銀座 柳画廊 銀座 柳画廊
株式会社 銀座 柳画廊
古物商認可証 東京都公安委員会
第3010699042088号
TOP | ニュース | 作品集 | 取り扱い作家 | 買取・査定 | メルマガ・ブログ > バックナンバー | 役員紹介 | 会社概要 | 芳名帳

柳画廊のメールマガジンとブログのページです。

 メールマガジン/ブログ - バックナンバー

メールマガジン 2019年07月06日発行
柳画廊
『泰明小学校の画廊巡り2019』

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

        今の美術業界を考える(その775)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

泰明小学校の画廊巡り2019      2019年7月6日 

今年も銀座の泰明小学校の3年生全員を対象に画廊巡りをして参り
ました。この活動も10年目に入りましたが、毎年子どもたちが
変わりますので、毎年新しい発見が多く見つかります。

7月の画廊巡りは、子どもたちに初めて入る画廊に対して、慣れて
もらうために絵画を見るときのマナーも含めた体験学習です。
小学3年生の子どもたちは、普段いる学校から初めての場所に仲間
と行くだけで興奮するものです。もちろん、毎年のことですから
こちらの方でも慣れているつもりでしたが、今年は違いました。

子どもたちの様子が、いつもより落ち着かないのです。私のグルー
プだけなのかと思い、3グループの他のグループを担当した、ロー
タリークラブのボランティアで参加してくれた仲間と反省会をする
と同じように、‘ひやりとした場面があった’とのことでした。

もちろん今までも問題行動を起こしそうな子どもはおりましたし、
そういう子どもとは手をつないだりして手厚くサポートしており
ます。

始めは、図工の先生も同じく10年続けているので、事前学習での
指導が足りなかったのかな?とも思ってしまいました。すると、
その日の夕方に、図工の先生が画廊まで来てくださって、説明を
してくれました。

それは今年の3年の学年主任の先生が産休から7月に戻っていらっ
しゃったらしく、戻ってきたばかりで子どもたちが不安定な状況だったと
いうことです。子どもは本当に敏感なものですから、指導者のちょっと
した変化に対応するものです。

確かに、学校という職場は女性にとって働きやすい職場ではあります。
学校の先生は教室の中では一国一城の主になるわけですから、先生が
教室を覆うパワーというものが、いかに大切なのかを感じさせる体験
でした。小さい子どもを育てている母親は、気持ちはどうしても離れて
いても子どもに向かうように本能ができています。それを、30人もの
3年生を仕切るのは正直いって酷な話です。

小学校という職場は子どもたちのパワーとパワーのぶつかり合いで、毎日
が戦場のようなエネルギーで満ち溢れている場所です。そういう場所で
体験教室をさせていただくことは、貴重な機会ですし、そいういパワー
をもらうことで、私達も刺激を頂いています。もう少し、小学校という職場
を外部がサポートする仕組みがあっても良いのかなと思います。
泰明小学校の画廊巡りが少しでも地域の活動として、先生方のお役に立って
いればと思っています。
 
                         
                             文責  野呂洋子


メールマガジンの登録・解除
| お問合せ | 商品引渡し時期と返品について |Copyright © 1997 - 2005 Ginza Yanagi Gallery Co., Ltd. All Rights Reserved
株式会社 銀座 柳画廊 古物商認可証 東京都公安委員会  第3010699042088号