銀座 柳画廊 銀座 柳画廊
株式会社 銀座 柳画廊
古物商認可証 東京都公安委員会
第3010699042088号

柳画廊のメールマガジンとブログのページです。

 メールマガジン/ブログ - バックナンバー

2021年09月18日発行
柳画廊
『学校ってなんだ!』

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

       今の美術業界を考える(その886)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
学校ってなんだ!          2021年9月18日
日本の教育はなぜ息苦しいのか
       工藤勇一  鴻上尚史 著  講談社現代新書
          
ZOOMで毎月実施している読書会でご紹介された本を拝読させて
いただきました。教育には非常に興味を持っている私としては、
日本の現在の教育は、今のご時世に合っていないのは明らかで
あるにもかかわらず、どうして変えることが出来ないのだろうと 
思っています。

その中で、著書の工藤勇一さんは、2014年から2020年ま
で、東京都千代田区立麹町中学校の校長先生として、担任制を辞め
て、全員担任制にしたり、校則を廃止したり、定期試験を辞めたり
と、かなり画期的な教育方針を打ち出されて、それらがニュースに
なったり、NHKで取材されたりと、断片的に「すごい先生が現れた
な、、、」と思っておりました。

鴻上尚史さんは、作家・演出家ということで、演劇の分野の方が、
教育について対談されるということに非常に興味を持ちました。
演劇は、総合芸術ともいわれていて、芸術に造詣の深い方が教育
について議論されることに、大きな意味があると思っています。

私なりに、このお二人のお話しを著書から伺って感じることは、
日本社会の息苦しさは、教育の中に大きな問題があるという事です。
それは、どういうことかというと、自主性を認めない、多くの
意味があるのかないのかわからないルール(校則)によって、縛ら
れていて、そのルール(校則)の意味も、学校側も生徒側も議論
することさえ多くの学校では許されていないという現実です。

そのような現実の中で、工藤先生が実施されたのは、生徒の自主性
に任せて、自立したこどもを育てることに主眼を置かれたという事
なのだと思います。言葉を変えると、本当の意味の民主主義を学校
教育の現場で、子ども達に教えていることが画期的なのだと思います。

人を殺すとか、法律を破ることはいけないけれど、スカートの長さや
髪の毛の色など、意味のない校則については自主性に任せるという潔さ
が工藤先生の胆力なのだと思います。

言葉を変えて表現すると、工藤先生の教育は日本社会を自分たちで変える
事が出来る子ども達を育てているのだと思います。それは、学校を変える
経験をした子ども達は、大人になっても、日本社会を本気で変えることが
出来ると思うのです。日本の学校は、そういう経験をさせる現場として
教育者が変わっていけば、もっとスピーディに日本社会は変化することが
可能になると信じています。

                         
                       文責  野呂洋子
                       銀座柳画廊
                       http://www.yanagi.com
03-3573-7075
 



メールマガジンの登録・解除
Copyright © 1997 - 2005 Ginza Yanagi Gallery Co., Ltd. All Rights Reserved
株式会社 銀座 柳画廊 古物商認可証 東京都公安委員会  第3010699042088号