わだつみ

好きなダイビングの事や乗ってるサーフの事、使っているMacの事等等。でも、その他の話題のが多いかも(笑)
話題のつまみ取りと海神とからタイトルを命名

Trans Am Series第3戦CLASSIC TUBE 100 AT WATKINS GLENでViperが2位3位

 Trans Am Series第3戦CLASSIC TUBE 100 AT WATKINS GLENで、今季は今回から参戦のLux Performance GroupのCindi Lux選手/Steve Streimer選手の駆る45号車/42号車Dodge Viper ACRXが2位3位表彰台でした
 84号車Lee Saunders選手はお休みでした。
 予選はウエットからドライとコンディションが目まぐるしく変わる中(時より雪も舞ったようです)行われクラス7番手6番手、決勝はドライでのコンディションでライバルを追いあげての表彰台でした。
<追記>
 Lux Performanceのレポートによると、予選では電気系統のトラブルでパワーが全然でなかったようです。それこそリストリクターがあってもなくても同じくらいに出なかったようです
 また、決勝でも最終ラップの頃には雪がフロントガラスをたたくくらいに降ったようで、ライバルを追い上げて、というよりもライバルが脱落していく中頑張ってコースにとどまって、という感じだったようです。
</追記>

 優勝はTA5クラスからスイッチした47号車 BMW M3を駆るMark Boden選手でした。
 おめでとうございます♪

 次戦は6/3-5でデトロイトでThe Motor City 100です。






SRT VIPER GTS-RがFor Sale !?

 2012年から2014年までAmerican Le Mans SeriesのGTEクラス/ TUDOR United Sports Car SeriesのGTLMクラスに参戦し、2013年にはLe Mans 24時間のLMGTE Proにも出場した91号車SRT VIPER GTS-Rが売りに出ているようです。

 現在SRT VIPER GTS-RはヒューストンにあるViperExchange社にあるようですが、Viper Exchange社のFacebookページにFor Saleとして投稿されていました。
 ファンとしては手に入れる事が可能であるならば欲しい一台ですね
 とはいえ、実際にこのマシンでレースに参戦するとなると、メンテナンスなどなどアメリカ国外では難しい部分もあるでしょうし、動態保存するとしてもアメリカ国外へ出すことを関係者のみなさんが望まないかもしれませんね。
 下世話な話をすればGTS-Rは生粋のレーシングカーですので、中古車とはいえ億単位の値段にはなるのでしょうね。(ちなみにSRT Viper GT3-Rの新車がベースで$459,000という事でした)

 素敵な安住の地が見つかることを祈ります。



F-02Gのバッテリーが膨らんでしまいました

 久しぶりにF-02Gを動かそうと思い、充電したところ、バッテリーが膨らんでしまいました
2016-02-21-15-28-54
2016-02-21-15-29-182016-02-22-08-57-21

 ドコモショップへ行ってバッテリーの交換にいくらかかるか聞いたところ、
バッテリーだけなら7000円弱ですが、膨らんだことによって液晶にゆがみがでていたりすると、それも修理が必要になるかもしれません
 との事でした。
 この端末にそこまでのお金をかける理由が今は無いので、そのまま帰ってきました。

 おそらく、このままお蔵入りの可能性は高そうです。



初めての日本海ダイビングは能登島

2016-05-04-10-11-32

 GWは石川県の能登島へ行ってきました。
 今まで日本海では潜ったことが無かったので初めての日本海でのダイビングとなりました

 低気圧から延びる前線の影響で日本全国で吹き荒れた暴風の影響は能登島でも同じで、残念ながらボートダイビングはできませんでしたが、ビーチで4本潜ってきました。
 ビーチは松島オートキャンプ場前の海で、夏には松島海水浴場となる場所です。
2016-05-04-12-11-07
 初日は沖へ出ると流されてしまう危険があるという事で、沖へは出なかったので最大水深2.4mでした
 風は強かったですが、快晴だったので、浅い水深には日の光がさんさんと降り注ぎ、アマモの草原やホンダワラの森がかなりきれいでした。
2016-05-04-10-11-32

 特にアマモの雄しべに光合成で出来た酸素の泡が乗っているのはきれいでしたね
2016-05-04-11-51-03

 リーフィーシードラゴン、はこんな感じなんでしょうか。はい、ホンダワラの切れ端です
2016-05-04-10-24-29

 二日目は沖へ出ても大丈夫そうだという事で、沖の砂地まで行きました。
 最大水深6m、快晴の下の砂地、とほぼ沖縄の浅瀬のような感じでした
2016-05-05-09-44-17
 もっとも、水温は10℃ほどしかありませんでしたが

 ふとみあげるとオワンクラゲが漂っていて、それもまた幻想的でした。
2016-05-05-09-51-22

 二本目は浅瀬のアマモの草原で前日見られなかったシャンデリアクラゲとジュウモンジクラゲを探しました。
 ジュウモンジクラゲは見つけられました
 ハウジングが曇ってしまったので見辛らくてごめんなさい。
2016-05-05-11-25-02
 シャンデリアクラゲは残念ながら会えませんでした。
 その代わり?タツノオトシゴがいました。
 アマモに捉まるわけでもなく漂っていました
2016-05-05-11-35-12

 能登島と言えばイルカウォッチングもやっています。
 予定ではダイビング初日のお昼からいくはずだったのですが、こちらも強風で断念しました。
 ぽっかり時間が空いたので、のとしま水族館でも行こうか、という事になり、コンビニへ割引券を買いに行ったところ5/4は「夜の水族館」をやってるとポスターが出ていたので、晩御飯を食べてから行ってきました。
2016-05-04-19-32-32

 10m程のジンベイ2匹がお出迎えしてくれました。
2016-05-04-19-40-52
 夜の時間でもイルカショーがあったので海ではイルカを見に行けませんでしたが、水族館で会えました。
2016-05-04-20-20-56
 でも一番のヒットは何気に、もうおねむになってしまったコツメカワウソの寝ている姿がワンコが寝てるようで可愛かった事な気がします

 そのほか、スナップ的に。
 新穂高ロープウエイのしらかば駅にあるパン屋さんが美味しい、ということで、朝ご飯を買いに行った時に、穂高連峰が雪をかぶって雄大な感じでした。
2016-05-03-08-41-19

 往復松本を経由したので
 朝日を浴びる松本城(行き)とライトアップされる松本城(帰り)
2016-05-03-06-22-03

2016-05-05-20-31-16

 金沢の回転すしで食べた、のどぐろ(左上)、がすえび(右上手前)、カワハギwith肝(下)。
 美味しかったです
2016-05-03-13-48-03

 海沿いの砂浜をクルマで走る事の出来る千里浜なぎさドライブウェイ
2016-05-03-14-52-13
 調子に乗って結構波打際近くに止めたら、やっぱり(笑)
2016-05-03-14-53-26

 今回泊まったスニーカーの宿
 一軒家の自炊の宿です。建物の左下、手前の看板の奥の白い壁のところで屋内でBBQもできます。
2016-05-03-17-17-44
 お母さんが良い人なんですが、おしゃべり好きで、捕まると…(笑)
 漫画家の山田穣さんは息子さんだそうです。

 帰りの夕食は松本の「もとき」でおそばを食べてきました。
2016-05-05-20-03-16
 皮を取ってから挽いたおそばは美味しかったです
 どんぶりとのセットものは、おそばを美味しく食べてほしい、との思いから、まずおそばが出てきて、丼はしばらくしてから出てきました。

 初めての日本海でのダイビングは風にやられてしまった感は強いけど、快晴だったので日差しの入ったビーチは癒し感満点で楽しかった。
 ボートダイビングとシャンデリアクラゲに会いにまた行かなくちゃね

SUPERGT第2戦富士500km

 SUPERGT第2戦フジ500kmレースが行われました。

 悔し〜!
 S Road CRAFTSPORTS GT-Rは予選では千代選手がまた魅せてくれてQ1をコースレコードを更新するタイムで見事トップで通過しました。Q2でも本山選手が見事な走りで2番手を獲得し、フロントローからのスタートでした。(千代選手のタイムはQ2で更新されませんでしたので現時点で千代選手がコースレコードホルダーです)
 決勝レースでは序盤本山選手が立川選手の駆る38号車に一度は抜かれましたが抜き返し、千代選手に交代しました。石浦選手の駆る38号車にまた先行されてしまいましたが千代選手が抜き返して、というレースをしていたのですが、72周目、そろそろルーティーンのピットというタイミングで、セーフティーカーが出てしまいました。
 今年からセーフティーカーが出ている間はピット禁止というルールに変更になったのですが、S Road CRAFTSPORTS GT-Rは燃料が足りなくなるという事で、ペナルティーを承知でピットインしました。
 このピットインへのペナルティーが90秒のピットストップという裁定が出され10位に沈んでしまいました。
 それでも本山選手ががんばって、なんとか7位ポイント圏内でゴールしました。
 うーん、悔しいです。

 優勝はMOTUL AUTECH GT-R、2位はDENSO KOBELCO SARD RC F、3位はKeePer TOM'S RC Fでした。
 おめでとうございます。

 300クラスの初音ミクAMGはタイヤがマッチしなかったようで18位での完走と下位に沈んでしまいました。
 優勝はB-MAX NDDP GT-R、2位はNo.55 ARTA BMW M6、3位はVivaC 86 MCでした。
 おめでとうございます。

 次は、次戦として予定されていたオートポリスの中止が発表されたので、7月23-24日の菅生戦となります。
 次は表彰台をゲットできますように(祈



WetherTech United SportsCar Championship 第4戦 Continental TIre Monterey Grand Prix Powered By Mazda

 第3戦はGTDクラスはお休みだったので、ちょっと間が空きましたが、カリフォルニア州MontereyのLaguna Secaで行われたWetherTech United SportsCar Championship 第4戦 Continental Tire Monterey Grand Prix Powered By Mazdaで33号車VIPER GT3-Rは6位、80号車VIPER GT3-Rは14位で完走という結果でした。
 33号車は予選12番手から6つ順位をあげてのゴールでした。
13072783_1348415241852362_1136411879623088255_o

 優勝は23号車Porsche 911 GT3 R、2位は63号車Ferrari 488 GT3、3位は007号車Aston Martin Vantage GT3でした。おめでとうございます

 決勝レースの時間が日本時間の朝8時頃だったのでちょっと見ていました。
12
 33号車はコークスクリューを下った後の左下りコーナー(Turn9)でちょっと置いて行かれる感じがありましたが、1周回ってくるとまた同じ感じでしたので、このコーナーは不得手だったのでしょうね。
 その時には33号車は12位を走っていたので、その後のピットストップか何かで6位に浮上したのでしょうかね。→やはりピットストップで浮上したそうです by team 公式レポート
 6位に浮上した時のPitStopがIMSA公式 Facebookに動画で載っていました。

 80号車は残念ながらLive映像では見られませんでした
 その代り?ではないのですが、IMSAのfacebookページに投稿された動画には結構映ってました
 Teamの公式レポートによるとDan選手はLaguna Secaを走るのは初めてだったんだそうです。慣れるというのは時間が足らなかったそうですが、レース中に自己ベストを出していたようなので、だんだん慣れたということでしょうね

 今回GTDクラスは
  1. No. 23 Heart of Racing Porsche 911 GT3 R
  2. No. 63 Scuderia Corsa Ferrari 488 GT3
  3. No. 007 LaSalle Solutions Aston Martin Vantage GT3
  4. No. 6 Stevenson Automotive Group Audi R8 LMS GT3
  5. No. 96 Spectra Resources / United Steel / Valspar Paint / IHG Rewards Club BMW M6 GT3
  6. No. 33 ViperExchange.com/Gas Monkey Garage Dodge Viper GT3-R
  7. No. 48 Castrol / Universal Industrial Sales Lamborghini Huracan GT3
 という結果だったのですが、見てわかるように7台全部違うメーカーです。
 GTDクラスには7つのメーカーのクルマが参戦しているので、全メーカーで7位までを1台づつ、という面白いレース結果になりました

 GTLMクラスではFORD GTが初優勝しました。おめでとうございます

 次戦は6月3-4日にミシガン州DetroitのBelle Isle Parkを使った市街地コースで行われるChevrolet Sports Car Classic presented by Metro Detroit Chevy Dealersです。
 Dan選手の80号車は出場を予定していませんが、33号車が表彰台をゲットできます様に(祈



IMSA WeatherTech Sports Car Championshipに出場しているコルベットレーシングのC7.R 3号車、に仮装したZ06に乗ってきました♪

 こいつに試乗してきました
2016-04-24-12-15-14
2016-04-24-12-32-24

 IMSA WeatherTech Sports Car Championshipに出場しているコルベットレーシングのC7.R 3号車。



 に、そっくりにしたコルベット Z06です

 何が凄いって、まわりの注目度です
 左ハンドルなのでたまにしか見えませんでしたが、すれ違うクルマのドライバーの視線が確実にこっちをみてましたね
 そりゃそうですよね、ほぼレーシングカーな出で立ちのクルマが走って行くんですからね

 このクルマは7速マニュアルの左ハンドルでした。
 マニュアル車はたまに友人のとかを運転することがありますが、左ハンドル、つまり右手でシフトチェンジするのは初めてでした。マニュアルに乗りなれていないのが幸いしたのか、シフトを左手でやっちゃいそうにはなる、という事はありませんでした

 試乗コースはこんな感じでした。

(反時計回りのコースです)

 朝まで雨が降ってたので、トラクションコントロールはWeatherモードでした。
 踏めるような状況でもありませんでしたので、その爆発的な加速力を体感することはできませんでしたが、上の地図で黄色い☆印のところは上りでヘアピンなのですが、ここを4速に入れたままを何事もなく駆け上がったのは、流石89.8kg-mのトルクを誇るスーパーチャージドな6.2L V8エンジンの本領発揮といった感じでした
 MTでしたが、1速のクラッチミートを少し気をつければ、あとは上に書いたぶっといトルクがなんとかしてくれる感じでしたし、乗り心地も至って普通で、特に硬いとかという感じはしませんでしたので、普段使いもできそうな感じでした。
 とはいえ、仮に手元に置くのなら、8速ATのが気軽かなあ、とは思います。
 今回試乗車としてもう一台8速ATのコンバーチブルも用意されていました。
2016-04-24-12-31-39
 前日は天気が良かったので、屋根を開けての試乗をしていたそうです。
 レーシーな外装とオープンと。
 どちらにせよ視線を集める事に変わりはありません。
 朝まで雨が降っていたおかげで、どちらにするか悩まなくてすんだようです

 そうそう、 今井 優杏 さんがautocONEで書いていたZ51のインプレッションの最後のおちはZ06でも同じでした
 同乗した担当者の人の説明聞くまで、このおちを忘れてたのは内緒です

 今回の試乗は、シボレーが行っているシボレー コルベット ドライビングエクスペリエンスツアーが近くのディーラーで開催されていたので行ってきました。
 ショールームに入ると今回のイベント専用の大きなディスプレイがあり、
2016-04-24-12-04-45
 その裏にはドライビングシミュレーターがありました。
2016-04-24-11-52-43

 まずシミュレーターを体験して、そのあと試乗という流れでした。
 シミュレーターはレーシングドライバーも練習に使うもので、車高だとかサスペンションのセッティングだとか、いろいろ細かく設定することができるものでした。
 今回は現役プロドライバーの古賀琢麻選手がいらして、デモ走行やブレーキのタイミング・何速をセレクトするか?などサポートしていただけました。
 シミュレーターのコースは富士スピードウエイが設定されていて、ピットから出て、コースインして走行するという流れで、他にも何台かコルベットが走っていて、ぶつかってスピンしたりもしてしまいましたが、3周くらい走れました。
 終わった後で古賀選手に「上手ですね。サーキット走ったりグランツーリスモをやったりしたことあります?」と聞かれました。同乗走行をした事はあるけど、自分の運転で走ったりグランツーリスモをやったことは無いのですが、古賀選手曰く「アクセルの待ち方が上手です。けっこうみなさんスイッチみたいにガツンって踏んじゃってスピンしちゃうんですよ」と褒めていただきました
 実車では誰もそんなことはしないと思うのですが、やっぱりシミュレーターだとゲーム感覚でやってしまうのでしょうかね。
 でも、褒めてもらったので調子に乗りそうです(笑)

 シミュレーターの奥にはZ06も展示されていました。
2016-04-24-11-58-37
2016-04-24-11-22-13
2016-04-24-11-57-44

 
 IMSA WeatherTech Sports Car Championshipに出場しているコルベットレーシングのC7.R 3号車に仮装した試乗車の写真をいろんな角度から撮ってきました。

2016-04-24-12-33-00
2016-04-24-12-33-44
2016-04-24-12-34-00
2016-04-24-12-33-11
2016-04-24-12-32-37
2016-04-24-12-33-29
残念ながら屋根にドライバーの名前は入っていませんでした


 そういえば、申込書にメールアドレスを書いたのですが、「VIPERがお好きなんですか?」とメールアドレスを見て聞かれました。
 メールアドレスから、それを言われたのは初めてだったので、わかってくれる人がいたのはちょっとびっくり&嬉しかったです




TUNEWEAR TUNEGLAZZ for iPhone 6s/6

 誕生日プレゼントとして友人にTUNEWEAR TUNEGLAZZ for iPhone 6s/6を買ってもらいました。
2016-04-18-00-57-11

 Simplismの「[FLEX 3D] 3D Frame Glass Protector for iPhone 6s/6 Crystal Clear」を発売直後に購入して使い始めましたが、直後にやってしまって画面中央に傷をつけてしまったのと、使っているとどうも隅っこが見辛く、よく見るとフレームが画面に少しかかっています。
 Angry Bird Seasonsだとそれがよくわかります。
image
 確かに少し上の写真での下方向に寄ってはいますが、それでも左下の写真でボタンの周りに寄っているというほどの余裕はありません。
 また、購入した時
画面左端を押してアプリ切り替え画面を出したり、通知センターやコントロールセンターを表示する際に画面端からスワイプしたり、と言った時に、この強化プラスチックの淵に指があたるようにして操作するとスムーズに行える感じです
 と書きましたが、最近数回やらないと通知センターやコントロールセンターが出てきません。一番隅からスワイプしているのをきちんと認識していない感じです。

 ということで、Eggshellを使っている事もあり、フルカバータイプはやめてTUNEWEAR TUNEGLAZZ for iPhone 6s/6にしてみました。

 画面の四隅もしっかり見えるようになりました
image

 もっとも、よーくみると、フィルムが画面より少し小さいのですけどね
image
 フォーカルポイントさんに問い合わせたところ、製品として仕様の範囲内という事でした。

 今度は長く使えます様に(祈



Dan Knox選手がViper GT3-RでWeatherTech SportsCar Championshipに参戦♪

 Lone Star RacingがDan Knox選手とMike Skeen選手のドライブでIMSA WeatherTech SportsCar ChampionshipのGTDクラスに出場すると発表されました
 マシンはもちろんDodge Viper GT3-Rです
 ゼッケンはNo. 80です。

 次の週末に行われる次戦Continental Tire Grand Prix at Mazda Raceway Laguna Secaから出場し、8月5-7日のContinental Tire Road Race Showcase at Road America、8月26-28日のOak Tree Grand Prix at VIR 、そして9月15-17日のLone Star Le Mans at COTA (Circuit of The Americas)に出場する予定との事です。

 この4つを選んだ理由は、サーキットがオールラウンドな性能を要求されることと、スプリントレースとして名が通っていること、との事です。
 小さなレースチームですのでDAYTONAなど長丁場のレースに出場するのは無理があるが、2時間半ほどのスプリントレースなら大丈夫、という事だそうです。
 昨年、第10戦のLone Star Le Mans at COTAのレースに出た時はかなりの機材や知恵をRiley Motorsportsから援助してもらったようですが、今年は自分たちの機材が結構準備できたようです。
 とはいえ、すべてが賄えるわけではないようですが、幸運なことにRiley MotorsportsやDodgeにスタッフやテクニカルな援助をしてもらえるそうです

 今年はPirelli World Challengeへの参戦はせずこちらに注力という事なのでしょうね。

 という事で、次戦のWeatherTech SportsCar Championshipでは2台のViperの雄姿が見らそうです
 今月頭にRoad AtrantaでRiley Motorsports No. 33 Dodge Viper GT3-Rがテストを行った時も一緒に走っていたそうで、調子は上々のようです



Tim Pappas選手の駆るNo. 54 Black Swan Racing Dodge Viper GT3-Rが2位表彰台♪

 Pirelli world Challenge 第3戦Grand Prix of Long BeachでTim Pappas選手の駆るNo. 54 Black Swan Racing Dodge Viper GT3-Rが2位表彰台をゲットしました♪
 予選クラス3番手/総合18番手スタートでしたが、一つ順位を上げてクラス2位でのフィニッシュでした♪

 今年のTim Pappas選手の駆るNo. 54 Black Swan Racing Dodge Viper GT3-Rはこんな感じなんですね。

 コースを疾走している姿はこちらです
image
image
(公式サイトのPHOTO GALLERIESより引用)

 次戦は次の週末4/22-24にアラバマ州BirminghamのBarber Motorsports Park で行われますが、今日時点ではEntry ListにTim選手の名前は記載されていません。




Twitter
おすすめミュージック
おすすめアプリ
Pinball Crystal Caliburn II
カテゴリ: ゲーム
価格: ¥350
Real Racing 2 HD
カテゴリ: ゲーム
価格: 625円
Pinball Tristan
カテゴリ: ゲーム
価格: 170円
Call of Atlantis (Premium)
カテゴリ: ゲーム
価格: 250円
Call of Atlantis HD (Premium)
カテゴリ: ゲーム
価格: 450円
Around the World in 80 Days: The Game (Premium)
カテゴリ: ゲーム
価格: 450円
7 Wonders: Magical Mystery Tour
カテゴリ: ゲーム
価格: ¥250
ValueCommerce
あし@
記事検索
訪問者数

Recent Comments
Archives
HomePage
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ