2009年11月

2009年11月21日

世界最大の男

栗田君からメールが届いていた。
でも、俺は返事はしていない。
別に連絡を絶ちたいとか、面倒くさいとか、うざいとか、そういうことでは一切無い。
むしろ、わざわざ、こんな俺ごときにメールなんてしてきてくれて本当に嬉しい。
本当に、ありがとう。と思う。
でも、返事は返さない。
そんな事って無いかなぁ。俺は変なのだろうか?

世界記録を釣った男、もう別の世界の人だ。
そんな彼が、わざわざ俺ごときを相手にしてくれるということは非常に名誉なことでもある。
彼ほどの、情熱と時間と生活をかけてビッグバスハンティングに取り組むだけのキャパを俺は持っていないし、彼と同じだけの情熱を注ぎ込める余裕も今の俺には無い。
おそらく、今の俺には世界記録を釣ることなんて出来ないし、そこまでチャレンジできない。
そもそも、今の状態で俺がそんな夢を見ても、間違い無く全てが中途半端になるだけだ。
そう考えれば考えるほど、俺からしたら、もう、別世界の人なのだ。
彼や彼ら(彼を取り巻く環境という意味での)の土俵は、今の俺の生活の延長線上には無いとすら思ってしまう。

しかし、だからという理由で、わざわざ自ら敬遠するつもりでもない。
そこは早とちり&勘違いするなよ皆の衆。

俺にとって彼は数少ない友人(と俺は思っている)の一人である。

だが、俺が彼を友人だと思うのは、単純に話をしていて面白く、ノリも合い、気持ちも上がるからだ。だから、彼と仲良くしてきただけである。
彼が世界記録を釣ったから仲良くしたいのでもなく、
誰かと仲良いから仲良くしていたいのでもない。
恐らく出会うキッカケさえあれば、バス釣りなんかしていなくても仲良くなれるタイプの人間だと思っている。
そして、今後、彼がマザーを投げなくなったって、サターンワームしか投げなくなったって、釣りなんかしなくなったって、友達の一人だと思い続けるだろう。
それくらいに親しみを感じている部分もある。

しかし、世の中というのはそんなもんじゃないね。
いつの間にか知り合いが増えて、いつの間にか友達が増えて、いつの間にか自称弟子が付いてきて、いつの間にか『俺が育ててやった』って人まで出てくる。
そんなもんだ。
その人が世界記録を釣っていなかったら見向きもしないかもしれない。
その人が誰かの知り合いじゃなければ『エサ釣り野郎』と呼んでいるのかもしれない。
事実、そういったことはある。
でも、そういった仮定を抜きに、今の彼の周りには、急激に人が増えただろう。知らないところに身内がいっぱいいるだろう…(笑)。
でも、それは、誰に限ったことではなく、釣り以外でも、バンドでも、芸能人でも、スポーツでもあることだし、普通に会社員でもそれに近いことは起りうる。
俺も、人生そこそこ生きてきて、それなりにいろんな世界を見てきたから、そんなことはいくらでも見てきた。
どんな社会でも普通と言えば普通の現象なのだ。

でも、だからこそ、俺は、そんなシガラミの中に入るのが非常に怖く感じている部分もある。
しかし、ここは勘違いしてほしくないんだが、
彼自身が悪いわけでも、周りが悪いわけでもない。
単純に、その中に自分が入っているのが怖いのだ。
上手く取り繕って付き合っていく自信が無い。

そもそも、俺は別に、結果的な数字や、記録で人と付き合うわけでは無いし、そこから生まれる人間関係や美味そうな部分に食いつきたいわけでもない。
尊敬の念は絶対に忘れないが、友人は友人だ。
だからこそ、恐らく、
「栗田君と仲良いんでしょ?」
と言われても、
「そうだけど、だから何?」
としか答えられないと思う。
それどころか、何じゃコイツと思ってしまうような相手だったら、
「調子の良い時だけ機嫌とって、良い面して、人をステップにしようとして、馬鹿じゃねぇの?」
って、言ってしまうかもしれない。
それも怖い。
(まぁ、ハタから見れば俺の方が「何じゃコイツ?」なんだろうが…(苦笑))

でも、まぁ、そうは言っても、俺は、別に誰かを攻めたり攻撃したりしたいからそういった事を言うわけではないんだな(なかなかそうは見てもらえないけど…(苦笑))。
単純に、「釣りって楽しい遊びじゃん」⇒「だったら変な人間関係よりも、楽しく、下心無く、本音で付き合っていたいじゃん」っていう構図なだけなんだ、俺からすれば…。

でも、そうは思ってみても、なかなか上手くいかないのも俺。
正直、本音で人と付き合うことこそが俺の理想ではあるが、それこそが、時に問題発言になったり、それが飛び火して乱反射して、仲良くしていたい人との間を引き裂く引き金になってしまうこともある。
実際にそういうことも幾度もある。
というか、俺の場合、こういうキャラだからなのか、そうなりやすい。
それが、怖いんだな。
揉めごとを起こしたいわけじゃなくて、逆に、仲良くしたいからこそ本音で喋りたいだけなのにね…。

なんて、まぁ、子供みたいな言い分かもしれないが…。
つうか、よくそうやって言われるけど…(苦笑)。
まぁ、そうなんだ。
だからといって、彼のメールを返さない理由はそこには無いな…。

つうか、

単純に、

「ブログ始めましたよ!!」

ってメールだったから、だったら自分らだけでチマチマメールしてるんじゃなくて、ここでドンとアドレスでも乗っけとこうかいなと思っただけ。
でも、ちょっと、時間がかかっただけ…(苦笑)。

つうことで…、

http://worldrecord-giantbass.blogspot.com

つうか、知ってる人はもう知ってると思うが…。
つうか、英文だしね。
やっぱ世界が違うわ(笑)。

まぁ、そういうこと。
ドデカイ世界でガンガン行ってくれや!!と思う今日この頃です。

つうか、あと一点…、
部外者の俺が言うのもなんだが、

「世界記録っつったってエサじゃん!!」と思っている人、いるとは思いますが、
少なくとも、日本国憲法でも刑法第何条でも民法第何条でも、エサかルアーかどっちが良いとは決まっていない!!んだなぁ…(苦笑)。
つうか、チヌの世界では逆に「ルアーで釣った?なめんなバカ!!」ですよ。というか、俺、実際に怒鳴られたし、チヌ師に…。
でも、ホントはどっちが正しいの?
つうか、エサだから釣れる!! っつうんなら、彼、マザーとか投げないでしょ、それこそ時間の無駄になるもん…。
ようは、そこですよ、そこ。そこに気付くべき。
エサにはエサの、ルアーにはルアーの強さがある。
今回はエサで釣れたというだけ。
次回はルアーかもしれない。
彼は、そのどちらをも使い記録級バスを狙っている純粋な釣り人だというだけ(純粋すぎるかもしれんが…(笑))。
自分のスタイルをルアーという枠に限定していないだけ。
ようは、それは人それぞれの価値観。
世の中には、捕まってもイイという覚悟で爆走してる奴も、そのためのパーツ売ってるやつも、そんな本も山ですよ山。
つうか、そんなこといったら世界に名立たるアカデミー賞だって取り消さなきゃならんことになる作品が出てくる。
それこそ、俺の楽しみの小沢仁志主演Vシネマだって暴力の宝庫だ…、困ったことになる(苦笑)。
でも、それも、全てそれぞれの価値観。
ようは、何事も、それを嘘付いたり、悪い方向に持って行ったりしなければイイだけ。ではなかろうか?
つうか、そんなことよりも、琵琶湖のバスフィッシング如いては日本のバスフィッシングが世界に誇れるだけのモノだということを世界に証明してくれたことの方が何倍も素晴らしいことではないか?
と思うのだが…。

つうか、まぁ、俺ごときにこんな事書かれて苛立った人もいるかもしれないが、むしろ、だったら、その苛立ちパワーで、ビビるくらいのデカい奴を釣って下さいよと思うわけだ。
というと、まぁ、ちょっと乱暴な言い方かもしれんが、

そこまでルアーを愛してるんだから、「エサなら釣れるよ」とか言わずに、みんな「ルアーも釣れる!!」って信じてやろうよ。

と思うわけだ。

少なくとも俺は「ルアーも全然捨てたモンじゃない」と思うし。
「俺はルアーで釣るよ」でOKでしょ?

つうか、まぁ、人のことどうのこうの書く前に自分自身そんなたいそうな人間でもないし、なんやかんや書き始めるとややこしくなりそうだから、この件はこの辺にしとこうと思うんだが…(まぁ、もう十分にややこしいんだろうが…)、

まぁ、なんだかんだいって栗田君もそうだけど、
奥村和正先輩をはじめ、内田健二氏、奥田学氏、菊元俊文氏、呉行修氏、サタン島田氏、中村哲也氏、福手永行氏、松川敏昭氏、丸山雄介氏、森田拓也氏(以上ほぼ50音順)などなど、というか他にもキリが無いほど、日本にはまだまだ強烈なビッグバスハンターが数多くいらっしゃいます。
そんな多くの猛者達だって、今後じゃんじゃん本気を出して記録級を狙っていくでしょう。
実際に記録級を目撃している人だって何人もいるし。
つうことは、今後も驚くような釣果が出てくるやもしれぬわけで…。
もしかすると、バス釣り初めての初心者が釣ってしまうかも知れぬわけで…。
ホント、これで世界が終わるわけじゃないんだから、まだまだ何が起るかわからん。
そう考えれば、誰にだってチャンスは残されとるわけで…。

つうか、まぁ、そんなコト書いてる俺も…、
当然、ビッグバスハンティングも忘れたくないし、機会があればロクマルだってバンバン釣りたいと思っているんだけど…(世界記録は、前述の通り…俺には無理!! だと思う)。
その一方で、最近、あちこちに行って思わされることもあってねぇ…。
まぁ、簡単に言うと、
『価値観とその価値観による基準値』つうのかな…。
まぁ、それの説明も非常に長くなりそうなので、また、この件については改めて書くとしますが、なんやかんやね、逆に別の課題もあるなって思うわけでね、自分的には。

でも、まぁ、そんな自分自身の課題はあくまでも俺の話であって、今日はそんなコトはどうでもイイ。
そんなコトよりも、ホント、皆さん頑張ってイイの釣って下さい。と、ホントに真面目に思うんだよなぁ、ホントに。

それは、誰に限ったことではなく、少なくともココを読んでくれている人たちと、俺の親愛なる友人たちには、記録級のバスに届かなかったとしても、イイ釣りをして欲しいと…、
いや釣りじゃなくても、イイ何かを掴んで欲しいなと思っているわけですよ。
ホント、俺の分もグッドウェーブ&ビッグウェーブを掴んで欲しい。と思います。
いや、俺は俺で地味に頑張りますけどね…。

つうことで、朝も早くから、こんなの書いてしまいましたが…(苦笑)。
つうか、夜早く寝たら、朝早く起きてしまうじゃない?
で、こんな時間に更新です。
朝型生活、最高です。
でも、こんなに早く起きても、朝マズメに釣り? 行けません。
今からメールチェック&ワーキンワーキンなんです。
この世界には時差っつう物がありましてね…。
仕事は山という程でも無いですが、モワッとした感じで溜まってきております。
まぁ、自転車操業は辛いです。というか、徒歩操業だなこりゃ。

つう感じで、なかなか俺の方は上手い具合に事は運びませんが、
今週末、釣りに行かれる方は俺の分も頑張って釣ってきて下さい。
30センチだって40センチだってイイじゃない。
自分なりに一生懸命やって、そこにそいつが居て釣れたってコトが素晴らしい。
しこたま楽しんで、家に帰って、家族も笑顔、自分も幸せ、それが一番ですよ。
何っ? 独り者だって?
切羽詰ってる顔してたら、独り者卒業はまだまだですぞ。
せっかく楽しめるんなら、思いっきり楽しんでりゃ、そんな笑顔にホロリとくる女子もいる!! …かもしれない(苦笑)。
んっ?楽しむ暇が無い?
仲間ですね仲間。
今度、みんなで『楽しむ暇が無い奴集会』でも開きましょう。
でも、楽しむ暇が無いから、そんな暇も無いか…(苦笑)。

つうことで、皆様、良い週末を。

仕事のある人は、まぁ仕方が無い。

挫けず、腐らず、頑張っていきましょう。

では…。



strugglearts at 06:56トラックバック(0) 

2009年11月18日

大阪で泊

2日ばかし更新が滞ってしまいましたが、ちゃっかり生きております。
体調はほぼ復活です。

ということで、本日(厳密には昨日ですが)はちょっと所用で大阪に来ております。
で、大阪泊まり。
車で1時間もあれば家に帰れるんだけど、なぜか、
お泊まりです。
まぁ、その理由は…。
大人の事情(???)なので秘密です…。

しかし、本日泊まることになったホテル(普通のね)、非常に良いホテルなんですが、周りの建物はほぼ全てといってイイほどに大人なムードがムンムンなモーテルだらけ。
普通に、カップルじゃなくとも男女で歩いていたら、それ風にしか見えないようなコンディション。
そんなギラギラした街角の一室で、今、更新しております。

まぁ、しかし、こういった具体的な立地条件というのは行ってみるまでわからんもんで、
普通の繁華街に近いホテルだと思ってたらバリバリの風俗街だったとか、街中ではあるんだが回りは寺と墓地だらけなんてことも少なくないんですが、
このギラついた感じ、俺は好きです。
いやいや、そういった華やかな女子のいるような店が好きだとかアダルトなのがイイとかいうそんな単純な話ではなく、正直、こういった街の空気感が好きなんです。
街の華やかさや利便性というよりは、雑多な感じも猥雑な感じもピリッとした感じも夜更けの祭りの後の寂しさ的感じも全て含めた感触が、俺は好きなんです。
なんか、こう、心にグワッとくるものがある。
いや、もちろん自然が嫌いというわけでもないんだけど、でも、それを差し引いても、こういった街の空気感は、何か、自分の魂に訴えかける物があるんだよなぁ…。

つぅか、そんなこんなはさておき、もうこんな時間だ…。
もう少しで夜も明けるょ…。
なので、今日んとこは、もう寝ます。
つうか、こんな話をしだしたらキリが無くなってしまうでね。
ちょっとは寝ないとね。

つうことで、そんな感じで、人生の夜明けももう少しで来る!! なら、非常に良いなぁ…。
という希望を胸に抱きながら、皆さん、頑張っていきましょう。
俺も頑張ります。

では、オヤスミナサイ。


strugglearts at 04:01トラックバック(0) 

2009年11月15日

キムチ問題

なんとか復活できそうです。
倦怠感と体の節々の軽い痛みはありますが、とりあえず昨日は熱は36度台から上がっても37度4分まで。
この数日間の中では一番調子が良い。
現在36度8分…。
まぁ、もうしばらくの辛抱でしょう。

ということで、昨日は久々に外の空気を吸ってみましたょ。
といっても乾電池を買いに行ったついでに外で晩御飯を食べただけですが。
つうか一人だしねぇ…。キムチ食ってきた。

いえいえね、
昨日、昼過ぎぐらいにたまたまテレビをつけたんですがね…(←普段は見ない)
なんかバラエティ番組みたいなので
人ん家の冷蔵庫とかの中を見て
「キムチは危ない」だことの「ピクルスはダメ」だことのやってたんですよ。
ようは、食べかけののキムチやピクルスを暖かい部屋で3日間置いておくと、ガスが出て爆発するみたいな話だったんですがね…、

Oi !! 
待てよ!!

そんなもん、暖かい部屋で密閉して3日間置いておけばキムチやピクルスなんかじゃなくても爆発する物くらいいくらでもあるだろうがぁ。
と思ったわけですがね。いかがなもんでしょうかねぇ。

つうか、3日間ずーーーっと暖かい部屋のコタツの上に置きっ放しって、どんなだよ。
つうか、そんなん、生魚でも、生肉でも、置きっ放してりゃ腐るし、それもマズイんじゃねぇか?
つうか、夜中の一時にクサヤ焼く方が直接的ダメージでかいんじゃねぇの?
つうか、散らかりっぱなしのゴミ部屋とか、あちこちで爆発しまくってるのか?。
つうか、昔、そんな娘(ナンバーワンキャバクラ嬢in歌舞伎町)とちょっと付き合ってたことあるけど、一度も爆発音はしませんでしたよ。
こたつは埋まってて見えなかったけど。

………。

つうか、ねぇ、
だから、
そもそも、
それ、冷蔵庫に入れてあるじゃん…。
などなど思わされたんですが、
にも関わらず、それを冷蔵庫からわざわざ引きずり出してきて「ダメだ」「危ない」とかやっとられまして…。

しかも解決策とか対応策を言うんならまだしも、それで終了。
せめて
「キムチやピクルスは冷蔵庫に入れておくように」
とかでも言えばイイのに。
そんな話は一切無し。
キムチやピクルスは危ないのでダメみたいな話のまま、その件は終了。
なんか、キムチやピクルスはダメみたいな感じで次の件に行きよったわけです。

ホントにダメなのか、キムチ?
つうか、彼らはみんなキムチ&ピクルス撲滅派なのか?
だったら、まぁ、仕方ないが…。
そんなん無いだろう…。

普通に飲みに行って、

堺正明っぽいノリの人(以下、堺)
「とりあえずビール人数分。あっ2つは烏龍茶で。えっ?何?モス、モス、モスクワミルク? えっ? モスッコミュール? あっ、それ一つ。なんだよぉ、お前、そんなの自分で頼めよぉ…。」
若手、男(以下、若)「すいません、モスコミュール」
アジア系留学生バイト(以下、バ)「えっ、はぃ、モスコミュル2っつですか?」
堺「いやいや、一つ、一つ。…お前、何だよぉ。面倒くせぇなぁ。」
若「すいません」
堺「もぅいいや。もぅ、食うもんも頼んじゃお、もっ。えぇーっとねぇ、ここは、何が旨かったかな、うーんと、えぇ、このネギ盛りテッチャン屋台風。あと、この、から揚げの…、なんて書いてあるんだこれ、字が小さくて読めねぇよ」

バ「鳥から揚げですか?」
堺「あぁ、それそれ。それとぉ、この、コンニャクピザ。これ知ってる? コンニャクピザ。コンニャクとピザ。これがあうんだよぉ。旨いんだよぉホント。コンニャク嫌いな人でも全然いける。いや、ホントに。まぁ、試しに食ってみ。よぉし、コンニャクピザ。ピッツァね、ピッツァ、ハハハハハハ(笑)。で、あと、何にする?」
若「焼き鳥とかぁ…」
堺「じゃぁね、この串盛り。この串盛りをねぇ…、うぅん、どうだ、食べる人?2、3、4…、うぅん、面倒くさい、人数分。どうせ誰か食べるだろ? 大丈夫大丈夫。あと、なんかないの?」
笑顔が素敵な体育会系「じゃあ、キムチを!!」
堺「おっ、イイねぇ。他、誰?キムチ食べる人、いないの? じゃぁ、3つくらい持ってきて」
バ「キムチ3つですね」
堺「ぁ、ぅうん、いい、任す。あと、シーザーサラダ。とりあえずそんなとこで。あ、あと、灰皿持ってきてくれる? 5個。とりあえず、それ、大至急」
光浦靖子風な女子(メガネは無い)「すいませぇん。オシボリもぉ」

とかそんな流れになってんじゃねぇのか、普通に。

コンニャク大好き!!ってのも聞いたこと無いけど、コンニャク大嫌いだぁっ!!てのも少ないだろうに…とか、
「これ旨いんだ」って言うんなら、何故一番最初に出てこない。お前、ホント大丈夫か? とか、
何故に、まだ誰も答えてないのに、注文の数を部外者であるアルバイト店員に任せてしまうのだろうか? とか、
やっぱサラダの注文は最後なのね…、とか、
そんな疑問なんかそ知らぬ顔で、キムチ突いてんじゃないの?
やいのやいの言いながら盛り上がってんじゃないの?
えぇっ、コラ!!

とか、まぁ、そんな話はさておいてもですよ、

昔からそういうのは無くはなかったけど、ここ最近のテレビって、特にそんなんが多くないかい?。
「あれはOK」「これはダメ」
で、
芸人がいじられてお茶を濁して、イケメン君が微妙なギャグ言って、でも芸人以上の笑いとって、はい、コマーシャル。
って、そんなもん、どうなん?
馬鹿か?ですよ。
短絡的過ぎる。
芸人さんが頑張ってるのはわかる。
イケメン君はカッコイイから何やってもイケテル!!のかもしれん。
製作サイドだって、夜中までロケやったり、気ぃ使ったりで、頑張って仕事してるのもわかる。
お疲れ様ぁ!!ですよ。
でもなぁ、なんか腑に落ちないよなぁ。

まぁ、でも、百歩譲って、それ見て笑ってるだけなら良いのかもしれんけどねぇ…。
でもねぇ…、
普通に信じるよ、
ウチの家族とか、親族とか…(苦笑)。
完全に信用しちゃうよ…(泣)。

つうか、それでも、上手い司会者ならまとめるよな。
つうか、テロップ入れるなりなんなりで、キチンとそこの辺もサラッとでも触れるように作るわな。
台本もあるんだから。
つうか、画面全部がモザイクになるくらいプライバシーとかにも気が使えるんだからさぁ、
どうでもいいセリフの一つ一つに無駄に字のでかいテロップ入れる技術があるんだからさあ、
そこの豆知識的なとこや御注意的なとこや解説的なとこ、小さくてもいいからキチンと入れといて欲しいよな。
つうか、
「それくらいの気遣い欲しいやん…」

と、まぁ、たかがテレビでここまで言うのもなんなんだが、

いえね、キムチといったらですね、過去にね、熱が出て体調が非常に悪いときにね、奥村先輩と2人で無理矢理飲みに行ったことがあるんですよ。
で、その帰りにねラーメン屋に入ったんですよ。もうその時点でヘロヘロですよ。
でもね、そんなヘロヘロな俺を見ながらね
「熱があるときはキムチがエエんやで」
とか言いながら、奥村先輩がキムチを山のように頼みはじめたわけですよ、山っつっても3皿か4皿ですけどね。で、
「それ全部食っとけ。治るから」
とか言われて、「ホントかなぁ?」と思いつつも一人で全部たいらげましてね。で、ヘロヘロ過ぎて薬も飲まずに寝たんですけどね、次の日には完全に熱が下がってたってことがあったわけですよ。
もう、俺はパタンと倒れてしまうだろうと思っていたのにね。
ホント、まさにミラクルですよ。
無駄に体力回復ですよ。
回復しすぎて、夜の街に散々散財しましたよぉ。
貯金通帳残高ナシ!!になりましたよぉ(※注:上3行はかなり過去の話です)。
そんな思い出のキムチをですよ、
「はいダメですよ」「はい危ないですよ」
って言われてもね…。
俺は、何? 爆弾でも食ってるんか?
っつう、そんな、少々微妙な気持ちになってきてなぁ。

つうことで、なんかモヤモヤしたこう微妙な気分になってねぇ、もう昨日の夜はキムチを山ほど食ってきてやりましたよ。
どこのキムチが良いのかわからんから、3軒ハシゴしてキムチ食ってきてやりましたよ(うち2件はキムチのみ)
つうことで、もう、これで大丈夫。
なはず。

でも、ホント、これ、他のことでもそうだよな、
ワルな方向の人だって、本当の友達として仲良くしてる分には普通に良い人だし、本当に仲良ければ、逆に悪い道に引きずり込んだりしない。(まぁ、中には壮絶な人もいらっしゃいますが…)
でしょ?
逆に良い人ぶってる奴の方が怖い。裏でどうなんだか…。
でも、そんな人って、絶対に人前でそんなトコ見せないんだよなぁ…。
つうことで、イメージとか、決め付けとか、簡単だし、そういうのが大好きなのはわかるんだけど、ホント、俺、しんどいなぁ…。

つうことで、グダグダ長くなってしまったけど…。

ここで御報告。

テレビがどうのとか書いてしまいましたが、ここから先は良識あるテレビの話…(笑)。
で、テレビといえば、釣りファンは釣りビジョン(多分)。
ということで、まぁ、あと1ヶ月だしイイかなと思うんで、御報告しますが、
12月15日
釣りビジョンに出ることになりました。
スタジオ系ではなくて実釣系のヤツです。
撮影の方は、既に終わっております。
内容の方は、どうでしょう、人それぞれだとは思いますが、まぁ、釣りの番組です(当然ですが…)。
まぁ、自分で面白いかどうかはわからないですが、つうか、自分で「最高に面白いので必見ですよぉぉぉっ!!」とか言ってる人とかスゲェなぁ、自分LOVEだなぁ、いやLOVE&LOVEだなぁと思ってしまい、気恥ずかしくてそんなコトよう言いませんが、様々な苦条件の中、一生懸命やってきました。
が、正直、釣果どうのこうのは抜きにして、少なくとも取材しててとても面白かったのは確かです(俺はね)。
スタッフとの会話、謎のインド人との絡み、とんでもない大失態などなど…(全部、釣りじゃないねぇ…(苦笑))。
まぁ、いろいろありましたが、どこがどんな風に使われるか、どんな風になっているか、今の段階ではまるで想像できませんが、一つの番組として放送される予定です。
放送中止!! とかにならない限り、まぁ、放送される予定ですので、釣りビジョン契約者の皆様は、是非、御覧頂ければと思います。
また、契約者ではない方も、この機会に釣りビジョンに御契約なんてのも、まぁ、ありっちゃありかなと思います。
ついでに時代劇チャンネルなども契約すれば見れるようになるので、年末年始がグッと華やかになると思いますよ。
私も時代劇チャンネルとチャンネルNECOは欠かせないのです…。
ついでにオプションで追加する気があれば、格闘技好きにはFIGHTING TV サムライ、アダルトな人にはパラダイスチャンネルという非常に画期的なチャンネルも多々御座います。
つうか、釣りファンなら、釣りビジョン見てたらいろいろな人も出てるし、いろんな新情報もGETできるし、それだけでも価値はあると思いますが、まぁ、なんにせよいけてるということです。
いかがでしょう?
まぁ、今は光テレビとかケーブルテレビもあるんでいろいろ検討の余地はかなりあるかと思われます。
特に、光テレビなんかだとアンテナが要らないので電波が悪いなんてことは無いし、地デジチューナーが無くても地デジ放送が見れるようになるので、この年末、師走、金銭的にゆとりのある方は、我々の放送を見る見ないは別にしても、光テレビ導入、非常に良いセレクトだと思います。
我が家も経済的にはかなり切迫していますが、電波が非常に悪いので、光テレビは導入しております。
ちなみに、電気屋とかで光テレビに入っても、釣りビジョンを契約しないと見れない場合もあるので、その辺わからなかったら担当者なりカスタマーサービスセンターなりお問い合わせの電話番号なりで質問してみて下さい。
あと、釣具屋で釣りビジョンのチラシとかあるところで聞いてみても良いと思います。
つうか、昔々、スカパーとかが出来はじめの時代に、その辺の絡みの、契約だぁ顧客管理だぁ工事手配だぁクレーム対応だぁなんて仕事のコアな部分をヘビーにこなしてた時期もあるんで、いろいろな細かいこともあるんですがねぇ…。
まぁ、時間もかかるので、この件は現役のテレフォンオペレーターに任せます。

『なお、年末は、新規契約が増える時期でも御座います。
「契約から取り付けまでに数週間から1ヶ月以上の時間がかかる場合もございます」
などの説明を欠いたことによるクレーム及びキャンセルが増える時期でもあります。
「年末年始の御視聴を御希望でしたら御契約は御早めに」
という一言で、お客様の解約やクレームを未然に防ぐことも可能です。
つきましては〜(略)』

とか、そんな文章を作ってたりもしたんですよ、そういえば…。
ということで、御契約は御早めに。

ちなみに、そんなコトわからずに契約してしまった人が
「永ちゃんのライブが見たかったのに終わっちまったじゃねぇかよ。どうしてくれんだ!!」
つうことで、大クレームになったこともありました。
後処理を手伝ったりもしたんですが、解決まで2ヶ月近くかかりました…。
まぁ、もう10年近く前の話ですが…。
ということで、御契約されるなら御早めに。

と、なんか勧誘員みたいな話になってしまいましたが、
この辺の詳細がキッチリわかったら、キチンと御報告させて頂きます。
というか、俺よりも先にウチの弟氏(ヒゲのオッサン)がブログで真面目に御報告すると思いますのでヨロシク…(苦笑)。

つうかんじで、まぁ、いろいろありますが、こんな朝早くに…、
目が覚めてしまったんだから仕方が無い。
しかも寝起きが極めて良い、そのうえ、手持ち無沙汰。
つうことは、こりゃ更新しておこうということで、非常に長文になってしまいましたが。
これはもうキムチパワーですね。
完璧までとは言わないまでも、昨日までよりは全然マシ。

つうことで皆さんも、アレルギーのある方や辛いの苦手な人以外は、カプサイシン取って、頑張って、行ってらっしゃい。

挫けず腐らず、騙されず、今日も頑張っていきましょう。



つうか、そんなん、コーラにメントスぶち込んだ方がよっぽどヤバイよ…。
と思うんだが…。

参考映像1(御存知だと思いますが)↓
http://www.youtube.com/watch?v=M7GevB54n9E

参考映像2(御存知だと思いますが、悪用厳禁)↓
http://www.youtube.com/watch?v=HmlLYG2U9xc&feature=related

参考映像3(ついでにもういっちょ)↓
http://www.youtube.com/watch?v=g4kBNBEJKD8&feature=fvsr


では。



strugglearts at 07:17トラックバック(0) 

2009年11月14日

セカンドウェーブクリア

今朝のことです、あぁ、キツ過ぎる…という思いからうっかり禁断の解熱鎮痛剤などを飲んでしまったわけです。
当然ポックリです。
夕方までの記憶がありません…。

しかし恐ろしいことに、仕事はある程度進んでおり…。
内容を確認してみても別段

kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk

とかなってるトコも無く…。
意識回復してからの流れで仕事を再開し、
そして、
遂に、先程、セカンドウェーブ乗り越えました。

奇跡ですよ。
ホント、記憶の無い時間、俺は一体何をしてたんだらうか。

しかし、決して、飲んだ薬が解熱鎮痛剤じゃなく覚醒させる薬だったとかでもない。
過去に病院で処方箋を頂いた後に、スギ薬局の今井恵理(シェイプUPガールズ)似の来世で絶対出会いたいくらいのスーパー美女な薬剤師様から「ホンマ、無理せんといてくださいねェ」と120%のスマイルで手渡されたブツであります。
彼女が闇のシンジケートと繋がっていて、渡す物を間違えてしまったとかならわからんが、ほぼ、恐らく、100%に一番近い99%、そんなことは無いでしょう。
当然、他に薬を飲んだでもなく、外的注入物といえば春雨スープ(今日のはハズレ)と乳児向けの味の薄いボーロと水道水のみ。

で、気付いたらデスクの下に腰まで潜り込むような形で寝てたわけなんですが…。

それなのにも関わらず、あんなに山ほどあった仕事がかなりの量終わってたわけで。
何が起きたんだ?
不思議なもんだ。
まぁ、ミラクルといえばミラクルなんだが。
まぁ、不思議なもんだ。
と思いつつも、でも、まぁ一段落です。

関係者の皆さん、ヤキモキさせてしまって申し訳御座いませんでした。
御心配頂いた方、ありがとう御座いました。
「早くクタバレ」と思っていた方、ゴメンナサイ。

ということで、一段落。

体調の方はいまだ37度台半ばをグルグルしておりますが、リミットギリギリな仕事の山は越えたので一度バタンといって良い時がやっときたわけですね。

もう、薬飲んで寝ます。

といっても、起きれば、まだ、他にもいろいろあるわけで、これがまた大事。
でも山は越えた。

ということで、とりあえず、なんか悪寒に襲われたり、膝の辺りがガクガクしたり、わけわからなくなったりする前に寝ます。ゴメンナサイ。

皆さんも、お大事に。

いろいろあるけど、頑張っていきましょう。

では、とりあえずオヤスミナサイ。


strugglearts at 02:16トラックバック(0) 

2009年11月13日

とりあえず、まだ、生きています。

とりあえず、まだ、生きています。
とりあえず、まだ、起きています…(苦笑)。

夕方近くに仕事上(…かな)でちょっと頭を悩ますような大きな壁が立ちはだかり、そのおかげで(←多分)熱が38度6分まで上昇してしまいました…。
が、まぁ、その辺の大きな壁は、何とかあの手この手でとりあえずはクリア…。

で、そんな壁をどうにかこうにか乗り越えかけていた矢先、ピンポンと玄関のチャイムが鳴りまして、おっこれは神の救いかと思い出てみたんですが…。
単に、かなり前に通販で注文していた小沢仁志主演のDVD『愛しのOYAJI』と『愛しのOYAJI激突編』が今頃になって届いただけでした…。
嬉しいやら悲しいやら…。

で、まぁ、普通に受け取りのサインを書いて宅配さんとはお別れをしたんですが、ドアを閉めようと思った瞬間、近所のおばちゃんが急に笑顔でやってきて、
「これ、●●●ちゃん(御子様の名前)大好きだったよね。あげるから」
と中に何か入った緑のビニール袋を差し出され…。
「いえ、ここんとこずっと僕しか居ないんですけど」
と言う暇も無く、一瞬で帰っていかれたわけなんですが、とりあえず中は何だろうと思って見てみると、2本のバナナが…。

嬉しいやら何やら微妙な感覚。

しかし、ここんとこ水と氷以外に天然系の食材を口にしていない俺としては何か救いの神にも思えてしまう現実。
どうせこのまま置いておいてもブラックバナナになってしまうだけなので、これは「食してしまえ」という神の思し召しだと勝手に自己判断させて頂き、美味しく頂くことにしました。

が、そんなこんなでバナナをいただいていると、

そういえば昔バンドをやってた頃に「バナナは喉に良いのでシンガーに最適」という神話もあったなぁ…。
喉に良いといえば最近薬局とかに『歌う前に飲むと…「あれ?声が出る!」プロボイス不思議なタブレット』ってのが売ってあるけど、あれは一体どうなのかなぁ…。
そういえば、あれって、たしかマグネシウムが効果的とか謳ってたなぁ…。
あっ、マグネシウムと言えば、昔サークルK&サンクス限定で一瞬だけ売られてた橋本真也プロデュースのスポーツドリンクにもマグネシウムが入っていたなぁ…。
あれは、マグネシウムはダイエットに効果的とか言ってたよなぁ…。
つうことはマグネシウムはハイパーな物質なのかなぁ…。
ということは、マグネシウム欲しいなぁ…。
そういえば橋本真也プロデュースといえば破壊王弁当っつうのもあったなぁ…。
橋本真也プロデュースだから破壊王弁当、っつうことは、柴田勝頼なら狂犬レスラー弁当だなぁ…。
つうことは、山本小鉄なら鬼軍曹弁当、ジョシュ・バーネットなら青い瞳のケンシロウ弁当、エロール・ジマーマンならエロジマン弁当、ギルバート・アイブルなら暴走ハリケーン弁当、近藤有巳なら不動心弁当、石澤常光なら問題児弁当、ボブチャンチンなら北の最終兵器弁当、渕正信ならロンリーワン弁当もしくは独身男弁当だなぁ…。
でも武蔵はニックネームとか使わずに普通に武蔵弁当の方が良いな、中身は御飯と梅干とゴマとバリバリにしょっぱくてカリカリに焼いた塩鮭のみ。良い感じだ。
つうか、真面目に考えると、ヒース・ヒーリングで『テキサスの暴れ馬弁当』はありだな。ゴム草履みたいなドでかいステーキが入ってたらネーミング的にも説得力あってバッチリ。
でも、この場合、名前は暴れ馬でもキッチリ輸入牛肉でいきたい。イメージが大事だな。
…。
つうか、藤村俊二なら『おヒョイさん弁当』。

でも、おヒョイさんのイメージ的にはサンドウィッチだなぁ…。

などと色々な無駄な思いがグルグルとしはじめなんやらかんやら(苦笑)。

しかし、おかげでちょっとだけ元気が出てきたような気がします…。
おかげで今、昨日から寝ずにこの時間までえっちらおっちら仕事が出来ているような気がします。

ホント、おばちゃんアリガトウですよ。

しかし、何故バナナが2本だったのか?

しかも、近所ではあるが、あまり接点のない系のおばちゃんが何故にウチにバナナを持って来たのか?

というか、そういえばウチの家族に「バナナが大好き」という人間はいなかったような気が…(まぁ、嫌いではないが)。

あれ、何でだ?

まぁ、そんなこんなで、またグルグルしつつも、ちょっと一段落着いたので今日も更新です。

とはいえ、まだまだまだまだ終わりそうにもありません。
体調も優れているわけではありません。
しかし、今日寝たら、明日リミットの分は絶対に終わらないので、これからも不眠不休の覚悟。
現在の体温37度8分。
風邪薬を飲んだら眠くなるのでNO GOOD。
そんな感じで、俺は、再度、修羅の道へと入ります。

皆さんは、無理をしないように頑張って下さい…、
とは言いません。
それはゆとりのあるサイドの社交辞令的常套句。
ギリギリな生活に無理をしないだけのユトリなんてあるわけない。
つうことで、無理をしても元気一杯で頑張って下さい。
つうか、お互い頑張りましょうね。

挫けず腐らず頑張っていきましょう。

金は無くても、腐っちゃオシマイ。

健全な心こそ最大の宝で御座いますよ。

といった感じで、では、また。


P.S.
「つうか、釣り絡みの話は無いの?」 と思っている方、ゴメンナサイ。
今の仕事が落ち着き次第、御報告する事も出てくると思います。
つうか、あるんだけど、頭を使わなきゃいけないんで、適当には書けないんで、落ち着いたら御連絡させて頂きますんで、そん時はヨロシク御願いします。

strugglearts at 01:16トラックバック(0)