2011年03月16日

出来ることをする

(長文2連投、申し訳御座いません)

いろいろな考え方があると思います。

誤解しないで欲しいのですが、自分としては、物事を一方的に否定したり肯定したり、一方的に決め付けたりするようなのは非常に嫌なのです。(僕は全てにFxxK!!なイメージが強いようですが…)。
それぞれに言い分があるはず。それぞれにとっての正論があるはず。
その場に居なかった人間には、その場に居た人間の気持ちは100%はわからない。
それが現実です。それは御互い様です。

いろいろと誤解されている方もいらっしゃると思いますが、
僕は件のイベントを否定しているわけではありません。
否定的な目になってしまっている人も少なくないと思いますが、今まだ、どう考えていいかわからない人もいらっしゃると思いますが。
僕は、件のイベントにも意義はあったと考えているのです。

そもそも、これはずっと言っていますが、
個人でのアクションより、大勢でのアクションの方が大きな物を生むことは少なくないわけで、イベント会場における一人一人の心ある行動を集結し、より大きな物に出来たというのは一つの非常に大きな成果ではなかったのかと感じています。
その結果に対して否定する余地はありません。
そういったことを、僕が個人で成し遂げようと思っても、とても無理な事です。

個人レベルでも
伊豫部健君は真っ先に「イベントを行うなら募金をすべきだ」と自分のブランド《10 TEN-FEET UNDER》のブースに募金箱を設置し、イベント本部にも「皆で募金するべきだ」と掛け合うなどの行動を起こしたようですし、
同様に知っているところではM-BLOW松下雅幸君らも、後追いではなくイベント前夜(災害当日)より準備し、イベント開始時より展示よりもなるべく募金箱が目立つように努力するなどしていたようで、やはり、心の有る人間と言うのはいるんだなと、非常に、グッときました。
プロアングラーによるチャリティーオークションなどについても、予定以外の物を追加で出品するなどという行為も、募金額の貢献という面だけで考えても非常に高い効果があったのではないかと考えます。

また、イベント中、それぞれのプロアングラーやスタッフにとっては、仕事なわけで、それをまっとうするというのは当たり前の行動です。
行われたからには、訪れるお客さん達が、何かを求めて来られるのならば、それに100%で対応するのに関し、否定すべき点は見当たりません。
また、恐らくその中には、被害などが心配で、気が気でない状態で動かれた方も少なからずいらっしゃるでしょう。
東北・関東に知人・友人が多い人、家族・親族の居る人、気が気でなかったと思います。
そういった部分を考えると、心の別の部分をも使わなければならなかった、それらの方の心の疲労感というものに対しては、素直にお疲れ様でしたというべきだと思っています。

そして、目の前の仕事をこなすというのは、極当然の頑張りなわけで、
その頑張ったことに対して「お疲れ様」と、これは言うべきことでもあり、ましてや、常に現場でテレビなどの情報を得ることもできず、その凄惨さがわかり切らない状態ならば、打ち上げなどに行かれ盛り上がってしまうような方も、いて当然だとも思います。
むしろ逆に、仕事を頑張った後に「お疲れ様」と言い合えなければ、それはそれで非常に寂しいことでもあるわけで…。

そう思えば、そういった側面から見れば、否定することなんて出来ません。

これは、前日の準備からイベント現場にいた友人の話ですが、準備に必死で、家でニュースを見るまでは、そこまで凄惨だとわからなかったと言っていました。
そのような状態ですので、準備後に皆で食事に行ったりすれば、当然、気付かないことでしょう。
関係者の多くは会場近くのホテルなどで宿泊されたのでしょうし、そこでテレビを付けない人だっていくらでもいらっしゃると思います。
パソコンなどを持ち込んだ人でなければ、インターネットでいろいろと情報を調べるというわけにもいかないでしょう。
そう思えば、実際の様子がここまでだと想像できない人は少なくないと考えられるわけで…。
これは、仕方ないといえば仕方ないと、自分は理解しているつもりです。

そして、それは、来場者の方も同じで、否定ばかりは出来ないというのが、本当の所だと思います。

むしろ、募金やチャリティーといった部分には肯定的な部分が少なくはありません。
やるべきことをやったという意見は、そういった側方から見れば、少なからず不謹慎とか自粛というべき論点では無いのです。

例えば、早急なコメントを出された菊元プロや奥村さんのコメントを見れば、自分のいる状況で自分の出来る行動を取られているのも良くわかるはずです。
また、そういった人がアクションを起こすことが、一つの大きな結果を生み出すことも事実なわけで、それらが、被災者に対する助けとなることも事実です。
他にも、コメントなどを出されていない方でも、事の重大さを捉えて、アクションを起こされる方や、出来る範囲で行動される方も少なくないと思います。
そして、何より多くの方々の心が多くの募金という結果を生み出したのも事実です。
そこには、非常に多くの心が込められているはずです。

被害に遭われた方、親族や友人が被害に会われた方など、現在、このような状態で、いろいろな考えがあると思いますし、いろいろ考えることも出来ない人もいらっしゃると思います。
それでも全ては肯定できないという人も、少なからずいらっしゃると思います。

いろいろな側面からの考え方もあり、割り切れない部分もあると思います。

しかし、それでも、いろいろな行動・誠意があります。

人を思う気持ちが本当にあるのであれば、そこに優劣などありません。

そんな気持ちを誰もが実感できる、そんな時が一日でも早く来ることを願っています。



P.S.

自分は被害の大きなエリアに友人・知人が何人もいました。
家に居て、リアルタイムな情報を目の当たりにした。
今もまだ、一人、安否不明の状態です。
そういったことがあり、カッとアツくなってしまったところもあります。
自分は、馬鹿なので、もうカッとなって募金したりして、通帳残高821円…。
ルアーやロッドなどのロイヤリティーとして頂いたお金も全部寄付してしまいました。
これでは、あと数週間、どうやって暮らすのか…?
今さら、少し冷静になって気付きました。
まあ、自分はデブなんで、腹の周りに相当な蓄えがあるんで大丈夫だと思いますが。

そんな自分が言うのもなんですが、無事だった人間、無駄に焦って動いても仕方ないわけで、今有る生活を、しっかりと歩むことが必要なんだと思います。
例えば、菊元プロが、いの一番で今イベントでの売り上げを全額寄付すると英断されました、百万円の札束をポンと出された方もいらっしゃったようです。DEPS社などをはじめ、売り上げからの寄付をされるメーカーも少なくありません。
しかし、それはそういったことが出来る人の話。
そういったことが出来ない人間まで、そういったことをしてはいけない。
無理はしてはいけない。
心があれば出来る限りで良い。
自分の身を切り詰め、飯も食えずでは、何かがあって、いざ力が必要になった時に何も出来ないでは、元も子もありません。
例えば、少々乱暴な言い方になるが、そこまで余裕の無い会社が、売り上げ全額寄付して、給料がカットされたら、会社が潰れてしまったら、社員スタッフやその家族の生活は…?
人件費、原価、輸送費、それを全部被ってしまったら、会社の幹は崩れてしまう。
そう考えれば、それは、考えた上で、出来る範囲の厚意で良い。
目の前の人を犠牲にしてしまっては本末転倒。

それを、理解する必要もある。

何でもかんでも自粛すれば良い訳でもない。
被災者や家族や友達の気持ちを考えない不用意な言葉は出来れば自粛したい。
無駄にチャラチャラするのも、見ていて辛い。
謙虚な気持ちは忘れたくない。

でも、ストレスを溜めて、元気が出ない。それでは、あなたの力を借りたいという人が現れても、何の力にもなれません。

被災者などへの心遣いも忘れず、
もし、今、あなたの元に地震が来たら、そういった心構えも忘れず、
でも、元気な人間は、元気な人間なりに普通に生きることこそが必要なのだと思います。
元気な人間として、いつ何事にも対応できるようでありたい。

ただの同情や哀れみになっても、共倒れになっても意味がないです。
そんなことで「すまない」という気持ちが生まれても、素直に「ありがとう」とは思えないかもしれないです。

助けたいという気持ちは、自分がキチンと生きなければいけないという気持ちが無ければ、意味を無くす時もあるんですよね。


《経済的自粛について》※ココからも長いです…。ゴメンなさい。

偉い先生やメディアや経営者や経済的に優位な方は、よく経済の循環というのも言われます。
経済が循環しなければ、不景気になってしまい、結局は社会全体の状況が悪くなってしまうという事です。
今回の地震でも、既にそういった話は出ています。
しかし、これは事実ではありますが、少々言葉のマジックがあります。

現在の不景気というのは、高額所得者や企業の偏り、持っている人の出し惜しみ、高額所得者に対する優遇措置の増加が大きな原因です。
一般レベルで、どんどん消費をすれば全て解決するという話ではありません。
あくまでも、偏ったお金を公平に行き渡す。というのが経済の循環です。
例えば、今回の件に当てはめるなら、一つは、東北・関東の企業が動けない分の仕事が増え収入が上がった、東北・関東に関する仕事などで収入が上がったなどの企業が、自分の所で留めず循環・還元するというのが経済の循環です。
しかし、それは、ごく一部、しかも経営者などの部分の話であり、一雇用者の給料が大幅に変わることは少ないです。
今までと同じ収入であれば、今までと同じ消費しかしようがありません。

そういった人は、今まで通りの消費をすることが、的確な行動なのです。

また、例えば「ゆとりがあれば、もっと消費できる」という低額所得者の現実と、「金は有るけど使わない方向で」という高額所得者の大きなズレがあります。
自分の職場などを考えてみてください。ほとんどの方に、経営者などの高額所得者と、社員さらには下請けなど末端雇用者の収入及び経済格差というものは非常に大きいという現実があると思います。
本来、人件費を払うというのも会社からすれば出費で、これも大きな意味で消費であり、本来は経済の循環の中でも非常に大きな幹の一つであり、資本主義国家および国民をよどみなく動かすための最重要要素の一つです。
でも現実は、人件費向上などにおける雇用者のベースアップなどの遅れは相当なものです。
しかし、「今後の会社のことを考えれば」「何があるかわからない」という考えで、「なるべく抑える方向」になっているのが、日本の社会の中では現実です。
経営という点を考えれば、そうなってしまうのも普通です。
これに関しては、経営陣それぞれに考えがあり、簡単にどうこう言える問題ではありませんが、こういった部分の改善こそが、本来は経済の循環にとって一番重要な点でもあるのです。

(しかし、情報メディアを牛耳っているのは高額所得者側の人間であり、政治家などを筆頭にそれらの人間が「我々の所得を落とすこと」「末端レベルの人件費を向上させること」が景気の回復に効果があるなどと言えば、自分たちのうま味が無くなってしまうわけで…。そういったことは極力メディアには流れないのが現実です。
また、海外や一般消費者などに問題の部分を当て込むなどで、すり替え刷り込みがなされている状態です。
こういった不景気に乗じ消費を煽り、自己の利益を上げようとする人もいます。
そうでない人も、もしくは我関せずというスタンスを取っています。
逆に、それに異論を唱えて公平な国民生活を前向きに考える意見は消されていっているというのが現状です。
そういった部分は、例えば、竹原信一氏のブログなどをキチンと読めば見えてくると思います。
脱線してすみませんでした…。)

そして今回の件ですが、災害とそれに伴う自粛という風潮です。
高額所得者が「なるべく自分の所にお金をキープしておく」となり経済循環に支障をきたしている今の日本社会で、さらに財布のヒモが硬くなり、その上さらに低額所得者まで「お金は使わない」となれば、お金が一箇所で停滞し、経済循環に支障をきたしてしまうということは容易に想像できます。
こういった状況で心情的には、そんなこと出来ないという方も少なからずいるとは思います。
しかし、それでは、様々な売り上げが減れば誰かの給料の削減に繋がりますし、売り上げが無ければ消費税などの国家予算徴収にも影響が出てくるような状況になってくるわけです。
国費が無ければ、経済的にダメージを追った災害地・被災者の建て直しに大きな打撃を与えることになりかねません。募金も、もちろんなのですが、われわれの税金・国家予算というものが、災害地・被災者の援助を大きくバックアップするわけです。
そう考えれば、消費は可能な限り通常に行われなければなりません。

しかし、だからといって、じゃんじゃん買い物すれば良いわけではない。
あくまでも通常に。
月に150万円稼ぐ人が使う15万円は、月に15万円稼ぐ人の1万5千円です。
単純計算すれば、1万5千円の食事が、1500円の食事と同様な価値になるわけです。
ですから、誰もが消費消費と騒ぐ必要も無い。
出来る範囲で良いし、ルアー一袋を買う余裕しかない人は、これは、そういった買い方で良い。
今まで通りというペースを変える必要はありません。

また、今回の災害の影響で収入が減るという人も少なからずいると思います。
そういった人であれば、逆に、節約ということも考えなければなりませんし、消費消費という風潮に載せられても本末転倒です。
それで、自分の経済が破綻しても意味がありません。

普通に生活できる人は普通に生活する。というのが一般レベルでは一番的確な判断だと思います。自分に適正な生活を営み、適正な消費を行う。
無理に消費して負担がかかれば、逆に、何かしらの不具合が生まれます。

さらに言うならば、出来るだけ生活を向上させるというのも、これは、忘れてはいけないことです。
エコロジーという部分では質素倹約が必要ですが、経済の循環という部分では質素倹約というのは必ずしも正しいという判断ではないということも忘れてはいけないと思います。
乱暴な言い方をすれば、「稼ぐ⇔使う」を正常化する。そして、できれば偏るのではなく、様々な方向に利益がいくように考えて動くことが必要なのではないでしょうか?

ヅラヅラ書いてしまいましたが、
なにせ、明日は我が身です、いろんな意味での自分自身の蓄えがなければ、事があった時に困るということにもなりかねません。
自粛しても、力をなくしても、自分がダウンしては意味ありません。
それでは、誰かを助けるどころか、迷惑を掛けるだけ。
これこそ、ある意味で究極の不謹慎。
そんなことは、被災者の人だって望まないはず。
共倒れされても、何の助けにもならなければ、何の喜びも生まない。

そういうことも忘れず、しかし自分は恵まれているという感謝も忘れず、そして多くの被害者の方たちの悲しみも忘れず、一生懸命生きていきましょう。


後先考えず突っ走ってしまうようなクソ野郎のクセに、偉そうなことを言って申し訳ありません。

千藤 顕



strugglearts at 12:49コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星