銀座 柳画廊 銀座 柳画廊
株式会社 銀座 柳画廊
古物商認可証 東京都公安委員会
第3010699042088号
TOP | ニュース | 作品集 | 取り扱い作家 | 買取・査定 | メルマガ・ブログ > バックナンバー | 役員紹介 | 会社概要 | 芳名帳

柳画廊のメールマガジンとブログのページです。

 メールマガジン/ブログ - バックナンバー

メールマガジン 2017年05月13日発行
柳画廊
『岡野博個展2017(予告)』

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

        今の美術業界を考える(その683)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

岡野博個展2017(予告)        2017年5月13日
                
5月24日から6月7日まで無休で岡野博展を開催いたします。作家
にとっても、画廊にとっても、始まるまでの準備の時間がとっても大切
で緊張する時間です。

今回の展覧会では、ずっと温めていたモチーフとしてお孫さんがモデル
としてデビューいたします。家族愛に溢れる岡野先生のお気持ちが、
お孫さんに真っすぐに向かっているのを感じます。あまり、人物は描か
ない岡野先生ですが、こどもと家族と働く人を描いてこられましたが、
お孫さんは、やはり特別なのだと思います。

気持ちが入らないと、絵にならない岡野先生の絵画の世界を長年拝見して
いて感じるのは、絵を描くということは、観るということであって、観て
感じるものがないと、描けないということです。

岡野先生とは長い付き合いで、岡野先生を通じて私は画家という生き方を
学ばせてもらっています。私のように、俗世間にまみれて、器用貧乏な
生き方をしている人間からすると、純粋に自分のやりたいことに集中して
それ以外のことは、しないという人生の選択をするのはとても勇気がいる
ことだと尊敬しています。

特に、岡野先生は団塊の世代と言われる時代で、若い頃は日本がどんどんと
豊かになる時代です。日本中が豊かさを求めて、お金や電化製品といった
物質至上主義に沸いている時代に、心の豊かさをもとめて、物質的な欲を
たちきって、自分のやりたいことだけに集中して、結婚もして、子どもも
苦労しながら育てられた岡野先生の人生は、ある意味において、今の子ども
たちの生き方に通じるものがあると感じています。

今の若い人たちも、色々といわれておりますが、基本的には社会に貢献し
たいと考えています。それは、50代60代が考える経済成長だけでなく、
世界平和だったり、環境問題だったりします。資本主義の行きつくところが
地球の環境破壊につながることに、危機感を感じて、経済成長を抑制する
ことを唱える若者もいます。人間も地球という自然から離れていきていけ
ない動物だからです。岡野先生の絵画を通じて、色々なことを私は感じ、
学ばせてもらっています。多くの方に、岡野先生の作品を見てもらって
感じてもらいたいと思っています。どうぞ、宜しくお願いいたします。


    文責  野呂洋子




メールマガジンの登録・解除
【この記事へのトラックバックURL】
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/studio_gotcha/51546576


| お問合せ | 商品引渡し時期と返品について |Copyright © 1997 - 2005 Ginza Yanagi Gallery Co., Ltd. All Rights Reserved
株式会社 銀座 柳画廊 古物商認可証 東京都公安委員会  第3010699042088号