メールマガジン/ブログ - 最新情報

2022年12月03日発行
柳画廊

『池田20世紀美術館』

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

       今の美術業界を考える(その954)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
池田20世紀美術館         2022年12月3日
 絹谷幸太・絹谷香菜子二人展   2023年1月10日まで
              
 始めて静岡県の伊東高原にある池田20世紀美術館にいって参り
 ました。ニチレキ(株)創業者の池田栄一氏の寄付によりできた
 美術館で、ピカソ・シャガールからアンディウオーホルまで、
 20世紀に活躍された画家の収集作品が陳列されています。
 創設者は既にお亡くなりになられており、公益財団法人として、
 現在の方針としては現存作家の若手の育成を主軸に活動されている
 とのことでした。

 今回の訪問は、絹谷幸太さんより直接ショートメッセージを頂き
 まして、せっかくのご縁ですのでいって参りました。11月27
 日の日曜日の午後13時半より、妹さんの香菜子さんと幸太さん
 との2人のお話しを直接伺える機会ですし、何より池田20世紀
 美術館にも行ったことがなかったので楽しみに伺いました。
 (残念ながら妹さんは今回はこられませんでした)

 まず、日帰りでしたので車ではなく電車で伺う事にいたしました。
 静岡の伊東でとても良い場所ですから、社長からは1泊くらいして
 ゆっくりすれば? と言われたのですが、貧乏暇なしですので
 前後の予定をみて1日全日を開けましたが、2日のスケジュールは
 難しかったです。

 行きはは、東京駅から踊り子号で伊東高原駅まで伺い、そこから
 バスは1時間に1本でしたのでタクシーで行きました。帰りは、
 伊東高原駅から黒船列車というものに乗り、熱海から新幹線で
 帰りました。黒船列車というのがとても素敵で、椅子が海側の方に
 向かって座るようにできており、素晴らしい天気の、素晴らしい
 海辺の景色を拝見することができて、とても良かったです。

 今回、直接お話しをお伺いしてよかったと思うのは、偉大な父親を
 持つ芸術家の息子さん、娘さんたちはどのように育ったのだろうか
 という素朴な疑問に答えてくれる内容で、芸術家は環境が大切なのだ
 と改めて思いました。特に、幸太さんの妹思いには感激するものが
 あり、12歳の年の差があると半分、親のような気持ちになっている
 のがひしひしと伝わりました。

 改めて、芸術家というのは一番のパトロンが家族であり、家族の仲が
 良いことが芸術家として続けていくための必須条件であることを、絹谷
 幸太さんのお話をお伺いして確信いたしました。

益々ご活躍されるのだろうと思います。陰ながら応援しています。

 
                         
                      文責  野呂洋子
                       銀座柳画廊
                       http://www.yanagi.com
03-3573-7075