銀座 柳画廊 銀座 柳画廊
株式会社 銀座 柳画廊
古物商認可証 東京都公安委員会
第3010699042088号

柳画廊のメールマガジンとブログのページです。

 メールマガジン/ブログ - バックナンバー

2021年07月10日発行
柳画廊
『マイケル・サンデル白熱教室』

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

       今の美術業界を考える(その877)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 マイケル・サンデル白熱教室      2021年7月10日
             
 先日、友人の息子さんがマイケル・サンデルの白熱教室に出ている
 というので拝見させていただきました。

 実力も運のうち。能力主義は正義か? というお題で、参加者は
 アメリカからはハーバード大学の生徒さん。中国は精華大学の
 生徒さん。日本は東京大学と慶応大学の生徒さんたちで、各国
 6名づつの参加でした。

 いわゆる、世界のエリートといわれる大学の在校生による参加で、
 長年言われている、受験戦争に勝つためには、環境と親の年収と
 相関関係があるというものです。つまり、受験戦争に勝つために
 本人が努力していることは当然なのですが、恵まれた環境にないと
 そもそも受験戦争に参加することが出来ないことを問題視して
 おりました。

 また、参加者の学生たちの意識も高く、それぞれの国の事情もあり
 面白いコメントを伺うことが出来ました。特に、中国では地方から
 の受験生は、学問をするにも環境に不利があるということで、少し
 点数が底上げされるようです。

 アメリカでは、よく知られているように多様性を担保するために、
 黒人の比率やアジア人の比率など、マイノリティに配慮した入学
 要件になっています。また、所得における不利益を被らないように
 奨学金なども充実しています。

 そのあたりの話を伺っていると、日本の大学では多様性を担保する
 ための配慮がないのだな、、、、、と思いました。地方から東大に
 入った学生がいうには、改めて東大に入学すると、恵まれた環境の
 学生が多いと実感したとのことでした。

 マイケル・サンデル氏が学生たちに自分たちがトップ校に入学する事
 が出来たのは、努力によるものか、運によるものかという問いかけが
 この番組の主題でした。

 そして、友人のお子さんが最後に答えたのが、自分は恵まれていたとも
 思うし、努力したという人もいるけれども、大切なことは、エリートと
 いわれる大学に入学した人間として、その自覚をもち、その責任を社会に
 対して果たしていくことが大切だと思う。という事でした。

 まさしく、マイケル・サンデル氏が1時間半もかけて、学生に問い続けて
 いた問題は、この答えに集約されているのだと思います。

                         
                      文責  野呂洋子
                       銀座柳画廊
                       http://www.yanagi.com
03-3573-7075
 





メールマガジンの登録・解除
Copyright © 1997 - 2005 Ginza Yanagi Gallery Co., Ltd. All Rights Reserved
株式会社 銀座 柳画廊 古物商認可証 東京都公安委員会  第3010699042088号