わだつみ

好きなダイビングの事や乗ってるサーフの事、使っているMacの事等等。でも、その他の話題のが多いかも(笑)
話題のつまみ取りと海神とからタイトルを命名

<車と見る光〜FUJIFILMと巡るスポーツカーの旅〜>

 9/16に、六本木の東京ミッドタウンにあるフジフィルムスクエア ギャラリーXで行われている小林稔さんの写真展「車と見る光〜FUJIFILMと巡るスポーツカーの旅〜」に行ってきました。
>

 当日行われたトークショーにも参加しお話を聞いてきました。
 小林さんは撮る人、桐畑さんは編集する人、両方の話が聞けて面白かったです
 さすがプロのカメラマンと思ったのは、雨が降ってる中晴れ間が出て光がさして良いシーンになった時に、躊躇せずに100万するカメラ一式(しかも初おろし)を持って雨の中に出て撮影したエピソードですね。
 写真展では使われてない写真でしたが、フェラーリ488の屋根で踊る雨粒が光りを浴びて凄く良い写真でした。写真展にはそのちょっと後に撮影された写真が飾ってあったのですが、個人的には使われなかったほうのが好きです

 9/21まで開催されています。



ハイラックスのカタログが届きました

 いつもお世話になっているディーラーの営業君からハイラックスのカタログが届きました。

2017-09-19-23-07-19
image
2017-09-20-17-53-57
2017-09-20-17-52-01
2017-09-20-17-57-11
2017-09-20-17-52-35
2017-09-20-17-55-58
2017-09-20-17-54-55

 クルマの全景が入っているのが1枚程度と、その大きさを前面に出した感じです
 ヘッドライトやメーターパネルのページにはQRコードが付いていてトヨタのWebにアクセスすると店頭のしかたやメーターの感じが動画で見られるようになっていました



Crystal Caliburn II と Tristan とが64bit化!

 古いMacユーザーには懐かしい名前ですが、LittleWingからリリースされているiPhone/iPad用のピンボールゲームCrystal Caliburn IIとTristanとが64-bit versionとなりました!
 つまり、そう、iOS 11でも遊べるという事です

 前回のアップデートが2012年9月にiOS 6とiPhone 5の4-inch Retina displayに対応した時で、それ以降facebookページも更新が無かったので、今朝、facebookで更新の投稿を見た時はおもわず感嘆の声を上げてしまいました
 iPhone 6sにしてから、あまり遊んでなかったのですが、久しぶりに遊ぼうかと思います



Pinball Crystal Caliburn II
カテゴリ: ゲーム
価格: ¥480
Pinball Tristan
カテゴリ: ゲーム
価格: 240円

2気筒お仕事してませんでした

 7月終わりくらいからでしょうか、サーフのアイドリングが不安定になり、息継ぎするような症状が出ました。
 最初は走り出せば普通に走っていたのですが、先週あたりは高速道路で追い越し加速をかけると振動が出て明らかに加速していかなくなってしまいました。助手に乗っている妻にも振動がわかるくらいでした。
ただ、カラカラと言う音がしたりと言ったノッキングしているような感じではありませんでした。
 ハイラックスが出るだのプラドがマイナーチェンジするだの、という話をしていたので拗ねたか?なんて思ってはいたのですが、先日6ヶ月点検と一緒に見てもらいました。

 診断結果は2気筒プラグが着火してなかったそうです。(当初1気筒ダメと聞いていたのですが別件で確認してもらったら2気筒ダメだったそうです)
 いわゆる「2気筒死んでる」状態だったようです。
 輸入車みたいじゃん、ちょっとかっこいい♪と思ったのは内緒です
初めての経験だったのですが、何気筒か動いてないとこう言う症状が出るんですね。

 全気筒のプラグと、着火していなかった片バンク分のプラグコードを交換して完治しました。
 高速道路での追い越し加速での振動が大きかったのであまり気になっていませんでしたが、一般道での普通の加速もスムーズになっていて、そうか、これがちゃんとした状態なんだって改めて実感しました

 にしても、2気筒お仕事してなくても一般道は普通に走るあたりは、さすが5VZというところでしょうか。
 もっとも、3RZや1TRと比べると排気量に1気筒分の差があるので、そう考えると、2気筒お仕事してない状態で普通に走れても、まあ、不思議はないか、とは思います

 ミッションがNGで修理に20万円、とかって言われたらどうしようかってちょっとびくびくしていたのですが、そこまでいかずに完治してよかったです

ハイラックスが日本でも発売

 トヨタがピックアップトラックのハイラックスを日本でも発売すると発表しました。

hilx1709_06_s

 ハイラックスサーフユーザーとしては気になるクルマです
 2.4Lクリーンディーゼル、1ナンバー登録も可能な荷台を備えた全長5.3mのダブルキャブ、歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティとレーンディパーチャーアラート装備、と言ったところがトピックでしょうか。

 GW頃に出るらしいという話は聞いていたのですが、詳細はわからずでしたのでタイやヨーロッパで発売されているモデルの仕様を見ながら妄想していました。
 エンジンはプラドに載っている2.8Lディーゼル(1GD)がいいな、ダブルキャブながら全長5mに収まるショートデッキ版があるといいな、今時なら緊急ブレーキは付けるだろうから、そしたらクルーズコントロールは全車速追従機能付だよね、デッキに載せるキャノピーもオプションで出るといいな、etc,etc.
 また前日には「トヨタ自動車、ルート探索や施設検索の「ナビ機能」・「音声認識機能」を、利用状況に応じて自動的にクラウド処理と車載機処理を切り替える「ハイブリッド方式」の新技術を開発」というリリースが出ていて、
今秋以降、国内で発売される新型車のナビシステム(メーカーオプション)に順次展開していく。
 と載っていたのでハイラックスのナビは新型が載るかな?と思っていました。

 結局、タイやヨーロッパですでに販売しているクルマを日本の法規に合致させる最低限の処置だけして持ってきた感じで、日本仕様で新たに追加されたものは何もなかったですね
 せめてフロント左についている補助確認装置(2面鏡式)を外せるようにプラドで設定されているマルチテレインモニターが準備されるとか、予防安全はToyota Safety Sense Pになるとか、してくれたらよかったのですが…
 開発者へのインタビュー記事にも
正直なところ、今回のハイラックスは日本の排ガス規制に適合させたことを除いて、日本専用に開発したものではありません。
 と書かれていました

 唯一妄想が実現されたのはTRDから発売予定のキャノピーだけでした
hilx1709_06_s
 価格は36万円(税別)との事です。
 あと、この写真で装着しているオーバーフェンダーもかっこいいですね

 さて、サーフユーザーとしてこのクルマを後継として考えた場合ですが、
 まず、まだ注文はしていません(笑)
 さすがに全長5mを越える長さがネックですね。
 我が家の駐車場は全長5mまでしか止められないので駐車場探しをしないと車庫証明が取れないのでナンバー登録ができません。
 それをおしても有り余るように魅力があれば、今日明日にでもディーラーへ電話していたと思うのが、残念ながら上に書いたような状況です。
 とはいえ、気になるクルマですので実車は見に行こうと思います。
 店頭発表会は10月21日(土)、22日(日)との事です。
 通常なら発表の翌週の週末あたりなのですが、1か月以上間が空くというのはちょっと遅いですね。
 その間に何か、また、嬉しいアナウンスでもあるといいのですが

 ところで、トヨタのプレスリリースに
 ハイラックスの日本市場への導入にあたり、開発責任者である前田昌彦チーフエンジニアは、「日本国内では2004年に販売を終了しましたが、主に作業で使用する保有者が現在もなお約9,000名いらして、復活して欲しいという声を多くいただきました。まず、このようなお客様にしっかりとお届けしたい」と語った。
 とあります。
 え?9000人程度の声で復活してくれるんですか?
 サーフを復活して欲しいというのも無理な相談ではないですよね?
 万の単位でそういう声はあると思いますので。
 トヨタさん、是非

 前回の70ランドクルーザーの時にはATがなく、今回のハイラックスは全長が5mをこえるという、まさに帯に短し襷に長し。
 トヨタの考える方向と合わないんでしょうかねえ。



市販車最速ラップの称号はなかなか手に入れられない

 先月の頭に、ニュルブルクリンクでの市販車最速ラップの称号を取り戻せなかった2台のDodge Viper ACR Extreamですが、再度チャレンジをしました。

 占有走行できて天気も悪くなかったのですが、残念ながらタイムは7分01秒03と市販車最速の称号は奪還できませんでした。
 YouTubeにアタックの車載カメラの映像が載っています。

 プロジェクトの主催者によると、この時transmissionsにトラブルを抱えていたようで、それが無ければ7分を切って6分57秒台辺りまで行けただろう、との事です。
 メーカーのトライであればトランスミッションを交換して再度チャンレジするのでしょうが、予算も時間も限られたプライベーターでのトライですのでそうもいかず。
 残念ながら予算と時間とが尽きたとの事で今回のトライは終了となりました。

 でも、自分が好きなクルマが、こう言う事ができるだけ世界中で愛されていると言うのは誇らしいですね



橘丸でSUPERGTをニコ生で観戦

 この週末は、御蔵島へイルカと遊びに行くのとSUPERGT第6戦とが重なってしまったので、SUPERGTはネット中継で観戦しました。

 土曜日の予選の時間は午後のイルカの時間だったので生では見られませんでしたが、日曜日は御蔵島の出航が12:35とほぼレース開始時刻でしたので橘丸の上でニコ生で観戦しました。

 とはいえ、洋上を進む船ですので、寄港するために島に近づいた時と、東京湾へ入ってからしかdocomoとはいえ電波は届かないので、二度ほど見られない時間帯がありました。(ちょうどその見られない間にセーフティーカーが出ていたようです)

 御蔵島を出港した後、三宅島まではdocomoの電波は途切れずに届きました。
 三宅島の電波域を出てると、さすがに完全に太平洋上になるのでどこからも電波は届きません。
 この時期、橘丸は伊豆大島を経由しますので、伊豆大島に近づくとまた電波が届きました。
 ただ、今回は伊豆大島のエリアでもLTEではなく3Gでの接続でした。
 その後、伊豆大島のエリアを出てしまうと浦賀水道で東京湾へ入るまでは圏外になってしまいました。

 今回、御蔵島を出て三宅島までの間に、S ROAD MOLA GT-Rがリアウイングを破損してガレージへ入ってしまったので、伊豆大島まで2時間ほどはあまりドキドキせずにお昼寝をしていました
 これがトップに立ったKEIHIN NSXだったら、結構ドキドキだったかもしれません。
 もっとも、見れないなら仕方がない、トップ快走を祈ろう、といずれにせよお昼寝してたでしょうけどね

 伊豆大島では23号車がドライブスルーペナルティーの為にピットインするあたりの30分ほどが見られました。
 そこからまた1時間ほどは圏外で、17:30頃三浦半島沖で繋がった時にはRYBIRG NSXとDENSO LC500との3番手表彰台をかけたバトルが始まったあたりでした。
 この時MOTUL GT-Rが2位にあがっていて、え?え?さっき12番手だったかに落ちてたじゃん(驚、とちょっとびっくりました。
 その後、東京湾へ入った後はゴールまで途切れることなくみられました。

 今回2等席で帰ってきて席は第3甲板でした。
 行も同じく第3甲板の2等席で、出港時に東京湾にいるとギリギリ電波は届いていたので、帰りも自席で見られるかな?と思ったのですが、さすがに島の近くでは厳しく、屋外になる第5甲板後ろのデッキで見ていました。
 橘丸は船内にFree WiFiも飛んでいますが、東海汽船のリリースによると
●Wi-Fiは陸上からの電波を拾うため、海上においては電波状況が悪い場合、ご利用いただけないことがございます。
 と、バックボーンは携帯網でいわゆる無線ルーターと同じ様ですし、WiFiはたくさんの人が使っているでしょうから通信が途切れる時になりますし、 20GBのパケットパックに入っているのでギガが減る事をそれほど気にする事もないので、WiFiは切ってLTE/3Gで通信しました。
 当日のパケット使用量をチェックしたところ、帰ってくる日合計で600MB程の使用量でした。
 島の沿岸部では3Gの事も多かったからのと、6時間のレースで途中3時間ほどは圏外だった事を考えると、全部観戦するには1.5GB程のパケット量になりそうですね。(LTEで接続できると通信レートも上がって2GBを超える可能性もありそうです)




10年ぶりの勝利

 SUPERGT 第6戦鈴鹿1000kmレースでEpson Modulo NSXが優勝しました♪
 NAKAJIMA RACING/ダンロップタイヤとしては2007年の最終戦富士以来の10年ぶりの優勝だったそうです。
 2位にはMOTUL AUTECH GT-R、3位にはRAYBRIG NSX-GTが入りました。
 おめでとうございます♪

 300クラスはLEON CVSTOS AMGが優勝しました。
 2位にはマネパ ランボルギーニ GT3、3位にはショップチャンネル ランボルギーニ GT3とランボルギーニ2台が入りました。
 ショップチャンネルランボルギーニの細川慎弥選手はずいぶん久しぶりの表彰台ですね。

 S ROAD MOLA GT-Rは、序盤にヘアピンの立ち上がりでフォーラムエンジニアリング GT-R、WedsSport LC500と3ワイドになった際に、コース左へ押し出される形でコースオフ→マシンの左サイドがスポンジバリアに接触→リアウイングを破損→脱落、となり、その修復のためにピットにマシンを入れていたので14周遅れの14位でした。
 生で見ていたのですが、あれは、まあ、仕方ないかなあ、という感じです。タラレバを言えば、まだ15周目と長丁場は始まったばかりでしたので千代選手がアクセルを抜いてコースオフを防いでいれば…とも言えますが、行けそうならガンガン攻めてほしいという部分もありますから、仕方ないですね

 初音ミクAMGは終盤タイヤがバーストしてしまい5ラップ遅れの19位でした。

 という結果で最後の鈴鹿1000kmは終わりました。
 鈴鹿戦を終えてNISSAN GT-Rだけがまだ無冠という例年にない状況になっています。
 とはいえ、MOTUL AUTECH GT-Rがコツコツとポイントを積み重ねシリーズランキングではトップに立ちました。
 SUPERGTの女神様は無冠のシリーズチャンピオンはあまり好きではないようですので、さてどうなりますでしょうか。

 次戦はタイです。
 マシンの輸送のために少し間が空いて10/7-8の開催です。



イルカと遊んできました♪

 6月末に御蔵島へ行った際に
また行こうと思います
 と最後に書きましたが、また行ってきました
 今年2度目の御蔵島です。

 夏休み最後の週末とあって橘丸の2等席は行も帰りも満席で、席なし券で乗船されている方も結構いらっしゃいました。

 土曜日の朝一番に海に入った時に透明度が悪くて「まじか?!向こうにかすかに見える程度じゃん」って思いましたが、その後に入った場所ではそこまでではなく、イルカにも会えて遊んでくれました
 もっとも、6月と比較すると、2か月の間にいろんな人間を見てきたからか、波が結構高くて波乗りのが楽しかったのか、深い場所を通り過ぎてしまったり、付いて来れるなら付いてきてみろよ〜、と一瞥くれて深く行ってしまったりと、6月の時程遊んで遊んでモードではなかったですね。

 という事で、写真は御蔵荘から見たきれいに沈む夕日と御蔵荘のおいしい御飯です
2017-08-26-17-56-43
2017-08-26-18-00-17
2017-08-26-18-01-50

 日曜日は、今回は海も穏やかでしたので昼便で無事乗る事が出来ました。
午前中はタンテイロの森へ行ったり、湧水を組みに行ったり、島内をお散歩して過ごしました。
2017-08-27-09-59-21


 日曜日の午前中にイルカへ行った人によると、黒潮が入って透明度/水温共に一気に回復した、との事でしたので、しばらくは状況が良い状態が続くかもしれません。

 次は、来年、かな?
 また行こうと思います

ビデオライトのアームをフレキシブルライトアームに変えました

 HDR-PJ800用のハウジングに付けているビデオライト用のアームをSea & Seaのフレキシブルライトアームに変えました
2017-08-23-00-20-24

 今までビデオライトのアームはこの記事で書いた様にアテナ光央のATPF mini ARMを使ってきました。
image
 しかし、これだとアームがハウジング正面に対して斜めになっているのでライトの角度を思った方向に向けるのが厳しいことが多々ありました。

 Sea&Seaのフレキシブルライトアームはステーとグリップを買った時には持っていたのですが、あの時書いたようにINONのグリップに空いているネジ穴がM6のため、アームを接続するためのブラケットシューを付ける事が出来ず使えませんでした。

 ただ、やはりライトの向きの自由度が無いのは厳しいなあ、ブラケットシューは3つくらい手元にあるから思い切って穴を広げてみるか、と思いたち、まずは工具を買うのに素材の確認をと金属加工をしている知人に相談したところ、やってあげようか?、と言ってくれたのでお願いしちゃいました

 ということでブラケットシューが無事つき、フレキシブルアームが使えるようになりました
2017-08-23-00-21-20

 またビデオライトもi-TORCH Video Pro 2から以前使っていたSea&SeaのLX-15に戻しました。
 実はビデオカメラをHDR-PJ800に変えてから、ビデオライトを点けてもPC-101kの時に比べて映像がイマイチ明るくなっている感じがしなくて、光量の大きなライトにしようかなあ、と漠然と思っていました。
 RGBlueのライトシステムが良いよ、という話を聞いて、心動いたのですが、それなりにお値段が張るので、手を出せないままになっていました。
 そんな折、GWに福井に行った際に、ナイトダイビングでホタルイカを見るという事で補助用としてLX-15を持って行ったので、両者で撮り比べてみたところ、LX-15で照らしたほうが良い感じに撮れたのです。
 i-TORCH Video Pro 2を購入した時はビデオカメラがminiDVのPC-101kでしたので使用感としても結構いい感じだったのですが、HDR-PJ800とではうまく合わなくなっていたのでしょうね。
 スペックとしては共に照射角は70°と同じなのですが、LEDライトは周辺でスパッと明るさが変わりますがハロゲンランプは緩やかに明るさが変わっていくので、そういった特性の違いや、LEDとハロゲンランプとの色温度の違い、等によるものかしれません。
 実は先月の西表石垣島やお盆の西伊豆へも、GWに感じた思いが正しかったのかを確認する意味も兼ねてLX-15を持って行っていったところ、やはりLX-15の灯りのが良い感じに撮れたので、アームと一緒にライトも変更しました。
 i-TORCH Video Pro 2もLX-15と同じYSマウントですので、フレキシブルアームにも取り付けることもできるので、いつでも好きなほうを使えるのですけどね。



Twitter
おすすめミュージック
おすすめアプリ
Pinball Crystal Caliburn II
カテゴリ: ゲーム
価格: ¥350
Real Racing 2 HD
カテゴリ: ゲーム
価格: 625円
Pinball Tristan
カテゴリ: ゲーム
価格: 170円
Call of Atlantis (Premium)
カテゴリ: ゲーム
価格: 250円
Call of Atlantis HD (Premium)
カテゴリ: ゲーム
価格: 450円
Around the World in 80 Days: The Game (Premium)
カテゴリ: ゲーム
価格: 450円
7 Wonders: Magical Mystery Tour
カテゴリ: ゲーム
価格: ¥250
ValueCommerce
あし@
記事検索
訪問者数

Recent Comments
Archives
HomePage
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ