銀座 柳画廊 銀座 柳画廊
株式会社 銀座 柳画廊
古物商認可証 東京都公安委員会
第3010699042088号
TOP | ニュース | 作品集 | 取り扱い作家 | 買取・査定 | メルマガ・ブログ > バックナンバー | 役員紹介 | 会社概要 | 芳名帳

柳画廊のメールマガジンとブログのページです。

 メールマガジン/ブログ - バックナンバー

メールマガジン 2019年07月20日発行
柳画廊
『写実絵画のいまむかし』

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

        今の美術業界を考える(その777)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

写実絵画のいまむかし         2019年7月20日 
              於 笠間日動美術館 7月28日迄

先週の土曜日に、島村信之先生と弊社社長と画廊のスタッフと共に
笠間日動美術館に行って参りました。笠間日動美術館で企画している
‘写実絵画のいまむかし’という展覧会に島村信之先生の作品が
出品されており、その手配を銀座柳画廊で協力したためです。

日動画廊さんは銀座で最も古い洋画専門の画廊で、大阪の弊社社長
の実家の画廊とは創業者同士が親しい間柄であるために、銀座柳画
廊としても親しみを感じている画廊です。当然、銀座柳画廊は実家
である梅田画廊の影響は大きく受けており、梅田画廊が日動画廊に
大きく影響を受けていることから、間接的に日動画廊の影響を色濃
く受けているのです。

笠間日動美術館は公益財団法人として運営しており、茨城県の笠間
市にあります。東京から車で1時間半くらいの距離ですから、遠く
もなく近くもない距離になると思います。しかし、その規模といい
所蔵作品の内容といい、素晴らしいもので、日動画廊は長い時間を
かけて素晴らしい仕事をしているのだな、、、と思わせるものでした。

今回の展覧会は、明らかに千葉にある写実絵画専門の美術館である
ホキ美術館を意識したものであり、作品の内容に関しては日動画廊の
得意分野である明治以降の近代洋画の中からも写実絵画を選び出し
それらを現代の写実作家である島村信之先生をはじめとして森本草介
先生など、現代の人気作家も集めたものでした。

現存作家の方からすると、日本の洋画の歴史を彩る高橋由一先生や
五姓田義松先生の作品の横に、現代の作家の作品を陳列するという
ことは、日動美術館でなければ実現できない展覧会であり、画家と
して大いに励みになることだと思います。

笠間日動美術館に伺って、島村信之先生と日動画廊の担当の学芸員
の方と一緒に作品を拝見すると、色々な角度から作品を拝見して多
くの学びをもらいました。今だから言える、島村先生の森本草介先生
への思いや、絵の品格というものについての考え方など、一流と
言われる画家と一緒に作品を拝見して意見を交換することは、画商に
とって最も勉強になる時間であることを実感した一日でした。
 
 
                         
                             文責  野呂洋子
 


メールマガジンの登録・解除
| お問合せ | 商品引渡し時期と返品について |Copyright © 1997 - 2005 Ginza Yanagi Gallery Co., Ltd. All Rights Reserved
株式会社 銀座 柳画廊 古物商認可証 東京都公安委員会  第3010699042088号