銀座 柳画廊 銀座 柳画廊
株式会社 銀座 柳画廊
古物商認可証 東京都公安委員会
第3010699042088号
TOP | ニュース | 作品集 | 取り扱い作家 | 買取・査定 | メルマガ・ブログ > バックナンバー | 役員紹介 | 会社概要 | 芳名帳

柳画廊のメールマガジンとブログのページです。

 メールマガジン/ブログ - バックナンバー

メールマガジン 2019年07月13日発行
柳画廊
『スポーツとアートのマリアージュ』

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

        今の美術業界を考える(その776)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 スポーツとアートのマリアージュ    2019年7月13日 

 7月6日の土曜日に、公益財団法人ハンドボール協会の副会長を
 拝命されました。中学・高校時代ハンドボール部キャプテンを務め
 ハンドボールに育ててもらったといっても過言ではない学生時代
 を過ごしていた私にとって、恩返しをする機会を頂いたと感じて
 います。

 銀座柳画廊の社長やスタッフには、やや呆れられている感もあり
 ますが、近代オリンピックの父といわれるピエール・ド・クーベル
 タンがおっしゃったように、「オリンピックはスポーツとアート
 のマリアージュ」であり、私はそれを体現していきたいと心から
 思っています。

 近い将来、日本も文化庁、スポーツ庁、観光庁がひとつになって
 スポーツ・文化・観光省としてひとつの行政として庁から省になる
 と私は確信しています。その時に、スポーツ関係者は芸術・文化
 に関心ない方がおおく、文化関係者はスポーツに苦手意識を感じて
 いる方が多く存在しています。その時に、私のキャリアは大いに
 役に立つと思っておりますし、そもそも本場ヨーロッパにおいて
 オリンピック選手がピアノの名手だったり、オリンピック選手が
 オクスフォードの学生だったりしています。日本の教育制度では
 ありえない人材を輩出しているのです。

 教育は本当に大切だと思っていて、日本ではスポーツや芸術方面で
 キャリアプランを考えることは非常に難しく、子どもの時点にその
 方面に進むことを考えた場合には、高等教育を望むことは難しく
 なってしまいます。私は、スポーツにしろ、芸術にしろ、一流の方々
 は地頭が大変よく、いわゆる日本でいうお勉強はできないかもしれ
 ませんが、知能指数はとても高いと思っています。その能力を一部
 の分野でしか発揮できない日本の教育システムに疑問を感じています。

 一般的に、スポーツでも文化でも食べていけない職業と思われており
 ますが、観光分野とタッグを組むことでビジネスとして成立することは
 多くの事例で証明されています。これから、ハンドボール協会に貢献
 していくことで、さらに視野を広げ、多くの知見を得ることで、
 「スポーツとアートのマリアージュ」を体感していこうと思っています。

 今年は熊本の女子ハンドボール世界選手権、来年は東京オリンピックに
 出場と大イベントが目白押しです。学びの場として多くの知見を吸収し
 ハンドボールの発展に貢献しようと思っています。
 
                         
                             文責  野呂洋子
 


メールマガジンの登録・解除
| お問合せ | 商品引渡し時期と返品について |Copyright © 1997 - 2005 Ginza Yanagi Gallery Co., Ltd. All Rights Reserved
株式会社 銀座 柳画廊 古物商認可証 東京都公安委員会  第3010699042088号