なんか大変だ!!


助手「と言うわけで・・・・」
助手「予想はしてたけど、とんでもない事になりましたね。」
教授「しょーじき、予想はしてたけど。いざ現実になると、中々の惨状よね」
教授「今週末と来週末の現場、全て中止!!ひはほーい!!(ヤケ」
教授「うちの職場も。ついに、マスク着用必須になってしまった・・・・」
助手「マジか!!!」
教授「ほら。愛知県の某金融機関で感染者出たじゃん。その流れで・・・・」
助手「あーーーーそっか!!」


IMG00974


教授「ほら。ちゃんと、マスク着用してるでしょ??」
助手「がおっきーちゃんもマスク着けられてて、草wwwww」
教授「がおっきーちゃんも。コロナ対策しないとね!」
教授「まぁ、しかし。マジ惨状としか言い様がない、中止祭りだよね」
教授「2011年の惨劇、再び!!!」
助手「あの時も大変だったわぁ。。。」
教授「ベリなんて3月12日に仙台公演だったんだからな・・・・」
助手「教授、もちろん。行く予定だったんでしょ??あの時。」
教授「行く予定だった。心の底から、前入りしてなくて良かった。。」
教授「しかしまぁ、2週間のイベント中止要請とか。すげぇな」
助手「でも、14日からも、しょーじき、解らないですけどね」
教授「アンジュの富山と石川はやって欲しいなぁ・・・・。良番来ちゃったので、中止は悲しい。。」
教授「それに、なにより。ここを中止にされると、私はもう、室田を観る機会を失ってしまう!!!」
教授「さすがに。このまま室田を観れないまま、バイバイしてしまうのは、心残りすぎる!!」
助手「そうね!!!ここはさすがに、やって欲しいわよね!!!」
教授「そして。新潟で『むすぶちゃんリベンジ』が、また、出来なかったーーー!!!」
助手「むすぶちゃん、新潟と縁なさすぎだな。。」
助手「ってか。こぶしも、さすがに可哀想だね、これは・・・」
教授「これはちょっと、可哀想すぎて。。だーいしが、ブログでご立腹してたもんな。何故かwww」
助手「みんなの無念を代弁してくれて、サンキュー、だーいし!!wwww」
助手「ソロイベも軒並み中止なのが、本当に可哀想で・・・・」
助手「わださくちゃんのバーイベなんて。絶対やらせてあげたかったのに。。。」
教授「逆に、もりとちのイベって、よく、開催出来たよね。」
教授「あの人、喉もやられてたのにwww」
助手「たしかにwwww」
助手「コロナ規制もギリギリで回避して、喉の問題も、おぜちゃん召喚で神イベに変えたしwww」
教授「やっぱ、もりとちは強運だと思うわ。神君家康公と同じ、ますかけ線はハンパねぇな」
助手「ってか・・・・・」
助手「思えばカントリーって。。12月に解散して、結果的に良かったね、これ・・・」
教授「しょーじき、思った、それ。。」
教授「12月とか急すぎ!!!って、当時は思ったけど。。結果論ではあるが、本当に良かった」
教授「そして、むすぶちゃん。卒業が6月まで延期になって、これも、結果的に良かった。マジで。。。」
助手「もりとち神のご加護が、カントリー全体に及んでるのかもしれんな」
教授「つか。もりとち神って、実際に、むっちゃ居そうな名前だなwww」
教授「氏神様にいそう、もりとち様ってwww」
助手「違和感がゼロなレベルで、むっちゃいそう、もりとち様wwww」
助手「とりあえず、毎晩、『もりとち様』に手を合わせ、祈りを捧げておきましょう。」
教授「じゃぁ、こいつを神棚に置いて、祈りを捧げておくか・・・・」

IMG00975

教授「頼んだ覚えが1ミリもないのに、今日、これが我が家に届いたんだが。もりとち神からの啓示だろうか??」
助手「いやいや。絶対、頼んだんですって!!ネットショップで!wwww」
教授「頼んだ記憶、1ミリもないんですがwwww」
助手「無意識に頼んだんだって!!www」
助手「しかしまぁ。今週末は新宿レニーもあったのに、ヒマになっちまいましたね」
教授「うむ。ヒマになったし。頑張って、小説の続きの更新でもしようかな」
教授「でも。あの小説って、6月から連載始めてたんだけどさ・・・・」
教授「なんか、コロナが流行ったせいで。微妙にシナリオが書きづらくなっちゃったんだけどwww」
教授「感染のお話なので。。」
助手「言われてみれば。。微妙に生々しくなっちゃったよねwww」
教授「まさか、現実世界がこんな、ウイルス感染の恐怖に襲われるなんて思ってもいなかった・・・・www」
助手「まぁ、あっちはファンタジーですから!!気にしない!気にしない!!www」
助手「でも。現実は大変だよね。マスクはねぇし。イベントは中止になるし。人混みの中に行きづらいし」
教授「そう。やまだーが行った脱出ゲーム(雪山からの脱出)に、ホントはヲタ仲間誘って行こうかなぁって思ってたんだけど・・・」
教授「政府から、自粛の要請出ちゃったから。脱出ゲームも、3月中は見送る事にしたわwww」
教授「4月ぐらいになったら行こうかな!!」
助手「そうね。脱出ゲームも、狭い密室だしねぇ。ちょっと、今は、行きづらいよね」
助手「やまだーも良かったね。自粛要請の前に、脱出行っておいて。あれの後だと、行きづらかったよなwww」
教授「ツイてるな、やまだーも」
助手「つか、教授。せっかくだから、脱出行ったあと。例の『煙出るケーキ』を出してくれたお店で、肉を焼きに行きましょうよwww」
助手「やまだー、ぽんちゅん、りさちぃの聖地巡礼してくださいよwww」
教授「ヤダよ!!どーみても、ヤベェ値段だろ!!あの店!!!絶対!!www」
教授「せめて。脱出からの、竹仙さんだな。あそこのセリ鍋、また食べたいわ〜」
教授「でも。思えば脱出、参加したところで。。山木でもクリア失敗したヤツを、うちらポンコツがクリア出来るのか。そこが問題なんだが・・・・」
助手「きっと、だーいしのように、雪山に取り残されますよwww」
助手「それにしても。相変わらず、やまだー。しょっちゅう、会ってるんだね」
教授「まぁ、付き合ってるしな。(真顔」
助手「それもそうですね。付き合ってるしね。(真顔」
教授「ってか。なんか。タケとも良く会ってるみたいな話を、ちょっと前にタケがしてたよね。」
助手「してたねー。色んなメンバーと交流あって、なにより」
助手「もりとちのバースディもしてあげてたし。卒業した後も、こんなに名前が出るハロメン、かつてないなwww」
教授「うちらが寂しくないよう、『名前出してOK』にしてくれてんだな。ありがとよ、山木!!!」
教授「でも。お陰で山木ロスにはならないけど。私は今、もの凄く深刻なロスに陥っている」
助手「何ロス??カントリーロス??」
教授「カントリーもまぁ、そうだけど・・・」
教授「でも。カントリーはぶっちゃけ、2017年のあの時から、ずっとロス状態なので。意外とロス状態に馴れてしまっているwww」
助手「悲しいけど、解るwww 2018年の半ばぐらいが一番、ロス状態、ヤバかったよね。カントリーに関してはwww」
教授「そう!!ロスが酷すぎて、兼任先のユニットが、全然観れなかった!!2018年の半ば頃はwww」
教授「今だから言うけど。あれぐらいの頃が、一番しんどかったね!!」
助手「間違いなく、一番病んでた時期だよねwww」
助手「でも。じゃぁ。今悩んでるのは、カントリーロスではないんですね」
教授「もちろん、カントリーもまったくロスじゃないワケではないが・・・・・・」
教授「それ以上にロスなのが・・・・・ベルにゃんロスですよ!!!」
助手「あぁ〜〜〜〜〜wwwww」
助手「確かに!!ベルにゃん。大好きだったもんな、教授!!!」
教授「ベルにゃんに会いたい!!あんなにカワイイにゃんこ、いないよ、ベルにゃん!!!」
教授「オレの推し猫、ベル様!!ベル様!!」
助手「ベルにゃんカワイイもんな。」
助手「仕方ないから、代わりに、フクちゃんちのプラムたんに癒やされなさい。しょーがない」
教授「・・・・・・・わかる。プラムたんもカワイイんだ。。綺麗だよね、プラムたん」
助手「耳おっきくて、凄いカワイイよね」
教授「そうね。。しばらくはプラムたんに癒やされよう。よし!!オレの推し犬は、船木だが。オレの推し猫は、今日から、プラムたんにしとこう」
助手「うむ。そうしたまえ」
教授「つーわけで、明日から毎晩、プラムたんの写真、5枚づつあげてくれ。ふくちゃん」
助手「無茶いわはるwwww」
教授「ま。とりあえず今日はこんなトコで、ばいちゅん!!!」

ケーキ回復!!



教授「たたたたた、大変だーーーー!!!」
助手「どーしました???」
教授「ちぃたんが。フクちゃんとだーいしとやまっきで、肉焼きに行ったらしいぜ!!」
助手「・・・・・・・・・・・・・」
助手「はぁ。また教授がりさちぃロスで、悲しい脳内妄想を・・・・」
教授「どっせぃ!!!!」

2月23日付もりとちブログ

https://ameblo.jp/morningm-13ki/entry-12577302198.html


助手「ホンマやないかい!!!」
教授「ホントにきまっとるが!?」
教授「なんでおまんは、まず最初に、ワシの発言を疑うがや!!!?」
助手「疑われる様な事ばっか、普段から言うからでしょ!!」
助手「いや、しかし。マジか・・・。。ってゆっか、なんだこの、ケーキwwww」
助手「煙が出てるんですけど!!!www」
教授「召喚術なのかな?このケーキは、異世界から来たのかな?!!」
助手「むしろ、異世界転生して。こんなケーキを、ちぃちゃんの誕生日に、さらっとプレゼント出来るような、人間に生まれたいわ。。」
教授「うちら如きミジンコでは、人生200周ぐらいやらないと、無理だな。こんな人間になるのは・・・・」
助手「プレートの『ちぃ』の文字が、やまっきの字っぽい」
教授「うむ。ワシは感動しておる」
教授「先日はイベントで奇跡が起きて、おぜちぃの景気が回復しましたが。」
教授「今回はりさちぃの景気回復ですな!!ケーキなだけに!!」
助手「上手い!!wwww」
助手「また。メンツが素敵な。プロミストピンキーリングに森戸知沙希!!」
教授「響きが新ユニットの様だな!!」
教授「オレの推しメン、揃い踏みだな。やったぁ!!」
助手「いやはや。しかし、すげぇなぁ・・・・」
助手「ってか。何が凄いって。このケーキから漂う『山木がいるぞー!!』臭だよね」
教授「山木がいたって書いて無くても、『山木がいるな!』って気づくよね、このケーキでwww」
教授「だーいし如き庶民が用意出来るようなシロモノではない。このケーキは!!www」
助手「フクちゃんもお嬢だけど、ここまでキザな事はしないよね。これは、山木嬢ですよ!!」
教授「3人からのプレゼントなんだけど。先導者が、山木としか思えない、山木っぷり!!」
助手「ホント、キザだな。この人」
教授「これがサプライズで出てきたら、オンナはイチコロっすよ!!!」
助手「山木はほんと、女子で良かったよね。男だったら、アイツ、光の君になってるぞ・・・・」
教授「嫉妬した石田御息所(みやすどころ)が、怨霊になって、他の女に取憑くんだろ?www」
助手「ちぃたんは、絶対、若紫ポジの気がしますねwww」
教授「間違いない。カントリー加入直後の幼い頃から、ちぃたんに目を付けてたからな、アイツ!!」
教授「そして、フクちゃんの『藤壺感』は異常!!www」
助手「藤壺だわぁ。フクちゃん。藤壺だわぁああ・・・・」
教授「世語りに〜人や伝へむ たぐいなく〜憂き身を覚めぬ〜 夢になしても〜」
助手「FGOのせいで、源氏物語の和歌が全部、紫式部の美しい声で再生されて、素晴らしいなwww」
助手「でも、このケーキ。ちぃたんへのサプライズだけど・・・・・」
助手「絶対、だーいしもさ。隣で『おめでとう、ちぃちゃん!!』ってやりながら、内心、ビビってるよねwww」
教授「違ぇねぇ!!笑顔で『おめでとう!!』言ってるけど、心の中では、『は?!ケーキから煙が出てるんだけど!?』ってなってるよ、絶対www」
教授「サプライズする側なのに、ケーキが出てきて、一番驚くだーいしwww」
助手「でもさ。だーいしのバースディとかにも、やまっきは、こーゆーことやってくれてるんでしょ??つまりは??」
助手「そりゃ、落ちるわよねwwww」
教授「これは落ちますわ。だーいしなんて、コージーコーナーのケーキも、割引の時しか買わないタイプだろ??」
助手「そう問いかけたら、真顔で『割引の時以外に買う人って、いるんですか?』って、逆に聞かれそうwww」
助手「むしろ。ケーキが食べたきゃ、自分で作ればいいじゃない!!!」
教授「そう言えば、昨日のモーニングのイベで、『無人島に2人きりになるなら、誰がいいランキング』みたいので・・・」
教授「もりとちに『石田さんは、料理上手だし、草に詳しそう!!』って言われてたぞ」
助手「草だけに、草!!!wwwww」
助手「でも、だーいしは、食べれない草も『天ぷらにすれば食べれるっしょ!』って言って、素揚げしそうwww」
助手「そして。他の子は中毒になってるのに、自分だけ、中毒にならなそうwww」
教授「両津勘吉かな?www」
助手「そか、昨日はモーニングのシリイベだったんでしたっけ??」
教授「そうそう。最後の公演だけ当たったんで、見に行って来たけど、楽しかったよ」
教授「やっぱり、シリイベは4曲ぐらいは、やるべきだなwwww」
助手「アンジュの2曲は、やっぱ、少ねぇかwwww」
教授「その分、MCコーナーが長いのかなぁ〜と思ってたけど。まさかの、MCコーナーも、モーニングの方が長かったwww」
助手「まさかの!!!wwwww」
教授「モーニングの方は、お見送り会がないから、その分、イベント時間が長いんだと思われ」
教授「でも。握手会だったらまだしも。中途半端にお見送り会やるなら、いっそやらないで、コーナーを長くする。こっちの方が絶対、いいと思った!!」
助手「そうね。今は握手会出来んし。こっちの方がいいかもしれんね」
助手「シングルと・・・・もう1曲、何やったの??」
教授「セクシーキャットやってたな。会場がざわついてたから、もしかして、回変わりだったのかな??」
教授「3公演目にしては、『おぉおお!?』ってなってたし」
助手「マジかぁ。セクシーキャット、いいなぁ!!!!」
教授「いいだろ?ウェーーイ!!回変わりだとしたら、多分、勝ち組ぃいい!!!」
教授「つか。私、セクシーキャットは、ずっとハルちゃんパートでフリコピしてたから。もりとちパートが、ダンス激しくて、うひぃ!ってなったwww」
助手「そっか。ハルにゃんでやってたもんねwww」
教授「いつも『くっそ、ハルにゃんカワイイなぁ。。つか、後ろめっちゃ、踊ってるwww』と他人事の様に観ていたダンサー組だったが」
教授「まさか、こっちパートに移行させられるとはwww」
助手「ダンサー組。全然ダンス違うしね」
教授「つか。ハルちゃんの後継は、よこやんがニャンコチームなんだねぇ。なるほど!!」
教授「わからなくもない。よこやん、にゃんこっぽい」
助手「確かに」
助手「だーいしもそもそも、猫っぽいけど。。だーいしはまぁ、ダンスやらせた方がいいって判断か。」
教授「セクシーキャットの演説だもんな。『セクシーワンコの演説』だったら、もりとちが絶対、ワンコチームなんだけどな!!!」
助手「不思議だ。。『セクシーワンコの演説』ってタイトルになった途端、この曲から、コミックソングのオーラしか感じなくなるなwww」
教授「よこやんと言えば、『スタッフさんや知らない人とも、すぐに仲良くなれそうな人ランキング』で、ダントツの1位を獲得してたらしい」
助手「わかるわかる。よこやん、そんなイメージwww」
助手「研修生時代はかえでぃの超後輩だったのに、13期になった途端、3秒でかえでぃとタメ口聞いてたイメージあるwww」
教授「3秒かは知らんが、そのイメージ、むっちゃあるわwwww」
教授「ランキング、結構面白かったぞ。」
教授「1位から5位まであって。上位5人に入ってる自信がある人は、その位の椅子に座るルールなのよ」
教授「例えば『スタッフさんや知らない人とも、すぐに仲良くなれそうな人ランキング』で、自分が1位の自信があったら、1位に・・・」
教授「3位だと思えば3位。・・・・で。ランキングにピタリ当たれば、1ポイントみたいなルールで」
助手「なるほど。意外と凝ってるルールですね」
教授「それで2チームに分かれて勝負って感じだったわ」
教授「だからよこやんとか、同じチームの人に、『横山、絶対1位だから、1位座れ!』みたいな感じで・・・・」
助手「なるほどww 自分から1位って行きにくいけど、そういう感じで、行かされるのかwww」
教授「そんな中。『2人きりで相談をしたいメンバーランキング』で、誰にも言われてないのに、当たり前の様に2位に座る小田ちゃんwwww」
助手「自己評価高いな、小田ぁwwww」
助手「その質問で、自ら2位って、中々行きづらいwwww」
助手「あれでしょ?『一位は譜久村さんだから・・・・2位は私かな?』って思ったって事でしょ、それwww」
教授「うむ。その結果、上位5人にも入ってない小田ちゃんwwww」
助手「地味に泣きたいな、それwww」
助手「フクちゃん、1位だった?」
教授「そらそーよ!!だーいしが2位だったwww」
教授「でも。小田ちゃんは、確かに。どーでもいい相談とかは、一番相談したい相手だわ」
助手「どーでもいい相談とは???wwww」
教授「『ふなちゃんにケモミミ付けるなら、丸耳がいいかな?三角耳がいいかな?』とか・・・・」
助手「マジでどーでもいい!!!www」
助手「だが、マジでどーでもいいけど、確かにそう言う相談は、小田にしたい!!www」
助手「すっごい真摯に、本気で考えてくれそう。船木に似合うケモミミを!!!www」
教授「『ちぃたんに水着着せるなら、スク水がいいかな?セクシーパレオかな??色は、純潔の白かな??小悪魔な黒かな??』」
助手「その相談。むっちゃ早口で、答えてくれるよ・・・・・・小田さくらならね!!!」
教授「やっぱ、小田パイセン、頼りになるっす!!」
教授「まぁ、そんな感じで・・・・・イベント楽しかったよよよ」
教授「今日は北海道でハロコンだっけ??」
助手「色んなメンバーが、ラストなんですよね。ハロコン」
教授「ふなちゃん最後だから、観にも行きたかったけど。6月まで延期になって、この先が色々増えたので、辞めましたwww」
教授「そう言えば、インフルって・・・・・どうなった??今日はいるのかしら??」
助手「ベイホールのおやすみしか出てなかったし。いるのでは??」
教授「19日からのインフルカウントだと、ギリ、行けるか・・・・」
教授「つか、ふなちゃん。ももちにそっくりだよな。こーゆー肝心なトコでインフルになる感じwww」
助手「そう言えばパイセン。ベリーズ最後のハロコン、インフルで欠席したよねwww」
教授「インフルと言えばハルちゃんだけど。パイセンも結構、レジェンドだから」
教授「なんにせよ。寒いから、みなさん、お気を付けて〜!!」
教授「では、ばいちゅん!!」

 

愛しおぜちぃ


教授「聞いてくれ!!助手!!」
助手「どーしました??」
教授「昨日あった事を、ありのままに話すぜ!!!」
助手「あ、はい。・・・・・なにか???」
教授「私は昨日、ちぃたんのバーイベの2公演目を観に行ったと思ったんだが・・・・」
教授「実はそれは、おぜちぃのバーイベだったんだ!!!!」
助手「・・・・・・・・・・・・・・」
助手「何言ってんの??」
教授「ムキーーー!!!何ぢゃねぇ!!ちぃたんイベではなく、おぜちぃイベだったんだっつてんだよ!!!」
助手「・・・・・・・・・・・・・・」
助手「カントリーロスで、ついにオツムが可哀想な事に。。教授・・・・」
助手「妄想はブログの中でだけでして下さいよ。現場での妄想は、周りから観ると、ただの脳内環境のヤバい人に思われますよ??」
教授「くそう。人を悪玉菌の塊みたいに言いやがって・・・・」
教授「観よ!!!これでも私の脳内妄想だと言うか?!!!!」



よこやんブログ (2月20日付)

https://ameblo.jp/morningm-13ki/page-2.html


森戸知沙希さんのバースデーイベントへ
行ってきました

大人だったぁ...すてき。

小関舞さんとも久しぶりにお会いできて
嬉しかったぁ!!

お二人の愛おしくってごめんねに
感動しっぱなしでした。



助手「・・・・・・・・・・・・・」
助手「マジじゃん!!!!!!」
教授「何故、最初からマジだと思わない?!!!マジだよ!!!」
教授「横やんもおっしゃってるでしょ!?」
助手「ぬぅうう。横やんが言ってるなら、信じざるを得ない・・・・」
助手「おぜちぃ!!!」
助手「だがしかし!!!!」
助手「あのクソ事務所が、おぜちゃんを呼んでくれるなんて、粋な事を本当にするだろうか?!これは、デジマなの??」
教授「デジマよ!!デジマ!!マジ出島よ!!!」
助手「マジか・・・・・おぜちゃん!!」
教授「まさか、ちぃたんの誕生日を祝いに来たら、おぜちゃんの誕生日まで祝えるとは・・・っ!!!!」
教授「嬉しい!!!でも、何故私は、1公演目が落選したんだ。。悲しい!!!」
教授「2公演とも観たかった!!!」
助手「二次募で1公演目落選したんだ??山野が1公演目も全部埋まるって、結構凄いよね」
助手「やるな、もりとち」
助手「ってか。あれですかね。歌えなくなっちゃったから、結果的におぜちゃんゲストになったんですかね??」
教授「そういう事だと思うよ。バーイベで歌がないって、中々の惨状だから・・・・」
教授「歌がない分、文句が出ないように、コーナーイベントそのものを、神イベにしてくれたんだと思うわ」
教授「そう。。歌がなかった。。だが、おぜちぃが観れて、このイベントに文句付けるヤツがいるだろうか・・・否!!!!」
助手「まぁ、少なくとも、カントリーヲタは文句つけんわな。神イベですわ!!!」
助手「しかし。こんな形でおぜちゃんが観れるとは、思いませんでしたねーー」
教授「そう。いつになったらおぜちゃん観れるんだろう・・・・つーか、おぜちゃんの情報って、どこで取得するんだろう?って思ってたけど・・・」
教授「こんなに早く、おぜちゃん、観れるとは!!!!」
助手「ってか。愛ごめやったの??神では???」
教授「歌ではないけどね。そもそも、もりとち、今歌えないし。」
教授「イベント内のゲームで、『2倍速でダンスをして下さい』みたいな指令があって・・・」
教授「そこで2人で、愛しくてごめんねを、2倍速でダンスをしたのですよ」
助手「なるほろ。そーゆーことか」
教授「でも、それは1公演目みたいだね。残念ながら、私は観れていない。悲しい」
教授「けど。2公演目では、愛ごめではなく、GBBG観れたからいいんだい!!」
助手「GBBG!!!!」
助手「つーことは、キスシーン、あるやん!!!」
教授「おぅ、あったわ!!!発狂したわ!!!!!」
教授「愛ごめも涙が出るほど羨ましいが、GBBGの方がキスシーンあるので、2公演目の大勝利や!!」
助手「うむ。これは大勝利!!」
教授「しかも、衣装が2人とも大人っぽかったから、なんか、生々しかったわ!!エロかったわ!!!」
教授「ちぃたん、白のスーツ姿だったから。超〜大人っぽくてさ」
助手「ハタチのイベントだから、大人っぽくしたんですね、きっと。衣装も」
教授「白スーツの大人っぽいちぃたんが、おぜちゃんの頬に突然キスするシーンを、想像してみなさい。」
教授「まるで月9のワンシーンの様だろ!!!」
助手「ふむ。想像すると確かに・・・」
教授「さては、東京ラブストーリーのワンシーンなのかな!?ちぃたんは、赤名リカなのかな?!!」
教授「カンチ(おぜちゃん)のほっぺた、奪ったのかな???」
助手「ドラマが超〜古いんですケドwww」
教授「よし、じゃぁ、ちぃたん。今すぐ、東ラブのあの名言も再現してみようか?さん、はい!!」
教授「『おぜちゃん・・・・・セッ○スしよ?!』」
助手「今だったら、絶対、放送コード引っかかるわよね。このドラマwww」
教授「バブル時代は、すげぇな!!!!」
助手「・・・・・・あれ?でも、誰か、ハロメン。前に東京ラブストーリーハマってるって言ってたよね??誰だっけ??」
教授「それこそ、おぜちゃんだぞ!!東ラブハマってたの」
助手「そうだよね??おぜちゃんだ!!」
助手「そうか。じゃぁ、おぜちゃんが、カンチで正解か・・・・・」
教授「だろ??お前はすぐに疑うが、私はさっきから正解しか言ってないぞ!!」
教授「ちぃたんのバーイベだと思ってたら、おぜちぃのバーイベだったし。GBBGでおぜちぃは、まるで月9のようなキスをしていたし」
教授「終わったあと、おぜちゃんは、赤名ちぃたんに『おぜちゃん・・・セッ○スしよ?!』って誘われてたし」
助手「・・・・・。そうですか。疑って悪かったです。。」
助手「おぜちぃは2人でイベントしたし。キスしたし。最後は誘われて、2人でチョメチョメ(死語)したんですね。理解しました」
教授「だから、昨日。もりとちは、イベント終わったあとに、ブログ更新出来なかったんだぞ」
助手「生々しいな!!!そう言われると、もう、そうとしか思えなくなってきたわ!!www」
助手「いや、しかし。そうか。。おぜちぃ・・・・。。。おぜちぃ・・・っ!!」
教授「おぜちぃと言えば」
教授「昨日はちぃたんのバーイベであると同時に、おぜちゃんも10日前が誕生日だったって事で・・・・」
教授「なんと、2人分のケーキが出てきたんだよ」
助手「マジで?!!スタッフ、優しいじゃん!!!!」
教授「そんでバースディソングも、上々軍団の2人が『おぜちゃんとちぃちゃん2人分をお祝いしましょう』って言って」
教授「『名前の部分はどうします??2人の名前合わせて、『まいちぃ』みたいな感じですかね??』と聞いたら・・・」
教授「ちぃたんが『やっぱ、おぜがいいよね?』って、おぜちゃんに話しかけて」
教授「『じゃぁ、おぜちぃでお願いします!!』って、ちぃたんが言って下さいまして!!!」
助手「おぉおおおおおおおお!!!!」
助手「こーゆー時、ちぃたんってさ・・・・さりげなーく、正解の方に導いてくれるよね」
教授「そうそう。上々軍団は『おぜちぃ呼び』は知らないだろうから。フツーに考えると、確かに、まいちゃんとちぃちゃんで、『まいちぃ』って思うじゃん」
教授「それを察してなのか。ちぃたんは『私たちは、おぜちぃですよ!』みたいな感じで、真っ向から、全否定はしないのよ」
教授「こう、さりげなくおぜちゃんに『おぜがいいよね?』って話しかけて、で、『じゃぁ、おぜちぃでお願いします』みたいな感じで・・・・」
教授「森戸さんの、こう言う部分を観ると、ホント優しいなって思うのですよ。わたくしは」
助手「また、おぜちゃんも。『そこは、おぜがいいです』って、自分から言わないしねwww」
教授「おぜちゃん、ほんと、そういう時に口出さないんだよね。ヘンにYESマンなんだよね、おぜちゃん」
助手「メンバーも言ってたもんね。おぜちゃんは、自分の意見を押し通さないで、みんなの意見に合わせちゃうって」
教授「森戸さん、そんなおぜちゃんの性格を把握してるからさ。おぜちゃんが一緒だと、森戸さんが積極的に決めに行くんだよね」
教授「だけど、森戸さんの良いところは。だからと言って、自分ひとりでサクっと決めないで、おぜちゃんに『おぜがいいよね?』みたな感じで、一声掛けてあげるのよ」
教授「おぜちゃんは、どうせいつも通り否定しないって解ってるんだけど。それでも、ちゃんと、おぜちゃんに意見を聞く」
教授「でも。『おぜちゃんが決めなよ』みたいな無理強いも、勿論しない」
教授「『おぜがいいよね?』『うん』『・・・・じゃぁ、おぜちぃでお願いします!!!』みたいな感じで。」
教授「おぜちゃんを立てた上で、ちゃんと決めてあげる、この感じ!!!」
助手「森戸△!!!(涙」
助手「つか。『おぜちぃ呼び』にしてくれると、ヲタも嬉しいしね。素直に」
教授「そうそう。ヲタも慣れ親しんだ『おぜちぃ呼び』で、やっぱ、嬉しいし。」
教授「ちゃんと1回おぜちゃんを立ててるのも優しいし。上々軍団が『おぜちぃ呼び』を知らない事を否定しないで、自然と『おぜちぃ』の方に導いたのも、素晴らしいし」
教授「これはね。森戸さんの絶妙な優しさのバランス感覚っすよ。計算して出来るモノではない!!」
助手「そう言えば、さっき、よこやんのブログが出たけど」
助手「前日の、よこやんからもりとちへのブログも尊かったよね」
教授「そうそう!!!尊かった!!!」
教授「よこやんのブログみて、なんか、情景が浮かんだもん。そう。森戸さん、優しさがさりげないの!!わかりみ〜!!」
助手「さりげなく遠くから見守ってくれる森戸さん。お優しい・・・・」
教授「ありがとうよ、よこやん。素敵なブログだったぜ・・・・」
教授「じゃぁ、お礼に。よこやんの新武将を作って、私がプレイする信長の野望で、キミを浅井の部下にしてあげよう!!」
助手「こないだのももなと言い、その謎のご褒美は、なんなんだwwww」
教授「フフフ。そして、姉川の戦いで朝倉と共に殲滅してやろうぞ・・・・・・・。是非もないヨネ!」
助手「しかも、滅ぼすんかい!!てめぇ、ノッブ!!!wwww」
教授「いやぁ〜しかし。久々におぜちぃ観れて、マジ、嬉しかったぁあああ」
教授「あとから冷静に考えると、急に尊さに泣けて来たりしてたんだけど・・・・・イベント中はもう、『嬉しい!!おぜちぃ!!』の気持ちしかなかった」
助手「おぜちぃは嬉しいよなぁ〜」
教授「無宗教の私だが。。とりあえず、八百万の神に、ひれ伏し感謝したくなったもん」
助手「よこやんも、久しぶりにおぜちゃんに会えて、喜んでるしね。なによりも、おぜちぃの2人も嬉しかったろうねぇ」
教授「むすぶちゃんも、インフルにならなかったら、観に来てたかもね。」
助手「そうだ。むすぶちゃん、インフルで倒れたんだwwww」
助手「いや。インフルも笑い事じゃないけど、マジ、コロナじゃなくて良かったわ。」
助手「明日のBAYホール。教授は参戦ですか??」
教授「いや。落選したので、明日はスルーでござる。・・・・当選したのレニーで良かった」
助手「でも。むすぶちゃん、昨年からずっと、ハードスケジュールだもん。ゆっくり休んだ方がいいよ」
教授「うむ。ゆっくりおやすみ、むすぶちゃん」
助手「・・・・・。そう言えばアンジュのホールコン、当選結果、どんな感じでした??」
教授「アホほど当たったので、アホほど行ってきます。つーか、全箇所行ってきます!!www」
助手「マジ、アホwwww」
助手「こりゃ、モーニングは秋までお預けだなwwww」
教授「あ、でもね。モーニングのシリイベが1つだけ当たってるので、明後日、1つだけ見に行ってくるわ」
助手「あら、良かったじゃない。」
助手「しかし。おぜちぃイベとか・・・マジ神でしたね」
教授「まぁ、もりとちの喉がやられてるせいで、結果的におぜちぃが観れたとか、皮肉ではあるけどな」
教授「早く、喉、良くなってね。もりとち!!」
教授「あと。『絶対起きれない〜』のダンス、素敵だったわよ」
助手「へぇ!!あれのダンスやったんだ!!」
教授「綺麗だったよ。元のダンスをベースにしつつ、オリジナルな感じで。あの手のダンス踊るちぃたん観る機会ないから、うれしみず!!」
教授「でも。あの曲、ハロコンでもやってないから・・・アンジュに興味ないヲタは、観た事ないだろうし・・・きっと『なんでちぃたん、ダンス中に寝てるんだろう』と疑問に思っただろうな。」
教授「『眠かったのかな?ちぃたん??』」
助手「そう言う系のダンスなんです!!アレは!!!wwww」
助手「眠くてダンス中に寝るって、どんなアフォなんですか、ちぃたんはwww」
教授「まぁ、つーわけで・・・・・ともかく、良きイベでした!!」
教授「今日はおぜちぃの余韻に浸りつつ、寝ますわ」
教授「ってか。今日こそ信長の野望やる!!毎回『やる!』と言って、まだ、やれとらんねん!!」
助手「まだやってなかったんだwww」
助手「じゃぁ、ももなを石田家に。よこやんを浅井家に入れてあげて下さいwww」
教授「おっけー!!そんで家康と同じ手相を持ってるもりとちを、徳川家に入れておくわ!!」
助手「やべぇ。こんなん絶対、浅井と石田、滅ぼされるじゃんwwww」
教授「つーわけで。今日はここまで。ばいちゅーーん」



森戸さんおめでとう!!



もりとさん、お誕生日おめでとうございます!!
20歳の1年間、良き年になりますよう、お祈りしております。

つーわけで、ちぃたんがはたちですってよぉ!!!!
あのゆるきゃらが、ついにはたちかぁ・・・・。
不思議なんだけど、ベリキューの方が遙かに幼少(小学生)の頃から観てたハズなんだけど、
カントリーメンの方が何故か、すっごい子供の頃から観てるような気分になってしまうんだよね。
これは多分。私の年齢が上がったのもあるんだろうけどwww
カントリーメンはスタートが「パイセンの子供達」って感じだったので、尚更、私にとっても子供の頃から見てる様な気になってしまうのだろうな。
そして、もりとちは、私が特にカントリーでは『りさまな派』だった事もあり、
りさまなの2人がちぃたんを妹かわいがりして溺愛してた関係で、尚更、年下みがあると言うか。。
あれだな。ゲキハロで観まくってたせいもあって、いくつになっても、ちゃんさんが孫の様に思えるのと同じで、
もりとちも、はたちになっても、いくつになっても、わたしにとっては、愛すべきゆるきゃらなんですよ。
でもまぁ、実際のトコ本人は、私がゆるきゃら扱いしている10倍ぐらい、フツーにちゃんとしてるんだけどねww
けど。相変わらずゆるいとこも、やっぱ沢山あって。まぁ、ともかく、カワイイんだよ、相変わらずwww

あと、ちぃたんは『萌える』んだよね。
私はあんまり、好きな対象に対して『萌える』って感情を抱かないんですよ。
パイセンもそうだし。なっきぃとか。やまっきに対しても、『好き!』とか『かわいい!!』って感情はあっても、『萌える』って感情はそんなに抱かない。
でも、もりとちは、なんか知らんが萌えるんだよwwww
私が『萌え』の感情を抱く、貴重な人材でございます!!!!


で。そんな森戸さんはねぇ・・・。
モーニングに入って以降は、私はしょーじき、もりとちを観る率は激減してしまったんだけど。
それは、別に、モーニングがダメってワケではなく。
単純に、チケットが取りづらいとか、シリイベ当たらねえとか、落とそうにも相場が高けぇとか、そう言う、極めて単純な理由なんですわ。
それだったら、行きやすいし、そもそもむすぶちゃんもいるから、アンジュでいいや〜〜〜ってなってしまう。しょーじきwww
だから。アンジュの方が圧倒的に通ってるし、参戦回数とか考えると、実質むすぶヲタの様になってるんですけど・・・
でも。それでもやっぱり、森戸さんはマジ好きですし、やっぱ推せるなぁ・・・いいなぁ・・・って思ってる。
現場に行ってる数は、圧倒的にむすぶの方が多いんだけどねwww
だけど。どっちの方が推しか?と聞かれると、しょーじき選べないね。両方好きとしか言えない。
数だけ観ると、誰が観たってむすぶヲタなんだろうけどさ。

森戸さんの方には1ツアーに1箇所ぐらいしか行かないけど、
ふなちゃんの方には山ほど行ってるんですけど、
だけど、もりとちとふなちゃんは、どっちも久しく平等に好きなのですよ。これはマジ。
すっごい捻れた状態になってるなぁ〜って、自分でも思うんですけどねwww
まぁでも、捻れて様がなんだろうが、もりとさんは大好きだし、ふなちゃんも大好きだからしょーがない!!www

のでまぁ、何がいいたいかと言うと・・・。

あんまりモーニングの現場に行けなくてスマンな。
でも、本当に大好きなんですよ?もりとさん!!!って事なんですwww
これからも、むすぶちゃんともども、愛すべき私のゆるきゃら。私のもりとち犬で居て下さい!!

 

いとエモし



教授「FGOのバレンタインイベが今日でシナリオ終了だったんだけど・・・」
教授「すっげぇ、いいお話でびっくりしちゃったよ!!」
助手「清少納言と紫式部の??」
教授「そう!!!」
教授「清少納言と紫式部のカプに萌える日が来るなんて、夢にも思わなかったwwww」
助手「それは夢にも思わないwwwww」
教授「中宮定子への清少納言からの敬意とか、そう言うのの解釈もとても良かったし」
教授「清少納言がキラキラ女子なサーヴァントになってる理由も、理解したわ」
教授「最初は『オレの推しがパリピJKになって実装されたんだが?!』と、思ってたけどwwww」
助手「清少納言がパリピJKになって実装されるなんて、そら、思わんもんwww」
教授「それも。ただ、楽しく。キラキラし続ける事が。中宮定子様の華やかで幸せな時代への鎮魂なんだな・・・と」
教授「泣き言はいらねぇ。だって、あの時代は、あんなに毎日がキラキラしてたんだからさ!!って感じだよ」
助手「なるほど。確かに枕草子自体。中宮定子が没落していく部分は触れてないもんね」
助手「中宮定子様と自分たちの、キラキラした日々を描いてるわ。。なるほど!!」
助手「キラキラのアーチャーの意味が、なんだか、わかる気がしますな」
教授「そして。実際に清少納言と出会った事のなかった紫式部が、勝手にイメージして嫌悪していた、清少納言に対する悪意や負の部分」
教授「それがシナリオで絡み合って、とても良いお話でござりました」
教授「ぶっちゃけ、泣いたわwww」
助手「まさかバレンタインイベと言う、お祭イベで泣くとはwwwww」
教授「むしろ。バレンタインイベで泣かせるなよwww」
教授「そして。イベントの中で、なぎこさんの、中宮定子への敬意と愛情を観た後に・・・・・」
教授「マスターが、なぎこさんから、バレンタインで貰ったメッセージチョコが『言はで思ふぞ』は、エモい。エモすぎる!!!」
教授「いとエモし!!!」
教授「山吹の花が一輪、ちゃんと描かれてるし!」
助手「マジか。。エモいな!!」
教授「このエピソード、エモいんだよねぇ・・・。中宮定子、マジかっけー」
助手「枕草子って、中宮定子の素晴らしさや聡明さを、見事に描いてるよね」
助手「清少納言がいい人だったのか、ヤなヤツだったのかは解らないが。中宮定子に対する忠誠だけは、本物だよなぁ〜と」
教授「いやぁ。なぎこさん、GET出来て良かった。。第三再臨カワイイし!!」
教授「最初は『なんでパリピのウェーイになって実装されとんねん!』って思ってスマかったな。良いお話だったよ」

教授「・・・・・・。と。FGOのお話はこんなトコで終わりにして・・・・」
教授「明日はもりとちの誕生日だね」
助手「そうですよーー」
助手「本人。毎日、律儀にカウントダウンしてくれてるので、忘れないでねwww」
教授「4日目に『あと3日』って更新してたけどな、もりとちwwww」
助手「自分の誕生日間違えるとか、ほんと、ゆるキャラwwww」
教授「まぁ、でも、1日ぐらい誤差の範囲だよ。」
教授「ほら、山木の誕生日も10月の14日でも15日でも誤差の範囲だし」
助手「誤差の範囲じゃねぇよ。山木の誕生日、そろそろ、覚えろよ!!!wwww」
助手「あと。10日がおぜちゃんの誕生日だったのも。もちろん、覚えてますよね????」
教授「!!!!!!!!」
教授「もももももももちろん。おぼぼぼぼぼえてマスよ!!!」
教授「えっと。た、誕生日プレゼントは・・・・えっと・・・・・森戸の貞操で良かったかな??おぜちゃん」
助手「よくねーし、勝手にあげんなし!!!」
助手「だ、大丈夫ですよね??忘れて・・・・・ないですよね??!!(念押し」
教授「わ、忘れてないょ。この2週間、ちょっと、忙しかったから、更新出来なかっただけだょ。。」
教授「おめでとう!!おぜちゃん!!!素敵な1年にしてね!!!」
助手「大丈夫かょ・・・・」
教授「で。森戸さんへのフルエモーションドライブは、明日書くわね!!」
助手「そうしましょう!!!」
教授「・・・・・・・・・・・・・・・・・」
教授「そーいえばさ、Qさまを昨日、観たんだけどさ」
助手「うん」
教授「戦国武将スペシャルみたいのやってたんだけど」
教授「伊沢くんのトコのクイズノックだっけ??あそこの人達が出てたんだが・・・・」
助手「ほいほい」
教授「クイズノック1の歴史王って子が、驚く程、戦国知識がなかったんだが。あれで歴史王名乗ってOKなのか??」
助手「マジで??」
助手「どれぐらいダメだったの??」
教授「今川義元の居城(駿府城)を知らないレベル」
教授「あと。一夜城(墨俣城)を知らないレベル」
助手「・・・・・・・・・・・・・」
助手「歴史王ならむしろ、秀吉の一夜城と聞いて、石垣山城と墨俣城で悩んで欲しいぐらいだね。。」
教授「そんな次元じゃなかったわ。ヒントで『すの○○城』まで出てるのに、答えられなかった」
助手「マジカヨ!!」
教授「あと。前にQさまに出た時は、彼、『三本の矢』で、毛利元就を答えられなかったぞ」
助手「・・・・・・・・・・・・・」
助手「それは、間違いなく、歴史王じゃないねぇ・・・・」
助手「バサラ女子や無双女子でも即答出来るぞ。毛利元就は。。。」
教授「そりゃさ。歴史好きじゃない人が、駿府城や墨俣城を知らなくても・・・私は何も文句は言わないし、disったりしないぞ」
教授「むしろ、歴史好きじゃなきゃ、知らなくてフツーだと思う」
教授「でも。クイズノック1の歴史王が、墨俣城も知らないの、ってゆっか、毛利も知らんのは話にならんぞ」
助手「そうねぇ。歴史王がそれは、アカンわね」
教授「ほら。一般人が、スッペシャルジェネレ〜ション知らなくても、何も疑問に思わないし、別にフツーの事じゃん」
教授「でも。『ハロプロ王』を名乗るヲタが、スッペを知らんかったら、『ちょ、待てよ』になるでしょ??」
教授「そのレベルだぞ、これ!!」
助手「確かに。ハロプロ王がスッペを知らないレベルかもしれん。歴史王が毛利元就を知らないのは・・・・」
教授「最近、アンジュルムを好きになったオシャレ女子が『前田憂佳って誰?』って言っても、『そりゃ、まぁ、知らないよね・・・』って許されるけど」
教授「自ら『ハロプロ王』を名乗るヲタが、『え?前田憂佳??誰??』って言ったら、蹴り飛ばすだろ??」
助手「うん。蹴り飛ばすわwww」
助手「むしろ、譜久村呼んでこい!!似非ハロプロ王。譜久村にボコってもらおーぜ!!!www」
教授「うむ!!そーゆーことよ」
助手「まぁよーするに、歴史王の肩書きがアカンのよね。この案件はwww」
教授「それな!」
教授「つか。我が家は『東大王好き』なので、みんな、伊沢君には好意的なんだけど・・・・・」
教授「彼らが余りに歴史問題で無能だったせいで。うちのかーちゃんが、『え?クイズノックってなんなの??役立たずすぎて、伊沢くんも嫌いになりそう』って言ってたwww」
助手「伊沢君、まさかの連帯責任wwww」
助手「Qさまに出てなかった伊沢君に罪はないから!!!赦してあげて!!!wwww」
教授「うちのかーちゃん。過激派だからな・・・・www」
教授「とりあえず『歴史王』を名乗らなければ、全然、許容範囲なんだけどね。『歴史王』の肩書きで、駿府城を知らないのはアカン」
助手「それは確かにね。『歴史王』を、名乗ってはいけないな!!」
教授「つか。オレたちの歴史王は、磯田さんとか千田さんだから!!勝手に歴史王、名乗るな!!」
助手「あのオッサン、2人はwwwwww」
助手「レアな文献とかみつけると、少年の様にキラキラな目でハシャぐから。あのオッサンたちwww」
教授「オッサンなのに可愛いんだよな、あの2人wwww」
助手「むっちゃ、早口になるしwww」
教授「歴史番組であの2人が揃うと、チョ〜かわいいからwwww」
助手「でも、無邪気すぎて威厳がないから、『歴史王』の肩書きが全く似合わない気がするwwww」
教授「けど。歴史って考えてみたら、何百人、何千人と言う、他人の『人生』を、考察しなきゃいけないジャンルなんだよな」
教授「それってほんと。好きじゃ無きゃ、まず、出来ない事だよね」
助手「歴史はマジで、趣味人間じゃないと、楽しめないジャンルだと思いますわ」
教授「うむ。歴史とは、いとエモしだな!!!」
助手「ってか、今日の更新はなんだったんだwwww」
教授「いや。Qさま観てて、あまりに『歴史王』が酷すぎたので、ちょっとdisりたかったwww」
教授「では、今日はここまで!!ばいちゅん!!!」

 

第3章 Promised pinky ring



はい!!オゼムスの第3章行きます!!
更新速度は期待しないでね!!


第3章 Promised pinky ring

https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=12388892



章タイトルでなんとなく、どこらへんのメンバーがメインか解ると思われるwww
サースブルグと魔法学校が舞台になります。
魔法学校のメンバーも、色々活躍する予定。
2章よりは、ライトな内容になると思いまする。よろしく!!
 

先週のハロプロ



教授「はい、どーも!!!」
教授「最近。平日更新が全然出来なくて、すまんな」
助手「忙しいんですかね?平日は??」
教授「忙しいと言うか。なんか、色々、しんどいな」
助手「何が・・・・・??」
教授「あれですよ。うちのばーちゃんは、介護認定が3なんですが・・・・」
教授「まぁ、2と3の間ぐらい??」
助手「はいはい。とりあえず、色々と手助けいるヤツですね」
教授「で。2週間ほど前に、うちの母ちゃんが右腕骨折しまして・・・・」
助手「あっ・・・・」
教授「・・・・・後は解るな???」
助手「察しました。こりゃ、しんどいwwww」
助手「母ちゃんの手助けもいるんじゃん。なにしとんねん、かーちゃんwww」
教授「わたくし、平日はフツーに仕事も行ってるし。さすがに、疲れるったらありゃしない」
教授「平日はもう、FGOぐらいしか、やる心の余裕がないよ・・・・」
助手「それでもFGOはやるのかよwww」
助手「清少納言がまさかの、実装されましたね」
教授「そう!!!」
教授「私の大好きな清少納言が、まさかの、パリピJKになって、実装されましたwwww」
教授「しょーじき。小学生の頃からの推しだった清少納言が、パリピJKになって実装されて、戸惑っている」
助手「教授、いつも、『生まれ変わったら平安女流歌人になりたい』って言ってるもんね」
助手「これはさすがに、予想だにしない展開でしたwwwww」
助手「キラキラのアーチャー。絶対、出雲阿国だと思ったね」
教授「間違いなく、出雲阿国だと思ってた。石川県で発表だったし・・・・」
教授「石川県で発表だったから『石川五右衛門派』も多かったけど」
教授「石川県小松市が、子供歌舞伎が有名な場所なので・・・・歌舞伎の始祖である、出雲阿国を子供化して実装したんだと、完全に思ってたわ」
助手「深読みしたのに、まさかの、石川県なんもカンケーねぇ、清少納言さんwww」
教授「でも。去年ぐらいに、清少納言は現代にいたら『インスタのキラキラ女子になってそう』みたいな話題が出てたから・・・」
教授「それを考えると、パリピJKキャラになるのも。少し解る気もするwww」
助手「キラキラのアーチャー。解らなくもないwww」
教授「『春はあげぽよ』で、お茶吹くかと思ったわwwww」
助手「これは実に、女流歌人!!!wwww」
教授「清少納言がなぎこさんで、紫式部が香子(かおるこ)さんで呼んでるの、あれ、何気に本名なんだよね」
助手「なぎこと、かおるこ。綺麗だよね。2人とも、お名前」
教授「ってか。FGOの紫式部、むっちゃ好きなんだけど。こっち、ピックアップしてくれよ」
教授「まぁ、なぎこさんも、GETしたけどwwww」
助手「したんかい!!!www」
教授「パリピJKにされてても、一応、推しやし。清少納言」
教授「でも。何故か☆4より☆5の方が出やすい気がするんだけど。マリーを引きたくて30連ほど引いてたら、なぎことジャックザリッパーが出てビックリしたわ」
教授「マリーは出なかったけど、結果オーライだな!!」
助手「アーチャーとアサシン、戦力弱かったから、丁度良かったじゃないですか」
 続きを読む

アンジュのシリイベに行ったよよよよよ


教授「アンジュのシリイベ行って来たわよー」
助手「おぉ。どうでした???」
教授「曲数が2曲しかなくって、ビックリしたwwww」
助手「少ねぇえええええ!!!!wwwww」
教授「ベリとかカントリーもMC時間長いグループだけど、それでも絶対3曲はやるから」
教授「ホントに新曲の2曲しか歌わないの、ビックリしたよ。まぁ、MCコーナー面白かったけど」
教授「1公演目はMCコーナーがヲタイジリだったから微妙だったけど。2.3公演目は対決系で超オモロかったwww」
教授「やっぱ、アイツらは。メンバー同士でウェーイなコーナーやってるのが、楽しいよwwww」
助手「対決系でもウェーイになるのか、やっぱwwww」
教授「対決コーナーの内容が、すっごいカントリーっぽい。女性マネージャーさん、カントリーと同じ人だからかな??」
教授「カントリーでも観てたし、カレコスでも観てたし、アンジュでも観るし。むしろ、あの人しか、マネージャー知らないレベルなんだが、わたしwww」
助手「草wwwww」
助手「ハロプロ、スタッフ足りなさすぎだろwwww」

 続きを読む

なっきぃイベに行って来た



教授「あっぶねーーー!!!」
助手「ホワイ??」
教授「今日、アンジュのシリイベあるんだった!!!」
教授「完全に明日と思い込んでて、のぶやぼ(信長の野望)を久しぶりにやっちゃうトコだった・・・・」
助手「それはあっぶねーーーー!!!!」
助手「のぶやぼやったら、夕方まで気づかないまま、一日が終わってた!!!」
教授「あっぶねーーー!!!」
教授「とりあえず、出発する1時ぐらいまでに、さっさとブログ更新終えておこう!!!」


助手「ちぃちゃん。歌唱はしばらくしませんのお知らせ、来てたわね」
教授「そう」
教授「お知らせ、心臓に悪い。心臓止まるかと思ったよ・・・」
教授「まぁ、勿論。喉の状態も心配だけど。」
助手「ちぃたん、ずーっと喉の調子悪かったモンね」
教授「むすぶが手術する前から、『むしろ、ちぃたんの方が喉の調子悪そうじゃない??』って、仲間うちで話してたレベル」
教授「対策するの遅いわよ、クソ事務所」
教授「でも。カントリーが無事に終わるまで、粘ってくれてたのかなって思うと、まぁ、一概に文句は言えないけどね」
助手「それな。ちぃたん的にも、一区切り付けてからにしたかったのかもね」
教授「もう。ゆっくり喉休めて下され。バーイベはもう、延期でええよ、なんなら」
教授「手術にしないで、休めて経過観察にしたのは、バーイベあるからだとは思うけど・・・・」
助手「延期でいいけどね。全然」
教授「ちぃたんはカントリーヲタの一縷の希望なんだから、無理しなくてよろしい!!」
教授「とりあえず、生田に歌わせとけ!!」
助手「やったぜ、生田!!パート増えるよ!!wwww」
助手「まぁ、でも。ブログ観ると体は元気そうだしね。ちぃたん」
教授「元気そうで、よか」
教授「バーイベと言えば・・・・・」
教授「こないだ、なっきぃのバーイベも行きまして」
助手「おぉ〜なっきぃ!!!」
助手「どうでした??」
教授「久々に、なっきぃのキレキレのダンス観れて何より!!」
教授「ダンスが踊りたいと思ったらしく、すっごい、ダンス曲セトリで、アタマがおかしいレベルだったww」
助手「アタマおかしいレベルとは??wwww」
教授「凄いぞ・・・・」

1,好きすぎてバカみたい
2,KISS ME 愛してる
3.気まぐれプリンセス
4.もしも・・・
5.私立共学
6.奇跡の香りダンス
7.凜
8.ダンスでバコーン


助手「・・・・・・・・・・・・・・」
助手「アタマおかしい!!!wwww」
助手「何故、ひとりで、KISS MEをやろうと思うのか?!!!」
教授「何故、ひとりで、ダンバコをやろうと思うのか?!!」
教授「しかも。ソロの時ってフツー、ダンス、あんまり踊らないじゃん?なっきぃ、全部、ダンス完コピだったからwwww」
助手「アタマおかしい・・・・wwww」
助手「これ、歌えるの??」
教授「はっきり言おう。歌は完全に捨ててたっ!!!wwww」
助手「ダヨネーwwww」
教授「ヲタがカラオケで、完コピで歌ってる時みたいな状態になってたもん」
助手「デスヨネーwwww」
助手「ひとりで完コピしながらやる曲じゃねぇよ、ダンバコとかwww」
教授「でも、超〜おもしろかったけど。ダンスは相変わらず、キレッキレで」
教授「本人も、そのうち『ハロプロの曲をかけて、ダンスだけやるイベントやってみたい!(希望 』って言ってたし」
教授「歌は本人も今回、度外視してたからね」
助手「じゃぁ。おださく連れて来て、歌だけ歌わせて、隣でなっきぃが踊りまくるイベントやればいいんじゃない??www」
助手「おださくも喜ぶ。なっきぃも楽しいで。WINWINじゃん」
教授「うーーん。おださくは大勝利だけど、なっきぃ的には、歌う人は別に、おださくじゃなくて良いようなwwww」
教授「隣からキモイ目線で観られるだけだし。それなら、さゆきとかでもええわwwww」
助手「それもそーだなwwww キモい思いしてまで、おださく呼ぶこともないなwwww」
助手「ダンスメインか。確かに、卒業してから、がっつりとだんすやる機会なかったろうしね」
助手「たまにやりたいんだろうね」
教授「でも。素になって考えて『自分はアイドル卒業したのに、なんでダンスがっつりやってるんだろう?』と恥ずかしくなったらしいwww」
教授「『だから、ファンのみなさんも踊って下さい』って言ってたwww」
助手「そうね。アイドル卒業したのに踊ってる自分より、アイドルでも何でも無いヲタクが踊ってる方が、数倍恥ずかしいしねwww」
助手「恥ずかしさが紛れるわよねwww」
教授「任せとけ、なっきぃ!!!『もしも・・・』も、アイドルでもなんでもないヲタクが、一緒に、超〜可愛く踊ってやるわ!!www」
助手「想像すると地獄絵図だな。ヲタの『もしも・・・・』ってwww」
助手「でも。もしも・・・・いいですね!!懐かしい!!!」
教授「好きバカとか、もしもとか。カントリーコンを思い出しちゃうわ」
教授「つか。なっきぃイベでやる数日前に、偶然、久々に『もしも・・・』聞いてたんだけど。」
教授「当時って、あんなに、あやちょって歌、ヘタだったっけねwwww」
教授「びっくりしちゃったwww」
教授「パイセンが超〜上手いwwww」
助手「パイセン以外、絶望的だよね。もしも・・・・のメンツwww」
助手「久々に『もしも・・・』のCD聞くと、パイセンがひとりだけ、歌のお姉さんみたいなんだよねwww」
教授「フクちゃんも、今より全然ヘタでびっくりした。でもまぁ、フクちゃんは当時、加入して間もないからしょーがないけど・・・・」
教授「あとの3人がwwww」
助手「その代わり、セリフに可愛さ全振りだから、あの3人はwww」
教授「真野パイセンの、セリフの可愛さよwwww」
教授「しかし。フクちゃん、あの状態から、よく、モーニングの歌の要に成長したよな」
教授「あんな酷かったっけ?フクちゃんもwww」
教授「今では、♪キミが好きさ!・・・・とか、超〜カッコ良く歌ってるのに」
助手「成長って素晴らしいね。当時のわだちょでは、蒼井優ちゃんも、BAYホールの高台部分を貸し切らなかっただろうもん」
教授「お前がBAYホールの高台貸し切るから、ワシは、あやちょのソロイベ落ちたんじゃ!!wwww」
教授「久々に聞いて、『もしも・・・・』超おもしろかったww」
教授「でも、もしも・・・・のなっきぃ可愛かったな。ダンスも可愛いんだよね、あの曲」
助手「凜って曲、初めて聞きますが・・・・」
教授「そう!!私も知らなくて、舞美ヲタに聞いたら。超〜最後の方に発表になった℃−uteの曲なんだって」
教授「ラストツアーも後半でしかやってないらしい」
助手「そら知らんわ。高騰しまくってたから、清水しか行ってないわ、ラストツアーwww」
教授「パイセンラストと被ってたからね。だから、私も、初めて聞いたよ」
助手「私立共学は逆に、7人時代の曲よね??」
教授「そうそう。梅さんが居た記憶あるわ」
教授「気まぐれプリンセスを踊るなっきぃが観れるのも良いよなー!!キレッキレで!!」
教授「相変わらず可愛かったし!!」
教授「年1じゃなくって、もうちょい、なっきぃの歌やダンス観れるイベントあると、うれしみずなんですが・・・」
助手「舞台がやっぱ、メインだからねぇ」
教授「うーーん。舞台も絶対観に行くと楽しいって解ってるんだけど。どうしても舞台なら、『コンサ1つ増やすか』ってなっちゃうんだよね。。」
教授「モーニングとアンジュとカントリーと。前まではジュースまで抱えてたからwwww」
助手「挙げ句、つばきもこぶしも行ってたしねwww」
教授「これはもう、手が回らないのやむなし」
教授「でも。こぶしもなくなるし、夏以降はむすぶちゃんも卒業だし・・・・。少し、MーLINE側にも時間を割けるようになりたい」
助手「きっと、ならないですよwwww」
教授「なりたい!!!(願望 wwwww」
教授「あ。すっごい関係ないけど。FGOの塔イベ。最終的に158階まで行ったよ!!!頑張りました!!!」
助手「おぉーーーーーー!!!」
助手「マギレコの塔イベは???」
教授「17階wwww」
助手「明らかにマギレコ、手を抜き始めてるwwww」
教授「ちょっと飽きてきちゃって。強くなりすぎると、やっぱ、飽きちゃうんだよね。私。マゾプレイヤーだからwww」
助手「4年以上の遅れがあるFGOをプレイは、ハードル高そうだもんね。こっちの方が確かにハマるか」
教授「では、マゾプレイヤーらしく、後で『のぶやぼ』を、村上家でスタートするか!!!!」
助手「すっげぇ、マゾwwww 村上家でどうやってクリア出来るの???wwww」
教授「私は、のぶやぼのプロだから、クリア出来るのですよ。頑張れば・・・・」
教授「つーわけで。今日はここまで・・・・・・ばいちゅん!!!」
 

おぜちぃと魔法のがおっきーちゃん


※今日は無駄に長いです

教授「はい、ども!!」
教授「ちょっと先週、色々あって、ブログ更新出来なかったっす。申し訳ねぇ」
助手「FGO??」
教授「いや。FGOもまぁ、塔イベやってて、忙しい事は忙しいけど。。家の事情でちょっと・・・色々ありまして。。」
教授「ってかFGO!!まだ開始して一ヶ月のクソザコなのに、塔イベ100階クリアしたの、偉くない??」
助手「超エラいと思うわ。でも、あと100階あるんでしょ???www」
教授「114階まで来てる。多分、200階は無理そうだな」
教授「レベルが低いからコストが低すぎてさー。☆5と☆4サーバントで固めちゃうと、今度は礼装が装備出来ないし」
助手「あーー。こればかりはしょーがない。レベルは急に上がらない」
教授「手持ちのサーバントも少ないし・・・」
教授「まぁ、周りのユーザーは4年ぐらいFGOやってるんだもんな。それぐらい難易度高くないとね」
教授「でも。そんな中、開始1ヶ月で114階まで到達したの、絶対偉いって!!!」
助手「偉いけど、情熱をもっと、違う方にかけてwww」

 続きを読む

ざつだん


 

教授「どもーーー」
教授「今日は大阪のハロコンだったんだねぇ」
助手「そうですね」
助手「教授は自宅待機??」
教授「オリックスホール、見づらいわ狭いわで嫌いなんだよねぇ」
教授「NHK大阪なら、絶対行くんだけどなぁ・・・」
助手「あそこでハロコンは、狭すぎだからしゃーないね」
教授「とりあえず、むっちゃ一生懸命、FGOで育成してたわ。」
教授「もりもりレベルアップするから、もりもりと捗る」
教授「でも。素材集めはやっぱ、シナリオを進めてからじゃないとダメそう。」
助手「素材集め大変みたいね、FGOは。頑張って〜」
教授「頑張る〜!!」

続きを読む

なんかもう、、


教授「あのさぁ!!アンジュさぁあああああああ!!!!」
助手「冒頭から粗ぶってるwww」
助手「・・・・・・いや。まさかの展開ですね。。むろたん」
教授「まさかの展開だし。どーみても一番、アンジュの空間を満喫してたヤツだし」
教授「マジ、意味が解らないんだけど。なんで室田、辞めんの??むしろ、なんで、むすぶを追い越して辞めるの??www」
助手「これはさすがに、ちょっと普通じゃない気が・・・・」
教授「まぁ、これは・・・・フツーじゃないよね」
助手「すぶたん、まさかの、卒業お預けwww」
教授「誰かの卒業前に、別の子が割り込んで卒業しちゃうパターンは何度も見たことあるけど・・・・」
教授「割り込まれたせいで、卒業する予定日ごと、延期させられるパターンは始めてみたわwww」
教授「卒業、お預けパターン」
助手「むすぶちゃん、ウェイト!!」
教授「一周回って、ちょっと、笑ってしまったわ。斜め上の展開すぎて!!」
助手「ショックとか通り越して、ポカーンって感じになったよねwww」
助手「なんだろうね??」
教授「解らない。が。なんか考えてもどーにもならなそうなので、もう、考えるのよそう!!」
教授「それより、私の推しメンがどんどん辞めていくんですけど、どーなってるんですか!!アンジュさん!!!」
助手「アンジュ。綺麗に、教授の推しが抜けて行くよね」
助手「逆に聞くけど。かななんも抜けて、室田も抜けて、むすぶが抜けると・・・・アンジュ。誰が一推しになるの??教授って」
教授「室田が抜ける展開、考えてもいなかったから、考えた事もないわ・・・・」
教授「・・・・・・・・・・・・誰だろ」
教授「カミコか。ももなかなぁ・・・・・」
教授「マジ。考えてもいなかったわ。。」
教授「すっげぇ、ショックなんだけど。なんだかんだ。研修生の頃から、観てたから。悲しい」
助手「℃-uteの帯同とか、しょっちゅう室田、ついてたもんね」
教授「すっかり、アンジュの顔的な存在になってたし。室田いなくなると。アンジュも相当、寂しくなるよね」
助手「でも。むすぶが卒業したら、むすぶのパートが他の子に渡っちゃうのかぁ・・・・とか、思ってたけど」
助手「先に、膨大な室田パートが一斉配分になってしまうという、予期せぬ展開ですよね」
教授「歌の要の2人が抜けちゃうの、マジで、ヤバイのでは?アンジュ」
教授「これ。こぶし解散後、れいれい迎え入れるパターン。冗談抜きでありそうだな」
助手「冗談ではなくなってきましたね」
教授「それか。むすぶちゃん。卒業、止めちゃえばいいんじゃないかな??www」
教授「このまま居てもええんやで??むすぶちゃん。気が済むまで居ってええんやぞ??」
助手「でも。これでなんかちょっと、解った気がしますね」
助手「今回のハロコンで、むすぶの卒業を、全く触れてない件!!!」
教授「それ!!!!」
教授「『ホントにこの子、卒業するの??』って疑問に思うレベルで、ハロコンでむすぶの卒業に全然触れてないんだけど・・・・」
教授「これは触れられない!!卒業する日が、まさか、3月じゃなくなってたとは!!!www」
助手「そりゃ、触れないわ。MCで卒業に触れれば、当然、卒業予定日(3月卒業)ぐらいは言わないとダメだけど・・・・」
助手「その卒業予定日が延期になってるんだもん!触れられないわ!!!」
教授「マジ。まさかの展開・・・・」
教授「ってか。むすぶちゃんの卒業が延期するとはなぁ・・・」
助手「延命したと言えば、延命しましたね」
教授「1秒でも長く、ハロプロのむすぶちゃんを観ていたかったので、それに関してはありがたいけど」
教授「でも。5月とかはもう、むすぶちゃんはいないハズだったから、モーニングの中野とか、フツーに申し込んじゃったわよ。」
助手「スケジュール、チョー被りそうwwww」
教授「つか。4月以降は森戸さんを一生懸命応援しなきゃって思ってたけど・・・・・やっぱ、夏以降になりましたわwww」
教授「さーせん。森戸さん、テヘwww」
助手「これは教授は悪くない!!そして、むすぶちゃんも悪くない!!!ヒャクパー室田が悪い!!www」
助手「でも、これ。ワンチャン。むすぶのバーイベ、あるんじゃない???」
教授「確かに!!春ツアーがいつまでなのかわからないけど。。ワンチャン。バーイベあるかもな」
教授「もう、むすぶのバーイベはないんだ・・・・・って、悲しかったけど。あるといいな!!!」
教授「あ。ちなみに、もりとちのバーイベは受かってたよ。良かった良かった」
助手「おぉ、良かった!!!」
教授「しっかし。室田ショックに驚きすぎて、今日は、私のお話をしてる場合じゃなくなったわね」
教授「体調不良のまま名古屋に行き。散々楽しんで、遠征から帰った翌日の夜。体中に謎の蕁麻疹が発生した、私の話をwwww」
助手「相変わらず、変な病気になるよね、教授はwwwww」
助手「ぶ、無事なの???」
教授「2日間、死ぬほど痒かったけど・・・・。今はかなり、蕁麻疹は落ち着いてる」
教授「病院で観て貰ったら、『中毒疹』って言われた。なんか、体力が低下してる時とかに起こりやすいみたい」
助手「病み上がりで遠征4公演は体力低下するわよね」
教授「チョー楽しかったけどな」
教授「しかし。今日はハロコンの話も、ちょっとしようと思ってたけど。それどころじゃなくなったな・・・」
助手「室田ショックに完全に心を持っていかれましたね。。」
教授「やまだーの話もしたかったけど、日を改めてするよ」
教授「ともかく。。今日はここまで。。ばいちゅん」

 

ノースヒルデの聖剣11

つーわけで。


ノースヒルデの聖剣11

 https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=12249306#1

遠征先のホテルで暇潰しに書いた。偉い!
2章は完結しましたー。
今日も今日とて名古屋ハロコン。
病み上がりでしんどいが、楽しむわよ!!
 

ざつだん


教授「はい、ども」
教授「昨日は久々に、食あたりで、死ぬかと思ったわ」
教授「一昨日の夜から昨日の午前中、ずっと、ぶっ倒れてた」
助手「マジっすか?冬に何喰ったの??」
教授「わかんない。。ヘンなモン、別に喰ってないんだけどなぁ・・・・」
教授「強いて言えば、職場の差し入れの干し芋じゃろか?」
教授「職場で16時ぐらいから、徐々に、気持ち悪くなったから」
助手「干し芋であたるのか??」
教授「アレ以外、思い浮かばないんだよなぁ・・・・」
教授「ペタペタしてた。でも、干し芋って、あんな感じかなぁ〜って」
助手「うーーん。なんとも」
助手「とりあえず、名古屋遠征の前日じゃなくって良かったね」
教授「良かった。もう、干し芋は食わん!!ってか、他の職場の連中も被害受けてないのだろうか・・・・??」
助手「そう言えば。名古屋遠征の朝は、また、雪の可能性あるみたいねwww」
教授「名古屋の日って、なんでいつも、雪なのさ〜!!去年もそうじゃなかった???」
教授「でも。そんなに酷い雪にはならなそう・・・・と、信じたい」




〇脱出ゲーム

教授「やまだーが相変わらず脱出行って仲良しで、何より」
助手「ってか。いつも思うが、脱出ゲームの同じチームに、普通にやまだーがいるって、よくよく考えると凄いよねwww」
教授「凄いし、私も脱出ゲームすっごいやりたいんだけど・・・・ガチ勢とやるの、やっぱ、怖いんだよなぁ・・・」
教授「やまっきのイベントだと、チーム組むのはド素人のヲタばっかだったから、良かったけど」
助手「ド素人同士で和気藹々とやりたいよね。ガチ勢と一緒になると、怖そう」
教授「今度。カントリーヲタの知り合いとかに声かけて、脱出ゲーム参加チーム組もうかしら・・・」
助手「それが妥当かもしれん。それで、グルチケ買ってね」
教授「でも。そこまでするのも面倒くさいって思ってしまう、自分もいるんだがwww」
助手「まぁ。そこまでガチ勢でもないからね、うちらも。難しいwwww」
助手「やはり、山木がイベントやってくれないと・・・・」
教授「ってか。もう、ハロプロとか関係なく、山木が個人的に脱出ゲーム貸し切りイベすればいいんじゃん??www」
助手「それ、すっごいやって欲しいけど。それ、完全に、山木次第だからwwww」
助手「むしろ。だーちゃんとか、かえでぃあたりが、脱出ゲームイベントを引き継げば良いのでは???」
教授「それだ!!!!だーいし!!今こそ、やまだーの絆を見せるとき!!」
教授「『脱出ゲームしたいけど、山木のイベントがなくなって、脱出出来ないよぉお』って、ひよってる山木ヲタを、君が救うんだ!!」
教授「『脱出したいよぉ!』系の山木ヲタは、多分、森戸と船木では救えない!!!」
助手「アイツら脱出ゲーム、1ミリも興味なさそうだもんな・・・・wwww」
教授「ふなちゃんの方がまだ、興味ありそう。森戸はない!!」
助手「ふなちゃん。幕張の脱出ゲーム、カミコと参加して、脱出成功してたもんね」
教授「それを聞いた、脱出失敗したカントリーヲタが、みんな口をそろえて『さすがカミコ!!』って言ってて、ひどかったwwww」
助手「ふなちゃんも謎解き、頑張ったのぉお!!!カミコひとりの力じゃないのぉおお!!!wwww」
教授「でも。ふなちゃんは、お勉強はできないけど、頭の回転は速いから。金田一少年の様に、勉強はできないけど謎は解けるみたいな展開、アリだと思う」
教授「船木少年の事件簿」
教授「おぜちゃんとコンビ組んで、事件解決してほしい」
助手「で。ライバル探偵として、某有名大学のお嬢探偵『梨沙お嬢様』が現れるんでしょ??www」
教授「明智枠だwwwww」
教授「執事の石田引き連れて、梨沙お嬢様は謎解きするんだけど。」
教授「的外れな回答をして、石田に『お嬢様の目は節穴でございますか?』言われるんだよ」
助手「別の漫画が混ざってきてるwwww」
助手「でも。面白そうだな、船木少年の事件簿wwww」
助手「もりとちは出ないの??」
教授「もりとちは、謎解き系に1ミリも興味なさそうすぎて・・・・wwww」
教授「犬の役とかでいいんじゃない??」
助手「テキトーwwww」
教授「そう言えばカントリーが超初期の頃にさ。パイセンがメンバーに謎解き系の問題を出したんだけど・・・・」
教授「その時。やまっきが30秒ぐらいでその問題を解いて、しばらくしておぜちゃんも解いて。まなかんは、『もう解答言おうか?』ってなってるのに、何十分もかけて悩んで解いて・・・」
教授「もりとちは、解んないし考えるのめんどくさいから、ネットでググってカンニングした・・・・って事があったのを、凄く思い出したwww」
助手「森戸さんwwwwwwww」
助手「ダメだ、アイツ。絶対、脱出ゲームできないタイプだ!!!www」
教授「下手したら。事前にネットで正解ググってから、参加しかねないタイプ!!ダメだ!!wwwww」
助手「じゃぁ・・・・森戸さんは、船木少年の事件簿も。。犬の役でwww」
教授「で、あるか!!」


〇FGO

教授「話変わるが。最近。FGOを初めて、死ぬほど毎日がソシャゲで忙しいのだがwww」
助手「待って!!なんで今更、FGOを始めたの!?www」
助手「凄い遅い!!!wwww」
助手「マギレコと連番でアニメやってるから??」
教授「いや。理由を話すと長くなるんだが・・・・www」
教授「実はFGOにハマったのは、もうちょい前で、去年の夏ぐらいなのよ」
教授「私が上杉謙信大好きなのは、うちのブログを読んでるとご存じだと思うのだが・・・・」
助手「そうね。上杉信者よね、教授」
教授「でも。私は上杉謙信と言うより、幼少期〜長尾景虎時代が一番好きなのよ」
教授「父ちゃんに嫌われて寺に入れられて。でも、無能な兄に成り代わって、黒田を討伐した事で、景虎派が増えて。兄とも険悪になっちゃって」
教授「最終的には、越後守護の上杉定実の調停の元、兄の養子になって、家督を継ぐというドロドロっぷり!!」
助手「これは、戦国時代の昼ドラ!!!wwww」
教授「また。景虎の父親に傀儡にされてた上杉定実が、景虎の父親が嫌ってた景虎を擁立するようになるのが、エモいよね〜」
助手「色々と昼ドラだわwww」
助手「その時代が好きだから、教授は意外と、戦国自衛隊THEミュージカルが好きなんでしょ??www」
教授「そうそう!!!評判くっそ悪いけど、上杉謙信でわざわざ、黒滝城の戦いを取り上げてくれるアイドル舞台の脚本なんて、革新的だぞ!!www」
助手「確かに。アイドルの舞台でわざわざ、黒滝城の戦いは取り上げんわwww」
助手「あれは100回ぐらい言ってるけど、ミュージカルにしないで、舞台にするべきだった」
教授「舞台にした上で、伊庭ちゃんと景虎君が信頼関係を結ぶ流れを、もうちょい丁寧に書けば名作になったかもなのに。惜しい!!」
教授「んで。話は戻るが・・・・・」
教授「私はまぁ、景虎時代が好きなんだけど。FGOで実装された八華のランサーが、『上杉謙信』ではなく『長尾景虎』で実装されたって噂を聞きまして」
助手「あぁ〜〜〜なるほど」
教授「でも。『へぇ。そうなんだ・・・・・』って。その時は、ゲームをやってないので、あまり気にして無かったんだけど」
教授「2ヶ月後ぐらいに、凄くヒマな時があって、『なんか動画でも見ようかな』って思ってた時に・・・・『そうだFGOの、景虎ちゃんのイベントの動画あるかな?』って」
助手「あーーー。動画でイベント観た流れか!!!www」
教授「元々、ノッブが好きなので、ノッブ絡みのイベントは動画で時々観てたんだけど。面白いから」
教授「ノッブとカッツのカプ好きなんだわ」
助手「姉弟カプだ」
教授「したら、景虎ちゃんのもノッブ絡みみたいだし。面白そうだから観ようかな・・・って思ったら」
教授「むーっちゃ。景虎ちゃんが、私好みでして!!!!」
教授「え?!景虎ちゃん、むっちゃゲームで使いたい!!!ってなってwww」
助手「そう言う流れかwwww」
教授「シナリオもくだらなくて、死ぬほど面白かった。本物信長出てくる流れとか、バカすぎてwwww」
教授「でも。もう、イベント終了しちゃってたし。景虎ちゃん、イベント配布キャラだから。イベント復刻されないとゲット出来ないんだけど・・・・」
教授「復刻されても、参加条件とかあるから。とりあえず、ある程度育てておかないとなぁ〜〜って」
教授「けど。あれこれしてる間にカントリーの活動停止が出て、FGOやってる場合じゃなくなったので・・・・・」
教授「カントリーが終了した、今。こうして、FGOを始めたのですよ」
助手「なるほど。理解した!!!」
助手「今から始めると、大変でしょ??遅れまくってて」
教授「大変だね〜。とりあえず、初心者特典で、キャラを1つだけ最終降臨まで育ててくれるシステムがあるので・・・・」
教授「初めてGETした、☆5のアルテラさんを最終降臨して、頑張ってる」
教授「でも。今んとこ引きが良くて、楊貴妃がまさかの10連一発でGETだったし。スカサハ師匠も、ピックアップで出たんだよ!」
助手「ビギナーズラックや!!」
教授「リセマラめんどいからしてないし。無課金で三体も☆5ゲット出来て御の字」
教授「ブラヴァッキーちゃんも来たしな」
助手「でも。マギレコとFGOの両立は地獄な気がするwwww」
教授「マジ、地獄だぞwww マギレコはオートがあるから、まだいいけど。FGOはオートなくて死にそうwww」
教授「まぁ。マギレコはメンバー育ち過ぎちゃって、少し飽きて来たので。FGO頑張ろう!!」
助手「マギレコは初期勢だもんな」
教授「今、アニメやってるから。それで界隈、盛り上がってるけどね。アニメは犬カレー空間満載で楽しいわよ!!」
教授「つーわけで、今日はここまで。ばいちゅん!!」


 

ノースヒルデの聖剣


教授「ノースヒルデの聖剣更新っす!!」

https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=12229801

助手「おぉ!!更新が早い!!!」
教授「私、後ろの方を先に書き終えちゃうマンなので、後ろの方が更新スピードが早いのですよ」
教授「大体、4話5話6話辺りが、一番、ダレるwww」
助手「ダレないように頑張って!!」
助手「ってか。おぜちぃがちょっとづつ、良い感じになってますね」
教授「1章ごとに、進展させて行きたいね。おぜちぃは」
教授「華のように、育むように、慈しむように!!」
助手「さすが、おぜちぃぐう聖勢!なんか。キモいwwww」
教授「とりあえず。名古屋遠征の前に、最終話をあげられるよう、頑張ります!!」
教授「名古屋の司会もハルちゃんだしね!!!!」
助手「そうだそうだ。名古屋も、ハルちゃんだったwwww」
助手「良かったね。ハルちゃん。中野でインフルで欠席にならないでwwww」
教授「これで、中野の司会、インフルで欠席になってたら・・・・・インフル界のレジェンドだったのにな!!」
助手「そんなレジェンド、いらんだろwwww」
助手「でも、まだ、ハルちゃん。名古屋でインフルの可能性あるから。気を抜けない!!!」
教授「耐えて!!ハルちゃん、耐えて!!!」
教授「ちなみに、わたくし。インフルではないが、風邪引いてるんですケドwww」
助手「ハルちゃんの事、言えねぇじゃんwww」
助手「ってか。なんだかんだで、ハルちゃん、大好きだよね。教授って」
教授「大好きじゃなきゃ、小説であんな、良い役やらんからな!」
教授「つか。最初にブログの方で『消えた魔法使い達』を書いてた時は、こんなに長期連載すると思ってなくって・・・・」
教授「ハロメンをガンガン出しちゃったのよ!!シナリオの中に!!あれで終わりと思ってたから」
助手「確かに!!あの章だけで、アンジュルム、出尽くしてるもんね!!」
教授「カミコとか、演技派だから。シリアス回まで取っておけば良かったなぁ〜って。少し後悔しているwww」
助手「でも、カミコはカミコで、ウェーイなムスブのクラスメイト役も、似合うんだけどねwww」
教授「そうなんだけどね。なんでも似合う、カミコwww」
助手「むしろ、ミナミナが完全に勿体ないでしょ???」
教授「そうなの!!出番殆どないのに、使っちゃって!!勿体ない!!みなみな使ってない事に、サイレント修正したいwww」
教授「それかアレだな!!オゼちゃんのクラスメイトのミナミナは、そのまま、存在させた上で・・・・・」
教授「ミナミー・ラ・ノムサンと言う、別キャラで、登場させる!!!wwww」
助手「ミナミー・ラ・ノムサンwwwwwww」
助手「リサ・ヤマキーヌの友達で出したいwwww」
助手「でも。モーニングもかなり出尽くして来てるから・・・・今後、配役が足りなくなりそうよね」
教授「そう!!だから、リサまるやキキちゃんは、死ぬほど大切に取っておくから!!!www」
助手「あ!!リサまるは演技派だから!!!大切に使わないと!!!www」
教授「リサまるやキキちゃんは、今後のシリアス回まで、大切にキープするわよ!!!!」
助手「そして、出し惜しみした挙げ句、エリクサーの様に使われずに終わる気がするwwww」
教授「あぁ〜。私、まさに!!エリクサー出し惜しみして、残しまくるタイプだわぁああwww」
教授「エリクサー、むしろ、使った事が無いかも。。」
助手「もったいねーなぁwwww」
助手「とりあえず。次の更新で、2章は終わりですよね」
教授「うむ!!!」
教授「2章はシナリオ重かったので、3章は少し、ライトなシナリオになると思います。」
教授「つーわけで。風邪気味なので、今日はとりあえず、ここまでーーー」
教授「ばいちゅん!!!」
教授「・・・・・・・・・・・・・・・」
教授「あ。そう言えば、だーいしのバーイベ。やまっきが友達代表で観に行ってたんだよねwww」
助手「そうそうそう!!!」
教授「こぶしショックで、その話、触れるの完全に忘れてたわwwww」
助手「気持ちはわかる!!!www」
教授「でも。こうして、やまだーの情報をあげてくれるだーいし、ありがてぇぜ!!!」
教授「だから。森戸も遠慮せず、『梨沙ちゃんとエッチした』とか、情報あげていいんだぞ!!!」
助手「あげねぇーーよwwww してたらむしろ、あげねーーよwwww」
教授「あげて欲しいなぁ・・・・」
助手「森戸の代わりに私が言おう。あげねーよwwww」
助手「つーわけで、ばいちゅん!!」
教授「あげないかぁ・・・・ばいちゅーん」

 

ノースヒルデの聖剣


 更新のお知らせ!!
ノースヒルデの聖剣

https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=12211953

やっとバトルシーンよよよよよ。
あと、2回ぐらいで多分、終わるかな???

そして、今日は昼だけハロコン!!!
良席なので、楽しんできまする。

こぶしぃ・・・・



は??こぶし???
え、ちょっと待って。マジで???
想像してなさすぎて、え・・・・ウソでしょ?!!!
カントリーの活動停止から3ヶ月後に、こぶしもなくなるって、本気かよ。。
え・・・・。こぶしのゆるいMCは、わたしの癒やしだったのに。。
私、5人になってからのこぶし、めっちゃ好きだったのに。・・・・え?
凄いショックなんですけど。。マジで??
ってか。むすぶちゃん卒と同じ時期??
これ、むすぶちゃんに全振りで、私、こぶし見に行けないパターンでは・・・。
ホントかよ・・・。うわ。異常にショック。なんだかんだ、愛着湧きまくってたのに、こぶし。。
浜ちゃんとか、熊井ちゃんの2分の1ぐらいの大きさの頃から観てるから、凄い悲しい。。
4月以降は、のむさんのゆるキャラMCに癒やされに、こぶしにも沢山行こうかな〜〜とか思ってたのに。。。


ってか。ハロプロ大丈夫なの?これ。
この短期間に、何人、ハロプロからいなくなるのよ・・・。
え??愛着ある子がどんどん辞めていくこの現状、めっちゃ嫌なんですけど。。
よくわかんないけど、なんか、やまっきに泣きつきたい気分。。
なぁ。こぶしも終わっちゃうってよぉ、やまっきぃ・・・・・。

ってか。やまっきと言えば。
啓太が、3人のピンキーリングを元にしたポエムを書いてくれたらしく、
フクちゃんのインスタストーリーでシレっと、「わーうれしい!って、3人のトークルームで盛り上がっております」って書いてあったなww
シレッと書いてくれて、サンキュー、フクちゃん。マジ、有能!!!www
そう言えばだーいしも、この前、シレッとショコラたん(山木家の猫)あげてたし。プロミスト・ピンキーリングの連中はさすがやな!!
今度はベルにゃんも、是非シレッとあげて下さい。お願いします。


つーわけで。。
急なこぶしの悲報に、だいぶ動揺しまくってます。。
なんかもう。。なんて言っていいのか、よく解らんよ。。
ともかく。メンバーも愛着湧いてたし、こぶしの曲も大好きだったので、本当に寂しいです。

 

正月が終わった。。



教授「はい、あけおめ!!」
助手「あけおめ!!」
助手「つーわけで。終わっちゃいましたね。正月休み!!!」
教授「・・・・・・・・・・・・」
助手「どうしました??」
教授「ちょっと、聞いて下さいよ!!」
教授「今年は土日が綺麗にハマったので6日にどの会社も一斉スタートだったワケですよ」
助手「そうですね」
教授「・・・・・・・・・・・・のに!!!!」
教授「今日、2人も休みが居て。はぁあああ!?って感じだったんだけど!!!!」
助手「まじで??wwww」
教授「死ぬかと思った。。途中もう、吐きそうと言うか。気が触れそうだった・・・・」
教授「解せぬ状況に、怒り心頭でしたよ!!」
助手「相変わらず、教授のトコ。酷いなwwww」
助手「病欠???」
教授「ひとりは元から休み入れてて。。でも、今日なんて死ぬほど忙しい日って解ってるので、そもそも、休み入れるなって感じなんだが・・・・」
教授「つーか。私が12月26日に休み入れようとしたら、上司に拒否られて、時間休で我慢したのに・・・・」
教授「12月。実は、25日も27日も休みいたんですよ??そして、死ぬほど忙しい事が目に見えてた今日も、おもっきり休みいるし!!!」
教授「だったら、26日。私も休ませてくれても良かったじゃん?!不平等くね??」
助手「すげぇ、不平等www 26日は別に、他に休みがいたワケでもないんでしょ?」
教授「いないよ!私が時間休2時間入れてただけだよ!!」
教授「私がいないとマトモに回らない職場なのは知ってるけど、だからと言って、私だけ、「忙しい日だから」って理由で休み貰えないのは解せぬ!!」
助手「1人に押しつける職場は、マジ、ダメよね」
教授「12月25日に出勤したら、1人フツーに休みが入ってた、あの時の衝撃ときたらwww」
教授「『ちょ、待てよ!!休みいんじゃん!!26日より、25日のほうが絶対、給料日だから忙しいのに!!はぁ?!』って感じだったわ」
教授「で。調べたら、27日の方も休み入ってやんの。大型連休前の最終日なのに!!」
助手「26日より、絶対、27日の方がヤバいのにねwwww」
教授「あまりにも頭キタから、12月26日に出勤した時、上司に『今日、2時間で申請してたけど、3時間にしてください!』って、ムダに時間休を1時間増やしたもんwww」
助手「ささやかすぎる抵抗で草wwww」
助手「そこは『今日、休みます!』でしょ??wwww」
教授「いや。。12月26日に、突発で休みはさすがに、他の無実の連中が可哀想かなぁって・・・・」
助手「そんな甘いから、休み貰えないで損するんですよ!!プンスコ!!」
助手「そもそも、1時間時間休増やして、意味あるの???wwww」
教授「グッズの代購はすでにお願いしてたから、1時間もらってもあまり意味はないので・・・・無駄にハロショ行ったwww」
助手「無駄金、使っただけじゃん!!www」
教授「そう!ハロショに行ったら、がおっきーのTシャツ売ってて。白地だからさ、『あ。これ。森戸Tで使えるのでは?!』ってなって」
教授「なんとなく、2枚も買うという、無駄金っぷりでしたwww」
助手「教授、元々ゆるきゃら好きだから、がおっきー、好きそうよね」
教授「超好き。がおっきーカワイイし。白がおっきーのペンを職場で愛用してるんだけどさ・・・・」
教授「胸ポケットに入れてるワケよ。で、アイツ、デカいから、いつも胸ポケットから身体はみ出た状態なんだけど・・・」
教授「したらこの前。常連のサラリーマンさんが、受付してる間、むっちゃ横目でがおっきーペンに釘付けになっててwww」
教授「わたしは『おっ!ハロヲタだな、キミ!!!』って、心の中でほくそ笑んでいたwwww」
助手「確かに。ハロヲタじゃないと、あれ見ても、べつに。フツーに、なんかのキャラクターだとしか思わないもんねwww」
教授「そうそう。職場の女子達はフツーに、『え、そのペンカワイイ〜!』って感じで。ヲタグッズだなんて、1ミリも思ってなかったもん」
助手「うむ!!ガン見する人は、間違いなく、ハロヲタ!!www」
教授「がおっきーのお陰で、うちの職場に2人、ハロヲタのお客さんがいるのが判明したわ」
助手「向こうからは、向こうからで、『受付の森戸ヲタのおねーさん』って呼ばれてますよ。絶対www」
助手「白がおっきー姉さんとか、あだ名ついてそうww」
教授「今度、リーマンのお兄さんの方も、胸ポケットにさりげなく、がおっきーペン刺してきてくんないかな?」
教授「こちらからも、お兄さんが誰ヲタか確認したいwww」
助手「もはや、がおっきーが。互いが組織の味方同士である事を確認する為の、秘密の紋章みたいな役割になってて、草www」


 続きを読む

ノースヒルデの聖剣




どもーーー。
連休でのんびりなので、速いペースで更新するぞ!!


ノースヒルデの聖剣

https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=12178403


今日はめっちゃ、シナリオが動きます。
わたしは、長編は結末を先に書いちゃう派なので、
今日の更新から先は、殆ど文章が出来上がってる(あとは読める文章に加筆するだけ)ので、
ここまで来ると、サクサク連載が終わらせられそうな感じ!!!



そして、ハロコンに行って来ました。
なんだかんだ、行くと楽しめてしまうハロコン。

いや。言いたいこともあるんだが。。
何故、山木が辞めた直後に、山木が切望していたアレをやるのか??!と!!
わざわざ、辞めた直後のハロコンで!!ハァ?!!嫌がらせ!?

初日は正直、一瞬、ブチギレそうだったのだが・・・。

でも、間違いなく20期の子達も「梨沙ちゃ〜ん・・・・(涙」と思いながらやってると思うので、
20期の子達が、山木ヲタに申し訳ない気持ちにならないよう、わたしは、フツーに楽しむ事にしてる!!
そもそも、フツーに見れば、フツーにイイモノ見れるし!!

それにもしかしたら。

ホントはやまっきはハロコンまでは居る予定で、山木に最後の餞で、切望していた『アレ』をやってあげようと思ってたが、
卒業が色んな事情で早まってしまい、結果、いない状態で『コレ』になった可能性もゼロではない!!ゼロじゃない!!
つーわけで、物事は建設的に考えようと思う!!
だから、みんなも一家言あると思うが・・・・前向きに楽しんで下され。そう!!!まさかの、ムスブちゃんハーレムを!!www
お前が、あそこの熊井、やんの?!!!ちっちゃい熊井やな!!!wwww
前に、バスツアだっけ??ももちがアレの熊井ちゃんパートやったの思い出して、超〜可愛かったわwww

そう。
今年のわたしは『ハロプロ IS ポジティブシンキング』で生きます!!
でも、ハローヒストリーの歌で、ブツギリ丸出しで、カントリーの部分切られてたのは、心が折れかけたが。
切るのは仕方ないのですが、もっと、跡形もなく切ってくれません??音源編集下手すぎだから!!切った感、丸出しだったから!!www


まぁでも。
なんだかんだわたしは、楽しめました。うん!!
B公演の方は「この曲、覚えてますかクイズ」みたいなセトリで、
記憶がリセットされちゃってる曲ばっか出てきて、どんなダンスだっけ、これーーー!!ってなって、逆に面白かったwww

あ!!あとね、参加する前に、ハロメンの誕生日調べといた方がいい!!!
誕生月別のシャッフルがあって。
わたしは、むすぶと、もりとちと、まなかんと、だーいしと、ふくちゃんと、おだちゃんの誕生月以外、全然解らないので、
「誰!?誰!?あれ、誰?!」って、大パニックおこしたからwww
なので、誕生月別で推すメンバーをあらかじめ選出しとくと、パニくらないでよろし。

 

あけおめ




あけおめことよろ!!

去年は色々ありまして、
なんかもう、今年どうやって生きていくか解らないレベルですがwww
まぁ、徐々に現状に馴れて行きましょう!!

ノースヒルデの聖剣7

https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=12166850

年末は忙しすぎて(ブログ更新がww)PIXIVが停滞してたので、年明けから行きます!!
久しぶりにカウコン参加しなかったので、紅白見ながらダラダラ書いてました。
ちなみに今年は・・・

IMG00719


スカイツリーで初日の出を見るイベントに当たった!!
朝の6時からスカイツリーに行く機会なんてないので、中々楽しかったです。
昇る瞬間は曇ってて撮れなかったので、少し昇った後の写真だがwww
おまけに、記念品貰ったのだが、超大盤振る舞いの内容で・・・スカイツリー、ありがとう!!

IMG00702_HDR


これはスカイツリーの中にあったスポット。
実際の風景をバックに挨拶状風の写真が撮れると言う。
スカイツリーで初日の出イベ、だいぶ楽しかったですwww
では。明日からはハロコンだね。
とりあえず、今年もよろしくおねがいしますね〜。


Categories
Archives
ロマヲタ図書館

レポ・ネタ・小説の保管場所。

ロマヲタ図書館


メール
メッセージ

名前
本文