メールマガジン/ブログ - 最新情報
2023年01月28日

「黒と白展」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

       今の美術業界を考える(その962)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 黒と白展              2022年1月28日
 ヴァロットン   三菱一号館美術館    1月29日まで
           
 画廊の隙間の時間を見つけて、最終日の近くに三菱一号館美術館
 で開催しているヴァロットン展を拝見してまいりました。木版画
 で、黒と白のポスターが気になっていて、必ず行こうと思っていた
 展覧会です。

 スイス生まれのヴァロットン氏は、1865年から1925年
 にパリで活躍された画家です。黒一色のその世界は独特の世界
 観をもち、同時代に活躍されたロートレックや日本の浮世絵など
 にも影響を受けたのは間違いないと思います。

 今回の展示は、三菱一号館が映像なども導入し、ヴァロットンの
 作品がデザイン性に富んでいるということと呼応するように展示
 の方法も普段とはちがって、デザイン的というか個性的な展示を
 されておりました。
  
 掘り出された人間ドラマと書かれているように、描かれている男女
 のシーンはなまめかしく、人間模様を想像させるような作品が多く
 残っています。

 もうひとつ、私が興味をもったのは、このヴァロットンの作品には
 多くの画家やデザイナー、漫画家なども影響を受けているのでは
 ないかということです。非常にデザイン的な作品をつくる彼の作品
 を拝見していると、なぜか‘のらくろ’の漫画を思い出しました。
 黒と白の世界にデザイン性とストーリーを感じさせるヴァロットン
 の世界は、非常にインパクトが強く、昨年からこの展覧会には
 いかなければとずっと思っておりました。

 美術の世界は理屈ではなく、何か心にひっかかり気になるという事が
 非常に重要で、私にとって全く知らなかった作家ではありますが、
 今回、三菱一号館でご縁をいただき、これから色々とヴァロットンの
 情報が入ってくるようになるのだと思います。

 もしかすると、このように展覧会を拝見してコラムを書くことで、近い
 将来、ヴァロットンの作品を購入する機会もでてくるかもしれません。
 それが画商という仕事の面白いところであり、ご縁と知識が仕事に繋
 がる楽しい世界だと思っています。
                         
                      文責  野呂洋子
                       銀座柳画廊
                       http://www.yanagi.com
           03-3573-7075
 

2023年01月21日

「京都出張報告」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

       今の美術業界を考える(その961)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
京都出張報告             2022年1月21日
           
 先週、ロータリークラブのご縁で、京都清水ガストロノミーヴィ
 レッジというイベントに参加してまいりました。もともと食べる
 ことが大好きな私としては、京都で有名シェフのお料理が食べら
 れるという事だけでも、行きたくなるわけですが、今回はその上
 にアート的な要素も加え、ロータリークラブの仲間がやっている
 西村兄弟キモノ店さんや、京都の清水焼朝日堂さんとのコラボ 
 レーションでした。

 シェフは坂本健さんと、福山剛さんという素晴らしいイタリアンと
 フレンチのシェフをお招きして、それぞれのお皿に合わせて朝日堂
 さんがお皿を作るという凝りようでした。素晴らしいお皿とお料理
 に感動いたしました。

 ロータリークラブの仲間の着物の会でもありますから、東京から着物
 を着てお伺いいたしました。40名限定のイベントでしたが、着物で
 参加されている方の人数が少なくて、少し寂しく感じました。改めて、
 日本で着物を着る人が少なくなっているのだな、、、という思いを
 強くいたしました。

 今回、とても勉強になったのは参加したテーブルにロータリーの
 友人のお父様と同じ席にしていただいたことです。西村兄弟キモノ
 店ておいう名前のとおり、お兄様が京都でお店をされていて、妹
 さんが東京で着物店をしています。それを京都の呉服屋のお父様が
 応援しているということで、お父様の言葉にぐっときました。
 
 「私たちがバブルの時に、呉服商として商売させていただいた時の
 努力が足りなかったために、子どもたちに苦労をさせている。自分
 はどうなろうと、子ども二人が兄弟で着物屋をしていることを嬉し
 く思っているし、彼らが苦労しているのは自分のせいだと思って
 いる。彼らのやり方を尊重して、自分は応援したいと思っている。」

 ということでした。今回、販売されている着物にはNFTを付けて
 販売するという新しい試みを実施しており、そのNFTの作業も私の
 所属するロータリークラブの仲間が実施しておりました。

 古いものを伝えていくためには改革と革新が常に必要であり、それを
 邪魔するのではなく応援する側にまわる存在が非常に貴重だと思いま
 した。美術の世界でも、老害にならないよう、邪魔をするのではなく、
 応援する側に立とうと改めて心に誓った京都出張でした。
  
 
                         
                      文責  野呂洋子
                       銀座柳画廊
                       http://www.yanagi.com
           03-3573-7075
 

2023年01月14日

「西洋アートのビジネス史」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

       今の美術業界を考える(その960)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 西洋アートのビジネス史        2022年1月14日
            高橋芳郎 著     DeiscoverBP

 社長が兄のように慕っている画商さんの一人で翠波画廊の高橋
 芳郎さんが書かれた著書です。非常によく勉強されている画商さん
 で、一匹オオカミ的な所もありますが、とにかく本をたくさん
 読まれている方ですので、知識が豊富でお話が楽しい方です。

 今までにも何冊か本を書かれておられますが、今回の本は私に
 とって、とても勉強になりました。タイトルにもなっております
 が、西洋アートのビジネス史とある通り、西洋美術史の中で、
 高橋さんの、この著書を拝読すると何故、日本の美術が西洋美術の
 文脈にのりづらく、価格という面においてもワールドワイドに
 通用しないのかが、クリアに理解できました。

 村上隆さんが書かれた「芸術企業論」でも、西洋美術の文脈にのら
 なければ美術品の価格が世界に通用することは難しいことを説明
 されておりましたが、高橋さんは画商の立場から書かれておりました
 ので、私には非常にわかりやすく、すんなりと頭の中に入っていき
 ました。

 高橋さんの主張に大きく共感しているのは、芸術の側面には「審美
 的価値」と「社会的価値」と「経済的価値」の3つがあり、それらが
 相互に作用しあって芸術としての価値が形成されているというもの
 です。

 ビジネスマンは経済的価値ばかりを見ようとしますし、老舗の画廊や
 日本の画壇と言われる方々は審美的価値ばかりを評価しています。
 歴史や社会へのインパクトも含む社会的価値は長坂真護さんのように
 ガーナのごみ問題をアートの力で解決するという主張に、彼の作品に
 経済的価値を生み出す新たな手法も出てまいりました。

 色々なことを考えさせてくれる良い機会となりました。画商という
 仕事は、店によって全く違うビジネスをしていることを改めて考え
 させられました。高橋さんのおっしゃるように、バランスをとることの
 大切さと、自分は画商という仕事を通じて、社会に何を残していくのか
 言葉で説明できることが、これからの画廊が生き残るうえで非常に重要
 であることを改めて学ばせていただきました。

 美術の深淵な世界にご興味のある方は、美術史も含めて非常に勉強になる
 1冊だと思います。
  
  
 
                         
                      文責  野呂洋子
                       銀座柳画廊
                       http://www.yanagi.com
           03-3573-7075

2023年01月07日

「2023パリ出張報告」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

       今の美術業界を考える(その959)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 2023パリ出張報告         2022年1月7日

 年末まで大阪の社長の実家に滞在し、元旦の朝のフライトでパリ
 に来ています。羽田空港から入りましたが、元旦だというのに、
 空港は人でごった返しており驚きました。

 久しぶりのパリの街並みは変わっておらず、年末のイルミネーシ
 ョンが迎えてくれているようで、やはりわくわくします。また、
 シャルルドゴール空港も、パリオリンピックを意識してか、かなり
 リニューアルしており、入国に関する検査もかなり簡便になって
 おりました。

 コロナに関しても、レストランの従業員の方はマスクをしており
 ますが、お客様でマスクをしている人はほとんどおりませんでした。
 今回のパリは良い仕入れができればと思っているので、宿は便利な
 ルーブル美術館のすぐそばのホテルを取りました。物価が高くなっ
 ているうえに、円安ですので、銀座で食事をする2〜3倍の価格
 のイメージです。
  
 美術館巡りと画廊巡りをしていると色々と感じることがありました。
 まず、美術館にはオルセーやルーブルなど、4日間のチケットを持っ
 て伺っても、普通に30分くらい寒い中を入館するのにまたされ
 ます。ネットの予約サイトなどをみても、3〜4日先の日程でないと
 時間予約もできなさそうですし、絵画に興味がなければ美術館には
 いくのをやめましょうなどと書かれておりました。それだけ、パリの
 美術館は常設であっても人気なのです。

 また、画廊なども結構1月2日から営業をしていて、お話を伺うと
 日本が円安のせいか、なんでも高く感じてしまいました。フランス
 人の友人にも会ってまいりました。やはり、コロナで色々なことが
 変わってしまったと言っておりました。

 価値観というか、オンラインで仕事をするのが当たり前になり、パリ
 にいると、ロシアとウクライナの戦争は他人事ではなく、多くの移民
 がパリにも入ってきており、ウクライナ経由で入ってきていた石油
 が入ってこなくなり、電気代が恐ろしく高くなっているとのことで、
 その影響が大きく経済にでていると言っておりました。

 改めて、ヨーロッパは地続きでロシアの問題や中東の問題はダイレクト
 に影響することをパリにきて肌で感じてまいりました。日本は改めて
 ファーイーストの国であり、情報も含めてガラパゴス化しており、地球
 に住んでいる一員としての自覚に少し欠けているようにも感じました。

 地球はつながっていて、世界で起きていることは他人事ではないという
 自覚をもっともたなければいけないと、改めて今回のパリ出張で感じて
 まいりました。 
 
                         
                      文責  野呂洋子
                       銀座柳画廊
                       http://www.yanagi.com
           03-3573-7075
 


2022年12月31日

「2022年を振り返る」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

       今の美術業界を考える(その958)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 2022年を振り返る      2022年12月31日

 今年も1年が終わります。 本年も、このコラムをお読み頂き
 まして有難うございました。毎週、このコラムをお届けするに
 あたって気を付けていることとしては、読んでいただいた方に、
 新しい角度からの考え方を提供したいと思っていること。
 そして、少しでも元気が出るような、何か自分の分野でチャレンジ
 してみようという気持ちが起こるような文章を書こうと思って
 書き続けています。

 自分自身でも、自分が何をしようとしているのか、自分がどの方向
 に向かっていこうとしているのか、わからなくなる時があります。
 けれども、自分の中の軸としては美術の仕事は死ぬまで関わり、
 それを軸としてこれからも生きていこうと思っています。

 私の同級生たちは、そろそろ定年を考える歳になってきています。
 有難いことに、自営業に定年はありません。自分が働きたいと思えば
 会社がつぶれない限り、いつまでも働くことが可能です。私にとって
 それはありがたいことですし、仕事を通して自分の知らない自分に
 出会えることが楽しくて仕方がありません。

 若い時に、自分の年齢の人のことを、とても成熟した大人だと思って
 おりましたが、いざその歳になってみると、自分の未熟さに唖然と
 しています。我が家の娘などをみてみると、自信満々のもの言いに、
 うらやましいと思う事すらあります。

 改めて、画家という職業の方とお付き合いをしていて学ぶことは、自分
 の人生の主役は自分であるということです。サラリーマンをしていた
 時には、周りの人や上司などに振り回されて生きておりました。
 しかし、画家という仕事をしている方は自分という個が確立していない
 とその仕事を続けることができません。

 これからは、若い方々も個が強くなっているように感じています。
 コロナの時代を経て、その傾向はさらに強くなっているとも思います。
 来年はどのような年になるのか? ウサギ年は飛躍の年ともいわれて
 います。このコラムを読んでいる皆様が、幸せに、穏やかな年を迎える
 ことをお祈りしています。

 来年もまた、引き続きよろしくお願いいたします。
  
  
 
                         
                      文責  野呂洋子
                       銀座柳画廊
                       http://www.yanagi.com
           03-3573-7075
 

2022年12月24日

「広告の仕事」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

       今の美術業界を考える(その957)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
広告の仕事             2022年12月24日
広告と社会、希望について   杉山恒太郎 著  光文社新書

 先日、銀座の集まりで‘おかえり銀座’プロジェクトの打ち上げ
 があり、参加してまいりました。その時に、このご著書の杉山さん
 と隣の席に座らせていただきましたので、この本と、おかえり
 銀座プロジェクトのご紹介をいたします。

 コロナ過にあって、2020年の4月の緊急事態宣言が出た時の
 銀座のゴーストタウンぶりは、今思い出してもぞっとするものが
 ありました。多くの銀座の住人は同じように思われたと思います。

 その中で、銀座で老舗の広告会社である株式会社ライトパブリシ
 ティの社長の杉山さんと、コロナ前から親しくされていたという
 壱番館の渡辺新社長が銀座の街へ、何か元気になることをしたい
 という発想から生まれたのが、‘おかえり銀座’プロジェクト
 でした。これは、広告会社のライトパブリシティさんがプロボノで
 広告・クリエイティブの仕事を銀座のために無償で実施するという
 ことで、コロナで誰もいなくなった銀座から、戻られた方々に対し
 ‘おかえり銀座’という掛け声のもとに、多くの店舗に、その言葉
 を入れた暖簾をかけるというプロジェクトでした。

 目にされた方も多いと思いますが、黄色い暖簾は目立ちますし、
 銀座を歩いていて、同じ暖簾を見かけることで、町ぐるみで銀座を
 歩く人たちに、声をかけるような、町に帰ってきたという気持ち
 になってもらうためのプロジェクトです。

 このプロボノの活動をとおして、杉山さんは改めて銀座を大切に
 思うようになったということですし、渡辺新さんの銀座愛は多くの
 方の知るところです。

 この本を読ませていただいて、大きく共感したのは、このコロナの
 時期に広告という仕事について、改めて深く考えられて、仕事に
 対する気持ちを再定義をされたことです。多くの方が今回のコロナで
 売上の激減される経験を持ち、その経験を通して自分の仕事を再定義
 されていると思います。杉山さんも、その経験をプロボノという形で
 町へ貢献することで、改めて自分の仕事に対する誇りを確信されたの
 だと思います。

 私も画廊の仕事を再定義して、社会に必要な仕事として認識するつもり
 です。
  
 
                         
                      文責  野呂洋子
                       銀座柳画廊
                       http://www.yanagi.com
03-3573-7075
 




2022年12月17日

「国宝・東京国立博物館のすべて」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

       今の美術業界を考える(その956)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
国宝・東京国立博物館のすべて    2022年12月17日

東博と呼ばれる、東京国立博物館で開催されていた設立150周年
記念で開催されていた特別展に行ってまいりました。

この展覧会にはとても行きたいと思っていて、ネットで予約しようと
しても既に完売で、文化庁の知り合いになんとかならないかお願い
してみましたが、それはできないと断られており、参加するのを
諦めておりました。

キャンセル待ちの方法を博物館の方にお伺いすると、ネットで検索
したときにキャンセルが出た場合に、その時間が予約できるように
なっているとのことでしたが、あまりに確率が悪そうでしたし、
実際に1日に何度かアクセスしてみましたが、まったく無理でした。

そこになんと、銀座柳画廊の取引先の方から、国宝展の予約をして
いたけれど、コロナにかかってしまい伺えなくなってしまったので
誰か代わりに行ってもらえないかという連絡が入り、ボンタン展の
最中ではありましたが、社長のお許しを頂いて伺うことが出来ました。

改めて、日本の国宝ということで全体像を眺めてみると、平安時代
のものが多いのですが、それとは別にジャンルとしては日本刀と
書が多いことに、日本の文化のルーツを見た思いがいたしました。

改めて、多くの日本刀を拝見していると、江戸時代までの日本人に
とって侍文化、そこに直結する日本刀というものについて考えさせ
られました。今の時代に日本刀を作っている方はいらっしゃるので
しょうか?また、いらしたとしても需要はほとんどありませんし、
過去に作られた作品の美しさを考えると、チャレンジする方は殆ど
いらっしゃらないのではないかと思ってしまいます。ただ、技術
としては、今も日本刀の作り方は継承されているようです。

また書に関して言えば、私自身も書道を子どものころに長年ならって
おりましたが、マニアックな先生方が多くいらして、今もディープな
世界として健在なのだと思います。実はほかにも漆工芸や、焼き物
など、日本には多くの伝承されている技術があり、それらを守って
いる方々がいらっしゃることに尊敬の念を抱いています。

新しいもの、便利なものが世の中の中心であることは理解しており
ますが、古いもの、長年伝えられているものにも、それなりに理由
と意味があると思い始めている今日この頃です。

私自身が歳を重ねて、そういうものに心惹かれるようになったのかも
しれないですし、IBMにいて新しいものが大好きだった私でさえも、
古いものに興味を持つようになりました。高齢化社会を迎えている日本
にとって、文化が成熟する時代に入りつつあるかと感じています。
 
 
                         
                      文責  野呂洋子
                       銀座柳画廊
                       http://www.yanagi.com
03-3573-7075
 




2022年12月10日

「喜多尾ボンタン礼子展」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

       今の美術業界を考える(その955)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
喜多尾ボンタン礼子展        2022年12月10日
                12月17日まで(会期中無休)
              
3回目となるボンタン先生の個展を昨日の金曜日から土日もあけて
来週の土曜日まで開催しています。フランスで活動している作家です
ので、作品はキャンバスを木枠から外してフランスから送られてき
ます。

画廊のスタッフが日本で木枠に作品をはり、額を作家の先生と相談
しながら取り付けをして、カタログなどの作成もいたします。言葉
で言うと、たいしたこともなさそうですが、傍で見ていて大変な作業
で、美大を出たスタッフだからこそ出来る仕事だと感心しています。

改めて、画廊の仕事というのは多岐にわたり多くの人が関わって、
展覧会が出来るのだと感じています。画家は作品の制作をいたします。
その絵を綺麗に見せるためのプレゼンテーションというか、カタ
ログ制作や額の選定、陳列の仕方、さらにうちの画廊では作家のグッ
ズとしてトートバックや、ちょっとした手鏡やマスクなどの商品を小
ロットで銀座柳画廊では制作しています。

また、そういう準備をした上で社長や私が外でお会いした方を画廊に
お誘いして、作品を拝見してもらったり、画廊巡りなどを企画して、
作品との出会いを作っています。どんなに良い仕事をしていても、見て
頂かなければ、何も始まりません。

絵が素晴らしければ、絵が売れていくというものでもありません。
景気も影響します。カタログやトートバックなどを準備することで、
少しでもお金を払う事で、手元にその作家のものを所有することが
出来れば、その作家のことを覚えてもらうことに繋がります。

そうすることで、本気でその画家を応援している人がなんとなくわか
るのです。私たち画廊のスタッフはプロデューサーのようなものです
から、作品の良さや、その作品に合う場所を探すのも仕事の一つにな
ります。

ボンタン先生の作品をご紹介するようになると、時間はかかりますが
少しづつボンタン先生の世界観を応援したいという方が現れてきます。
そうやって、画廊の特色がでてくるわけですし、作家としても安心して
絵を描く環境が出来るのです。

画廊と画家の関係は、外から見るほど簡単で単純なものではなく、互い
に相手の個性によって自分の評価が決まるわけですから、お互いに慎重に
なるのだと思っています。

 
                         
                      文責  野呂洋子
                       銀座柳画廊
                       http://www.yanagi.com
03-3573-7075

2022年12月03日

「池田20世紀美術館」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

       今の美術業界を考える(その954)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
池田20世紀美術館         2022年12月3日
 絹谷幸太・絹谷香菜子二人展   2023年1月10日まで
              
 始めて静岡県の伊東高原にある池田20世紀美術館にいって参り
 ました。ニチレキ(株)創業者の池田栄一氏の寄付によりできた
 美術館で、ピカソ・シャガールからアンディウオーホルまで、
 20世紀に活躍された画家の収集作品が陳列されています。
 創設者は既にお亡くなりになられており、公益財団法人として、
 現在の方針としては現存作家の若手の育成を主軸に活動されている
 とのことでした。

 今回の訪問は、絹谷幸太さんより直接ショートメッセージを頂き
 まして、せっかくのご縁ですのでいって参りました。11月27
 日の日曜日の午後13時半より、妹さんの香菜子さんと幸太さん
 との2人のお話しを直接伺える機会ですし、何より池田20世紀
 美術館にも行ったことがなかったので楽しみに伺いました。
 (残念ながら妹さんは今回はこられませんでした)

 まず、日帰りでしたので車ではなく電車で伺う事にいたしました。
 静岡の伊東でとても良い場所ですから、社長からは1泊くらいして
 ゆっくりすれば? と言われたのですが、貧乏暇なしですので
 前後の予定をみて1日全日を開けましたが、2日のスケジュールは
 難しかったです。

 行きはは、東京駅から踊り子号で伊東高原駅まで伺い、そこから
 バスは1時間に1本でしたのでタクシーで行きました。帰りは、
 伊東高原駅から黒船列車というものに乗り、熱海から新幹線で
 帰りました。黒船列車というのがとても素敵で、椅子が海側の方に
 向かって座るようにできており、素晴らしい天気の、素晴らしい
 海辺の景色を拝見することができて、とても良かったです。

 今回、直接お話しをお伺いしてよかったと思うのは、偉大な父親を
 持つ芸術家の息子さん、娘さんたちはどのように育ったのだろうか
 という素朴な疑問に答えてくれる内容で、芸術家は環境が大切なのだ
 と改めて思いました。特に、幸太さんの妹思いには感激するものが
 あり、12歳の年の差があると半分、親のような気持ちになっている
 のがひしひしと伝わりました。

 改めて、芸術家というのは一番のパトロンが家族であり、家族の仲が
 良いことが芸術家として続けていくための必須条件であることを、絹谷
 幸太さんのお話をお伺いして確信いたしました。

益々ご活躍されるのだろうと思います。陰ながら応援しています。

 
                         
                      文責  野呂洋子
                       銀座柳画廊
                       http://www.yanagi.com
03-3573-7075
 

2022年11月26日

「展覧会 岡本太郎」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

       今の美術業界を考える(その953)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
展覧会 岡本太郎          2022年11月26日
               東京都美術館 12月28日まで
              
 上野の東京都美術館で開催している岡本太郎展を拝見してまいり
 ました。銀座柳画廊の目の前の数寄屋橋公園の中に、岡本太郎
 生誕100周年(2011年)を記念した「若い時計台」の作品
 がありますし、何より私の子どもの頃には、「芸術は爆発だ!」
 という言葉とともに、よくテレビにも出演されていた岡本太郎
 さんを身近に感じておりました。
 
 しかしです。画商として28年働いておりますが岡本太郎さんの
 作品を扱ったことは残念ながら一度もありません。何故ならば、
 岡本太郎さんは作品は売るものではないという考えをお持ちの方
 だったようです。自分の作品が個人のお客様の手元にいくと、
 その人にしか見てもらえないものになってしまい、多くの方の眼
 に触れる機会が減ってしまうため、美術品は公共のものであると
 いう考え方から、パブリックアートというか、公園とか壁画とか
 多くの人の眼に触れるところの仕事を好んでされていたと伺って
 います。

 また、工業デザインの走りでもあり、展覧会の中でも展示されて
 おりましたが、ネクタイのデザインから工業品のデザインなども
 されていたようです。

 今回、岡本太郎さんの人生と作品の全貌を拝見して、バラバラに
 あった知識がひとつのものに繋がった気がしています。職業を聞か
 れると「人間だ!」と答えるような、一見理解しがたいものが、
 非常に奥深い意味を持っている言葉であり、岡本太郎さんの言葉
 を集めたものや、著書なども何冊か購入させていただきました。

 漫画家の父親と、歌人で小説家の母を持ち、慶応の幼稚舎から芸大
 に進む恵まれた環境で、18の時に親の都合でフランスのパリに行き、
 そのまま第二次世界大戦前のパリに10年間一人で暮らしていた
 そうです。
 芸術家としては恵まれた環境の中、戦争にも駆り出され、戦後の日本の
 価値観の大きな変化の中で、表現者として正直に純粋にパワフルに生きた
 方なのだと思います。

 改めて岡本太郎さんの本当の姿にこの展覧会で出会えたようでとても嬉しく
 思っています。これから買い込んだ、岡本太郎の著書、言葉などなど、彼の
 生きた時代背景から、もっと深く、岡本太郎さんを研究しようと思います。
 この展覧会が私にとって、岡本太郎さんとの出会いになったことに感謝と
 ご縁を感じています。


 
                         
                       文責  野呂洋子
                       銀座柳画廊
                       http://www.yanagi.com
03-3573-7075
 
バックナンバー
月別に見る
登録・解除

【メールマガジン登録】

   メールアドレス:

【メールマガジン解除】

   メールアドレス:
メルマガ情報 「銀座柳画廊ニュースレター」 (マガジンID:0000127725)
  • 購読は無料です。
  • 発行形式はテキストです。
  • 発行周期は不定期です。
  • 登録・解除は以下のフォームからお願いします。
  • 配信は、インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を通じて行われます。