そもそも整体とはどんなものなのでしょうか。

整体とは、脊椎・骨盤・肩甲骨・四肢(上肢・下肢)など、からだ全体の骨格や関節の歪み・ズレの矯正、骨格筋の調整などを、
手足を使った手技と補助道具でおこなう技術体系およびその行為という定義だそうです。医療制度から見れば補完代替医療の一種
で法制度からは医業類似行為の一種ととのことです。

確かに、医療のような行為だが、医療ではない、という感覚はありますね。


また、現在の整体は多種多様で、以下のような分類があるようです。

・日本武術の柔術や骨法などの流派に伝わる手技療法を中心とする整体
・中国医学の手技療法を中心とする整体、
・大正時代に日本に伝わったオステオパシーやカイロプラクティックなどの欧米伝来の手技療法を中心とする整体
・各団体の独自の理論や思想などを加えた整体

整体にはいろいろな流派、療法が存在するということなんですね。

しかし、整体師は民間資格のため誰でも名乗ることができるとのこと。これは意外でした。
医師のような国家資格は必要ないということなんですね。

整体は、体全体の骨格を形作る関節(脊椎・骨盤・肩甲骨・四肢・顎関節等)の歪み・ズレの矯正と、
骨格筋のバランス調整などを、主に手足を使った手技(道具は、あくまで補助として使用する)で
施術することで体を整え、体幹から四肢への脈絡の流れを良くし、脈絡改善によって各症状の改善を
期待する健康法であると言われている。

整体師の施術は、国家資格である柔道整復、あん摩、マッサージ、指圧とはまったく異なり施術は
末梢が対象ではなく、中枢を対象にした施術とのことでした。

骨の歪みを正すことで身体の中枢から施術を行い、カラダ全体を補正していくということですね。
このことが人間にとってとても大切なんだ、といことは安田昌夫先生もいつも言っていました。

安田昌夫先生はやはりすごいですね^^