わだつみ

好きなダイビングの事や乗ってるサーフの事、使っているMacの事等等。でも、その他の話題のが多いかも(笑)
話題のつまみ取りと海神とからタイトルを命名

Logicool Wireless keyboard K275を導入

 職場のノートPCが薄型になったので外部キーボードを導入しました。
IMG_8590
 LogicoolのK275です。
 Logicool社のUnifyingを使って以前Logicool社のイベントで頂いたワイヤレスマウスM331と共に一つのレシーバーで使っています。

 実はM331をもらった時にパッケージにUnifyingのロゴがなかったのでUnifyingには対応していないと思っていました。
 そのため、Bluetooth以外のワイヤレスキーボードだとマウス用のレシーバーに加えてキーボード用のレシーバーも付けないといけないのでUSBポートが2つ埋まってしまいます。
 やっぱりBluetoothかなあ。もしくはマウスごと変えようかなあ、と思っていろいろ物色していたところ、M331が本体はUnifyingに対応しているが付属のレシーバーが対応していないだけ、という情報を見つけ、改めて取扱説明書を読んでみたところ、そのとおりの情報が書いてあったので、このキーボードに決めました

 職場の机での入力は快適になりました



プラドFirst Impression

 プラドがきて1週間ほど経ちましたのでFirst Impressionです。

 まず、進路変更時にウインカーを出したかどうかに異常に厳しい教官、ことレーンデパーチャーアラートは真っ先にオフにされました(笑)
 理由はアラートが音である事ですね。
 先日岡山で利用したAクラスのようにハンドルの振動であればまだそのまま使っていたと思いますが、音はドライバーのみならず同乗者全員に聞こえてしまいます。
 以前ハリアーに試乗した際にもあったのですが、残念ながら教官は完璧ではなく怒らなくて良い場面でもアラームを鳴らしてしまう為、同乗者に不要な心配をかけてしまうのでオフにされました。

 エンジン音は思っていたより静かですね。
 もちろん、サーフの時と比べれば音は大きめですが、エンジンの動いている感のある音で嫌な感じはありません。
 個人的にはむしろハイブリッド車の、あのカーンというインバータが発する音のが嫌ですね。

 パワー感は、まあ、こんなもんでしょう。
 1GDエンジンはサーフの5VZエンジンよりトルクがあるとはいえ、車体重量がサーフより500kgほど重いですからね。
 高速でのアクセルを踏んだ際の加速レスポンスも、もう少し早くシフトダウンしてくれても良いかな?と思いますが、まあ、悪くはないです。

 ブレーキの効きは、サーフと比べて可もなく不可もなく、まずまずと言う感じですね。

 サスペンスはちょっと柔らかいかな?と言う感じです。
 ふわふわしすぎて酔いそうとまではいきませんが、ブレーキング時のフロントダイブが少し大きいように感じます。
 コーナリング時のロールはそれほどでも無いのでほんとにきもーち柔らかいかな?という感じです。
 もっとも、サーフはコイルを交換していたので純正だとこんな感じだったのかもしれません。

 クルーズコントロールはなかなか便利ですね。
 ただ首都高速で使うとカーブに減速せずに入って行くのでちょっと怖い感じはします
 前走車を検知して減速を始めるタイミングはまずまずですね。
 ただ車間距離は高速道路ではまずまずですが、バイパスのような場所ではちょっと大きい目ですね。
 車間を詰める事も可能ですが、まだ試していません。

 ブランドスポットモニターは特に夜に役に立ちますね。暗い場所で暗い色の車はやはり見辛いのでアラートが出るのはありがたいですね。
 ちなみにブラインドスポットに車両がいればアラートが出るので追い越しされる場合のみならず、自分が追い越した場合にもそこに車両があればアラートが光ります。もちろん左右共にです。
 クリアランスソナーは特に左前がありがたいです。今回メーカーオプションのマルチテレインモニターを付けたのでボンネット上から補助ミラーがなくなりました。外観的にはすっきりして良いのですが、あれがあることで左前の車両感覚を掴んでいた面もあるため、無くなると、まだ慣れていないのもあってソナーがありがたいです。
 バックソナーはバックカメラと併せて確認って感じですね。

 オートライトは2020年の規制を見越したのか随分と実用的になりました。
 サーフなどは「おいおい、この暗さになっても点けないのかよ、危ないからこっちで点けるよ」的な暗さになってようやくONになりましたが、プラドはそろそろ点けたほうがいいな、というタイミングで点灯するようになりました。

 T-ConnectのナビはDCIM付なのでエンジンをかけて少しでVICSやT-Probeの渋滞情報が入ってくるのはやっぱり便利ですね。
 あと、メーターの真ん中に次に曲がるところがターンバイターンで表示されるのは案外便利ですね。
 せっかく対応したのでiPhone XをケーブルとBluetoothとで繋いでドライブしてみました。iPhone X側の音量の設定の問題なのかFMラジオから切り替えると音量が小さくて設定しなおさないといけないのは微妙ですが、再生自体はBluetoothでも切れることはなく問題ありませんでした。
 比較のためにRadikoでFM横浜を再生していたのですが、地下駐車場に入ってラジオに戻したらノイズだらけになって、あ、そうかここは地下だから電波届かないんだ、と当たり前のことを実感しましたのは内緒です
 ETC車載器は2.0対応のものにしましたが、こちらの恩恵にはまだあやかっていません。
 プラド・スーパーライブサウンドシステムの14スピーカー/10chアンプは伊達じゃないですね。良い感じの低音が出ます
 サーフの時はスピーカーを交換しましたが今回はこのままで良いかなと思います。

 ボディーカラーのブラッキッシュアゲハガラスは想像していましたが砂埃が目立ちますね(笑)

 シートはパワーシートになりました。
 しかしメモリー機構は無いので、妻と僕とが運転する我が家ではシートの調整に時間がかかるようになり、若干要らん高機能化です
 コンソールの肘掛けボックスが大きくなったのとパーキングブレーキがハンドブレーキになったので、センターコンソールに物を置くスペースも少なくなりましたね。
 ドリンクホルダーもサーフより一回り径が小さくなった感じで、ペットボトルとガラケーとを一緒に入れるのはちょっと窮屈です。
 また、iPhone Xはさらに大きいので置く場所にはちょっと悩みます。画面を見なくていいのであればサイドブレーキの内側の隙間が丁度いいかなあという感じです。
IMG_8581
 トランクルームは3rdシートを畳んでいるので床面が高くなったので、見た目狭くなった感じがありましたが、奥行きはサーフとほぼ変わらず、ダイビング用のギアバックも問題なく積めました。
 今回ロングラゲージマットとラゲージソフトトレイを積んだのですが、ロングラゲージマットは2ndシートを立てているとラゲージソフトトレイでは奥の部分をきっちりと押し込む事が出来ず、結構2ndシートの背中でだぶだぶしているのがちょっと微妙ですね

 と、いろいろ書きましたが、総じて満足しています。
 納車されるまでは社外品に変えようかなあと思っていたフロントマスクも、カッコいいからこのままでもいいか、と思っています。
 なのでいじるのは2インチUPくらいでしょうかね



SUPER GT 2018開幕戦

 SUPER GT 2018シーズン 開幕戦が岡山国際サーキットで行われました。

 優勝したのはKEIHIN NSXでした。おめでとうございます♪
 KEIHINチームとしては2010年の菅生以来の優勝だそうです
 2位はRAYBRIG NSXとNSXのワン・ツーフィニッシュでした。3位は昨年のチャンピオンKeePer LC500が入りました。

 300クラスは優勝はUPGARAGE 86MCでした。おめでとうございます♪
 2位はD Station Porche、3位はHOPPY 86MCでした。

 昨年LCのワンサイドゲームだった500クラスは、3位4位にLC500、5位6位7位がGT-Rと、ある程度均衡している感じの結果でした。

 振り返ると、見応えのあるレースでしたね

 予選では昨年のチャンピオンKeePer LC500、初音ミクAMGがQ1敗退という波乱の幕開けになりました。
IMG_8573

 決勝はスタートでMOTUL GT-RとフォーラムエンジニアリングGT-Rとの2台が下位から一気にジャンプアップ。
 スタートが決まったんだろうなあ、と思っていたら、残念ながらフライングしてしまったようで、ドライブスルーペナルティーが課せられました。
 JPオリベイラ選手のフライングはなんとなくイメージ的にわかるのですが、ロニー・クインタレッリ選手のフライングというのはちょっと意外でしたね。

 ピットストップを終えるとびっくり情報が入ります。
 RAYBRIG NSX、ARTA NSXがタイヤ無交換でピットアウトしたとの事。
 RAYBRIGはその結果2位にジャンプアップします。
 ARTAがずるずると後退するなか、RAYBRIGは見事走りきり2位で表彰台をゲットしました。
 最後は前を行くKEIHIN NSXをもう少しというところまで迫るなど、タイヤの影響はほとんどなかったように見えました。
 前半を担当したのは今年注目のSUPER GTルーキー、ジェンソン・バトン選手です。確かに少し大人し目で初めての本番だからかな?なんて感じでしたが、まさかそんなタイヤマネジメントをして走っていたとは!というのは驚きでしたね

 300クラスもUPGARAGEとHOPPYとの2チームが予想どうりのタイヤ無交換でした。ピットアウト時には先行していたHOPPYがずるずると後退するなかUPGARAGEはペースを守り表彰台のてっぺんをゲットしました。

 今回CRAFTSPORTS GT-Rは予選3番手→決勝7位でした。
 前半は結構良い位置にいたように思うのですが、後半にMOTULやフォーラムエンジニアリングに抜かれて後退してしまいました。新チームゆえの経験値の少なさなのか、メカ的な問題なのか、いずれにしても予選で3番手にいただけに残念です。ポイントが取れたのは幸いでしたが。

 初音ミクAMGは予選15番手→決勝8位でした。
 予選の順位を考えればポイントもゲットできたので悪くない結果ですね。
 昨日の予選後の生放送で右京監督がおっしゃっていましたが、長いシーズンを考えれば予選でこういう順位に沈むこともあります。それが今回来ただけなので、そのなかで精一杯の結果を残す、というのがチャンピオンを取る上でやはり重要ですからね。

 タイヤ無交換をGT500でもいきなりやってきたりと、今シーズンもわくわくするシーズンになりそうです。
 決勝後のインタビューでジェンソン・バトン選手が次戦富士では優勝すると宣言していましたね



Hello

 新しい相棒ことランドクルーザー プラドがやってきました。
 せっかくなので桜と一緒に
IMG_8560

 タイヤはミシュランのLatitude TOURでした。
IMG_8563
 前にヨコハマを選んだ時に、こっちは無かったので、ちょっと嬉しいです



メルセデスベンツ Aクラスのインプレッション

 岡山ぶらりひとり旅の現地での足はメルセデスベンツA180でした。
IMG_8499
 ニッポンレンタカーとヤナセが展開しているプレミアムレンタカーというものです。
 今回ずっとクルマで移動すると言う事でちょっと奮発してみました。

 A180なので1.6L turboエンジンです。マニュアルモード付き7速ATで前輪を駆動します。マニュアルモードはパドルシフトです。
 コンパクトなクルマですので、このパワートレインで十分な動力性能を発揮します。
 ただ、燃費を気にしないわけにはいかないのか、ATは結構上に上にシフトしていきます。
 信号待ちからの右左折など交差点内で少し一定速で動いた後に加速するようなシチュエイションでは一定速の時にATの変速が上がってしまって、その後の加速がアクセルオンに一瞬ついてこないと言った感じを受けました。
 もちろんシフトをマニュアルモードにすれば随分よくはなります。
 ただ、マニュアルモードとの行き来はパドルを引くとマニュアルモードに入るのですが、マニュアルモードの解除は自動で行われるため、そのきっかけがわからず、知らないうちに戻っていたりしました(笑)
 設定でシフトパターンだとか足の硬さなどを変更できるのですが、すべてSPORTSにして走りました。

IMG_8534
 青いボディーカラーのメルセデスは実は初めてみました。
 結構この色は好きな色です。
 青空にも映えますし、もちろん倉敷の白壁にも映えます

 もちろんMercedesのレーダーセーフティーも搭載されています。
 幸いPRE-SAFEのお世話になることはありませんでした。
 ディスタンスパイロット・ディストロニックは高速道路で使ってみました。車間を長めに設定していたので結構早くから前走車を見つけるんだなあという感じで減速しました。
 レーンキーピングアシストはアラームが鳴るのではなくハンドルが振動するタイプです。これならキャッツアイやランブルストリップスと同じですし、誤動作した際にも同乗者に不要なアラームを聞かせることもなく、アラームを切ってしまわれることもなくなるのではないかと思います。国産車もこのタイプになると良いのにな、と思います。
 ブラインドスポットアシストはだいたいバックミラーからフロントマスクが消えるあたりまで来ている時に光っていた感じです。
IMG_8519
 メルセデスのインフォテイメントはCOMMANDシステムです。
 今回BGMにはiPhone XをUSBケーブルで接続しSpotifyで音楽を流していました。Spotifyでもアルバム画像が送信されるんですね。

 1泊2日で総走行距離300kmほど走りましたが、腰が痛くなるとか疲れるとか酔いそうと言ったこともなく、非常に快適に過ごせ、ちょっと奮発した甲斐がありました

 そうそうレンタカー屋さんで「このクルマはハイオク仕様なんですが、空港のガソリンスタンドではハイオクを売っていないので岡山市内で入れてきてくださいね」と言われた時は、え?笑、という感じでした



ぶらり岡山ひとり旅

ぶらりと岡山へ一人旅に行ってきました。

朝8時羽田発の飛行機で岡山へ。
IMG_8496
滑走路でSTARWARSジェットが止まっていたり
IMG_8497
離陸直後に横浜・相模原あたりのバックに富士山がみえたり。
飛行ルートはこんな感じでした。
44

岡山空港でレンタカーを借りて、まず北上して向かったのは井倉洞という鍾乳洞です。
IMG_8508

IMG_8485
IMG_8489
鍾乳洞は川沿いにありました。
この自然の雄大さはちょっと写真では伝わりきれないですね。
IMG_8501
IMG_8502
IMG_8503
IMG_8504
IMG_8507
IMG_8505

鍾乳洞のみならず川だとか滝だとかなんか自然の力を身近に感じた場所でした。

次に一気に南下して訪れたのは吉備津神社です。
岡山といえば桃太郎ですので行っておこうかなと。
IMG_8509 お隣の宇賀神社のしだれ桜は綺麗に咲いていました。
IMG_8510 吉備津神社の桜はもうちょっとと言う感じでした。
IMG_8511
最後におみくじを引いたら大吉でした

次は海の方へ。
鷲羽山の展望台へ登って瀬戸大橋を眺めてきました。
IMG_8548
時間的に太陽の位置があんまり良くなくて逆光になっちゃいましたが、天気は良かったので瀬戸内が一望できました。

せっかくなので瀬戸大橋を渡ってうどん県へ。
去年大学時代の友人が丸亀に転居していたので連絡して晩御飯食べてきました。
IMG_8512
一鶴の骨付鳥。丸亀の名物らしいです。

ホテルは倉敷に取ってあった&美観地域のライトアップが21時までと言う事で、ちょっと早く本州へ再上陸して見てきました。
IMG_8515
IMG_8517
IMG_8516


翌日はまず倉敷美観地区へ。
IMG_8532
IMG_8525
IMG_8531
IMG_8529
IMG_8526
やっぱり夜とは雰囲気が違いますね。
倉敷と言えば白壁なイメージでしたが有隣荘は黄色かの壁でした。
天気が良かったので桜も青い空に映えてました。
にしても、どうしても、備前焼を備前屋に空目るのが止まりませんでした

倉敷を後にして岡山へ。
お昼ご飯の時間だったので友人に教えてもらった吾妻寿司へ行って来ました。
頼んだのはままかり寿司。
IMG_8535
ままかりは初めて食べましたがそう言うお味なんですね。
まま借りかは。。。ご想像にお任せします

そのあとせっかくなので路面電車で城下へ。
IMG_8536

岡山城は青空に金のシャチホコが綺麗に映えていました。(←こんなところでもシャチ好きw
IMG_8538

そして、後楽園へ。
5C98694E-214E-445A-8445-FD01219E924C

IMG_8540
桜が満開の木ともうちょっとの木と混ざってる感じでした。
園内は結構照り返しがあるのか今日の気温でギリギリで、これ以上暑くなると結構大変そうです。

レンタカーが15時までだったのでちょうど良い時間になったので空港へ。

今回、岡山での移動はこんな感じでした。
FullSizeRender
IMG_8541

帰りの飛行機は何かあったようで機体が変更になり1時間ほど遅れて出発でした。
39

今回の相棒はこいつでした。
IMG_8499

ニッポンレンタカーで借りたメルセデスベンツA180です。
2016年1月のクルマでした。
インプレッションは別記事で書こうかと思います。

ひとり旅なんていつぶりだろう?って感じでぶらりしてきましたが、たまにはひとり旅も気楽で良いな、と思いつつも、自然の雄大さとか生の迫力は写真とかでは伝えられないので、やっぱり一緒に行ってその場で共有したいなあとも思いました。

そうそう、今回岡山へ行った理由ですが、それは
JALが岡山ねと言ったから。(サラダ記念日風w
貯まったマイルの使い方の一つに「どこかにマイル」と言うJALから提示される四箇所の空港のうち、どこかへの往復航空券がもらえる、という特典航空券のもらい方があります。
四箇所の組み合わせはJALからの提示ではあるんですが、変更することはできます。
今回、福岡、高知、徳島、岡山、の組み合わせで申し込んだところ、JALから岡山行きのチケットが貰えたと言う事です。
倉敷に泊まったのは、どこかにマイルを申し込んだ時に、宿を押さえておかないとと思って探した時に、今回泊まったホテルが広さとお値段的にお手頃だったのので決めました。



211870

 今日ハイラックスサーフとさよならをしました。

 一緒に走った距離:211870km
 一緒だった日数:12年11ヶ月22日

 おそらく異国へ旅立と言っていたけど、たっしゃで!

G-BOOKがサービスを終了

 トヨタからG-BOOK終了のお知らせが届きました。
FullSizeRender

 来年3月末で終了するとの事です。
 トヨタからはリリースが出ていないのでALPHAやmxがどうなるのかはわかりませんが、マツダから出ているリリースによるとマツダ向けのG-BOOK ALPHAも終了との事です。
 システムの老朽化がその理由との事です。

 2002年10月にG-BOOKがサービスを開始して16年と半年。
 2005年にG-BOOK ALPHAがスタート。
 2007年5月にG-BOOK mxがスタート。
 2014年夏からT-Connectがスタート。
 G-BOOK ALPHAの最後からで12年弱ですので今回の終了は早いとは言いませんが、十分か?と言われるとちょっと微妙な感じがしますね。
 仮に今回G-BOOK mxも終わるとすると、最後のクルマは5年でサービス終了なのでそれは早すぎですね。

 ちなみに添付資料として「G-BOOKサービス終了内容のご案内」と記載があるのですが、同封されていたのはG-BOOKサービスの解約申し込み書でした

<追記>
入っていなかった添付資料が届きました。
それによると
G-BOOK ALPHA Pro, G-BOOK ALPHA(回線交換接続を除く), G-BOOK mX Pro, G-BOOK mXは引き続きご利用いただけます
 との事です。
”G-BOOK ALPHA(回線交換接続を除く)”という事なので回線交換接続の設備の老朽化ということなのでしょうね。
たしかに今、回線交換接続の設備に投資するという判断は難しいですね。

マツダがG-BOOK ALPHAのサービスを終了するのは、また別な判断なのかもしれないですね。</追記>

S Road CRAFTSPORTS GT-R SUPER GT GT500 2017 with the cooling fan and the jack

 EBBROから発売されたS Road CRAFTSPORTS GT-R SUPER GT GT500 2017 with the cooling fan and the jackを買いました。
IMG_8460

 先シーズンは残念ながら表彰台のてっぺんには上がれなかったので、2017シーズンのミニカーは買わないかなあ、と思っていたのですが、MOTUL AUTECH GT-Rがラインナップされていた日産がピットに導入したCooling Fanを装備したモデルがS ROADも出たので買ってしまいました
 フロントに装着しているCooling Fan
FullSizeRender

 そしてCooling Fanはピット作業時に装着するということで、ジェッキアップされている状態も再現されています。
FullSizeRender




CABLE BITE Orca(シャチ)

 CABLE BITEのOrcaを見つけたので買ってきました。
IMG_8450

 最初お店で見かけた時に、どうしようかなあ、と思っていたらあっという間に売切になってしまってしばらく入荷がありませんでしたが、久しぶりに入荷した様で在庫があるということだったので購入しました
 今amazonでチェックしたら値段がすごいことになっていますね。
 アフィリエイトのリンクを貼ろうかと思いましたが、ちょっとやめておきます。
 定価は518円です。
Twitter
おすすめミュージック
おすすめアプリ
Pinball Crystal Caliburn II
カテゴリ: ゲーム
価格: ¥350
Real Racing 2 HD
カテゴリ: ゲーム
価格: 625円
Pinball Tristan
カテゴリ: ゲーム
価格: 170円
Call of Atlantis (Premium)
カテゴリ: ゲーム
価格: 250円
Call of Atlantis HD (Premium)
カテゴリ: ゲーム
価格: 450円
Around the World in 80 Days: The Game (Premium)
カテゴリ: ゲーム
価格: 450円
7 Wonders: Magical Mystery Tour
カテゴリ: ゲーム
価格: ¥250
ValueCommerce
あし@
記事検索
訪問者数

Recent Comments
Archives
HomePage
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ