銀座 柳画廊 銀座 柳画廊
株式会社 銀座 柳画廊
古物商認可証 東京都公安委員会
第3010699042088号
TOP | ニュース | 作品集 | 取り扱い作家 | 買取・査定 | メルマガ・ブログ > バックナンバー | 役員紹介 | 会社概要 | 芳名帳

柳画廊のメールマガジンとブログのページです。

 メールマガジン/ブログ - バックナンバー

メールマガジン 2018年03月31日発行
柳画廊
『ブリューゲル展』

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

        今の美術業界を考える(その709)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ブリューゲル展           2018年3月31日 
                      東京都美術館

桜が満開の上野で開催している東京都美術館のブリューゲル展を
拝見してまいりました。改めて、上野の桜はきれいだな〜と
美術を拝見する前にテンションがあがりました。そしてさらに
驚いたのは、上野動物園のシンシンとシャンシャンを見るために
長蛇の列があり、パンダ人気に驚きました。

ベルギーといえば、ブリューゲルというくらい、ベルギーの生んだ
世界的なアーティストで、しかも4代に続いて150年にわたり
親・子・孫・ひ孫が画家として多くの作品を作り上げたファミリー
です。個人的には、花の作品群が大好きで、当時のチューリップは
オランダで世界で初めてのバブルがおこり、球根一つで現在の価格
で1億円もしたといわれる球根からさいたチューリップを描いた
作家として、興味深くも感じています。

さらに私とブリューゲルとのご縁は、理工学部の学生時代にまで
さかのぼり、研究室の担当教授の奥様がブリューゲルの専門家の
森洋子さんという方で、これもまた卒業して大分だってから知った
事実です。

私は大学では理工学部で計量経済を学び、担当教授は森ビルの長男
の森敬先生で、まさか奥様が美術の専門家とは露しらず、当時、
高校生だったお嬢様が今では世界的なアーティストの森万里子さん
とは不思議なご縁を感じています。

大学を卒業して、間もないころに若くして先生がお亡くなりになられ
ご縁があって、森ビルの会員制のクラブに入り、先生の奥様である
森洋子さんにお会いし、ブリューゲルに関する著書を頂いたのが
昨日のことのように思い出されます。

生きていくということは、色々なことがあるものです。特に美術の
仕事をしていると、辛い事もたくさんありますが、長く生きている事
自体が財産のように思える人とのつながりが増えていくことに、
この仕事の醍醐味があるのだと思っています。
                
                          文責  野呂洋子
 




メールマガジンの登録・解除
| お問合せ | 商品引渡し時期と返品について |Copyright © 1997 - 2005 Ginza Yanagi Gallery Co., Ltd. All Rights Reserved
株式会社 銀座 柳画廊 古物商認可証 東京都公安委員会  第3010699042088号