銀座 柳画廊 銀座 柳画廊
株式会社 銀座 柳画廊
古物商認可証 東京都公安委員会
第3010699042088号

柳画廊のメールマガジンとブログのページです。

 メールマガジン/ブログ - バックナンバー

2021年07月24日発行
柳画廊
『東京オリンピック』

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

       今の美術業界を考える(その879)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
東京オリンピック                2021年7月24日
             
 いよいよ東京オリンピックが始まります。なんともいえない気持ち
 のままスタートいたしますが、始まったからにはTV画面から全力
 で日本選手団を応援していきたいと思っています。

 ご縁を頂いて、日本ハンドボール協会にかかわっているため、
 代表選手達の思いを近くで感じる事もあり、やはり観客席を一杯
 にして選手達を応援したかったという気持ちは正直もっています。

 オリンピックというものは、もともとマイナースポーツの祭典で、
 日本ではマイナーなハンドボールにもスポットライトがあたる、
 貴重な機会です。確かに無観客試合は残念ではありますが、日本
 ハンドボール界からすると、全国的にスポーツにスポットライトが
 あたり、ハンドボール競技がNHK BSや民放で放送されること自体
 が、ものすごい影響力があることですので、やはりこの機会には
 心から感謝しています。

 この日のために、多くのアスリートが血のにじむような努力をして
 きていると思います。日本の国としても、スポーツ庁という省庁を
 立ち上げ、助成金という名目で多くの税金を投入して強化に励んで
 こられたと思っています。

 まさかのコロナ禍における緊急事態宣言の中でのオリンピックになる
 とは、誰も想像することができず、しかしどのような状況であっても
 スポーツの価値が変わることはなく、健康であることが何よりも幸せ
 に直結することも変わりはないと思っています。

 スポーツと芸術はなくても生きていけると思っている人は多くいる
 ことは存じています。しかし、私はスポーツと芸術に深く携わる人間
 として強く感じるのは、どんなに貧しい人でも、どんなにお金持ちの
 人であっても、スポーツと芸術は人生を豊かにしてくれることは間違
 いありません。
 そのことを確かめるための祭典がオリンピックなのであって、ただの
 お祭り騒ぎではないと信じています。日本中で色々な意見があることは
 存じておりますが、オリンピックの価値は先進国であっても途上国で
 あっても、スポーツと芸術の大切さを教えてくれるものであると信じて
います。

                         
                      文責  野呂洋子
                       銀座柳画廊
                       http://www.yanagi.com
     03-3573-7075
 



メールマガジンの登録・解除
Copyright © 1997 - 2005 Ginza Yanagi Gallery Co., Ltd. All Rights Reserved
株式会社 銀座 柳画廊 古物商認可証 東京都公安委員会  第3010699042088号