銀座 柳画廊 銀座 柳画廊
株式会社 銀座 柳画廊
古物商認可証 東京都公安委員会
第3010699042088号

柳画廊のメールマガジンとブログのページです。

 メールマガジン/ブログ - バックナンバー

2021年07月31日発行
柳画廊
『三菱の至宝展』

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

       今の美術業界を考える(その880)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
三菱の至宝展          2021年7月31日
〜 三菱一号館美術館   前期
             
 オリンピックの最中で、緊急事態宣言中ではありますが三菱一号
 館の展覧会にいって参りました。美術館の展覧会企画というものは
 何年も前から準備するものですから、本来は、東京オリンピックに
 あわせて2020年に、多くの美術館が外国人のお客様向けに、
 日本を紹介する企画を用意しておりましたが、ズレてしまっている
 のが少し残念です。お客様も、もちろん日本人だけでした。

 銀座柳画廊から歩いて10分ほどの距離にある美術館ですので、
 今回は年間パスポートを購入して、通おうと思っています。三菱
 創業150年を祈念して実施されている今回の展覧会は日本人と
 してとても見ごたえのあるものでした。

 もともと、三菱一号館美術館は西洋美術を見せる場所で、三菱とし
 ては、静嘉堂文庫美術館、東洋文庫の所蔵品も一度に拝見すること
 ができ日本の古いものを拝見できましたので、非常に興味深いもの
でした。

 やはり、なんといっても静嘉堂文庫美術館の所蔵する曜変天目の
 茶碗を拝見できたのは、嬉しかったです。また、作品の収蔵に対する
 興味も、岩崎家の方々が、歴史に対してどのように接していたか
 を垣間見ることが出来、幕末から明治にかけての黎明期に、三菱
 という企業を起こした一族の方々が収集した作品に対する愛着の
 ようなものを感じ取ることが出来ました。

 当時の岩崎家の方々は知的好奇心が強かったのが、よく理解できる
 のが蔵書にたいする愛着でした。多くの書物を買い求め、研究させる
 姿勢は、起業家でもあり、学者でもあることと、歴史に対する深い
 理解を感じさせるものでした。明治という時代とともに、世界を相手
 に仕事をする企業を起こすには、世界を知ることが非常に大切
 であることを、この展覧会から感じ取ることが出来ました。

 どんな仕事でも同じだと思うのですが、大きな仕事をするには、その為
 の準備が非常に重要であり、仕事をするということは学び続けるという
 ことなのだと思います。

 岩崎家の方々は、仕事をしながら多くの事を学び、社会に対する変化を
 商売にしてきたのだと思います。同時にこれだけのコレクションを残す
ことが出来るのも、やはり財力があってこそだと思います。

                         
                      文責  野呂洋子
                       銀座柳画廊
                       http://www.yanagi.com
03-3573-7075
 



メールマガジンの登録・解除
Copyright © 1997 - 2005 Ginza Yanagi Gallery Co., Ltd. All Rights Reserved
株式会社 銀座 柳画廊 古物商認可証 東京都公安委員会  第3010699042088号