銀座 柳画廊 銀座 柳画廊
株式会社 銀座 柳画廊
古物商認可証 東京都公安委員会
第3010699042088号
TOP | ニュース | 作品集 | 取り扱い作家 | 買取・査定 | メルマガ・ブログ > バックナンバー | 役員紹介 | 会社概要 | 芳名帳

柳画廊のメールマガジンとブログのページです。

 メールマガジン/ブログ - バックナンバー

メールマガジン 2017年03月11日発行
柳画廊
『銀座の画廊巡り2017』

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

        今の美術業界を考える(その674)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

銀座の画廊巡り2017          2017年3月11日
                   
 改めて、銀座の画廊巡りを始めて8年も続けているのだな、、、、と我な
 がら感心しています。このコラムも13年も続いていることを考えると
 継続は力なりで、好きなことと、自分の身の丈に合ったお金のかからない
 ことは続くのだな、、、と感じています。

 9年前に1冊目の本を出した時に、‘日本人の作家を世界へ!’と意気込
 んで、上海のアートフェアに出展したり、年に5〜6回海外出張をして
 海外のアートフェアを見ていた時期もありました。しかし、これにはお金
 がかかり、リーマンショックや東北の震災などが重なり、画廊経営自体に
 余裕がなくなると、単独で収支のとれない事業は継続が不可能になり、
 あらためて、銀座柳画廊の強みを考えると、まずは国内での基盤を盤石に
 することだということで、残念ながら海外でのアートフェアなどへの出展
 は現在は、単独収支が合う予想がたてられる準備ができるまで、保留状態
になっています。

 性格的には、日本国内の仕事よりもずっと、海外で仕事をした方が、私の
 能力は生かせるはずだと思っておりますが、何分、この画廊の仕事は
 夫の実家の家業でもあり、社長である夫の理解と協力がなければ何事も前に
 進みませんので、今は力を蓄えているという所でしょうか。

 さて、お金もかからず、お客様も喜び、私もやっていて楽しいということで
 画廊巡りは8年も続いています。お隣の泰明小学校の画廊巡りも東京中央新
 ロータリークラブのお力添えもあり、こちらも8年続いています。ボランテ
ィア的な要素も強いのですが、私は画廊で行っているソーシャルビジネスの
一つだと思っています。ボランティアも経費が賄えなければ続けられないの
で、経費分くらいをお客様に負担していただいて(1回3000円、ランチ
代と準備代です)銀座中の画廊に賑わいも持たせたいと思って活動をして
います。

私はこの活動を自分の勉強の時間と思って活動しています。まずは、着物を
着るということ。それは、お邪魔する画廊さんへの敬意を表するとともに、
 着物を着ることで日本文化への支援です。次に銀座のお得ランチを紹介
 することです。銀座のランチは世界一だと私は思います。NYやパリで
 こんな値段で、こんなに素晴らしい空間で、こんなに素敵なランチをとる
 ことは絶対に不可能です。常に、美味しいレストラン情報には敏感になる
 ようになりました。最後に重要なことは、よその画廊さんの外部営業の
 つもりで、真剣によその画廊の作品を売ろうと思っています。そうする
 ことで、絵画の知識の幅も深まりますし、お客様の気持ちをより理解する
 ことができるようになりました。一人でも多くの方に、絵を買う楽しさ
 を、この画廊巡りで伝えていきたいと思っています。


    文責  野呂洋子




メールマガジンの登録・解除
【この記事へのトラックバックURL】
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/studio_gotcha/51542956


| お問合せ | 商品引渡し時期と返品について |Copyright © 1997 - 2005 Ginza Yanagi Gallery Co., Ltd. All Rights Reserved
株式会社 銀座 柳画廊 古物商認可証 東京都公安委員会  第3010699042088号