柳画廊のメールマガジン/ブログ情報です。

メールマガジン/ブログ - 最新情報

2020年09月19日
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

        今の美術業界を考える(その836)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

大阪なおみさん、全米OP優勝 !!   2020年9月19日
                
先週の日曜日に全米オープンで2年ぶりに、大阪なおみさんが
優勝を果たしました。前回の優勝の時に、私はWOWWOWに加入して、
その後、全豪オープンに優勝した後、成績がふるわず、スランプを
乗り越えての優勝でした。

テニスの試合を拝見しても、ゴルフのトーナメントを拝見しても
つくづく思うのは、トップになるにはメンタルが重要だということ
でした。肉体的には、それぞれに厳しいトレーニングを重ねて、
一度、優勝されたということは、優勝するに相応しい技術は持って
いるのだと思います。

ルーキーという追い上げる立場は精神的に強いのです。追われる
立場は、追う立場より精神的に厳しいものです。中国の書物に
貞観政要というものがあり、その中で「創業と守成」とどちらが
困難か?という問いに、創業の難と守成の難は違うものであるが、
守成の方が難しいと答える帝王の側近の者がいたということです。

テニスでも、ビジネスの世界でも、守るというのは精神的に厳しい
ものであることを古く昔から多くに人が理解していたのです。
今回の大阪なおみさんの優勝は、その難しい精神的な成長を遂げた
結果の優勝ですから、これからが益々楽しみです。

さて、ここで私が気になるのは、大阪なおみさんが精神的に成長
したことを感じる、彼女の発言です。優勝経験者ですから、日ごろ
からスポーツ記者などからのインタビューを通じて、彼女の言葉は
多くのメディアを通じて流れてきます。

そこから、黒人差別の問題など、様々な社会問題に目を向けている
のがわかります。アスリートも人間ですから、テニス以外の事にも
学びがあり、人間的な成長が必要で、大阪なおみさんが人間として
成長されてきていることを、試合の前から感じておりました。

全てのスポーツやビジネスにも通じることだと思いますが、攻める
よりも守るほうが難しく、自分の本業だけでなく、教養を身に着けて
人間として成長することが、本業の結果につながるのだと思ってい
ます。

                           文責  野呂洋子

 




noroyokoをフォローしましょう
バックナンバー
月別に見る
登録・解除
【メールマガジン登録】
   メールアドレス:
【メールマガジン解除】
   メールアドレス:
メルマガ情報
「銀座柳画廊ニュースレター」 (マガジンID:0000127725) 
  • 購読は無料です。  
  • 発行形式はテキストです。  
  • 発行周期は不定期です。  
  • 登録・解除は以下のフォームからお願いします。  
  • 配信は、インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を通じて行われます。