銀座 柳画廊 銀座 柳画廊
株式会社 銀座 柳画廊
古物商認可証 東京都公安委員会
第3010699042088号
TOP | ニュース | 作品集 | 取り扱い作家 | 買取・査定 | メルマガ・ブログ > バックナンバー | 役員紹介 | 会社概要 | 芳名帳

柳画廊のメールマガジンとブログのページです。

 メールマガジン/ブログ - バックナンバー

メールマガジン 2017年08月05日発行
柳画廊
『熊本出張報告』

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

        今の美術業界を考える(その675)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

熊本出張報告               2017年8月5日 

 先週、有田巧先生の個展の応援で熊本に行ってまいりました。有田巧
 先生は社長の実家の梅田画廊で取り扱っている作家であり、社長もよく
 知っていて、現在、銀座柳画廊で活躍しくれている営業マンが梅田
 画廊にいたことがあり、有田先生と親しくされていたようでした。

 熊本で19年、大学で美術を教えていらっしゃった有田先生が来年は
 定年を迎え、熊本を離れるということで最後に熊本で展覧会をしません
 か?と声をかけ実現したのが今回の個展でした。熊本のデパートで
 開催させていただきましたが、偶然にもお迎えの現代美術館でも、この
 有田先生の水彩画展を開催されておりました。

 熊本はご存知の通り、昨年の4月に大地震があり、大変な経験をして
 います。東京から熊本は遠いせいか、今では殆どニュースでも取り上げ
 なくなってしまいましたが、どうなっているのか、その時、有田先生は
 どうされていたのか気になっておりました。

 今回、熊本に伺って驚いたのは、復興という雰囲気がまるでありません 
 でした。唯一、感じることが出来たのは高台の熊本城に大きなクレーン
 車が何台もそびえ立ち、まるで現代アートを見ているようでした。
 熊本城に関していえば、地元の方がいうには、加藤清正の造成した石垣
 は全く崩れなかったのに、細川家が造成した石垣は崩れ落ちてしまった
 のだそうです。歴史というのは、こういう時に振り返るものなのかと
 思いました。

 また、有田先生は19年間熊本に住んでいる間に、古い町並みをずっと
 スケッチされていたようで、その古い建物が震災のために壊れてしまって
 いて、現在は取り壊されて新しくなっていてなくなってしまったために、
 懐かしさを求めて現代美術館が有田先生の熊本の風景を描かれた水彩画展
 を企画してくださったのだそうです。

 大学時代の熊本出身の友人とともに、有田先生を囲んで食事会をしましたが、
 そこは地元の女性が震災の時に、子どもの離乳食を無償で配るというボラン
 ティア活動をされ、それがきっかけで食堂を始められた方の所で熊本の食材
 を使った料理を頂きました。有事があると、それをきっかけに活躍される
 女性に東北でも出会いましたが、熊本でも出会うことが出来て元気を頂き
 ました。

 色々なご縁を頂いて、有田先生とは親睦を深めることが出来、来年、東京に
 戻られたら銀座柳画廊でも個展をしようとお約束をして、とても充実した
 熊本出張になったと思います。

 
                                    文責  野呂洋子
 





メールマガジンの登録・解除
| お問合せ | 商品引渡し時期と返品について |Copyright © 1997 - 2005 Ginza Yanagi Gallery Co., Ltd. All Rights Reserved
株式会社 銀座 柳画廊 古物商認可証 東京都公安委員会  第3010699042088号