銀座 柳画廊 銀座 柳画廊
株式会社 銀座 柳画廊
古物商認可証 東京都公安委員会
第3010699042088号
TOP | ニュース | 作品集 | 取り扱い作家 | 買取・査定 | メルマガ・ブログ > バックナンバー | 役員紹介 | 会社概要 | 芳名帳

柳画廊のメールマガジンとブログのページです。

 メールマガジン/ブログ - バックナンバー

メールマガジン 2018年12月22日発行
柳画廊
『降りてくる思考法』

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

        今の美術業界を考える(その746)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

降りてくる思考法         2018年12月22日 
        江上隆夫 著   SB Creative 

先日、ロータリークラブの卓話にお越しいただきましたご縁で
江上隆夫さんの‘降りてくる思考法’という本を読みました。
江上さんはクリエイティブ・ディレクターおよび、ブランド
コンサルタントという肩書きを持ち、あわせて「無印飲料の
「あれ」は決して安くないのになぜ飛ぶように売れるのか」
という著書も書かれ、そちらも拝読させていただきました。

ざっくりとした感想は、芸術家と同じような頭脳の使い方を
して仕事にされている方だということです。降りてくる思考
というのは、まさしく芸術家が作品を描く時に‘降りてくる’
という表現を使われます。

また著書の中で思考には2つのステージがあるということです。
一つはひたすら「考えるステージ」もう一つは「考えるための
下準備のステージ」ということです。何事も準備は8割といい
ますが、考えるためにも、考える準備が必要でそのためには、
読書だとか、現場にいって検証するとか、考える以前に莫大
な時間を使って、5感を使って体感することが考えるための
準備として非常に重要なわけです。

セレンディピティという言葉もありますが、多くの事柄を経験
することで無意識の中にその情報をいれ、そこから必要な時に
必要な事が事象としてあらわれるということです。そういう意味
でも、年を取るということは、それほど悪い事でもなく、多くの
経験を積んだ大人には価値があると思うのです。

今、AI時代に突入して若い人たちはITを駆使することで、
お料理も、レシピを検索することでおふくろの味を作ってみたり、
着物だってユーチューブを見ながら着ることで、おばあちゃん
の威厳がなくなりつつありますが、思いもよらぬ知識の集積には
何か意味があると思います。この、降りてくる思考法は、AIの
進んだ時代において、人間がAIを使いこなすために必要な重要な
スキルであって、それはもともと芸術家が行っている思考法なの
だと思っています。
 
 
                        文責  野呂洋子
 




メールマガジンの登録・解除
| お問合せ | 商品引渡し時期と返品について |Copyright © 1997 - 2005 Ginza Yanagi Gallery Co., Ltd. All Rights Reserved
株式会社 銀座 柳画廊 古物商認可証 東京都公安委員会  第3010699042088号