柳画廊のメールマガジン/ブログ情報です。

メールマガジン/ブログ - 最新情報

2017年08月19日
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

        今の美術業界を考える(その677)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 娘の留学                          2017年8月19日 

 ご縁があって、一人娘がアメリカのリッチモンドに留学することになり
 ました。私が土日もなく働いていたことと、おばあちゃん育ちという事
 も重なり、自分でも甘やかしてしまったと反省しています。夫は娘を
 甘やかすことに抵抗感がないようですが、3人姉妹の真ん中として育っ
 た私としては、親の私が娘の成長の阻害要因になっていることを痛感
 しているため、離れなければいけないと強く思っておりました。

 今回の留学は大学の交換留学制度を利用したもので、とくに成績が良い
 というわけでもなく、希望するもので、健康で、面接で自己主張が出来
 ると認められれば可能で、相手校で単位もとれ、授業料も日本の大学に
 支払っている分で充当してくれるというプログラムでした。

 基本的な手続きは娘が自分でやることとしました。F1ビサがとれないと
 入国ができないために、ビサだけは少しお手伝いをいたしました。また、
 寮に入るようにしたのですが、最初に布団やシーツなどの必需品を現地で
 整えなければいけないということでしたので、3泊4日の強行軍で買い出し
 に付き合うために同行いたしました。

 到着した日に、とりあえず大学の寮に行って、入寮の手続きをとろうと
 したところ、入寮できる日が私が帰国したあとになると言われて、驚き
 ました。そこで、私は入寮できなかったとしても、部屋の確認だけでも
 させてもらえないかと、食い下がったところ‘明日以降だったら部屋を
 見ることが出来る‘と言われ、’今日は見ることも入ることもできない‘
 と言われました。

 娘は、私と事務局の人とのやり取りを横で聞いていて、南部の訛りの厳し
 い英語が聞き取れなかったようです。このまま、本当に相手の言う日程
 まで、部屋に入れないとするとホテルの確保をしなければならず、ネット
 で調べると8万円程度かかってしまうことが判明しました。取りあえず、
 あと1泊は延長するように手配をして、部屋に入ると、娘が号泣してしまい
 ました。自分が書類をちゃんと読んでこなかったこと、事務局の人の英語が
 全くわからなかったことに自信をなくして、大泣きしてしまいました。とり
 あえず、私は‘泣いた分だけ成長するよ。明日、また担当者が変われば、
 再度、交渉するからなんとかなるよ。‘と慰め、次の日に備えることとしま
 した。

 案の定、翌日、担当者がかわり、初めは部屋に入ることはできないとつっぱね
 られましたが、‘昨日の人は部屋を見せてくれるといった。私はわざわざ日本
 から高い飛行機代を払って、子どもの部屋の準備もできずに帰るのは納得が
 いかない‘とごねまくった結果、鍵をもらうことに成功しました。娘からは
 感謝されましたが、こういうことをやってしまうから、娘の成長の機会を奪っ
 てしまうことになるのだと、その日の晩は私が落ち込みました。しかし、それ 
 も数日のことで、これから待ち受ける多くの試練が、娘を鍛えてくれると
 信じています。

 

 
                                   文責  野呂洋子
 



noroyokoをフォローしましょう
バックナンバー
月別に見る
登録・解除
【メールマガジン登録】
   メールアドレス:
【メールマガジン解除】
   メールアドレス:
メルマガ情報
「銀座柳画廊ニュースレター」 (マガジンID:0000127725) 
  • 購読は無料です。  
  • 発行形式はテキストです。  
  • 発行周期は不定期です。  
  • 登録・解除は以下のフォームからお願いします。  
  • 配信は、インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を通じて行われます。