2018年10月24日

国際福祉機器展に行ってきました!

こんにちは!
コーディネーターのM.S.です。
だいぶ、ご無沙汰してしまいました

10/12(金)ビッグサイトで開かれていた国際福祉機器展に行ってまいりました!
初めての参加で、たくさんの人と機器に、圧倒されてしまいました

一つ面白いセミナーに参加してきたので紹介したいと思います。

皆さまは「アルテク」って聞いたことありますか?
「アルテク」とは特殊な製品や技術を使うのではなく、
すでに「あるテクノロジー」を使って、支援をするという考え方だそうです。
セミナーでは、重度の障害があり音声言語でのコミュニケーションが難しい方とのコミュニケーションに
「アルテク」を取り入れる取り組みが紹介されていました。
ここで使うのは、動きを検知することのできる、スマートフォンのアプリです。
支援者が目視では確認できないような、視線や体の微細な動きやゆっくりとした動きを、アプリによって知ることができるわけです。
また不随意な動きなのか本人の意思による表出なのかを、アプリを使って判断していく、ということも紹介されていました。
これまでの福祉機器は本人の能力を増強する、ということに焦点があてられていたそうですが、
このアプリは支援者の能力を増強するもの、というところも印象的でした。
スマホのアプリなら、簡単に取り入れることができますよね

コーディネーターとして働き始めてまだ3か月ですが、
利用者の方や介助者の方、スタッフ同士の間でも、日々のコミュニケーションがとても大切だなぁといつも感じています
そんなコミュニケーションを支援するテクノロジー、今後も注目していきたいと思います



studio_il_bunkyo at 16:01コメント(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

昨日より今日、今日より明日!目指せうなぎ上り!!