柳画廊のメールマガジン/ブログ情報です。

メールマガジン/ブログ - 最新情報

2018年09月22日
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

        今の美術業界を考える(その733)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

買取および価格査定やっています   2018年9月22日 
                    於 銀座柳画廊にて
         
 改めてご報告いたします。
銀座柳画廊では買取査定をやっています。ここ最近、友人
 から銀座柳画廊では買取はしていないのだと思って、と言われる
 ことが何度かありましたので、こちらで告知することにしました。

 家にある美術品をどうしたらよいか、相談する相手もなく悩んで
 いる方が多いとも伺いました。とりあえず、簡単な方法としては
 携帯電話で写真をとって、作家名とサイズをいれて info@yanagi.
Com まで送信していただけましたら、大体のことは無料でご相談
 に乗ることが可能です。

 有料になる場合は、税務署などの役所や、きちんとした書類を作成
 する時や、100点や200点などの多くの作品を家にきて見て
 欲しいといった実費や時間などがかかるときは、場合によって有料
 にさせてもらっています。もちろん、提示した値段での買取もやって
 います。

 あまり積極的に告知していなかった理由としては、昔に購入した
 作品の相場が暴落してしまっている絵画が多いために、今の相場を
 お伝えすると怒ってしまうお客様や、日本の美術界はけしからんと
 銀座柳画廊が悪いといった態度で叱られてしまうことが多かった
 ために、少し逃げていたのかもしれません。そのために、ホーム
 ページなどで、「銀座柳画廊は日本の美術業界を発展させようと、
 真剣に取り組んでいる画廊です。」という文言をいれるようになり
 ました。

 銀座柳画廊も創業してから24年がたち、親や親せきなども含め
 多くの美術関係者を輩出している関係からも、日本の美術業界から
 逃げることも、隠れることも、辞めることもできません。そうで
 あるならば、積極的にお叱りを受けに行って、美術品の流動化にお役
 に立つべく、叱られることを覚悟で積極的に買取査定をやっていこうと
 腹をくくることにいたしました。専門は洋画ではありますが、仲間の
 ネットワークもありますので、基本的にはあらゆるジャンルのご相談に
 乗るつもりでおります。お客様の立場に立って、美術品に係る税務相談
 、相続の相談なども経験豊富です。多くの人に見てもらうことが、
 美術品の活性化につながるのだと信じています。死蔵された埋蔵美術品を
 流動化させるために、これから汗をかこうと思っています。

 銀座柳画廊は誠意をもって、できる限り高い値段で買い取るように努力
 いたします。
是非、お気軽に相談してみてください。


                           文責  野呂洋子
 



noroyokoをフォローしましょう
バックナンバー
月別に見る
登録・解除
【メールマガジン登録】
   メールアドレス:
【メールマガジン解除】
   メールアドレス:
メルマガ情報
「銀座柳画廊ニュースレター」 (マガジンID:0000127725) 
  • 購読は無料です。  
  • 発行形式はテキストです。  
  • 発行周期は不定期です。  
  • 登録・解除は以下のフォームからお願いします。  
  • 配信は、インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を通じて行われます。