銀座 柳画廊 銀座 柳画廊
株式会社 銀座 柳画廊
古物商認可証 東京都公安委員会
第3010699042088号
TOP | ニュース | 作品集 | 取り扱い作家 | 買取・査定 | メルマガ・ブログ > バックナンバー | 役員紹介 | 会社概要 | 芳名帳

柳画廊のメールマガジンとブログのページです。

 メールマガジン/ブログ - バックナンバー

メールマガジン 2017年04月15日発行
柳画廊
『金沢旅行』

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

        今の美術業界を考える(その679)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 金沢旅行                 2017年4月15日
                
 先週、東京中央新ロータリークラブの親睦旅行で行ってまいりました。
 東京駅から2時間半で行けるようになったということで10名ほどで
 行ってまいりました。

 画商としては、恥ずかしいのですが、金沢21世紀美術館にまだ足を
 踏み入れたことがなかったので、そちらにお邪魔をさせていただきまし
 た。桜が満開だったことも重なり、多くの方が来ておられ、レンタカー
 をして動いていたのですが、駐車場が満車満車で大変でした。

 驚いたのは、池田学という43歳の現存作家の展覧会をされていたこと
 です。偶然、数日前に佐賀に住む高校・大学の後輩から‘先輩、池田
 学さんという作家をご存知ですか?佐賀の美術館が大作を購入した
 らしいです!‘という話を伺っていたので、なるほどな、、、、、、と思い
 ました。

 美術でもそうですが、日本社会は明らかに地方から変化の兆しが見えて
 います。東京では、美術館で現存作家の展覧会をするのは大変難しい
 と伺っておりますが、野心的な展覧会を美術館がされることに驚きまし 
 た。

 また、常設展にはカプーアや、ジェームス・タレルといった世界的な
 アーティストも収蔵されているのですが、そちらの方にはほとんど人は
 おらず、瀬戸内の直島美術館ではあれだけ人がはいる作家たちであって
 も、金沢は違うのかな?とも思いました。

 翌日の兼六園では満開の花見を堪能し、根上りの松の前で写真をとり
 お天気にも恵まれて、素晴らしい日を過ごすことが出来ました。その後、
 大樋美術館に立ち寄り、11代目に襲名された大樋長左衛門さんが
 京都から無理して帰ってくださって、芸術に対する熱い思いを語って
 下さったのが、皆さんの心にのこり、美術は作品だけではなく、その作品
 に対する熱い思いを持った人の情熱が作品に宿ってはじめて芸術品として
 完成するものだと思っています。同席したロータリアンの皆さまも大満足
 だったようです。大樋さん、本当にありがとうございました。

 また、その後に伺ったお菓子やの森八さんでは、落雁の手作り体験をさせて
 頂いた上に、森八の経営難から復活のお話しを社長自らお伺いし、奥様の書
 かれた本まで頂いて、拝読させていただいています。これらは全てロータリー
 から頂いたご縁で、経営者としてこの上なく充実した金沢を拝見すること
 ができたことを心から感謝しています。

                                      文責  野呂洋子


メールマガジンの登録・解除
【この記事へのトラックバックURL】
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/studio_gotcha/51544853


| お問合せ | 商品引渡し時期と返品について |Copyright © 1997 - 2005 Ginza Yanagi Gallery Co., Ltd. All Rights Reserved
株式会社 銀座 柳画廊 古物商認可証 東京都公安委員会  第3010699042088号