山木のおごりで旅行に行こう! 〜前編〜


教授「なぁ、自慢していいかな??」
助手「どーしたんスか???」
教授「実はだな!!」

IMG00121

教授「土曜日、雪月花乗って来たんだよねーーー!!!」
助手「おぅううう!!!」
助手「観光列車、雪月花!!!」
教授「なんか、凄い楽しかった。いいねぇ〜サロン列車に乗った気分」

IMG00127

助手「はえ〜〜」
助手「飯うまそうですな」
教授「予想以上に美味しかったよ。カニとか、めっちゃ美味しかったわ」
教授「旅番組観た時、うちのかーちゃんが乗りたがってたので、じゃぁ行ってみようぜ!と」
教授「ちょっと上越妙高に・・・・」
助手「フットワーク軽いわよねww」
教授「ホント、遠征ヲタやってると、無駄にフットワーク軽くなるよね・・・www」
教授「『謙信』と言う名のお酒を飲みながら、雪月花旅。愉悦・・・!!」
助手「謙信公ヲタ冥利に尽きますなww」
教授「今度はSHU KURAに乗ってみたいよなぁ」
教授「しかし。自分が旅行に行くと、何故か推しに旅行に行かせたくなる病・・・」
助手「どんな病なんですか??ww」
教授「カントリーメンで旅行行って欲しいな。絶対、スケジュール的に無理だろうが」
助手「せやな。無理だろうなぁ〜」
助手「参考までに、カントリーメンに何処に旅行、行かせたいですか??」
教授「えーーー?温泉??個室露天つきの!!」
教授「メンバーの温泉シーンも観れるし、枕投げとかも観れるし、最高じゃんか!!!」
助手「いや。うちらは別に、温泉シーン、観れねぇ〜つーのwwww」
助手「でも、全員同時に行くのは絶対厳しいよね!!スケジュール的に」
教授「うん。キビしいから、山木が各メンバーと4回行けばいいんじゃない???全部、山木のおごりで。。」
助手「さすが、カントリーの石油王・山木!!!wwww」
教授「じゃぁ折角なので。やまっきと各メンバーの旅行プラン。私が組んであげる!!!」
教授「2泊3日ね。2泊3日!!」
教授「クラツー(クラブツーリズム)レベルで、スケジュール考えてあげるわ!!」
助手「すっごい余計なお世話な上、意味不明な企画だな、ヲイwww」

続きを読む

ピクシブ更新

ピクシブで2章更新してます!!
今日は取り急ぎ、更新のお知らせだけで終えさせて頂きますね!!
ばいちゅん!!!

https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=10374725

あ、ちなみに今日の更新は。
少しだけラブいです。(言うてそれほどでもない

どっちのトークショー 〜管理人編〜


教授「どもーー。」
教授「高熱出て、久々に職場休んだの・・・」
助手「久々に頑張って、小説書いたから、知恵熱なのでは?www」
教授「マジかよ。オレ、脆弱だな、ヲイwww」
教授「とりあえず。節々が痛いけど、昼間寝まくったので眠くないので、ブログでも書こう」
助手「そうですね。なんの話します?」
教授「まだ、若干熱あるので、頭使う事はしたくないので・・・・」
教授「じゃぁ、カントリーのDマガでやってる、どっちのトークショーを、私も選ぼう!!!」
教授「これなら、頭使わなそう!!!」
助手「そうですね。じゃぁ、第1問目は・・・・・」
続きを読む

みんな褒めてくれ!!!


教授「もうひとりの『あなた』へ・・・」の続編を、PIXIVでスタートしましたぁあああああ!!」
助手「わぁああああ!!!PATI!PATI!」
教授「タイトルは、もうひとりの『わたし』へ・・・です!!!」
助手「タイトルが似てて紛らわしいww」
助手「でも、チョー偉いじゃないですか!!!!パソコン吹っ飛んだのに!!wwww」
教授「5・6万字ぐらい吹っ飛んで、本当に死にたかった。本当に本当に、『もう、ぜってぇ書かねぇわ!!クソが!!』って思った・・・・」
教授「でも、頑張って、書き直したよぉ・・・・」
教授「けど。しょーじき、ほとんど書き溜め出来てないので、更新が不安なんだが・・・・」
教授「とりあえず、飯窪さんが娘。にいる間に連載はじめないとアカン・・・・って思って、連載初めてしまった」
助手「大丈夫なのか、超不安なんですが・・・・www」
教授「まぁでも、最初から最後までの大体のセリフと構成は出来てるので・・・・」
教授「それを読める文章に直すのが、まだ、全然出来てないんだけど」
助手「とりあえず、頑張りましょう・・・・」
教授「つーわけで、連載先のリンク貼っておくね」

https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=10359564

助手「つか。飯窪さんいる間に・・・って事は、娘。出るんですね」
教授「うむ。こっちは森戸主役なので、必然的に」
教授「勿論りさちぃなんだが、フクちゃんが3番手ぐらいの、重要ポジションになるわ」
助手「フクちゃんかぁ〜!!おぉおお!!」
教授「でも、前作読んでないと、意味不明な内容なので。どうか、モーニングファンのみんなも、前作も読んでおくんなまし・・・」
助手「だから、娘。が全然出てないのに、前作のタグに『モーニング娘。』を入れてたんですねwww」
教授「けっして、モーニング娘。サギをしていたワケでは・・・・www」
教授「とりあえず。前作に比べて、どうしてもテーマ的に内容が重くなると思うけど・・・」
教授「だけど。凄く書きたい内容だったので、このままお蔵入りにしたくないので、頑張るわ」
教授「最初から、続編とセットで考えたお話なので・・・・」
助手「うむ。がんばりましょう!!!」
教授「とりま、週1更新ぐらいで更新出来れば御の字じゃな。目指せ、年内完結!!!」
助手「年内完結は厳しいなwww」
教授「しょーじき、こっちに時間割きまくるので、ブログの更新がズブズブになると思うけど。年内はゆるしてください。ごめんちゃいまりあで!!」
教授「では、今日はお知らせだけでスマンね!!それじゃぁ、ばいちゅん!!!」
助手「ばいちゅーん!!」

ちょっとだけ、カントリーのDマガの話

教授「今。マギレコ初のレイドイベ、開催中でござる!!!」
助手「お菓子の魔女のイベントですね」
助手「先日までやってた、なぎさちゃんのイベが、あまりにも鬱シナリオだったから・・・・」
助手「今回のイベは、ゆるーいコントなシナリオで癒されますねwww」
教授「本編も、みふゆさんのヲタがみんな、魔女化するレベルで鬱だしな。久々のコント展開で安心印」
教授「なぎさの円環生活が、幸せそうでほっこりするわ」
教授「あまりにも、なぎさの人生が悲惨すぎたので。アルまどによって、救済されたのじゃな。よかった」
助手「そう言えば、なぎさは引けました???」
教授「100連の天井で引けたのです!!ヨユーなのです!!!パルミジャーノなのです!!」
助手「天井の時点で、あまり、ヨユーじゃないwww」
教授「まぁ、元々、100連分持ってたし。実質ゼロ円!!!」
教授「天井を3回すり抜けてる人たちに比べれば・・・・」
助手「円環前のなぎさレベルで可哀想・・・。どうか、4回目の天井で、円環されますように・・・・」

続きを読む

やっぱカントリーやな!!



どーも、
昨日はカントリーの4周年イベントに行ってきました。
とりあえずカントリーのライブを観るまでは、今回の件は、口を開かないでおこうと私は思ってたんだけど、
やっぱりそれで良かった。あんな素敵なライブを観てしまうと、もう、全てがすっきりと言うか。
前回は、ライブの翌日にヴァァアアア!!って感じの発表(まなかん、ジュース入り)があって、最高に楽しい気分を、たった1日で冷や水ぶっかけられた感じだったんだけどww
そう。内容よりも発表のタイミングが悪意ありすぎて、前回は本当にブチギレた。罪のないPS4のコントローラーをベッドに投げつけたレベルに。(ちょうどゲームをやってたのでwww)
でも、今回はね。事前に発表しといて貰えて良かったよ。十和田湖よりも深く凹んだ心が、ライブに浄化されましたwww

まぁ、しょーじき。思うとこは色々あるんだけど・・・さ。
やなみんの卒業に関しては、ぶっちゃけて言えば「なんでさ!辞めないでよ!」が本音ですよ。
口が裂けても「卒業しても応援してるね!」なんて、綺麗ごと言えんわ。「はぁ?!辞めないでよ!!なんでよ!辞めんなよ!」って連呼したいレベルww
なんだろうね?私はあの、ももヲタ時代は、凄く、物わかりの良いヲタであろうとしたのですよ。
何故かと言うと、パイセンがあの通り、芯の強すぎる人なので・・・・「辞めないでー!」っていつまでもしつこいヲタは、絶対嫌いだろうなぁとwww
だからこう、ももヲタも。本当はめっちゃ嫌なんだけど、『ももちの終わりを真っ直ぐ見届けます!』みたいに気丈であろうとしたのです。
なので、相当無理してたけど・・・・本当は泣き叫んで「辞めないでヤダー!」って、パイセンに縋りつきたいぐらい、嫌だったんだよ?
殆どのももヲタが、内心はそうだったと思うんだけどwww
だけど、パイセンの晩節を穢したくないから、進む道を否定もしたくないから、ももヲタも頑張って気丈であったのですよ。
でもね?パイセンが卒業していなくなった今。もう、私は、気丈で居る必要はないんだよなぁと、ある日ふと、思ったのです。
なので、もう、気丈には振る舞いません。無理なモンは無理!ヤなもんはヤダ!!!クソ事務所はクソ事務所!!辞めないでよ、やなみーーーん!!!


なんだけど。


やっぱ、なんですか?モモチイズムってやつなんですかね。あれ。
ライブでそれでも気丈なメンバーを観ていると、「そうよね。この子らも、ももちに鍛えられて、誰よりも気丈に振る舞う子達よね」って思いましたわ。
ふなちゃんは、ラストMCの最初っからすでに泣いてたけど。ってゆっか、すっごいやなみんに対するツンデレっぷりで、くっそ可愛かったけどwww
けど。歌になると、泣いて歌えなくなるとかなく、偉いもんじゃよ。
おぜちゃんに至っては、やなみん通り越して、「ちぃに殆ど会えなくなって、寂しいよ、うぇええん」だし。やなみんちゃうんかい!森戸かい!!www
ってか、なんだよ、オゼキ。そこまで、思い詰めるほど、ちぃたん好きだったのかよwww なんだよ、もっと早く言ってくれよ!!wwww
でも、おぜちゃんが一番MCでヤバかったけど、泣いて歌えなくなるとかないんだよね。ちゃんと立て直す。
「泣くと歌えなくなるから、泣くなー!!」って、よく、パイセン言ってたもんなぁ。
やなみんは半分泣きながらも、MCでは詰まることなく、ちゃんと言葉を伝えるし。
そして森戸&山木は強くなったなぁ。。お姉さん組の貫禄すら感じるわ。やまっきなんて、一番泣く人だったのに。。

とりあえず、この子らの気丈さ観てると、もうちょい私も気丈であろうと、やっぱ思いました。
まぁ、それでも、「え?ウソでしょ?!辞めないでよ!」って、ずっと思ってるケドww
だけど。本人には本音は胸に秘め、「卒業しても応援してるから!」って、握手会で言える程度には気丈でいよう。
でも、ほんと。カントリーの子達、偉いわ。なんであそこまで、明るく楽しくライブを進められるのか?
なんだろ?あの5人のアイドル性とか努力とか?私はそう言う部分をなんでも、『モモチイズム』って言葉で片付けるのは嫌なんですよ。
あの子らの成長が全てももちのお陰とは、さすがのももヲタも思ってないしwww 
モモチイズムって言葉は便利なんだけど、なんでも『モモチイズムだわー』で済ませるのも、5人に失礼な話じゃんかwww
だけど。
やっぱり、こういう逆境でも『気丈に振る舞える』『お客さんの前では笑顔で』『アイドルは常に幸せを振りまく』。
そう言う部分だけは、間違いなく、『モモチイズム』で合ってると思う。そして、これがあるから、カントリーのライブは最高なんだ。
ってゆっか。この辺りはベリーズもそうだったので。当たり前だけど、ももちの『モモチイズム』の根底にあったのは、『ベリイズム』なんだろうねwww

まぁ、とりあえず。
カントリーのライブは幸せを振りまいてくれるので、凹んでた気持ちも、随分とスッキリしたよ。
本当に楽しいライブでした。笑顔満載で。
個人的には、やまっきが水をこぼしたあげく、あわあわしながら次の曲のフォーメーションにつこうとしたら、
慌ててたせいで、フォーメーションの位置を間違えて、

チo^-^)∩<ここ、ちぃが入りますから!!www

ってツッコまれて、物凄いポンコツっぷりだったのが、最高にオモシロシーンでしたwww
あんたは舞美ちゃんか?www
やまっきは昔に比べて、本当に頼もしくなったんだけど。
それでも、時々、ポンコツする時があるのが、やっぱカワイイぜww

つーわけで。
みなさん、ばいちゅん!!!


なんかもう

あれですよ。
何も言う事はありません。
てゆっか、もう、何も言えん。
私にしばらく、考える時間をください。

10数年目の事実


教授「ども、ハッピーハロウィン」
助手「はい。ハッピーハロウィン」
助手「・・・・・・・って。昨日ですけどね、ハロウィン」
教授「そうかい。月末だったっけ、ハロウィン。そうかい」
教授「月末、疲れたよぉおおおお」
助手「バテバテになってるwww」
教授「あぁああ、明日から11月になるぅうう。これから年末まで、地獄が始まる。うあああ」
助手「まぁまぁ。なんかカントリーブログに、クソカワイイ、ハロウィン女が載ってますから!!!癒されて!!www」

https://ameblo.jp/countrygirls/entry-12415827952.html

教授「地味ハロウィン、草wwww」
教授「相変わらず森戸さん、山木にどSだよなwww」
助手「テープを剥がしながら、どんどんやまっきに貼って行く姿、むっちゃ浮かぶわwww」
助手「でも。確かに、謎のハロウィン感があるわよね、このやまっきwww」
教授「これで、渋谷や池袋を歩けば、なんか、『えっと・・・・アニメにこーゆーキャラがいるのかな?』って、錯覚しそうだわwww」
教授「とりあえず、何とも言えないやまっきの表情が、じわじわくるwww」
教授「顔から下は地味ハロウィンなのに。表情が、運転免許証に載る証明写真みたいな、ビミョーな真顔なの、じわじわくるなwww」
助手「この表情の地味さが、また、地味ハロウィンの地味さを増長させてますよねwww」

2222222

教授「あまりの地味さに、マギレコで有名な、ふゆぅの煽り画像を貼りたくなるwww」
助手「ふゆぅに煽られるやまっきwww」
教授「元は、ハロウィンが生んだ魔法少女・御園かりんちゃんを『かりんちゃんって、あんまりハロウィン感ないよね』と全否定するふゆぅの煽り画像ですww」
助手「よくよく考えると。ハロウィンが生んだ魔法少女を『ハロウィン感ない』って否定するの、中々の鬼畜ですよねww」
教授「うむ。とりあえず月末シフトですっかりバテてたけど、りさちぃに癒されたし、おぜちぃがデートした報告にも癒された」
助手「そう言えば、おぜちぃがデートしてたね!」
助手「相変わらず、カップル力が高いビジュアルだぜ、おぜちぃ」
教授「そして相変わらず、チョコミントアイスばっか食ってて、かわいいwww」
教授「癒された」
助手「うむ」
教授「じゃぁ、癒されついでに。この間、部屋の掃除をしてたら出てきた・・・・」
教授「ベリーズ宮殿(2007)ぐらいの頃の、『ちょっと頑張って、ギャルっぽい表情で写真を撮るパイセン』の画像をあげとくね」
教授「はい!!」

222 00111

助手「誰!!!!???wwwwwww
教授「こんなギャルっぽい表情で地鶏をするパイセン。後期では見れないぞ!!!」
助手「うわぁあああ。表情が、なんか、イライラするんじゃぁあああーーーー!!!!wwwww」
教授「部屋の片づけしてたら出てきた、ベリーズ宮殿の写真集についてた、おまけ小冊子に載ってた舞台裏写真」
教授「なんか出てきたから、載せとくね」
助手「マジ、誰だよ、この人wwww」
教授「あ!!そうだ!!!写真集と言えば・・・・」

IMG00038

教授「ふなっきのサイン本が当たった!イェイ!!」
助手「おぉ!!地味に凄い!!!」
助手「前に富士山本でも、やまっきのサイン本が当たってたような・・・」
教授「やったぜ!!やまふなでサイン本、並べとくわ」
助手「ってか。熊井さんと森戸さんもあったけど、ふなちゃんで申し込んだんですね」
教授「え???www」
助手「え???www」
助手「・・・・・・・・・・・」
助手「まぁまぁまぁまぁまぁ!!!」
教授「あんまりそこらへんは、深く考えてないから!!ノリでね!!ノリ!!ww」
教授「そう言えばこの本で、熊井ちゃんが子供の頃、手作り『モームスブック』を作って、ごっちんの写真とか切り貼りしてるの、ぐうかわなんだけどwww」
助手「あれ、ぐうかわよね。熊井さんって、やっぱ、マメよねwww」
助手「wスタンバイのポイントとか、全部、ノートにびっしり書いててマメだし。そのノートを未だに保存してるのがマメ!!ww」
教授「前にサシハラさんの素人時代のファンレターを、熊井ちゃんがちゃんと保管してて、それもマメだったわwww」
教授「ってか。そう!!この本読んで、熊井ちゃんに関して、驚いたことがあってさ」
教授「記事の中でね。ずっと身長にコンプレックスで、ロッケロの時にも『なんで自分は男装なんだろう・・・』って思ったらしんだけど」
教授「女性ファンの子達が『カッコイイ!』って言ってくれて、『あ!こーゆー魅せ方もあるんだ!』って初めて気づいた・・・って言っててさ」
教授「熊井さん、気付くの、くっそ遅いんですけど!!!って思った!!!wwww」
助手「マジかよ。ロッケロまで、こーゆー魅せ方あるの、知らずに生きてたのかよwww 遅っ!!!!wwwww」
助手「その前からすでに、嗣さんとかにも、『くまいちょーカッコイイ!』みたいな扱い、散々、されてたでしょーに!!!ww」
助手「女子のイケメン売りに、アイドル10年目でようやく気づく熊井さんが、マジ、熊井さんwww」
教授「つか。私、握手会とかでさ。ロッケロの遥か5、6年前から、くまいちゃんとの握手会で『イケメンだよね!!』とか、散々言ってたんだけど・・・」
教授「当のくまいちゃんにはもしかして『わたし、女の子なのに、なんでイケメンとか、男扱いされるんだろ・・・』とか、ショックに思われてたのかしら?www」
助手「草生えるwwwwww」
助手「『なんか女ヲタの人に、身長デカいこと、煽られてる・・・。男扱いされる・・・(ショボン』って、思われてた可能性ありますなwww」
教授「えぇええええええ・・・・。ちょっと、2008年頃から、ベリヲタやり直したいんですケド。わたしwwww」
教授「ちょっとループしてくる!!握手会!!!・・・・・ほむらちゃん的な意味で!!!」
助手「ピンチケ的な意味ではなく、ほむらちゃん的な意味でねwwww」
教授「2008年頃から、『イケメンだね』って言ってしまった握手会の回を、全て『女の子らしくてカワイイね』に、文章を直してきたいわwww」
助手「ロッケロまで、女子のイケメン売りの存在を知らない熊井さん。ホント、面白いwww」
助手「本当に衝撃の事実なんですけどwwwwww」
教授「つかさ。熊井ちゃん、セーラームーンS、めっちゃ好きだっただろ!?ウラヌス観りゃ、そーゆー魅せ方があるの、知ってるだろ、フツー!!??wwwww」
教授「あの人はウラヌスを観て、どーいう存在だと思ってたの?!!!wwwwww」
助手「『ウラヌスかわいい(ハート』と思って観てたんじゃないですか?知らんけどwww」
教授「ウラヌスに対して、『カッコイイ』よりも先に『カワイイ』の感想が出るとか、上級者かな?」
助手「マジ、くまいさんwwwwww」
助手「ロッケロまで、こーゆー魅せ方があるの知らなかったの、本当に面白いわ〜〜〜wwww」
教授「まぁ、でも。ロッケロでようやく、こーゆー魅せ方があるの気づいたのよね?くまいちゃん」
助手「そうですよ。もう、安心です。今の熊井さんはもう、イケメン売りを知っている!!!」
教授「そうか。じゃぁ、今度握手する機会があったら安心して『くまいちゃん、超〜イケメンだよね!!』って連呼してくるわ」
助手「オッケオッケ!!もう大丈夫!!!今なら、熊井さんを傷つけない!!www」
教授「傷つけてたのかぁああああ・・・・!!(ガックシ」
教授「もうね。ホント衝撃的すぎて草生えるけど、とりあえず、今日はここまで。ばいちゅん」
助手「ばいちゅーん!!!」


ざっくりと秋フェスのお話


教授「大変!!!」
教授「マギレコに、なぎさが実装されるのです!!」
助手「おーーー!!!お菓子の魔女の子だ」
助手「じゃぁ、ドッペルはお菓子の魔女だね、きっと」
教授「これは、GETせねば!!!」
教授「GETして、マミさんとチームくませねば!!!」
助手「また、散財が・・・・」
教授「いや。最近、ガチャをしなかったので、120連分ぐらい溜まってるのだよ。天井までいけるし。まぁ、引けるべ!!」
助手「ホントかよ。むっちゃ、すり抜けそーwww」
教授「でーじょーぶでーじょーぶ!!」
助手「そう言えば今、ミラーズランキングやってますね。どうなってます??」
教授「今んとこ、Aランクをキープしとるぞ!2敗だけだし、今日は完勝したので・・・・まぁ、Aランクでいけるのでは?」
教授「なぎたん、つるの、麻友ちゃん、やちよさんで編成しとる」
助手「Aかぁ・・・・社交界デビューはやはり、無理ですか」
教授「3人チームでやる勇気がないんだよねぇ。3人でやらないと厳しいかもね、高ポイントは」
助手「コネクトボーナスが中々入らないからね」
教授「でも、4人チームで2敗ぐらいでキープすれば、Aランクには毎回は入れるので、まぁ、妥協してるわ」
教授「でも、火属性がつるのだと、若干火力不足なので、やっぱ、火属性の純正☆4の完凸が欲しいな・・・」
教授「それで、灯花ちゃん待ちでずっと、石を溜めてたのだがww」
助手「ここで使っちゃダメじゃんwww」
教授「でもまぁ、なぎさ欲しいし。原作メンはやっぱ、欲しいよなwww」
教授「そして、今日からスマフォを新しくチェンジするので。データ移行せねば!!!」
教授「マギレコのデータ移行失敗とかしたら、いくらなんでも死にたい!!」
助手「そうね。それだけは避けねば!!!」
助手「ミラーズの本戦って明日でしたっけ??」
教授「今日の16時以降かな?明日はアンジュの大阪行くので、今日中にクリアしとかないと、忘れそう」
助手「なるほど。あ、そーいえば、今日はやまっきのラジオ公録あるんでしたっけ??」
教授「あるんだけどさ。今日、家族で食事行く予約しちゃってたので・・・・多分、行けそうもないんだわ〜」
教授「まさか突発で、ラジオ公録が入るとは・・・・予想外だった」
助手「あらら。残念」
教授「行ける方は、是非、行ってきて下され。あぁ・・・・松井さん、観たかったなぁ・・・・」
助手「やまっきの事も、観たがってあげてwwww」
教授「まぁ、やまっきは名古屋遠征でお会いしたのでwww」
教授「名古屋城の本丸御殿が観たかったので、時間休ではなく、有給取って行ったんだけど。凄かった!本丸御殿!!!」
教授「みんなも是非一度、観に行って欲しいね!!美しいから!!!」
助手「本丸御殿、家光のお風呂とかもあるんですよね」
教授「黒木書院の方にね。あぁ言うの観ると、設定ネタの妄想が捗るわー!!」
教授「まぁとりあえず今日は、設定ネタは置いといて、保留してた秋フェスのお話でもするわ」


続きを読む

SATOYAMA&SATOUMI IN 熊谷



教授「土日は秋フェスでしたーーー!!!!」
助手「わーーーー!!!」
助手「どーでした??秋フェス」
教授「控えめに言って、今までで一番、楽しかったわwww」
助手「マジか!!!」
教授「特に日曜日!!!メロンもだし、歌合戦がクッソ面白かった!!!」
教授「長いハロヲタ生活の中で、一番楽しいイベントだったかも。歌合戦」
助手「ほーーーーー!!!!」
助手「20年弱の間で?!」
教授「間で!!!」
教授「あれは年1は必ずやるべき。むしろ、カウコンの1部をアレにしてもいいと思うwww」
助手「本家の前にねwww」
教授「凄く楽しかったよ。最後の投票がちょっとグダグダだったけど・・・。それは初めてだったからしゃーない」
教授「次はもうちょい、そこらへんは改善できるでしょ??」
教授「今回はシリアルの無料イベだったけど、有料でも、余裕で行くわ。あれwww」
助手「周りの人たちの間でも、かなり好評でしたよね」
教授「メンバーと順番は決まってるけど、楽曲は解らないままなのがいいね!」
教授「おぉおおおおおおお!!!って、毎回なってたわ」
教授「つーわけで、今日は先にサトヤマのお話をして行こうかな。掻い摘んで」


続きを読む

ざつだん



教授「明日から熊谷で秋フェスですよー」
助手「ついにこの日が!!!」
助手「1公演目からですか?参加」
教授「うん、いちおー。押さえてあるので、早めに行って、頑張る」
教授「熊谷遠いから、早起きしないとなぁ・・・・。ので、今日は軽く雑談更新しますぜ」
助手「2日連続熊谷ですもんね」
教授「さすがにホテルとったよ。8月頭ぐらいの段階でとったので、ちゃんと熊谷に取れたけど、会場がまた、遠いんだよなww」
助手「なんで熊谷でサトヤマサトウミをやろうと思ったのか・・・・ww」
教授「鈍行で行くと、名古屋遠征より時間かかるんですケド・・・・www」
教授「でも、イベントのタイムテーブル見ると、やまっき結構、出まくりなのね」
助手「20日、結構、出ずっぱりですよね。熊谷PRコーナーは、みやびちゃん&やまっき&かわむーで映像出演だし」
助手「ゆうきの翼では、パーソナリティ」
助手「ふるさと納税のコーナーも出るし」
教授「常識人だから、この手のちゃんとしたイベントでは一番、使い勝手良さそうだもんな。やまっきは」
教授「しかしそうかぁ。21日、私も何気に、イベント張り付かなきゃいけなくて忙しいな・・・」
教授「心底、熊谷にホテル取ってよかった・・・。凄い疲れそうだから、イチイチ、東京戻るの辛かった」
助手「早めに取っておいて、よかったですね」
教授「でも、なんだかんだ、楽しみだね」
教授「21日にメロン観れるのも、ホント楽しみだわー!!」
助手「2日間楽しみましょう」
教授「というわけで、今日は軽く雑談で終えたいけど・・・」
教授「あ!そーいえば、木曜日」
教授「ミニーズのイベントで、超〜久々に熊井ちゃんに逢えたよ!!!」
助手「おぉおおお熊井さん!!」
教授「ちぃたん&よこやんの方はやまっきのBDイベと被ってたので。船木&カミコの方で!!」
助手「良かったですね。久々の熊井さん!!!」
教授「カントリーの身長にすっかり慣れてしまってたので、久々に、上空を見上げる握手会が懐かしいぜ・・・・」
教授「可愛かった。と言うか、美しかった、くまいちゃん」
教授「握手会の時、真ん中がくまいちゃんだったので、逆・囚われた宇宙人みたいになってたwww」
助手「両端低くて真ん中デカくて、完全に山ですねwww」
教授「マッターホルンレベルでとんがり山になってたわwww」
教授「ふなちゃん、マジ、ホビット族みたいだった」
助手「ふなちゃんがホビット族なのか、熊井さんがヨトゥン族なのか・・・・」
教授「でも。カミコと、ちゃんと握手したの初めてだけど、カミコ、超〜かわいいね。やっぱ」
教授「ライブの後の握手会って、『おつかれさま!』で精一杯だから、あんまちゃんと観れないじゃん。ライブの後だと」
助手「そうね。ライブの後の握手会は、あわあわしてる間に終わるからねwww」
教授「久々にくまいちゃんにも会えたし。ふなちゃんもカミコも、ホビット族で可愛かったし。癒されました」
教授「くまいちゃんも覚えてくれてたみたいで、嬉しかったよ」
助手「みやびちゃんはピンクレで観る機会あるけど、熊井さんは中々ないからね」
教授「ほぼ、FC限定イベだからね。私、M-line辞めちゃったからなぁ」
教授「更新忘れて、なんとなくそのままにしちゃってww」
助手「ハロ側で2次募がかかるのを待ちましょうwww」
教授「せやな。そうしようwww」
教授「あとは、近況としては・・・・」
教授「あ、そうそう!!今日のやまっきのブログが、意味不明で凄かったwww」
助手「あれな!!チャユミンランドールに行った感想のハナシなwww」
教授「これね。https://ameblo.jp/countrygirls/entry-12413004995.html
教授「何がまず面白いって、ヲタがよくやる『この先はネタバレするから、観たくない方は、自己責任で!』を、やまっきがやってるのが面白かった」
教授「それ、ヲタブログでやるヤツだからwwww アイドルブログでやらないからwwww」
助手「よっぽど、その部分のネタバレ感想を書きたかったんでしょうねwww」
教授「書きたくて書きたくてしょーがなかったんだろうね」
教授「そして、書きたくてしかたがない、肝心のネタバレ部分の感想が・・・・書いてる内容がキモすぎて、全然、伝わらないのが草www」
教授「冒頭の『私は確か3回くらい涙を流したところがあったんですけど』から、キモいよねwww」
助手「なんで1度の公演で3回も泣くの?この人www」
教授「とりあえず、ストーリーでも泣くし、ちゃゆが可愛すぎても泣くかららしい」
助手「なるほど。そりゃ、3回ぐらい泣くわwww」
教授「で。とりあえず、一番意味が解らない大賞は・・・・」

それまであまりにも美しいヨーコちゃんを見ていて、

もはや同じ人間なんだろうか?
私は常日頃 道重さんを女神様だって言っているけど
本当にそうなんじゃ……って思っていたところに


ヨーコちゃんはお◯◯さんでした!

って言われて、
あぁだからそんなに美しかったわけか……
ってなんだか安心してしまったんですよね


自分でも何言ってるのかわからないんですけど 


教授「・・・・うん。ワシも、驚くほど、あなたが何言ってるのか解らないwwww」
助手「すまん、山木。日本語で頼むわ・・・・www」
教授「とりあえず、ちゃゆが美しい事と、山木がキモい事だけは、物凄く伝わるけどなwww」
助手「ホントおもしろいわーー。やまっきwww」
教授「やまっきってテンション高くなってちゃゆちゃゆ言ってる時よりも・・・」
教授「こうやって分析しながら冷静にちゃゆを語ってる時が、一番、気持ち悪いよねwww」
助手「冷静に女神を語り出すんですもん。そりゃ、気持ち悪いですよwww」
教授「でも、山木の凄いところは。」
教授「ちゃゆに特別興味のない私でも、これを読んでると、『ここまで気持ち悪くなれるなんて、どんな内容だったんだ?チャユミンランドールは』って。メチャメチャ気になるところだよなww」
教授「ここまで、1人のJDを、気持ち悪い人間にするような内容。メチャクチャ気になるわ・・・・」
助手「確かに。。買うまではいかないけど・・・・DVD出たら、誰かに借りたくなるわwww」
教授「ちょっと、山木。今度、貸してよ。チャユミンランドールのDVD」
助手「山木にたかるなwww」
教授「貸してくれなくてもいいからさ。ハロショで山木主催、サユミンランドールDVD鑑賞会イベント開いてよwww」
助手「あ!!それいいね!!!wwww」
助手「サユミンランドールの内容も知れるし。鑑賞しながら、可愛すぎて突然泣き出す、挙動不審やまっきも観れるし。一石二鳥www」
教授「ハロショさん。是非、ご検討お願いしまーす!」
教授「つーわけで、明日からはイベントなので、今日はここまでーーー」
教授「ばいちゅん!!!」

やまっきBDイベ IN 半蔵門

教授「ども、15日はやまっきのBDイベがありましたよよよ」
助手「今年もありましたねー」
助手「どーでした??」
教授「めっちゃオモロかったわ!!」
教授「やまっきはセトリが毎回、いい選曲しますわ」
教授「会場はTFMホールでしたー」
教授「1公演目がいつもより15分ぐらい早いので、1時間だけ時間休とったわ」
助手「15分で間に合わなくなるのねwww」
教授「まぁ、いつも、超〜駆け込みだからね」
教授「おかげで1公演目前に知り合いと話す余裕もあったし、良かったが」
教授「そして、入場すると・・・・」
教授「山木イベ名物、ウェルカムボード列!!!!」
助手「おぉおおおお!!!!」
助手「他ではお目に描かれない、ウェルカムボード列!!!www」
教授「ヲタがみんな、撮影するから。列出来るのですよ」
教授「並ぶの予見して、人気のクレープ屋さんみたいに、紐みたいので列が区切られてた」
助手「ついに今年から、ウェルカムボード列規制がなされててウケるwww」
教授「私も撮影したんだけど・・・・・ただ、反射でむっちゃ自分が映り込むので、残念ながら画像はあげませんww」
教授「あの人、光と影の表現法が好きなのか。絵が全体的に暗いので、撮影すると反射で映り込むwww」
助手「レンブラントか山木かですよね。光と影の表現法と言えばww」
教授「でも、年々絵が凝って行ってるのが凄い。今年の絵、恐ろしく時間かかっただろうなぁ・・・」
助手「超〜上手かったですよね!!!」
教授「本を描きたかったらしく後ろに本棚(洋書の本棚)があるんだけど。ちゃんとコピペしないで、本を一個一個手描きだった。偉いww」
教授「でも、本の表紙のタイトルを考えるのがめんどくさくなって、途中から本のタイトルにMAI OZEKIとか、CHIIとか混ざってたらしいよwww」
助手「タイトルがMAI OZEKIが草www」
助手「CHIIはちょっとカッコイイけどwww」
教授「絵を見たら、ホントに、MAI OZEKI本があったわ。名古屋に行く人は、名古屋でウェルカムボードをチェックしてみてね!」
教授「隠れカントリー本があるからwww」
教授「たぶん、名古屋イベのあとに、やまっきがウェルカムボードの絵をブログであげてくれると思うけど・・・・」
助手「あの絵って毎年、どーしてるんですかね??イベント終わった後」
教授「家に持って帰ってるのかな??山木母が寝室に飾ってそうwww」
続きを読む

やまおめ!!

今日は、やまっきの誕生日!!おめでとう!!!!!
毎年、何故か10月15日が誕生日と思いこんでしまっている、わたくし!!!
今年も疑うことなく15日と思い込んでいて、BDイベントの日程が出た時に、
知り合いの桃ヲタさんに「おぉ!今年は当日だね!!イベント!!」と言って、「え?14日が誕生日ですよ」と否定された思い出www
で。「あ、そうそう。14日よね。何故か私、15日と思い込んでるんですよ〜」と、その時、笑っていたのにだ!!
また、すっかり忘れて、昨日までフツーに15日と思いこんでいたのですが・・・・やまっきがブログで「明日がついに誕生日」と書いてるのを見て、
「そうだよ!!だから、14日だってばさ!!!」と気づき、無事に、こうやって14日に更新出来ましたwww
ありがとう、やまっきが自分で宣言してくれたお陰で気付けた。
なんかもう、どうやったら私は、やまっきの誕生日が14日と覚えられるのだろうか。本当になんとかしたいwww 
10月14日だよ!!!今日が山木の誕生日ですからね!!!!!!(自分への叫び   


というわけで、今日はやまっきの誕生日でーす。
こうしてお祝いするのが、なんと4回目って事で!!!もう、お会いして4年近く経ってるのか!!!
4年も経ってる感じがしない気もするけど、4年以上の愛情をカントリーメンには持ってるので、まだ4年か・・・って気もするわww
とりあえず、やまっきに関しては毎年結構熱く語ってるよね。なんとなく3年間の10/14の記事を読んでみたら、凄い長文多かった。
一貫して思うのは、凄く興味深い人材と言うか、今までのハロプロにいないタイプすぎて、真新しくて楽しい・・・と、とりあえず毎年思ってるっぽいww
でも、ほんとに。『見てて楽しい』って感覚は、応援するうえで一番大切だと思うわ。楽しくないのに応援しててもしゃーないし。
つーわけで。毎年結構色々語ってるので、マジメな内容は去年あたりのを観て貰うとして・・・・。
今年はカップリングの話でもメインにしようかな?www

そう。やまっきで私が特に楽しいのは、やっぱカップリングなんですよ。
うん、なーんか、使いやすいんですよね。私的には。当て書きしやすいと言いますか。
私は、カップリング小説作るにしても、同人を作ると言うより、シナリオを作るような感じで書いちゃう癖があって。
メンバーの同人を書くと言うよりも、メンバーに『こういう舞台を演じて欲しい!』と言う、当て書きの脚本を書く様な感じになっちゃうんですよ。
よーするに、自分が観たい『演劇女子部』を、自分で勝手にキャスティングして、勝手に脚本書いてる感じかしら?
だから、メンバーそのものを投影せず、『こういう役をやってるメンバーを観たい!きっと似合うじゃん!』の一心で書いてしまうので、
フツーにメンバー同人を観たい人からすると、絶対に『これじゃない感』があると思うんですよww
だって、『りさちぃだ!』って思って読んだら、山伏と山の神とかなんだよ??絶対、これじゃないって思われるでしょ?ww
この、趣味に走りすぎるのに関しては、ほんと、そこは申し訳ないwww
すぐに戦国設定にしたりするのも、私が単に、戦国物の舞台をやってるメンバーを見たいからってだけですしwww
でも。それが逆に『カップリング小説とか苦手だけど、やぎさんのは何故か、楽しんで読める』って言って貰った事もあったりなので、人それぞれかなとは思うけど。
舞台やメンバーの演技を見るようなノリで観れるから、同人苦手な人でも、読める側面はあるのかなぁと思います。
まぁ、しかし。カントリーがこの状態になっちゃったせいで、しょーじき、現実世界ではカントリーのカップリングが壊滅状態にはなってしまってるんだけど。
私はこの様に、『シナリオを当て書きするようにカップリングを書く派』なので、あまり現実はカンケーなく書けてるのは、これに関しては強みかもwww

あと、やまっきはカントリーのパラレル物とかでも、凄く動かしやすいと言うか。
語彙力も普段からあるから、やまっきなら、ちょっと難しい言い回しとかしたり、ちょっとした知識を持たせても違和感ないし。
だから、話の語り部に凄く向いてるし。
そして。性格も、マジメで繊細な部分もあって、でも、明るくて陽気でポジティブな面もあって。
だから、ちょっと重い展開から、ライトなくだらない展開とか、お話しにメリハリをつけやすいし。
私は基本、重いお話が好きなんですけど、それだけだと書いてても疲れるし、読み手も疲れると思うので、
時々くだらない展開を加えて、メリハリ付けられるのは凄く有難いので、やまっきは重宝してます。
凄く主役向きだなって、いつも思いながら書いてますww
とてもロールプレイしやすい。

それと・・・・これは多分、同意を得られる事は少ないと思うんですけどww
私はやまっきのやってたジェリーさんが余りにも好きすぎて、
ホモ山木君が、大好きなんです!!!・・・・・・はい!!そこ、引かない!!!!www
女性やまっきは攻め派なんですけど、山木君になると、何故か総受けが好きなんです。
うん、これ、誕生日に語る様な内容なのだろうか??ww
でも、そんな山木君も、何故か相手がむすぶになると、攻めて欲しいと思うので、
むすぶの受けが一番好きなのかもしれない。
ホントに、むすぶのショタ力はハロプロ1だと思うのですよ!!
やまふなに関しては、ホモも百合もNL(どっちかを男役にする)も全て食えるね!!
・・・・・って、本当に、何を言ってるんだ?わたしはwww
たぶん、ハロヲタ界隈で一番内容の酷い。やまっきのオタオメ記事かもしれないな、これwww


あ、あと!!
やまっきで一番、カップリングを作る上で「いいな」って思う部分は、お日様タイプな所かな?
家族にせよ、友達にせよさ、素敵な人間に恵まれて育ったんだろうなぁ〜って感じするじゃない。
常に日向で育った人間って感じなの。
これは、舞美ちゃんとか熊井ちゃんにも感じてた部分なんだが。
こういうタイプの前に、悪意や困難が立ちふさがって、それを頑張って乗り越える姿は応援したくなりません?ww
そう言うお話も、書いてみたいなぁって思いますね。



というわけで。
なんか毎年マジメに語ってるので、今年はカップリングを作る上での、自分の中でのやまっきのありがたみに関して語りましたが。
やまふなの項目が酷すぎて、まるごと削除しようかと思ったけど、まぁ、酷いのは今更なので残しておこうwww
とりあえず、そんな感じで(どんな感じだ・・・)、今日はやまっきの誕生日だよ、おめでとう!!!
今年も1年、素敵な1年になりますよう、お祈りしております。
そして、願わくば。もうちょっと、妄想以外でカントリーカプがお目に描かれますように・・・ww


では、ばいちゅん!!


森戸山 〜後編



教授「疲れたーーーー」
教授「あぁーーーやっと、週末だ。はぁ・・・・・」
助手「今週は火曜スタートだったのに」
助手「凄いバテっぷりですな」
教授「水曜日にジュースコン行ったしね。平日にライブ行くと、超絶疲れる・・・・」
助手「あ。平日ライブは疲れますわ」
教授「水曜。仕事が超絶忙しかった挙句、仕事上がりにダッシュでお台場だったから。もう、開演前に疲れたわ」
教授「金曜日あたりはもう、立ってるのがやっとだった」
助手「どんだけ疲弊してるんだwww」
教授「今週全然更新出来なくてごめん。ホント、忙しくて、死んでたよ」
教授「おかげであんまり、マギレコのイベントの周回も出来てない・・・・」
助手「新イベ始まりましたよね、そう言えば」
助手「ボードゲーム形式と言うか、今までなかったタイプのイベント」
教授「そうそう。凄い面白いよ!難易度高くて」
教授「その分、周回がメンド臭いけど」
助手「クリアしました??」
教授「フッ・・・・私は、踏破系イベは、べらぼーに強い魔法少女が、何故か揃ってんだ」

Screenshot_20181013-210153

教授「みろ!!この、完璧すぎる布陣!!!」
助手「おぉおおおお!!!これは見事なマギア・アタック編成!!」
助手「梨花レナ編成のレナリーダーでアクセルがゴリゴリ溜まり、かつ、麻友ちゃんと梨花ちゃんで、水と火マギアは属性強化攻撃」
助手「木属性はドッペル最強のアリナパイセン!!!!」
助手「そして、単マスボスに最強の、5マスランダムマギアのなぎたん!!!!」
教授「フッ・・・この編成で、どんな属性のどんな敵が来ても、殆ど1ターンでノックアウトだったわ。まかせろ!!」
助手「麻友ちゃんも、超マギア編成向けだし。マギア編成にピッタリのメンバーが凸されてるのね、何故かwww」
教授「他の星5キャラは無凸ばっかなのに。何故かこの子達だけ、沢山重複されたww」
教授「その代わり、ミラーズだとあんまり強くない。うちのメンバー」
助手「まぁ、ミラーズは廃課金者じゃないと、社交界デビューはキビしいからねwww」
助手「ってか、なぎたんがいつの間にか、完凸してるのねwww」
教授「そうなの。元々2凸だったんだけど、この間、撫子ピックアップ引いたら、何故か単チケ一発目でなぎたんが出たの!!」
教授「撫子出るより嬉しかったわ」
助手「予想外の時に思わず出ると嬉しいよね、推しキャラって」
助手「ってか。つるのじゃなくって、梨花を選抜してるんですね。火属性」
教授「梨花っぺはLV80MAXなので、ステータスはつるのより低いけど、アクセル3枚持ちだし、火属性強化マギアなので、踏破系ではつるのの3倍ぐらい使えるぞ!」
教授「踏破系では、いつも、梨花っぺ使ってるわ。アクセルごりごり溜まるから助かるし、オススメ」
助手「梨花っぺがドッペル解放して、☆5解放したら、対高難易度の最強キャラ候補になりそうですね。☆4でこんなに使えるなら」
教授「早く梨花っぺも、ドッペル解放して欲しいずら・・・・」
教授「そしたら、れんぱすと組ませるから」
助手「その前に、ななか様が解放するからwww」
教授「ふむ。しかし、今回のイベはホント。難易度高くて楽しい」
教授「周回がホント、めんどくさいけどwww」
助手「まぁ、22日までやるし。のんびりやりましょう!」
教授「では・・・今日は例の森戸山のラストを」
教授「ちなみにうちのブログのルールでは、夜が明けるまで、13日です!!!」
助手「つまり、やまっきのお祝いは、次の更新って事ですねwww」

続きを読む

森戸山 〜中編〜



教授「週末は台風、平気だったね」
助手「本州は、直撃回避されましたね」
教授「良かった。アパートは無事だった・・・・」
教授「つか。山木ブログによると、ふなちゃんと収録があったって事で、14日のカントリーラジオ、やまふなっぽいね」
助手「ね。しかも、熊井さんがゲストですってよ!!」
教授「ちっこいバカ犬とでっかいバカ犬の競演だ。やったぜ!!!」
教授「動画で観れないのが、実に惜しいなwww」
助手「ちょっとやまっき。動画で撮って来てよ!!!ww」
教授「頼まなくても、山木、こっそり撮ってそうだがwww」
教授「そう言えば、OVERTUREって雑誌買ったんだけど」
助手「やまっき、カミコ、れいれいでしたよね。雰囲気が凄い可愛かった!!」
助手「カミコ、むっちゃ、お人形さんみたいよね」
教授「そう!お人形さんみたいでチョーかわいかった!写真はまた、いつもと違う雰囲気で、やまっきもれいれいもメチャメチャ可愛いんだけど・・・・」
教授「ただ、インタビューの内容が、相変わらず、気持ち悪かったわwww」
助手「やまっきは、言葉の端々に、隠しきれないキモさが出ますよねwww」
教授「レッスン時のジャージにも流行りがあるみたいな話をれいれいがして・・・」
教授「最近はジャージが、ピチピチのタイトなやつを着てる子が多いって言って」
教授「カミコが・・・・そう!レギンスみたいなジャージだよね!あれ、リハで観ると『ズボン履かなくていいんですか?』って思う(笑 って冗談ぽく言ったら」
教授「山木が『あれ、私も(観てて)ドキドキするんだよね!』って返してて、相変わらずキモいと思ったwww」
教授「当たり前の様に、わたし『も』って言ってるけど、多分、れいれいとカミコは別に、その格好のメンバーを観て、ドキドキはしてないと思うぞwwww」
助手「うむ。『ドキドキするよね』とか、『セクシーでいいよね』とか、そう言う意味合いで話してないぞ、この2人は、絶対www」
助手「むしろカミコは『ズボン履かなくていいんですか?(笑』って、それ系のジャージを着てるメンバーを、ちょっと煽ってるよねwww」
教授「『室田さーん。ズボン履かなくていいんですか〜〜(煽』ぐらいの勢いだよ、カミコはwww」
助手「レギンス系の、ヒップのラインとか出てるピチピチのジャージを履いてるメンバーを観て、内心ドキドキしてる山木が全力投球でキモいwww」
助手「その格好をしているあーりーとか、10回ぐらい、チラ見してそうwww」
教授「まぁ、あーりーがその格好してたら、観るよな。しゃーなしww」
助手「同じ雑誌にあーりーも出てましたね。そう言えば。美しかった」
教授「あーりー&まりあちゃんの顔面暴力団が揃って出てたな。でも、一緒に出てた小片さんも良かった」
教授「顔面暴力団の2人とは雰囲気が違い、小片さんはなんか、木村多江のような幸薄い役をやらせたくなる雰囲気で、非常に良かったよ」
助手「確かに。なんか幸薄そうな雰囲気あったわwww」
教授「そう言えば、この雑誌のインタビューの中で、『ハロプロについての知識を争う、ハロプロセンター試験をやったら一番になりそうなメンバー』って質問があって」
教授「小田さんかな?譜久村さんかな?あやぱんかな?みたいな話題が出てる時に、やまっきが・・・・」
教授「前に福田さんがインタビューで、『最近のメンバーは、にわかが多い!でも、小田ちゃんだけは認める』って言ってたから、やっぱ、福田さんも認める小田さんかな?って言ってて草生えたわ」
助手「まろwwwwwww」
教授「アイツ、なに、ハロメン相手にハロヲタ知識でマウントとってんねんwwww」
助手「マウントとりそうだもんなぁ、まろはwwww」
助手「これは、ヲタから観ても、ヲタ友になりたくないタイプのヲタですわ!」
教授「つか。おださくちゃんに、『別に福田さんに認められても・・・(苦笑』って思われてそうwww」
助手「まろがまろすぎて、爆笑ですわwwwwww」
教授「ハロヲタの重鎮、福田パイセン、ちーっす!!!wwww」
助手「やっぱ、まろ、すげぇなwww」
助手「この雑誌。写真はガーリーな感じでオシャレなのに、インタビューはかなりライトよね」
教授「中々楽しかったよ、このインタビュー」
教授「とりあえず、ハロの新曲の兼ね合いで、色んな雑誌出てるからね。小出しに雑誌系は話題にして行くわ」
教授「じゃぁ、今日は、前回の続きでも・・・・」
助手「森戸がまだ出ていない、森戸山ですねwwww」
教授「では、続きをどーぞ」

続きを読む

やまっき!!!


助手「と言うわけで・・・・」
助手「予想外の展開が起きましたね」
教授「うん。しょーじき、誰も考えてなかった展開だなwww」
助手「カレッジコスモスと言う、アイドルユニットと兼任」
教授「JDユニットやね。よーするに」
助手「学業両立がコンセプトだから、そんなに派手には活動しなさそうよね」
教授「ハロプロの正規ユニットで兼任よりも、スケジュールは全然緩そうだから、両立イケそうよね。確かに」
助手「少なくとも、平日にコンサート乱舞はしなさそうだしねwww」
助手「まぁ、カントリーの活動は変わらんのでしたら、何も文句はないですよね」
教授「うん。これでカントリー卒業とか、カントリー解体とかだったら、クソ事務所に火をつけに行くけどwww」
教授「カントリーは現状維持しつつ、単純に、今よりもやまっきを見れる場所が増えるのであれば、素直に嬉しいよ」
教授「カントリーの活動。ハロコン抜くと、年に3回ぐらいしかなくて、いい加減、山木ヲタ、キレそうだったからwww」
助手「カントリーの活動が増える見込みがないのであれば、いっそ、違う形でいいから、やまっきを見れる場所、増やして欲しかったもんね」
教授「ほんと、それ」
教授「でも、こーなると、おぜちゃんも何かアクション起こして欲しいよなぁ・・・・」
助手「そうねぇ・・・・おぜちゃんヲタ、可哀想だよな」
教授「さすがに心が折れるって、前にあった時、おぜちゃんヲタの子も言ってたもん」
教授「やまっきはなんだかんだで前から、脱出ゲーイベントやったり、千夜一夜やったり、定期的に会える場所作ってくれるんだけど」
助手「でも、おぜちゃん、来年は大学受験でしょ?ますます、受験で、忙しいと思うんだが・・・・」
教授「けど。逆に考えると。おぜちゃん大学に入ったら、それこそ、ココのユニットのルートになるんじゃん??」
助手「あ、それ名案!!www」
教授「とりあえずまぁ、どれぐらい活動するのかとか、サッパリ解らないので。今は様子見だけどね!!カレッジコスモス」

https://collegecosmos.jp/

助手「はい、公式アドレス」
教授「やまっきどこおんねん??って思ったら、センターだったwww」
助手「色々予想外すぎて、ざわついてますwww」
教授「良く解らんが、カレッジコスモスの公式サイトの会員になったんだけど。何があるのだろう??」
助手「イベントとかあったら、情報送ってくれるんじゃないですか?知らんけど」
教授「ってか。他のメンバーのプロフィール観たんだけど、慶応の似鳥さんって、前にクイズ番組で観たわ」
助手「ほんとに??」
教授「昭和生まれVS平成生まれみたいなクイズ番組で。色んな大学の子が解答席に集められてて・・・・」
教授「この子、むっちゃ、覚えてる。解答がアフォすぎて」
助手「解答アフォすぎてってwwww」
助手「コンセプトに『知性派アイドルと呼ばれる存在になることを目指し』と書いてるのにwww」
教授「ヲイヲイ。のっけから人選間違ってんぞ。確か、すげぇ、アフォだったぞ。この子www」
教授「でもまぁ、アフォな子いっぱいいたけどね。この子は、苗字が珍しいから、たまたま覚えてるんだわ」
助手「そうね。珍しい苗字よね!!」
教授「多分。あの番組に出てた子、ここにも何人かいると思われるわ」
教授「あの番組、たしか。ミスコン系の子、かなりいたから」
教授「この子はたまたま、珍名さんだから覚えてただけで」
助手「なるほどねー」
助手「でも、ほんと、ビックリしましたね〜。突然のご報告で」
教授「ビックリしたよ!!何事かと思った!!」
教授「けど。やまっきのブログ更新を先に観てて良かったわ。ハロの公式HPのお知らせを先に読んでたら、心臓が止まってたかもしれんwww」
助手「公式HPの一番上のインフォメーションにお知らせ出るの、ほんと、心臓に悪いんだよね!!!」
教授「大抵、ろくなお知らせ来ないからね、あそこのページはwww」
教授「でも。先にやまっきの更新読んでたから、公式のお知らせ観ても・・・・『あ、うん。あれのお知らせよね・・・平気平気』ってww」
助手「先にやまっきの更新読んでたのに、尚も若干ビクついてるの、草生えるわww」
教授「でも。カレッジコスモスの活動がどう出るのか解らんので、ユニットの方はとりあえず、出方を待つのみだけど・・・・」
教授「しょーじきなトコ。やまっきの大学名を公表出来たのは、絶対に良かったと思うよ」
教授「ぶっちゃけ。あまりにも有名事項すぎて、ヲタはみんな知ってたじゃん、やまっきが慶應なのwww」
助手「えぇ。カントリーに入った時から、当たり前の様に知ってましたわwww」
助手「でも、ハロプロは学校名を伏せるのが前提ですからね」
教授「そうなんだよ。いくらやまっきがヲタの十中八九に学校名を知られてるとはいえ、やまっきだけ、公表するワケにはいかなかったじゃん」
教授「梨沙ちゃんは公表してるのに、なんで〇〇ちゃんは公表しないんだとか、そう言う話になっちゃうじゃん」
助手「そう。他メンとの兼ね合いもあるしね」
教授「だけども。伏せるにはさ、あまりに勿体なさすぎる学歴なのよ、やまっきはww」
助手「それ!!!!!!」
教授「ハロプロはこの先もさ・・・・鞘師さんとか、高橋愛ちゃんとか、ごっちんとか。そこらへんクラスの、どエース級のアイドルが入ってくる可能性は、あると思うのよ」
教授「そこはやっぱ、なんだかんだで『ハロプロ』のステイタスがあるから。どエース級のアイドルが入る可能性は、この先も秘めてる」
教授「だけどもだけども。SFCじゃない、純正の慶應女子(商学部)が、この先ハロプロに入って来てくれる可能性は、多分、ないじゃん!www」
助手「うん。もう、絶対、ないと思うわwwww」
教授「だからさ。ホント勿体ないよなぁって思ってて。ハロプロ的には、ある種、二度と手に入らない人材なのになぁ・・・・と」
教授「わたし、クイズ番組ヲタだからさ。Qさまとかで、よく、東大VS慶應とかやってるの観ながら、勿体ないなぁ・・・・と思ってたのよ」
助手「ネプリーグとかでも、慶應大会とかあるもんね」
教授「義純がイジられて、キレてるヤツねwww」
教授「でも、今のハロの制度じゃ、大学名公表するには・・・・ハロプロ出てM ‐LINEにならないと公表出来ない。でも、ヲタとしては、まだまだハロプロで観たいじゃん」
教授「そもそも、『ハロプロなのに慶應』なのが、最大のイレギュラーだからさ」
教授「だから、わりと、ジレンマな状態だったのですよ」
助手「そうね。それがこの度のユニットに参加することで、『ユニット企画の性質上・大学名を公表します』って形になったワケだしね」
教授「そうそう。お陰でハロプロにいながら、特例的に『大学名公表』の形になったと言うwww」
教授「個人的には、JDアイドルユニット云々よりも、『ハロにいながら、大学名を公表出来た』事が、最大の収穫な気がしてる」
教授「とはいえ。この公表した学歴を、ちゃんと使いこなしてくれるかは、クソ事務所様の力量次第なのだがwwww」
助手「だいじょぶかなァ・・・・wwww」
教授「クソ事務所だしなァ・・・・www」
助手「でも、大学名公表しても、ヲタで今更『り、梨沙ちゃんって、慶應だったのぉおおおおおおおお!!??』って人がいないの、ちょっと面白いwww」
教授「もう、カントリーの基本知識レベルで知られてたもんなwww」
助手「むしろ、知らない人がいたら『え?!しらなかったのぉおおおお???!!!!』って、そっちの方で驚くレベルwww」
教授「・・・・・・なんだけど。慶應なのは勿論知ってたけど、私、一番驚いたのが。やまっきが『中学受験組』だった事が、最大の驚きだったんだが」
助手「そう!!!!中学からお世話になってる慶應って、書いてましたよね!!」
教授「いや、でも、前にさ。『成人式の時に、小学校に寄った』って話をやまっきが書いてて・・・・」
教授「『小学校は卒業以来、一度も訪れる機会がなかったので・・・』って書いてあったのを観て、『あれ?この人、まさか、幼稚舎からじゃないのかしら??』とは、確かに思ったんだけどww」
教授「今回のブログで、中学受験組が確定して、衝撃を受けたwww」
助手「あそこ、女子の中学受験、マジ、ヤバイですよね!!」
教授「女子ヤバいんだよ!!50人ぐらいしか、とらないんだよ!!」
教授「山木とは世代違うけど。私も中学受験組女子だったので、慶應中学の女子の合格率のヤバさは知ってる。中学受験は、ガチで、頭良くないと受からない!!」
教授「私、模試で合格率20%しかなくて、受験に挑むどころか、3秒で斬り捨てたもん。慶応!!www」
助手「それは完全に受験料をドブに捨てるようなモノなので、辞めて正解ですwww」
教授「勿論、幼稚舎からでも凄いんだけど。幼稚舎はさ、なんか、熱心な親御さんが子供が幼い頃から英才教育してたんだなぁって感じで・・・・」
教授「子供よりも、親が凄いな・・・・ってイメージなのよ」
助手「そうですね。教育熱心な親御さんだったんだなぁ〜って感じですよね」
教授「『慶應の幼稚舎に娘さん入ったんですか!?凄いですね!!!』って、親御さんの努力を誉め讃える感じなんだけど・・・」
教授「中学受験からは、親の頑張りも勿論あるけど・・・・・子供が超〜頭良くないと、まず、無理ですもん。山木すげぇわ・・・」
助手「慶應なのは知ってたが。まさか、中学受験組だったとは・・・・」
教授「何気に今回のブログで、一番衝撃の事実だったわ。 中学受験組かよ、やまっきぃ・・・・」
教授「私の通ってた塾は、慶應の女子の中学受験受かった子なんて、塾の総力を挙げて、崇めたてまつられてたぞ」
教授「むっちゃ、目立つ場所に、大きく名前張り出されてた」
教授「うちらは合格しても、名前の大きさ半分ぐらいで、横の方に貼られてたのにwww」
助手「すげぇ差別で草生えるwww」
教授「時代だよね。今時、こんな差別やったら、親からクレームきそうだもんww」
助手「でも、それだけ難関って事ですね、慶應の女子の中学受験は。やまっき、今更ながら、すげぇんだな・・・」
教授「なんか。自分の中学受験の時の大変さを思い出したら、山木が凄い、偉大な人に思えてきたwww」
教授「あー。こんな子マジで、二度とハロプロに入ってくれないわ。ホント、大事にしろや、クソ事務所」
助手「ホントね。もっと、TVとか出て欲しいね」
助手「あ、そーいえば。Eテレみました??」
教授「ビデオ撮ってあるけど、まだ観てないわ。自分の部屋の録画が壊れてるので、家族スペースのTVで録画してるので、観るチャンスが中々なくてww」
教授「家族が観てる前で、推しの番組みるの、イヤじゃんwww」
助手「それはイヤだ。ニヤニヤしながら観てる姿、見られたくないわwww」
教授「土曜日にでも観るかなぁ〜」
教授「まぁとりあえず。どんな活動になるか今ンとこあんまり解らないけど、楽しみにしてるよ。がんばってね、やまっき」
教授「そして、カントリーとしては変わらないそうなので。うちも別に、方針は変わらず、カントリーでキャッキャしますわww」
助手「いや。もしかしたら、山木×似鳥とか、ハマるかもしれないwwww」
教授「マジかwww 期待しとくわwwww」
助手「では、ばいちゅーん」
教授「ばいちゅーん」

森戸山 〜前編〜

教授「日曜日。台風、凄かったね・・・」
助手「久しぶりですよ。あんなに風が凄くて寝付けない夜は」
助手「月曜は交通網も悲惨な事になってたし!!!」
教授「凄かったみたいね。ツイッター観てるだけで、修羅場!!」
教授「私はかーちゃんに職場まで車で送って貰ったから、地獄から免れたわ。かーちゃん、ありがとう!!」
教授「でも、それ以上に大変だったのが・・・・」
教授「うちはアパートの大家をしてるんだけどさ・・・・」
教授「アパートの屋根の一部が吹っ飛んで、隣の家のブロック塀を、ちょこっと傷つけちゃったんだよねぇ。。」
助手「それは大悲劇じゃないですか!!!」
教授「TVでよくやってる外壁が飛んでったとか、そう言うのに、まさか、うちのアパートがなると思わんかったわ・・・」
助手「マジで屋根、吹っ飛ぶのか・・・・台風怖ぇえええええ」
教授「屋根の一部だけどね」
教授「とりあえず、私は朝から現場に写真撮りに行って、かーちゃんは日中、保険屋に連絡とかしなきゃいけなくて、なんか色々大変だったみたい」
助手「台風って保険、あるんですか??」
教授「火災保険に台風も含まれてるよ。風災保険って感じで」
教授「でも、あくまで、自分ちしかダメなんだって。自分とこの管理するアパートの屋根の修理費は出るけど、相手の家のブロック塀の修理代は出ないらしい」
助手「マジかよ・・・・」
教授「とりあえず、ブロック塀をちょっと傷つけたぐらいで済んで良かったわ。そんなに修理費かからなそう。相手の車とか破壊してたら、大悲劇だった・・・」
助手「不幸中の幸いですな」
教授「台風、恐るべし・・・。25号は頼むから、逸れてくれ・・・これ以上、アパートに打撃受けたくないわ」
教授「つーわけで」
教授「今日は前回話してた能っぽいお話を、テキトーに小説風にしてみましたwww」
助手「ホントに作るとはwww」
教授「では。よろしく!!」


続きを読む

般若心経


教授「10月のスケジュールを確認する為に公式を観てて・・・・」
教授「なんとなーく、ハロメンのプロフィール観たんだけどさ」
助手「えぇ」
教授「ふなちゃんって、座右の銘『百折不撓』だったのねwww」
助手「マジで?難しい言葉、知ってんじゃん、ふなちゃんww」
教授「そう。観ながら、『船木のくせにwww』って思ったwwww」
助手「七転び八起き的な意味ですよね」
教授「そんな感じ。まさか、ふなちゃんが、こんな難しい言葉を座右の銘にしてるとは・・・・」
教授「絶対、『座右の銘を書け』って言われて、ネットで『難しいけど、いい言葉』、を捜したよね、ふなちゃんwww」
助手「これ、絶対、当日まで知らなかった言葉ですよww」
教授「でも。ふなちゃん、般若心経唱えられるしな。意外と故事成語とか、詳しいのかも」
助手「そうそうそう。カトノリの番組でも、披露してましたよね」
教授「前から、般若心経が出来るとは聞いてたけど、実際みると、凄いなwww」
教授「般若心経唱えられるぐらいだし、意外と難しい言葉とか、家族から教わってるのかもね」
助手「般若心経は中々、レアですよね」
教授「ってか、カトノリの番組でふなちゃんがいってるの観て、初めて般若心経(しんぎょう)だって知ったわ。私ずーーっと、般若心経(しんきょう)だと思ってた」
教授「どーりで、『はんにゃしんきょう』って打っても、一発で変換出来ないと思ったわ」
教授「『はんにゃしんぎょう』にしたら、一発変換だった!!www」
助手「まさか、船木に漢字の読みを教わる事になるとはなwww」
教授「船木、あなどれんwww」
助手「でも、般若心経は凄いね。仏像マニアのあやちょも、般若心経は唱えられないだろうに」
教授「仏像は興味あるけど、仏教に興味あるかは、別問題だもんね」
教授「あやちょはなんか、信仰よりも、芸術的な観点から、仏像を好きそうなイメージあるし」
助手「クリスチャンじゃないけど、宗教画が好きなようなモンですね」
教授「ってか。ふなちゃんちって、もしかして、お家が仏教の関係なのかしらね?」
教授「おばあちゃんとは言え、あんま、般若心経の紙を持ってる人、フツー、おらんもんな」
助手「ねー。在家さんとかかしら?それか、ホントに、お寺の関係かしらね??
助手「大阪だし。関西方面は、仏教の総本山、いっぱいあるしねー」
教授「ふむぅ。般若心経かぁ・・・・」
教授「船木って苗字といい、般若心経読誦といい、むすぶは歴史ヲタクのハロヲタに、妄想と浪漫をいっぱい与えてくれて楽しいわwww」
助手「前回は大阪って立地と船木って苗字から、日本神話の多臣族『船木直』に遡ってたよねwww」
教授「そう。前回は日本神話。今回は大乗仏教。まさに、神仏習合やな・・・・!!!」
助手「凄いな、ふなちゃんww マジ、神仏習合じゃんwww」
助手「歴史と神話の浪漫に満ち溢れるハロプロメンバー。船木結www」
教授「でも、神道でも、般若心経読むとこあるんだってさ。前にテレビで観たことある」
助手「へぇ。神道でもあるのか・・・・」
教授「それこそ、神仏習合の時代の名残らしいよ。明治政府によって、神仏分離されてしまったけど・・・」
教授「ちなみに、明治政府によって、修験道も禁止され、坊さんも沢山還俗され、廃仏毀釈で仏像壊されまくりました!!(怒」
助手「うーーん。やっぱ、明治政府、ゴミカスやな」
教授「そう!!明治政府、ホント、ゴミ!!!」
教授「今年、明治150年らしいけど、そんなのクソくらえですよ!!私はもう、明治政府アンチと言っていい!!」
助手「明治政府アンチwwww」
教授「もうね。廃城令と廃仏毀釈のクソっぷりに関しては、あやちょと個別握手で、1時間ぐらい『クソだよね!』って、語り合いたい!!」
助手「個別握手で1時間も語れないからwww」
教授「岡倉天心の偉大さも、あやちょと語り合いたいわ」
助手「個別握手でいきなり、岡倉天心を語り出すヲタが来たら、あやちょもドン引きですわwww」
教授「とりあえずね、明治政府は王政復古を唱えすぎて、脳みそが大和時代まで遡ってんねん。アフォだろ?絶対」
教授「そんなん、お前らだけで王政復古ごっこやってろや!!!ボケが!!!」
助手「むっちゃ、明治政府アンチで、草www」
助手「でも、そっか。修験道も禁止されてたんだ?!明治政府に」
教授「そうなんだよ、酷い話よね、まったく」
助手「修験道と言うと、吉野の金峯山寺のイメージがあるわ」
教授「熊野三山とか出羽三山とかね」
教授「山岳信仰は物凄く、静寂で奥が深くて浪漫があるよな」
教授「BSプレミアムで新日本風土記って番組やってて。あれ、凄い好きなんだよね」
教授「こないだ、四国山地がテーマで、石鎚山の修験道のお話やってたんだけど。鎖場を越えて、山の奥から湧き出る霊水を汲みに行くんだって」
教授「その水を田んぼに巻くと、豊穣になると、伝わってるらしい」
助手「日本って無宗教って言われるけど、田舎の方に行くと、八百万の神に対する、そう言う信仰って、深く根付いてますよね」
教授「ふむ。。熊野三山か・・・・」
教授「熊野三山で山伏をする山木と、山の神である、もりとちの物語・・・・」
助手「あんた、ほんと、そう言う設定、好きよねwww」
教授「あ!わかった!じゃぁさ、村が凶作に見舞われて、大飢饉に陥ってしまい・・・・」
教授「五穀豊穣を願う為に、森戸山に来た、寒村の一人娘のむすぶ」
教授「だが、山奥へ向かう最中に山道に迷ってしまい、倒れかけていた所を、修験者の山木に救われるのですよ」
助手「ふむ」
教授「山木はむすぶに、食べ物と飲み物を与え、この先は女人禁制なので帰るように言うが、『五穀豊穣をお祈りして霊泉を持ちかえらないと、村に帰る事は許されない・・・・』と、むすぶは言う」
教授「おとんもおじいも疫病みで倒れ、自分しか行くことが出来ない・・・・と」
助手「なるほど。・・・・・なんであんたが設定すると、いつもむすぶは、悲惨な身の上なんだ??ww」
教授「山木は迷うが、ここで無理に追い返すのは憐れに思い『解った。だが、女人禁制である以上・・・・お前を女子として扱うわけには行かない』そう言って、山木は、自分の装束をむすぶに与える」
教授「『小僧として一緒に来てもらう。私もお前を女として扱わない。良いか??』」
教授「こうして、山木とむすぶは、熊野の山の奥へと向かうのであった」
助手「ふむふむ。修験者のむすぶ少年として扱うのですね」
教授「こうして山を分け入り、遥か山頂にあるお社を目指す2人であったが、道中、俄かに強い雨に見舞われてしまう」
教授「急激な雨と気温の低下に、体を震わせるむすぶ」
教授「すると、山木は『こっちへ来るんだ・・・・』と言ってむすぶの手を引き・・・・連れて行ってくれた場所は、小さなお堂であった」
教授「お堂に入ると、奥には小さな祭壇が祀られており、2人は、そこで暫し、雨宿りをする事になった」
教授「最初からその場所を把握してたらしい山木。むすぶはなんとなく、山木に聞くのであった。『ここ。お堂なんですね』『あぁ・・・』『前に来た事あるのですか?』」
教授「『そう、だな。。来た事ある。もう、3年も前だけどな・・・・』『そうなんですね。なんの神が祀られているのですか?』」
教授「むすぶの問いに、山木はしばし口を噤んだ。だが、真っ直ぐな目で伺ってくるむすぶに、山木は小さく息を吐き、こう、答えた」
教授「『山の神だよ・・・』『山の神??』『ここは森戸の山の神が祀られるお堂なんだ・・・』」
助手「森戸の山の神・・・」
教授「ふむ」
教授「なんかちょっと、能みたいな感じで、お話しを書きたくなるな。こうなると」
助手「あぁ。能っぽさ、ありますね。」
教授「じゃぁ、ちょっと書いてみようかな・・・・・・幽玄的に!!!」
助手「そうですね。まさか、むすぶの般若心経の話から、能に発展するとはww」
教授「と言うわけで、今日はここまで!!ばいちゅん!!!!!!」
教授「ってか。昨日今日と、ハロメン全然、ブログの更新、入らないね」
助手「そう!!昨日、誰一人、更新してないっぽいですよね」
助手「今日もまだ更新入らないし。台風関係あるのかしら???」
教授「イベント中止になった手前なのかな?良く解らんけど。すごく不安になるわ、こういうの」
助手「ホントね。なにかあったのかしら??」
教授「心配だけど、とりあえず、ばいちゅん」
助手「うーっす。ばいちゅーん」


お菓子禁止令・改


教授「さて、明日から週末ですが・・・・」
教授「ZDA(全国同時握手会)が、まさかの、ZDC(全国同時中止)になって、草なんですけどwww」
助手「そう!!!」
助手「ホントね。メンバーは可哀想だし、クソ事務所様も、ホント悲惨なんだけど・・・・」
助手「しょーじき、ちょっと、面白かったwww」
教授「だって、沖縄から北海道まで津々浦々でイベントやるのにですよ??」
教授「沖縄から北海道まで、津々浦々に、台風通り過ぎるのよ??ww」
助手「ZDAを潰すために、召喚された台風としか思えなくて、残念を通り越して、ほんと、面白いですよねwww」
教授「笑いごとじゃないのは解ってるんだけど、ホント、草www」
教授「あれですよ。台風もハロメンみんなと握手したかったんだよ・・・・・」
助手「1チームだけ選べないから、全員と握手する為に、日本縦断をしようと思ったのですね??台風君ww」
教授「台風がハロプロのDDヲタだった疑惑ですよ」
助手「全員と握手する為に日本縦断するとか、最強のDDヲタじゃないですかwww」
教授「きっと、最愛の舞美ちゃんがハロプロ卒業しちゃったからさ。台風も推し不在で、DDになっちゃったんだよ」
助手「卒業後も、ちゃんと、矢島さんについていきなさいよ、もう!!!www」
助手「いやぁ、しかし。すげぇなぁ・・・・全部中止とは」
教授「今年、台風ヤバすぎたからね。こんな中で敢行して、何か問題が起きたら、『また、ハロプロかよww』って言われちゃうし・・・」
教授「そりゃ、中止しますよ。むしろ、英断だよ」
助手「まぁ、そうね。最近、ハロプロOGのYさんが、やらかしましたからね・・・www」
教授「さすがに引退になっちゃったみたいね。そりゃそーだけど、遣る瀬無い最後だよな。一時代築いたのに・・・」
助手「加護ちゃんを10馬身ぐらい引き離して、一気に、ハロプロ最大の闇と化しましたよね」
教授「せっかく今年のハロコンで、加護ちゃんが許されたのになぁ」
教授「こっちは何年経っても『許されざる者』になってしまっただろ・・・・さすがに」
教授「10年後に復帰とかも、まずないだろうなぁ」
助手「切ないぜ・・・・」
教授「ミスムンが懐かしい。もう、Yさんのミスムンなんて、なにがあっても観れないのか・・・」
教授「・・・・・・・・・まぁ、そんな話は置いといてだ」
教授「あのね!!実はね!!明日から、ダイエットしよかなって思ってさ!!!!」
助手「・・・・・・・・・・・・・・・はぁ?」
教授「そこ!!『また、いつもの、ソレですか?』って顔、しない!!!!」
教授「どーせできないんでしょ?って顔、しないで下さい!!!失礼ですよ!!セクハラで訴えますよ?!!」
助手「だって、どーせ、出来ないんでしょ・・・・??」
助手「何度目ですか??それ」
教授「いや。今度こそ、ちゃんとやろうかなぁって思ってね!!」
助手「ホントかよwww」
教授「なんかね。飲んで運動すると、脂肪が筋肉に成ると言う、怪しいサプリメント買ったから!!」
助手「怪しいサプリメントと言う自覚があるんですね?www」
教授「怪しいけど。とりあえず飲めばなんか、勿体ないから、ちょっと頑張ろうってなるかなぁーって・・・・」
助手「まぁ、そうね。切っ掛けがあれば、ちゃんとやるかも。いつも、思い立って、大抵三日で辞めてるしねwww」
助手「とりあえず、毎日15分間筋トレやるとか、縛りを決めないとダメですよ!!」
教授「筋トレかぁ・・・・」
助手「イヤそうにしないの!!!」
助手「だって、あなた。フリコピダイエット。全然、続かないじゃん」
教授「筋トレはもっと、続かなそう・・・」
助手「まぁ、確かに。絶対続かなそうなオーラに満ち溢れているwww」
助手「フリコピは好きなのに、なんで続かないのかしらね??」
教授「うーーん。やっぱ、ライブでフリコピしないと、楽しくないよねwww」
教授「ライブ観ながらやるから、楽しいんだよ、アレは絶対」
助手「それは一理あるわ」
助手「でも、このままだと、絶対、あなたは、ダイエットしないですよ?!!断言する!!!!」
教授「ぐぬううううう。そんな事ありません!!!って言いたいが、何も言い返せない・・・・・」
教授「・・・・・じゃぁ、解った!!!熊谷までに、とりあえず、3キロ減らそう!!!」
助手「マジっすか???」
助手「1カ月切ってるけど、やれるの???」
教授「成せば成る。成さねばならぬ、何事も・・・・・でござる」
教授「サプリメント買ったんだもん。多分、痩せるっしょ??」
助手「いや。ちゃんと運動しないと、サプリメント、意味ないから!!!www」
教授「ちなみに私ね。バタフライアブスも持ってるんだよ」
助手「なに、それ???」
教授「シックスパッドの安いバージョンのヤツと思って頂ければ・・・・」
助手「そう言う、楽して痩せる(と言われている)グッズばっか、買うんだから!!!wwww」
助手「ってか。教授もお菓子禁止令、自主的にやったら、どう???」
教授「え???お、お菓子禁止令ですか????」
助手「なんだかんだで、あれ、絶対、効果あるでしょ???」
教授「確かに。パイセンがむっちゃ、細くなったもんな。カントリー入ってから・・・・」
教授「でも、4のつく日以外は食べちゃダメは、いきなりさすがに、ハードルが高いと思うの。ダメ人間には・・・」
助手「そうですね。まったくダイエット出来ないダメ人間には、ハードル高いっすね・・・・」
教授「そもそも。あまりにも現場がなさすぎて、最近土日は、お菓子作りにハマってるんだよね」
助手「無駄に女子力上がってるけど、それ、絶対、アカンヤツやん!!!!www
助手「ダメですよ、それ。痩せるワケがない・・・・」
教授「せやな。・・・・・・・・・・・せやな」
教授「じゃぁ、解った!!せめて『お菓子』と言う事で、お菓子の『し(4)』の付く日と・・・・お菓子の「か(火)」曜日はOKにしよう!!」
助手「なるほろ!!!ちょっと、緩くなってるwwwww」
助手「じゃぁ、火曜日と4の付く日は、食べてOKで!!!」
教授「でも。差し入れはOKなんだよね??職場の人の旅行のお土産とかは・・・・」
助手「差し入れは食べないと失礼なので、確か、OKだったハズです」
教授「あと。なんかこう、遠征とか旅行行った時とかは、何も甘いの食べないと寂しいので、それもOKにしようよ!!」
助手「色々抜け道を作っててウケるけど、まぁ、いきなりあんまり縛りプにしても、ストレス溜まりそうだし。OKにしましょう」
教授「んで、お菓子禁止令って・・・・・・・・デザートはいいんだよね??ホットケーキとかパンケーキとか」
助手「パンケーキとかはデザートなんで、OKですね。ケーキとかも」
助手「でも、チョコとかポテチとかはもってのほかです」
教授「和菓子もダメなんだよね、菓子だから」
助手「もちろん、かえる饅頭も、食べちゃダメです!!!」
教授「マジかーーー!!!!」
教授「あ、でも、今度。山木のBDイベで名古屋行く時は、火曜日だから。かえる饅頭、帰りの新幹線で食べてもOKだね」
助手「OKだし。翌日は24日なので、翌日に食べてもOKです」
教授「ホンマや。翌日食えるやん!!なんだ。意外とがんばれそう!!!」
教授「じゃぁ、解った!!私もカントリーヲタらしく、お菓子禁止令・改をやります!!!」
助手「熊谷までに、ちゃんと、3キロ減らして下さいね」
教授「うーん。まぁ、頑張る」
教授「とりあえず、こうやって宣言しとかないと、私はやらない事山の如しなので。ここで宣言しとくわ!!」
教授「その為に、今日はブログを更新しました!!!お菓子禁止令・改!!絶対、やってみせる之介!!!」
助手「じゃぁ、明日からですよね??お菓子禁止令・改」
教授「うーん。キリ良く10月からで!!!!!」
助手「明日からやらんのかいwwwww」
教授「とりあえず、我が家に羊羹があります。あれは食べてしまわないと、悪くなっちゃうでしょ?勿体ないお化けが出てしまう!!」
助手「せやなぁ。じゃぁ、とりあえず、羊羹、処分してからですね・・・・」
教授「うむ。小布施の栗羊羹だから、美味しいぞ!!」
教授「と言うわけで、今日はここまで!!!」
助手「宣言した以上。がんばって、お菓子禁止令、敢行しましょう!!!!」
教授「がむばる!!!と言うわけで、ばいちゅん!!!!」

今日は我が家の話だけです。


教授「はぁ・・・・・・・」
助手「なんですか?ため息ついて」
教授「いや、もうさ、聞いてよ。助手っち」
助手「また、新人??」
教授「まぁ新人も毎日ストレスだけど。今回は、うちの兄嫁ですよ・・・・」
助手「兄嫁??」
教授「二世帯住宅なので、二階に暮らしてるんだけどね、兄の家族は・・・・」
教授「ただ。兄嫁がホント、無能と言うか・・・・・何も出来ない人で・・・・」
教授「性格は悪くないんだけど。むしろいい子なんだけど。ともかく、何も出来なさすぎて・・・・」
助手「なんかあったんですか??」
教授「あのね。うちのかーちゃんが、使わなくなったブランド時計を前に兄嫁にあげたのよ」
教授「それを凄く喜んでたんだけど・・・・・そこらへんはいいのさ」
助手「そこらへんはホッコリ話ですね」
教授「で、最近。うちのかーちゃんが兄嫁と話してたら『戴いた時計、電池切れてしまったんです』って言ってたらしく」
助手「ふむ。じゃぁ、時計屋さんで電池交換すればいいですね」
教授「うちのかーちゃんもそう言ったら、『わたし、時計の電池交換したことなくて。どこでやればいいのか・・・』から始まってだね」
教授「近所のヨドバシカメラでやってくれるよ??って言っても、『なんてお願いすれば』 『どこのフロアで頼めばいいのか?』って、ウダウダ始まって・・・・」
教授「かーちゃんがメンド臭くなって『じゃぁ、今度変えて来てあげるよ!』って言って、兄嫁から時計を預かって来てたんだよねwww」
助手「 自 分 で 換 え に 行 け や !!!wwwwww」
教授「だよねだよね、そうだよね」
教授「あのね。相手が実の親とかなら解る。『ママに貰った時計、電池切れちゃって、換えて来てくんない?』とか、甘えに走るの、まぁ解る」
助手「かーちゃんも、『自分でやんなさいよー!』と言いつつも、『まぁ買い物ついでにやってくるわ・・・』になるの。そう言うのは解るんだ」
教授「でも、ここはですよ。嫁が姑に、しかも『戴いた時計』を、電池交換して来てもらうのは、凄くないですか??www」
教授「もし、自分が兄嫁の立場だったら、『姑に戴いた時計を電池切れで付けてないのがバレると、なんとなく気まずいので、自分ですぐに、電池交換しに行く』けどなぁ・・・」
助手「フツーは、そうなるよねwww」
教授「貰った時計を姑の前で付けてないのすら、私は気持ちが憚れる。だから、速攻、自分で換えに行くわ」
助手「少なくとも、戴いた時計の電池交換を、くれた本人に『やってきて下さい』は図々しくて無理だわwww」
教授「ちなみに、電池交換代は、そのまま、うちのかーちゃん持ちですww 向こうも言ってこないので、なんとなく、請求出来なかったわって、かーちゃん、言ってたwww」
助手「交換代くれなかったの!??wwwwww  完全にパシリじゃん!!!!wwwww」
教授「そしてさらに驚きだったのが・・・・」
教授「うち。車は二世帯で兼用してるので、車のキーは、兄嫁のトコと、うちで、それぞれもってるのね??」
助手「ふむふむ」
教授「で。車のキーはリモコン式なので、長い間使うと、電池切れになるワケよ」
教授「うちも去年ぐらいに電池切れになったので、リモコンの電池交換したんだけど。リモコンがちょっと、カバーの開け方が難しいのね」
教授「一見だと良く解らなくて・・・・・だから、ダッシュボードの中にマニュアル入ってるんで、それで、カバーの開け方みて、私が交換したんだけど」
教授「先日、兄嫁のトコも、電池が切れました」
助手「なんか、展開がすでに、予想ついたわ・・・・wwwwww」
教授「で。うちの馬鹿兄貴が、『カバーが開かねぇ!!』って、マニュアルも読まず、1人でブチギレてたらしくて、兄嫁がリモコンキー持って、うちにやってきたらしいwww」
教授「で。前に交換したのは私なので、かーちゃんも開け方知らないから、『娘は確か、マニュアル観て、開け方調べてたわよ』と教えてあげたらしい」
教授「ちなみに。その時間は私は留守だったのね」
助手「そっか。お母さまも開け方は知らないワケね。前回は教授にお任せだったから」
教授「ので。フツーはそこで、兄嫁が車のマニュアル読んで、『電池交換』の項目を観て、電池交換するわよね?フツー」
助手「そりゃそーですね。マニュアルに載ってると教わったんだから」
教授「しかーーーし。『わたし、車のマニュアル読んだ事なくて・・・』『不器用だから、出来そうもないかも』『電池は何と交換すればいいんですか?』の応酬www」
助手「めんどくせーーーーーーーー!!!!!!!!wwww」
教授「うちのかーちゃんは、やはりめんどくさくなったのか・・・・私が家に帰って来たら、『悪いけど、車のキーの電池交換して!』と言われましたwww」
助手「また、預かっちゃったのかぁあああ!!!!wwwww」
助手「甘やかすから、図々しく頼まれちゃうんじゃないですか?それ」
教授「そう。でも、かーちゃん的には、いつまでも『でも』『だけど』と、身にならないやり取りを、兄嫁とするのがメンド臭いらしい
助手「メンドクサイから、なんでもやってあげちゃうタイプなんですね」
教授「しょーがないから、私がカバーを開けて電池交換しようと思ったんだけど、その日、その種類のボタン電池が、家に買い置きがなくって・・・」
教授「結局、かーちゃんがヨドバシに時計の電池交換をしに行ったとき、一緒に、ボタン電池も購入してくることに・・・・」
助手「草・・・・・」
助手「そのボタン電池の代金は???www」
教授「えぇ。勿論、請求できぬまま、うち持ちでございますwww」
助手「凄いなぁ。無能なのか、図々しいのか・・・・・どっちなんだろう???」
教授「多分、両方だと思う。つか、うちの兄貴も大概だけどね。マニュアル読まないで、開けられなくて、キレてるとか。小学生かよ・・・」
助手「マニュアル取りに行くのがメンドイなら、車種でググればいいのにねぇ・・・・」
教授「あの人たち、ほんと、ググレカスなのよね・・・・」
教授「兄嫁、普段から無能を極めてて。『溜池山王に行くには、どうやって行けばいいんですか?』って、平気で聞いてくるww」
助手「Yahoo!電車案内!!!!wwwwww」
助手「え?スマフォ持ってないの???」
教授「驚くだろ?スマフォもipadも持ってるんやで、兄嫁夫婦www」
助手「キレそうwww」
教授「うちのかーちゃんが電車検索かけてあげるし。『市川の〇〇小学校で集まりがあって・・・』って時は、駅から現地までの地図を、何故か、私が出させられたwww」
助手「なんで??wwww」
教授「うちのかーちゃん。言うてオバちゃんやし、プリントアウト出来るまでのスキルはないから、かーちゃんに私が頼まれたwww」
助手「車の電池交換といい、かーちゃんの下請けで、結局教授も、兄嫁に尽くすハメになってるんですねwww」
教授「解せぬwwww」
教授「一番面白かったのが、『〇〇から△△に行くの、結構距離があって・・・・』みたいな相談をされたので、かーちゃんが『タクシー拾って行けば、ワンメーターでしょ?』って言ったら」
教授「『わたし、道端でタクシー、拾った事がなくって。どうすればいいか・・・』って言ってたらしいwww」
助手「手を上げればいいんじゃないかなぁああああ???!!!wwwwwwwwww」
助手「・・・・・・・・・・・・本気か?!!!!!」
教授「凄いんだ。。本気でコレなんだ、兄嫁は・・・・・・」
教授「だから、兄嫁夫婦とじいちゃんばーちゃんでどっか旅行に行くみたいな時も、電車のチケットの手配なんて出来るワケもなく・・・・」
教授「何故かかーちゃんが全部やって、何故か旅行代金、全部、こっち持ち・・・・」
助手「それ。甘やかしちゃダメなヤツじゃないですか??どんどん、やらされますよ???」
助手「やってくれると思って、甘えてる可能性、超濃厚」
教授「私もそう言ってるんだけど。孫はカワイイから、なんとなく、孫の為を思うとやってしまうらしい」
助手「まぁねぇ、それはねーーー」
教授「でも、ホントに何も出来ない。何も自分で調べない。何も自分で考えない。凄いんだ・・・・」
教授「私は1人遠征ヲタだから、何でも自分で調べて、何でも自分で手配するから、兄嫁みたいなタイプは理解出来んよ」
助手「九州四国とか、未踏の地の会場も。場所全部調べて、ホテル取って、飛行機予約とかも全部するワケだもんね、ヲタはwwww」
助手「ヲタは確かに、人一倍、行動力あるからねwww」
教授「自分の趣味は自分で解決するのが、ヲタだからな」
教授「山木を観てみろ!ヲタクの鑑だぞ、あの、1人でなんでもやっちゃう行動力」
助手「あんな兄嫁が欲しかったですねwww」
教授「でもさぁ。スマフォありゃ、なんでも調べられるし、なんでも出来るのにねぇ。」
教授「職場の新人も、1から100まで全部教えて、全部指導しないと何も出来ない子だから。新人の相手を家でもしてる気分だわ・・・・」
教授「だが、新人は20代前半だが。兄嫁は私より5つも年上なので、何か、色々、アカンやろ。あれ・・・・」
助手「そら、アカンわ・・・wwww」
教授「ここに挙げてるのは一例で、実際はもっと色々頼まれまくってるからなぁ・・・・」
教授「性格はいいのよ。明るいし、人当たりはいいし。だから、昔からなんでも、周りがやってくれてた結果、あぁなったのかもしれんが・・・・」
助手「なるほど。周りがなんでもやってくれて育った系か・・・・」
助手「職場の新人ちゃんは、まぁ、20代前半だから・・・・まぁ・・・・ゆとりでもしょーがないけどね」
教授「全てのゆとり世代があぁじゃないのは解ってるが。本当に、1から100まで教えないと何も出来なくてビビる・・・・新人」
教授「はぁ・・・・・・・私の周りに、山木みたいな有能女子が欲しいぜ」
教授「周りがアレすぎて、やまっきってホントに、行動力もあって有能だなぁってしみじみするよ」
助手「行動力って大切なんですね・・・・」
教授「まぁそんなワケで。今日は家の話で終わっちゃってスマンね。」
教授「ホントは前置きで兄嫁の話をするつもりだったんだが、つばきのライブ行かなきゃの時間になってしまったwww」
助手「つばきのライブで癒されましょう!!!www」
教授「では、ばいちゅーん!!!」


Categories
Archives
ロマヲタ図書館

レポ・ネタ・小説の保管場所。

ロマヲタ図書館


メール
メッセージ

名前
本文