、梁川奈々美
<こぶしファクトリー> 野村みな美、和田桜子
<つばきファクトリー> 山岸理子、谷本安美、浅倉樹々、小野田紗栞
島倉りか、江口紗耶
高瀬くるみ、山崎夢羽、清野桃々姫

助手「ほーーーん。このメンバー全員とか。凄いな!!」
助手「ちぃたんとかはいないワケですね」
教授「カントリーだと、やまっきとやなみんだね」
助手「おぉ〜まなかちゃんもいるんですねー」
教授「だから、25日はりさまなでチェキがあるワケじゃよ」
助手「ぬぅ・・・そう言う事か」
助手「それぞれの開始時間ってどーなってるんですか?そう言えば・・・・」
教授「・・・・・・・・・・・・・」
教授「そう言えばどうなってるんだろう??調べてみよう・・・・」
教授「・・・・・・・・・・・・・・・・」

11/25 東京 Lグループ2部(稲場/山木) 14:45-15:15

全員握手会
18:30-19:30


教授「ちょっ!!!!3時間以上空くんですケド!!!wwww」
助手「うわぁ〜!!時間潰すのしんどそー!!!wwww」
教授「なんか、全員握手申し込んだこと、少し、後悔しだしてる・・・・wwww」」
助手「やっぱちゃんと。時間は確認しないとダメですね。こーゆーのは」
教授「で・・・・。あと、一番意味が解らないのが」


ハロプロ・オールスターズ シングル発売記念イベント
〜春の個別握手会〜 & 〜Hello! Project 20th Anniversary!!After Party〜


教授「個別握手会は意味解るけど・・・・アフターパーティ・・・」
助手「アトラクション券がマジで意味不明ですよねwww」
教授「公式によると・・・・」

【内容(予定)】

・ミニライブ(ミニライブスペース入場者のみ観覧可) アトラクション券必要枚数:2枚
・ミニゲームコーナー 数種アトラクション券必要枚数:1枚
・会場限定コレクション生写真くじアトラクション券必要枚数:1枚
・リアル脱出ゲーム×ハロー!プロジェクト※別途参加券付CD販売予定


・ミニライブ入場券は当日引換となります。当日午前中より引換開始予定です。
・ミニライブステージは入場者のみ観覧できます。観覧希望の方は必ずアトラクション券を入場券とお引替えの上ご参加ください。
・ミニライブ入場券は数に限りがございます。無くなり次第終了となりますのでご了承ください。
・ミニライブ入場券は番号順ではなく、ランダムでのお渡しとさせて頂きます。


【ミニライブ開始時間(予定)】

<Juice=Juice ミニライブ>10:30-
<こぶしファクトリー ミニライブ>11:45-
<新グループ(一岡、高瀬・清野グループ合同) ミニライブ> 13:00-
<カントリー・ガールズ ミニライブ>14:15-
<アンジュルム ミニライブ>16:00-
<つばきファクトリー ミニライブ>18:00-
<モーニング娘。’18 ミニライブ>19:30-


教授「ミニライブにアトラクション券が2枚必要なのは解ったんだが・・・」
教授「これって、例えば、カントリーを観終わった後に一回抜けると、再度アンジュを観るために入場するとき、また2枚いるのかしら??」
教授「各ユニットのミニライブごとに、2枚いるの??」
助手「・・・・・・・・さっぱり解りませんwww」
教授「ぐぬうう。全然意味が解らないwww」
教授「とりあえず2枚持っておいて、むっちゃ早起きして並べば、最低でもカントリーは観れるのかな・・・・??」
助手「たぶん???」
教授「こんなに難解なイベント初めてで、私みたいなイベント素人はついて行けないわ・・・」
教授「でも、ミニライブの時間は30分もなさそうね。もりとちや、やなみん。個別握手の5部には戻れるって事は・・・」
助手「そうですね。14:15にミニライブ開始して、個別の15時開始に戻れるって事は、そう言う事ですね」
教授「ちなみに、このイベントは春の話なんだよね???」
助手「4月20日・21日です!!
教授「そんな先のイベントの内容で、今、ヲタからお金を徴収してるのね?!ww」
助手「そーゆーことですねwww」
助手「で・・・・。あとは、個別握手です!!」
教授「これもややこしいぞーー!!!」


「ハロプロ・オールスターズ シングル発売記念イベント 〜春の個別握手会〜」
【時間】
< 個別握手会>11:00-11:40<入場受付時間 10:50〜11:05>
< 個別握手会>12:00-12:40<入場受付時間 11:50〜12:05>
< 個別握手会>13:00-13:40<入場受付時間 12:50〜13:05>
< 個別握手会>14:00-14:40<入場受付時間 13:50〜14:05>
< 個別握手会>15:00-15:40<入場受付時間 14:50〜15:05>
< 個別握手会>16:00-16:40<入場受付時間 15:50〜16:05>
< 個別握手会>17:00-17:40<入場受付時間 16:50〜17:05>
< 個別握手会>18:00-18:40<入場受付時間 17:50〜18:05>
< 個別握手会>19:00-19:40<入場受付時間 18:50〜19:05>

 
※スケジュールは、都合により変更となる場合があります。
その際は「ハロー!プロジェクト 公式サイト」にてご案内いたします。
 
 
★参加メンバー★
※下記メンバーの参加となります。また、参加する部は4月20日(土)、21日(日)とも同じ部となります。
<モーニング娘。'18> 参加部:´↓キΝ
譜久村聖、生田衣梨奈、石田亜佑美、佐藤優樹、小田さくら、野中美希、牧野真莉愛、羽賀朱音、加賀楓、横山玲奈、森戸知沙希(※森戸知沙希はの受付はございません)
※今秋ツアーでモーニング娘。’18及びハロー!プロジェクトを卒業する飯窪春菜の受付はございません。

<アンジュルム> 参加部:´↓Л┃
和田彩花、中西香菜、竹内朱莉、勝田里奈、室田瑞希、佐々木莉佳子、上國料萌衣、笠原桃奈、船木結、川村文乃(※船木結はの受付はございません)
 
<Juice=Juice> 参加部:↓きキΝ┃
宮崎由加、金澤朋子、高木紗友希、宮本佳林、植村あかり、梁川奈々美、段原瑠々、稲場愛香(※梁川奈々美はい亮付はございません)
 
<カントリー・ガールズ> 参加部:´↓
山木梨沙、小関舞
 
<こぶしファクトリー> 参加部:きキ
広瀬彩海、野村みな美、浜浦彩乃、和田桜子、井上玲音
 
<つばきファクトリー> 参加部:´↓
山岸理子、小片リサ、新沼希空、谷本安美、岸本ゆめの、浅倉樹々、小野瑞歩、小野田紗栞、秋山眞緒
 
<新グループ> 参加部:Л┃
一岡伶奈、島倉りか、西田汐里、江口紗耶
高瀬くるみ、前田こころ、山崎夢羽、岡村美波、清野桃々姫
 
<研修生> 参加部:きキ
Aチーム Bチーム Cチーム Dチーム(メンバーは後日発表)
 
助手「ぬぅ。ややこしい・・・」
教授「まぁ、よーするに・・・・」
教授「カントリーが全員揃うのは・・・・2部のみって事で、おっけ???!」
助手「いえーーーす!!!」
教授「じゃぁ2部に固めよう・・・と思ったけど、1つの部に5人固めると、移動が大変と聞きました!!せんせい!!」
助手「その通りです!!!良く気づきました!!!!!」


【ご注意】
ハロプロ史上最多、総勢55名以上での一斉個別握手会です。一番離れているブース間の距離は約100m 移動に約2〜3分かかります。
複数枚ご希望の方は時間内で参加券を使いきれる範囲でのご購入、及び、ご自身でのスケジュールの管理して頂くようお願い致します。


助手「・・・・だ、そうです!!!!」
教授「了解した!!!では、1部と2部と3部で申し込みを割り振ろう!!!!」
教授「ただ3部は早めに切り上げないと、カントリーのミニライブの集合時刻が不安」
助手「たしかに。出来れば3部は避けたいですね」
教授「そうねぇ。じゃぁ、とりあえず申し込みはカントリーメンと・・・・」
教授「まなかちゃんで」
助手「そうねぇ」
助手「でも。せっかくだから、カントリーとまなかん以外にも、好きなハロメンも選びません??」
教授「カントリーとまなかん以外で?!」
助手「他のユニットのメンバーの個別握手に参加することなんて、こんな機会ないと、まずないだろうし」
教授「・・・・それは言えるな!!こんな機会、2度とないかも!!!」
教授「他のユニットの個別とか、普段は申し込まんしな」
教授「じゃぁ出来たらアンジュのミニライブも見たいから・・・・3部から6部まではパスしといて・・・そこ以外で申し込もう!」
助手「つか、カントリーメンとまなかんの次に好きなハロメンって誰になるんですかね??」
教授「今まで、考えたことなかったなぁ・・・・誰だろ??」
助手「カントリーとまなかんが不在の状態で、ハロメンが全員曲を歌うとして・・・・誰の色のサイリウムに変えるかって事ですよね」
教授「うーーーーーーん」
教授「ちょっと、公式のメンバープロフィール観て、じっくり考えよう。。」
助手「本気で考えに行ってるww」
教授「滅多にない機会なので、4人ぐらい選ぼう。ちょっと楽しくなってきたww」
教授「とりあえず・・・・ハロコンとかで、カントリーとまなかんがいなかったら・・・・いつも、サイリウムを優先するのは、フクちゃんだな!!」
助手「じゃぁ、まずフクちゃん。申し込みましょう!!」
教授「でも、フクちゃんはプロフィールチェックする前から、フクちゃんかなぁと思ってた。その次からだな!!悩むの!!」
教授「あと3人でしょ?」
助手「ハロコンのシャッフルで、いつも、サイを優先しているのは誰か??って事ですよね」
教授「ガチで悩むなぁ〜〜〜〜」
教授「・・・・・・・・・・・・・ってか。良く観たら、物理的にこぶし無理だね。アイツら、4部〜6部だwww」
助手「ちょうど参加出来ない時間帯じゃんww じゃぁ、こぶし以外で!!ww」
教授「浜ちゃん上位候補だったけど、物理的に無理でした。さよなら浜ちゃん・・・」
教授「うーん・・・・・そうねぇ・・・・・」
教授「ここは、だーいしかなぁ・・・・どうだろう・・・・でも、だーいしかなぁ?」
助手「悩んだ時は、直観、大事ですよ!!」
教授「よし。じゃぁ、だーいしで申し込みしよう!!!」
教授「あと2人か・・・・」
教授「・・・・・・・・・・・・・」
教授「ってか。あやちょは春でお別れよね?」
助手「あ!そうじゃん!!!そうですよ!!!」
教授「ヲタではなかったけど、ずっとハロプロで観て来たんですもん。最後にお別れぐらいしたいよね。・・・あやちょで!!!」
助手「うむ。それは実に良いと思います!!」
教授「あとひとりか・・・・めちゃくちゃ悩むなぁ!!」
教授「そうなぁああああああ・・・・・」
教授「あーーーーーーー」
教授「かーーーなともだな!!室田とまりあちゃんとあーりーとでむっちゃ悩んだけど。かなともだな!!」
助手「そうですね。やなみん入るまでは、なんだかんだで、かなともでずっとフリコピしてましたもんね。ジュースは」
教授「よし、じゃぁ。カントリーとまなかんは両日申し込んで。4人は、2日にかけて2人・2人で分けて申し込み・・・・と!!」
教授「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
教授「6×2+4で、何気に結構、えぐい金額になったんですケドww」
助手「あ、16枚になるのか。えぐいなwww」
教授「個別をこんなに申し込んだの、初めてかもww まぁいいや。ハロプロ全体で個別なんて、最初で最後かもしれんし、記念だ!」
教授「さて。これで2次募を当選さえしてくれれば、オッケー。しなかったら、まぁ、お安くなるので、それはそれで」
助手「あ。2次募なんですね。これwww」
教授「1次募集申し込むのすっかり忘れててなwww」
助手「ってか。これでさらに、脱出ゲームイベが出るんですよね??公式によるとww」
教授「どんだけドーピングすんねん。すげぇなwww」
教授「まぁ、それは後日と言う事で。とりあえずここまでは、申し込み完了!!!」
教授「よし。やっぱ、ブログで纏めながら申し込んで良かったな。時間帯とか、なんとなく把握出来たwww」
助手「こんなに時間帯がややこしいイベント、初めてですよねww」
教授「ここにさらに、脱出ゲームの時間も把握しなきゃいけないとかwww」
教授「まぁでも、とりあえず、まずは熊谷のイベント楽しみだな!!メロンも結集するみたいだし!!」
助手「あ!!そうだ!!メロン集結するんですよね!!」
教授「ハロコンで赤フリはやってたけど、久しぶりに、遠慮はなしよとか、シングルじゃない系の曲も観たいな〜!!」
教授「ガールズパワーとか!たのしみず!!!」
助手「観れるといいですねぇ〜!!!」
教授「と言うわけで、今日はここまで。ばいちゅん!!」

続・なろう小説系カントリー



教授「うぁああああああああ」
教授「10年ぶりに、ごっちんを見てしまったー!!!!」
助手「わぁあああ!!PATIPATIPATI!!」
助手「どうでしたよ?生ごっちん!!!」
教授「昔と会場の煽り方とか、客席に指差しするのとか、全然変わってねぇ!!!!」
教授「何気に歌も、全然劣化してなくて驚いたわ」
教授「あまりにも変わってなくって、ごまコン時代に気持ちが逆戻りして、懐かしみが凄かったね!!」
教授「また。楽曲がスクとプリゴですよ!!!」
助手「ごまコンの代表曲2曲ですなぁ!!!」
教授「驚くほど、ファンの求めてる楽曲を解ってらっしゃるわ。さすがやな」
助手「プリゴは、おぜちゃんや、やなみんたちが出てましたねぇ、バックダンサーで」
教授「ごっちんのバックダンサー選抜とか、いいなぁ。絶対ももちパイセン、羨ましがると思うよ」
助手「パイセンはモロ、ごっちん世代だからね」
助手「あいぼんさんとか、どうでした???」
教授「わたし、あいぼんさん好きだったので、こっちもしょーじき、泣きそうでした」
教授「あいぼんと愛理ちゃんの乙パスは、感慨深いものがあった」
教授「わたし、飯田さんと梨華ちゃんも好きだったので、超〜たんぽぽ派だったんですよ」
助手「あ。それじゃあ、感慨深いわ〜」
教授「あいぼんの乙パス観れるなんて、思わなかったなぁ〜」
教授「んで。ぼんさんは、ごっちんにも懐いてたから、ぼんさんは何かと思い入れあるわ」
助手「ごまヲタって、あいぼん派が多いですよねぇ」
教授「教育係だったからね。ごまぼんコンビ好きだったので、ごまぼんで歌うのを期待もしてたけど、それはさすがになかったね」
教授「愛理ちゃんとあいぼんで乙パスやって、愛理ちゃんがロッタラ。ぼんさんが、恋INGでした」
教授「んで、ごっちんが、スクとプリゴ」
教授「良かった。ごまぼんでI WISHとかあったら、泣き崩れるところだった・・・・www」
助手「ごまぼんI WISHは、伝説すぎてアカン!!!ww」
教授「そう言えば、ぼんさんは、ベリーズとWで帯同ツアーもやってたわ。そう言うのもちょっと、思い入れの一部だな」
助手「あった!!!!Wベリツアー!!懐い!!!」
教授「ぼんさんイイヤツで、初期ももちの事、可愛がってくれてたのよ。ももちゃん先生とか呼んでくれて」
助手「ええヤツやん。ぼんさん」
教授「だから、まぁ、色々あったけど。わたしはぼんさん、好きですねん」
教授「喫煙騒動で後藤真希キャプテン公演のチケットが払い戻し祭りになった悲惨さは忘れんけどwww」
助手「そりゃ、まことも『今日は不良2人がゲスト』いいますわwww」
教授「不良2人に混ぜられる、超絶育ちの良い愛理ちゃん。ほんと、スマンですwww」
教授「『いやもう、私なんかのMCはいらないですから・・・』とか、超低姿勢で、相変わらず愛理ちゃんは全力でいい子だわwww」
助手「今日はゲストだけで5曲あるので(通常は3曲)、時間が押すのを気にしてか、ロッタラ歌い終わった瞬間に、『バイバーイ!』って速攻捌けるのが面白かったですよねwww」
教授「いやいや、あなたはハロプロの中興の祖である鈴木愛理様なのですから、そこまで気を使わなくてもwww」
助手「愛理ちゃんは確かに、中興の祖と言っていいですよね。2010年前後はハロは結構、不振な感じだったけど」
助手「℃-uteが盛り返してくれた感はしょーじき、あったと思う」
教授「押しも押されぬハロプロ大エースだったしな」
教授「そう考えると、ハロプロを繁栄させた祖であるごっちん・あいぼんと、中興の祖である愛理ちゃんのゲストは感慨深いな」
助手「贅沢なゲストよね。そう考えると」
教授「いやぁ〜しかし、広島遠征を蹴り飛ばして、ごっちんゲスト回を選んで良かったわ!いいモノ観れたよ」
助手「遠征費分飛んだでしょ??えげつない相場になってたもんねww」
教授「うん。この回のゲスト、愛理ちゃん、ごっちん、あいぼんで、凄まじかったからなwww」
教授「結果。中野も、昨日は昼だけだし、今日は夜だけなので。こんなに回数減らしたハロコン、久々かも」
助手「中野、軒並み高騰しちゃったもんねぇ」
教授「ゲスト楽しかったけど・・・・次のハロコンはもう、ゲストはご勘弁下さいwww」
教授「通路席が欲しいから、チケット申し込まない層が泣くので」
助手「完全に裏目に出たよね、今回は」
教授「今日の夜は自チケなんだよね。1枚だけでも申し込んでおいて良かった・・・・」
助手「1枚は申し込んだのね」
教授「ほら。もしかしたら、最前くるかもしれないじゃんwww」
助手「確かに。ヲクだと絶対、前の方なんて落とさないもんねwww」
教授「最前くるかもしれないから、一応、1枚は申し込むようにしてるのじゃよ」
助手「で。最前来ました???」
教授「人生そんなに甘くなかった!!!www」
教授「けど。意外と前の方が来たので・・・・フリコピは抑え目にして、楽しむことにするわ」

続きを読む

なろう小説系カントリー


教授「ふむ」
教授「今ンとこ、昔のPCでもやれてるね。良かった良かった!!」
助手「買い直しはしなくて済みそうですねぇ、とりあえず」
教授「色々消えちゃったのは悲しみずだけど・・・・」
教授「代わりに、昔の書きかけのテキストが色々出て来て、ちょっと面白いんだけどwww」
教授「書きかけの戦国自衛隊のオリジナルストーリーが出て来て、思わず1時間ぐらい読みふけってしまったwww」
助手「あれか。ミュージカルバージョンと死守バージョンのシナリオを混ぜ合わせたヤツか。懐かしいwww」
教授「あんなの読むと、戦国物を書きたくなる病が疼く!!!!」
助手「読まなくても、いつも戦国物大好きじゃんwww」
教授「戦国自衛隊、またやってくんねーかなぁ。サンクユーベリーベリーをつばきがやったみたいに。別のユニットで戦国自衛隊やって欲しい」
助手「どれを??死守??ミュージカル??」
教授「どれでもいいけど・・・・当たり前の様にハブられる、帰還のシナリオwww」
助手「帰還はまぁ、ビミョーだったから、しゃーないwww」
教授「あれはねぇ、タイムスリップしたのが自衛隊である意味が全くなかったのが問題。現代人の誰がタイムスリップしてもOKなお話だったからな」
助手「シナリオ酷かったよねぇwww」
教授「そして、秘策が、三国志で有名な美女連環の計、そのまんまだったしwww」
教授「三国志を知ってる人、誰もが、開始30分ぐらいで『美女連環やん・・・』って気づいたからな、アレwww」
教授「でも、戦国自衛隊って、今でいう『なろう小説』のタイムスリップや転生モノの『俺つえぇええ系』の走りよねwww」
助手「確かに!!!」
助手「じゃぁ、カントリーでなろう系の設定、テキトーに考えましょうよwww」
教授「カントリーでなろう系・・・・いいな!!www」
助手「タイトル、何がいいですかね??」
教授「えーとねぇ、じゃぁ・・・・」
教授「『勉強だけしか取り柄のない私が、パワゴリだらけの異世界で暮らすハメになったのだが?』・・・でww」
助手「むっちゃ、なろう小説系っぽいわwww」
助手「主役、当然やまっきですよね。そのタイトルは」
教授「うむ。有名進学校に通う梨沙が、学校帰りに異世界に迷い込んでしまった」
教授「その世界は『脳みそゴリラ』だらけの、パワーファイターが揃う異世界であった」
助手「ふむ」
教授「パワーと機動力の高さで敵をゴリ押しで倒す、ソードファイターのムスブ」
教授「パワーと底なしの体力で敵をゴリ押しで倒す、ランサーのリカコ」
教授「パワーと防御力の高さで敵をゴリ押しで倒す、格闘家のタケ」
教授「パワーと魔力の高さで敵をゴリ押しで倒す、魔術師のムロ」
助手「・・・・・・・・・・・・驚くほど、ゴリ押しゴリラしかいない世界だなwww」
教授「うむ。そこは『アンジュ』と言う名の国で、天使様を信仰(愛する)王女アヤチョの、パワーと信仰心のゴリ押しで国は成り立っている」
助手「ふむ。さすがアンジュ国。マジ、ゴリラしかいねぇwww」
教授「でも。みんな脳筋ゴリラなので、ある意味、平和に国は成り立っていたのですよ」
教授「しかし。そんなアンジュに、海の向こうから、交易を求める船がやってきた」
教授「その国はモーニングと呼ばれていた。ミズキとチサキは異国の天使様の像を土産に開国を求め・・・・」
教授「アヤチョは喜んで、天使様の彫像と、その交易を受け入れたのであった」
助手「さすが、仏像ゴリラ、アヤチョwww」
教授「だが。それが全ての元凶であった。」
教授「国交を受け入れ、開国したと同時に、アンジュはモーニングの侵略にあい、国土を半分ぐらい消失してしまったのであった」
助手「なんと!!!!!!!それは酷い!!!!」
助手「モーニング国は賢いんですね」
教授「まぁ、そこそこ賢い??むしろ。アンジュ国がアフォなだけとも言う」
助手「ゴリラしかいないから、しゃーない」
教授「こうして国土を半分ぐらい消失し、尚も侵攻を受けるアンジュ国に、異世界人のやまっきは紛れ込んでしまうのであった」
教授「果たして戦いの術を持たないやまっきは、知能だけで、知的生命体の1人もいない『ゴリラ国アンジュ』の救世主になれるのか!!!!!!?」
助手「知的生命体がひとりもいない扱い、ホント、酷いwwww」
助手「ってか、おぜちゃんとやなみんはいないの???」
教授「テキトーに配役するから大丈夫」
助手「まぁ、その場のノリで設定する、ノープラン設定ですからね。いつもの」
教授「そうね。軽くあらすじみたいのを作るとだ・・・・」

 日本で超名門大学に通う大学生梨沙と、その妹である高校生の奈々美。
ある夏。梨沙は桜木町駅でやっている『ピカチュウ大量発生チュウ』を奈々美と一緒に見に行った帰り道、
異世界から強制召喚をされ、『アップビハインド』と呼ばれる世界に迷い込む。
 その世界は、まるでRPGの様な剣と魔法の世界だった。
 そして、アップビハインドの世界は今、アンジュ国とモーニング国の間で、大きな戦争が勃発していた。
 だが、長年戦争とは縁がなく、戦術などを何も知らないアンジュはモーニング国に一方的に押されていた。
 そんな中、梨沙はアンジュ国の召喚士カナによって、『国をピンチから救う大天使(アンジュルム様)』として召喚されてしまったのだった。
 特殊能力なんかは何もない。あるのはスマフォと己の知識だけ。
そんな梨沙が果たして、アップビハインドの世界で、救国の大天使アンジュルム様になれるのか?!

教授「こんな感じ?」
助手「あ、なるほど!!召喚士カナによって、召喚されてしまったのね」
教授「アンジュ国は戦闘能力は高いが猪武者ばかりなので、モーニング国に連戦連敗で負けまくっていた」
教授「このままでは滅びてしまう!!アヤチョは救国の儀式を執り行い、召喚士カナに大天使『アンジュルム様』を召喚するよう命ずる」
教授「そしてカナが『アンジュの戦士たちに足りぬ力を我々に与えよ!』とアンジュルム様の像に願って召喚したら、足りない力(おつむ)を補うべく、梨沙が召喚されてしまったwww」
助手「梨沙にとって、最高にいい迷惑やんけwww」
教授「異世界転生モノってそーゆーものやさかい」
助手「つか、アップビハインドってwww」
教授「異世界なのでアップフロントの逆にしたwww」
教授「そして、梨沙が召喚されてしまったのは、まさに戦乱の真っ最中であった」
助手「ふむ」
教授「敵の陽動作戦にあっさり引っかかり、あっさり敵軍に囲まれてしまったムスブは、敵国の剣士であるチサキと対峙していた」
教授「周りの味方は全滅状態。そして剣も折れ、体力も尽き果て、後がないムスブ。一方のチサキは馬に跨り、ムスブを見降ろしていた・・・」
教授「『フフフ。ここで終わりだね・・・・・アンジュ国の英傑も・・・・』
助手「おぉ・・・・緊迫のシーン」
教授「そしてチサキは馬を降り、ゆっくりと円月刀をかざしながら、ムスブに近づいてきた瞬間!!」
教授「突然、チサキの頭上から人が降って来て、おもいっきりチサキの上に落下してきたのであった」
助手「なんと!!!チサキ、運、悪すぎ君!!!www」
教授「『いったぁあああああ!!!!』『痛ぁああああああ!!!!』互いに地面に倒れ込むチサキと梨沙。」
教授「梨沙はチサキがクッションになり、意外と痛くなかったのが、チサキの方が当たりどころが悪かったのか、頭を抱え込んでいる」
教授「『あ・・・・・ご、ごめんなさい!!』なんか状況が解らないがとりあえず、クッションにしてしまったチサキの側に駆けつけ、謝る梨沙。すると・・・・」
教授「『貴様ぁあああああ!!!邪魔するとは・・・・アンジュの人間か!?』『は?アンジュ??』『まぁいい!!貴様も死ね!!!』」
教授「そう言って、チサキは左手で頭をさすりながら、右手で円月刀を拾い上げた」
教授「『ひっ!!?なに!???え?こ、この人!?は?刃物持ってる!?え?!!!』」
教授「状況が解らない上、いきなり剣を振り上げて来た謎の少女に大パニックになる梨沙。すると・・・・」
教授「『おい!ねーちゃん!!!掴まれ!!!』突然の声。梨沙が声の方へ振り返ると、チサキの馬を奪ったムスブが、梨沙へと手を差し出してきた」
教授「『え?え?え?』なんだか解らないが、あわわわしながらムスブの手を掴んだ瞬間、ムスブはゴリラパワーで梨沙を片手で引き上げ、馬上に乗せてくれたのであった」
教授「『うっそ!?』あまりのゴリラパワーに茫然とする梨沙を背に、ムスブは奪った馬でピンチを脱するのであった・・・」
助手「ゴリラパワーwww」
助手「おーー!!!召喚されたお陰で、ムスブは助かるのね」
教授「誰だか解らないがとりあえず、身を挺してチサキから自分を助けてくれたので・・・・まぁ味方であろうと言う事で、ムスブは梨沙をピンチの状況から一緒に連れ帰る」
教授「そしてココから、梨沙はアンジュ国の大天使アンジュルム様の化身『リサ』として、身を置くのであった!!!」
助手「なるほろーー!!」
助手「ってか、この設定、もうちょっと詰めて行くとオモシロそうね!!!」
教授「そうね。もうちょい、詰めて行こう」
助手「とりあえず、ムスブがゴリラなのと、チサキが運悪そうなのだけは解ったわwww」
助手「ってか。一緒に桜木町(ピカチュウ大量発生チュウ)へ行ったハズの奈々美は、梨沙が召喚された後にどーなったか、気になりますね」
教授「そこらへんもテキトーに、次回、設定するわ」
教授「では。今からハロコン行って来ます!!」
教授「ごっちん、観てくるぜー!!!」
助手「そうですねぇ。では、ばいちゅーん!!!」

          

かなしみず

教授「大変だ…」
助手「どしたんですか?」
教授「………」
教授「先日。私のPCがお亡くなりになりました。。」
助手「えぇえええええ!?」
助手「大悲劇じゃないですか!」
助手「全然無理なの?」
教授「まーーーったく、起動しない」
教授「今は、遠征先の様にipadで更新しててメンドイ」
教授「括弧の度に、イチイチ英数字に切り替えするの、メンドイ」 
助手「じゃぁ、会話形式で書かなきゃいいのにww」
助手「つーことは、顔文字も出せないですね」
教授「カントリーメンは登録してあるけど、他のメンバーは入ってないわ」
教授「うえーーーん、文字打ち面倒いよぉお」
助手「画像も載せられないし、不便よねぇ」
助手「じゃぁ、買い直すしかないねー」
教授「気軽に言うなよー。ごっちんゲスト回のハロコンを買ったばかりの私に。。」
助手「マギレコ一周年で、アルティメットまどかも控えてるしねぇ」
教授「仕方ないので一台前のpcを代用しよっかな、しばらく。。」
助手「使えるの?」
教授「分かんないけど。使えなくはないと思う」
教授「今使ってたヤツは、うちの家族が使わなくなった分を、勿体無いから引き取って使ってたので」
教授「前のは5年ぐらい使ってたけど、別に、壊れたワケではなかったのですよ」
教授「だが、結果10年以上前のパソコンなので、むっちゃ心配ww」
助手「でもまぁ、勿体無いし、あるならつかいましょう!」
教授「一応、起動はしたからイケルとは思うんだが。。」
教授「でも、マウスが無いので、マウスだけ買って来なきゃ。。」
助手「マウス代だけで済むなら、まぁ、ありがたいですね」
助手「けど、ネットにつなげた瞬間、5年分のアプデをWindowsにされるのではww」
教授「なにそれ、一瞬でダメになりそーww」
教授「とりあえず、このパソコンが使えるようなら、しばらく使うかー。」
助手「そうしませう」
教授「しかし、書き溜めてた小説、全消えで、軽く死にたいんですケド。。」
助手「あーーーー!!もう1人のあなたへの続き!!」
教授「仕事が忙しくなりすぎて、完成押しまくってたけど、それなりに書き溜めてたのに。。」
教授「もう、無理。私の6万字ぐらい、返してください(号泣」
助手「やばい。6万字はマジで死にたくなるヤツだww」
教授「私の長年のヲタ活動でトップクラスの悲劇だわ。。。」
教授「麦茶こぼして、私の抱き枕の熊が水没(お茶没)するし、パソコン死ぬし。最悪ですやん」
助手「熊がお茶臭くなっちゃうヤツですね」
助手「まぁ、熊は洗えばいいし、小説はまた、えっと、6万字書きましょうww」
教授「うえーーん、簡単に言うなよ、もぅ!!」
助手「とりあえず昔のパソコン使える様、マウス買いましょう」
教授「あとついでに、ipad用のキーボード付きケース買おうかな。あれ、前から買おうと思ってたんだ」
教授「遠征先でブログ打つ時、便利っぽいし。こっちでの更新もしやすくなるし」
助手「そうですね。まぁマウスと合わせて5000円ぐらいか。パソコン買い直しよりかはマシねww」
教授「たっく。とんだ厄日っすよ」

 続きを読む

短め更新




教授「はい、どーも」
教授「みなさん、お盆はのんびり過ごせましたか?!」
助手「まぁまぁですね」
助手「教授はどーでした??」
教授「・・・・・・・・・・・」
教授「普通に暦通り、出勤でした・・・」
助手「ですよねーwwww」
教授「ハァ〜〜現場行きてぇなぁ・・・」
教授「若しくは、温泉でも行きたい」
助手「中野まで我慢ですね」
助手「仙台どーでした??」
教授「あ、もう。お盆初日だったので、新幹線がヤバかった!!!」
教授「自由席、座れたのがキセキなレベルでした」
助手「さすがお盆初日・・・・」
教授「仙台サンプラザ、ステージが観やすくて大好きなので必ず行くんだけど・・・今回ばかりは一瞬、東京駅で引き返そうかと思ったわww」
教授「自由席のあの大行列見たら、引くわ」
助手「東北新幹線は自由席少ないからねぇ」
教授「かなり早い段階で指定席は完売してたし。そりゃ、取りあいだよね」
教授「なんでこんな日に、地方遠征しとんねん、ハロプロ・・・」
助手「珍しいですよね。お盆の頃はいつも、中野でやってるイメージなのに」
教授「中野、取れなかったのかな??」
教授「あの乗車率の中、ハロメンやスタッフの分の席を確保するの大変だろうにねぇ」
助手「ハロメンも遠征ヲタもお疲れ様です」




助手「で・・・仙台のコンサはどんな感じでした???」
教授「MCがむっちゃ面白かったww」
教授「前回の仙台は、舞ちゃんのお誕生日サプライズやったし。仙台は毎回、当たりだな」
教授「今回、MCにフクちゃんとやなみんがゲストだったので・・・・」
教授「司会はやまおぜだから、話しやすかったみたいで、凄く盛り上がって面白かったよ」
助手「フクちゃんとやなみんは、やまっき的にはホームみたいなモンですもんねwww」
教授「なんか。フクちゃんのラジオにやなみんがゲストで出たって話をしてて」
教授「フクちゃん曰く、やなみんは話も上手で進行も上手で、後半は殆どやなみん任せになったらしいんだけど・・・」
教授「ふと、そんなやなみんを観てて、フクちゃんは気づいたらしい」

ノノ鵝 _l‘)<・・・・・・・・。

ノノ鵝 _l‘)oO(やなみんって・・・・・)

ノノ鵝 _l‘)oO(ももち先輩に似てる!!)

教授「そして、気づいた瞬間」
教授「まるでももち先輩といるような気分になって、急に緊張しだしてしまったらしいww」
助手「フクちゃんwwww」
助手「相変わらず、安定のキモさですねwwww」
教授「まぁ、でも、気持ちは解るわな」

ノノ鵝 _l‘)<むしろ、カントリーのメンバーみんな、ももち先輩に見えるの

教授「と言ってるのを聞いて、あぁ、本当にももヲタだな、この人って思ったわ」
教授「この発言は、カントリー時代のももち先輩を好きだった、ももヲタの総意だからwww」
助手「でも、気づいた瞬間に緊張しだすの、ぐう面白いwww」
教授「ラジオ収録終わった後に、やまっきのトコにフクちゃんからLINEが入ったらしく」
教授「『緊張して、やなみんとあんまり上手く喋れなかった!どうしよう・・・』って来たらしいwww」
助手「どうしよう言われても知らんがなwwww」
助手「まだハロプロ2年ちょいの選手に緊張するなよ、8年選手www」
教授「ってか。ふなちゃん加入直後に、『ふなちゃんとタクシーで一言も話せなかった、どうしよう!』ってやまっきに相談してきた、森戸を思い出したwww」
助手「やまっきって相談されやすい性格なのかしら?ww」
助手「相変わらずおもろいなぁ、フクちゃん」
教授「ハロプロサブリーダーなんやで、この人」
助手「定期的に確認しないと、時々忘れますよね、サブリーダーってことwww」
教授「つか、やまっきとフクちゃんでトークイベントとかやって欲しいな。絶対面白いだろ、このコンビでやったら」
教授「千夜一夜みたいなイベントを、この2人でやって欲しいわ」
助手「あ、でも、なんか。今度のふくむらの部屋に、やまっきがゲストで出るらしいですね」
教授「そうそう。また一時的にハロモバに加入せねばな」
教授「まぁ、話逸れたけど、とりあえず仙台のMCは凄く楽しかったよ」
教授「でも。コンサート自体は、ONE FOR ALL公演の方が好きかも・・・わたし」
助手「フリコピヲタはあっちの方が楽しいですよねwww」
助手「そう言えば、ごっちんゲスト回は参加するんですか??ONE FOR ALL公演だけど」
教授「うーん。相場ぶっ壊れてるけど、ごっちんを観ないと後悔しそうなので、参加すると思うわwww」
教授「スクランブルやられたら、泣くかもしれない。いや、泣くだろwww」
助手「やりそうやなぁ、スクランブル」
教授「ま。とりあえず短いけど、今日の更新はここまでーーーー」
教授「では、ばいちゅん」
助手「ばいちゅん」


☆カントリーガールズで学ぶ、上杉謙信公☆ 〜後編〜


教授「アカン・・・・・」
教授「ダメや。平日に更新したいけど、ガチで平日、しんどい」
助手「ホントに7月以降、酷い状況になってますね、あなたの職場ww」
教授「なにが衝撃って。これでうちの店は、混み具合がマシな方って言う事実」
助手「もっとひどいとこあるの!?」
教授「ただうちは、産休2人いるのに増員して貰えてない上、新人がクッソ無能なのが問題なんだけど」
教授「でも、混み具合はマシな方みたい。酷いとこは、もっと凄まじいみたいで」
教授「冗談抜きでうちの職種、過労死出るんじゃないか・・・これ」
助手「はえー。」
教授「でもさ、よく、マタハラ問題みたいのあるじゃん?産休する女性が叩かれるヤツ」
助手「マタニティハラスメントですね」
教授「コレに関しては、本当は、産休に入っても人員を補充しない会社が害悪なんだけどさ」
教授「それは解ってても、働いてる人間は人員を補充して貰えないので、どーしても、『いつまで産休してるんだろう・・・』って空気になってしまうという」
教授「勿論みんな、ハラスメントになるから、口には出さないけど。なんとなく、うちでも、そう言う空気を感じるww」
助手「補充してくれない会社が悪いのは、みんな解ってるんだけどねwww」
教授「そう。解ってるんだけど、状況が状況だけに、『まだ戻れないのか・・・・(溜息』みたいな空気にはなってしまう」
助手「産休2、無能1はキツいよなぁwww」
教授「勿論、うちは別に、本人にそれで直接文句言ったりとかはないし。みんな心の底では思ってそうってだけなので、ハラスメントはしてないけどww」
教授「ただ。こう言う状況から、マタハラって生まれるんだろうなぁ〜とは思うわ」
助手「本当は補充しない会社が害悪なんですけどね。でも、会社と言う曖昧な存在よりも、目の前の人間に、不満の矛先向いちゃうんでしょうね」
教授「ハロプロでもそうじゃん。本当はクソ事務所が悪いのに、目の前のメンバーに矛先向けられてしまう時あるでしょ?」
助手「そうですね。ジュース入りはクソ事務所の指示なのは解ってるけど、目の前のまなかんに不満が向けられる感じですね」
教授「まなかんの大ファンだった子ですら『まなかちゃん、嫌いになりそう・・・』ってボヤいてたもんな。気持ちは大変解る!」
教授「でも。こういう不満爆発の時こそ、諸悪の根源は冷静に把握しないとね。人を嫌いになってしまっては、自分も損してしまう」
助手「そうですな。あくまでも、カントリーヲタをバカにしくさってる、クソ事務所がゴミクソなんですよね」
教授「どうしてもね、企業とか団体とか曖昧な存在よりも、目の前の人間に不満って向いちゃうけど。やっぱ、不満の元は何かを、冷静に見極める必要がある」
教授「うちの職場でもそう。産休中の人が悪いのではない。人員を補充しないで、欠2のまま仕事させる、この会社がクソである事を把握しないといけない」
教授「わたしはそう思った次第にございます。わかったかな??」
助手「そうですね」
助手「とりあえず、そんなマタハラ問題を本気で考えなきゃいけないほど、あなたの職場の状況がヤバいことだけは解りましたwww」
教授「解っていただけて何よりでございます・・・月咲ちゃん(涙」
教授「つーわけで、今日は。まだ途中だった、コレの更新していいかしら??」
助手「うむ。今回で最後ですね」
教授「では、レッツ謙信公!!!!!」






☆カントリーガールズで学ぶ、上杉謙信公☆ 〜後編〜



長尾景虎から上杉謙信へ

上杉謙信と言うと、みなさんはすぐに『武田信玄のライバルの人!』とピンとくると思いますが。
長尾景虎と言われると、そんなに歴史好きではないと、あまりピンと来ないと思います。
元々、彼は長尾景虎と言う名前だったのが、巡り巡って上杉謙信になります。
では、一体どうして、上杉に苗字が変わったのでしょう??
それは、彼が『関東管領』に就任した事が切っ掛けとなります。

関東管領と言うのは『古河公方(鎌倉公方)』を補佐するための役職であります。
じゃぁ、古河公方(鎌倉公方)とはなんぞや・・・・と言うと、まぁ、解りやすく言うと『東の足利家』です。

室町時代はみなさんご存じの通り、『足利家』が将軍を努めております。
その拠点は室町時代の名が示すように『京都の室町』にありました。
そして室町時代の一個前は『鎌倉時代』。
鎌倉時代は当然、幕府の拠点は『鎌倉』にありました。

では、室町時代に入って、幕府の拠点が京都に移動すると、元々の拠点の鎌倉はどうするの??

というワケで、
今まで通り東も統治するために、鎌倉にも足利の一族が入ります。
それが『鎌倉公方』です。
元々は鎌倉に、東の拠点はあったのです。
こうして、関東地方の支配は、鎌倉公方を中心に行われたのであります。

|||9|‘_ゝ‘)∩<関東の支配、がんばるっちゃ!!!

だが。やがてお約束のように、京都の足利幕府と鎌倉公方で対立が始まってしまい。
一旦、鎌倉公方は滅ぼされてしまいます。
しかし、関東を牛耳ってくれる身内がいないと幕府も不便なので、その後『鎌倉公方』復活が幕府に許されることになります。
それを期に、拠点は古河(現・古河市)に移り、呼び名も『古河公方』へと変わります。
とはいえ、復活を許されても、また権力を持って対立してきても幕府としてはメンドクサイので、
なんかものすごーく規模が縮小され、形だけの『関東公方様』みたいな感じになってしまうのですwww

そして、そんな公方様を補佐するのが関東管領の役割なのですが、
この関東管領は代々『上杉家』が世襲していました。

カガ・Д・)ノ<古河公方さま!補佐しますね!!

|||9|‘_ゝ‘)∩<おぅ、よろしく!!!上杉家!!

しかし、関東管領の上杉家と古河公方(足利晴氏)の連合が、
関東で力をつけた北条家(北条氏康)に纏めてボコられてしまい、関東の支配権をほぼ、北条に奪われてしまうのです。
元々、形だけの公方様と化してた古河公方が、ますます、形だけになってしまいます。

そ こ で !!

関東管領の上杉憲政(のりまさ)が取った秘策が『むっちゃ強いヤツを上杉の養子に向かえて、北条に対抗しようぜ』策!!!
死に体の上杉家は、今、東で話題沸騰の『長尾景虎』を養子にし、彼に関東管領になってもらい、北条をボコり返してもらおうと考えたのです。

カガ・Д・)つ<今日からお前は、ワシの養子だ!!!

カガ・Д・)ノ<上杉を名乗るがよい!!関東管領の役職も任せた!!!

そんな上杉家からの要望に対し、長尾景虎は素直に受け入れるのでありました。

川∂_)∂リ∩<おかのした!!!

川∂_)∂リ<北条は必ずボコり返します!!!

そう。長尾景虎は野心家ではなく、物凄く幕府に忠誠誓うタイプなので、
古河公方と関東管領をまとめてボコった北条家に「は??なにやってんの?お前ら??無礼じゃね?」って気持ちを抱いていたし、
その古河公方様と関東管領から頼られるのは、景虎にとっては、名誉な事でもあったのだと思われます。
長尾景虎は上杉家の養子に入り、『上杉』の姓をもらい、そして上杉憲政の『政』の字も貰って、『上杉政虎』と改名します。

川*∂_)∂リつ<北条め!!覚悟しろ!!!!

こうして、上杉政虎と北条との因縁はスタートしたのです。
そして関東管領の名のもとに、北条をボコって、前回お話しした『小田原城攻め』まで辿りついたのでありました。
ちなみに、せっかく上杉憲政から『政』の字を戴いて『政虎』と名乗ったけど、後に将軍・足利義輝から『輝』の字を賜ったので、わりとすぐに『上杉輝虎』に改名しちゃいますww
まぁ、関東管領よりも将軍様の方が上やから、しゃーないwww

さらに晩年は、最も有名な『上杉謙信』という名になります。
この謙信と言うのは法号であり、正式には、不識庵謙信。仏門に入ったって事ですね。
昔、お寺に入れられてたこともあり、元々信心深い人であり、『毘沙門天』を特に信仰していたのは有名なお話し。
でも、別に隠居したワケではなく、その後もフツーに戦とかしております。
ちなみに、上杉輝虎のままだったら、なんかフツーな感じがするけど、『上杉謙信』って名前だと、断然カッコイイ気がする。
それは武田も同じで、武田晴信だと凡庸キャラって感じだけど、武田信玄だと超〜強キャラ感あるので、法号ってカッコイイな。



〇出家・ひきこもり騒動

そんな信心深い上杉謙信ですが、信心深さがメーター振り切って、
ある日突然「出家するので、もう、お寺に入るわ、オレ」とか言い出した時がありますwww

当時、武田との戦(川中島の合戦)も、第1次〜3次と引き分け続き。
魚津からも上杉からも村上からも「タスケテー」と泣きつかれる。
北条はムカつく。その上、部下は裏切ったり文句言ってばっか。

ムスo・x・)<ハァ〜。無駄な戦続きでメンドイわ〜。

川ヤ;。・v・。ナ∩<無礼な!!!無駄とはなんだ、無駄とは!!

ムスo・x・)<せやかて、武田との戦、膠着続きやん・・・。

ムスo・x・)<無駄な戦はやめて、たこ焼きでも食って、暮らしたいやろ?あんたも??

川ヤ;。・v・。ナ<そりゃまぁ、平和が一番だけど。動乱の世だし、しょうがないじゃん。

親の心子知らず。
景虎は一生懸命に越後の為に頑張ってるが、
そんな気持ちもつゆ知らず。
部下はわがままだわ、中々平和は訪れんわ。

川;∂_)∂リ<・・・・・・・・・・。

川;∂_)∂リ<もう、出家する。

ムスo・x・)<・・・・・・・。

ムス;o・x・)<はい???

川;∂_)∂リ<高野山で坊主になる。あとは、みんなで頑張って。。

川∂_)∂リ∩<ばいちゅん。



ムス;o・x・) 川ヤ;。・v・。ナ     ===========川∂_)∂リ



ムス;o・x・) 川ヤ;。・v・。ナ<・・・・・・・・・・・。

Σムス;o・x・) Σ 川ヤ;。・v・。ナ<ばいちゅん・・・・・って!!!!!


私たちにもあるじゃないですか??
あーもう!会社なんて投げ出して、アルプスで動物飼って暮らしたい!!って思う時がww
彼もまさに、そんな感じだったのでしょう。
「ばいちゅん」と言い残し、春日山城から、高野山に出奔してしまったのです。
大混乱を起こしたのは家臣団。
長尾政景も、大慌てで景虎を探しに西の方へ飛んで行きます。

ムス;o・x・)<マジ、勘弁なんですけど!!!

川ヤ;。・v・。ナ<政景様が文句ばっか言ってるから、景虎さま、キレちゃったんじゃん!!!

川ヤ;。・v・。ナつ<見つかんなかったら、あなたの責任ですからね!!

ムスl|lo・x・)<んな、ムチャな!!!!

ムス;o・x・)∩<あーもう!!ホンマごめんなさい!!もう、戦、イヤとか、ワガママ言わんので戻って来てー!!!

川ヤ;。・v・。ナ<景虎さまーー!!!大好きなかえるまんじゅう、用意しましたよ!!!戻って来てー!!!

こうして2か月ばかり探しまくった結果。
葛城山に籠っていた景虎を発見。
半泣きになりながら、政景たちが懇願し、ようやく景虎は戻ってくれることになるのでした。
でもまぁ、結果的に。ワガママ放題だった部下たちも、文句を言わなくなったので、
会社で部下のワガママに困ってる上司は、一度景虎を見習って、出奔してみるのも手かもしれませんね☆


〇宇佐美定満と長尾政景の死

長尾政景 ムスo・x・)は、ここでも何度か描いておりますが、彼は上田長尾家の人間であったため、
元々、長尾晴景派だったりと、景虎派の人間ではありませんでした。
景虎が越後の守護になった時も、プンスカして反乱を起こしてるぐらいです。
しかし、嫁が景虎の姉である綾御前であることもあり、反乱を許されて、家臣の一人になりました。
だが、本当に心の底から服従しているのだろうか・・・・それは誰にも解らなかったのです。

そんなある日の事でした。

川ヤ。・v・。ナ∩<うちの居城においでください。政景さま。

川ヤ。・v・。ナつ<舟遊びの会をしますので、是非とも!!

ムスo・x・)<ホンマに!?

ムスo・x・)∩<むっちゃ楽しそう!!行くわ行くわ!!

こうして、宇佐美定満の居城のある野尻城へお呼ばれした政景。
宇佐美はご招待した政景の為に、野尻湖で舟遊びの会を開くのでありました。
船に乗りながらお月見をして、お酒を飲むと言う趣向に、政景は大満足です。

ムスo・x・)<いいねー!!風情あるわ〜!!!サンキュ、定満!

川ヤ。・v・。ナ<・・・・・およろこびいただけてなにより。

ムスo・x・)<そういえば、あんた最近、体調悪いみたいやけど。平気なん??

川ヤ。・v・。ナ<まぁ、年ですからね〜。

川ヤ。・v・。ナ<さいきん、ちょっと、病気がちですね。長くないかもです。

ムスo・x・)<人生3週目やしなぁ。

最近、宇佐美が病に臥せっていると聞いていた政景は、
自分の為に舟遊びの会を開いてくれた宇佐美の体調を案じてあげるのでした。

ムスo・x・)<今日はこうして歓迎してくれて嬉しいけど・・・あんまお酒飲んだり外出たり、無理しちゃダメやで。

ムスo・x・)<さいきん、年寄りの熱中症、流行ってるしな。

ムスo・x・)つ<明日はゆっくり、家で寝てるんやで??

川ヤ。・v・。ナ<そうですね。案じて頂き、ありがとうございます。

川ヤ。・v・。ナ<・・・・・・・・・・・。

川ヤ。・v・。ナ<ですが、もう、明日はないんですけどね。わたしには。

ムスo・x・)<・・・・・へ???

その瞬間。
野尻湖に浮かぶ船は、ガクンと大きな音を立てます。
「え?」と思って政景が振り返ると、船は船底に穴をあけられ、浸水を始めたのであります。

ムスo・x・)<え・・・・・・・・・・。

ムスl|lo・x・)<ちょっ!まっ!!!何が起きた?!!!浸水してる!!!

川ヤ。・v・。ナ<・・・・・・・・・・・・・。

川ヤ。・v・。ナ<最後にやさしくしないでくださいよ。ちょっと、躊躇っちゃったじゃないですか。

ムスl|lo・x・)<は?何が??なんの話???

ムス;o・x・)つ<それより、浸水!!浸水してるから!!!

川ヤ。・v・。ナ<あなたを助けちゃおうかな・・・・って。

ムスo・x・)<・・・・・・・・・・・・。

ムスo・x・)<なん。。て??

川ヤ。・v・。ナ<もうね。わたしは病で余命いくばくもないんですよ。

川ヤ。・v・。ナつ<だから、どうせ死ぬなら、禍の芽を摘んでおきたかったんです。

川ヤ;。・v・。ナ<景虎さまに反旗を翻すかもしれない輩の、禍の芽を。。

ムスo・x・)<・・・・・・・・・・・・。

ムス;o・x・)<オマエ。まさか・・・・・。

元々、あまり関係の良くなかった政景を暗殺すれば、『きっと長尾景虎が暗殺したんだ』と世間に悪評がながれてしまうかもしれない。
しかし、景虎が信頼している、忠臣の宇佐美定満も一緒に『船で事故死』すれば、
まさか、忠臣の宇佐美を巻き添えにするとは思えず、世間も、あくまでも事故として捉えるであろう。

ムス;o・x・)<景虎の密命か・・・?

川ヤ。・v・。ナ<そんなワケないじゃないですか。景虎さまはお人よしですもの。

川ヤ。・v・。ナ<わたしの独断です。

川ヤ。・v・。ナ<そして、これが私の、最後のご奉仕です、景虎さま。

川ヤ。・v・。ナ<ばいちゅん。

ムス;o・x・)<ふ、ふざけっ・・・・・じょ、じょうだんやない!!

ムス;o・x・)<こんなトコで死ねるか!!!

川ヤ。・v・。ナ<もう、無理ですよ。湖のど真ん中ですから。

川ヤ。・v・。ナつ<さぁ、わたしと一緒に湖の藻屑となり、最後に、やなふな萌えの伝説となりましょう!!ふなちゃん!!

ムス;o・x・)∩<冗談じゃない!なんやねん、この、やなふなヤンデレ心中展開は!!!誰得やねん!!!

ムス;o・x・)<こんなやなふな、誰が喜ぶんじゃーーーーー!!!!

こうして。
舟遊びの最中に、2人の乗った船は転覆。
宇佐美定満と長尾政景の二将は、湖に消えるのでありました。
勿論、この事故は、あくまでも「事故」として伝えられていますが、
「長尾政景を抹殺するために仕組まれた」と言う、このような陰謀説も囁かれているのでした。



武田信玄と上杉謙信

川中島の戦いと言うと、誰もが知っている戦いですが。
実は5回行われています
その中で、特に有名な川中島の戦い(一般に知られる、川中島の戦い)が、第4次です。
上杉謙信が小田原城を包囲した頃、謙信の不在を見計らって、武田信玄が動きを見せます。
(この頃は上杉謙信と武田信玄の名前じゃないけど、めんどくさいので、謙信と信玄表記にします)

川中島の辺りに海津城を築き、上杉攻めの足掛かりを作った武田信玄。
その海津城を潰すために、上杉は妻女山に布陣します。
一方の武田は、茶臼山に布陣します。
この状態で膠着状態が続く中、山本勘助は一計を案じます。

リ*^皿^)<妻女山の上杉の陣に攻撃をしかけよう!!

リ*^皿^)<こちらが負ければ当然、上杉は山を下って攻めてくるでしょ?

リ*^皿^)<こちらが勝っても、上杉は山を下って逃げるじゃん。

リ*^皿^)つ<その山を下ってきた所に兵を待ち伏せして、一気に滅ぼすのはどうかな??

チo^-^)<いい、それ!!!

チo^-^)∩<おぜちゃん・・・・・じゃないや、勘助、天才じゃん!!!

これが有名な『きつつき戦法』です。
この作戦を採用し、武田信玄は妻女山へ『高坂昌信・馬場信房』らを攻め込ませます。
そして、妻女山を下った所にある八幡原に、武田信玄や山本勘助らが布陣します。
高坂らに妻女山をつっつかせ、降りて来た八幡原で、上杉を囲んでボコるつもりでした。
しかし、そう簡単に行かないのが、上杉謙信の強い所・・・・。
妻女山から海津城を見下ろしていた謙信は、ある事に気づきます。

川∂_)∂リ<海津城・・・・。

川c ’∀’)<ほい??

川∂_)∂リつ<炊煙、多くない?

川c ’∀’)<・・・・・言われてみれば。

川∂_)∂リ<明日あたり攻めてくるつもりだね。ココに、きっと。

川c; ’∀’)<え?向こうから仕掛けてくるんですか??

川*∂_)∂リ<フフ。ならば、妻女山は空にしよう。

川∂_)∂リ<夜陰に乗じて、こっそり下山。八幡原に進軍!!!

武田の奇襲に気づき、上杉は夜陰に乗じて妻女山の陣を捨てます。
そして、八幡原に武田が布陣していることに気づき、八幡原にこちらから先に奇襲をしかけるのでした。

川∂_)∂リ<妻女山がもぬけの殻と気づけば、武田の別動隊は急いで八幡原に駆けつけ来る。

川∂_)∂リつ<村上は戻って来た別動隊を待ち伏せしてて!!

川c ’∀’)<おかのした!!!

川∂_)∂リつ<こちらは全軍、八幡原に待機している武田の本陣に突撃!!!

夜のうちに、こっそり降りて来た上杉軍。
天は彼らに味方したのか、朝方は今度は深い霧が八幡原を覆いつくし、
武田はまったく、上杉の存在に気づいていなかった。
上杉は霧の中八幡原に布陣を開始した。
そして、霧が晴れた瞬間。武田軍は目の前に、妻女山にいるはずの上杉軍がいる事に、初めて気づくのでした。

チ;o^-^)<ちょっ!!!!

チ;o^-^)<なんでいるの!!?上杉!!!え?!!!!

リ;^皿^)<ワープ?ワープ?!上杉、ワープしたの!?

チ;o^-^)∩<ワープなんて、チートすぎなんだけど、上杉!!!

そして、真っすぐ攻め込んでくる上杉軍に、武田軍は大混乱。
とりあえず応戦はするものの、圧倒的に武田は劣勢となります。
大混乱の状況は、武田信玄の本陣にまで及びます。

チ;o^-^)∩<ちょっと?!ねちん。戦況は平気?勘助どこ行ったの!?大丈夫??

从*‘. 。‘*)<だ、大丈夫かな?勘助。状況がわからなくて。

チ;o^-^)<うーーーん。心配だなぁ。

チ;o^-^)<大丈夫かな?勘す・・・・・。

チo^-^)<・・・・ん?誰か来た。

チo^-^)<勘助?


川∂_)∂リ<・・・・・・・・


チo^-^)<・・・・・・・。

Σチ;o^-^)∩<誰?!!!!

本陣に現れた、謎の騎馬武者。
馬に乗ったまま、剣を振りかざし、突撃してきます。
椅子に座っていた信玄は、慌てて軍配を振り上げ、その剣を受けるのでした。

チ;o^-^)つ<だ、誰?!何者?!!

从;*‘. 。‘*)<信玄さま!!!!

从*‘. 。‘*)∩<みんな!!変な人が本陣に!!!

川;∂_)∂リ<・・・・・ッチ!!!もうちょっとだったのに!!!

こうして騎馬武者は馬を翻し、武田の本陣を去るのでした。
その後、武田信玄に剣を振るったのは、上杉謙信本人である事が解ります。

これが超絶有名な、川中島の戦いの名シーンです。

そして、
この戦いにより、武田は大打撃をくらい、山本勘助はこの戦いで命を落としてしまうのでありました。

チo;^-^)<勘助ーーーーーーーー!!!!!!




というワケで、
川中島の戦いを最後に、このシリーズは終了!!
ホントはこの後も色々あるけど、キリないのでwww
みなさん、私の趣味にお付き合いいただき、ありがとうございました!!




ざつだん



教授「うえぇええん」
教授「月末月始、忙しいよぉぉおおお!!!」
助手「まぁ、月末月始はしゃーないですね」
教授「ホント無理。マジ辞めてぇ・・・・」
助手「ところで、新人、どーなりました??」
教授「あん?そらもう、相変わらずのクズっぷりよ???」
助手「まだいるのねwww」
助手「もう、新人でもないんですけどね」
教授「2月からだから、全然新人じゃないんだけど、相変わらず新人以下のやらかしっぷりよ」
助手「最近のクズ逸話、なんです??」
教授「いっぱいありすぎて、ドン引きするぞ!!!www」
助手「マジか?www」
教授「あのですね。昨日、また新人がやらかしまして。」
教授「新人がお客さんから本来の金額より安く貰っちゃったんだよ・・・」
助手「あっちゃー。最悪」
教授「だが。なななんと!!お客さんがわざわざ『料金安かったけど、合ってます?』って電話連絡くれて!!」
助手「なんですってーーーー!!!!」
助手「安くなってたのに、向こうから、わざわざ連絡くれたの!?神じゃん!!!」
教授「神だろ?なんて善人なんだー!!って私は思った」
教授「で。ヤツが担当だったのでヤツが電話で変わったのだが・・・」
教授「なんとヤツは、わざわざ料金安かったのに電話をくれたお客さん相手に、『じゃぁ、持って来てもらえますか?』とwwww」
助手「ウソでしょ??wwwwww」
助手「安かったのにわざわざ申告してくれた上、お金まで払ってくれる神相手に、取りに行かないで、オマエが持って来いと?!www」
助手「お前がミスったのに??このクソ暑い中??持って来いと???www」
教授「その瞬間。周りで電話の内容を聞いてしまったみんなが、一斉にドン引いたwwww」
助手「そら、ドン引くわ」
助手「え?ど、どうなったんですか??それで・・・・」
教授「そしたらあのバカ。上司のトコに来て、『なんか、お客さんが持って来てって言ってるんですけど・・・・』と、さも、お客さんがワガママ言ってるかの様な仏頂面で報告してたww」
助手「これは頭オカシイwww」
助手「お客さんがワガママなんじゃない。ミスったんだから、フツー、お前が持って行け!!」
教授「優しいOLさんとかなら、『こっちが持って行きますよー』ってなるパターンもあるが、それは向こうから気を使って言ってくれた時であって」
教授「ミスったのに、こっちからお客さんに『持って来て』と言うな!!!」
助手「ヤバい。頭おかC・・・・」
助手「ってか。絶対お客さん、怒ってるよね。それwww」
教授「怒るだろ。。こっちが困ってるだろうなぁ・・・と気を使ってくれて、わざわざ『値段安くなってましたよ』と連絡くれたのに」
教授「『じゃぁ足りない分。窓口に持って来て』とか、こんなん、誰だって怒るわ」
教授「特に今週は、クッソ暑かったのになぁ・・・・」
助手「ツワモノすぐるwww」
助手「え?で、最終的にどうなったんですか??」
教授「上司が速攻で電話変わって、上司が速攻で取りに行ってあげてたwww」
助手「上司wwww」
助手「もう。アイツに行かせろよ!!甘やかすなよ!!!」
教授「でも、アイツに行かせると、届け先でも頭おかCこと言って、大クレーム起きそうなのでしゃーない」
助手「まぁ、それもそうかwww」
助手「いやぁ。凄いなぁ・・・・」
教授「さらに凄いのは、戻って来た上司に、お礼ひとつ言わないからね??ww」
助手「凄いわーーー!!!!www」
助手「暑い中、行ってくれて。しかも謝ってくれたんでしょ?」
教授「フツーは『ありがとうございました』の一言ぐらいあるわよねぇ。もう、人間性がおかしい」
教授「昨日は全く別のミスやらかしたんだけど。上司に状況聞かれたら、言い訳しまくった挙句に逆ギレしてたし。。。」
助手「す。 凄すぎる・・・・」
教授「で。今日は更なるクズエピソードがあったんだけど、それはヤバすぎて書けないレベル」
助手「な・・・・なにが起きたのだ・・・・・」
教授「追って沙汰する!!」
助手「ふむぅ。しかし凄いなぁ。。やらかしも凄いけど、クズっぷりが凄いですよね」
教授「毎日なにかしらのミスをやらかすのよ。でも、歴代でやらかし属性の子はいたんだけど・・・」
教授「うちの新人の最悪な所は、やらかした後だね。『ウソをつく』『謝らない』『逆ギレする』『言い訳ばっかり』『お客さんのせいにする』な所なの」
教授「やらかし属性でもさ。ちゃんと謝ったり、それ相応に落ち込んだりしてくれればカワイイのに。もう、保身ばっかり」
教授「だって、お客さんが目の前にいるのに『なんかお客さんが、○○したので』とか、お客さんのせいにした言い訳を放ってくるのよ?ww」
助手「頭沸いてるwww」
助手「せめて後でいいわけしようよ。目の前でお客さんのせいにしないでよwww」
教授「もうね。無能な新人ってだけでツライのに。プラスαで、人間性がクズすぎてダメ」
教授「人生で初めて『コイツの親の顔がみたいわ・・・』と思ったよ」
教授「『親の顔がみたい』ってフレーズがあるけどさ、今までは『言うて、親の顔みたところで、どーすんだよ?』って思ってた節あるんだけど」
教授「今なら解る。『親の顔がみたい』わwww」
助手「身をもって、先人の残した言葉の真意を知る羽目にww」
助手「しっかし。ホントに、あんたんとこの親分。新人ガチャの引き、サイアクですね」
教授「前回の嘘ついて休みまくりの新人の方がマシだったかも。ぶっちゃけ、休みまくりなので、ある意味楽だったし」
助手「いないものと思えばよかっただけですもんねww」
教授「出勤しないクズより、毎日出勤するクズの方がしんどいのが解ったわ」
助手「そんな真実、解りたくもなかったですよねwww」


続きを読む

カントリーガールズで学ぶ、上杉謙信公 〜中編〜



教授「ひぃいいいいい!!!」
助手「ど、どうしたんですか???」
教授「マギレコの新イベントで、11話の演出を変更ってお知らせに書いてあったからさ」
教授「何が変更されたんだろう?と思って、観に行ったら・・・・」
教授「磯幽霊の例の恐怖シーン。唐突にボイスが追加されて、恐怖で腰抜かしたわ!!」
助手「すげぇwww ボイス入れてきたのか?ww」
教授「しかも磯幽霊に見つかって『あなた・・・・見えてるの?』って問いかけられるシーンだけ。いきなり音声流れてビビった!!」
助手「ほんと、マギレコは、こーゆーとこ凝ってるよなぁwww」
助手「今回のイベント、超〜面白いですよね。怖いけど」
教授「うむ。面白いし、魔女文字が表示されるシーン。感動してしまった」

Screenshot_20180726-235000

教授「ほむら、ほむら、おきて、ほむら、おきて」
助手「ここ!!誰がほむらちゃんを守ってくれたのかを察すると泣ける!!!」
助手「メルちゃんやかなえの様に、ほむらちゃんの中で生きてるんやなぁ。黒ちゃん。ぐう泣ける・・・」
教授「ってゆっか。魔女文字がフツーに読める自分が、ちょっとキモいと思ったわwww」
助手「まどマギを愉しむ上で、魔女文字の履修は必須科目ですからなwww」
教授「昔にダウンロードした魔女文字フォントも、ちゃんとPCに入ってるで」

majomoji
教授「カントリーメンの名前を魔女文字にすると、こーなる」
助手「おぉ。魔女文字にすると、カッコイイ!」
助手「ってか。やなみんってこーやってみると、母音が『A』だらけなんですねwww」
教授「ほんとだ。今まであんまり気にしてなかったけど、こーやってみると、母音がAだらけやwww」
教授「そして・・・・このあとは例の『上杉謙信公を学ぶ』コーナー!!!」
教授「中編です!!!!」
助手「まさかの前中後編!!!wwww」
教授「上杉謙信公がたった2回で学べるわけなかろうぞ!!!(キレッ」
教授「つーわけで。、ではみなさん、レッツ謙信公!!!」


続きを読む

ハロコン行って来た

教授「どもー」
教授「土日は名古屋に行ってました!!」
助手「暑かったよねぇ〜!!!」
教授「ヤバかったぁああああああああ」
教授「最初、天気予報で、名古屋は最高気温38度って書いてあって『やばぁ・・・』って思ってたんだけど」
教授「翌日に観たら、どうも、22日の名古屋は39.5度まで、MAX上がってたらしい・・・」
助手「インフルエンザやん!!!!!」
教授「ほんと、それ!!そんな数字、インフルでしか見た事ないわ!!ww」
教授「ちょっと歩くだけで、汗ダラダラでヤバかった・・・・」
教授「なのに、何故私は、開演前に熱田神宮に行ったのか」
助手「自ら死にに行くスタイルwwww」
教授「本当に熱かった。熱田なだけに・・・・」
教授「でも。清水社の水が、ほんと、冷たくて気持ち良かったよ」
教授「そう言えば、熱田神宮と言えば・・・

DSC_1338

教授「手水の辺りに、何故か、雄鶏がいたwww」
助手「超〜〜〜デカ!!!!」
教授「少し小さめの中型犬ぐらいのデカさがあったぞ。ノド渇いてたのか、水を飲みに来たみたい」
助手「熱田神宮で飼ってるのかしらね?」
教授「以前から住み着いてるらしい。なんか調べてみたら、神鶏様と呼ばれてるみたい」
助手「はえー。そうなんかい??」
教授「日本神話の中で、鶏は神聖な生き物であり・・・」
教授「天照大神が天岩戸に引きこもった時に、神々の作戦の1つとして、鶏を鳴かせることで、アマテラスに岩戸から出て来て貰おうとしたらしい」
教授「鶏が鳴くと夜明けの合図じゃん?そこから発想が来てるみたい」
助手「あ、なるほど!!!」
教授「まぁ、最終的にはアメノウズメが踊る事で、出てきてくれたんだけど。作戦の1つが鶏だったみたいね」
助手「熱田神宮はモロに天照大神が祀られてますからね。なるほど。だから鶏がいるのかぁ・・・」
助手「日本神話、おもろいなぁ」
教授「前に来た時は、お見かけしなかったから。なんかラッキー!!」
助手「熱田神宮、来た甲斐、ありましたね。暑い中」
教授「うむ!ホントは白鳥古墳の方まで行ってみたかったんだけど、39.5度の暑さで、行く気力もなく、あちしは死んだ・・・」
助手「仕方ない。その気温では、致し方ないwww」
教授「名鉄の神宮前駅の駅ビルで、昼飯食べて、涼みました・・・・」
助手「白鳥古墳はヤマトタケルの古墳でしたっけ?近いんですか??」
教授「地図で見たら、熱田神宮から200メートル程度みたい。超近いけど、あの暑さで200メートルも歩きたくなく、候」
教授「まさに、『空は行かず 足よ行くな』の気持ちであったわ。」
助手「古事記ですな」
助手「ヤマトタケルは死んだあと、白鳥になったんですよね」
教授「その飛んでいく白鳥を、妻と子が追い続けるが、浅い篠が生い茂る原っぱに差し掛かり、篠が体に絡まり前に進めない。」
教授「白鳥は空を行くのに、自分たちは空を行く事が出来ない。足で行くしかない・・・」
教授「そんなやるせぬ気持ちを歌った歌が、古事記にある『浅小篠原(あさしのはら) 腰なづむ 空は行かず 足よ行くな 』でござる」
助手「エモいなぁ・・・」
教授「死者との別れの切なさが、美しく悲しくエモく詠われてるよな」
助手「死んで白鳥になったヤマトタケルが祀られてるので、白鳥古墳って名前なんですね。納得」
助手「しかし。この流れでまさか、古事記の一説を学ぶことになるとは。。。」
教授「当ブログは、日本の歴史とカントリーガールズのエロカップリングを学べるブログでございます」
助手「この2つが共存しているの、ホント、草なんですケドwww」
教授「あと、名古屋と言えば・・・・」

DSC_1331

教授「かえるまんじゅうのミルク風呂だな!!!」
助手「出た!!!wwww」
教授「名古屋に行ったら、必ずこれを頼む、ヲタ活動!!」
教授「ミルクセーキの上にかえるまんじゅうが浮いている、投げやりスイーツ!!」
助手「投げやりだけどカワイイよね、これ」
教授「暑かったけど、コンサート含め、充実した土日でござった」
教授「あ。ちなみに。写真を上げついでに・・・・・」

DSC_1322

教授「先週撮った、フォトジェニックなスカイツリー!!」
助手「夕日が美しい!!」
教授「地元からとったでございます」
助手「実にインスタ映えだね、月夜ちゃん!!」

続きを読む

雑談

教授「はい、どーも。」

教授「今、名古屋遠征のホテルの部屋でマギレコやってたんだけど。。」

教授「今回のシナリオ、夏だからか怪談風になってて、くっそ怖いんですけど!!!www」

助手「ほのぼの見滝原組シナリオだと思いきや、まさかのホラーww」

教授「犬カレーの時点で、ただのホノボノじゃないと、疑っておくべきじゃった」

教授「勘弁してくれよ。今、ホテルの部屋にひとりぼっちなのに、怖くて電気消せなくなったじゃねぇか!!ww」

教授「怖いから、ブログ書いて、気を紛らわせる作戦」

助手「今日はシナリオ進めるのやめて、明日にしましょうww」

教授「怖いから、明日、ヲタだらけの会場の中でマギレコやるわww」

教授「ヲタだらけの中には、さすがの磯幽霊も出ないじゃろ」

助手「幽霊もあんな空間に混ざりたくなかろうもんww」





◯雑談

助手「いやーしかし。名古屋は熱いっすねぇ」

教授「熱い!!これはジャパニーズクレイジーだわ!!」

助手「アフリカ人もどん引きますわなww」

教授「でも、やっぱ楽しいな。ハロコン。つか、カントリーの新曲衣装、めっちゃかわいい」

助手「ねー。可愛いよね」

教授「曲もいい感じ。ジャズっぽいって書いてあったからどーかな?って思ったが、可愛さもある良曲」

教授「ってか。セトリバレしないで行ったんだが、中々衝撃のセトリだったわ」

助手「新ユニットの曲、衝撃よねえw」

教授「面白かったけど、どーしてこーなった?ww」

助手「でも、かなり人を選びそうなセトリよね」

教授「私はチョー楽しかったけど。全然盛り上がってないヲタも多かったし、好み分かれそうねー」

教授「新曲大会と懐メロ大会だから、新規の子とか、盛り上がり様もないきがするわ」

教授「そう言えば、ちゃゆとしみさきちゃん。最高の選曲だったな!」

教授「ララピピ可愛かったー」

助手「やまっきがMCで戻ってくるなり、ちゃゆの可愛さに動揺してましたよねww」

教授「あれは動揺するよ。全然劣化してないもん。さすがすわ」

教授「しみさきちゃんも、相変わらずめちゃカワだしな」

助手「LYTMやってくれるとは、しみさき先生。解ってらっしゃる!!」

助手「熊井さん、明日、なにやるかなぁ?」

教授「安心感かPARTYTIMEだよww」

助手「最近見てないけど、あえて言う。。またかよ!!ww」

教授「熊井ちゃんが安心感をやると言う安心感ww」

教授「で。まいみちゃんは、夏ドキでしょ?」

助手「あんたは、やじくまを何だと思ってるんだww」

教授「しかし。。」

教授「マギレコの磯幽霊のせいで、目が冴えて、ねれなくなったじゃねぇか!!プンスコ」

教授「2時半なのにぃ!!」

助手「マギレコのツイッターで、みんな怯えてますもんね。あのシーンww」

教授「後編怖そう」

助手「カントリーってみんな、怖いの苦手なのかな?」

助手「山木の惨状は存じてますが。むすぶとか」

教授「前に握手会で聞いた気がする。苦手って言ってた様な。。」

教授「むすぶは強そうな性格に見えて、意外と泣き虫だったり。大胆不敵に見えて、意外とチキンなトコがかわいいよな」

教授「牧場で豚さんにチョービビってたもんな」

助手「案外ポンコツですよね。ふなちゃんってww」

助手「カントリーを全員まとめてお化け屋敷にブチ込んだら、おぜちゃんしか機能しなさそうww」

教授「でも、もりとちは、周りが強い人だったら、怖がって周りに助けてもらいそうだけど」

教授「他のみんながポンコツだったら、自分は頑張って、みんなを守ってくれそう感がある」

助手「あー。もりとちはそーゆーとこ、ありますよね」

教授「りさちぃでブチ込んだら、やまっきを守ってあげそうだけど。おぜちぃでブチ込んだら、おぜちゃんに甘えそう」

教授「ふなちゃんは、人の背中の裾をギュッと掴みながら、目を見開いて、キョロキョロしながら人の後ろをついていくイメージ」

教授「で、やなみんは。無理ー!って叫びながら、相手の腕にしがみつき、周りを見ない様にして進むタイプ」

助手「ふなちゃんは怖いと逆にキョロキョロするタイプで、やなみんは、見ない様にするタイプなのねww」

助手「で。山木は発狂型ww」

教授「入って3秒で永久的狂気になるのが、やまっきww」

助手「そして。おぜちゃんは、須藤茉麻型ですねww」

教授「須藤茉麻もイケメンだったよなぁww」

教授「あ、でもなんか。ちょっと眠くなってきたわ。良かった」

教授「電気とテレビつけたまま、寝よう!!」

助手「まさかマギレコで、こんな羽目になるとはww」

教授「いや、ツイッターで、みんな『怖い!』って書いてたんだけど、まぁ言うて、そんなでもないだろ?と思ってたら」

教授「BGM含めて、ガチ怖かったわww」

助手「でも、面白いですよね、シナリオ」

教授「チョー面白い。続き気になるわー」

教授「ハロメンも誰か、マギレコやんないかなぁ?ww」

助手「まどマギ好きのかなともあたりは、やって欲しいよねー」

教授「ねー」

教授「ま、とりあえず今日はここまでー。ばいちゅん」

助手「ばいちゅん」


最近のざつだん



教授「た、たいへんだーーー!!」
助手「どうしました?」
教授「マ・・・・」
教授「マギレコのイベで、眼鏡ほむらちゃんの眼鏡なしバージョンが出て来たぞ!!!」 
助手「・・・・・・・・???」
助手「眼鏡ほむらちゃんの眼鏡なしバージョンって、つまり、クールほむらちゃんなのでは??」
教授「ちげーよ!!性格はメガほむのままで、クーほむじゃないのに、眼鏡をかけてない状態が出てくるんだって!!」
教授「メガほむ(眼鏡なしバージョン)ってことだよ!!!」
助手「な、なるほど!ややこしいけど、それはありそうで、今まで公式で出てこなかったパターン!!!」
助手「二次創作では王道のパターンでしたよね」
教授「そうそう。二次創作では、メガほむが眼鏡とった時に、まどかに『わぁ。ほむらちゃん、眼鏡取ると大人っぽくて綺麗!』って言われる展開は割とあるんだが」
教授「公式のメガほむが眼鏡取るのは初めて観た。中々、感慨深いな・・・・」
教授「まぁ、取ったと言うか、マミさんのティロフィナーレ(ビーチバレーバージョン)を食らって、吹っ飛んだんだけど。。。」
助手「マミさん、勘弁してくださいよwww」
助手「つーか、そこまでですでに、神イベの予感ですね・・・・・」
教授「うむ!!明日の新幹線でウッキウキでやろっ!!」
助手「あ。そう言えば明日は名古屋ですね」
教授「せやで!!あーしーたーは―名古屋遠征!!!」
助手「アフリカ人が余りの暑さに『ジャパニーズはクレイジー』と言ったと言う、名古屋ッスね・・・」
教授「暑そう。。しかし名古屋遠征は、あの暑さが楽しいのですよ」
教授「うおぉおお!!夏ハローーーー!!!あっつーーーー!!!って気持ちになる」
助手「年々、暑くなってますよねぇ」
教授「だってさ、数年ぐらい前とかは『は?33度!?そんなの無理じゃね?!!!』って思ってたのに・・・」
教授「今は最高気温33度って、比較的、雑魚の部類よねwww」
助手「全然雑魚じゃないハズなのに、雑魚に思えてしまうのが怖い。。」
助手「京都さんなんて、1週間の予報で、38度を切る予報がなかったぜ・・・・」
教授「マジか。京都さん・・・・ファイ・・・」
教授「祇園祭の中継を録画してたので、さっき観たんだけど・・・」
教授「お稚児さんが、顔、死んでたもんな」
助手「そりゃぁあの暑さじゃねぇ。でも、祇園祭の山鉾に乗れるとか、凄い名誉な事だろうから、暑くても辞められんよねww」
教授「お稚児さんもファイッ!」
教授「しかし。こんなに暑いのに、グッズにうちわを出さないのは、ホント、無能なんですケド・・・クソ事務所」
助手「絶対バカ売れなのにね。うちわ出したら、この暑さなら!!」
教授「前にうちわ売ってた頃、あまりの暑さに、大阪でうちわ買ったのに、名古屋でまた買ってしまったぐらいだからなww」
教授「ペンライトケースより実用的やわ」
助手「つーか、ゲースを売るならペンライトも売りなさいよwww」
教授「でも、現場から遠ざかってたので、久々に楽しみだな」
助手「どんなセトリですかねぇ」
教授「アルフォーが入ってる事だけは、ネタバレを観ずともツアー名から察してるwww」
助手「これでOPがブス哲だったら、みんなでドンガラガッシャンですよねwww」
教授「つーか。アルフォーのオリジナルメンバーって、もう1人もいないのか・・・・・」
助手「!!!!!!!!」
助手「そっか。パイセンがアルフォーメンバーのラストサムライだったんですもんね」
教授「そう考えると、なんか、感じ入るものがあるな」
教授「あ。そーいえば、脱出ゲーの第2弾をやってくれるみたいね!!やまっき!!」
助手「そうそう!!あれ、むっちゃ楽しかったから、楽しみですね」
教授「月末だけどな・・・www」
助手「うーん。もうちょい、いい日はなかったのかなぁ・・・www」
教授「月末に時間休は不可能なので、二公演目しかねぇな。当たるといいのだけど・・・ふゆぅ」
助手「ねーーー」
助手「そう言えばスマフォケースは引き取りました??」
教授「引き取った引き取った!!さっそく使ってる!!!!」
教授「チョーカワイイ。職場の後輩も、『むっちゃカワイイじゃないですか!』って言ってたわ」
教授「『紫色の生き物はなんですか?』とも聞かれたけどwww」
助手「あれはウパみんですwww」
助手「確かにアレを、ウーパールーパーと気づけないwww」
教授「なんせ、描いたのはやまっきだけど、原画がやなみんなのでwww」
助手「原画通りに描いた結果、あぁなったので。山木のせいではないのじゃよwww」
教授「でも、ウーパールーパーには見えないけど、なんかカワイイって言ってたぞ」
助手「ウパみん、味がありますよね。カラーが紫なのもあって、目立ってるし、存在感がハンパないww」
教授「でも。こーやってみると、おぜちゃんのネコは、イラストとして完成度高いなぁって思った」
教授「スマフォケースの柄になると、一番カワイイ。おぜちゃんの猫」
助手「むっちゃカワイイっす。オゼ猫」
助手「しかし。一見すると確かに、ヲタグッズとは気づけないですよね」
教授「キンハーヲタの後輩も、その点を絶賛してたwww ヲタクの気持ちを分かってくれてて素晴らしい!!ってwww」
教授「ヲタグッズ使いたいけど、丸出しなのは使いづらい。なので、一見解らないが、解る人だけが解るポイントを抑えてる商品は大切!!とwww」
助手「ジャンルは違えどヲタの気持ちは共通なんだなぁwww」
教授「ってか2つ買えばよかったなぁ。予備で。色がクリーム色なので汚れには弱そうだし」
助手「保存用買えばよかったッスね。後の祭りだが」
助手「あとは・・・・・」
助手「あ!!!ピザパ!!!www」
教授「それ!!!!!」
教授「嬉しい!!!名古屋遠征を前に、テンション上がる展開をありがとう、カントリー!!!」
助手「ちゃんと、ピザーラ頼んでるのがカワイイよねwww」
教授「でも、ピザパはどこでやってんだろーね?これ??」
助手「ね。解らんが、とりあえず、メガネ森戸が死ぬほどカワイイのだけは解った」
教授「メガネ森戸。略して、メガもり」
助手「牛丼メガ盛りみたいな略にしないでくれ。メガちぃでいいじゃんかwww」
助手「メガちぃカワイイなぁ〜!!」
教授「むっちゃ賢そうに見える。森戸のクセに生意気だ!!!」
教授「つーかさ。」
教授「最近、何故か、おぜやながお似合いカップルみたいになってきたよねww」
助手「そう!!!お互い同じ場所にいるのに、「今どこにいる?」って連絡しようとしていたって逸話が、カップルすぎる!!ww」
教授「ふむぅ。いいのぉ、おぜやな。興味深い!!」
教授「うむ。なんか遠征前にテンション爆上がりで良かったわ」
教授「しょーじき、まなかんショック以降、ハロヲタテンションだだ下がりだったので、わたしwww」
助手「かつてない下がりっぷりでしたよね??」
教授「そりゃ下がるだろ?ずーーーっと復帰を待ってた子が、『他所のユニットで復活、イエーイ!!そっちでヨロシク!!』だぞwww」
助手「うむ。改めて冷静に考えてみても、非道い話だわwww」
教授「『酷い』じゃなくって、『非道い』だよねwww」
教授「まぁでも、カントリーちゃんのお陰でテンション少し回復したし、明日のハロコンでもまた、回復するじゃろ!!・・・たぶん」
助手「明日には『ハロプロさいこー!!』って言ってますよ。どーせwww」
教授「そう言えば、やじ熊やしみさきちゃんも観れるんだよね!!ラッキー!!!」
助手「ちゃゆに浮かれる山木も観れますよwww」
教授「つーわけで、明日はハロコンなので今日はこのへんで」
教授「ばいちゅーん」
助手「ばいちゅーん」



☆カントリーガールズで学ぶ、上杉謙信公☆ 〜前編〜





教授「疲れたーーー」
教授「最近疲れすぎなのかなんなのか、むっちゃ、夢見悪いんだよね。変な夢が多い・・・」
助手「どんな夢なんですか???」
教授「昨日観たのは怖かった。足の皮膚を突き破って魚が出てくる夢!!」
助手「痛いよ!!!www」
教授「夢の中なのに、めちゃめちゃ痛かったわ!!」
教授「あと、観た夢は・・・・やくみつるが『平成以降の電話機』の歴史に関するクイズを出題して、それのアシスタントをする夢・・・」
助手「そのビミョーにリアリティな夢はなんですか??www」
助手「平成以降の電話機のみってこだわりが、やくみつるっぽいwww」
助手「まぁでも、3連休で疲れも少しは取れたのでは?」
教授「いや。日々のストレス解消で、久々に信長の野望〜創造〜を、連休ぶっ通しでやったら、なおさら疲れたよ。。」
助手「せっかくの連休なのに、余計疲れてどーするんですか?ww」
教授「三日間で軍神シナリオと関ケ原シナリオと信長包囲網シナリオを3つやったから、マジ、疲れた・・・」
助手「3つもやると、そりゃ、疲れますわ」
教授「座りッぱで腰が痛い・・・・」
教授「でも、買って最初の頃はさ。信長包囲網シナリオとか、すぐに信長が肥大化しちゃって、武田でもクリア出来なかったりしたんだけど・・・」
教授「今ではかなり慣れたみたいで、難易度難しいでも、武田だと余裕だったわ」
教授「いかに手早く徳川を滅ぼすかがカギよね。」
助手「徳川攻めすると、すぐ、織田から援軍来ますもんね。大量に」
教授「苗木城の真下に陣地を作ってそっちに織田を誘い込んで足止めして、その隙に、岡崎城を落とす!!」
助手「陽動作戦ですね」
教授「その後、わざと名古屋城を空にして敵に攻め込ませて、その隙に苗木城方面を攻め込んで・・・」
教授「さらに、連合国に一斉に援軍要請して、一斉に攻め込ませる!!」
助手「空城の計ってヤツですね」
教授「創造は難易度も戦略性も高くて、何度やっても楽しいわーーー」
教授「創造の長尾景虎、カッコイイしねぇ〜」
助手「超カッコイイですよね!!創造の景虎」
教授「創造の景虎君観てたら、久々に、戦国自衛隊を観たくなってさ、観ちゃったよww」
助手「どっちバージョン??ベリキューバージョン??」
教授「死守はいいよねぇ〜〜」
教授「でも、私意外と、ベリバージョンの戦国自衛隊のシナリオ好きなんだよ」
教授「久々に観たら、超楽しかった!!!」
教授「ミュージカルであった事を除けば・・・・」
助手「あれはね!!ミュージカルにする必要性が絶対なかった!!!ww」
教授「あのアホ事務所は、なんでもミュージカルにすればいいと思ってる節がある。もちろん、ミュージカルの方が良い時もあるけど」
教授「内容によっては、舞台の方が良い時だってある!!!」
教授「歴史系でも、洋物はね。ミュージカルが似合うからいいんだけど。ジャンヌとかも凄く良かったし」
助手「ファラオも良かったですよね」
教授「でも、日本の歴史系は、ミュージカルはアカン。『そなた』と言う2人称で歌を歌われても、鼻水吹きそうになるwww」
助手「景虎君の歌、チョー面白いよねwww」

川*^∇^)<♪突如現れた〜珍しい姿のそなた〜

川*^∇^)<♪そなたと一緒に戦おう〜

川*^∇^)<♪WOW WOW WOW〜

助手「熊井さんの絵文字で歌わせると、バカっぽさ倍増www」
教授「まさか上杉謙信公も、450年程後に、自分の役でこんなバカっぽい歌を歌わされると思わなかったろうもんww」
助手「ビジュアルはクッソイケメンなんですけどねぇ。熊虎くん」

PDVD_052

教授「熊虎くん、チョーカッコイイ!!!!」
助手「ビジュアルはホント、カッコイイんだよなぁ、熊虎くん・・・・」
教授「これだけで、ご飯十杯いけるわ!!!」

PDVD_058

教授「そして、伊庭×熊虎の萌え萌えの名シーン!!!!」
助手「萌えシーンのハズなのに、歌が全て台無しにするわよね、このシーンwww」
教授「でも、この舞台観に行った時に驚いたんだけど・・・・みんな意外と、長尾景虎って名前、知らないんだよね」
教授「終わった後に、一緒に観に行った子に『ところで、上杉謙信と長尾景虎って同一人物なんですか?』って質問されて」
教授「『え?!今更??そこ???』ってツッコんだ記憶があるwww」
助手「確かに、今更だwwww」
助手「長尾景虎って、確かに、歴史の授業で習わなかったかも。。全部、上杉謙信で統一されてたような・・・・」
教授「名前いっぱいあるのよ。戦国時代の人は」
教授「でも、上杉謙信は法号なので、実はラスト7年ぐらいしか名乗ってないんだよね」
教授「だから、川中島の戦いの頃は、本当は上杉政虎だったと言う」
助手「ここでさらに、景虎でもない名前、政虎が出てくると言うwww」
助手「ホント、ややこしいですよね」
教授「謙信公の事、色々知って欲しいぜ、みんなに」
教授「じゃぁせっかくなので・・・今日はカントリーを使って、以前やった、例のシリーズをやってみようかしら??」
助手「あ、それはもしや。以前、徳川家光をやった、あれですか??ww」
教授「それそれ!!!不定期シリーズでお送りすると言った、あれ!!!」


続きを読む
Categories
Archives
ロマヲタ図書館

レポ・ネタ・小説の保管場所。

ロマヲタ図書館


メール
メッセージ

名前
本文