メールマガジン/ブログ - 最新情報

2021年11月27日発行
柳画廊

『ゴッホ展』

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

       今の美術業界を考える(その896)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
ゴッホ展               2021年11月27日
響きあう魂           〜12月12日 東京都美術館
                   
 東京都美術館のゴッホ展に、事前予約をして伺ってまいりました。
 前に一度、伺おうとしたところ当日チケットが売り切れておりまし
 たので、再度、予約をしてチャレンジいたしました。
 ゴッホは日本人が大好きな作家です。それと同時に、ゴッホも日本
 が大好きだったようです。鎖国している日本でも、長崎の出島を
 通じて、オランダという国と日本との交流関係があり、その上で
 ゴッホは日本に対する憧れのようなものを抱いていたようです。

 今回の展覧会はヘレーネ・クレラー・ミュラーという、ゴッホの
 世界最大の個人収集家が初代館長を務めたクレラー=ミュラー
 美術館のコレクションの中から、選りすぐりの作品を紹介されて
 います。

 ファン・ゴッホは生前には全く評価されずに、死後、次第に評価を
 高めた作家として有名です。その陰には、ゴッホの絵を伝える事に
 人生を賭けた人たちがいることに注目したいと思います。

 特に、今回はオランダ時代のゴッホのデッサンが多く展示されて
 おり、ゴッホの確かなデッサン力に感動させてもらいました。
 また、ゴッホは牧師としてキリスト教の伝道師の見習いとして仕事
 をしておりましたが、半年後には辞めさせられてしまいました。
 弟のテオの助言を受け、画家になる決意をしたのち、ゴッホは弟の
 テオから精神的にも経済的にも生涯にわたって支援を受けることに
 なります。

 ゴッホは生きている間に数点しか、絵が売れていなかったことは有名
 です。彼の亡くなった後、その作品を引き継いだのは弟のテオであり、
 その弟もゴッホの死後半年後に亡くなり、弟のテオの妻のヨーが、その
 作品を引き継ぐことになりました。

 ヘレネ―・クレラー・ミュラー氏は、ゴッホが亡くなった後にファン・
 ゴッホ画廊を通じて作品を1908年から購入するようになり、その後
 30年におよぶ収集活動を行いました。夫の会社は生涯、順風だったわけ
 ではなく、世界恐慌などで経済的な打撃を受けたりもしながら、収集と
 美術館の建設についての情熱を燃やし続け、最後はビジネスから撤退し、 
 1938年に国立クレラー・ミュラー美術館が開館し、ヘレーネが初代
 館長に就任します。そして、その翌年に亡くなります。

 まさしく、ゴッホの評価を語るうえで、このヘレーネ・クレラー・ミュラー
 氏の貢献は計り知れないことを知り、私達、画廊の人間も、ヘレーネ氏の
 ように画家の評価を高める仕事をしていかなければいけないと思いました。 



                         
                      文責  野呂洋子
                       銀座柳画廊
                       http://www.yanagi.com
03-3573-7075