2011年09月23日

爆発寸前GIG

しばらくぶりです。

震災以降、半年の時が経ちました。
最後の更新からも、およそ半年…。
いろいろ考え、いろいろあったり、無かったり。
言いたいコトも山ほどある。
ただ、時間が無い。
いや、時間があっても、何をどう書いたら良いのか…。
どう書いたら上手く伝えることが出来るのか…。
皆が気になっているコトはわかるし、そこは放置できる話でもない。
まずは、そこをクリアしなければ、次の話もなかなか出来ない気がする。
だから、この半年間、時間が少しでも出来る毎に、何回も何十回も更新しようと試みてるんだけど…。
でも、どうしても、どこかで誤解されたりする気がしてアップ出来ない。
何故か?
俺の人生、勘違いと誤解は、確実に付きまとうから…(苦笑)。

本当は、自分の本心を真っ直ぐに語るだけだから、トラブルになることなんてないはずなんだけど…。
通用しない人種というのは少なからず存在する。
その本心を鬱陶しく思う人も少なからず居る。
俺の言葉を消し去りたい誰かも居る。
ズバリ言われるのが怖い人も居るかもしれない。
そんなコトを考えると…。

とことん真実と自分の本心をぶちまけたい心
無駄で非建設的なトラブルなんか起こしたくないという心

今の自分にはその2つの考えが同居している。
そこに折り合いを付けなければならない。

でも、周りが、どう捻じ曲げようが、否定しようが、真実は真実。
俺のみが知っている事実、俺だけしか言えない言葉もある。
だから、それについては、圧力でもかけられなければ、また、そのうち、そう遠くないうちに書くと思う。
(恐らく、それか、その次が、このブログの最後の更新になると思う…)

ということで、申し訳ないですが、そういった話は、今回はありません。



それでは、今回、急遽更新した理由はというと…。

超数少ない俺の心の友である、ケンゴ先輩の経営するルアーショップ『フルレンジ』が閉店する件に関して。

といっても、もう既に告知もされて、怒涛の閉店セールも行われている。
ネットショップの方は、今月一杯で完全に終了する。
店舗は、今日から3日間で最後とのこと。
本当にそれで終わり。
まぁ、それも、告知はされているだろう。

じゃあ、何か。

開店当初から、ずっと付き合いのあったケンゴ&フルレンジのためも、最後の3日間は俺も行く。ウチの弟も行く。
でも、ただ行って、ただ居るってのは、ただのバカ。一日店長や一日署長やと一緒で何の意味も無い。
だから、何か考える。何かしらする。

ケンゴ先輩も、最後の3日間は来店者限定の爆裂価格で行く気になっているようだ。
場所も場所、行きにくい場所だ。
だから、そんな中わざわざ来てくれた人のための恩返しとして、2割3割や半額なんかではなく6割7割引いていくようだ。
それだけでも、かなりの話だが、この3日間で何が出来るかと、もっともっと、何かを考えると思う。
きっと、その場、その時で決まっていくと思う。
ありえない爆裂もあるかもしれない。
恐らく、ネットショップに掲載されていないどころか、店舗裏の莫大な在庫の中で忘れられていた放出品も少なからずあるはずだ。
全てはこの3日間、店に来た人だけがわかる。
普通の奴らが「普通じゃない」なんていう程度じゃ、俺ら満足しないから。
だから、まぁ、普通じゃねぇよ。
おまけに、日本トップクラスの気前の良さを備え持つケンゴ先輩もいる。
どうせ最後なら…。
ってなると、どうなるか、想像くらいはしてみて欲しい。
少なくとも、ただの閉店セールではないよな。

ということで、あと3日間、石川県かほく市高松ム35番地3 ルアーショップフルレンジ にて待つ。


俺に会いになんて来なくてイイ。
主役はケンゴ&フルレンジ。
俺らは精一杯手伝うだけ。
日本一の爆裂特価の山を見に来てみなよ。
ただし、ハイエナのようなデリカシーの無いバカには、思いっ切り居心地の悪い空気を与えてやるから覚悟しときなよ。
別に口に出して言わなくてもいいから、「ケンゴ先輩、お疲れ様でした」「ありがとうフルレンジ」という敬意と誠意くらいは忘れないように。
ネットやケータイが流行って以降、心の対話が貧しすぎるぜ、日本人。
買う側に対する誠意ももちろんだけど、売る側に対する誠意も、これまた誠意。
売り手も買い手も、シャチョーもバイトも、みんな人間だ。心の有る人間だ。
その上にふんぞり返ろうと必死になってるバカ共にはわからないだろうけど、
そんなのほっといて、心の対話、しようぜ。


つうことで、よろしくだ。


FULL RANGE
http://store.shopping.yahoo.co.jp/full-range/index.html

ケンゴ先輩のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/umeken_miracle



P.S.
あと、まぁ、いろいろありますが、
一つ言えるのは、気力という物が無くなった訳ではないということ。
震災以降、たしかに落ち込むこともあったけど、
逆に「やらなければならない」という気持ちは倍々と増えていっている感じ。
というか、確実にいろいろな気持ちが大量増殖している。
バカげた大義名分や上っ面や偉そうな肩書きなんかよりも、もっともっと大事なことがある。
「そろそろ気付けよ」「目を覚ませよ」。とすら思う。
俺は少し気付いたよ。学んだよ。強くそう感じる。
だから、心の奥から動くってことを、探して始めたいと強く感じている。

新たなスタートは近い。はず。

ナメてるバカには思い知らせてやんなきゃダメでしょ。


足枷取れたら…、

ヤバイよね(笑)
ハハハ



strugglearts at 08:15コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星