メールマガジン/ブログ - 最新情報

2022年04月02日発行
柳画廊

『フェルメール展』

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

       今の美術業界を考える(その920)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
フェルメール展             2022年4月2日
                     東京都美術館にて
                      
 友人からチケットを10枚も頂いたので、社員や家族に配り、私
 も参加しようと桜の満開の時期を選んで予約しておりました。
 ところがです、なんと 朝一番の枠で9時半からの予約で伺いま
 したところ、長蛇の列ができており、入館するのに30分もかか
 ると言われてしまいました。

 さらに、今は人気の展覧会に参加する場合には予約したQRコード
 を提示しなければならず、メールボックスにいれていた、予約
 メールが紛れてしまい、それを出すのにてこずってしまって、
 そうこうしているうちに、画廊に戻らなければいけない時間に
 なってしまって残念ながらフェルメール展を拝見することが出来
 ませんでした。

 チケットを下さった友人には深くお詫びすると同時に、ちゃんと
 うちの社員は拝見させていただいており感謝しています。きっと
 私のような人間は多くいらっしゃるのではないかと思い、ここで
 情報共有をさせてもらっています。

 先週、伺ったメトロポリタン美術館では予約もなく、その場でさっ
 と入れたのですが、今回は予約をしていたにもかかわらず入館でき
 なかったことが悔しくてたまりません。

 聞くところによると、メトロポリタン美術館の方が人気だとおっ
 しゃる方がおりましたが、メトロポリタン美術館は展覧会会期の
 はじめの方の平日の朝がたに伺いました。

 一方でフェルメール展は、会期の終わりごろの桜の時期に伺ったの
 が敗因だったのではないかと思っています。最近は、コロナで人の
 楽しみ方も変わり、美術館巡りは人気の娯楽になっていると感じて
 います。

 どうぞ、これから美術館巡りをされる方は、私のような失敗をしない
 ように、展覧会の会期の初めにいかれることをお勧めいたします。
 来週には竹橋の鏑木清方展にチャレンジしようと思います。次回は
 失敗しないように、準備します!


                         
                      文責  野呂洋子
                       銀座柳画廊
                       http://www.yanagi.com
03-3573-7075