柳画廊のメールマガジン/ブログ情報です。

メールマガジン/ブログ - 最新情報

2016年08月20日
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

        今の美術業界を考える(その645)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 夏休みキャンプ               2016年8月20日
                 
 今年の夏にはロータリークラブの会長として初めて、うちのクラブで
 毎年開催している夏のキャンプに幼稚園から小学生の子どもたちと参加
 して参りました。毎年恒例で行われている、子ども達とのキャンプですが
 ロータリーの仲間は高齢な方も多く、現実には親クラブのロータクト
 といって大学生の協力がなければ実施できないイベントです。

 何せ元気いっぱいの幼稚園から小学生を連れていくのですから、体力が
 必要です。YMCA東山荘というキャンプ場に行くのですが、普段高級な
 所に慣れているメンバーが、合宿場のようなところで寝泊まりするのです。
 初めて参加して感じたことは、私個人としてはとても楽しく、お盆の時期
 であることが今まで参加できなかった理由ですが、できれば毎年参加した
 いくらい学びの多いキャンプでした。しかし、ロータリーの会長として
 うちのメンバーに参加してくれとお願いするのは少し無理があるかな、、、
 とも感じました。

 人それぞれ、ロータリークラブに入会する動機といいますか、感じている
 魅力は多様なものですから、指向の違う人たちにこのキャンプの参加を
 強制するのは不可能だと思うのです。しかし、ロータリーのメンバーです
 から、実施している活動の内容には賛同し、その費用負担に協力することは
 問題ないと思うので、そういう形で参加していただく事で私は充分にロー
 タリアンとしての役目を果たしていると思って感謝しています。

 さて、肝心の子ども達ですが素晴らしい未来を感じさせてくれました。それ
 と同時に、ご協力いただいたロータクトの大学生たちにも、まだまだ子ども
 なのだと感じました。4歳から73歳までの参加ですから、富士登山に連れて
 いって下さった方は、さぞかしプログラムを組むのが大変だったのではない
 かとお察しいたします。子ども向けのキャンプではありますが、私は会長と
 して、年配のロータリアンの体調が正直いって一番、気を使いました。
 
 登山の途中の山の平地のところで、隠された小人を探すゲームなどもいたし
 ました。木の陰や、石の上にいる小人を探すときも、子ども達はあっという間
 に見つけます。私たちはもちろん、大学生ですら小人の人形を見つける事が
 できず、若いということ、考え方が柔軟であるということがいかに大切である
 かを、子ども達と一緒にキャンプをすることで学ぶことができました。

 このキャンプを通じて改めて、小さな子どもへの教育というか多様な機会を
 提供し一緒に体験することが未来を実感し感じることが出来るのだと思うよう
 になりました。
 小学生への画廊巡りへの思いもますます確かな確信として、私の経験の一つ
 とすることができた夏のキャンプでした。

                                     文責  野呂洋子



noroyokoをフォローしましょう
バックナンバー
月別に見る
登録・解除
【メールマガジン登録】
   メールアドレス:
【メールマガジン解除】
   メールアドレス:
メルマガ情報
「銀座柳画廊ニュースレター」 (マガジンID:0000127725) 
  • 購読は無料です。  
  • 発行形式はテキストです。  
  • 発行周期は不定期です。  
  • 登録・解除は以下のフォームからお願いします。  
  • 配信は、インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を通じて行われます。