銀座 柳画廊 銀座 柳画廊
株式会社 銀座 柳画廊
古物商認可証 東京都公安委員会
第3010699042088号
TOP | ニュース | 作品集 | 取り扱い作家 | 買取・査定 | メルマガ・ブログ > バックナンバー | 役員紹介 | 会社概要 | 芳名帳

柳画廊のメールマガジンとブログのページです。

 メールマガジン/ブログ - バックナンバー

メールマガジン 2018年10月06日発行
柳画廊
『岡野博個展2018』

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

        今の美術業界を考える(その735)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

岡野博個展2018        2018年10月6日 
              
10月5日から20日まで無休で岡野博先生の個展を開催いたし
ます。銀座柳画廊の看板作家として、11回目の個展になります。
他にも、全国のデパートやアートフェアなどでも開催しておりま
すので、岡野先生のファンは日本全国、そしてフランス、シンガ
ポール、アメリカ、オーストラリアにもコレクターの方がいらっ
しゃいます。本当に有りがたい事です。

私が画商になって24年たちますが、岡野先生から多くの事を
学ばせてもらっています。もちろん、他の作家の先生方との交流
からの学びもありますが、岡野先生からは絵描きとしての生き方
のようなものを傍で拝見させてもらっています。最近読んだ本で、
「情の力で勝つ日本」という本を読ませてもらいましたが、芸
術家との付き合いというのは情を交わすことがとても大切なのだと
思っています。

普段、画廊や自宅にも岡野博先生の絵を飾っておりますし、親しい
多くの友人の所には、岡野先生の絵を持っていただいています。
岡野先生にも、機会があれば、コレクターの所にお連れして、自分
の作品がどういう所に置かれているのかを、ご一緒することが
あります。

人間ですから、自分のことを応援してくれる人がいるのは嬉しい
ものです。孤高の画家というイメージを持たれる方もいらっしゃい
ますが、人間はそれほど強くありません。普段、人と接しない
職業であるからこそ、応援してくれる人の存在は大きいわけです
し、その存在が画家の成長を促すのだと思います。作品を購入する
という事は、その作家の成長に貢献していることになるのです。
それは、日本画であっても彫刻であっても同じことで、人間とは
そういう人との関係性の中で生きているものだと思います。

ですから、日本には多くの美術団体があって作家同志で励ましあって
いるのですが、やはりコレクターに励まされた方が生活は安定しま
すし、作家同志はライバルですから難しい状況を生み出すことも
多く存在するのは事実です。自分の傍にいる人というのは、とても
重要なのだと思っています。

画家の評価というのは、誰が評価をするのかで決まると言っても言い
すぎではないと思っています。ですからコレクターの質が、その作家
のクオリティーを表していると思っています。

岡野先生の作品を購入された方は運気があがるとよく言われています。
運も実力のうちと言いますが、是非、岡野先生の作品を傍に置いて
運気を上げてみませんか?

                           文責  野呂洋子
 



メールマガジンの登録・解除
| お問合せ | 商品引渡し時期と返品について |Copyright © 1997 - 2005 Ginza Yanagi Gallery Co., Ltd. All Rights Reserved
株式会社 銀座 柳画廊 古物商認可証 東京都公安委員会  第3010699042088号