2011年03月16日

楯突くわけじゃない

知人から「楯突く気か?」という連絡を頂きました…。
また、他の知人や友人からも「あんな事書いて大丈夫?」「反感買うんじゃないの?」という連絡も頂きました。
しかし、自分には一切、そういったつもりはありませんので、どうしたら良いのか…。
楯突く気も、憎み合う気も、自分にはまるでありません。
否定論者でもないです。
とはいえ、無駄に歪み合うのとか、非常に嫌なので、本当はもう触れたくもないんですが、自分の思うことを書かせて頂きます。これに関しては、これで最後にしたい。


何年掛かるかわからないけど、震災から立ち直って、少しの余裕が出来た人が「またバス釣りやろう」という気持ちになれなかったら悲しすぎる。

簡単に言うなら、それだけです。

自分の所には、何故かイベント批判論などが非常に多く来ました。
知らない人からの物も多く、そのほとんどが、自分自身が東北・関東地方に居る、家族・親族・友人などが被災地に居る、安否がわからないという人達の物でした。中には、被爆と認定されたという方もいらっしゃいました。
「こういった時に」「何を考えてるんだ」「バス釣りの面汚し」「裏切られた気持ち」などなど…。
それは関係無い人にとっては、ただの感情論かもしれません。
でも、自分としても、そういった考えになってしまう人の気持ちも、非常に良くわかりました。

しかし、そういった意見が匿名で飛び交っても「誰かが言っとるわ」「ほっとけほっとけ」と無視されれば終わり。
多くのメーカーやプロアングラーが関わっていることを考えれば、それはバス釣り業界の主流なのでしょう。
参加されたアングラーや・メーカー・関係者の方たちの持っている影響力を考えれば、なし崩し的に事が終わり、一方的な情報でよかったよかったで終わらすこともできる。

しかし、だからといって、誰もがそのルールに乗るわけではない。
それに対する反対意見も生まれる。
簡単かつ極端に言えば「もうバス釣りはやらない」「●●で釣り道具は買わない」「●●のルアーやロッドは買わない」といった意見も生まれる。

それは、「だったらイイわ」「ほっとけばいいんだよ」でイイでしょうか?

そうなったら、何人もの人の中でバス釣りが終わる。
楽しみのはずだったバス釣りも楽しめなくなるじゃないですか。

結果的に、多額の募金が集まり、それは、非常に大きな成果です。
自分に出来ることをやったのだからわかってくれ、と言われる方や、金集まっただろ?何の不満があるんだ?と思われる方、などが居てもおかしくはないと思いますし。それも、一つの正論です。
しかし、自分の大事な人を無くした時、生死がわからない状態の時、自分が大きな痛手を負ってしまった時、極限の時、
「金を恵んでくれる人」「御飯を食べさせてくれる人」もたしかにありがたいです。
しかし、「一緒に笑える人」「一緒に泣ける人」というのも、いて欲しい。

何年掛かるかわからないけど、震災から立ち直って、少しの余裕が出来た人が「またバス釣りやろう」という気持ちになれなかったら悲しすぎる。

その感情は忘れたくない。

そう思えばこそ、逆に「こう思っている人も少なからずいるんです」という別の考えを、逃げも隠れもしない意見としてリアルタイムに伝えておきたかったわけなんです。

人によっては乱暴な言葉・文章と取れる部分もあったかもしれませんが、そういったつもりで書いたものです。
俺のイメージからして、結果的に、「楯突く気か?」的な感情を生むことも、容易に想像できました。それは、もう、仕方ない。
俺みたいな馬鹿は、もう、こうするしかない。


ただ、どちらの心情も言い分もあるし、わかります。
ただ、見ている部分が違うだけで、対立するのではなく、歩み寄れる部分が非常に多くあると思います。
少なくとも自分の所に連絡をくれた人達も、別に全てを否定しているわけでは無いというのも御理解頂ければ、皆の気持ちも救われると思います。


朝、道端で小学生とすれ違えば、見ず知らずの俺にも「おはようございます」と言ってくれる。
出来れば、出来るだけ多くの子供達が明るく「おはようございます」と言ってくれるようにあって欲しい。

できるだけ発展的な気持ちで、向かい合い、皆で生きていくことが出来たらと思っています。


所詮、無事だった奴のキレイごとですが、御許し下さい。

千藤 顕



strugglearts at 12:16コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星