先日、会社の同僚と焼肉屋さんに行った時の感想を書きたいと思います。

実は私、焼肉には目がないんですよねー。お給料が入ったら、すぐに『いつ焼肉に行こうかな?』と考えてしまいます。

好きなお店は、いわゆる『叙々苑』のような高級で有名な焼肉店より、隠れ家的なお店です。
みんな知らないようなおみせなのに、実はとても美味しい。

こんなお店を日々同僚と探しています。

最近言ったお店はオープンしたてのようで、店内はとても綺麗でした。
どうやら近江牛?というのがウリのようです。あまり聞いたことはなかったですが。

驚いたのは店内の壁紙が真っ白だということ。とても清潔感があって、まるでカフェみたいです。
煙がモクモクとしている焼肉店が通常のイメージなので、このイメージの違いにはとても驚きました。

店員さんも明るくてとても感じがよく、雰囲気としてはとてもいい感じ。お店全体が明るく感じてしまいます。

私はカルビに目がないんですが、ここのカルビは合格点。とても柔らかくて、味がしっかりとしています。
しかもこの店は非常にタレが本当に美味しかったです。自家製なのかなー?久々にご飯を食べたくなるタレに出会いました。

タン塩はとても厚切りになっていて、歯ごたえ十分。少なく見積もっても5ミリはありましたね。これは好みが分かれる
かもしれませんが、私は好きな方ですね。

スープやサラダなどのサイドメニューは特に個性がなくて少しがっかりでしたが、そこはまだ新しいので
今後の課題という感じでしょうか。

とても清潔感のあるお店なので。、女性同士で来るのには良いお店なのかな、と思いました。