銀座 柳画廊 銀座 柳画廊
株式会社 銀座 柳画廊
古物商認可証 東京都公安委員会
第3010699042088号
TOP | ニュース | 作品集 | 取り扱い作家 | 買取・査定 | メルマガ・ブログ > バックナンバー | 役員紹介 | 会社概要 | 芳名帳

柳画廊のメールマガジンとブログのページです。

 メールマガジン/ブログ - バックナンバー

メールマガジン 2019年11月02日発行
柳画廊
『銀座柳画廊25周年記念展』


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

        今の美術業界を考える(その791)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 銀座柳画廊25周年記念展       2019年11月2日
                      〜11月16日 
                    於 銀座柳画廊  

 今年の11月で銀座柳画廊は25周年を迎えます。この25年は
 私が野呂好彦氏と結婚して、銀座柳画廊を創業して迎えた25年に
 なります。もともと、物理と数学とコンピューターが大好きで、
 IBMのエンジニアを天職だと思っていた私が、結婚して画商になる
 とは自分の人生でも考えてもみなかった大転換です。

 全く違う価値観の中で仕事をすることは、正直いって試練でした。
 今でも、自分の価値観と違う人たちと一緒に仕事をすることが多く、
 ダイバーシティを実感しています。特に、美術業界の世界では、
 自分でも自分が異端児であることを認めるほど、私の思考回路は
 変わっているようです。経済合理性という言葉が全くそぐわない
 環境の中で、美しさをお金に換えていく作業は、心の豊かさを学ぶ
 作業でもありました。

 美術というものに、機能はありません。私達は、心を豊にしてくれる
 絵画というものに価値をおいており、それは経済合理性から離れた
 ところに存在しています。

 創業の時からお世話になっている岡野博先生は、いつも‘僕は豊な
 絵を描きたい。そして何者からも自由になりたい。‘とおっしゃって
 います。豊かさと自由というものは、言葉で語ると簡単ですが、
 実体験として心から理解するのは非常に難しい言葉です。

 お金というのは、便利な道具ですが、お金が人を豊にするものでは
 ないことを知りました。豊かさとは、自分の心が決めるものです
 から、心が豊かにならないと、豊かさを実感することが難しいの
 です。画廊に来られる多くのお客様と向き合っていると、お金を
 持っているから絵画を買うのではないのがわかります。

 心に余裕があって、気持ちに豊かさがないと、絵画は購入できないの
 です。そういう意味では、私達はとても幸せな商売をしていて、出会う
 方は基本的に、とても幸せで運の良い人たちということになります。

 お金があるから絵画を購入するのではなくて、絵画を購入する気持ちの
 余裕と豊かさがあるから、絵画を購入される方は益々お金持ちになって
 いかれるのだと思っています。

                         
                             文責  野呂洋子


メールマガジンの登録・解除
| お問合せ | 商品引渡し時期と返品について |Copyright © 1997 - 2005 Ginza Yanagi Gallery Co., Ltd. All Rights Reserved
株式会社 銀座 柳画廊 古物商認可証 東京都公安委員会  第3010699042088号