銀座 柳画廊 銀座 柳画廊
株式会社 銀座 柳画廊
古物商認可証 東京都公安委員会
第3010699042088号
TOP | ニュース | 作品集 | 取り扱い作家 | 買取・査定 | メルマガ・ブログ > バックナンバー | 役員紹介 | 会社概要 | 芳名帳

柳画廊のメールマガジンとブログのページです。

 メールマガジン/ブログ - バックナンバー

メールマガジン 2019年08月24日発行
柳画廊
『国際交流』

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

        今の美術業界を考える(その781)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 国際交流               2019年8月24日 

 東京中央新ロータリークラブの例会で8月19日に100人を超える
 インドのロータリアンおよびご家族をお迎えいたしました。
 もともと名古屋のロータリークラブの方からのご紹介で、月曜日に
 帝国ホテルで例会をやっているロータリークラブにメークアップしたい。
 できたら、インドのがバナーを中心に家族でやってきているので
 親睦を深める例会を開催してくれるところが良いという要望で、うちの
 クラブに白羽の矢が当たったようです。

 ご連絡を頂いたので7月中旬ですから、本当に短い期間での準備と
 なりました。今、私達のクラブの会長、幹事は入会10年未満の若い
 ロータリアンで、良い意味で純粋な気持ちで今回の例会運営に臨み
 ました。ロータリークラブの世界大会で感じる、あの高揚感を体感
 する事が出来る、素晴らしい親睦の機会になったと思います。

 その中で、気が付いたことをいくつかご紹介いたします。それは
 異文化体験です。インドの方と日本人の価値観の違いです。
 一緒に例会を作る、と私は考えておりましたが多くのメンバーは
 東京中央新ロータリークラブにお迎えするというスタンスでした。
 ですから、準備は基本的に私達のクラブが担当いたしました。勿論
 、この体験は私達のクラブの財産になり、貴重な体験を作り上げた
 ということで、自信にもつながっていると思います。

 また、英語がしゃべれる会員としゃべれない会員とで、役割分担が
 大きく変わりました。とはいえ、女性は積極的ですから、日本語で
 一生懸命に対応している会員も多く見かけました。そうなのです。
 人間同士ですから、顔を合わせて一緒に食事をすれば、片言であって
 も同じロータリアンという枠組みのお陰で、親しくなることが可能
 なのです。

 インドの方は要求が多く、また変更事項が非常に多いのです。日本人
 の私達は、全ての要求に相手が求める以上の対応をしようとするので
 インドのロータリアンから「親睦が目的だから、楽しみましょう。
 僕たちの為に、皆さんにご迷惑をかけたくない。」とも言われました。
 それでも、私達は最後の最後まで、準備に追われました。

 しかし、蓋を開けた時には、女性のロータリアンらしく、現場力を発揮
 して、仲良くなること、笑顔を絶やさないこと、そして相手の事を理解
 しようとすることで会は素晴らしいものになったと思います。

 多くの国際会議で、同じような苦労を担当者がされていると思います。
 大切なことは、相手を喜ばせるだけでなく、自分たちが思い切り楽しむ
 という心がけなのだと思います。奉仕活動も親睦も、相手の事だけを
 考えては続きません。自分たちが活動自体を楽しんで、そして社会に
 何か良いことを与え続けていけば、世界はもっと良い場所になると
 思っています。

                         
                             文責  野呂洋子
 


メールマガジンの登録・解除
| お問合せ | 商品引渡し時期と返品について |Copyright © 1997 - 2005 Ginza Yanagi Gallery Co., Ltd. All Rights Reserved
株式会社 銀座 柳画廊 古物商認可証 東京都公安委員会  第3010699042088号